塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレーライス@若葉町 清華園

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在るスーパー「ピアゴ」さんの裏手に在る中華料理店「清華園」さんへ・・・
こちらへは今年1月18日に「ねぎソバ 500円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
ここ最近、中華料理店のカレーライスを探して回っているのだけれども、そう言えばこちらでは「カレーそば 500円」を頂いた事があり、割にスタンダードながらも結構美味しかった記憶が有るし、カレーそばのカレーもレトルトでは無くお店で作ったカレーだったので、それなら当然カレーライスもメニューに有るだろうと言う事で寄らせてもらった次第。

お店に行くと先客はゼロで、後からお一人見えられた。
こちらで接客を担当されている女性は、結構ハキハキして勢いが有る感じながら、接客自体は丁寧で気遣いが行き届いていて、この手のお店の中では雰囲気の良いお店なのですよねぇ。
とりあえず空いている席に着いて「カレーライス 500円」をお願いした。

こちらのお品書は卓上には無く、壁にずらーっとお品書きの掛札が並べてあるのですよねぇ。
と言う事で
清1
清2
こんな感じ
座った場所から、テーブルスペースから人がいなくなったのを見計らって、やや焦りながら撮ったのでぼけてみ辛いかとは思いますが・・・

待つ事しばしで到着
清3
清7
カレーライスに福神漬、後からサラダも持ってきてくれた。
カレーライスは
清4
清5
清6
こんな感じ
具は豚肉と玉ねぎのみとシンプル。
市販のルゥを使っているかな?
ただ、そのままでは無くちゃんと手を加えてあって、やや塩味の立っている味付けになっている。
んー・・・これもまた美味しいカレーですねぇ。

やはり、こちらのお店は侮れない・・・
なにを頂いても、そう特徴のあるお味では無いのだけれども「あー、この味好き」と思えるものばかりでぼくの好みには合っているのです。
それにしても写真で改めてメニューをじっくり見てみると、本当に種類が多いですよねぇ・・・
意外とお酒の当てになりそうなメニューも多いので、もう少し遅い時間になると一品料理をつまみつつお酒を一杯ってお客さんが増えるのかもしれませんねぇ。
次回は「オムライス 750円」辺りを頂いてみましょうか。
今日も美味しいカレーライスで有りました。

店名 清華園
住所 神奈川県横浜市中区若葉町2-23
電話 045-251-5167
参考サイト
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

棒々鶏冷し中華+半炒飯@福富町 元寶楼

さて、今日は伊勢佐木モールから少し福富町側に入ったところに在る中華料理店「元寳楼」さんへ・・・
こちらへは昨年、2009年の5月4日以来と約1年振りになりますねぇ・・・
モールを関内方面に向かって歩いていたところ、路上にこちらの置き看板が置いてありランチメニューの書かれたボードが付いていたので拝見してみたら「棒々鶏冷し中華+半炒飯 700円」とあり、そう言えばこちらで頂いた事が有るメニューって棒々鶏冷し中華ばかりだった気がするのだけれども、これが意外と美味しかった記憶が有るし、今日も蒸し暑いので冷し中華は悪しくない選択ですよねぇ・・・

と言う事で、さっそくお店へ・・・
お店に入ると真っ昼間から宴会を開いているグループ客の姿もあり、思いのほか賑わっている。
こちらって、こんなにお客さんが入るお店でしたっけ・・・
とりあえず置いている席に着いてランチメニューを眺めてみる・・・
が、やはり「棒々鶏冷し中華」が一番目を惹きますねぇ。
と言う事で「棒々鶏冷し中華+半炒飯 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
寶1
冷し中華に半炒飯、杏仁豆腐
デザートの杏仁豆腐は、まぁ正直杏仁の風味も何も無く完全におまけ然としたものですが・・・
半炒飯は
寶2
寶6
こんな感じ
半炒飯となっているけれども、軽めの一人前くらいのしっかりしたボリュームが有る。
パラっとした良い炒め上がりでご飯のだまも味付けの偏りも無い。
が、多分先に大量に作って作り置きしてあったものだったようで、炒飯は冷めてしまっている。
まぁタイミング次第では熱々のものが出てくることもあるのでしょうが、ちょっと残念ですねぇ・・・

棒々鶏冷し中華は
寶3
寶4
寶5
こんな感じ
具は胡瓜にレタス、蒸し鶏
麺は細めの縮れ麺
たれはゴマだれ
と、名前の通り麺の上に棒々鶏を乗せましたと言う感じのもの。

見た目は馬車道に在る中華料理店「福源楼」さんの蒸し鶏と胡瓜の乗った四川風ピリ辛ゴマだれの「冷し中華 800円」に似ているけれども、こちらのゴマだれは結構甘め。
とは言え、べたべたする様な甘さではなく胡麻の風味もたっぷりだし、刻みピーナッツが入っているので香ばしさとカリカリとした食感も加わっていてなかなか良い感じ。

とまぁ、中々美味しい冷し中華なのだけれども、惜しむらくはこちらも温い・・・
中華料理店って、結構麺類の温度に頓着しないお店って多いよねぇ・・・
汁そばのスープがぬるかったりなんてざらだし・・・
ランチだから麺をいちいち氷水で〆る余裕がないってのは分からなくもないけれども、それならせめてゴマだれはちゃんと冷しておきましょうよ・・・
もっとちゃんと冷えてさえいれば、更に美味しく頂けたたはずなのだから勿体ないですよねぇ・・・

中々、悪くない冷し中華でありました。

店名 元寶楼(げんほうろう)
住所 神奈川県横浜市中区福富町東通り5-1
電話 045‐261‐2239
参考サイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

トロサーモンのたたき丼定食@長者町 すし元

さて、今日は伊勢佐木モールオデヲン前の通りを少し日ノ出町駅方面に向かった道沿いに在る寿司店「すし元」さんへ・・・
こちらは先々週 6月12日に伺い「自家製本まぐろの漬け丼 800円」を頂いたのだけれども、これがまたえらくお安い上にえらく美味しかった。
ので、なんとなく魚な気分の今日は、やはりこちらで美味しい海鮮ちらしでも頂こうと思い寄らせて頂いた次第。

