塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちゃーしゅう丼&餃子@星川 とんとん

さて、今日は星川に在る餃子の人気店「横浜 とんとん」さんへ・・・
こちらへは昨年12月の4日の寄らせて頂いて以来と、かなり好印象だったのに場所柄中々寄らせて頂く機会を逸し続けてしまっていたので、結構間が空いてしまいましたねぇ・・・
今日は餃子な気分全開だったので、久し振りにこちらに寄らせて頂く事に・・・

お店へ行くとお客さん数名、ただお店で食べる方とお持ち帰りの方とが半々くらいで、その後もやはり同じくらいの割合で両方のお客さんが続々と見えられた、
まぁ、こちらの餃子は美味しいですしねぇ・・・
やはり家で食べたり、よそ様に伺う際の手土産にと言う方も多いのでしょうね。

取り敢えず開いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
お品書きは
「お品書き 表」
こんな感じ。
「お品書き 裏」煮は、餃子のお持ち帰りと地方発送可能な旨、お値段と共に記載されている。

さて、今日は何を頂きましょう・・・
とは言え、こちら「横浜 とんとん」さんに伺っておいて餃子を選択肢から外すことはあり得ないので餃子をお願いする事は決定している。
取り敢えず主食に・・・なんとなくラーメンも頂いてみたい気もしたのだけれども、やはり前回頂いてかなり美味しかった「ちゃーしゅう丼」も食べたいなぁ・・・
と言う事で、結局前回と全く同じく「ちゃーしゅう丼 400円」と「餃子 250円」を2人前を願する事に・・・

待つ事しばしで
とん1
先に餃子が到着
とん2
とん3
んー・・・相変わらず如何にも美味しそうな焼き色が付いていますよねぇ。
1個1個も結構大ぶり。
餃子は
とん4
割に厚めのモチっとした皮にニンニクの風味が強めな野菜中心の具がたっぷりと詰まっている、
んー・・・この野菜の絶妙な甘みと旨みがたっぷりの熱々ジュースが口の中に広がるとたまりませんよねぇ。
かなり熱くて、口の中やけどしそうですが・・・
もっちりした皮の食感と香ばしい風味も最高ですハイ
やはり何度頂いても、こちらの餃子は好きですねぇ。

ただまぁ具が野菜中心なので、肉々しいへヴィな感じの餃子を期待される方には、少し期待されたものとは違ってしまうと思いますが・・・・
後、何故か皮の留めが緩いので、すぐにパカッと口が開いてしまうのが、見た目には雑に映ってしまうかも。
まぁ、別にそれで中身がボロボロと外にこぼれ落ちるって程では無いですし。ぼくの様に中身の写真を撮りたいなどと無駄な行動をする人間には、噛んだ痕なんて下品な部分を人様に晒さずに済むと言うのはありますが・・・
野菜たっぷりな餃子がお好みの方にはお薦めです。

続いて
とん5
とん6
とん7
ちゃーしゅう丼も到着
ご飯の上には薄切り煮豚にめんま、ホウレン草が乗せられ、たれが掛けられている。
これがまた大ヒットなのですよ。
たれは少し甘めのもので変に塩辛過ぎず良い塩梅なので、餃子の旨みを邪魔する事も無く両方美味しく頂けるのですよねぇ、
これが400円と言うのはかなりお得かと。
こちらも餃子と同じくお薦めです。

そう言えば、このちゃーしゅう丼の付け合わせのスープも少し和風な感じもあって、このスープを使うのであるラーメンもさっぱり系で美味しそうなので、やはり一度は頂いてみたいところなのですよねぇ・・・
次回は塩ラーメンと餃子を頂いてみましょうか・・・
大変美味しく好みに合った餃子とちゃーしゅう丼でありました。

店名 横浜とんとん
住所 横浜市保土ケ谷区星川1-15-27
電話 045-331-8735
営業 11:00~14:30、16:30~20:00
定休 日曜・水曜
参考サイト
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ポークステーキ ジンジャーソース@大通り公園 ショー・ラパン

さて、今日は大通り公園沿い、伊勢佐木長者町駅と阪東橋駅のちょうど中間辺りに在るランチ大人気のフレンチレストラン「ビストロ ショー・ラパン」さんへ・・・
こちらへは先月7月の24日に伺い「ハンバーグ カレーソース」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
通り掛かったら外でお待ちのお客さんもおらず、ランチメニューの書かれたボードを眺めると今週のランチは「ポークステーキ ジンジャーソース トーフサラダ 950円」だそうで、こちらでポークステーキはまだ頂いた事が無い上に外待ちのお客さんがいらっしゃらなければ、それは寄らせてもらうしかないですよねぇ。

と言う事で、さっそく店内へ・・・
さすがに店内にはお客さんはいらっしゃり、すぐに満席に近い状況になったけれども、帰りも外待ちのお客さんは見かけませんでしたねぇ・・・
やはり、こう暑いとさすがに外で並んで待つと言う事を避ける方が多いのでしょうか。
まぁ、それにこちらの一番人気は何と言ってもハンバーグですしね、メニュー次第で多少お客さんの数にも影響するのでしょう。

取り敢えず空いた席に着いて、待つ事しばしで
兎1
トーフサラダが到着。
この玉ねぎドレッシングのさっぱりとした清冽な風味は良いですよねぇ。

続いて
兎2
兎3
兎4
メインの「ポークステーキ ジンジャーソース」が到着
付け合わせはポテトとミックスベジタブル
程良い厚みのお肉はギュっとした歯応えで旨みたっぷり。
個人的には、もう少し脂身の割合が多い方が好みではありますが・・・
上には刻まれた葱と生姜がたっぷりで、ピリッとした辛みが大人な風味ですねぇ。
たれも豚肉の旨みを隠さない程度の塩梅の良さ。
それにしても箸で食べ易いようにとのご配慮からか、随分と細く切り分けられてますよねぇ。
シェフお一人で全部こなすにはお客さんが多くて大変でしょうに、この辺の手間を惜しまないと言うのもさすがであります。

メインを食べ終わると
兎5
いつものようにキャラメルソースのプリンとデミカップコーヒーを出してくれる。
今日のプリンも軟目で滑らかな舌触りでしたねぇ。
以前は表面がもっとしっかりした舌触りのもので、そちらの食感の方が個人的には好きだったのですが、まぁ滑らかな舌触りの方を好まれる方の方が多そうではありますしねぇ。

やはりこちらはハンバーグだけのお店ではありませんねぇ。
今日も大変美味しいランチで有りました。

店名 ビストロ ショー・ラパン
住所 神奈川県横浜市中区弥生町3-29-1
TEL   045-251-0024
営業 ランチ11:30~14:00
    ディナー17:00~21:00
定休 日曜 祝日
お店サイト

さて、帰りがけに「横浜橋通商店街」さんに立ち寄ると、商店街の中ほどに在るお菓子&食品の激安店「おかしの街 こじま」さんの店頭に
鶏1
鶏2
「日清 チキンラーメン」が一袋39円で売られていた。
ちなみに「日清 出前一丁」「日清 焼きそば」も置かれており、こちらは5食パックで199円で出ていた。
そう言えば、最近カップラーメンは食べても即席ラーメンなんて食べて無いなぁ・・・久し振りに食べたいなぁ・・・・などと思い付き、出前一丁かチキンラーメンで悩んだ挙句、ポケットに1円玉が4枚残っていたので、い円玉を使い切る為にチキンラーメンを6袋購入する事に・・・

んー・・・即席ラーメンなんて本当に久しぶり・・・・
後で頂くと致しましょう。
まぁ、個人的な好みでいえば即席ラーメンっちゃあ「サンヨー食品」さん「サッポロ一番 塩らーめん」が一番好きなんですけどね。
他には「東洋水産」さん「マルちゃん カレーうどん」「マルちゃん 天ぷらそば」も好きだったりするのですが、ここ10年くらいさっぱり頂く機会が無かった気がしますねぇ・・・
そう言えば、「明星 中華三昧」の登場は衝撃的でしたね・・・
まだ売っているようだから、あれも久しぶりに買って食べてみよう・・・

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

カレーライス@若葉町 ふく龍

さて、今日は若葉町に在る台湾料理のお店「餃子会館 ふく龍」さんへ・・・
こちらへは昨年2009年7月2日に伺って以来と1年以上開いてしまいましたか・・・
そう言えば、最近カレーライスネタを忘れてたぁ・・・と言う事で、こちらのメニューに確かカレーライスが有った様な気がしたので、久し振りに寄らせてもらった次第。

中華料理店でのカレーライスは、曙町の「中華一番」さんで「チキンカツカレー 700円」「カツカレーセット 800円」を頂いたり、井土ヶ谷の「チャイナ飯店」さんで「唐揚げどっさりの「鶏肉カレーライス 840円」、今は無き中村橋の「ゑびす屋」さんの「カレーライス 500円」、曙町の「康楽園」さんの「中華風カレーライス 850円」、後は四川風を謳ったカレーを出してくれる伊勢佐木の「赤とら」さんの「四川風激辛キーマカレー 700円」横浜橋の中華料理店「酔来軒」さんの「カレーライス 600円」曙町の「玉泉亭 本店」さんの「カレーライス 660円」永楽町の「コトブキ亭」さんの「カレーライス 680円」 若葉町「清華園」さんの「カレーライス 500円」 伊勢佐木の「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さんの「咖喱牛肉(牛肉のカレー風煮込み 680円」と、存外大した数のお店を回っていないので、良く考えたら別にこだわる必要もなかったような気がしなくもなし・・・

それは兎も角、とりあえずお店へ・・・
お店に入ると先客はお一人。
取り敢えず席に着いてお品書を眺めてみる・・・
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
とお品書はこんな感じ。
「カツ丼 700円」とか「鶏冷しそば 800円」とか魅力的ですよねぇ・・・
とは言え、今日の目的は「カレーライス 600円」と言う事で、こちらをお願いした。

