塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

沢山のコメント及びブログ拍手ありがとうございます。
「本日只今をもって当Blogのすべての更新を停止致します。」とか書いておいて、舌の根も乾いていない内の更新をさせて頂きます。
本Blogの更新停止の事情につきましては昨日の記事の通りで、別段何か事情が有ってとか飽きたと言う事では有りませんのでBlog自体は続けて行きます。

ただ、どこのブログサービスを利用しようか思案中だった為に移転先のお知らせは出来なかったのですが、余りあちこち借り捲って試用比較をする訳にも行きませんで、取り敢えずlivedoorさんのBlogサービスを利用させて頂く事に致しました。
しばらくは
http://blog.livedoor.jp/harikiwi/
こちらでやらせて頂きます。
ちょっと今まで使っていたFC2さんのものと微妙に違ったりで、慣れるのが先か諦めるのが先か分かりませんが・・・

以後、取り敢えずは上記URLでやっておりますので、お暇潰しにでもお寄り頂ければ有難く思います。
沢山のコメントありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

ありがとうございました

さて、当FC2Blog版「塵壺日誌」は容量使用率が限度の為、本日2011年1月16日をもって終了とさせて頂きます。

使用率80%を超えた時点で容量追加申請も可能だったのですが、容量追加可否の審査も通るとも思いませんし、さまでして続ける程ご大層なBlogでもありませんので・・・
2008年の1月17日からスタートした当Blogも今日で丁度3年、まぁ区切りとするには良きタイミングで有りましょう。
と言う事で、本日只今をもって当Blogのすべての更新を停止致します。
相互リンクして頂いた「恰幅の良い彼のblog ~横浜B級グルメ~」のほんまさん「横浜ほにゃらら日記」のアリーマさんに心よりの感謝を。
今まで当Blogにご訪来頂きまして、どうもありがとうございました。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

おまかせ焼魚定食@長者町 すし元

さて、今日は長者町に在る寿司店「すし元」さんへ・・・
こちらへは昨年末2010年 12月の29日のランチに伺い「特選海鮮丼定食 1200円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
そう言えば、こちらすし元さんはお正月にも営業されてたんですよね。
表にランチの置き看板は出ていなかったから、通常時間帯のメニューだけをお出ししていたのでしょうけれども、やはりお正月にはお寿司でもと言う方が多いのかもしれませんねぇ。

それはともかくお店へ・・・
お店に入ると先客が一組いらっしゃった。
空いている席に着きお品書を眺めてみる・・・
元1
んー・・・相変わらずどれもこれも魅力的で目移りしてしまいますねぇ。
が、今日なぜか目を惹いたのが「本日のおまかせ焼魚定食 800円」
こちら海鮮丼以外にも1種類は定食を出されていて、最近はこの「本日のおまかせ焼魚定食」を出されている事が多い様なのだけれども「ミルフィーユとんかつ定食」なんて変わり種定食が店頭の置き看板に書かれていた事も有りましたねぇ・・・
こう言う魚を取り扱うお店で出される焼き魚と言うのもかなり期待大ですよね。
今日はいつもと毛色の違ったものをと言う事で「本日のおまかせ焼魚定食 800円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
元2
おぉ・・・想像以上のものが供されましたねぇ。
ご飯、お味噌汁、メイン、サラダ、副菜2品、漬物
お味噌汁はお麩と海苔
今日の漬物は白菜キムチ
サラダは
元3
今日はマカロニサラダが載ったものですねぇ。
これまたいつも通りボリューム満点

今日の副菜は
元4
元5
厚揚げの挽肉ときのこの和風餡かけ
これ美味しいわ・・・
熱々のトロっとした餡が良い塩梅で、キノコの旨みやシャキシャキくにゅくにゅとした食感も良い感じ。
元6
玉子とうふ
滑らかな舌触りが良いですよねぇ。
ただ、こちらのお出汁はは好みから言えば少し塩気が強かったかな・・・

メインは
元7
元8
焼き魚・・・それも3種類
塩鯖と太刀魚と鰤カマかな?
しかも一つ一つが普通に定食で出てくる一人前のサイズですねぇ・・・
どれも皮がパリパリに焼かれていて、皮まで美味しく食べられる。
て言うか、焼き魚ってやっぱり皮と皮際が美味しいですよね。

塩鯖?と鰤カマ?は旨みたっぷりの脂っ気がたまりませんねぇ。
太刀魚はさっぱり系。
味付けも程良い塩加減。
一度に3種類も焼き魚を頂くなんて事は中々ないのですが、一度に食べるとそれぞれ違った美味しさが堪能出来て良いですよねぇ。

この定食は魚好きにはたまらないでしょう。
お寿司屋さんに来て焼き魚は・・・と言うイメージも少なからずあったのだけれども、そんなイメージはこれを食べればぶっ飛びます。
おまかせと言う事なので、日によって出てくる魚の種類は違うと思いますが、焼き魚がお好きなら、っ子の定食は一度お試しになる価値は十分あるかと。
やはりこちらは超の付く優良店で有りますねぇ。

今日も大変美味しいランチが頂けました。

店名 すし元
住所 横浜市中区長者町8-125
電話 045-251-0215
営業 ランチ11:30~15:00 夜営業17:00~01:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

チキンときのこのカレー@吉野町 ガナパティ

さて、なんとなく久し振りにカレーが頂きたくなり吉野町のインドカレなお店「ガナパティ」さんへ・・・
こちらへは開店間もない2009年 1月の11日のランチに伺って以来と2年振りになりますねぇ。
昨日、無料配布の地域情報誌「ぱど」を1部貰って帰ったのだけれども、それにガナパティさんが開店2周年記念の特別価格でランチを実施されているとの情報が載っていたのですよね。
そう言えば最近全くインドカレーを頂く機会が無かったので、ちょっとそう言う本格派なカレーを久し振りに頂くのも悪しくはない・・・

と言う事で、さっそくお店へ・・・
割とランチタイムから外れた時間だったのだけれども、4人掛けテーブル席が3つほどに、2人掛けテーブル席が2つ?カウンター席が6,7席と言った感じの店内は結構なお客さんで賑わっており、後からも続々とお見えになった。
取り敢えず空いているカウンター席に着いてお品書を眺めてみる・・・
ランチメニューは
がな1
がな2
こんな感じなのだけれども、2011年1月13日~1月17日の5日間は「日替わりカレー 650円→500円」「サービスランチ 1100円→900円」等の開店2周年記念サービス価格で頂けるとの事。
ちなみにディナーは同サービスで20%OFFになるそうだ。
で、サービス期間は5日間なのだけれども、地域情報誌「ぱど 2011.1.14新春特別号」掲載のクーポンを持参すれば1月27日までこのサービス価格で頂ける事が出来るそうなので、この号のぱ度を見かけたらゲットされると良いかと。

さて、どれに致しましょう・・・
日替わりカレーは「きのことチキンのカレー」との事。
この日替わりカレーは通常650円なのだけれども、今日は開店2周年サービス特価500円で頂けるとの事で有れば、やはりこちらをお願いする事に致しましょう。
と言う事で「日替わりカレー(チキンときのこのカレー) 500円」をナンでお願いした。

待っている間に、通常時間帯のメニューなぞを・・・
がな3
がな4
がな5
がな6
がな7
がな8
がな9
がな10
がな11
通常時間帯のメニューはこんな感じ

さて、そうこうしている内に
がな12
先にサラダが到着
これはまぁ普通。
サラダを頂き終わると、タイミング良く
がな13
カレーとナンが到着
こちらのセットはライスかナンのどちらかを選択出来、おまけにナンとライスはお替り無料。
ナンは
がな14
がな15
これがまた結構な大きさ。
ふっくらもっちりしていて、底面はパリパリの香ばしい焼き上がり。
薄っすらと塗られているバターの量も適度。
こちらのナンってかなり美味しいのですよね。

カレーは
がな16
がな17
こんな感じ
中には
がな18
がな19
チキンと数種類のキノコがゴロゴロと・・・
いやぁ、見た目や立ち上る湯気に乗って流れてくる香りからしてすごく美味しそうですよねぇ。
さっそく
がな20
頂いてみる・・・
んー・・・この独特なスパイスの風味がたまらないですねぇ。
結構辛めではあるのだけれども、むせるような辛さではなくしっかりとカレー自体の美味しさも感じる事が出来る。
カレーの量も多く、ナン2枚くらいは余裕で頂けますでしょうね。
と言っても、1枚のボリュームが結構なものなので、ぼくはお替りはしなかったけれども。

やっぱりこちらのカレーは美味しいですねぇ・・・
最近、インドカレーのお店が妙に増殖中なので、ちょっと色々なお店を食べ歩いてみましょうか・・・
こちらのお店はナンもカレーもかなり美味しいお店ですのでお薦めです。
もしご興味が有れば、まずはこのサービス期間中か、ぱ度をゲットして1月27日までの間に一度お試しになって見ると良いかと。

久し振りに頂いたインドカレーはかなり美味しかったですハイ

店名 GANAPATI ガナパティ
住所 横浜市南区新川町3-5-7
電話 045-2611691
営業 ランチ11:30~15:00(LO 14:30) ディナー17:00~22:00(LO21:30)
定休 火曜
参考サイト

テーマ:インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ - ジャンル:グルメ

塩ラーメン&半チャーハン@伊勢佐木 食堂 風風

さて、今日のランチは伊勢佐木モール沿い、交番のところを曲がったところに在る中華屋「食堂 風風」さんへ・・・
こちらへは昨年2010年 11月の11日に伺い「田舎風カレーライス 390円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ・・・
モールを通り掛かりに、ランチメニューの置き看板が出されていたので拝見すると、どうやら500円ランチをお始めになられたらしいので、今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入ると先客はお一人。
取り敢えず席に着くと、すぐにお冷とランチメニューのお品書きを持ってきてくれた。
ランチメニューは
風1
こんな感じ。
なるほど500円・600円・700円の価格で1種類ずつ用意されているようだ・・・
こちらでラーメンと言うと開店されたばかりの昨年7月10日に伺い「カレーラーメン 450円(開店サービス価格)」を頂いた切りになってましたねぇ。
それならと言う事で「Aランチ 塩らーめん&半炒飯 500円」を頂く事に・・・

待っている間に通常メニューなぞを・・・
風2
風3
メニュー全般、比較的お安めの価格設定ですよねぇ。
そう言えば、前回伺った際に明太子オムレツは目を惹いたのでしたっけね・・・
まぁこれは次回頂くと致しましょう。
他にも新商品として
風4
「醤油ネギラーメン 辛さ1倍 700円」なんてのも有るようだ。
辛さ1倍なんて書かれているところを見ると、もっと辛くしてもらうことも可能なのでしょうねぇ。
晩酌セットも有り
風5
こんな感じ
晩酌セットと言うかラーメンと餃子のセットにビールが付いたと言う感じでしょうか・・・
晩酌セットと言うとビールとつまみ系小皿料理数品ってパターンが多いですしねぇ。