お店に入ると先客はゼロ。
適当な席に着いて、ランチのお品書を眺めてみる・・・
元1
ランチメニューはこんな感じ。
大体8種類ほど用意され、その内上の6種類は毎回用意されており、下2種類が週替わりか日替わりのようだ。
目を惹くのは、前回も迷った「いくらの醤油漬けちらし 1000円」と「トロサーモンのたたき丼定食 900円」
んー・・・どちらもやたらと美味しそうだけれども、トロサーモンの方は入れ替わりのメニューのようだから、今日はこちらにしましょうか・・・と言う事で「トロサーモンのたたき丼定食 900円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
元2
相変わらず豪気なセットだ・・・
元3
岩海苔と豆腐の味噌汁とおぼろ豆腐?
こちらのお味噌汁って美味しいのですよねぇ・・・
豆腐の方はお出汁が張って有り、さっぱりしていて美味しい。
元4
サラダと山芋の細切り
極細切りされた山芋のシャリシャクとした食感が良いですねぇ。
今日の様なやや蒸し暑さのある時は、こう言うさっぱり系が良いです。
これに漬物2種が付き

メインは
元5
元6
元7
こんな感じ
シャリの上に薄切りされたサーモンのたたきが乗せられているものを想像していたのだけれども、ご飯の上にさいの目切りされたサーモンがどかっと乗せられ、その上には温泉卵がドンと乗ったものが出てきました。
シャリに温泉卵?と思って頂いてみたところ、ご飯は酢飯では無く白ご飯で有りました。

て言うか、たたきって言うから表面を炙ったものを想像していたのだけれども、鯵のたたきなどのように包丁で細かくたたいた方のたたき、と言う事であったらしい。
どちらにせよ甘みが有り、かなり美味しいサーモンであります。
ただまぁ、こちらの酢飯はやや甘めでぼくの好みに合ったものだったので、出来れば酢飯の方で頂きたかったかなぁ、と・・・
どうせ白ご飯なら、初夏の暑さもあり予めサーモンを山葵醤油で和えたものを具に、上から冷した昆布出汁を掛けてサラサラッと行きたいですねぇ・・・

個人的な好みでいえば、前回の漬け丼を超えるものではありませんでしたが、それでもこのセットで900円と言うのは、やはりかなりのお値打ちでありましょう。
次回はいくらの醤油漬けちらしの方を頂いてみたいですねぇ。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 すし元
住所 横浜市中区長者町8-125
電話 045-251-0215
営業 ランチ11:30~15:00 夜営業
参考サイト

テーマ:お魚を食べよう - ジャンル:グルメ

サンマー麺@野毛 萬里

さて、今日は野毛に在る老舗中華料理店「北京料理 萬里」さんへ・・・
こちらへは何年振りだろう・・・
伊勢佐木モールの一本裏手に「萬里 伊勢佐木店」さんで頂いたのが最後だし、こちらの本店さんとなると5年や6年は前だったかも・・・
最近、中華料理店のカレーライスに興味を抱いているので何軒か廻ったのだけれども、そう言えば萬里酸にはカレーライスってあったけな・・・と記憶を辿ってもさっぱり思い出せず、それならとりあえず行ってみようと言う事で伺った次第。

お店に行くと先客はお一人。
適当に空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
麺類・ご飯もののお品書きは
ばん1
こんな感じ。
一品料理系は写真がぼけ過ぎて使い物にならず・・・
セット物は
ばん3
こんな感じ
小皿料理系は
ばん5
こんな感じ

んー・・・やはり無かったですねカレーライス・・・・
まぁ、多分無いような気もしていたのだけれども、もしあったら面白いものを食べさせてくれるかも?と言う期待感を持っていたのだけれども、メニューの中に存在しないのだから仕方がない。
となれば、久しぶりの萬里さんでもあるし、ここはやはり「サンマー麺 651円」でしょう。
と言う事で「サンマー麺 651円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ばん6
ばん7
ばん8
あら・・・久しぶり過ぎてさっぱり記憶の外だったのだけれども、こんな綺麗なスープでしたっけね・・・・
綺麗な清湯スープに大量の具が如何にも美味しそうな餡を纏って乗っている。
具は白菜、もやし、玉ねぎ、キャベツ、青菜、豚肉。
麺はかなり細めの縮れ麺。

さっそく頂いてみると、これまた如何にも老舗の中華屋さんで出てくるような丁寧に取ったスープに旨味調味料な感じ。
やや丸みのある優しいお味に仕上がっている。
きっちり火が通り、香ばしさと甘みが出ている具も良いですねぇ。
白菜だけではなくキャベツも入っているのでシャキシャキとした食感もある。
麺はやや軟目に茹でられているけれども、餡の溶け込んだスープに良く絡んで美味しく頂ける。

いやぁ・・・記憶の中にあったサンマー麺よりも、格段に美味しいサンマー麺でしたねぇ。
今度は「お薦め」と書かれた「アワビそば 1123円」を頂いてみたいですねぇ。
思いのほか美味しいサンマー麺でありました。

店名 北京料理 萬里
住所 神奈川県横浜市中区野毛町2-71
電話 045-231-8011
営業 月~金11:30~22:00 土・日・祝11:30~22:30
定休 年中無休
ぐるなび お店情報(メニューの価格が掲載価格より値上がっています)

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

蒸し鶏そば&中華丼@曙町 藍林閣

さて、今日は先日リニューアルオープンした曙町の中華料理店「藍林閣」さんへ・・・
こちらは先週土曜日6月19日に店名を変えず店員さんを代えた形での再出発したばかりのお店で、今月24日までの1週間、料理・飲み物 全品30%OFFと言うリニューアルオープン記念サービスをされている。
ので、今週日曜日に寄らせて頂き「小柱と玉子の炒め物定食 350円(通常500円)」を頂いたのだけれども、結構美味しく頂けた上にお品書きの中に気になったメニューが有った為、どうせの事ならサービス期間中に・・・と言う事で今日再訪させて頂いた。

店頭にはランチメニューの書かれた置き看板が出されていたので、もしかしたら終日注文OKなのかもしれない。
ちなみに、今週のランチ・日替わりランチは
閣1
こんな感じのようだ。
中々魅力的なメニューが揃っていますねぇ・・・

お店に入ると先客はゼロ。
適当な席に着き、お品書を眺めてみる。
「定食類 お品書き」 「麺類・おつまみ お品書き」
 「飯もの・一品料理・点心 お品書き」 「ドリンク類 お品書き」
と、こんな感じ。
取り敢えず、今日の目的は前回気になった「蒸し鶏そば 580円」
あと一品・・・んー「五目炒飯 500円」辺りをお願いしようかな?とも思ったのだけれども、どうせの事なら屋もっとがっつり系を行こうかな・・・
と言う事で、中華屋さんと言えば基本はこれ、な「中華丼 500円」をお願いした。

