塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎風カレーライス@伊勢佐木 風風

さて、今日は伊勢佐木モール沿い交番のところを小道に入って少し進むと在る中華料理店「食堂 風風」さんへ・・・
こちらのお店、実は今年7月に開店された頃には「麺や 風風」と言う屋号のラーメン屋さんで、ぼくも開店日翌日の2010年 7月10日に伺い「カレーラーメン 400円(開店サービス価格)」を頂いたのだけれども、何時の間にか屋号を「食堂 風風」に改称し中華料理店となっていた。
今日通り掛かったら「大衆食堂」の暖簾まで掛けられ、完全にラーメン屋路線に見切りを付け中華料理店としてリスタートされているようだ。

まぁ開店した頃に頂いたカレーラーメンは余り特徴の有るお味ではなかった上に、後日店頭のメニュー看板を見たら通常価格が750円でしたからね・・・
正直なところ、750円であのラーメンではリピーターを獲得するのは厳しいだろうなぁとは思っていたのだけれども、そこで早々にきっぱりとラーメン路線を諦めて中華料理店にシフトできるフットワークの軽さは、さすが中華料理という手ごろかつ強力なスキルを有する中華系商売人と言ったところでしょうね。
この辺の良くも悪くもこだわりを強く持ち過ぎず、お店の維持が第一と言う考え方は、商売人としてはある意味正しい姿勢ですよねぇ・・・

ラーメンに強いこだわりを持ち、それが受け入れられず商売が成り立たないとなれば、3ヵ月程度でもきっぱり諦めてしまう職人的な商売観念を持つ多くの日本人ラーメン店経営者には中々持ち得ないフットワークの軽快さでしょうね。
実際、この辺でも次から次へと新しいラーメン店は出来ては消えていくと言う感じですからね・・・
早いところは本当に3ヵ月であっさり退いてしまいますから・・・
せめて1年くらいは毎日赤字になっても何とか営業が続けられる程度の資金を持ってお店を開くのが理想なのでしょうけれども、結構若い人が余り軍資金を持たずにお店を開店させているお店が多いように感じますねぇ。
中には後もう少し何とかすれば大化けしそうだったのに、結局損切り閉店に踏み切っちゃった、ってお店も結構有りましたしね・・・

ま、それは兎も角、こちら「食堂 風風」さんへは、少し前に屋号が代わりどうやら格安中華料理店路線にシフトされたようだったので、一度伺ってみようと思っていたのですよね。
と言う事で、本日伺ってみた次第。
お店に行くと先客はゼロ。
適当に空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
お品書は
風1
風2
こんな感じ
一応ラーメンも「豚骨塩らーめん 390円」なんて格安なお値段で残してはいますが、多種雑多なメニューを取り揃え、完全に食堂と言った感じのメニュー構成ですねぇ。
「明太さぬきうどん 580円」なんて中華料理店とは思えないメニューも有ります。
何気に「明太子オムレツ 580円」なんて魅力的。

定食類も豊富に用意され、基本一品料理の単品価格+200円で定食に在る様だ。
そう言えば、こちらで以前餃子を頂いたら結構美味しくて、カレーラーメンよりもむしろ餃子の方が印象に残ったんでしたっけね・・・
価格的にはかなりお安いですが、伊勢佐木界隈の中華料理店はランチは500円~と言った感じなので、価格だけを見た場合にはランチ時の価格では他店に対してのアドバンテージは無いですか・・・
ただ、夜営業時間帯ならこの価格はかなりお安い感じですよね。
お酒類も安いし一品料理も種類が結構あってお安いですから、中華居酒屋的な用途にも向いているかと。

さて、今日は何を頂きましょう・・・
折角ラーメンやから中華食堂にシフトされたお店なので、本来なら何か定食を頂こうかって話なのですが、入り口のところに「田舎風カレーライス 390円」なんて張り紙が有って興を惹かれていたのですよね。
お値段も随分とお安い・・・
中華食堂で出される讃岐うどんなんてのにも興味は有ったのだけれども、カレーライスはどこで頂いても、たいていそこそこ美味しいものですし、田舎風と言う魅惑の文言も頭に付いているし、どうやらお店一推しぽいメニューでも有ったので、今日は「田舎風カレーライス 390円」をお願いする事に。

待つ事しばしで到着
風3
風4
風5
田舎風カレーライス 390円
お値段の割には、結構具がゴロゴロと入っていますねぇ。
お味の方はやや甘めの家庭風カレーライスと言った感じでしょうか。
取り立てて特徴の有るお味では有りませんが普通に美味しいです。
390円のカレーライスとしては十分過ぎるほどのものではないかと。
まぁどの辺が田舎風なのかは良く分りませんが・・・

それにしても、まだ定食類を頂いていないので定食の内容は分からないのだけれども、お品書を眺めた感じでは夜営業時に少し価格的なアドバンテージが有るかな?と言うのは有るものの、価格だけでは周囲に数多有るお店に埋もれて存在感を示すのは難しい感じは否めませんか・・・
何か一つでも売りに出来る商品が有れば良いのですけれどもねぇ。
個人的には価格とボリューム次第でしょうが、あんかけ炒飯とか天津炒飯みたいな炒飯と料理を一皿盛りにして、バリエーションを持たせたメニューを多く取り揃えたお店が有ると嬉しかったりしますが・・・
炒飯+一品料理って結構見た目お得感ありますしねぇ。
一品料理がこれだけ有るなら、味のバランス以外は特に新しい事を考えなくて済んでお手軽な気もしますが。
て言うか、単にぼくがそう言うお得炒飯を食べたいだけなんですけどね・・・

次回は何か定食を頂いてみましょうか。
中々美味しいカレーライスで有りました。

店名 食堂 風風
住所 横浜市中区伊勢佐木町4丁目116
営業 ランチ営業あり 夜18:00~
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/1057-99bbdf70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。