さて、待つ事しばし
風6
風7
風8
先に塩ラーメンが到着
具はチャーシュー、メンマ、もやし、わかめ、白髪ねぎと500円のラーメンとは思えない充実っぷりですねぇ。
スープは
風9
少し黄色掛った白色スープ
麺は
風13
家系のお店などで良く見かける中太のストレート麺

具のチャーシューが
風10
風11
これまた随分としっかりしたボリュームのものが乗せられている。
なにせ厚みも
風12
これもんですからね・・・
500円くらいのラーメンだと、おまけ程度の薄っぺらいチャーシューが乗ったものを出すお店が多い中、こちらは相当頑張っていらっしゃいますよねぇ。

さっそく頂いてみると、まぁ見た目からしてちょっと薄そうな感じは有ったのだけれども、やはりベースのスープはこくや旨みが不足している感じは否めませんか・・・
スープたれの味付けやわかめなどの具材の風味で食べさせるラーメンと言う感じでは有ります。
ただ、薄いながらもそう悪いお味ではなく、凡庸的で平均的な安心できるお味です。
麺の固さも丁度良い茹で上げ加減で中々良いです。

少し遅れて
風14
風15
風16
風17
風18
半炒飯も到着
玉子をかき混ぜる音なども聞こえましたので、作り置きではなくちゃんと注文都度お作りになられたようです。
具はチャーシュー、ネギ、玉子とシンプル
半炒飯とは言っても、意外としっかりしたボリュームが有りますねぇ。
米がパラパラの状態と言う程ではないにしろ、しっかり火が通り良い感じに香ばしさも出ている。
味付けは塩胡椒+旨味調味料なスタンダードなもので、偏りなくしっかり付いている。
作りたて熱々の状態で出てくるスタンダード炒飯のお味が悪い訳は有りませんねハイ
普通に美味しかったです。

このセットで500円は、かなり頑張ってらっしゃいますよねぇ。
お味の方も悪くはないですし、ボリュームも十分。
そりゃあラーメン専門店のラーメンと比べちゃうと落ちますが、街中中華のラーメンと考えれば十分かと。
それに炒飯は結構美味しいですしねぇ。
お店の方も丁寧で感じの良い方ですし、割と居心地の良いお店です。
次回は「明太子オムレツ 780円(単品580円」を頂いてみたいですねぇ。

普通に美味しい塩ラーメンと炒飯でありました。

店名 食堂 風風
住所 横浜市中区伊勢佐木町4丁目116
営業 ランチ営業あり 夜18:00~
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

ケーキバイキング@伊勢佐木 不二家レストラン

さて、引き続き「不二家レストラン」さんネタ・・・
こちら「不二家レストラン」さんでは「フレッシュケーキ食べ放題」なんて10種類程度用意されているカットケーキを60分間好きなだけ食べられるサービスメニューが用意されている。
こちらはケーキバイキングにドリンク付きで60分1180円(別に食事をする場合は880円)」となっている。
ドリンクは伊勢佐木店の場合はドリンクバーが無いのでお替りは出来ないのだけれども、ホットコーヒーは店員さんに伝えればお変わりが無料で可能となっているようだ。
このサービスは店舗に寄って実施している店舗としていない店舗が有るのでサイトにてご確認ください。
と言う事で、折角こちらで食事をするのであれば、やはりこのケーキバイキングも頂いてみたい訳で、注文時に「ケーキバイキング 880円」もお願いして有った。

食事が終わると、店員さんがケーキバイキング用のプレートとドリンクを持ってきてくれて利用法を説明してくれたのだけれども、こちらでは卓番号と時間の書かれたカードを持ってケーキのショーケースのところに持って行き、店員さんにプレートとカードを渡してケースの中に入っているケーキからバイキングの対象となっているケーキを選んで、それをプレートに乗せてもらうシステム。
一度に選べるのは2つまでとの事。
不二家レストランさんでは、一時閉鎖前にも同じようにケーキバイキングをっ実施されていた事が有り、その頃に日ノ出町駅前に在る「不二家レストラン 日ノ出町店」さんの方で何度か頂いた事が有るのだけれども、あの時はショーケースの中から自分で勝手に選んで持って行くシステムでしたねぇ。

それは兎も角、折角なので食べる気満々でショーケースへ・・・
まずは
甘味1
甘味2
不二家レストランさんと言えば、やはりこれ「イタリアンショートケーキ」
実のところ、ぼくはイチゴが苦手なんですけれどもね・・・
まぁそうであっても、このお店に来てこれは外す訳には行きますまい・・・

甘味3
甘味4
「北海道なめらかチーズケーキ」
レアチーズケーキ大好物ですハイ
チーズは濃厚、生地はサクサクで良い感じ。

甘味5
右はマロンモンブラン
左は何だっけ・・・商品名とかっちゃんとサイトに出て無いのね・・・チーズクリームのケーキだったと思うけど・・・

甘味6
甘味7
苺ミルクの生チョコケーキ
ぼくはフレッシュストロベリーは苦手ですが、苺ジャムやストロベリークリームとなれば大好物だったりします。
まぁ果物全般フレッシュフルーツだと苦手で、加工品なら好物ってパターンが多いのですが・・・

甘味8
甘味9
「ミルキークリームプリン」
これ、かなりヒットでした。
ミルキーキャラメルのお好きな方なら美味しく頂けるかと。
まさにあのミルキーの味のするクリームがてんこ盛りです。
ただ、クリームがこゆいので、下のプリンの存在感皆無です。
もはや、プリン要らないんじゃない?てくらいに・・・
上のクリームの甘みと風味にすっかりプリンの味は飛ばされてしまっているので、感じるのは食感だけ・・・
この部分は改良の余地が有りそうですが・・・まぁメインはクリームですからね・・・・

甘味10
「ベイクドチーズケーキ」
これはスタンダードなチーズケーキですねぇ。
これも普通に美味しかったです。

いやぁ・・・なんか10個くらい食べようとか思ったのだけれども、これが限界でした。
やはりこの歳になったら、ケーキばかりをバカバカ食べれる物じゃございませんね・・・
とは言え7個も食べれば十分過ぎるでしょうが。
やはり本業は生菓子販売ですから、何と言ってもクリームが美味しいのが良いですよね。
それも今の有名パティシエが~とか言う様な面倒くさい感じじゃなくて、どストレートに懐かしさと美味しさが合わさった様なお味で、ぼくはこう言うケーキの方が好きですねぇ。
まぁこれだけ頂いてしまうと、しばらくはもうケーキは勘弁して下さいって感じですが・・・
大変美味しいケーキで有りました。

店名 不二家レストラン 横浜センター店
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
電話 045-251-2105
営業 Shop10:00~22:00
   レストラン11:00~22:00
定休 無休
不二家レストラン 横浜センター店情報
不二家レストラン サイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

広島産カキのクリーム焼きごはん@伊勢佐木 不二家レストラン

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る「不二家レストラン」さんへ・・・
こちらへは一時閉鎖後にPeko's Kitchenとして再出発されたばかりの2007年 12月の14日に伺い「カキフライ定食 800円」を頂いて以来と3年振りになりますか・・・
前回、牡蠣フライを頂いて、こちらのメニューの牡蠣フライが有るのは分かっていたので、牡蠣フライ特集最終記事はこちらに致しましょう、と言う事で不二家レストランさんへ・・・
さて、お店に行くと何時の間にか店名が「Peko's Kitchen ペコーズ・キッチン」から従来の「不二家レストラン」に再変更されているのですねぇ。
いつ変わったのだろう・・・
ただお店の看板が以前の紅白基調ではなく、前店名の時の黒を基調としたものなのは変わっていないようだ。
それは兎も角、お店に入りケーキのショーケーススペースを突っ切って、奥のレストランコーナーへ・・・

入り口に立つと、すぐに店員さんが空いている席に案内してくれた。
なんだかんだ言っても、こちらは人気のお店で結構なお客さんで賑わっていますねぇ。
割とご高齢のお客さんが多いのも特徴的ですよねぇ。
席に着いて、渡してもらったメニュー表を見ると
「広島産カキフライ定食 1080円(税込1134円)」「ハンバーグと広島産カキフライ定食 1280円(税込1344円」
と牡蠣フライの付いた定食が2種用意されているのだけれども、他にも何かあるかな?と思ってページをめくると「広島産カキのクリーム焼きご飯 1080円(税込1134円)」なんて魅力的なメニューが・・・
メニュー写真を見るとフライパンで供される様で、見るからに美味しそう・・・
牡蠣フライはさんざ頂いているので、やはり今日は「広島産カキのクリーム焼きご飯 1080円(税込1134円)」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
不二1
不二2
不二3
不二4
おぉ・・・本当にフライパンで出てくるのですねぇ。
如何にも熱々のグツグツ状態で美味しそう。
さっそく
不二6
不二7
頂いてみる・・・
この表面のチーズの焦げがなんとも・・・糸を惹く熱々チーズって最高ですよねぇ。
ベシャメルソースは割としっかりした味付けがされていて、チーズの風味で味がぼやけてしまう事はない。
牡蠣は
不二5
不二8
不二9
こんな感じの中粒のものが思ったよりゴロゴロと入っていましたねぇ。
やっぱり美味いわぁ・・・
こう言う熱々ご飯をハフハフ言いながら食べるのは至福で有ります。
上にちょこんと乗った刻みトマトが意外と良く利いて、余りべたべたグダグダな感じにならずさっぱりとさせている。

お味も良くて結構ボリュームも有るので、ややお高めとは言え満足度もそれなりに高いかと。
大変美味しい牡蠣のクリーム焼きご飯で有りました。

店名 不二家レストラン 横浜センター店
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-6-2
電話 045-251-2105
営業 Shop10:00~22:00
   レストラン 11:00~22:00
定休 無休 
不二家レストラン 横浜センター店情報
不二家レストラン サイト

さて、この記事で牡蠣特集は終了と致します。
まぁかなり無理繰りに詰め込んだ事も有り、ここ3ヵ月半という短い期間で記事数55、お弁当やチェーン店、重複店の記事を除いても50軒の情報が載せられましたので、取り敢えず特集と言う体面は何とか整えられたかなと・・・
そも牡蠣が好きとは言っても、例年で有れば1シーズン10回くらい食べれば良い方な訳で、それを考えたら向こう5年分は牡蠣を食べ捲ったって感じですかねぇ・・・
どちらのお店の牡蠣も、それぞれ大変美味しく頂けましたハイ

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カキフライ定食@関内 赤煉瓦

さて、今日は一見のお店へ・・・
関内の「横浜文化体育館」さんからほど近いビルの地階に在るとんかつ店「とんかつ 赤煉瓦」さん。
こちらは以前からずっと伺おうと思っていながら、中々伺う機会を逸し続けてしまっていたお店だったのですよね。
牡蠣フライ特集もそろそろ終了に近いので、この機会に一度寄らせて頂こうと思い立ち伺った次第。