待つ事しばしで
閣2
閣3
閣4
閣5
先に蒸し鶏そばが到着
写真だとスープが結構白濁しているけれども、実際はもっと綺麗に澄んでいる。
具は青菜と蒸し鶏とシンプル。
麺はやや細めのストレート麺。

スープは業務用ぽさのある旨味調味料たっぷり系のものだけれども普通に美味しい。
麺の茹で上げも好みに合った、やや固めの茹で加減。
メインの蒸し鶏は、これがまた結構ムチッとした噛み応えが有り、旨みもたっぷり。
めちゃめちゃ美味しい訳ではないけれども、割にすっきりしていて食べ易く、飲み〆なんかにも良いかもしれない。

続いて
閣6
閣7
閣8
中華丼も到着
て、これ通常価格でも500円なのですが、えらい豪華な・・・
具は白菜、キャベツ、ニンジン、きくらげ、竹の子、豚肉、イカ、海老、ウズラの卵と具沢山
味付けの方は、前回頂いたランチのイメージから、ややさっぱりな優しい感じのお味なのかと思ったら、こちらはしっかりとメリハリの利いた如何にもがっつり系な濃いめの味付け。
味付けのバランスが良いのと野菜がたっぷりな事もあり、変にしょっぱ過ぎる事は無く、最後まで美味しく頂ける。
これが通常でも500円は、ちょっと凄いかも。

後から
閣9
フルーツ杏仁も出してくれた。
定食じゃ無くても付けてくれるのは嬉しいですねぇ。

お会計は通常なら蒸し鶏そば580円+中華丼500円の計1080円なのだけれども、今日は30%OFFのサービス期間中の為756円と格安で済んでしまった。
いやぁ・・・お味も良くて値段もサービス価格なのだから、非の打ちどころなどありませんねぇ。
次回は上海風焼きそばでも頂いてみましょうか。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 藍林閣
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-29
営業 ランチ有り 夜は17:00~翌03:00
参考サイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

ペプシ ストロングショット&紀文 したらば

さて、今日は帰りがけにコンビニに立ち寄り
ぺぷ1
こんなものを買ってみました。
「ペプシ ストロングショット 120円」
これ、少し前にこちらの記事を拝見した時から興味が有ったのですよねぇ・・・
曰く
「これは、炭酸ガス圧を高め、さらにカフェインを豊富に配合することで、爽快な炭酸の刺激と小容量で満足感のある飲み応えを実現した、飲みきりサイズの “強炭酸”コーラ。」
と、かなりの強炭酸が売りらしい。

確かに最近の炭酸飲料って、一時期の微炭酸ブームのせいなのか、子供の頃に親しんだものよりも炭酸が弱いような気がしてしまうのですよねぇ・・・
実際弱まっているのか、それとも舌の靴べら化が進んでいるのかは分かりませんが・・・
で、同じような事を考えた人も多かったのか、あえて強炭酸・強刺激な商品が登場。
まぁ、やはり炭酸飲料はスカッとした炭酸の刺激が無いといけませんよねぇ・・・
今日が全国発売だと言う情報が有ったので、さっそくコンビニで購入してみた次第。
PEPSI 商品情報

で、これの当てにと言う事で
ぺぷ3
「紀文 したらば 黒胡椒マヨネーズ 105円」も購入。
紀文のしたらばはカニカマのヒット商品で、これもこの手の記事に誘われて今年の3月に3種類ほど購入したのだけれども、その時購入したのは「からしマヨ」「明太子マヨ」「ダブルチーズ」の3種類で、今日覗いてみたら「黒胡椒マヨネーズ」と言うまだ頂いていないバージョンが有ったので購入した次第。
したらばって本当に美味しいのですよねぇ・・・
ま、これも後で試してみましょう。
紀文サイト

ぼくは割とソフトドリンクを良く飲むのだけれども、今一番はまっているのは
ぺぷ2
「UCC The CLEAR 無糖Milk」
これ、箱買いしたほど好きですハイ
基本、コーヒーより紅茶な人間なので、喫茶店などは勿論、この手のソフトドリンクでもコーヒーより紅茶の方を買う事が多いのだけれども、この缶コーヒーは他のものに比べてぼく的には別格扱いですハイ
UCC 商品情報

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

カレーライス@永楽町 コトブキ亭

さて、今日は永楽町に在る老舗の中華料理屋「コトブキ亭」さんへ・・・
こちらへは2007年の12月20日以来と約2年半振りと随分と久しぶりの再訪になりましたねぇ・・・
ここ最近、横浜橋の中華料理店「酔来軒」さんや曙町の老舗中華料理店「玉泉亭」さんと立て続けに中華料理店のカレーライスを頂き、意外と当たりのお店が多そうなのですよね・・・
それならご近所の中華料理店産を手当たり次第に回ってみましょうか、などと思い始めていたり・・・
まぁ、シリーズ化するほどの勢いはありませんが、取り敢えずネタになり易いかな、と・・・

と、そこで思い出したのが、永楽町に在る老舗中華料理屋「コトブキ亭」さん。
こちらに以前寄らせてもらった際に「カレーラーメン 700円」を頂き、これが結構美味しかったという記憶が有るのですよね。
なんとなく如何にも中華屋さんで出てきそうなカレーだったのですよ。
それならまずは、とこちらが第一選択肢になりましょう。
と言う事で、さっそくお店へ・・・

お店に行ってみると先客はゼロ。
入った瞬間、以前有ったはずのピンクの電話がなくなってしまっている事に気がついて、何故か微妙ながっかり感が覚えたのは、まぁ気のせいだろう・・・
取り敢えず、あ適当な席に着いてお品書を眺めてみる・・・
こと1
確認すると「カレーライス 680円」の他に「上カレーライス 800円」なんてメニューが・・・
「上かつ丼」とか「上天丼」なんてのは良くありますが「上カレーライス」ですか・・・
上カレーとは何ぞや?と言う事で、丁度お冷を持ってきてくれた方に尋ねてみると「カレーライスの上に玉子焼きが乗ったものです」と仰る。
あら・・・それだけの違いなのね・・・・
それなら普通ので良いや、と言う事で「カレーライス 680円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
こと2
こちらは中華スープを付けて下さるのですねぇ。
意外とやさしい味で、そう言えばカレーラーメンが美味しかったと言うのも、半分はこのスープの影響ですからねぇ。
カラーライスは
こと3
こと4
こと5
こんな感じ。
あら・・・カレーラーメンから想像したものとは違う、変哲もない良く見かけるカレーですね・・・・
具は玉ねぎ、人参、豚肉、カレーの上にはグリンピース。
如何にもカレールーを使って作りました的な家庭のカレーライスそのものと言った感じでしょうか。