待つ事しばしで到着
福1
中華スープを付けてくれる辺りが、如何にも中華屋さんのカレーって感じで良いですよねぇ。
て言うか、このカレー・・・出てくるまで3分も掛らなかったんじゃないかな・・・・
レトルトカレーを温めるよりも早く、手際よく作ってみせる辺りはやはりプロですねぇ。

カレーは
福2
福3
福4
福5
こんな感じ。
具は玉ねぎと豚肉のみとシンプル。
上にはしっかり火の通った目玉焼きが乗せられている。
パッと見カレー丼ぽい感じの色合いのカレーですねぇ。

玉ねぎは香ばしさが出るほどではないものの、甘みはしっかり出ていてシャキシャキとした歯触り。
カレーは結構ピリッとしたカレーパウダーの風味が立っている。
目玉焼きはしっかりと火が通っていて、これはこれで好きだけれども、やはり半熟の状態のトロットした黄身をカレーに混ぜ込んで頂いてみたい気はしますか・・・

このカレーだと中華スープとの相性も良いでしょうから「カレーそば 600円」なんてのも美味しいかもしれませんねぇ。
次回は「カツ丼 700円」か「鶏冷しそば 800円」を頂いてみましょうか。
中々美味しいカレーライスで有りました。

店名 餃子会館 ふく龍
住所 横浜市中区若葉町1-1
電話 045-251-8900
定休 月曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

白粥&にら水餃子@長者町 東方火鍋城

さて、今日はオデヲンビル前の通りを少し日ノ出町駅方面に向かった道沿いに在る火鍋と中華料理のお店「東方火鍋城」さんへ・・・
こちらへは今年1月の7日に寄らせてもらって以来と、半年以上振りになりますねぇ。
最近通り掛かっても営業されている様子が無かったのだけれども、今日通り掛かったら営業されていたので久しぶりにお粥でも頂こうと思い寄らせて頂いた次第。

こちらは以前、同じ建物の一階が中華料理とお粥のお店、2階部分が火鍋のお店と分かれていたのだけれども、今は一階店舗は撤退し、2階店舗で火鍋とお粥、中華料理をすべて出す形となった。
で、空いた一階店舗には家系ラーメンの「濱家」さんが入り営業されている。
そう言えば「濱家」さんも一度伺ったきりになってましたね・・・
今度寄らせて頂く事と致しましょう。

さて、階段を上りお店に入ると先客はゼロ。
店員さんが「どこでもどうぞ」と仰るので適当に空いた席に着いてお品書を眺めてみる・・・
火鍋のメニューは
「火鍋 お品書き1」 「火鍋 お品書き2」
と、こんな感じ。
以前は火鍋の食べ放題もやっていたので、その頃に友達と何度か頂いたけれども、こちらの火鍋は結構美味しいのですよね。

中華料理系のメニューは
「麺類・炒飯・セット物 お品書き」 「お粥類・前菜類 お品書き」 「海鮮系料理・肉系料理・スープ類 お品書き」 玉子・豆腐系料理、飯もの類・点心 お品書き」 「麺類・ドリンク系 お品書き」 「ドリンク系 お品書き」
と、こんな感じ。
大体490円で価格が統一されている感じですねぇ。
こちらのお品書は税抜き表示になっているので、精算時に消費税が上乗せされます。
これ以外に階段下には680円均一の定食類が5種類ほど書かれた黒板が置かれていた。

さて、「焼きビーフン 490円」とか「豚ばらご飯 490円」とか魅力的なメニューはあるものの、こちらに来たらやはり頂きたいのはお粥ですよねぇ・・・
それも肉や海鮮、もつなどの具入りでは無く、シンプルな白粥が好きなのです。
と言うか、正直こちらで具入りのお粥も頂いた事はあるのだけれども、具入りの方はいまいち個人的に合わず、白粥の方が美味しく感じてしまっているのですよね・・・
と言う事で「白粥 300円」と、これまたいつものように「にら水餃子 190円」をお願いした。

待つ事しばしで
東1
東2
先にお粥が到着。
白粥なのだけれども、干し貝柱で出汁の取られたものなので普通に美味しいのです、これ。
東3
東4
卓上に食べるラー油みたいなものが置いてあったので、それを掛けて美味しく頂いた。

続いて
東5
東6
にら水餃子も到着。
こちらは最初から少し酸味の有る水餃子用のたれが掛けられている。
でっぷりと厚めの皮で包まれたにらの風味たっぷりの肉種が結構しっかり入っていて、これまた結構美味しいのです。
まぁ、白粥も水餃子も、恐らくはレトルトと冷凍っ良く品なのだとは思うのだけれども、お値段を考えればそこは突っ込むべきところではありますまい。
むしろ、そうであるからこそ安定した美味しさが在るのですハイ

これでお会計は消費税合わせて514円。
まぁ、やはりお安いですよね。
ちなみに炒め物料理なんかは結構美味しいです、こちら。
お酒類もそろっていますし、中華居酒屋としても重宝かと。
今日も美味しいお粥と水餃子でありました。

店名 東方火鍋城
住所 神奈川県横浜市中区長者町8ー125 共同ビル2F
電話 045-241-8485
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

天津丼@横浜橋 酔来軒

さて、またぞろ横浜橋に在る中華料理店「酔来軒」さんへ・・・
こちらへは先月7月30日に伺って以来と、最近短い周期で立て続けに伺うようになっていますねぇ・・・
こちらでは
「酔来丼 400円」 「チャーシューライス 700円」 「ねぎライス 700円」 「肉団子ライス 800円」 「カレーライス 600円」 「カツ丼 800円」
と、何となく飯ものがシリーズ化してきているので、どうせの事ならとりあえず飯ものはすべて頂いてみましょうかと思い始めている今日この頃・・・

と言う事で早速お店へ・・・
お店に入ると中途半端な時間帯の割りに、先客数組、後からも数組見えられた。
常連さんが多いようで、やはり地元に密着した人気店なのでしょうねぇ。
そりゃまぁお店の方の人柄や接客対応が良い上に、味もお値段もよい感じであれば人気があって当然ですか。
とりあえず席についてお品書きを眺めてみる・・・
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
と、お品書きはこんな感じ。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
んー・・・パッと見目を惹くのは「肉丼 700円」か「天津丼 700円」ですかねぇ・・・・
何となく、今回は何がなんでも肉って気分でもないかな・・・
前回「カツ丼 800円」を頂いたとき、カツをとじた玉子がトロトロの半熟のものではなく、軽いふわっとした感じで結構好みに合ったものだったので、天津丼もきっとおいしいものが頂けるのでしょう。
と言う事で「天津丼 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
天1
天津丼に中華スープ、もやしのナムルのセット
おや・・・今日もスプーンは「U.S.N.」の刻印の入った60年使い続けられているという進駐軍の置き土産のスプーンですねぇ。
どうやらこのスプーン、飯ものをお願いすると付けて下さるようだ。
まぁ、ぼくは比較的空いている時間帯を狙っていく事も有り、ほかのお客さんの注文を聞いていると麺類や定職類、ビールに料理単品といった感じの注文のの方たちが多い事もあるせいなのか、このスプーンに廻り会う機会が多い気がしますねぇ。

さて、メインの天津丼はといえば
天2
天3
天4
天5
こんな感じ。
きれいな半球に整形された天津にたっぷりとたれがかけられていて、如何にも美味しそうですねぇ。
具は刻みチャーシューになると、ねぎとシンプル。
たれは酸味が抑えられた甘みの強いもの。

玉子は、やはりふわっとした軽い感じでよいですねぇ。
具はシンプルながら、入っているのがこちらの手作り叉焼ですからね・・・
そりゃ美味しくて当然でありましょう。
たれも酸味が抑えられていて、あまり酸っぱいものを好まないぼくには好みに合っている。
結構甘みも強いので、お子さんでも喜んで食べそうな感じですねぇ。

やはりこちらも何を頂いても外さないお店ですねぇ・・・
次回は「肉丼 700円」辺りを頂いて見ましょうか。
美味しい天津丼でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

島唄


この曲は何度聴いても良いですね。
ウチナーグチバージョンで結構方言が入っているけれど、方言の混ざった日本語と言う感じでこれでもまだ意味分かりますが、完全に琉球言葉にしたら全く分からないのでしょうね・・・
それにしても琉球民謡のメロディを取り入れた曲と言うのは琴線に触れますよねぇ
歌詞の内容もそうですがメロディー自体にそういう力が有るのでしょうね。

テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

激安にぎり寿司@横浜橋 やかん屋

さて、今日は久しぶりに「横浜橋通商店街」さんからスーパー「大丸ピーコック」さんや美味しい洋食の頂ける洋食&喫茶なお店「樹林」さんなどが並ぶわき道沿いに在る格安総菜とお弁当のお店「やかん屋」さんへ・・・
通り掛かりに店頭に在る置き看板の張り紙に「にぎり寿司 300円」なんて文字を見つけたら、そりゃあ買いますでしょう・・・
こちらは元々お弁当類は350円均一と言う格安なお店で、350円と言う価格のお弁当ながら「ハンバーグ弁当 350円」こんな感じに結構内容は充実していてお味の方もお弁当のそれとしては決して悪くない。
と言うか、コンビニなどで500円近いお値段で売られているものと比べても内容・お味共に遜色はないのですよね・・・

で、こちらのお店は毎日?お弁当1種類とお総菜1種類を更にお安いサービス価格で販売されていて、今日の場合で言えば「にぎり寿司 300円」と「一口ヒレカツ 30円」の2種がサービス価格で出されていた。
お寿司の類の通常価格は、確か他のお弁当類の様な350円均一では無くて、もう少し上のお値段だったような・・・
そう言えば、少し前には鶏の唐揚げのパック詰め放題なんてサービスもやってましたっけ・・・
まぁ、普段のお値段でもちょっと驚きの価格と内容のお弁当を販売されているお店なのですよね、こちら・・・

