塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚丼@伊勢佐木 炭火焼豚丼 がんそ

さて、昨日に引き続き新店ご紹介。
伊勢佐木モールの元祖すしさんの2階店舗に今日開店した「炭火焼豚丼 がんそ」さん。
少し前まで「味の時計台」さんと言うラーメン屋さんだったのだが、そこが撤退して後釜として入った帯広の豚丼専門店だそうな。
通り掛ったら開店していたので入ってみた次第。

お店に入ると券売機が有ったので、そこで「豚丼(並 480円」を購入し店員さんに渡した。
お店の内装は、以前のラーメン屋さんと変わらないほぼ居抜きの状態。
奥の席でサラリーマン5、6人で酒盛り中・・・
いあ・・・酒盛りは構わないんだけどさ、空いた酒瓶を人様が座ってるテーブルに置くなや・・・
それも、ぼくが給水機に水を入れに行っている間を見計らって・・・
見た目、どう見ても50近いだろうに、良い歳こいて、そう言う常識がないんか・・・

ちなみに、豚丼(並が480円というのは、今日から3日間の開店サービス価格とのこと。
通常は並680円、大780円、小580円だそうな。
持ち帰りも可能だそうで、各価格に容器代か30円増し。
半熟玉子などのオプションや、お酒も出すのでちょっとしたおつまみなんかも置いてある。
「豚肉を炭火で炙って出すため、多少時間がかかる事も有ります」旨、注意書きもあった。
ま、熱々の状態で出して貰った方が当然美味いでしょうから有りがたい事ですねぇ。

さて、待つ事しばしで豚丼到着。
とん

おぉ・・・美味そう。
吉野家さんや松屋さんなどが、BSE問題で牛肉の輸入がストップした際に、苦肉の咲くとして「豚丼」を出したけど、あの豚丼とはまったく別のものですねぇ。
北海道方面で「豚丼」といえば、こう言うスタイルのものなんだそうです。

炙られたお肉は香ばしく柔らか。
タレは甘辛だけれども、甘からず塩辛すぎず良い塩梅。
このタレが御飯に染みて、こりゃあ美味いですねぇ。
豚肉も御飯も結構盛られているのでボリューム感もある。
余り期待しないで入ったし、結構美味しいもので満足感が高かった。

そう言えば、サラダかかに汁が無料になるサービス権も頂いた。
開店サービスの豚丼(並 480円は今日・明日・明後日の3日間だそうなので、一度試してみても良いかと。

美味しい豚丼でありました。

店名 炭火焼豚丼 がんそ
住所 横浜市中区伊勢佐木2-62 2階
電話 045-260-5890
営業 11:30~22:00
地図

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://harikiwi.blog28.fc2.com/tb.php/100-e6ac6eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。