んー・・・カレーラーメンから想像するに、中華スープベースにカレーパウダーで風味を出してとろみをつけたものが出てくるのでは?と思っていたのですが・・・
実際、カレーラーメンのカレーはそう言うカレーだったのですよ・・・
と、お品書に目をやると、メニューの中に「カレー丼 700円」なんてものが有った・・・
なるほど・・・想像通りのものが頂きたいならこちらをお願いするべきでしたね、と得心したところですでにカレーライスが目の前に来てしまっているのだから、とりあえず今日はこちらを楽しみましょう。

頂いてみると、やはりお味の方も変哲もない家庭のカレーと言った感じ。
付け合わせも福神漬ですし、そのものと言ってといものでしょうねぇ。
ドロッとした感じが強く、お味も濃いめなのでこれは玉子焼きが上に乗る上カレーライスの方がさらに美味しく頂けたかも。
やや甘めのルーで、まぁ当然ながらこう言う食べ慣れたお味のカレーが美味しくない訳がないのです。

んー・・・これはこれで美味しかったけれども、やはり中華屋さんらしいカレーが頂きたかったですねぇ。
まぁ、次回は恐らくそう言う感じのものであろう「カレー丼 700円」を頂いてみましょう。
普通に美味しいカレーライスで有りました。

店名 中華 コトブキ亭
住所 神奈川県横浜市南区永楽町1丁目16
電話 045-231-3752
営業 11:30~14:30 16:00~20:00(だったかな?)
定休 日・祝
参考サイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

小柱と玉子の炒め物定食@曙町 藍林閣

さて、今日は曙町バス通り沿い、中郵便局の車道を挟んで向かい側に在る中華料理店「藍林閣」さんへ・・・
こちらへは2010年3月6日以来となるのだけれども、実は昨日リニューアルオープンされたばかり。
こちらの店舗はかなり頻繁にお店が入れ替わるのだけれども、今年1月に回転された「藍林閣」さんも今月に入って看板を外したりしていたので、また別のお店に化けるのかと思ったら、どうやら店名はそのままに店員さんを総入れ替えしての再出発と言う事だったようだ。
で、昨日通り掛かった時にお店の前に店員さんが呼び込みをされていて「今日リニューアルオープンしました。今月24日までの1週間、飲み物も食べ物もランチも30%引きサービスやってます。」とチラシを手渡してくれたのだけれども、その時はすでにランチをしてしまった後だったので、今日改めて伺った次第。

お店に入って見ると先客はゼロで、後から一組見えられた。
内装は全く変わっていないようだ。
さっそく空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
ランチのお品書き(たぶん)は
藍1
こんな感じ。
他にも日替わりなのか週替わりなのか定食メニュー5,6種類が店頭の置き看板に書かれていた。

夜のメニューはと言えば
藍2
藍3
こんな感じ
これ以外にも壁にいくつかのメニュー短冊が張られていた。
ドリンク類は
藍4
こんな感じ。

リニューアルオープン前のお品書は
「お品書き 1」 「お品書き 2」 「お品書き 3」
と、こんな感じで、比べてみると価格がさらに引き下げられていますねぇ。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
まぁ、折角のランチ時ですからとりあえずは、やはりランチセットの中から選択になりますか・・・
「唐揚げの黒酢定食 580円」なんてのも魅力的ではありますが・・・
なんとなく魚が良いかな?とは思ったものの魚料理の定食は無いようだ・・・
ただ、店頭の置き看板に「小柱と玉子の炒め物定食 500円」なんてセットが有ったので、今日はこちらをお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
藍5
ご飯、スープ、メイン、搾菜、杏仁豆腐
ご飯はお替り無料との事。
スープはとろみの付いた豆腐と野菜のスープで、結構好みに合っている。
杏仁豆腐はおまけ然としたものではあるけれども、まぁ500円のセットでつけてくれるだけ有りがたいところです。
メインは
藍6
藍7
小柱と玉子の炒め物
小柱とスナップエンドウ、玉ねぎと玉子を炒めて塩胡椒とうまみ調味料で味を付けたシンプルな料理。
味付けの塩梅も良くさっぱりしていて美味しい。
んー、変に凝った料理より、こう言う料理の方が好みですねぇ。

お会計をお願いすると「350円です」と・・・
どうやら500円と言うのは30%引きになる前の価格だったようだ。
つーか、この料理って麻婆豆腐より安いのね・・・
お味も好みに合って、更にお値段がお安いとなれば、もはや言う事はありませんねぇ。
次は麺類を頂いてみましょうか。

中々美味しいランチで有りました。

店名 藍林閣
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-29
営業 ランチ有り 夜は17:00~翌03:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

特製つけ麺@伊勢佐木 麺屋 NANZOU

さて、今日は一昨日開店したばかりと言うラーメン店「麺屋 NANZOU(南蔵)」さんへ・・・
場所は伊勢佐木モールからやや若葉町寄りに入ったところに在るラーメン店「らーめん 駿河」さんの車道を挟んだ向かい辺り。
お店に入ると、カウンターのみ8席くらいで、入り口側から見た感じは小洒落てシックな造りのどちらかと言うとバーの様な内装になっている。
まぁ、席に着くとカウンターの向こうは完全にラーメン店のそれなので、関内セルテさんの裏に在る昼はラーメン・夜はバーなお店「R&B」さん程にはラーメン店としては小洒落過ぎた違和感は無い。

入口入ってすぐ右側に券売機が有り、ラーメンもつけ麺も700円~と言う感じのようだ。
「お店のBlog」を拝見させて頂くに、開店初日はつけ麺よりラーメンの方が多く出たとの事なのだけれども、食べログの情報では、どうやらつけ麺の方がお薦めのお店だそうな。
それなら、とりあえず今日はつけ麺で行ってみましょうか・・・