丁度ランチ時と言う事もあり、どこかでランチしようと考えていたところだったので、この激安な価格に惹かれて「にぎり寿司 300円」を昼食に購入。
で、さっそく
すし1
パックはこんな感じ。
ふたを開けると
すし2
すし3
こんな感じ。
まぐろ2貫、海老、イカ、サーモン、玉子、タイ?、とび子軍艦
と全部で8貫。
300円のお寿司パックとしてはかなり上等な内容ですよねぇ。
まぐろやサーモンはやや薄目ながら、シャリが回転寿司などのそれより一回りくらい大きい感じだしボリュームは十分有り、お味の方だってお弁当寿司としては悪くない。
と言うか普通に美味しいですハイ
サービス価格とはいえ300円でこれは立派でしょう。

横浜橋でお弁当を買って帰ろうかな?と思われた時には、まずこちらのお店を覗かれる事をお薦めします。
次回はサバの塩焼きなどの入った魚系の和風弁当を頂いてみましょうか。
中々美味しいお寿司で有りました。

店名 おそうざい やかん屋
住所 横浜市南区白妙町1-3 鈴木ビル1F
電話 045-261-3785
営業 11:00~20:00
定休 月曜
参考サイト

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

ランチビュッフェ@長者町 CafeBar&Lounge 333

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モールを歩いている時に「ワンコイン ビュッフェ 500円」なんてランチメニューの書かれた置き看板が置かれている・・・
ランチとは言え500円でバイキングって・・・
お店の名前を見ると「CafeBar&Lounge 333」さんと言うお店。
余り頂く機会の無い平日のランチなので、普段いけないお店へ行こうと考えていたのだけれども、こちらのお店もランチビュッフェは平日のみのご様子。
と言う事で、今日はこちらで頂く事に・・・

お店の場所はどこだろう・・・と思って探していると、昨年閉店された「龍鳳閣」さんやベトナム料理の「レーロイ」さんの並びに在るビルの3階に在り、狭い階段を上ってお店へ・・・
お店に入ると中は意外に広く、カウンター席数席と奥には2人がけのテーブル席が3つくらい、それに一番奥には6人くらいは吸われそうなソファー席が用意されている。
CafeBar&Loungeと言う響きから夜営業中心の照明を落とした感じなのかと思ったのだけれども、奥には大きな窓が在り店内は明るく店員さんの接客も丁寧。
席のスペースも湯ったり広めに取られている。

取り敢えず席に着くと、店員さんが「ランチは500円のビュッフェになります。+100円でドリンクが付きますがイカがしますか?」と尋ねられたのでドリンク付きでお願いした。
ドリンクはコーヒー・紅茶・オレンジジュースの中からの選択となるようだ。
と言う事で、さっそくブッフェ台へ・・・さすがにお値段がお安い事もあり種類は少なく料理は4種類ほど。
ba1_2010082059.jpg
ba2.jpg
鶏肉と玉子の炒り煮、ブロッコリーサラダ、ゴボウサラダ、野菜とポテトの冷製トマト煮
メイン料理の様な思い感じのものは無く、どちらかと言うと前菜系・サラダ系かな。
ヘルシー志向な女性向と言った感じのラインナップ。
ba3.jpg
ba4.jpg
今日のメイン料理と思われるホワイトシチュー
これにご飯が用意されている。

と、内容的にはこんな感じ。
お味の方はと言えば、これが意外な事に結構美味しい。
特にジャガイモと野菜の冷製トマト煮はラタトゥイユの様な感じでさっぱりしていて良い感じ。
鶏肉と玉子の炒り煮もシンプルながら美味しいです。
ホワイトシチューは鶏肉やキノコ数種類とたっぷりの具が入っており、適度な重量感が有って、これまたいける。
確かに種類が少なくて寂しい感じはあるけれども、お味の方はかなり良い事もあり不足は感じない。
ゆったりした空間でもあり、料理の内容なんかも考えると女性の方向きと言った印象。
平日のランチ時にのんびりお喋りしながら食事を楽しみたい方たちにも重宝かと。
通常営業時間帯も良い雰囲気の中お酒を楽しむ事が出来ますでしょうし、この分なら料理のお味も期待できるお店だと思いますねぇ。

どの料理も結構美味しかったのでお薦めです。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 CafeBar&Lounge 333(カフェバー&ラウンジ 333)
住所 横浜市中区長者町8-123-3F
電話 045-262-8832
営業 月~水11:30~00:00 金11:30~05:00 土14:00~05:00 日・祝14:00~00:00
    ランチは平日のみ(月・火・水・金)11:30~14:00(LO13:30)
定休 木曜
お店サイト
お店Twitter

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

牛・羊・甘鯛@野毛 Restaurant Y(イグレック)

さて、今日は野毛に在るカジュアルフレンチなお店「レストラン イグレック(Restaurant Y)」さんへ・・・
こちらへは2008年の8月21日以来と実に2年振りと随分久しぶりになってしまいましたねぇ。
まぁ、基本お酒を嗜まないぼくには野毛という街自体が縁遠いですからね・・・
昨日、久しぶりに野毛を通った際にこちらのお店を思い出し、帰ってから「お店のサイト」「お店のBlog」を久し振りに拝見させて頂いている内に、久し振りにこちらの料理を頂きたくなったので思い立ったが吉日と言う事でさっそく今日伺った次第。

こちらのお店は野毛の仲通り沿いに在る「モックビル」と言う一階が海鮮居酒屋さん?の入ったビルの2階に在って、事前のチェックなしだと普通に気が付かずに通り過ぎてしまう様な場所に在り、ビル自体が古い事もあって些か入り辛さが在るのですよね・・・
と言ってもビル自体は古くて微妙に入り辛いものの、店内は明るくお店の前に立ってしまえば入り辛いと言う事は無いのですが・・・
そう言えば、こちらの一階店舗には3年ほど前まで「磨心」さんと言うお店が入っており、かなり人気が有ったはずなのに割に短い期間で閉店してしまったのですよね。
まぁ、この多産多死的にお店が出来ては消えて行くのは野毛では当たり前の様な感じにはなっていますが・・・

さて、階段を上り2階に在るお店に入ると先客はゼロで、後からグループのお客さんが見えられた。
2年振りだと言うのにご主人は覚えていて下さったらしい・・・
こちらのお店はカウンター席が8席くらいと奥にはテーブル席が多分こちらも8席分くらいあり、とりあえずカウンター席へ・・・
前回「ソフトドリンクの用意もありますから、別に無理してお酒を飲む事は無いですよ」とご主人が仰っていたので取り敢えずソフトドリンクの種類を尋ねると「ジンジャーエール、ウーロン茶と青リンゴやオレンジ、カシスなどのシロップが有りますのでそれのソーダ割りが出来ます」との事で、何か炭酸のシュワッとした刺激が欲しかったので青リンゴのソーダ割りをお願いした。

こちらのお店には基本メニューと言うものは無く、黒板に前菜・魚料理・肉料理の3系統に分かれて、それぞれ数種類材料が書かれ、その中から好みの材料を選んでオーダーするシステムになっている。
その際、どう言った感じの料理が良いか希望を伝えればそれに沿ったものを作って下さるし、お任せでお願いする事も可能だそうな。
さて、どれに致しましょう・・・
ちなみにこちらのお店は一皿がシェアが基本くらいの量なので、さすがに食べられる量が以前よりは減ってきたかな?と言う事もあって、取り敢えず前菜と肉料理をお願いし余力あらば魚料理もと言う事で、先に前菜と肉料理をお願いする事に・・・
肉料理は、久し振りに羊が食べたいと言う事で「仔羊」を選択、前菜も色々あったものの今日はとにかく肉な気分だったので「和牛のカルパッチョ」をお願いした。

待つ事しばしで
いぐ1
いぐ2
前菜の和牛のカルパッチョが到着。
て言うか、上の野菜を取って写真を撮れば良かったですね・・・
柔らかいわ甘いわ旨いわ・・・
ぼくは牛よりも豚や鶏の方を好むのだけれども、これ牛肉は普段食べるものとは段違いですねハイ

続いて
いぐ3
いぐ4
仔羊のロースト
注文時にご主人から「マスタードにしますか?ソースにしますか?」と聞かれたのでソースでお願いして有った。
と言う事で、ソースはアンチョビとバルサミコ酢の赤ワインソースとなりました。
アンチョビを肉料理のソースに用いるのは余りない事なのだそうですが、やって見ると美味しかったのでと言う事でこのソースでお出ししてくれた。
確かにアンチョビって言うとパスタソースなんかに使われるイメージが強いですよねぇ・・・

実際、これがまた美味しいのです。
癖も無く違和感も無く、素直に美味しいと思えるソースになっているのですよねぇ。
この辺はやはりプロの腕の見せ所と言う事なのでしょうね。
仔羊も臭みや癖の無い肉質柔らかなとても美味しいものですねぇ。
まぁちゃんとした表現が出来るだけの能力が有れば、もっとどれだけ美味しいものかと言う事を伝える事が出来るのでしょうが、当然の様にぼくにはそんな能力は皆無ですから是非ご自身の舌で味わってみて下さいませ。
付け合わせにはポテト、カボチャ、ナス、ズッキーニ、しいたけ、後なんだろ・・・アーティチョークかな?とたっぷりで、その上
いぐ5
やきたて熱々のパンも一緒に供してくれるので、ソースを付けて最後まで美味しく頂いた。
このパン、自家製のじゃが芋パンだそうで、これもまた外はカリッと中はもちっとしていて美味しいのですよねぇ。

