塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマー麺@伊勢佐木 玉泉亭

さて、今日は伊勢佐木に在る老舗中華料理店「玉泉亭 本店」さんへ・・・
って、こちら「玉泉亭 曙町本店」で記憶していたのだけれども、実際の住所は伊勢佐木なのですよね・・・
まぁ、元々曙町で開店されたそうだから、住所的には伊勢佐木の今の場所に移られてからもその名残で曙町本店と書かれていたのをどこかで見かけてそのまま記憶したのかも・・・
さて、一昨日の夜くらいから一気に気温が下がり、職場は勿論公共交通機関でも暖房が入り始め、雨降りっ放しな今日は更に寒い・・・
寒い時に美味しいものはなんだ?と問われれば、即座に「サンマー麺」と応えるは横浜人の定石。
なんて事はないでしょうが、やはり寒いと恋しくなるのですよね、サンマー麺。

サンマー麺と言えば、ぼく的にはこちら「玉泉亭 本店」さんなのです。
と言う事でさっそくお店へ・・・
こちらへは今年6月18日に伺い「カレーライス 660円」を頂いて以来となりますねぇ。
お店に入ると先客お一人、後からもお一人見えられた。
場所はそんなに悪い訳じゃないし、お店も改装して綺麗になっているし、入り口も広くて入り辛さなど無いのに、何故かいつもお店の規模に比してあまりお客さんがいらっしゃらないのですよね・・・
この辺はいつ見ても多くのお客さんで繁盛している横浜駅ビル内の「玉泉亭 ダイアモンド店」さん「玉泉亭 横浜ポルタ店」さんに比べると随分とのんびり自分のペースで頂けて個人的には良いのですが、他人事ながら少々心配にはなりますよね・・・

さて、それは兎も角空いている席に着き、目的である「サンマー麺 600円」をお願いした。
ちなみに、こちらのお品書は
「お品書 1」 「お品書 2」 「お品書 3」 「お品書 4」 「お品書 5」 「お品書 6」
と、こんな感じ
「カレーソバ 760円」や「ジャージャータンメン 720円」「カツ丼 880円」etc...結構一度は頂いて見たい魅惑のメニューがオンパレードだったりするのですが、なにせこちら「玉泉亭 本店」さんと言えばサンマー麺ってな頭が有って、中々他のメニューを頂く機会がないのですよね・・・
まぁ次回こそは、その時目を惹いたサンマー麺以外のメニューを頂いてみると致しましょう。

さて、そうこうする内に
玉1
玉2
玉3
玉4
サンマー麺到着
如何にも美味しそうなお姿ですねぇ。
具はもやし、玉ねぎ、人参、青菜、キャベツ、豚肉
麺は細めのやや縮れた麺
こちらのサンマー麺は餡がたっぷりで、見た目やや濃いめの茶褐色のスープとのコントラストも良い感じですよねぇ。

さて、さっそく頂いてみると、やはり美味しい。
具には白菜ではなくキャベツが使われていて、香ばしさと甘みを出しながらシャキシャキとした歯触りも確り残っている。
こちらの餡はやや甘めの味付けになっていて、これがスープに良く合い、細めのながら結構しっかりとした腰のある麺に見事に絡んでスープを持ちあげてくれるのですよね。
その上たっぷりの餡のおかげで最後まで熱々で頂けますしねぇ。
やっぱり冬にはこちらのサンマー麺ですねハイ

まぁ最近ご当地グルメでサンマー麺をクロースアップして盛り上げよう的な感じで「神奈川sサンマー麺の会」なんてのが出来たそうで色々なお店がサンマー麺をプッシュしたりしちゃいるのですが、サンマー麺なんてそんな大げさな食べ物じゃあるまいし、昔ながらの中華屋さんでしみじみ味わって食べるくらいがちょうど良いと思うのですけれどねぇ・・・
サンマー麺特集でもやってみましょうか・・・なんてふと思ったりもしたのですが、ご近所周辺に絞ってもきりがないほどにサンマー麺の頂けるお店が多いので、ちょっときついですかねぇ・・・・

次回は「ジャージャータンメン」辺りを頂いてみましょうか。
今日も大変美味しいサンマー麺でありました。

店名 玉泉亭
住所 横浜市中区伊勢佐木町5-127
TEL 045-251-5630
営業 11:30~21:30
定休 火曜日(祝日の場合営業)
お店サイト
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/1040-28f32a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。