なんとなくがっつり行きたい気分でもあり「特製つけ麺 大 1000円」の食券を購入しお店の方に渡すと「大はめん540gありますが、大丈夫ですか?」との確認が有った。
540gって言うと、どんなものだろう・・・
最近、以前に比べると食べられる量が落ちてきてはいるのですよねぇ・・・
とは思ったものの「やっぱ無理です」などと言う訳にもいかないし、まぁ食べ切ると言う意味では大丈夫だろうと言う事で、そのままお願いした。

待つ事しばしで到着
なん5
なん6
うは・・・やはりすごいね、540gて・・・・
麺は太平打ちの縮れ麺。
こう言う麺を出してくれるお店は珍しいかも。
つけ麺の麺と言うと、割と饂飩の様な丸太の縮れ麺で出すお店が多いですからねぇ・・・

つけ汁は
なん1
なん3
なん4
こんな感じ
豚骨魚介のつけ汁で、ややサラッとしている。
後でスープ割もしてくれる。

具は
なん8
なん9
チャーシュー、めんま、海苔、半熟味玉、そして大量の粗微塵の玉ねぎ
また、特製つけ麺には
なん2
辛味調味料で和えられた刻みチャーシューが付いてくるようだ。

さっそく
なん7
頂いてみる・・・
んー・・・やはり最近流行りな節系の香り強めな豚骨魚介のつけ汁ですねぇ。
つけ汁自体の粘度が低くサラッとしている上に、清々しい清冽な風味の玉ねぎのみじん切りが大量に入っている事もあり、しつこさは全くない。
が、この手の風味のものとしてはさっぱりし過ぎてしまっているせいか、微妙に何か足らないような気がしてしまう。
つけ汁の個性やお味に控えめな印象が有り、そこに入った大量の玉ねぎの風味に負けて味がいまいちはっきりしないと言う感じかな・・・
大量に入った粗微塵の玉ねぎの中に、やや辛みが抜け切れていないものも結構含まれていたせいもあったかもしれない。

玉ねぎはもう少し水に晒す時間を長くするか大きさや入れる量を調整しないと、玉ねぎの風味だけが突出してしまって、出汁の旨みを隠しつけ汁の味をぼやけさせてしまう気がする。
個人的には、玉ねぎの清々しい清冽な風味やシャクシャクとした歯触りは好きなのだけれども、それでもちょっとそれが突出し過ぎで、このつけ汁の控えめな個性には厳しいかなと・・・
玉ねぎが苦手な人は、ちょっと無理でしょうね・・・

麺はピロピロとした舌触りがつけ麺の麺としては珍しく、茹で加減も丁度良い固さで結構美味しい。
かなりの量が有ったはずだけれども、麺自体が結構美味しくつけ汁もさっぱり目のものだった事もあってかスルスルと入った。
チャーシューはムチッとしたしっかりした歯応えがあり、味付けの塩梅も良く、肉の旨みもありかなり好みに合っている。
味玉も中々美味しいですねぇ。
辛味調味料で和えられた崩しチャーシューは、それ単体では悪くないものの、つけ汁との相性と個人的な好みで言えば、箸休めとしてでそのままで頂いた方が良いかな・・・

くどさの無いさっぱりした感じでこれからの時期には良さそうですが、玉ねぎの風味がすべてを抑え込んでいる印象が少し残念ですねぇ。
個人的には玉ねぎは好きなので玉ねぎの量と刻みの大きさを調整してもらえれば良い感じになると思いますが、意外と玉ねぎの苦手な方も多いようだから、玉ねぎに関しては入れるか入れないかをお客さんに選ばせてしまった方が良いかもしれませんねぇ。
お店の方には手間が増えてしまって、大変になってしまうかもしれませんが・・・

まぁ、まだ出だしですしね。
個人の好みでいえば方向性としては結構好みに合っているものですし、これからも進化していきましょうから、先を楽しみに致しましょう。
次はラーメンを頂いてみましょうか。
中々悪くないつけ麺でありました。

店名 麺屋 NANZOU(南蔵)
住所 横浜市中区伊勢佐木町4丁目121 ライオンズマンション1F
電話 045-325-9490
営業 11:00~21:00
定休 6月中は無休との事
食べログ お店情報
お店Blog
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カレーライス@曙町 玉泉亭

さて、引き続き中華料理店のカレーライスネタなぞ・・・
横浜橋の中華料理店「酔来軒」さんの「カレーライス 600円」が思いのほか当たりメニューだったので、他にもおいしいカレーライスを出してくれそうな近所の中華料理店を廻ってみようかと・・・
そうなると、やはり外せないのは曙町に在る老舗中華料理店「玉泉亭」さんですかねぇ。

と言う事で、早速店へ・・・
お店に行くと意外とお客さんが多く賑わっている。
昨年店内を改装して綺麗になり外目にも店内が明るくなって、通り掛かりでも躊躇する事無く入り易くなった事もあってか、それ以前に比べるとお客さんが増えているような気がする・・・
まぁ、気のせいか・・・

こちらへは、今年の年明け1月4日に「サンマー麺 600円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ・・・
と、まぁ個人的にはサンマー麺が美味しいお店なので、こちらに来たらそれ一択という感じのお店な訳ですが、今日の目的はあくまでも「カレーライス」
と言う事で、とりあえず空いている席に着きお品書きを眺めてみる・・・

「お品書き 1」 「お品書き 2」 「お品書き 3」 「お品書き 4」 「お品書き 5」 「お品書き 6」
と、お品書きはこんな感じで、これ以外に季節のものと言う事で「冷やし中華 880円(立ったかな?)」の張り紙もしてあった。
お酒類の部分には付箋が貼られてその上に価格が書かれていたので、価格改定をされたようだ。
で、メニューの中に見つけた「カレーライス 660円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
玉1
玉2
玉3
如何にも中華屋さんらしい器に盛られての登場ですねぇ。
具は豚肉、ニンジン、玉ねぎとスタンダードにしてシンプルなもの。
そして、やはり紅生姜が添えられている。
これぞカレーと言った感じの黄色味の強い色合いですねぇ。

頂いてみると、香りはカレーパウダーの風味が強めなのだけれども、お味の方はそうスパイスの風味が突出することもなく若干甘めの出来上がりになっている。
玉ねぎやニンジンは火が通り過ぎてだれる事もなく、かといって硬くもなくしゃきしゃきとした歯ざわりで甘みは確り出ている。
個人的にはなんとなく生玉子を落として掻っ込む様にして頂きたい感じですねぇ。
家庭のカレーとは違うけれども、割に平凡なお味で普通に美味しい。