さて、写真でもお分かりの通り前菜も肉料理も普通に2人でシェアする様な量で、菜お所ここまで食べれば十分だろうと言う気がしたのだけれども、やはり美味しい事もあり意外とすんなり入ってしまい、魚も行っておきたいなぁ・・・と言う事で、魚料理も追加させてもらう事に・・・
魚は3,4種類くらいあり、どれにしようか迷ったものの、中でも「甘鯛」が目を惹きこちらでお願いする事に。
料理法は無知なぼくが何か言うよりもお任せしてしまった方が良いでしょうからと「さっぱり目の味付けで」と言う事だけでお任せした。

待つ事しばしで到着
いぐ6
いぐ7
甘鯛のロースト。
甘鯛は松かさ焼きの要領でと言う事で鱗は取らず、そのまま焼き上げてある。
ソースはあさりとトマトのライムソース
オーダー通り本当に爽やかな酸味のあるさっぱりソースに仕上げて出して下さった。

鱗が香ばしくパリパリ、身はしっとり柔らかで淡白ながら旨みもしっかりありますねぇ。
て言うか、これ半身だったりするんですが・・・
やはりこれは2,3人でシェアするサイズなのでしょうけれども、これまた普通に最後まで飽きる事無く美味しく頂けるのだから不思議なものです。
まぁこれだけの量を最後まで美味しく頂ける料理を即興でお作りになるのだからさすがですよね・・・

とは言え、さすがにこれ以上はきついと言う事で、今日はここまで。
まぁ、写真を見ると良く食べ切れたな・・・と思う様な量ですが・・・
これでお値段8700円。
一人で頂くには少々お高いですが、これ普通なら2,3人でシェアの量ですからね・・・
2,3人の勘定で考えれば十分お安いですハイ
ワインなどの取り揃えも豊富なようですし、2,3人で楽しくお酒を楽しみながら美味しい料理を頂くのにも向いたお店かと。
厨房はご主人お一人で対応されているので、時間と気持ちに余裕のある時の方が楽しめるお店かと思います。
カウンター席は目の前がキッチンですから、調理過程が見れますので料理のお好きな方にはそれもまた興味深い事かと。

そう言えば、こちらで初めて鳩を頂いたら本当に美味しかったのですよねぇ・・・
次回は久しぶりに鳩を頂いてみたいですねぇ。
満足のいく夕飯でありました。

店名 フレンチカジュアルレストラン イグレック
住所 横浜市中区野毛町2丁目71-9モックビル2F
℡ 045-241-2623
営業18:00~
定休 お店のBlogに載ってます
お店サイト
お店Blog(お店のお休みや仕込み料理情報などが載ってます)

さて、少しご主人とお話をさせてもらった際に「都橋商店街に在るスナック華さんと言うお店が美味しい」と言う情報を頂いた。
こちらのお店はスナックとはなっているのだけれども、実際は中華料理店なのだそうだ。
お店は狭く5,6席しかないそうなのだけれども、かなり美味しく人気のお店なのだそうな。
かなりそそられる情報ですよねぇ・・・こちらも近い内にお邪魔させて頂きましょう。
「スナック 華」さんBlog

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

豚角煮そば@日ノ出町 第一亭

さて、今日は日ノ出町駅傍に在るもつ系料理に特化した中華料理店「第一亭」さんへ・・・
こちらへは今年6月7日に伺い「たんめん 550円」と「野菜入りもつ味噌煮 400円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
お店の前を通り掛かったら営業されていたので、今日はこちらで頂こうと寄らせてもらった次第。
お店に入ると先客はお一人。
取り敢えず開いている席に着いて、壁に貼りまくって有るお品書を眺めてみる・・・
ちなみにメインのお品書は
もつ1
こんな感じで、これ以外にも壁にたくさんお品書きの短冊が貼られている。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
もつ系料理の特化したお店なので、どうしても「もつ炒め定食 700円」とか「ホルモン炒め定食 700円」に惹かれてしまうのだけれども、前回こちらで「たんめん 550円」を頂いてみたら存外美味しかったのですよね・・・
んー・・・お品書きで目を惹いたのは「炒米粉 700円」「豚角煮丼 700円」「冷し中華 700円」「豚角煮そば 700円」辺りだったのだけれども、やはり肉を行っておきたいですか・・・・
となると「豚角煮丼 700円」か「豚角煮そば 700円」の二者択一・・・
やはり今日は麺類にしましょうと言う事で、最終的に「豚角煮そば 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
第1
第2
おぉ・・・お値段からして、そう大したものを想像していなかったのだけれども、ゴロんとした角煮が4つ5つドカッと乗せられている。
具は豚の角煮、青梗菜、ねぎ、それにフライドエシャロットかな?香ばしく揚げられた甘いものが上に散らされていた。
麺は
第3
やや細めの縮れ麺。
少し固めの茹で上がりにしてあって、ちゅるんとした舌触りが良い感じ。
メインの豚の角煮は
第4
第5
こんな感じ
トロトロの脂身は甘く、肉はギュっとした歯応えで噛むと肉の旨みがにじみ出る。
味付けは割と醤油の風味が強めでシンプル。
特別な味付けではないけれど、これがまた如何にも街中中華的なシンプルなスープのラーメンに良く合って、かなりおしいい。
ちょっと塩見の強い味付けなので、単品で頼んでビールやお酒のの当てにするのも良いかもしれない。

これは「豚角煮丼 700円」の方もぜひ頂いて見たいですねぇ。
次回は「炒米粉 700円」か「豚角煮丼 700円」を頂いてみましょう。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 第一亭
住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
電話 045-231-6137
営業 11:00~24:00
定休 火曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ミソラーメン@横浜駅西口 龍味

さて、今日は横浜駅西口東洋ビル地下飲食店街に在る格安中華なお店「龍味」さんへ・・・
こちらへは今年3月15日に伺い「鉄板焼きそば 450円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
ちょっと買い物が有って、帰りがけに横浜駅西口に来たので久しぶりに寄らせて頂いた次第。
お店の方に伺うと夏休みと言う事もあってか、中途半端な時間の割にいつもより少し混み気味でカウンター席が埋まっていたのでテーブル席へ・・・

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
こちらではまだ基本の「ラーメン 400円」って頂いた事が無いので、いつも次回はと思うのだけれども、お店に入るとやはり真っ先に思い浮かぶのは「サンマー麺 450円」なのですよねぇ・・・
んー・・・でも今日は何となくサンマー麺と言う気分でも無く、かと言って「タンメン 450円」もさっぱりし過ぎですかねぇ・・・
んー・・・そう言えば味噌ラーメンを最近頂いていないし、こちらの味噌ラーメンって結構好みに合っていたのですよね・・・・
と言う事で「ミソラーメン 500円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
味1
味2
味3
相変わらずの豪快な盛りっぷり・・・
具は白菜、玉ねぎ、人参、きくらげ、豚小間、ニラ、挽肉、きくらげと具沢山。
麺は中太の縮れ麺
こちらの味噌ラーメンは、お味自体は業務用ぽい感じでそう特徴の有るものでもないのだけれども、上にドカッとたっぷり野菜が乗せられているので、その野菜の旨みと甘みがスープに溶け込んでかなり良い感じになるのですよねぇ。
最近、味噌ラーメンをお願いしても上に炒め野菜を乗せて出してくれるお店が減ってしまったから、こう野菜たっぷりな味噌ラーメンを出してくれるお店って貴重ですよねぇ。

そう言えば、こちらって夏限定で蒸し鶏の乗った冷し中華みたいなものを出されていなかったかなぁ・・・と思って帰りがけに表のメニューを眺めたのだけれども、普通の冷し中華は合っても蒸し鶏の乗ったものは無いようだ・・・
こちらじゃ無かったかな・・・
まぁ、こちらではまだ冷やし中華も頂いた事が無いから、夏の間に一度はお願いしてみると致しましょう。
今日も美味しい味噌ラーメンでありました。

店名 龍味
住所 横浜市西区北幸1-1-8 横浜東洋ビル B1F
電話 045-311-2498
営業 10:30 - 20:30
定休 無休
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

五色丼@長者町 すし元

さて、今日は伊勢佐木モールのオデヲンビル前の通りを日ノ出町方面に少し行ったところに在る寿司店「すし元」さんへ・・・
こちらへは6月26日に伺い「トロサーモンのたたき丼 900円」を頂いて以来となりますか・・・
昨日に引き続き、なんとなく和食な気分だったので初めて伺って「本まぐろの漬け丼 800円」を頂いて以来、こちらに来れば間違いなく美味しい海鮮丼が頂けると言うのは分かっていますからねぇ。
と言う事で、さっそくお店へ・・・

お店に行くと、有難い事にこちらもお盆時期真っ只中でも営業されていたので、そのまま店内へ・・・
中に入ると、今日は先客が1グループにぎやかに盛り上がっており、後からも1組のお客さんが見えられた。
先客でいらっしゃったグループの方達はどうやら常連さんのようで、後から来られたのは老夫婦と言った感じの方達、やはりこちらの客層としては割に年齢層の高めな方のご利用が多いようだ。
とりあえずカウンター席に着いてお品書を眺めてみる・・・

今日のお品書は
元1
こんな感じ
なんとなく「いくら醤油漬けばらちらし定食 1000円」が頂きたいなぁ・・・と以前から思っていたのだけれども、今日はお品書きの中に「五色丼(マグロ・サーモン・イカ・オクラ・納豆) 1000円」と言う初めて見るメニューが・・・
いくら醤油漬けか五色丼・・・悩むところですねぇ・・・・

