塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汁無し麻婆刀削麺@長者町 華隆餐館

さて、今日は長者町の華隆餐館」さんへ・・・
最近立て続けに行っている気がする・・・

席に着き、渡して貰ったお品書きを眺めるが、今日は何となく「麻婆刀削麺」の汁無しが食べてみたい。
汁有りで2度ばかり食べたけど、こちらの麻婆豆腐はかなり好みにヒットしている。
辛いものが決して得手ではないぼくには、凄まじく辛いが・・・この辛さが癖になる・・・
汁有りで食べても相当辛いのに、汁無しで食べたらどうなるのだろう・・・と言う、期待と微妙な不安を感じつつ「麻婆刀削麺 汁無し 900円」を大盛+100円で注文した。

待つ事しばしで麻婆刀削麺到着。
まーぼ

これはまた、随分予想外なお姿で・・・・

ぼくが想像していたのは、刀削麺が平皿に盛られて、その上に麻婆豆腐が適度に掛かっているものだったのだが・・・
この丼にスープが如く注がれた、大量の麻婆豆腐は一体・・・・
「麻婆豆腐は飲み物です」とのたまったのはタレントの石塚氏だっただろうか・・・
いかにも辛いですよ~と言わんばかりの色と香り・・・

一口・・・辛さが喉を直撃し噎せます・・・
二口・・・舌が痺れる感じがします・・・
三口・・・既に額に汗が浮きます・・・
ほんの三口で辛さ地獄のフルコース・・・・
いやいやいやいやいや・・・・
これは辛い、そして美味い。

ここの麻婆豆腐は、やはり美味い。
山椒の痺れるような辛味と、大量に入っているニンニクの風味がたまらなく食欲をそそる。
そそられた食欲のままに食べると噎せますが・・・
辛いだけではなく凄く美味い。
豆腐が甘く感じるのは、他が余りに辛すぎるからだろう・・・

汁無しでも、麻婆豆腐が大量に入っているので、かき混ぜてしまえば刀削麺がくっついてダマになる事はない。
刀削麺の、このモチモチとした食感は何度食べても良いですねぇ。

汗と鼻水をだだ漏れさせながら、このえらく辛くて美味い物体を無事食べ切った。
微熱気味の時に食べれば、一気に汗で熱がふっと部でしょうねぇ、これは・・・
お金を払い外に出ると霧雨が降っていたが、辛さで火照った身体を冷ますには気持ちよくかさを刺さずに帰った。

そう言えば、確かに各テーブルから辛し高菜が消えている。
が、カウンターの上に1個だけ置いてあった。
使いたい時は店員さんに伝えれば持ってきてくれるのだろう。

えらく辛くて美味い刀削麺でありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 年中無休(月曜定休かも)
参考サイト

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/104-53303ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。