階段を下り、お店に入るとお店の方が元気に迎えてくれる。
カウンター席が4席ほど、4人掛けテーブル席が6つほどの店内に先客はゼロ、後から2組ほどお見えになった。
取り敢えず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
赤2
基本のお品書きはこんな感じ
これ以外に
赤1
赤3
こんなお品書きが貼られていた。
さて、どれに致しましょうか・・・
味噌勝なんて魅力的ですよね・・・味噌ヒレカツななんて特に・・・・
とは言っても、今日はやはり牡蠣でしょう。
と言う事で「カキフライ定食 1000円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
赤4
ご飯、お味噌汁、メイン、副菜2種、漬物
お味噌汁はねぎとわかめ
副菜は
赤5
冷や奴に切干大根
んー・・・切干大根が美味しい。
最近、本当にこう言った和総菜が美味しく感じるようになりましたねぇ。

メインプレートには
赤6
赤7
牡蠣フライに千キャベツ。
牡蠣フライ用にレモンが添えられている。
こちらはタルタルソースは付かず、卓上にとんかつソース、しょうゆ、和からし等が用意されている。

牡蠣フライは
赤8
赤9
こんな感じ
これまたかなり大きな牡蠣フライですねぇ。
さっそく
赤10
頂いてみる・・・
ザクっとした歯触りの粗めの衣を纏った牡蠣はぷっくり大ぶり。
適度な弾力を感じる表皮を噛み破ると、中から熱々の旨み汁がたっぷりと口の中へ流れ出す・・・
これまた磯の香り満載の甘み旨みたっぷりの美味しい牡蠣ですねぇ。
こう言う美味しい牡蠣はソースで頂くには、ちょっともったいないですねぇ・・・
出来れば岩塩なんかで頂きたいところですが、まぁ無いものは致し方ないですか・・・

ザクっとした粗めの衣は油切れが良く軽い食感。
こちらもまたかなり揚げ方のお上手なお店ですよねぇ。
牡蠣フライがこれですから、とんかつなんかは素材揚げともにかなり美味しいものが頂けるのでしょうね。
次回はとんかつの方をぜひ頂いてみたいですねぇ。

こちらの牡蠣フライはかなり美味しい牡蠣フライでしたのでお薦めです。
今日も大変美味しい牡蠣フライで有りました。

店名 とんかつ赤煉瓦
住所 横浜市中区万代町1-2-3
電話 045-641-9259
営業 11:00~14:00
     ~20:00頃
定休 土日祝
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

まぐろの中落ち丼@桜木町 ばる

さて、今日は桜木町 野毛ちか道出口から右折してすぐのところに在る定食屋「キッチンカフェ ばる」さんへ・・・
こちらへは2008年 10月の16日に伺い「カキと帆立のMIXフライ定食 850円」を頂いて以来と2年以上振りとなってしまいましたねぇ・・・
野毛ちか道は割と通るのだけれども、中々寄らせて頂く機会を逸していたのですよね。
そう言えば、こちらでも牡蠣フライを出されていたなぁ・・・と思い出し寄らせて頂いた次第。

お店に入ると先客はゼロ。
とりあえず店内に掛っているメニューボードを眺めると、残念ながら牡蠣フライの文字は無し・・・
まぁこちらは日替わりでメニューが変わって行くお店ですからねぇ。
無いものは致し方ない・・・
こちらは基本的に850円均一の定食が10種類近く用意されていて、他にも色々魅力的なメニューが有って迷ったのだけれども、なんとなく目を惹いた「まぐろ中落ち丼 850円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ばる1
どんぶり、お味噌汁、副菜、漬物、デザート?
お味噌汁はシジミ。
副菜は
ばる2
ひじきの炒り煮
いやぁ・・・ひじきって美味しいですよねぇ。
子供の頃はあまり好まなかったのだけれども、いつの頃からか好物になっていましたね。
そう言えば牡蠣もそうだったですか・・・やはり子供の頃とは味覚や嗜好は変わるものなのですねぇ。
その割に、子供の頃に好きだった食べ物が苦手になると言う事はない様な気がしますが・・・まぁ美味しく食べられるものが増える分には良い事です。

メインのまぐろの中落ち丼は
ばる3
ばる4
ばる5
ばる6
こんな感じ
白ご飯の上に刻みのりが散らされ、その上に
ばる7
まぐろの切り身と
ばる8
中落ちがてんこ盛りに盛られている。
まぐろが甘くて美味しいですねぇ。
ボリュームも難点で、これだけまぐろを一気に頂けると言うのは満足度が高いですよね。
まぐろって好きでは有るのだけれども、その割には余り頂く機会が無いのですよね。
回転寿司とかに寄っても、余りまぐろの皿を取る事はないですからねぇ。

デザートとして
ばる9
ばる10
ばる11
ぜんざいも付いてきました。
前回はデザートが付いてきた記憶はないのですけれども・・・と思ったら、昨日1月11日は鏡開きだったですね。
なるほど・・・それでぜんざいだったのかもしれません。
そう言えば、今年はお雑煮も伊達巻も頂いてなかったなぁ・・・
せめて伊達巻くらいは後で買って頂きますかねぇ・・・
お餅も昨年末また大量に伸し餅を送ってもらってるから、お雑煮も作ろうと思えばできなくはないのだけれど・・・

次回は、なにか魚の煮付があれば頂いてみたいですねぇ。
大変美味しいまぐろの中落ち丼で有りました。

店名 キッチン・カフェ ばる
住所 横浜市中区花咲町2-64
電話 045-243-9671
営業 平日11:00~19:00 土曜11:00~15:00
定休 日曜
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カキフライ&レバカツセット@伊勢佐木 コトブキ

さて、今日の夕飯は伊勢佐木モール沿いに在る老舗洋食店「コトブキ」さんへ・・・
こちらへは2008年 1月1日の元旦に伺い「かつ丼 750円を頂いて以来と3年振りになりますか・・・
随分間が空いてしまっていましたねぇ・・・
そういえば、こちらでもカキフライが有ったなぁ・・・と思い出し寄らせて頂く事に。

お店に入ると先客が数組、後からお一人見えられた。
こちらって移転前は結構寄らせてもらってオムライスなんかを頂いていたのだけれども、伊勢佐木モール沿いの小奇麗な店舗に移ってからは、めっきり寄らせて頂く機会が減ってしまったのですよね。
そう言えば、以前は24時間営業をされていたのだけれども、現在は遅くまで空いてはいるものの24時間営業ではなくなったそうな。

さて、取り敢えず空いている席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
お品書きは
寿1
寿2
こんな感じ
眺めると・・・有った「カキフライ 900円」
それじゃあ、これと「ライス 200円」をお願いしましょうか・・・と思ったのだけれども、良く見ると「サービスメニュー」なるものが有り、肉料理と魚料理を1品ずつ選べる上にご飯とみそ汁の付いたお得なセットメニューが用意されている。
これは良いですねぇ・・・

肉料理は「ミニバーグ・ミニカツ・レバカツ・ベーコン」 魚料理は「ホタテフライ・魚フライ・カキフライ(+50円)」の選択肢が有り、こちらから一品ずつ選べるようになっているそうだ。
おぉ・・・選択肢の中には他商品より50円増しになるとはいえ牡蠣フライも選べるのですねぇ。
それならと言う事で肉料理からは「レバカツ」魚料理からは「カキフライ」をそれぞれ選んで「サービスメニュー 1050円」をお願いする事に。

待つ事しばしで
寿3
セット到着
ご飯・蜆とわかめのお味噌汁、メイン
メインプレートには
寿4
寿5
千キャベツにマカロニケチャップ炒め、デザートなのかオレンジが添えられている。
そして
寿6
メインのレバカツと牡蠣フライ
牡蠣フライ用にレモンとタルタルソースが添えられており、卓上には中農ソース、しょうゆ、ウスターソースなども置かれている。

牡蠣フライは
寿7
寿8
寿9
こんな感じ
やや小振りのものが3個
ザクっとした歯触りの衣を纏っている。
小ぶりとは言え、香ばしい揚げ上がりで牡蠣の旨みや磯の風味も結構あり中々に美味しいですねぇ。

レバカツは
寿10
寿11
こんな感じ
思いのほか大きいですねぇ。
お店的にはこちらの方がメインなのかも。
上にはデミソースが掛けられている。
さっそく
寿12
頂いてみる・・・
お・・・これはえらく美味しい。
かりっとしたクリスピーな歯触りの衣を纏ったレバは、如何にもな風味と旨みがたっぷりで、レバがお好きな方にはかなり美味しく頂けるものでしょうねぇ。
デミソースも良い塩梅で、レバの風味に負ける事無く、レバの風味をっ殺す事無く丁度良い。
クリスピーな食感の個お呂もがこのデミソースを吸ってしっとりとしてくると、それはそれで美味しいですよねぇ。
ご飯にも良く合って食が進みます、これ。

これはちょっと単品のボリュームで思うさま頂いてみたいですねぇ。
単品だと800円ですか・・・今度単品で頂いて見ましょう。
牡蠣フライも結構美味しかったですが、このレバカツの前にはやや霞んでしまいますか・・・
そう言えば、こちらではまだカレーライスも頂いた事が無かったですねぇ・・・
今度は「カレーライス 650円」と「レバカツ 単品800円」を頂いてみましょうか。

お得で美味しいセットメニューで有りました。

店名 レストラン コトブキ
住所 横浜市中区伊勢佐木町5-129-9
TEL 045-251-6316
営業 月~土10:00~翌02:00 日09:00~翌01:00 
休日 無休
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カキフライ定食@若葉町 すゞ家

さて、今日は若葉町に在る蕎麦とうどんなお店「すゞ家」さんへ・・・
こちらへは昨年2010年 10月の6日に伺い「カレー丼 600円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
前回訪問時に「カキフライ定食 900円」を頂くつもりだったのだけれども、まだ時期が早かった為に頂く事が出来なかったのですよね。
そのままになってしまっていたので、思い出しついでに今日寄らせて頂いた次第。

お店に入ると先客はお一人、後からもお一人見えられた。
適当に空いている席に着くと、すぐにお茶とおしぼり、スポーツ新聞を持ってきてくれた。
取り敢えずお品書を眺めてみる・・・
お品書きは
鈴1
鈴2
こんな感じ
中々に魅力的なメニューが揃っている訳ですが、壁には「カキフライ定食始めました」の張り紙が有ったので、今日はそのまま「カキフライ定食 900円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで
鈴3
定食到着
って、こちらで定食を頂くのはこれが初めてなのだけれども、結構な充実っぷりの定食なのですねぇ。
ご飯、お味噌汁、メイン、副菜2種、小蕎麦、漬物
お味噌汁はお揚げと豆腐
副菜は
鈴4
マカロニサラダに酢〆小肌
こちらのお店は。ランチ時間帯限定のサービスで小蕎麦を付けて下さるそうで
鈴5
鈴6
鈴7
こんな感じ
お蕎麦としては結構太めでプリッとしたしっかりした腰の有る歯応え。
田舎蕎麦ぽいでしょうか。
こう言うお蕎麦結構好きです。