んー・・・五色丼の具の内、マグロとサーモンが間違いなく美味しいと言うのは、「本まぐろの漬け丼 800円」「トロサーモンのたたき丼 900円」を頂いていて十分わかっているのだけれども、イカはまだ頂いた事が無いのですよねぇ。
イカって当たりのお店だと本当の美味しいものが頂けますからねぇ・・・
それに「いくらの醤油漬けばらちらし 1000円」はランチメニューにはいつも必ず含まれるレギュラーメニューの様なのだけれども、こちらの「五色丼 1000円」は今日見るのが初めてだし、次回伺った際にメニューに在るとは限らないか・・・
と言う事で、悩んだ結果、今日は「五色丼 1000円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
元2
相変わらず豪気なセットだ・・・
副菜には
元3
冷や奴にサラダ
このサラダもポテトサラダまで入っていてボリューム満点なんですよねぇ。
元4
あ味噌汁に魚の南蛮漬け
こちらのお味噌汁って美味しくて好きなのですよねぇ。
具は油揚げとあおさ海苔
南蛮漬けも良い感じに冷えていて程よい酸味でさっぱりと美味しく頂ける。
これに漬物2種

メインの五色丼は
元5
元6
こんな感じ
具は鮪・イカ・サーモン・オクラ・納豆
前回は白ご飯だったけれども、今日は酢飯だった。
こちらの少し甘めのシャリって好きなのですよ。

写真だと分かり辛いですが、どの具も大ぶりに角切りされて大量に乗せられていましたねぇ。
と言うか、マグロって赤身だと思ってたのだけれどもトロでしたか・・・なんて贅沢な・・・・
納豆やオクラのネバネバ系って如何にもスタミナ付きそうで、こう言う暑い時期には良いですよねぇ。
それにしてもマグロもサーモンもイカも、どれも甘くて美味しい。
特にイカはムチッとした歯触りがあり、その後甘みと旨みを残して滑らかに溶けて行く感じ。
やっぱり今日はいかに期待してこちらをお願いして正解だったですねぇ。

付け合わせも全部美味しく、その上ボリュームもあり、これで1000円だと言うのだから相変わらずのお得っぷりですねぇ。
「海鮮丼 1200円」や「海鮮握り定食 1200円」なんかも相当美味しいものが入っているのでしょうけれども、やはりお寿司屋さんで人気の具と言う事もあって海老は入ってしまうでしょうし、もしかしたらアナゴも入ってそうなので、どちらも苦手としているぼくには注文し辛いのですよねぇ・・・
まだ数回しか伺っていない上にランチのセットなのに「この具は抜いて下さい」とは言えませんからね・・・
まぁ、まだ間違いなく美味しいであろう「いくらの醤油漬けばらちらし 1000円」も「本鮪の鉄火丼 800円」もまだ頂いてないですからね。

次回は「いくらの醤油漬けばらちらし 1000円」を頂いてみましょうか。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 すし元
住所 横浜市中区長者町8-125
電話 045-251-0215
営業 ランチ11:30~15:00 夜営業
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ごますきしめん@日ノ出町 坂の上のそば屋 司

さて、今日は日ノ出町駅裏の丘の上の住宅街の中に在る蕎麦店「坂の上のそば屋 司」さんへ・・・
こちらへは今年5月19日に伺い「あられそば 1200円」を頂いて以来と3カ月ぶりの再訪になりますか・・・
意外と間が空いてしまいましたねぇ・・・
台風の影響でここ数日多少暑さが和らいで入るものの、やはり真夏と言う事もあり暑い事には変わりなし・・・
なんぞさっぱりしたものが頂きたくなり、それならやはりお蕎麦でしょう、と言う事でこちらへ伺った次第。

お盆期間真っ只中なので、今日営業されていらっしゃるかどうかは分からなかったのだけれども、とりあえず行ってみようと言う事でお店に伺ったら、有難い事に暖簾が出ており、丁度おかみさんが外に出ていらしゃったので挨拶をして営業されているか尋ねると絶賛営業中との事。
お盆中も特別お休みは設けないそうな。
と言う事で店内に入ると先客はいらっしゃらなかったので今日も座敷の掘りごたつ席の方で頂く事に・・・

取り敢えずお品書を眺めてみる・・・
お品書は
司1
司2
司3
こんな感じ。
お酒などのドリンク類は
司4
こんな感じ

お品書きの内「さくらそば」は季節限定の為すでに終了し、現在の季節のお蕎麦は「たいそば(たいそばって言うと、やはり鯛蕎麦なのだろうか・・・?)」だそうな。
また、前回頂いた「あられそば 1200円」はよほど好評を博したようで、お客さんの強い要望が有り今の時期は冷たい「冷しあられそば」も頂けるようになったとの事。
青柳の貝柱がたっぷりでコリコリとした感触と甘みの有る美味しいそばでしたからねぇ・・・それが冷しで頂けるならぜひ頂きたいところですねぇ。

と思って「冷しあられそば」をお願いしようとしたところ、奥さんがご主人に「今日ってもうごますきしめん出せる?」とお尋ねになっている・・・
「ごますきしめん」と言えば、まだこちら「司」さんが若葉町で営業されていた昨年 8月5日にお店に初めて伺った際に頂いたメニューなのですよね。
今の場所でお店を再開されてからはメニューを絞られた事もあってお品書きから消えていたのだけれども、このメニューもまた、この辺では中々生のきしめんが頂けるお店が少ない事もあって再販の要望が有ったそうな。

それで「ごますきしめん」の販売を再開される事にされたそうなのだけれども、本来販売開始は来週の月曜日からとの事。
が、今日も暑いし折角暑い中来てくれたからと気を遣って下さり、ご主人に出せるかどうかの確認を取ってくれた上で、このメニューをお薦めしてくれたのだし昨年頂いた時もかなり美味しく頂けた記憶が有るので、今日は「ごますきしめん 1000円」を注文させて頂く事に。

待つ事しばしで到着
司5
「もし足りなかったら」とお酢の入った小皿を付けてくれた。
司6
司7
司8
これは彩り豊かで見栄えの良いお姿ですねぇ。
ちなみに、昨年頂いたごま酢きしめんは
きし
こんなお姿で、今年のものは随分グレードアップしましたねぇ・・・

具は人参、きゅうり、錦糸玉子、パプリカ、チャーシュー、カニカマ、カニ肉、細切り青唐辛子
ごま酢きしめんの名の通り、上にはたっぷりと炒り胡麻が振られている。
たれは冷し中華風ながら、お酢の風味はやや控えめで口当たりは柔らかい。
ぼくは余りお酢の風味が強過ぎるのは好まないので、このくらいがちょうど良く美味しく頂けるのだけれども、もう少しさっぱりとした酸味を利かせたい方はお盆に載せられた小皿のお酢を足しながらご自身で調整できると言うのも良いですよねぇ。

青唐辛子は「かなり辛いものなので気を付けて下さいね」とのアドバイスが有ったのだけれども、熱を通してあってピリ辛で甘みと旨みも感じられるくらいの状態になっているので、違和感なく良いアクセントになっていた。
パプリカも甘くておいしいし、キュウリは千切りと薄切りと切り方が違うものが入っているので歯触りの違いを楽しめるのも良いですねぇ。
カニ肉とカニカマを同時に頂いたのは初めてかも・・・カニ肉が美味しいのは勿論だけれども、カニカマってつくづく偉大な発明ですよねぇ・・・
むっちりピロピロのきしめんは歯応えものど越しもばっちり。
こりゃあ、昨年頂いたものより更に美味しくなってますねぇ。

このごま酢きしめんはお薦めですハイ
販売開始は来週月曜日からとの事なのでご注意を。
次回は「冷しあられそば」を頂いてみましょうか。
美味しいきしめんでありました。

店名 坂の上のそば屋 司
住所 横浜市西区東ヶ丘23-27
電話 045-251-0738
営業 昼営業あり 夜は20:30~21:00位まで
日曜・祝日も営業(定休日は水曜または木曜になさるとの事。詳しくは電話でご確認を)
参考サイト

さて、
司10
こんなチケットを頂いてしまいました。
7月2日から9月4日までの間、横浜美術館で開催されている「ポーラ美術館コレクション 印象派とエコール・ド・パリ」の招待券。
あらら・・・絵画鑑賞は好きとは言わないまでも嫌いではないし、日ノ出町駅前からワンコインバスも出てるしと言う事で、そのまま横浜美術館へ・・・

行ってみると、さすがに夏休み中と言う事もあって結構賑わっていますねぇ。
親子連れのお客さんも多いし、学生さんかな?絵やその横に在る説明文を見ながら何やら必死にメモを取っている姿も多数。
やはり、こういう場では皆さん真剣に一枚一枚絵を眺めていらっしゃいますねぇ。
まぁぼくはこの絵綺麗だなぁ・・・とかその程度のことしか考えない人間なので、だれがどの絵を描いてどう言う評価を得ているのか、とかそういった事はさっぱり分りませんが、ああいう場は何となく落ち着いて好きな空間ですねぇ。

それにしても日本の美術館って、かなりチェックがぬるいよね・・・
と言うかノーチェック。
ぼくはその国の歴史や文化を一番お手軽に垣間見る事が出来るのは博物館と美術館だと思っているので、海外に出ると大概どこの国でも博物館や美術館に入るのだけれども、手荷物をチェックするどころか手荷物預け所に預けて手ぶらの状態じゃないと入れない博物館や美術館が多いですよねぇ・・・
さすがにフラッシュ焚いて写真を撮る様な不心得者はいないけれど、全くのノーチェックで大丈夫なものなんだろうか・・・
まぁ、ちゃんと係りの人が所々にいらっしゃるけれども・・・

絵画鑑賞はぼくには高尚過ぎるけれども、こう言う時間も良いものです。
こちらも中々良い時間が過ごせましたねぇ。

横浜美術館 サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

大腸刀削麺@長者町 華隆餐館

さて、今日は久しぶりに長者町に在る四川料理&刀削麺なお店「華隆餐館」さんへ・・・
こちらへは今年の3月25日に「牛筋刀削麺 750円」を頂いて以来となりますねぇ。
今日は昼にこっちにいたので、久しぶりにこちらでランチを頂こうと思って寄らせてもらった次第。
お店に行くと先客お一人、後から続々と入ってこられた。

