塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かきせいろ@蒔田 太田屋

さて、今日は一見のお店へ・・・
蒔田駅から奥に2本ほど入った道沿いに在る蕎麦店「太田屋」さん。
少し前に同じく蒔田に在る洋食店「レストラン ロッシュ」さんに伺った際、通り掛かりにこちらを見かけて店頭のメニュー黒板に「かきそば 950円」「かきせいろ 950円」と書かれていたのを拝見していたので、一度伺おうと思っていたのですよね。
と言う事でさっそくお店へ・・・

店に入ると、半分近く席が埋まる程度にお客さんが入っており、後からも続々とお客さんが見えられた。
こちら、目立たない場所に在る割には結構な人気のお店のようだ。
取り敢えず空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
お品書は
せいろ・冷し類
太田玲
温蕎麦類
太田温
飯もの・膳もの
太田重
と食事系はこんな感じで、こちらはお蕎麦屋さんだけ有ってお酒や酒肴も取り揃えて有り
おつまみ系
太田肴
ビール・サワー・ソフトドリンク
太田麦
果実酒
太田果
焼酎類
太田焼酎
日本酒類
太田酒1
太田酒
と、こんな感じ
特に日本酒が充実しているようで、お好きな方には重宝するお店かと。

さて、どれを頂きましょうか・・・
表では季節ものとして「かきせいろ」「かきそば」の他にも「生湯葉せいろ」「生湯葉そば」なんてのもあったのですよね・・・
生湯葉も魅力的ですよねぇ・・・
んー・・・とは言え、今日は牡蠣目的ですからね・・・・
牡蠣蕎麦か牡蠣せいろかの二者択一となると、ちょっと寒いとはいえ、やはりお蕎麦屋さんに伺ったらまずはせいろで頂くのが穏当でしょうか・・・
と言う事で「かきせいろ 950円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
太田5
お蕎麦は
太田7
太田8
太田9
太田10
こんな感じ
つけ汁は
太田11
太田12
太田13
こんな感じ
熱々の状態で湯気に乗ってほんのり香る柚子の香りが良い感じ。
中にはねぎや三つ葉と一緒に
太田14
太田15
太田16
太田17
小粒ながら牡蠣が結構入ってましたねぇ。
早速
太田18
頂いてみる・・・
やはりやや年高のお客さんが多いせいか、適度より少しだけ軟目な感じ。
香りもそれほど強く無く、癖がなく食べ易い。
つけ汁の方は出汁がしっかりしていて中々に美味しい。
牡蠣の旨みもたっぷりですしねぇ。
一緒に出してくれた
太田6
蕎麦茹で最後まで美味しく頂いた。

お蕎麦単体ではやや弱い気がするけれども、お出汁はしっかりしているし普通に美味しいですねぇ。
お店も気取った感じではなく入り易いですし、地元の方に重宝がられ愛されるお店なのでしょう。
次回は「京風鍋焼きうどん 1050円」辺りを頂いてみたいですねぇ。

普通に美味しい牡蠣せいろで有りました。

店名 太田屋
住所 横浜市南区共進町3-66
電話 045-731-2090
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/1098-167a6bc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。