んー・・・期待していたものとは違ってはいたけれども、これはこれで美味しいカレーでしたねぇ。
次はたまにはどんぶりものでも行ってみましょうか・・・
なかなか美味しいカレーライスでありました。

店名 玉泉亭
住所 横浜市中区伊勢佐木町5-127
TEL 045-251-5630
営業 11:30~21:30
定休 火曜日(祝日の場合営業)
お店サイト

新店情報
 伊勢佐木モールを少し若葉町側に入ったところに在るラーメン店「らーめん 駿河」さんの車道を挟んで向かい辺りに新しくラーメン店(つけ麺屋?)「麺屋 NANZO」さんが開店しておりました。
食べた後だったので寄れませんでしたが・・・
「お店のBlogを見ました」の一声で100円トッピングサービスが有るそうです。
続々とラーメン店が開店していますねぇ・・・皆さん頑張って繁盛されれば良いのですが。
「麺屋 NANZOU」お店Blog

また、曙町バス通り沿いに在る中華料理店「藍林閣」さんが本日リニューアルオープンだそうです。
店員さんの顔触れを一新して再出発だそうで、リニューアルオープンサービスで確か30%OFFと書かれたチラシが張って有ったかと・・・
まぁ、こちらも近い内に寄らせて頂きましょう。
「藍林閣」お店地図

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレーライス@横浜橋 酔来軒

さて、今日は「横浜橋通商店街」さん医大通り側入り口すぐそばに在る中華料理店「酔来軒」さんへ・・・
前回、こちらに伺って「肉団子ライス 800円」を頂き、その際にUPした記事にBlog「濱のおいしい小径」の小径のヌシさんからコメントを頂き、そのコメントの中に「酔来軒さんのカレーライスの情報がネット上になく気になっている」とお書きになられていたのだけれども、そう言えば酔来軒さんと言えば、どうしたってお店の名物的なメニュー「酔来丼 450円」の情報が中心になってしまいますよねぇ・・・
ましてや、わざわざ遠くから足を運ぶブロガーさんや評価サイトのレビュアーさん達ですと、どうしてもその対象はお店の名物料理的なメニューに偏るのは致し方ないところでありましょう。

まぁ、生来物ぐさ全開なぼくは食べ歩きなどする事もなく、ご近所の飲食店ばかりネタにしている訳で、酔来軒さんもそうしたご近所のお店だし、その上お気に入りのお店でもありますからね・・・
いろいろなメニューを試してみたいとは思っていたのだけれども、確かにカレーライスは盲点で有りました。
記事でお店のお品書き
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
を確認してみると、確かにあった「カレーライス 600円」

そも中華料理店のカレーライスと言えば、曙町の「中華一番」さんで「チキンカツカレー 700円」「カツカレーセット 800円」を頂いたり、井土ヶ谷の「チャイナ飯店」さんで「唐揚げどっさりの「鶏肉カレーライス 840円」、今は無き(て、もう閉店されてから1年も経つのですね・・・)中村橋の「ゑびす屋」さんの「カレーライス 500円」、曙町の「康楽園」さんの「中華風カレーライス 850円」、後は四川風を謳ったカレーを出してくれる伊勢佐木の「赤とら」さんの「四川風激辛キーマカレー 700円」
と、結構頂いた事が有り、中でも曙町に在る中華料理店「康楽園」さんの「中華風カレーライス」はかなり個人的にヒットしたのだけれども、その割に中々中華料理店でカレーライスを頂く機会は増えていないのですよねぇ・・・

とまぁ、中華料理店のカレーライスに興味もあった事だし、それなら取り敢えず斥候に立って試してみましょうか・・・と言う事で今日は「酔来軒」さんで頂く事に。
お店に行くと、結構なお客さんで賑わっている。
やはり人気店ですねぇ・・・
空いている席に着き、他のお客さんの「冷しねぎソバ 下さい」と言う今日みたいな蒸し暑い日には余りにも魅力的なメニューを思い出させてくれた声にも負けず「カレーライス 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
酔1
酔2
酔3
うぉ・・・中々美味しそう。
具は豚肉、玉ねぎ、人参、青菜
カレーライスに青菜が入るのは珍しいですよねぇ。
写真だと赤黒さが際立っていますが、実物は写真ほどには際立った赤黒さでは無かった。

見た目少し辛いのかと思ったけれども玉ねぎや青菜の甘みもあり、見た目ほど辛くは無い。
人参が少し固めの火の通り具合ではあるけれども、かなり薄切りなこともあって、パリパリとした小気味良い歯触りになっている。
青菜が入っている為、結構面白い風味になっているものの、カレーそのものはそんなに特別な風味が加わっている訳ではなく、普通に食べ易く美味しいカレーですねぇ。
紅生姜が最初から乗せられているので、紅生姜が苦手な方は注文時に要らない旨伝えておいた方が良いです。

カレーを頂いていると、店員さんが「そのスプーン、U.S.N. って刻印有りますでしょう?それ内の祖父が進駐軍の備品で使われていたものを貰ったものなんですよ。そのスプーンが最後の一本で50年以上前のものなんです」と・・・
酔4
なるほどスプーンの持ち手の部分には「U.S.N.」の刻印が確かにありますねぇ・・・
U.S.NAVYの略になるのかな?
それにしても、すでに50年以上の月日を経ていると言うのに、いまだに現役で使えると言うのは随分丈夫なのですねぇ・・・
「このスプーンは最後の一本で、フォークも残っていたかな…。時々出るんです、これ」と・・・
と言う事は、特別意識せず道具として使い続けていると言う事なのでしょうねぇ。
スプーンにしてみても50年以上道具としての使命を全うできているのだから、道具冥利に尽きると言うものでありましょう。

そういう話を聞くと、カレーライスの美味しさが30%はアップするのだから単純極まりない話ですが・・・
カレーライスも美味しかったですし、面白いお話も聞けたしで満足のいく食事でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

白湯ラーメン@福富町 福くん

さて、今日は福富町に在るラーメン店「北海道ラーメン・餃子 福くん」さんへ・・・
こちらは2週間ほど前に見つけてから「味噌ラーメン 500円」「つけ麺セット(つけ麺+餃子+ライス) 750円」と立て続けに頂いてみたのだけれども、これが意外と好みに合ったラーメンが頂けたのでお気に入りとなっているのですよねぇ。
取り敢えず麺類は全種類頂いてみたいかな、と言う事で今日も寄らせて頂いた次第。