席に着いてお品書を拝見すると、ランチメニューが増えている・・・
今まで「味噌刀削麺」「坦々刀削麺」「叉焼刀削麺」「牛肉刀削麺」の4種類だったのだけれども、それに加えて「炸醤刀削麺」「大腸刀削麺」の2メニューが追加されている。
お値段はライス+漬物or杏仁豆腐が付いて650円。

んー・・・取り敢えず以前からあった4種類は一通り頂いた記憶が有るし、増えた2メニューの内「四川炸醤刀削麺」も頂いた事が有りましたっけね。
となると、やはり字面からして興味深い「大腸刀削麺」を選択と言う事になりましょう。
と言う事で「大腸刀削麺(ホルモン刀削麺) 650円(通常価格800円)」をお願いした。

待つ事しばしで
華5
華1
華2
華3
華4
到着
こちらのキャベツの辛子漬け好きなんですよねぇ・・・
て、今日のはなんか辛子風味のキャベツの漬物って感じで、しょっぱさがやけに立ったものだったけど・・・
具はホルモン、きくらげ、香草
て言うか大腸って、もう少し良い字面の言葉に置き換えれば良かったのに・・・

相変わらずクリーミーなスープが刀削麺に良く絡んでえらく美味いですねぇ。
ホルモンは結構濃いめに味付けがされていて、中華系のスパイスの風味も経っている。
スパイスの風味で結構臭みは抑えられているけれど、それでも気に磨る方もいそうな程度には独特の臭みは残ってるかな・・・
個人的には、このくらいの風味は残しておいてくれた方が好きだけど。
柔らか過ぎず適度に残ったクニュクニュ感が良いですねぇ。

次回は久し振りに「汁無し麻婆刀削麺 800円」を頂きたいですねぇ。
今日も美味しい刀削麺でありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 月曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

クッス@伊勢佐木 チヂミ屋

さて、今日は伊勢佐木モール沿いオデヲンビル1F外店舗の韓国料理店「チヂミ屋」さんへ・・・
こちらへは昨年 2009年の6月29日に伺って以来と1年振りと言う事になりますねぇ。
少し前から外にメニューの写真入り置き看板を置くようになっていたので拝見をしたところ、以前に比べるとメニューも増えていたので気になっていたのですよねぇ。

以前はチヂミ数種類に韓国風海苔巻き、トッポギ、ドリンク類くらいしか無かった気がするのだけれども、今は「辛ラーメン 500円?」「プルコギそうめん 590円」「クッス 450円」などと言ったメニューが追加されている。
その内前2つは普通に想像つくのだけれども、クッスと言うのは耳慣れない。
と言う事で、こちらを頂こうと寄らせてもらった次第。

こちらは以前は持ち帰り専門だったのだけれども、今はカウンター2席、2人掛けテーブル1つと狭いながらも飲食コーナーが設けられているので、最初はこちらで頂こうと思って入ったら先客の方がいらっしゃり、なんとなく狭いしここで食べるの落ち着かんかもなぁ・・・と言う事で持ち帰りでお願いする事に。
「プルコギそうめん 590円」も普通に美味しそうだったのだけれども、やはり一番気になった「クッス 450円」をお願いした。

と言う事で、家に持ち帰ってさっそく・・・
ちぢ1
ちぢ2
ちぢ3
「クッス」とは韓国ではうどんやそうめんを指すのだそうな。
で、今日買ってきたこれはそうめん版冷麺と言った感じでしょうか。
具は胡瓜、わかめ、ねぎ、キムチ、茹で玉子
麺はそうめん
スープは塩味のあっさりしたもので、持ち帰っても冷たく頂けるようにとのご配慮か氷が浮かんでいる。

受け渡しの際に「上にたれが掛ってますので、良くかき混ぜて食べて下さい」とのアドバイスが有った。
まぁ、この辺は割と何でも混ぜ混ぜして食べる料理の多い食文化と言うイメージの強い韓国料理らしさですかねぇ。
ので、とりあえず混ぜ込んでから頂いてみる・・・
氷が入っていたので、薄いかな?と思ったけれども、きちんとその辺は計算されているらしく良い塩梅。

これは美味い。
氷のおかげでキンキンに冷えている上に、しつこさの無いさっぱりしたスープ。
具も胡瓜のシャキシャキとした歯触りとキムチの適度な酸味など、この時期頂くにはちょうど良い清涼感。
麺は意外とボリュームが有り、さっぱりしているとはいえボリューム的に不足は感じない。
下手なお店の冷し中華だとケミカルな風味と酸味が満載のものが出てくる事が多いけれども、これは変に舌に残る酸味が無い分、個人的にはかなり美味しく頂けた。

店内で頂くにはちょっと狭過ぎて落ち着く感じがしないので、伊勢佐木モールはモール沿いにテーブルやいすが置かれているから、テイクアウトしてそう言うところで食べた方が良いかも。
お値段も450円とお安いですし、お味も悪くないですし、さっぱりしていてこの暑い時期には向いていますのでお薦めであります。

美味しい冷し麺で有りました。

店名 チヂミ屋
住所 横浜市中区伊勢佐木町3-98 オデヲンビル1F外店舗

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

埼玉すったて@伊勢佐木 日高屋

さて、今日は伊勢佐木モールに在る格安ラーメンの全国チェーン「日高屋 伊勢佐木町店」さんへ・・・
こちらへは今年の2月8日に伺い「味玉中華そば 420円」を頂いて以来と言う事になりますか・・・
通り掛かりに店頭の置き看板を見たら「埼玉すったて」と言う見慣れないつけ麺のメニューが写真付きで有り、そう言えば前回会計時に頂いた「大盛無料券」もまだ財布に入れっ放しだし、今日はやや厚さも落ち着いてはいるけれども、つけ麺を頂くにはちょうど良いかな・・・と言う事でこちらで頂く事に。

お店に入ると、相変わらず結構な人数のお客さんがいらっしゃり、後からも続々と入ってこられた。
まぁ、こう言う薄利多売形式で回転率重視のお店は、中途半端な時間帯でもこのくらいのお客さんが来るのが当たり前なのでしょうねぇ。
とりあえず空いている席に着きお品書を眺めてはみたものの、やはり表で見かけた「埼玉すったて」と言うなぞメニューが気になったので、結局「埼玉すったて 490円」を大盛でお願いした。

待つ事しばしで到着
日1
あら?見本写真に比べて随分簡素な・・・
と思ったら、麺皿の後ろに
日2
ちゃんと具の乗った皿が置かれていた。
具はめんま、わかめ、キュウリ、刻みチャーシュー、味玉
つけ汁は
日5
こんな感じの、ややとろみのある茶褐色のもの。
麺は
日3
日4
さすがに大盛ともなると結構なボリュームですねぇ・・・
さっそく
日6
頂いてみる・・・

「すったて」と言う響きからすだちの風味酸味の強いつけ汁なのかと思いきや、酸味は無く胡麻の濃厚な風味の経った味噌味のつけ汁だった。
すったてと言うのはどうやら埼玉県の郷土料理なのだそうで、そう言えば、随分前に埼玉の本家の方にお邪魔した時、祖母が手打ちのうどんを振舞ってくれたのだけれども、つけ汁はこんな感じにゴマの風味の強い冷した味噌風味のお出汁だったっけか・・・
刻みみょうがを入れてご飯にかけたら冷や汁に早変わり、と言えば大体お味は想像つくかと・・・

ややぬるめだったのがちょっと残念だったかな・・・
それでも、味玉まで付いてくる具沢山振りの上に麺もボリュームが有り、お味も悪くなくて490円と言うのはお得ですねぇ。
まぁ、なんだかんだ言っても麺類を中心に売っているお店ですからね・・・
お味の方は価格対評価と言う物差しを含めれば十分過ぎりものが頂けるお店で有ります。
と言うか、このすったては普通に美味しいですハイ

会計時にまた大盛無料券を頂いてしまった・・・
それを使う為にこちらに来たのに、すっかりこちらのビジネス戦略にはまってしまっている訳ですが・・・
ま、次回は短麺でも頂いてみましょうか。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 日高屋 伊勢佐木店
住所 横浜市中区伊勢佐木町2丁目67
電話 045-260-8545
営業 11:00~翌2:00(土・日・祝は9:30開店。金・土は翌3:00閉店)
定休 年中無休
ハイデイ日高屋 サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

タグバナ。

さて
たぐ1
たぐ2
こんな本を購入してみました。
オリックスからメジャーリーグに挑戦してセントルイス・カージナルス、フィラデルフィア・フィリーズ、シカゴ・カブスのメジャーリーグ3球団を渡り歩き、今年オリックスに復帰した田口壮選手の著書
 「タグバナ。」

この方、元々自身のサイト「田口壮オフィシャルサイト」の中で「mail from So」というWeb日記を公開されている(現在停滞中)のだけれども、これがまた意外なほどに楽しい魅力的な文章を書く事に長けたお方で、中々知る事のできないメジャーリーガーとしての生活や環境、同僚などとのエピソード満載の読んでいて楽しいものだった為に結構人気が出て、それを書籍に起こして「何苦楚日記」という本となり出版されるに至り、その売れ行きも好調だったのか第2弾としてこの「タグバナ。」と言う本が出版された。

まぁ、さすがに1500円出すのはなぁ・・・と思っていたので購入に至って無かったのだけれども、先日中古で500円で出ていたので購入してみた次第。
こういう自分の知らない世界を覗ける本って面白いですよねぇ。
今年はオリックスに復帰したものの、やはり年齢的なものもあってか中々活躍しきれていない事も有って、Web日記の方はここ数カ月お休み状態なのですよね。
そりゃまぁ日本には12球団しかないのだから、そこに集まる人たちは、こと野球に関しては誰一人として違わず天才ですからね・・・

