塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かき南ばん@日ノ出町 坂の上のそば屋 司

さて、年の瀬も押し迫り、今日は年の瀬もどん詰まりの2010年大晦日。
やはり最後に美味しいおそばで〆たくなりますねぇ。
となれば、やはり真っ先に思い出すのは日ノ出町駅裏の住宅街の中に在る蕎麦店「坂の上のそば屋 司」さん。
こちらへは先月11月の29日に伺い「かき南ばん蕎麦 1200円」を頂いて以来となりますねぇ。
さすがに今日大晦日では年越し蕎麦を求めて、最近評判の高いこちらに凝来られるお客さんも多そうだなぁ・・・とは思ったものの、まぁこちらなら多少待ってでも頂きたいですからね。

と言う事で、さっそくお店へ・・・
お店に入ると先客が数組、後からも数組いらっしゃった。
予約や営業確認の電話も頻繁で、やはり今日はお忙しくされていらっしゃる様だ。
まぁどうせ年越しそばを頂くなら美味しいお店で頂きたいと皆さんお考えになる事は一緒の様ですねぇ。
が、少し食事時から時間が外れていたせいもあって、待つ事も無く席に着けた。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
と思ったのだけれども、奥さんが「牡蠣南蛮蕎麦有りますよ」とおっしゃって下さったので、そのまま「かき南ばんそば 1200円」をお願いした。
ちなみにお品書は「お品書き 1」 「お品書き 2」 「お品書き 3」
 「お品書き 4」
と、こんな感じ。
実のところ、お品書きの中に有る「生かき 700円」を焼き牡蠣か牡蠣天にしてもらえたらとも思っていたのだけれども、今日のこの賑わい振りでお忙しくされている状況では、とてもそんな面倒な事をお願いする訳にもいかず諦めた。

さて、待つ事しばしで
司1
司2
司3
司4
司5
到着
んー・・・相変わらず美味しそう。
中には
司9
司10
司8
中粒の牡蠣がゴロゴロと・・・
これがまた甘くて旨みたっぷりで美味しいのですよねぇ。
早速
司6
司7
頂いてみる・・・
んー・・・これもまた相変わらずお蕎麦らしい香りの立って美味しいお蕎麦ですねぇ。
蕎麦汁もお出汁の旨みたっぷりで良い塩梅。
ちょっと焙られた長葱がすごく甘くて美味しいのですよ。

そう言えば、こちらには牡蠣南せいろってないのですよね。
考えてみたら、こちらの場所でお店を再開されてから、まだせいろを頂いた事が無かった気がする・・・
次回は鴨せいろを頂いてみましょうか。
蕎麦がきなんかも魅力的で迷うところではありますが・・・
ちなみに、お会計の時に尋ねてみると「信念は5日から」との事。
ただ、年明け早々にはご予約のお客さんも多いそうなので、先にお電話で確認された方が確実かと。

今日も大変美味しい牡蠣南蛮そばでありました。

店名 坂の上のそば屋 司
住所 横浜市西区東ヶ丘23-27
電話 045-251-0738
営業 昼営業あり 夜は20:30~21:00位まで
日曜・祝日も営業(今のところ定休日なしだそうです)
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/1123-1a69ec83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。