メインはと言えば
鈴8
鈴9
こんな感じ
結構大振りな牡蠣フライが5つに千キャベツ。
タルタルソースとレモンが添えられている。
お蕎麦屋さんの定食と言う事も有り、結構凡庸な牡蠣フライを想像していたのだけれども
鈴10
これが以外と独創的。
見た目からごつごつっとした感じで、きつね色の美味しそうな揚げ上がり。
さっそく
鈴11
頂いてみる・・・
見た目通りガリっカリッとした固めのクリスピーでしっかりした歯触り。
福富町の老舗洋食店「イタリーノ」さんの牡蠣フライに近い食感の牡蠣フライですねぇ。
香ばしく良い食感の衣を噛み破ると、これまた結構大きく甘く旨みたっぷりの牡蠣が・・・
これは意外にもかなり美味しい牡蠣フライじゃないですか。
こんなに美味しい牡蠣フライが出てくるとは思いませんでしたねぇ。

こちらは単品(200円引きで700円)でも頂けるそうなので、次回は「カレーライス 550円」にこの牡蠣フライを単品で漬けて頂いてみたいですねぇ。
かなり美味しい牡蠣フライで有りました。

店名 すゞ家
住所 神奈川県横浜市中区若葉町3丁目54
電話 045-261-1014
営業 10:30~19:00
定休 金曜 第2土曜
参考サイト
4.14

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

カツカレー&紅茶@伊勢佐木 A bientot(アビエン)

さて、今日は一見のお店へ・・・
つい数日前に開店したばかりのカフェ&バーなお店「A biento^t アビエン」さん(本来はoの上に^と言う記号が付くのだけれど、このPC環境じゃ無理ですハイ)
カフェ1
こちらは伊勢佐木モール沿いに在る讃岐うどんなお店「うどん工房 さぬき 伊勢佐木町店」さんの角を16号線沿い側に曲がって少し進むと左手に新しく出来たカフェバーで、2日ほど前通り掛かりにお見かけして、近い内に寄らせて頂こうと思っていたのですよね。

今日通り掛かりに店頭のボードを拝見すると、日替わりランチなども出されているようなので、今日はこちらでランチを頂く事に・・・
こちらは以前「東亜珈琲館」さんと言う喫茶店が在った場所で、東亜珈琲館さんの時はクラシカルな雰囲気の有る外観だったのだけれども、すっかり改装されてガラス張りの店内の明るいカフェ様式の店舗になりましたねぇ。
ので、一見でも気軽に入り易い雰囲気となっております。

と言う事で、さっそく店内へ・・・
お店に入ると4人掛けのテーブル席が4つ5つにソファー席も有り、結構ゆったりスペースの上にガラス張りとなっているので光量が豊かで明るく暖かい。
先客はお二組ほど。
取り敢えず席に着くと、卓上に
カフェ2
ドリンクメニューが・・・
こちらは500円均一のフリードリンクシステムとなっているようで、ランチやデザートなどはこのドリンクに付帯したサービス価格で提供されているようだ。
ので、ケーキセットはドリンク500円+250円、ランチはドリンク500円+400円とかなりお安い。

折角ランチの時間帯ですので、やはり今日はランチを頂きましょうか・・・
お店の方が持ってきてくれたランチメニューは
カフェ3
こんな感じ
ランチは400円均一でドリンク類500円にプラスする付帯サービス価格。
んー・・・フレンチトーストやナポリタンなんて魅力的なところですが、一番上に日替わりランチとして「カツカレー」の文字が・・・
しかも赤字で書かれているところを見ると、どうやらこれがお店一推しのメニューのようだ。
それならと言う事でドリンク「紅茶 500円」にプラスしてランチ「カツカレー +400円」でお願いした。

先に
カフェ4
カフェ5
カフェ6
紅茶が到着
フリードリンクと言ってもドリンクサーバーから自分で注いでくる形式ではなく、グラスポットと随分大きなカップで供してくれた。
シロップとミルク、レモンシロップは卓上に用意されている。
ドリンクにはピーナッツかチョコレートを付けて下さるそうで、ぼくはチョコレートをお願いしてあった。

パッと見の印象は、とにかくカップが大きい・・・丸みを帯びた小洒落たデザインのカップなのだけれども、普通のカップの倍以上の大きさと容量が有りますねぇ。
片手で持つのは女性には重いでしょうが、両手で包み込むようにして持っても、カップが厚手なので熱過ぎて持てないと言う事もなさそうです。
一杯のボリュームもすごいので、中々2杯3杯とはいけそうにありませんねぇ。

続いて
カフェ7
カツカレーも到着
って・・・これまた随分とすごいものが出てきましたが・・・・
カフェ8
山もりご飯に並々たっぷりのカレー、サラダにカツが2枚。
カツは
カフェ9
カフェ10
カフェ11
やや小振りのものが2枚乗っており、サクッとした軽い口当たり
カレーは
カフェ12
挽肉たっぷりのキーマカレー仕様
さっそく
カフェ13
頂いてみる・・・
ドロッとしたカレーは甘めで癖が無く食べ易い。
スパイスに拘ったりとかそう言う凝ったカレーではないものの、かなり美味しいカレーですねぇ。
こう言うカレーが苦手と言う方はほとんどいませんでしょうね。
ご飯はかなりのボリュームが盛って有りますが、カレーもたっぷりでバランス的にカレーが途中で不足すると言う事も無いですねぇ。

んー・・・出てきたカレーの見た目はもっと美味しそうなものだったのですが、何せ如何にも暖かそうな日当たりの良い日溜りの席に着いてしまったもので、ちょっと影が出来てしまったりでこの写真では見た目からして美味しそうだった実物の魅力が欠片も出ていないのがもったいないところですが・・・・もうちょっとちゃんとした写真が撮れれば良かったのですけれどもねぇ・・・・・
ま、写真に関しちゃ毎度酷いもんなので今更って話では有りますか・・・

こちらのカレーかなり美味しいです。
お店も入り易く居心地も良いので、のんびりとお茶をするのにも向いたお店で有りましょうし、女性お一人でも利用し易い雰囲気です。
その上、フリードリンクなのですから使い勝手も非常に良いと思えるお薦めのお店で有ります。

次回はケーキセットの方も頂いてみたいですねぇ。
かなり好みに合ったカツカレーで有りました。

店名 Cafe&Bar A biento^t アビエン
住所 横浜市中区伊勢佐木町5-130
営業 10:00~ ランチ有り
お店地図

テーマ:cafe - ジャンル:グルメ

カキフライ定食@弘明寺 たんぽぽ食堂

さて、夜も引き続き弘明寺へ・・・
って、一日に弘明寺に2度も遠征するなんてめったにない事なのですが、こちらもまた以前から気になっていて、一度は伺いたいと思っていたお店なのですよね。
「弘明寺商店街」さんを地下鉄弘明寺駅出口側から入って、まっすぐ進み橋を渡ってしばらく進んだところに在る洋食屋「たんぽぽ食堂」さん。
思い立った時に行ってしまえと言う事で、今日寄らせてもらった次第。

お店に入ると先客が数組、後からも数組見えられて、こちらもまた結構な繁盛振りのお店ですねぇ。
適当に空いている席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
お品書きは壁張りになっていて
わり1
こんな感じ
て、見辛いかと思い
わり2
わり3
分割・・・
これ以外にも
わり4
こんな感じの定食が用意されている。
驚くのは、そのお値段・・・
全般的にかなりお安いですねぇ。
多種雑多なメニューの中でも目を惹いたのはハンバーグ付きスパゲティ(ミートソースorナポリタン)に野菜サラダ、ドリンクが付いた「スパゲティセット 1000円」
スパゲティにハンバーグが付いていると言うだけで飛び付くには十分な理由な訳ですが、取り敢えず他にはと思って壁張りのお品書きを眺めるとその中に「カキフライ定食 730円」なんてメニューを発見。

牡蠣フライ定食730円って・・・
んー・・・どちらにしようか迷った挙句、取り敢えず牡蠣特集のネタにしておきましょうと言う事で「カキフライ定食 730円」をお願いする事に。
まぁどの道かなり魅力的なメニューが多いので、またすぐにこちらに寄らせて頂く機会を作って他のメニューも追々頂いて行くと致しましょう。

待つ事しばしで到着
わり5
ご飯、お味噌汁、メイン、副菜、漬物
お味噌汁はねぎとわかめ。
副菜は冷や奴で、初めから醤油を掛けて出してくれた。
メインは
わり6
わり7
牡蠣フライが5つに千キャベツ
牡蠣フライ用のタルタルソースが添えられていて、後は卓上にソースや醤油などが置かれている。
牡蠣フライは
わり8
わり9
中粒のものが5つ
こんがりきつね色の、如何にも美味しそうな揚げ上がりですねぇ。

さっそく
わり10
頂いてみる・・・
ややかりっとしたクリスピーな食感の衣。
見た感じ結構大きめの牡蠣フライなのだけれども、その分ちょっと衣が厚めかな?
それはそれでぼくは結構好きですハイ
旨みや甘み、磯の香り風味も適度に有り、結構美味しい。
お値段を考えれば十分立派な牡蠣フライですよねぇ。

何気に「お子様ランチ 530円」なんてメニューも魅力的に映る訳ですが、さすがにこれは頼めませんねぇ・・・
「ラーメン・あんみつセット 650円」なんてのも良さげ。
でもまぁやはり一番目を惹くのは「スパゲティセット 1000円」ですねぇ。
次回はこちらを頂いてみる事に致しましょう。
普通に美味しい牡蠣フライで有りました。

店名 たんぽぽ食堂
住所 横浜市南区弘明寺町158
電話 045-712-0397
参考サイト
4.69

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

牡蠣フライ定食@弘明寺 陣屋

さて、今日のランチは弘明寺へ・・・
蒔田と弘明寺の中間辺り、16号線沿いに有るとんかつ店「とんかつ割烹 陣屋」さんへ・・・
こちらへは以前から伺おうと思っていたのだけれども、中々機会が無かったのですよねぇ。
お店に行くと
陣1
店頭にランチメニューが貼られている。
ほとんどが940円とお安いですねぇ。
この他にランチサービスとしてグラスビールのサービスがあるのだそうな。

とりあえず店内へ・・・
お店に入ると思いのほかお客さんが多く賑わっている。
適当に空いている席に着くと、お店の方に「ビールのサービスは如何しますか?」と尋ねられたので、お酒を嗜まないぼくは遠慮させてもらったのだけれども、お酒を嗜む方にはこう言うサービスは嬉しいでしょうねぇ。
ランチは940円均一のものがほとんどで5,6種類以上は用意されている様なのだけれども、やはりここは「カキフライ定食 940円」で行ってみましょうか。
こちらは牡蠣フライが人気のお店なのか、牡蠣フライを注文されているお客さんが随分と多かったですねぇ。