その天才集団の中から一つ飛びぬけてレギュラーの座を掴むと言うのは、選手として成長期、円熟期を越え始め、年齢的に如何にしてフィジカルの衰えを防ぎ、それをカバーする技術やリズムを掴んでいくかと言うところに差し掛かっている田口選手にとってかなり厳しい状況なのかも知れないけれども、選手としてもうひと花咲かせてから指導者の道を歩んでほしいところですねぇ。

Web日記同様、楽しめる本で有りました。
「田口壮 オフィシャルサイト」

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

レアチーズなドリンク

さて、少し前に「トロピカーナ フルーツスイーツ オレンジのまろやかレアチーズ風味 2010年8月3日(火)から新発売」なんて情報をネットで拾い、中々美味しそうで販売を開始したら購入しようと思っていたのだけれども、数日前に伊勢佐木モール沿いに在るスーパー「ピアゴ」さんに立ち寄ったついでにドリンクコーナーを覗いたら丁度売っていたので購入してみました。

れあ
れあ1
「KIRIN トロピカーナ フルーツスイーツ オレンジのまろやかレアチーズ風味 400ml 150円」
実売価格は発売直後にしては随分と安い118円で有りました。
それにしてもレアチーズ風味のドリンクってのは随分珍しいですよねぇ・・・

と言う事で、帰ってさっそく飲んでみたら、思ったほどチーズの風味は強くないかな・・・
オレンジ風味の乳酸飲料と言う感じ。
もう少しチーズの風味が強いのかと思ったのだけれども、考えてみたらやたらにチーズの風味が濃厚なジュースってのもどうかと思うしねぇ・・・
ジュースとして過去の程度の風味が限度なのでしょうね。
個人的には一度試せば十分・・・と言うか、やはりこの暑さ絶頂の夏真っ盛りな時期、もっとすっきりさっぱりしたもので喉を潤したいですからね・・・

KIRIN 製品情報

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

四川風冷麺+半炒飯@伊勢佐木 敦煌

さて、今日は伊勢佐木モールの一本裏通り沿いに有る中華料理店「敦煌」さんへ・・・
こちらは以前、1980円で食べ放題なんてサービスをされていたので、その頃は友達と一緒に何度か伺った事が有ったのだけれども、その後リニューアルして食べ放題サービスはおやめになったらしい。
その頃からランチ営業もされていてランチセットなども用意されていたのだけれども、そう言えばこちらでランチを頂いた事は無かったので、今日はこちらに寄らせてもらう事に。

お店に入ると、結構な人数のお客さんで賑わっていて、どんどん入れ替わって行くところを見るとランチ時は結構な人気店になっているようだ。
案内された席に着いてランチメニューを眺めてみる・・・
敦煌2
敦煌3
ランチのお品書はこんな感じ。
種類やお値段、内容はこの辺では平均的と言った感じでしょうか。
んー・・・定食類も魅力的で捨て難いのだけれども、今日も暑い・・・
となると、芽を惹くのは「四川風冷麺+半炒飯 750円」ですねぇ。
と言う事で、こちらをお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
敦煌4
四川風冷麺に半炒飯、漬物のセット
たいてい杏仁豆腐なんかのデザートがおまけ程度のものであっても付いてくるのだけれども、こちらのセットには付かないようで、その辺は少し寂しい見た目ですか。

半炒飯は
敦煌5
敦煌6
こんな感じ
半炒飯と言っても、見た目にも結構しっかりとしたボリュームが有る。
具はチャーシュー、ネギ、玉子のみとシンプル。
作り置きなのかやや冷め気味。

が、ご飯がベタ付かずパラっとした意外とよい仕上がりになっている。
味付けもシンプルながら、バランス良くまんべんなく行き渡っているし塩梅も良い。
んー・・・セット物に付いてくる半炒飯でこれなら、ちゃんと作るであろう単品の炒飯類は結構美味しいものが頂けるような気がする。

四川風冷麺は
敦煌7
敦煌8
敦煌9
こんな感じ。
具はもやし、細切りキュウリ、細切り叉焼
麺は細めの縮れ麺
四川風を謳うだけあってピリ辛。

こちらはまぁ予想通りのお味で、特にこれと言った特徴は無いですかねぇ・・・
上に乗っているチャーシューも、意外と美味しいチャーシューが頂けるお店が周辺に有るから、それらに比べると凡庸で霞んでしまうかな・・・
麺は細麺ながらもプチンとした適度な弾力のある麺で、しっかりと冷水で冷やされている。
こう言う回転の良いお店だと冷し中華をお願いしても結構ぬるめでがっかりする事が多いけれども、その辺はしっかりと仕上げられているのは良いですねぇ。

次回は炒飯を頂いてみましょうか。
悪くはないセットで有りました。

店名 敦煌
住所 横浜市中区末広町2-4-8 第3平安ビル1F
電話 045-253-1361
営業 11:00~15:00  17:00~03:00
定休 無休
ぐるなび お店情報

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

上海風焼きそば その1@伊勢佐木界隈3店

さて、なんとなくお店に入って頂いた「上海風焼きそば」が事の外美味しかったので、立て続けに頂いてみました。
ので、まとめて3点ご紹介。
ま・・・「その1」なんてなっちゃいますが、正直自分の中で結構満足しちゃった感が強いで、その2以降が有るのかどうかは謎ですが・・・・

①横濱一品香 一品香菜館(長者町店)
「横濱一品香」さんと言えばタンメンやサンマー麺が有名ですが、こちら「一品香菜館(長者町店)」さん「横濱一品香 福富町店」さんの2店舗限定のメニューとして「上海焼きそば」が有る、と言うのをお店のサイトを拝見して知り、面白そうだったので上海焼きそばを目的に伺う事に・・・

で、一品香さんに伺うなら、大概「横濱一品香 福富町店」さんの方を利用させてもらうのだけれども、なんとなく初めて長者町に在る「一品香菜館」さんの方へ・・・
と言うか、長者町店さんの方はお店の名前自体が少し違うのですね・・・
お店の雰囲気も長者町店さんの方が割と広々としてのんびり食事が出来る雰囲気の様な気がする。
まぁ、立地が微妙なので入り易さで言えば福富町店さんの方が気軽な感じだと思いますが・・・

さて、お店に入ると先客はお一人ながら、後から続々とお見えになった。
バス通り沿いからちょっとわき道に入ったビルの1Fに在って、ぼく自身はちょっと入り辛いなぁ・・・と思っていた為こちらは一見なのだけれども、意外と普通にお客さんで賑わっていた。
取り敢えず席に着いてお品書を眺めると、翡翠麺を使った夏季限定冷し麺「サラダひすい麺 820円」なんて魅力的なメニューが有って少し迷ったのだけれども、結局目的の「上海焼きそば 720円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
一1
一2
一3
一4
一5
おぉ・・・なんか焼うどんちっくなお姿。
具はもやし、キャベツ、きくらげ、にら、にんじん
麺は少し平たいうどんの様な麺で結構軟目。
上海焼きそばと言うと、塩やきそばってイメージが有るのだけれども、こちらの焼きそばは適度に醤油の風味も利かせてある。

結構な強火で一気に炒めたのか、具やに軽く焦げ目が付いていて香ばしい風味が加わっている。
野菜はシャキシャキ感がちゃんと残っていて良い炒め上がり。
見た目油濃いかな?と思ったけれども、実際はそんなに気になる程ではなかった。
麺がうどんちっくでかなり軟目なので、食感は好みが分かれるかも。
会計時に餃子半額券も頂いたので、次回は夏季限定の「サラダひすい麺」を頂いてみましょうか。
中々美味しい上海焼きそばで有りました。

店名 一品香菜館 (横濱一品香 長者町店)
住所 浜市中区長者町8-132 清正公プラザ132 1F
電話 045-253-4118
営業 11:30~23:00
定休 無休
一品香菜館 参考サイト
お店サイト

② 華星
こちらも一見のお店。
少し前に通り掛かりに店頭で総菜を売っている中華料理店が出来ているのに気が付き、面白そうだったので寄らせてもらう事に。
「華星」さんと言えば「横浜橋通商店街」さんの中に「点心厨房 華星」さんと言う中華総菜の持ち帰り専門店が在り、もしかしたら支店とかなのかも。

お店に入ると先客はお一人
取り敢えず席に着いて、お品書を眺めてみる・・・
定食類
星1
麺類・飯もの・一品料理など
星2
こんな感じ
かなりお安い価格設定ですねぇ。
その中に、有った「上海焼きそば 480円」
480円て・・・これまた随分とお安い。
と言う事で「上海焼きそば 480円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
星3
星4
星5
おー・・・豚肉が細切りされていたりして、見た目は如何にも中華系の方がやっているお店で出てきそうな感じのものですねぇ。
具はキャベツ、もやし、にら、人参、豚細切り
麺は細めの水分の少ないボソッブチっモソっとした食感のもので、そう言えば海外のチャイニーズレストランでやきそば食べるとこんな感じの麺で出てくる気がする。
こちらも軽く醤油の風味が利かせてある。

味付けのバランスが良く結構美味しいですねぇ。
と言うか、ボリュームも確りあるしこれで480円はかなりお得。
何か特別な味付けをされている訳ではないけれども、飽きも過不足も感じず最後まで美味しく頂ける。
他の料理も結構美味しいかも。
こちらのお店は、他のメニューも色々試してみたいですねぇ。
結構美味しい上海焼きそばで有りました。

店名 華星
住所 横浜市中区伊勢佐木町7丁目辺り?
    黄金町駅方面へのバス通り沿い
お店地図(黄金町駅から伸びている黄色いラインのGマーク辺り))

③ 藍林閣
さて、3店目は最近良く利用させて頂いている曙町のバス通り沿いに在る中華料理店「藍林閣」さん
こちらは今週日曜日に伺い「ゴーヤチャンプルー定食 500円」を頂いたばかりなのだけれども、お品書き
「定食類お品書き」 「麺類・おつまみ系 お品書き」 「飯もの・一品料理系・点心系 お品書き」 「ドリンク類 お品書き」
の中に有った「上海焼きそば 580円」が気になっていたのですよね。