お店に入ると時間が中途半端な事もあり先客はゼロ。
取り敢えず空いている席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
しろ1
しろ2
お品書きはこんな感じ。
麺類は全品500円、しかもサービスライス付き。
麺類に餃子(+ライス)が付くセットは750円均一。
炒飯や回鍋肉や野菜炒めも500円と、メニュー全品えらくお安い。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
なんとなく今日は暑いので「激辛赤味噌ラーメン 500円」なんて刺激的なメニューで一汗かいてさぱp利しようかなんて考えたのだけれども「激辛に挑戦!」なんて謳い文句を見てしまうと、辛さが1~5の段階で調整可能と言う事であっても、さすがに躊躇してしまいますねぇ・・・

んー・・・いまいち気分が乗らないので有れば、やはり今日は無理して激辛のラーメンを頂く事は無いかな・・・・
そうなると、まだ麺類で頂いていないのは「しょうゆラーメン 500円」「塩ラーメン 500円」「白湯ラーメン 500円」「つけ麺(つけ汁の辛くない方)500円」ですか・・・
「塩ラーメン」と「白湯ラーメン」が2つともあるのは珍しいかな・・・
それならと言う事で「白湯ラーメン 500円」をサービスライス付きでお願いした。

待つ事しばしで到着
しろ3
ラーメンとライスのセット
白湯ラーメンは
しろ4
しろ5
こんな感じ
白湯と言う事でスープは白濁したもの。
具はチャーシュー、もやし、キャベツ、ネギ、海苔
麺は
しろ6
表面のツルっと滑らかな舌触りの中太平打ち縮れの麺
やや固めの好みに在った茹で上げ加減で滑らかな舌触りにプチっとした歯応えが良い感じ。

今日はスープがやや薄いかな・・・
出汁そのものが弱い感じ。
味噌ラーメンを頂いた時は、もっと出汁も確りしていたから今日はたまたまですかねぇ。
そう言う意味では、今日のは少し残念な出来だったかなと・・・
ま、野菜がたっぷりでその甘みもあるので卓上調味料で調整可能な範囲でしたが。
それに
しろ7
今日のこのチャーシューは、前回・前々回頂いた者よりも、しっかりとした歯応えと旨みのあるものだった。

まぁ、なんだかんだと言いながらも、今日も麺を食べ終わってからライスをスープに投入して即席おじやにして最後まで美味しく頂いた訳ですしねぇ。
次回は塩ラーメンでも頂いてみましょうか。
悪くないラーメンで有りました。

店名 北海道ラーメン・餃子 福くん
住所 横浜市中区長者町9-173-2 浜勝ビル1F 
電話 045-252-3596
営業 11:00~翌04:00
定休 年中無休
お店地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ハンバーグ弁当@横浜橋 やかん屋

さて、今日も一見のお店へ・・・
「横浜橋通り商店街」さんからスーパーマーケット「大丸ピーコック 横浜橋店」さんや喫茶と洋食のお店「樹林」さんなどが並ぶわき道に入った処に新しく出来たお店「やかん屋」さん。
以前、「うどん工房すぴか 横浜橋店」さんの入っていた店舗に先月新たに開店された弁当と総菜のお店で、2週間ほど前に通り掛かった際に、その日は雨だったせいかまだ少し早い時間帯だったのにも拘らず店頭で「お弁当半額ですー。全品200円以下ですよー」と店員さんが呼び込みをされていて、半額とは言え随分安いなぁ・・・と思っていたのですよねぇ。

今日は昼ごろに通り掛かったら、お店の前にえらい人だかりが・・・
どうやら「唐揚げ詰め放題 1パック350円」なんてサービスをされていたらしい。
みなさん「そりゃどうやってふた閉めるんだ?」ってくらいに、これでもかとガンガン詰め込んでましたね・・・
普段なら並ぶところですが、なんとなく唐揚げな気分になれず、さりとて折角通り掛かったのこのままスルーしてしまうには惜しい。
と言う事で今日はこちらでお弁当でも・・・とお弁当コーナーを覗くと、お弁当は全品350円均一・・・・
種類はそう多くは無いものの想像していたよりもさらに安い・・・揚げ物などの総菜もありこちらもやはりお安い。
どれも美味しそうだったのだけれども、一番スタンダードそうな
はん1
「ハンバーグ弁当 350円」を購入。

家に戻って、さっそく
はん2
はん3
ご飯、ハンバーグ、ポテトフライ、かまぼこ、ちくわの磯辺揚げ、玉子焼き、千キャベツにポテトサラダ、更に切干大根、漬物・・・350円の割に随分充実していますねぇ。
こちらでお作りになっていらっしゃるようで、まだ少し温かい状態。

ハンバーグも割に肉々しいもので中々しっかりした旨みが有る。
デミソースは若干甘め。
なにが美味しいって、切干大根が一番旨い。
そう言えば切干大根って久しぶりに頂いたかも・・・
しかしまぁ、これが350円なのだから、コンビニで買うのがばかばかしくなりますねぇ・・・

今度はサバの塩焼き弁当とか、和風なものを頂いて見ると致しましょう。
中々美味しく、お得なお弁当で有りました。

店名 おそうざい やかん屋
住所 横浜市南区白妙町1-3 鈴木ビル1F
電話 045-261-3785
営業 11:00~20:00
定休 月曜
お店地図

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

自家製本マグロの漬け丼@長者町 すし元

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モール、オデヲン前の通りを日ノ出町駅方面に向かったところに在るお寿司屋「すし元」さん。
通り掛かり、店頭に
すし7
こんな素敵な内容のランチメニューが載った置き看板が有ったら、そりゃあ是非寄らせて頂こうと言う事になりますでしょう。
こちらのお店自体は以前から知ってはいたのだけれども、どうにも年齢層の高い常連さんが多そうな感じのする店構えで一見ではやや入り辛い雰囲気が有るような・・・
そもそも、余りお寿司屋さん自体に縁も無く、こういう雰囲気のお店に慣れていないと言う事もあって、中々寄らせて頂く機会を逸していたのだけれども、こんなランチをやってらっしゃったとは知りませなんだ。
ランチなら常連もへったくれもなく、一見でも大丈夫だろうと言う事でお店の中へ・・・

