塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮付き焼豚&蒸し鶏の丼@中華街 金陵

さて、元町裏通りの「旬菜 ひら」さんでランチを頂き、どうせここまで来たのだからとよせば良いのになんとなく中華街なぞ行ってみようかと足を向けると、さすがに元町よりは混んでいるものの、こちらも思ったほどには混雑していなかった。
小道沿いのお店の前でお客さんが並んでいる様な場所以外は人の間を縫って歩く様な事もなく、何のストレスも感じずに歩けましたねぇ。
まぁこれでも混んでるっちゃあ混んではいるのですが、昨日さんざゴチャった人混みの中を歩きましたからね・・・あれに比べればなんのこれしきの混み様など・・・と言った感じで有りましょう。

特に目的もなかったのだけれども、どこかで美味しそうな「話梅 うわむい ファーメイ」なんかが有れば買って帰ろうかな?と言う感じだったのですが、関帝廟通り沿いを歩くと「金陵」さんが絶賛営業中・・・
店頭で商品を眺めているお客さんはいらっしゃるものの、2階に上がろうと言うお客さんの姿はない。
と言うか、観光で来られた一見の方達だと、二階に飲食スペースが有るって事に気が付く方が少ないのかも・・・
何となく、どうせここまで来たら久しぶりにこちらで美味しい焼ものの乗った飯ものでも頂いて行こうかな?と、たった今食べたばかりなのに思い立ち、階段を上がり二階へ・・・
まぁ中々中華街に来る機会もないし、こう言う機会に頂いておかないと次はいつになるか分かりませんしね・・・

2階の飲食スペースに上がると4人掛けテーブル1つに5~6人用の円卓1つ、1人掛けテーブル一つの小じんまりしたスペースに先客は一組のみ。
円卓の方でも構いませんとの事だったので、そちらに席を取り、注いでもらったジャスミン茶を啜りつつお品書を眺めてみる・・・
飯もの
金1
一品料理系
金2
金3
金4
ドリンク類
金5
お品書はこんな感じ
相変わらず魅力的なメニューが揃っていますね・・・
前回頂いた時にはメニューになかった「咖喱拌麺 冷しカレーそば 700円」なんて魅力的なものが加わっていますねぇ・・・
とは言え、こちらは店頭で持ち帰りの焼きものを売っているお店だけ有って、やはり焼きものを乗せた飯ものは外せますまい・・・
こちらへは今年2010年7月の15日に伺い「アヒルと皮付き焼豚の丼 大1200円」を頂いているのだけれども、この皮付き焼豚がえらく美味しかったのですよね。
で、その時やはり興を惹いたのが「もつ類丼 800円」

こちらは2種類のものを選んでご飯に乗せてもらうことも可能なので、お店の方に「もつ類丼と皮付き焼豚を一緒に乗せた丼は出来ますか?」と尋ねたら「すいません。もつと角煮は2つ乗せ出来ないんです」とのご返答。
ぬぅ・・・それは残念・・・・
まぁ、もつも角煮も煮汁が出てしまうものですしね。
となると、もつも魅力的ながら、やはり優先順位から行くと前回頂いているとは言え「皮付き焼豚」は外せない・・・
それなら、やはりこちらでも人気が高いらしい「蒸し鶏」と合わせて頂いてみましょうか・・・
と言う事で「皮付き焼豚と蒸し鶏の丼 1000円」をお願いする事に。

待つ事しばしで到着
金6
もう如何にも美味しそうなお姿。
付け合わせは搾菜と
金7
野菜たっぷりのスープ。
これまた美味しいのですよね。

さて、メインの丼はと言えば
金8
金9
金10
いやぁ・・・素敵すぎ・・・・
ご飯の上にたっぷりの皮付き焼豚と蒸し鶏、青菜に味玉が乗っております。
漂う生姜の香りが食欲を刺激しますねぇ。
蒸し鶏は
金11
こんな感じ
骨付きのものがたっぷりと・・・
上にはねぎと生姜をたれで和えたものがたっぷり掛けられている。

皮付き焼豚は
金12
金13
こんな感じ
これがまた良く焼かれた皮が、煎餅のようにパリっとした香ばしさで飛んでもなく美味しいのですよ。
適度な弾力の有る肉も甘みたっぷりの脂身も最高ですよねぇ。
金14
まぁこんな素敵なものが上に乗るのですから、どうやたって不味くなろうはずがないのです。

それにしても、この蒸し鶏はやたらに美味しい。
上に掛ったたれも生姜の風味と香りが豊かで良く合ってますよねぇ。
これ、単品で頼んでビールのお供になんてしたら、飲める人からすれば最高の酒の肴になりましょう。
これだけ美味しいものが頂けるのに、皆さんこちらのお店にあまり気が付かず、建物が立派な派手系の大型店に行ってしまうのはもったいないですよねぇ。
とは言え、観光で中華街に来られる方達にとっては、やはり雑誌などで良く見かける様な有名なお店でコースを頂くと言うのが穏当なのでしょうけれども・・・
もし中華街で美味しい焼ものが頂きたいと思われた時にはお薦めのお店ですハイ

次回は咖喱拌麺と炒飯かもつ類丼辺りを頂いてみたいですねぇ。
大変美味しい皮付き叉焼と蒸し鶏で有りました。

店名 金陵
住所 横浜市中区山下町132番地金陵ビル(関帝廟通り)
電話 045-681-2967
営業 11:00~入店19:30(売店は~20:30)
定休 月曜(祝日の場合は翌日休)
お店サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/1069-38138223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。