塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生馬麺@元町 大珍楼

さて、昨日1年半振りくらいにとある人とお会いした。
この方はぼくが最も感謝しているお二人の内の一人であり、恐らく普通に行けばとてつもなくつまらなく下らない人生を送る羽目になっていたであろうぼくが、今低空飛行ながらもそこそこ良き人生を送れてていると思いながら生きていけているのは、子供の頃にこの方に出会えたと言う幸運が有ってこそと確信している。
今でも年一度くらいお会いさせて頂く機会が有るのだけれどもお元気そうで何よりな事だった。
2時間ばかり食事をしながらいろいろな話をして楽しい時間を過ごさせて頂いたのだけれども、やはりそう言う方とお会いすると懐かしい気分になり、なんとなく追憶を感じさせる場所に行ってみたくなるものですね・・・

と言う事で、久し振りに元町へ・・・
元町の裏通りを歩いていると、以前伊勢佐木長者町駅近く、大通公園沿いに在った「旬菜料理 ひら」さんが見つかった。
そう言えば、先日元町の裏通りに移られたと言うお話を聞いたばかりでしたね・・・
近い内に探しに来ようと思っていたのだけれども、意図せずあっさり見つかってしまった。
まぁ、今日はこちらが目的のお店ではないので、場所の確認だけさせてもらって、伺うのは次回と言う事で・・・

さて、もう少し進むと在った・・・老舗中華料理店「元町 大珍楼」さん。
「大珍楼」さんと言っても中華街に在る老舗の有名広東料理店の「大珍楼」さんとは同名別店。
と言っても、多分お店の歴史的には負けず劣らずなんじゃないかな・・・野毛に在るカレーとシチューの人気なお店「KIKUYA」さんのご主人が子供の頃に既にお店は在ったと仰っていた気がする。
こちらへは昨年 2009年の2月9日に伺い「レバ丼 800円」を頂いて以来と1年半以上間が空いてしまいましたねぇ・・・

まぁ、何せ元町の様な人通りの多いところは苦手なのですよ・・・
元町も中華街も歩いて行けなくはない距離なのに、年にせいぜい1,2度行く程度ですからねぇ・・・
お店は相変わらずの鄙びた雰囲気・・・最近この裏通りにも小洒落たお店が増えてきた事も有り、この裏通り自体がずいぶん明るい雰囲気になっているのだけれども、このお店だけは変わりませんねぇ。
何となくほっとする佇まいで有ります。

さて、お店に入ると先客数名、後からもお一人見えられた。
やはり常連さんが多いようで、どちらの方も常連さんだったようだ。
取り敢えず空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
大1
お品書はこんな感じ。
ちなみに裏には
大2
レバ丼だけが写真付きで載せられているところを見ると、やはりこちらの一推しメニューは「レバ丼 800円」なのでしょうね。
こちらは前回伺った際に頂き、かなり好みに合っていたのだけれども、今日は麺類を頂きたいなぁ、と思っていたのですよね。
まぁ、色々魅力的な汁そばメニューが取り揃えて有る訳ですが、やはりそこはそれ・・・老舗の中華料理店に伺ったらサンマー麺は外せませんでしょう。
と言う事で「生馬麺(もやしそば) 650円」をお願いした。

ジャッジャッアと言う小気味の良い音をだしながら軽快に鍋を振る音を聞きつつ、待つ事しばし・・・
大3
サンマー麺が到着
具は
大4
もやし、玉ねぎ、青菜、豚肉
もやしが大半を占めていて、多分本当に初期の頃のサンマー麺って言う態に近いものなのでしょうね。
具はしっかりとした餡でとじられているのだけれども、餡の量自体は多くはない為、スープに餡が広がると言う事はない。
スープは見た目からして濃そうな濃茶な色合いで強い醤油の香りが漂う。
麺は
大5
細めのストレート麺でかん水の香り強め。

さっそく頂いてみると、やはりスープは出汁は弱く醤油の風味が強いものなのだけれども、これが意外とかん水の香り強めな麺にからむと美味しく感じたり・・・
具はしっかり炒められていてシャキシャキな歯触りに仕上がっている。
お味の方は、これはもう本当にシンプル。
昭和の中華料理店、と言っても中華街に在る様な本場のお味を謳った様なお店ではなく、昭和街中中華のサンマー麺をそのまま今も出し続けていらっしゃると言う感じ。
多分、若い人には物足りないだろうけれども、こちらの常連さんと思しき方達の外見年齢を考えると、そう言う方達にはなじみ深く喜ばれるお味なんだと思いますねぇ。
ぼくにとっても子供の頃街中中華で頂いたお味と言えば、やはりこんな感じだったような気がしますねぇ。

まぁ15の頃に伺って頂いた時のお味の感想があまり芳しく無かったのは、やはりこのライトさに起因するものだったのでしょうね、
ぼくにとってこちらはお味を論じるのではなく、ただひたすらに懐かしくノスタルジアな思いに駆られるお味と言う感じで有りますね。
さっぱり系で昔懐かしい中華そばを頂きたくなった時にお薦めです。
たまにはこう言う懐かしい系のお味も良いものですよ。

大変美味しく頂けた生馬麺で有りました。

店名 元町 大珍楼
住所 横浜市中区元町3丁目141
電話 045-641-0404
営業 11:30~19:00
定休 月曜・第3火曜
参考サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/1049-534c2a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。