待つ事しばしで到着
陣2
おぅ・・・想像以上に豪勢な・・・・
ご飯、蜆の赤出汁、メイン、漬物
ご飯とお味噌汁、キャベツはお替り自由って言う張り紙が有った気がしますねぇ・・・
揚げものには
陣3
煎り胡麻の入った小すり鉢が付いてくるので、自分で好みに胡麻を磨って利用する事が出来る。
こう言うサービスも嬉しいですよねぇ。

メインはと言えば
陣4
陣5
牡蠣フライが5つにてんこ盛りのキャベツ
和からしとレモンが添えられ、卓上にはとんかつソースと醤油の入った小壺が置かれている。
牡蠣フライは
陣6
陣7
こんな感じ。
かなり大きめの牡蠣フライで、粗めの衣を纏い見るからに美味しそう。
と言う事で
陣8
さっそく頂いてみる・・・
ザクっと言う小気味よい歯触りの衣。
そしてこちらの牡蠣もまた熱々の旨み汁たっぷりでえらく美味しい。
個人的にはお塩で頂きたいタイプの牡蠣フライでは有りましたが、ソースでもかなり美味しく頂けますし、胡麻を付けると香ばしさとごまの良い風味がプラスされて一層旨みが増しますねぇ。

これが940円とは・・・
なるほど、これだけ美味しい牡蠣フライが出てくるお店ですから、揚げ物全般には間違いないでしょうし、そりゃお客さんで賑わっているのも当然でありましょうね。
蒔田・弘明寺近辺は、本当に実力店の集まっている地域で有りますねぇ・・・
こちらのランチはお安い上にかなり美味しい揚げものの定食が頂けますのでお薦めです。

大変美味しい牡蠣フライで有りました。

店名 とんかつ割烹 陣屋
住所 横浜市南区通町4-91
電話 045-741-6752
営業 11:30~22:00(たぶん昼休みありですので、詳しくはお店にご確認下さい)
定休 火曜
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

牡蠣のお好み焼@若葉町 聚香園

さて、若葉町に在る四川料理と福建料理なお店「聚香園」さんへ・・・
こちらへは2009年 3月の27日に伺い「砂肝と唐辛子の炒め物定食 700円」を頂いて以来と、約2年振りくらいになってしまいましたか・・・
以前こちらに伺った際に拝見したお品書の中に「牡蠣のお好み焼」と言うメニューが有り魅力的だったのだけれども、その後中々伺う機会が無かったのですよねぇ・・・
無駄に牡蠣特集なんて始めてしまったし、もうそろそろ終了が見えてきたしで、折角思い立ったのだからと寄らせて頂く事に・・・

お店に伺うと先客は1組。
取り敢えず空いている席に着いてお品書を眺めてみる。
こちらはお得なセットメニューが用意され
牡蠣1
こんな感じ
裏を返すと
牡蠣2
小皿料理がいくつか載っている
おすすめ料理と言う事で
牡蠣3
さすがに四川料理のお店・・・如何にも辛そうな料理が並んでいますねぇ・・・
通常のメニューは
牡蠣4
牡蠣5
牡蠣6
牡蠣7
牡蠣8
牡蠣9
牡蠣10
牡蠣11
牡蠣12
牡蠣13
牡蠣14
牡蠣15
ざっと、こんな感じ
かなり多種にわたったメニュー構成ですが、これ以外にも壁にはお品書短冊が結構張られている。

さてお品書を眺めて行くと・・・
有った「牡蠣のお好み焼 1000円」
他にも「牡蠣のスープ(季節もの) 1000円」とか「牡蠣の唐揚げと野菜の炒め 1000円」なんて魅力的なメニューも有りますねぇ・・・
が、あやはり今日は以前から頂いてみたかった「牡蠣のお好み焼 1000円」をお願いする事に。

待つ事しばしで到着
牡蠣16
牡蠣17
牡蠣18
おぉ…これは中々美味しそう
牡蠣19
牡蠣20
結構な大きさのもので、ちゃんと切り分けて出してくれていた。
さっそく
牡蠣21
牡蠣22
頂いてみる・・・
生地の中には刻まれた牡蠣とねぎのみとシンプル。
ネチっとした食感で、お好み焼きと言うかグルテン焼きと言う方がしっくりくる歯ざわりですねぇ。
玉子は生地に混ぜ込んで焼き上げたものではなく、恐らく焼き上げの段階でお好み焼きを薄焼き玉子と合体させたと言う様な感じですかねぇ。

特に専用のソースなどは付いてこなかったので卓上に有る醤油と辣油で頂いたのだけれども、これまたますますグルテン焼きっぽいですねぇ。
シンプルなだけに牡蠣の風味と旨みがはっきり出ていて結構美味しいですが、これ単体で頂くには少し弱いでしょうか・・・
せめて何か工夫されたソースが付いて来れば良かったのですが、食事としてはあっさりしすぎですかねぇ。
醤油と辣油よりも醤油と七味の方が合っていたかも。

次回は「牡蠣の唐揚げと野菜炒め 1000円」を何か定食と合わせて頂いてみたいですねぇ。
中々美味しい牡蠣のお好み焼でした。

店名 聚香園
住所 中区若葉町3-51-3
電話 045-260-9935
お店地図
5.02

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

そばがき&蕎麦の実飯&そばぜんざい@日ノ出町 坂の上のそば屋 司

さて、今日は日ノ出町駅裏の住宅街の中に有る蕎麦店「坂の上のそば屋 司」さんへ・・・
こtりあへは昨年末 2010年12月の31日大晦日に伺い、年越しそばで「牡蠣南蛮 1200円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
お店に入ると先客はお二組ほど。
テーブル席の方に席を取り、お品書を眺めてみる・・・
お品書きは
司1
司2
司3
こんな感じ
さて、今日は何を頂きましょうか・・・
んー・・・こちらの場所に移られてからは未だ清路を頂いた事が有りませんでしたね・・・・
「鴨せいろ 1300円」辺りを頂いてみましょうか・・・と思ったのだけれども「司オリジナル そばがき 1200円」が目を惹いた。

そう言えばそばがき自体をまだ頂いた事が無かった気がしますねぇ・・・
「当店の看板メニュー」なんて謳い文句も入っていますし、今日は小tリアを頂きましょうか。
と言う事で「司オリジナル そばがき 1200円」をお願いした。
これだけだと寂しいかな?と思って、やはり以前から一度は頂きたいと思っていた「そばぜんざい 400円」もお願いしたのだけれども、奥さんが「二つとも蕎麦が気になってしまいますよ。もし良ければ小さな小豆もお出ししましょうか?」お言って下さったので、もし余裕が有るようなら後でお願いする事にした。

待つ事しばしで
司4
そばがき到着
そばがきは
司5
司6
司7
土鍋に入れられた熱々の状態で出てくるのですねぇ
たっぷりの蕎麦湯にゴロゴロ浮かんでおります。
司11
司8
司9
司10
これはお蕎麦用のつけ汁で頂くのですねぇ。
つけ汁の中にはたっぷりの辛味大根が入っており「お好みで七味を振ってどうぞ」との事だった。
さっそく
司12
頂いてみると、これがまた思いのほかふわっとした軽い舌触り。
モチネチっとした歯触りで、中には蕎麦の実が入っておりサクッとした食感も有る。
まんま蕎麦なので、すごくお蕎麦の良い香りと風味が口に広がりますねぇ。
辛味大根が爽やかな辛味で味を引き締めてくれてさっぱりとした感じ。
初めて頂きましたが、これは美味しいです。
土鍋に張って有るお湯も蕎麦湯なので、つけ汁を割ったりして最後まで美味しく頂いた。

で、後からその場にいたお客さん全員に
司13
司14
ご飯と蕎麦の実を炊き込んだ蕎麦の実飯を試食させてくれた。
これは以前も頂いた事が有るのだけれども、これもまた蕎麦の風味豊かで美味しいですよねぇ。
ご飯が蒸れた時に出る雑穀米特有の香りがお嫌いでなければ、かなり美味しく頂けるものかと。

さて、蕎麦がきを頂いている途中に
司15
司16
奥さんが気を遣ってくれて小豆を出してくれた。
ので
司17
司18
司19
司20
そばがきを投入
んー・・・これまた適度な甘みが有り美味しいですねぇ。
蕎麦と小豆って意外と良く合うのですねぇ。
これは美味しかったので、今度は単品で頂きたいところです。

次回は「鴨せいろ 1300円」辺りを頂いてみたいですねぇ。
大変美味しいそばがきとそばぜんざい、蕎麦の実飯でありました。

店名 坂の上のそば屋 司
住所 横浜市西区東ヶ丘23-27
電話 045-251-0738
営業 昼営業あり11:30~ 夜は20:30~21:00位まで
日曜・祝日も営業(今のところ定休日なしだそうです)
参考サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ハンバーグステーキ イタリアンソース@弥生町 ショー・ラパン

さて、今日のランチは伊勢佐木長者町駅と阪東橋のちょうど中間辺り、大通公園沿いに有る人気のフレンチビストロ「ショー・ラパン」さんへ・・・
こちらへは昨年2010年 12月の18日のランチに伺い「ハンバーグステーキ ミートソース」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
通り掛かりに店頭のランチメニューの書かれたボードを拝見すると
兎1
今週のランチは「ハンバーグステーキ イタリアンソース 950円」
なるほど・・・今年のランチはハンバーグステーキ イタリアンソースからスタートですか。
外待ちのお客さんが数名・・・まぁこのくらいなら並んで待ちましょうか・・・・
と言う事で、並ぶとさほど待つ事無く店内へ・・・
やっぱり後からも続々と入られ、あっという間に満席状態でしたねぇ・・・

さて、待つ事しばしで
兎2
兎3
先にサラダが到着
これもいつも通り豆腐サラダですねぇ。
玉ねぎ風味のドレッシングも相変わらず美味しい。

サラダを食べ終わると、待つほどの事も無く
兎4
兎5
兎6
メインが到着
ハンバーグステーキ イタリアンソース
付け合わせはペンネにミックスサラダ
ハンバーグはと言えば
兎7
兎8
兎9
相変わらず見るからに美味しそう・・・
漂うトマトの香りも良いですねぇ。
切って見ると
兎10
兎11
中は、こんな感じ
さっそく
兎12
頂いてみる・・・
んー・・・相変わらず肉々しさ満点の噛み応えで旨み汁たっぷり。
僅かに酸味を残したソースも美味しいですねぇ。
このソースはご飯にも合いますが、やはりパンで頂きたいところですか・・・
初期の頃はらんちでもパンも出されていたそうなのですが、ぼくがこちらのランチを頂き始めた4年ほど前には、既にライス一択だった気がしますねぇ。
それにしてもやはりこちらのハンバーグは頭抜けて美味しいですねぇ・・・