と言う事で、お店に行くと結構な人数のお客さんで賑わっていた。
あら・・・ぼくが伺ったタイミングではこんなにお客さんがいらっしゃったのは初めてですねぇ。
入り口の自動ドアを透明なものに変えて、店内を見えるようにしたせいでお客さんが入り易くなったのかな・・・
まぁ、どちらにしても結構好きなお店なので、お客さんが増えて経営が順調そうなのは何よりですねぇ。
壁打ち付けのカウンター席に着いて「上海焼きそば 580円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
藍1
藍2
藍3
藍4
あら・・・こちらの上海焼きそばは随分とボリュームが有り、前述2店のものに比べて人参とにらの量が多い事も有って見た目が華やか。
具はキャベツ、モヤシ、ニンジン、ニラ、豚肉
こちらも塩やきそば系では無いようだ。
と言うか、もしかして上海焼きそば=塩やきそば、ってぼくの観念が間違っているだけなのだろうか・・・

頂いてみると、こちらはオイスターソース?の風味が強く甘めの味付けになっていて、かなり好みに合っている。
適度に水っ気が有り、口の中がモソモソする事無くスルスルいける。
適度に香ばしさも有り、個人的な好みで言えばこの3店の中では一番好きなお味ですねぇ。
お値段も、まだ全品20%OFFサービスを続行されている為に通常580円が464円と随分お得な価格で頂ける。
こちらの上海焼きそばはお薦めです。
次回はレバニラ定食か麻婆丼でも頂いてみましょうか。
美味しい上海焼きそばで有りました。

店名 藍林閣
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-29
営業 ランチ有り 夜は17:00~翌03:00
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

スパゲティ ミートソース@浅間町 レストラン テル

さて、何となくナポリタンが頂きたくなり浅間町に在る激安洋食店「レストラン テル」さんへ・・・
こちらへは2010年4月21日に伺い「オムライス 大盛 550円」を頂いて以来と言う事になりますか・・・
お味も良くて価格も安くて好きなお店だし、帰りがけに寄れる場所なのだからもう少し頻繁に寄らせてもらっても良さそうなものなのですけれどもねぇ・・・

さて、お店へ行くと先客はゼロ。
適当な席に着いて、お品書を眺めてみる・・・
テル1
お品書はこんな感じ。
お品書きの中に在る「ランチ 400円」と言うのは
「変わりチキンカツ(鶏肉の上にベシャメルソースを乗せて揚げたもの)」 「メンチカツ」 「ヴィクトリアカツ(木の葉形に成形されたメンチカツのデミソースかけ)」 「ヤキニク(焼肉)」
の4種類(入れ替わる事もあるのかな?でもずっとこれの様な気がする)が用意されていて、ライスとスープが付いて驚きの400円・・・しかもお品書にはランチ時の時間帯のみの様な書き方になっているけれども、実際は終日注文が可能だそうな・・・

んー・・・ナポリタン目当てで来たはものの、お品書きの中に在る「スパゲティ ミートソース 400円」が目を惹きますねぇ・・・・
こちらのデミソースって結構好きなのですよね。
こちらでミートソースは2008年7月29日に頂いたのが最後だし、同じくデミソースを使った「ハヤシライス 500円」も最後に頂いたのが2008年の10月7日
と言う事で、どちらも2年くらい頂いてなかったですか・・・
やはりナポリタンでは無くミートソースで行ってみましょうか・・・と言う事で「ミートソース 400円」を大盛+80円でお願いした。

待つ事しばしで到着
テル2
400円のスパゲティにも、しっかりコンソメスープを付けてくれる。
このスープ、意外と美味しいのですよね。
さて、ミートソースはと言えば
テル3
テル4
テル5
こんな感じ。
ミートソースは他店のものに比べ随分と黒み掛っている。
と言う事で、お味の方も他店で良く見かけるミートソースの様にトマトの風味は全く無く、スパゲティにデミソースを掛けた感じのものになっている。

スパゲティはやや太めで茹で加減も軟目。
上には最初から粉チーズが振られているので、チーズが苦手な方は注文時にその旨伝えて置いたた方が良いです。
お味の方はと言えば、これがまた美味しいのですよ。
ちょっとビターでやや甘めのデミソースの風味は、こちら独特のものですよねぇ。
このソースを使った「ハヤシライス 500円」も個人的には好きですハイ

こちらのお店では、ドリンク類と海老が苦手な為「エビピラフ 450円」と「エビフライ 600円」は頂いた事が無いのだけれども、それ以外のメニューはすべて頂いてみた事が有り、どれを頂いてもまず外れが無いってのがすごいところですよね・・・
こちらのお店で個人的に特にお薦めは「ステーキ 1200円」と冬季限定メニューの「ポタージュスープ 350円」の2メニューですねぇ。
ステーキは1200円と、こちらのメニューの中では飛び抜けたお値段なのだけれど、他の店じゃとてもじゃないけれど1200円じゃ食べられないレベルのお味とボリュームです。
ご興味が有れば、ぜひお試しを。

次回は久しぶりにセットメニューでも頂いてみましょうか・・・
美味しいスパゲティ ミートソースで有りました。

店名 レストラン テル
住所 横浜市西区浅間町3-165-4  
電話 045-311-4141
定休 第2・第4日曜日
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ゴーヤチャンプルー@曙町 藍林閣

さて、今日のランチは曙町のバス通り沿いに在る中華料理店「藍林閣」さんへ・・・
こちらでは6月23日に伺って「蒸し鶏そば 580円」と「中華丼 500円」を頂いたのだけれども、中々寄らせて頂く機会が無く間が空いてしまいましたか・・・
今日お店の前を通るとドアに「全品20%OFF」の張り紙が・・・
さすがにオープン記念セールと称した30%OFFサービス程ではないにしろ、開店から2カ月近く経って現時点でもまだ20%OFFサービス実施中らしい。
んー・・・こちらの店舗って結構お店がコロコロ変わるし、同じ経営者がやっていてもお店のコンセプトや価格を頻繁に代えたりして、結構経営的には苦労する立地ぽいから、その影響でしょうかねぇ・・・

こちらは元々のお値段が安い割に結構お味の方はしっかりしているし、その上全品20%OFFサービス中と言う事で有れば、やはり寄らせて頂きましょう。
と言う事で店内へ・・・
お店に入ると先客がお二人。
入り口の自動ドアをくもりガラスから普通の透明なものに換えたりする事で、ややお店に入り易くなったのかお客さんもちゃんと入り用になってきたようだ。
とりあえず空いている席に着きお品書を眺めてみる・・・

ランチのお品書は
林1
こんな感じで、メニューは「レバニラ定食 580円」など基本的ね固定メニュー数種類+週替わりなどで入れ替わって行くメニューが数種類+日替わりメニュー
ちなみに通常時間帯メニューは
「定食類お品書き」 「麺類・おつまみ系 お品書き」 「飯もの・一品料理系・点心系 お品書き」 「ドリンク類 お品書き」
と、こんな感じ。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
目を惹くのは「レバニラ定食 580円」と「酢豚 680円」ですねぇ・・・
んー…きょうの日替わりは何だろう・・・と言う事で、店員さんに日替わり定食の内容を尋ねたら「今日はゴーヤチャンプルーです」とのご返答。
あら・・・そう言えば最近沖縄料理を頂いてなかったし、こう暑い日は苦み走ったゴーヤの風味も良いかもしれない・・・・如何にも体に良さそうだし・・・・・
と言う事で、日替わり定食の「ゴーヤチャンプルー 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
林2
ご飯、中華スープ、メイン、漬物、デザート
中華スープが、以前こちらでランチを頂いた時に着いてきたものと比べると随分とチャチなものに・・・
デザートは定番の杏仁豆腐

ゴーヤチャンプルーは
林3
林4
林5
こんな感じ
ゴーヤ、豚小間、トマト、豆腐を卵でとじたもの。
んー・・・ゴーヤチャンプルーと言うか、ゴーヤと肉の玉子とじ炒めと言った感じでしょうか。
ゴーヤチャンプルーと言うと、やはりスパムは外せますまい・・・
お味の方はちょっと強めの塩胡椒+旨味調味料とシンプルで、ゴーヤの苦みがなんとも良い感じ。
ゴーヤチャンプルーと言うと、沖縄料理屋に友達と言った際に食べるから、定食で頂くのは初めてなのだけれども、意外と相性が良くてご飯が良く進みますねぇ。

そう言えば、ここ最近沖縄料理のお店に全く行ってないのですよね・・・
元々、沖縄料理と言えば井土ヶ谷に在った「めんそうれー」さんが好きで、そちらばかりに伺っていたのだけれども、めんそうれーさんは1年ほど前に閉店してしまいましたからね・・・
伊勢佐木・関内周辺にも沖縄料理を出すお店はいくつかあるのだけれども、どこも「沖縄料理ってコンセプトでやれば受けが良いし、多少高くてもお客来るから」ってのが透けて見える上に、お味の方もたいして良くないのですよね・・・
めんそうれーさんみたいに、お店の方が本当に沖縄出身の方達で「沖縄料理が一番作り慣れてるから、沖縄料理のお店やってる」って感じのお店は、この辺では知らないのですよね・・・
めんそうれーさんの閉店はつくづく残念だ・・・

さて、この日替わり定食は500円・・・
が、20%OFFサービス実施中と言う事で400円で済んでしまった。
んー・・・500円でも十分お安いのに、なんとも得した気分ですが、あまり無理して経営がきつくならなきゃ良いのですが・・・・
次回は「上海風焼きそば 580円」辺りを頂いてみましょうか。
今日もお得で美味しいランチで有りました。

店名 藍林閣
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-29
営業 ランチ有り 夜は17:00~翌03:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。