塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おでん定食@横浜橋 灘屋

さて、今日は一見のお店へ・・・
「横浜橋通商店街」さんの中に有り、最近開店したばかりの「和彩工房 灘屋」さん。
本当は別のお店に伺うつもりで日ノ出町駅方面まで行ったのだけれども、お店入り口に「本日ランチお休みします」の張り紙が有り、そう言えば一昨日だったか商店街を通った時に新しく開店されていたお店を見かけましたっけね・・・と思い出し、取り敢えず来てみたら中でも頂ける感じだったので寄らせて頂いた次第。

場所は激安雑貨の並ぶお店「文化堂」さんお隣、歩道挟んで目の前は総菜屋「ほていや総菜店」さん、少し前まで漬物屋「つけものの灘屋」さんが在った店舗ですね。
て言うか、屋号が同じなので恐らく漬物屋さんから飲食店へ営業形態を変えたと言う事なのでしょう。
店先ではおでん鍋がぐつぐつ言っていて、お弁当販売も行っていらっしゃるようで「お弁当は温かいものをお詰めします」と店頭に立たれていた方が客寄せをされていた。
和食のお店の様だったので、なんとなく和食な気分だった事もあり今日はこちらで頂いてみる事に。

お店に入るとカウンター席が5,6席ほど、4人掛けテーブルが2つだったかな?あと一番奥に2人掛けテーブルが1つで先客はゼロ。
なの得取り敢えず空いている席に着くと、店員さんが「今日の定食は~」とかつ煮とか鮭とか5,6種類挙げてくれたのだけれども、その挙げられた中におでん定食が有り、店頭でおでん鍋がグツグツ言ってて美味しそうだったし、今日は雨でやや涼しいしで、なんとなくおでんに惹かれていたので「おでん定食 650円」をお願いした。

待っている間に、お品書を眺めると
表は
灘屋 (4)
こんな感じで、裏は
灘屋 (3)
こんな感じ
どうやら夜はおつまみ惣菜系が300円均一の激安居酒屋さんになるようだ。
やはりおでんが売りの一つの様で
灘屋 (5)
おでんの単品お品書きもあった。

そうこうしている内に
灘屋 (6)
定食が到着
ご飯、お味噌汁、おでん、カボチャの煮付、漬物。
お味噌汁はあさりでしたねぇ。
かぼちゃは
灘屋 (7)
こんな感じ
すいません・・・ほとんどお味噌汁で流し込むようにして頂いたのでお味は良く分りません。
苦手なんです、かぼちゃ・・・

おでんは
灘屋
灘屋 (2)
こんな感じ
はんぺん、玉子、大根、ロールキャベツ、牛すじ
どの具材も、がっつりお出汁を吸っていて美味しそう。
なるほど・・・おでんの具材と言われてすぐに思い浮かべるものの中から比較的好き嫌いの分れ辛く、どうしてもお出汁を吸って茶系に統一される見た目でも余りしょぼく見えない様なボリュームの有る具材を選び、尚且つ単品のお値段別でも巧く散らして出来上がった上手なチョイスと言った印象ですねぇ。

そう言えば、おでんは結構久しぶりですか・・・
はんぺんはふわふわだし、ロールキャベツは甘いし、牛すじはしっかり煮込まれプルプルで柔らかだし、玉子も大根も中までしっかりとお出汁の旨みが染み込んでいる。
お出汁の味付けは、塩気はやや抑え目で具材の旨みや甘みをしっかり味わえて美味しく頂けた。
個人的な嗜好で言えばちくわぶとじゃがいも辺りも頂いてみたかったですねぇ。
ま、それは次回伺った時にでも追加でお願いしてみると致しましょう。

店頭におでん鍋を出されているところを見ると、恐らく持ち帰りも可能みたいですし、お弁当も温かいものを詰めてくれるとなれば持ち帰っても美味しく頂けるので便利なお店ですねぇ。
中々美味しいおでん定食で有りました。

店名 和彩工房 灘屋
住所 横浜市南区高根町1-4
電話 045-263-1172(お漬物屋の時の電話番号ですが、屋号が代わって無いので多分一緒かと)
お漬物屋時のお店紹介ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/1016-ecddbe3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。