メインを頂き終わると
兎13
兎14
兎15
デザートも到着
いつものようにデミカップコーヒーとキャラメルソースプティング
こちらのプリンも散々頂いていますが、やはり好みに合っていて飽きずに美味しく頂けるのですよねぇ。

今日も相変わらず大変美味しいハンバーグでありました。

店名 ビストロ ショー・ラパン
住所 神奈川県横浜市中区弥生町3-29-1
TEL   045-251-0024
営業 ランチ11:30~14:00
    ディナー17:00~21:00
定休 日曜 祝日
お店サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

カオトム・ムー(豚肉入りタイ風お粥@横浜橋 ソムタム

さて、本日1月の7日は七草でありますねぇ。
七草と言うと「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ これぞ 七草」って事で、この七草の入ったお粥を頂く風習が有る訳ですが、今や中々お粥を頂けるお店ってないのですよね。
中華系のお店であれば、昨年は長者町の火鍋と中華料理なお店「東方火鍋城」さんで「白粥 300円」を頂きましたし、他にも伊勢佐木の四川料理なお店「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さん福富町の薬膳スープと台湾料理のお店「鑫城靚湯(しんじょうりゃんたん)」さん横浜橋の香港料理なお店「香港美食」さん等近場だけでも何軒かお粥の頂けるお店が有るのだけれども、和風のお粥となるとこの辺では思い当たらないのですよ・・・

と言う事で、今年も新しいお店でも出来ない限り中華料理店でお粥を頂く事になるのかなぁと思っていたのだけれども、今年1月1日元旦に伺ったタイ料理店「ソムタム」さんのお品書きの中に「豚肉入りタイ風お粥 1000円」と「海老入りタイ風お粥 1000円」とお粥が2種類あるのを見ていたので、今回はこちらでお粥を頂こうと思っていたのですよ。
なにせタイ料理のお店でお粥なんて、まったくイメージに無いですからねぇ。
やはり興を惹かれると言うものでありましょう。
と言う事で、さっそくお店へ・・・

お店に入ると先客は1組、後からもう1組お見えになった。
お2組ともタイの方の様で、お店の方も含めて聞こえてくる会話はすべてタイの言葉で有りました。
取り敢えず席に着いて、お品書を眺めてみる・・・
お品書きは「お品書き 1」 「お品書き 2」 「お品書き 3」 「お品書き 4」 「お品書き 5」 「お品書き 6」 「お品書き 7」 「お品書き 8」 「お品書き 9」 「お品書き 10」 「お品書き 11」 「お品書き 12」 「お品書き 13」 「お品書き 14」 「お品書き 15」 「お品書き 16」 「お品書き 17」
と、こんな感じ

取り敢えずページをめくって行くと、色々と魅力的なメニューが有って迷うところでは有りますが・・・
今日の目的はタイ風のお粥ですからねぇ・・・
と、「お品書き 16」に有った「カオトム・ムー(豚肉入りタイ風お粥) 1000円」「カオトム・グン(海老入りタイ風お粥) 1000円」
お粥はこちら2種類用意されており、海老が苦手なぼくは自動的に「カオトム・ムー(豚肉入りタイ風お粥 1000円」をお願いする事に。

待つ事しばし
タイ1
お粥到着
んー・・・パクチーなどの香草や生姜の香りが漂ってきて美味しそうですねぇ。
今日も、やはり4種類の調味料も一緒に持ってきてくれた。
お粥は
タイ2
タイ3
タイ4
タイ5
こんな感じ
タイ料理らしく、お粥の上には刻みパクチーが散らされていますねぇ。
タイ6
乳白色のお出汁は、お出汁と言うよりスープと言った感じで、しっかりしたお味と風味が有り、ここの生姜菜やパクチーなどの香りと風味が加わって中々に美味しい。
と言うか、もう少し味付けをっ濃くすればフォーを入れても全く違和感なく美味しい麺料理になるスープですね、これ。

お粥は
タイ7
タイ8
こんな感じ
イメージとしては、お粥と言うよりもおじやに近いかな?
具の豚肉は
タイ9
こんな感じ
肉団子がゴロゴロ入っております。
片栗粉なのかな?薄く衣を纏っていてちゅるっとした舌触り。
割としっかり練られた豚肉はしっとりした感じになっていて豚肉の旨みと脂身のう甘み旨みもしっかり感じられる。

結構生姜の風味が利いていて、如何にも体の芯から温まってくるような感じですねぇ。
パクチーなどタイ料理に良く用いられるハーブの風味も有りますが、それほどきつくはないのでパクチーをあまり好まないぼくでも美味しく頂けた。
と言うか、このスープかなり美味しいですねぇ。
どんぶりになみなみたっぷりと盛られているのでボリューム的にも十分。
ぼくはあまり自分で調味料を駆使して味をアレンジすると言う事は好まないのでやりませんでしたが、一緒に持ってきてくれた調味料を使って好みに合うように自分で調整してみるのも面白いのでしょうね。

んー・・・こちらはお値段的にはややお高めではありますが、移転前の店舗より間口が広くお店に入り易くなりましたし、お味の方は間違いないので美味しいタイ料理を頂きたくなったらお薦めのお店で有ります。
次回はタイ風焼き蕎麦かグリーンカレーでも頂きたいですねぇ。
今日も大変美味しいタイ風お粥で有りました。

店名 ソムタム
住所 横浜市南区真金町2-16
電話 045-243-8826
営業 12:00~ 23:00(お店にご確認下さい)
定休 火曜
お店サイト

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

カキフライ&カキグラタン@野毛 センターグリル

さて、今日は野毛に有る老舗洋食店「センターグリル」さんへ・・・
こちらへは昨年 2010年1月の5日に伺い「スパランチ 750円」を頂いて以来と、丁度一年振りになりますか・・・
思ったより間が空いてしまっていましたねぇ。
こちらは結構好きなお店で有る上に、割と食事時からやや外れた中途半端な時間帯に利用させてもらう事が多いので、いつもそう混んでいる事はなく、ゆったり食べる事が出来ているのだけれども、その割には中々寄らせて頂く機会が無いのですよねぇ・・・

今日は、こちらでも牡蠣フライを出されていたのを思い出して久し振りに寄らせて頂く事に・・・
こちらのお店には一階飲食スペースで頂く入り口と2階飲食スペースで頂く入り口の2つの入り口が有るのだけれども、ぼくは2階飲食スペースの方が静かで落ち着いた雰囲気の中食事を頂く事が出来るので、いつも好んで2階の方で頂く事にしている。
で、今日も2階に上がると、先客が数組、後からも数組お見えになった。
中途半端な時間帯だった割には、今日は意外とお客s何が多かったですねぇ。

とりあえず案内してもらった席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
お品書きは
ぐり1
ぐり2
ぐり3
ぐり4
と、こんな感じ。
拝見すると、有った「カキフライ 800円」
これは単品なのでライスかパンを付けて頂くのだけれども、折角久しぶりに寄らせて頂いたのだし、何かほかにもう一品・・・
んー・・・あら?「カキグラタン 1050円」なんてメニューが・・・・
こんなメニューも有ったのですねぇ・・・これは美味しそう。
と言う事で「カキフライ 800円」と「カキグラタン 1050円」をお願いした。

待つ事しばしで
ぐり5
先に牡蠣フライが到着
プレートには
ぐり6
ぐり7
ぐり12
牡蠣フライが7個にポテトサラダ、野菜サラダ、ケチャスパが乗せられている
牡蠣フライ用にレモンとタルタルソースも添えられている。
ぐり8
この太ブヨなスパゲティが良い感じに香ばしさと甘みが出てすごく美味しいのですよねぇ。
このプレートだけでも結構なボリュームで、やや食の細い方ならライスやパンも必要無いくらいなのですよねぇ。
メインの牡蠣フライは
ぐり9
ぐり10
ぐり11
こんな感じ
中粒の牡蠣が7個
ザクっとした歯触りの粗めの衣を纏い、割としっかりとした味が付けられているので、何もつけなくても十分美味しく頂ける。
こちらって揚げ物全般、仕上げや揚げ方が上手で美味しいですよね。

さて、後から
ぐり13
カキグラタンも到着
ぐり14
ぐり15
ぐり16
如何にも熱々なグツグツ状態ですねぇ。
この表面の焦げ具合と香ばしい香りがやたらと美味しそう。
スプーンを入れてみると
ぐり19
こんな感じ
具は牡蠣、鶏肉、マッシュルーム、マカロニなど
ベシャメルソースはドロッとしたしっかりした感じではなく、トロトロっとしたやや緩めな感じ。
牡蠣は
ぐり17
ぐり18
ぐり20
中粒のものがゴロゴロと・・・
ベシャメルソースの味付けの塩梅がちょうど良く、牡蠣の風味やうまみをしっかり感じる事が出来る。
いやぁ・・・これは美味しいわ。
ソースを吸ってやや軟目にブヨったマカロニもたまらなく美味しい。

そう言えば、小tリアでグラタン系を頂いたのは初めてだった様な気がしますが、かなり好みに合っていて美味しいですハイ
メニューを拝見するとドリアも有るのですが、残念ながらさすがに牡蠣のドリアは無いのですねぇ・・・
まぁ次回はドリアを頂くと致しましょう。
大変美味しい牡蠣グラタンと牡蠣フライで有りました。

店名 センターグリル
住所 横浜市中区花咲町1-9
TEL 045-241-7327
営業 11:00~21:15(ラストオーダー)
定休 基本的に月曜日
お店サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

特選カキフライ膳@横浜橋 江戸藤

さて、今日は「横浜橋通商店街」さんの中に有るお蕎麦と定食なお店「江戸藤」さんへ・・・
こちらへは昨年2010年 11月15日に伺い「カツカレー丼セット 850円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
前回寄らせて頂いた際に、壁に「カキフライ膳 870円」と「特選カキフライ膳 1350円」のお品書短冊が貼られていたので、次回伺った際には牡蠣フライを頂こうと思っていたのですよね。
と言う事で、今日は買い物が有って横浜橋に立ち寄ったので、こちらで頂く事に・・・

お店に入ると先客は数名。
結構中途半端な時間帯だったのだけれども、それでも結構お客さんが入っているのですねぇ。
取り敢えず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
お品書きは
江1
江2
江3
江4
江5
江6
江7
江8
江9
こんな感じ
これ以外に、壁にも
江10
こんな感じにお品書短冊が貼られている。
こちらはどんぶりと小そばのセットが中々に美味しくてお得なのだけれども、今日の目的は牡蠣フライ・・・
こちらもやはり牡蠣フライは有っても牡蠣天の用意は無いのですねぇ・・・
お品書きの中には天そばや野菜天丼など天ぷらメニューも有るので、牡蠣の天ぷらも有ってよさそうなものなのですが・・・

さて、牡蠣フライ膳は3種「カキフライ膳 870円」と「特選カキフライ膳 1350円」の定食3種と単品「カキフライ 1100円」が有り、普通の「牡蠣フライ膳」と「特選カキフライ膳」何が違うのかと思ってお店の方に尋ねたところ「牡蠣フライ膳は14:00までのランチサービス商品で、特選牡蠣フライ膳の方は牡蠣フライがランチの倍乗ります」との事。
なるほど・・・て言うか牡蠣フライ倍乗せって・・・・
まぁどちらにしろ時間的に「特選カキフライ膳 1350円」か単品「カキフライ 1100円」+他商品の2択となりますか・・・
少し迷ったものの、結局「特選カキフライ膳 1350円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
藤
うぉ・・・
正直、お蕎麦屋さんの牡蠣フライ定食ですからね・・・頭に特選の文字が付いていても、初手からそう期待はしてなかったのですよ・・・
が、出てきたのを見るとどえらい事になってますね・・・
ご飯に
藤1
昆布の佃煮とお漬物3種
藤2
お味噌汁に小鉢2点
お味噌汁はわかめ
藤3
副菜はお煮〆
人参、竹の子、椎茸、スナップエンドウ、飛竜頭
そして
藤4
藤5
藤6
小鉢蕎麦
ほんの小さなサイズのものなのだけれども、こちらのお蕎麦って結構しっかりした歯触りのもので、好みに合っているのですよね。
大根おろしが乗っていて、さっぱりして美味しい。
個人的には、こちらは温そばより冷しやせいろの方が好きですねぇ。

メインは
藤7
藤8
こんな感じ
牡蠣フライも千キャベツもてんこ盛り
千キャベツ用に胡麻ドレッシングを付けてくれたのだけれども、先にサウザンアイランドか胡麻ドレッシングを選ばせてくれました。
牡蠣フライ用にレモンと和からしが添えられていて、一緒にとんかつソースも持ってきてくれた。
さりげなくボックスティシュも置いていってくれる気遣いは嬉しいですよねぇ。

牡蠣フライはと言えば
藤7
藤8
藤9
なんか山積みになってますが・・・
藤10
藤11
藤12
結構大振りなサイズの牡蠣フライが8個ほどでしょうか
一個一個がかなり大きいので、見た目からしてどえらいボリュームです。
さっそく
藤14
藤15
頂いてみる・・・
ザクっとした歯触りの粗衣に包まれた牡蠣は、これまた旨みジュースドバドバな甘く磯の香りと旨みたっぷりの美味しい牡蠣ですねぇ。
お蕎麦屋さんの牡蠣フライと言う事もあって、ちょっと想像外の美味しい牡蠣フライで有りました。
牡蠣自体は美味しく、衣の歯触りも良く、油切れも良いとかなり良い感じのか牡蠣フライで有ります。

ただ一つ、惜しむらくはちょっと粉っぽい・・・
多分、衣を付ける段階で卵に潜らせる前に牡蠣にまぶした小麦粉の量が多過ぎてしまったのでしょうね・・・
これ以外の部分においては、とんかつ屋さん何度の揚げもの専門店で出してくれる牡蠣フライに勝るとも劣らないレベルのものだっただけに、この詰めの甘さは非常に惜しいですねぇ・・・

選ぶ時には1350円とは結構なお値段だなぁ・・・と思ったものの、実際出てきたもののお味やボリュームを考えれば十分なものでありましたねぇ。
次回は天丼と小そばのセットでも頂いてみましょうか。
美味しい牡蠣フライで有りました。

店名 横濱そば處 江戸藤
住所 横浜市南区真金町2-12
電話 045-231-5761
営業 11:00~21:00
定休 木曜
お店情報
7.00

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カキフライ定食@真金町 和食いちばん

さて、今日は地下鉄伊勢佐木長者町駅と阪東橋駅のちょうど中間辺り、大通公園沿いに有る和食のお店「和食 いちばん」さんへ・・・
こちらへは2009年 10月の25日のランチに伺い「鶏竜田揚げ定食 550円」を頂いて以来の1年以上振りとなりますか・・・
確か昨年秋ごろに友達と夜に伺って束るだけ食べたのだけれども、その時は記事に挙げて無かったのでしたね・・・
こちらは元旦からも元気に営業されていら舎っ田野だけれども、通りがけに覗く度に結構なお客さんで賑わっていたので、もう少し落ち着いた時間に伺おうと思って伺ってなかったのですよね。

で、今日は意外と空いているようだったので、そのまま店内へ・・・
空いているとは言っても、席の半分以上は埋まっているし、後からも続々とお客さんはお見えになっていたけれども・・・
取り敢えず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
ランチのお品書は
和1
和2
こんな感じ
相変わらずお安い・・・
これ以外にも、通常時間帯のお品書きが有り
和3
和4
和5
和6
和7
和8
和9
和10
と、こんな感じ
夜は単品ものが多いのだけれども、プラス250円で定食にしてもらう事が可能となっている。
まぁ単品価格もお安いので、夜の時間帯にはこちらを居酒屋代わりに利用されているお客さんが多いのも当然でありましょうねぇ。

さて、どれを頂きましょうか・・・
壁を見ると「カキフライ 600円」と言うお品書短冊が・・・
これは美味しそう・・・
と言う事で「牡蠣フライ 600円」をお願いした。
以前から気になっていた「つっぱり丼 450円」も合わせてお願いしようかとも思ったのだけれども、結局「定食セット +250円」でお願いする事に。
ま「つっぱり丼 450円」は次回、これまた目を惹いた「ハムカツ 400円」と共にお願いする事と致しましょう。

待つ事しばしで到着
和11
すごい・・・
やっぱり2こちらは50円の定食セットでも、これだけ付くのですねぇ・・・
ご飯、お味噌汁、メイン、副菜2品、漬物
お味噌汁は
和15
ワタリガニ?が半身入っている。
まぁ正直カニのお味噌汁ってあまり好まないのですが、お好きな方にはこのお値段でかにのお味噌汁が頂けるのだから嬉しいものかと。
て言うか、このかにって食べるのかな?蜆のお味噌汁とかだと、ぼくは食べるのだけれども、さすがにこれは殻を剥くのがめんどいので汁だけ頂きましたが・・・

副菜は
和12
切干大根と野菜の煮付
和13
和14
そして、今日はラッキーな事に茶碗蒸しが付いてきました。
これ、混み具合や時間帯によっては温泉玉子になる事の方が多いのですよね。

メインの皿には
和16
和17
かきフライに千キャベツ
牡蠣フライは
和18
和19
割と尾振りなものが6つも乗っている。
これで単品価格600円は驚きですねぇ。
さっそく
和20
頂いてみる・・・
外はカリカリなクリスピーな食感の衣に覆われていますねぇ。
って、かじった瞬間熱々の旨みジュースが口に飛び込んできてやけどしましたよ・・・
これまた中々に美味しい牡蠣フライですねぇ。
大きさも結構なものだし、甘みも風味も適度。
醤油と七味で美味しく頂いた。

次回は「つっぱり丼 450円」と「ハムカツ 400円」を頂きましょう。
中々に美味しい牡蠣フライで有りました。

店名 和食いちばん
住所 神奈川県横浜市南区真金町2-22
営業 07:00~24:00 (L.O. 23:00)(昨年から営業時間が変わっていますので、詳しくはお店にお尋ねください)
定休 基本年中無休(ただ、社員旅行を理由に年2日ほど休みあり)
参考サイト
7.58

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

博多ラーメン+サービスセット@阪東橋 どんたく

さて、今日は何となくラーメンが頂きたくなり外へ・・・
中華屋さんのラーメンと言うよりはラーメン専門店のラーメンが頂きたい気分だったのだけれども、この辺は便利なもので正月も3かともなればラーメン店も結構営業されている店が多いのですよね。
が、今日は美味しい豚骨ラーメンが頂きたいと言う気分・・・
となれば、ぼく的には浦舟町に有る博多ラーメンのお店「博多ラーメン どんたく」さん一択なのですよね。
こちらは例年元旦から営業されているイメージが強いので、3日ならほぼ確実に営業されているでしょうと、取り敢えずお店へ・・・

お店に伺うと、やはり営業中の掛札が・・・
お店に入ると先客はゼロながら、後から一組見えられた。
まぁ、ランチ時とは言え、お正月真っ只中ですからねぇ・・・
取り敢えず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
博多1
メニューはこんな感じ
こちらへは2008年 1月の2日に伺って「味噌とんこつラーメン 850円」を頂いて以来の3年振りになってしまいましたか・・・
そう言えば、こちらではいつも「味噌とんこつラーメン 850円」ばかり頂いていて、基本の「博多ラーメン」って、1度くらいしか頂いていない気がしますねぇ・・・
それならと言う事で「博多ラーメン 700円」をお願いした。
それにプラスして11:00~14:00までのランチサービスで「餃子5個+小ライス」のサービスセットが300円でつけられるとの事なので、こちらの「サービスセット 300円」も合わせてお願いした。

目の前には
博多2
こんな張り紙が・・・
前回伺った時には、こんな張り紙して有ったかな・・・
ぼくは基本的に、「材料に拘ってます」だとか「店主こだわりの味です」的な押し付けがましい蘊蓄や、これ見よがしの宣伝は好まないのだけれども、こちらは本当に美味しいですからね・・・

さて、そうこうしているる内に
博多9
博多10
餃子が到着
これはまぁ取り立てて特徴の無い普通の餃子ですねぇ。
とは言え、これに小ライスも付いて300円なのだから、お得で有りましょう。

続いて
博多3
博多4
ラーメンも到着
いやぁ・・・この如何にもな豚骨スープの香りがたまらなく良いですよねぇ。
スープは
博多5
如何にも美味しそうな乳白色
「熱いですよ」の言葉通り、本当に熱々の状態
何故かスープがぬるいラーメンを出すお店って多いですからね・・・
こう言うスープまできちんと熱々の状態で出してくれると言うのは嬉しいですねぇ。

具はチャーシュー、ねぎ、海苔とシンプル
チャーシューは
博多6
博多7
割と大きなものが一枚
適度に残された脂身が良いですねぇ。
香ばしくて柔らかく、かなり好みに合ってます、このチャーシュー。
麺は
博多8
博多ラーメンと言えばコレな、ストレート細麺
茹で加減を他ずんえられたので固めでお願いしてあった。
これもまたブツッとした歯触りの美味しい麺ですねぇ。

途中で高菜を加えたのだけれども、こちらのスープは余りいじらない方が美味しく頂ける気がする。
て言うか、久し振りに本当に美味しい豚骨スープを頂いた気がしますねぇ。
基本のラーメンで700円ですから、やや高めの値段設定では有りますが、それだけの美味しさは十分ありますねぇ。
まぁ自分の好みからすると、やや塩みが立ち過ぎているのが難点では有りますが・・・
濃厚な豚骨スープの博多ラーメンがお好きなら、こちらのお店はお薦めです。

相変わらず大変美味しい豚骨ラーメンで有りました。

店名 どんたく
住所 横浜市南区浦舟町3-38
電話 045-252-6977
営業 11:00~23:00
定休 年中無休
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

白身魚と長ねぎ塩炒め@若葉町 上海美食

さて、今日は若葉町に有る上海料理なお店「上海美食」さんへ・・・
お正月も2日となれば営業を開始されるお店もかなりありますねぇ。
こちらは昨日はお休みされていたのだけれども、通り掛かったら営業されていたので、今日はこちらでランチを頂く事に・・・
こちらへは昨年 2010年12月の19日に伺い「生カキと玉子炒め定食 600円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。

お店に入ると、お昼時とは言え、さすがに正月2日からこちらが営業されていると知っていた方はそう多くは無かったのか、いつもよりはずっと少なく先客はお一人、後から一組入らっしゃった。
適当な席に着いてお品書を眺めてみる・・・
ランチのお品書は
上海1
こんな感じ
さて、今日は何を頂きましょうか・・・
何となくあまりこゆいのを頂こうって気分でもないですか・・・
目を惹いたのは「白身魚と長ねぎの塩炒め 600円」
そう言えば、こちらではまだ魚を使った料理は頂いた事が無かったかな・・・
魚だし塩炒めだし、さっぱりしていて美味しそう・・・
と言う事で「白身魚と長ねぎの塩炒め 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
上海2
ご飯、スープ、メイン、サラダ、漬物、デザート
相変わらず充実したセットですねぇ・・・
スープは
上海3
トマトと豆腐の溶き玉子スープ
これまたトマトの爽やかな酸味が少し残っていてさっぱりして美味しい。

メインは
上海4
上海5
上海6
上海7
こんな感じ
白身魚、長ねぎ、タケノコ、スナップエンドウ、人参
白身魚のホクホク感が良いですねぇ。
味付けはシンプルながら少し濃いめになっていてご飯が良く進む。
野菜も甘みが出ていながらシャキシャキとした歯触りは残り、適度にっ香ばしさも出ていて良い感じ。
まぁこの定食を600円で頂けるのだから有難い事です。

次回は汁そばを頂いてみたいですねぇ。
相変わらず美味しくてお得なランチで有りました。

店名 上海美食
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~15:00、17:00~翌03:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

ミー・ガティ(タイ風担々麺)@横浜橋 ソムタム

さて、昨年火事の影響ですぐお近くに移転されたタイ料理店「ソムタム」さんへ・・・
こちらへは旧店舗時代の2008年の1月3日に伺い「牛肉と豚肉のハーブ炒めライス 1000円」を頂いて以来と、丁度3年振りになりますか。
そう言えば、こちらは例年お正月でも営業してくれているのですよね。
美味しくて印象も良かったのだけれども、その後中々伺う機会が無く、ここ3年の間ではお酉さまの時に出されている屋台の料理を頂いていたくらいでしたか・・・

移転準備をされている時から再開されたら寄らせて頂こうと思っていたのだけれども、そのままになっていて年まで越してしまったので、今日通り掛かりに営業されているのを見かけて寄らせて頂く事にした次第。
お店に入ると10席程度のカウンター席に、4人掛けテーブル席が3つ、4人掛け座敷席が3つ程の店内に先客が2組。
皆さんタイのお方だったようで、聞こえてくる会話はすべてタイの言語でありました。
こちらには以前「甚弥」さんと言う居酒屋さん在り、一時期ランチ営業もされていたので入った事が有ったのだけれども、店内の様子はほとんど変わらずほぼ居抜でお使いになっていらっしゃるようだ。
取り敢えず空いている席に着きお品書きを眺めてみる・・・

お品書きは
タイ1
タイ2
タイ3
タイ4
タイ5
タイ6
タイ7
タイ8
タイ9
タイ10
タイ11
タイ12
タイ13
タイ14
タイ15
タイ16
タイ17
と、まぁこんな感じ。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
ご飯に肉や海鮮と野菜の炒め物を添えて目玉焼きを乗せた「グラパオ(ってタイの方は発音するのね・・・ガッパオで覚えてました)」が結構な種類用意されていて魅力的なものの、何となくご飯系より麺系を頂きたい気分ですか・・・
んー・・・少し迷いつつお品書を眺めていると目を惹いたのが「ミー・ガティ 1000円」
「タイ風担々麺」と添え書きされており、写真で見る限りではどうもつけ麺タイプのようだ。
タイ料理店で担々麺とは、どういったものが頂けるのか非常に興味深いところでありますね。
と言う事で「ミー・ガティ(タイ風担々麺) 1000円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
タイ18
おぉ・・・なんかすごい。
漂う香りもタイのスパイスやハーブの香りを含んだ如何にもなものですねぇ。
一緒に
タイ19
タイ20
こんな調味料も出してくれました。
まぁ、今日は結局使わせては頂かなかったのですが・・・

さて、メインは

タイ21
つけ汁
タイ26
とこんな感じ

麺の入ったプレートには
タイ22
麺と
タイ25
てんこ盛りの千キャベツにもやし
麺は
タイ23
タイ24
白く幅広の麺で上にフライドエシャロットが散らされている。
麺は温麺

つけ汁は
タイ27
タイ28
こんな感じで、
汁自体の粘度が高い上に汁の中には
タイ28
大量のひき肉と玉子を炒めた物が入っているので、かなりドロリとしていて汁と言うよりはたれと言う方がしっくりくるかも。
勿論刻まれたパクチーも入っていて、タイ料理独特の香りも漂いますねぇ。

さっそく
タイ30
汁に麺と野菜を投入
って、ぼくはこんな感じにつけ麺式の頂き方をしたのだけれども、一緒にお皿とフォーク、スプーンも持ってきてくれていたので、もしかしたらお皿に麺を乗せて野菜を盛り、その上にたれの様に掛けてかき混ぜて食べるのが正しい食べ方だったのかも。
汁自体がかなりどろりとした感じなので、そう言う食べ方であっても全く違和感はないと思いますハイ

ま、今日はつけ麺式で
タイ31
タイ32
タイ33
美味しく頂きました。
て言うか、これちょっと凄いです。
口に入れると、まずコクの有る甘みと旨みを感じ、後からじわじわと辛みが口の中を支配します。
それでいながら辛味で味が分からないなどと言う事はなく、しっかりした美味しさを感じつつかなりの辛さがのどや舌を侵略すると言った感じです。
正直、面白半分に選んでお願いしたメニューだったので、お味の方は良くても十把一絡げな凡庸なものでも仕方ないと思っていたのだけれども、これかなりいけてます。
確かに正統派な担々麺の本道からはちょっと外れた変化球的な要素の入ったものかもしれませんが、これは確かに美味しいです。

まさか、こんな面白みの有る美味しい担々麺が頂けるとは思いませんでした。
タイ料理らしさも十分感じられますしねぇ。
年明け早々のエスニックな選択は正解で有りました。
こちらは、この料理に限らず美味しいタイ料理の頂けるお店ですのでお薦めです。
もしご興味が有りましたら是非。

次回はタイ風焼きそばを頂いてみたいですねぇ。
大変美味しいタイ風担々麺でありました。

店名 ソムタム
住所 横浜市南区真金町2-16
電話 045-243-8826
営業 12:00~ 23:00(お店にご確認下さい)
定休 火曜
お店サイト
参考サイト
8.41

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

回転寿司@伊勢佐木 平禄寿司

さて、今日は元日・・・
とは言え、起きたのは10時過ぎでしたが・・・
起き抜けに初水の朝風呂に入ったら、年の初めからヘロヘロになり、お風呂からあがってまたしばらくベッドに倒れ込むと言う間抜けな事をやらしたはものの、お昼を過ぎてなんとなく外へ・・・
意外と元日から営業されているお店も多かったのだけれども、余り歩き回るのもめんどいので目に留まった回転寿司の「平禄寿司」さんへ・・・
混んでいるかな?と思ったのだけれども、お客さんの入りはそこそこで、そう混んでいると言う程でもなかったので、そのまま席へ・・・

そう言えば回転寿司って結構好きな割に、そんなに利用させてもらう機会ってないのですよね・・・
精々、年に2,3回くらいでしょうか・・・
まぁ元々ちらし寿司などのどんぶり物は兎も角、にぎり寿司を頂こうと言う気分になる事も少ないですからね。
さて回転寿司っちゃあ、やはり普通のお寿司屋さんでは頂けないマヨ系軍艦や肉もの寿司ですよねぇ。
と言う事で、今日はそう言ったものを中心に・・・

さっそく・・・
「漬けえんがわ軍艦105円」「梅えんがわ軍艦 130円」
平1
「あんきも軍艦 220円」
平2
「牛たん 280円」
平3
「ほっき貝サラダ 105円」
平4
「豚角煮の握り 130円」
平5
「やりいかそうめん 105円」
平6
「かにサラダ軍艦 130円」
平7
「貝わさび 130円」
平8
「かにあんかけ玉子 220円」
平9
「えんがわわさび 130円」
のはずが・・・
平10
何故か渡されたのは「貝わさび 130円」
「山葵入りかんぴょう巻き 105円」
平11
と、全部で12皿ほど・・・
んー・・・20皿くらいは食べる気満々だったのですが、意外と入らなかったですねぇ。
まぁ食事は美味しく食べるに適量が有りますから、どうせ頂くなら美味しく食べられるだけの量と言う事で良いのでしょう。
これで〆て1856円となりました。

それにしても元日からお仕事とはお疲れ様な事ですが、なにせこう言う日ですのでお客さんの中にもちょいと酒酔の悦に任せて常には無い行動をされる方も出てくるもので、ちょっとトラブルになっておりましたね・・・
店長さんやらからまれた店員さんやらも難儀な事でしたが、一番難儀だったのはお連れの若い方だったでしょう。
トラブルを起こした本人が帰った後、わざわざお店に戻ってきて店長さん達に丁寧に詫びを入れておりました。
まぁこう言うしっかりした人を傍に連れているのだから、トラブルの張本の人も普段は「酒が入らなきゃ良い人」とか「今日はたまたま」とかそういう感じだったのかもしれませんが・・・
かに味噌軍艦のオーダーををすっ飛ばされたのも、えんがわわさびが貝わさびに化けて出てきたのも、こう言ったトラブルの最中だったのでは致し方なき所でありましょう。

中々美味しいお寿司で有りました。

店名 平禄寿司 伊勢佐木町店
住所 横浜市中区伊勢佐木町4-117
電話 045-251-4133
営業 11:00~21:00
休日 無休
お店サイト

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
昨年中は、面白くも無い当Blogへのご訪来、どうもありがとうございました。
まぁさしたる内容も無い、ただだらだらと長い駄文の書き捨てBlogでは有りますが、お暇潰しにでも覗いて頂ければ幸いです。

今年一年も皆様にとりまして、幸多き実り多き一年となりますように・・・

テーマ:新年のご挨拶 - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。