お店に入ると割にお若いと見える方が丁寧に出迎えてくれた。
カウンター席は8席ほどに小上がりの4人席が3つ4つと、外観から想像したよりも広い店内に先客はゼロ。
良く見かけるようなガラスケースの無い、すっきりした木目の綺麗なカウンターは、やはりちょっとお高そうでもあり、またその分美味しいものが頂けるのでは?と言う期待感が増しますよねぇ。
カウンターには、やはり
すし1
ランチメニューの書かれたボードが置かれている。
カウンター席に着き、なにを頂こうかしばし検討・・・
んー・・・おそらく海老とかアナゴの様な苦手なネタが入ってしまっているであろう握りより丼物の方が良いかな・・・・
やはり目を惹くのは「本マグロ」の文字・・・
と言う事で「自家製本まぐろの漬け丼 800円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
すし2
・・・はい?
このセット内容の豪華さは一体何事・・・?
まぐろも、とても800円そこそこで頂けるような代物に見えませんが・・・
もしかして1800円と見間違えたかな?などと、思わずメニューボードを確認してしまった・・・
いや・・・1800円でも普通にあっておかしくない内容ですよね、これ・・・・

すし6
茸とお揚げの赤だしに白身魚の南蛮漬け
この茸はなめこなのかな?普通見かけるものなんかよりえらくでかいけど・・・
すし5
しらすおろしにサラダ
これに漬物2種が副菜に着いてきました。

でもって
すし3
すし4
本まぐろの漬け丼
なんかもう見た目からして美味しそうな漬かり色のまぐろですよねぇ。
さっそく頂いてみると、分厚に切られているのにえらく柔らか。
適度な塩梅の漬け具合で、まぐろの美味しさをしっかり感じる事が出来る。
て言うか、このまぐろめちゃくちゃ美味しい・・・
ぼくはまぐろが好物という程ではないのであまり頂く機会は無いし、インドマグロだろうが南鮪だろうが本鮪だろうが食べ分けるような事も出来ない程度なので表現のしようもないのだけれども、端的に言ってしまえばこのまぐろはかなり美味しいの一言に尽きますねぇ。
やや軟目に炊かれたシャリも、漬け出汁も嫌みのない程度に甘めでかなり好みに合っていますねぇ。

副菜も、どれもさっぱりしていて美味しいですしねぇ。
いや、個人的には何一つ不満な点はありません。
と言うより、このレベルのまぐろの漬け丼がこのセット内容で、たった800円で頂ける事にちょっと驚きを感じますハイ
ランチでこれだけのものが頂けるお店であれば、きっと夜も良いネタの美味しいお寿司が頂けるお店なのではないかと・・・

こちらのランチはかなりお薦めです。
ご興味が有りましたら是非。
大変美味しい漬け丼セットで有りました。

店名 すし元
住所 横浜市中区長者町8-125
電話 045-251-0215
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

冷し中華@馬車道 福源楼

さて、今日は馬車道から少しわき道に入ったところに在る中華料理店「福源楼」さんへ・・・
こちらへは昨年2009年の10月16日以来と結構開いてしまいましたねぇ・・・
昨日のBlogの記事で「冷し中華始めました」の短冊を数店で見かけたと書いたせいか、今日は完全に冷やし中華モードだったのですよ・・・
と言う事で、個人的に冷し中華を頂くならまずはここからな「福源楼」さんへ・・・
こちらの冷し中華が好きで、こちらの存在を知ってからと言うものの毎年必ずこちらで冷やし中華を頂いているのですよねぇ・・・

と言う事でさっそくお店へ・・・
お店へ行くと先客はゼロながら、後から一組見えられた。
適当に空いている席に着くと、すぐにお冷とおしぼり、それに加えて雑誌を一冊さし出してくれる。
こう言う気遣いは有難いですよねぇ。
とりあえずお品書を眺めてみる・・・
源1
源2
お品書きはこんな感じ
これ以外に単品のメニューがいくつか書かれた壁張りのお品書いが有り、この時期は「冷し中華」のメニュー短冊も壁に出ている。

さて、どれに致しましょう・・・
どれにも何も、今日は初手から冷し中華と言う事は決定している・・・
まぁ、何気に「排骨飯(パイコハン) 900円」なんてメニューも気にはなるのですが・・・
やはり今日は初志貫徹と言う事で・・・
「冷し中華 800円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
源4
源5
いやぁ・・・何度見ても美味しそうですよねぇ。
こちらの冷し中華は、良く見かける酸味のある醤油ベースのたれではなくピリ辛胡麻味噌の四川風。
具は
源6
蒸し鶏にきゅうりとシンプル
麺は
源7
そうめん並の細さのストレート麺。
子供の頃って、ちょっとお高い感じの中華料理店産の麺と言えばこのくらい細いストレート麺を使っていたイメージが強いのだけれども、最近ではこのくらいまで細い麺はあまり見かけない気がしますねぇ。

この冷し中華が、またえらく美味しいのですよ。
胡麻の風味たっぷりのピリ辛タレが、意外と腰のある細麺に良く絡んで最高なのです。
程よい歯応えと適度に残された鶏皮の甘みと旨みのある蒸し鶏がこれがまた・・・
胡瓜のシャキシャキとした小気味よい歯触りと清涼感が口の中をさっぱりさせてくれますしねぇ。
やはり、今まで頂いた中では個々の冷し中華が一番好きですねぇ。

こちらのお店は、例年10月中頃までと、結構長い期間この冷し中華を提供してくれるのが有難い。
今日も美味しい冷し中華でありました。

店名 福源楼
住所 神奈川県横浜市中区常盤町5丁目64
TEL 045-671-0376
営業 11:00 - 14:00 17:00 - 22:30
定休 日曜・祝日
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やきそば&おでん@八幡町 磯村屋

さて、今日は八幡町に在るやきそばとおでんなお店「磯村屋」さんへ・・・
こちらへは昨年2009年の11月29日以来と前回訪問時から半年以上開いてしまいましたねぇ・・・
なにせこちらもTVで紹介されたとかで、ただでさえ時間帯によっては外待ちのお客さんが出るくらいの人気はあるお店だったので、そのTVの影響を考えたら中々足が向かなかったのですよねぇ・・・
今日は久しぶりに平日に寄らせてもらえる事が出来そうだった上、時間も中途半端だったしでお客さんの方もそう多くは無いだろうと思い寄らせてもらった次第。

それに加えて今日は暑かったですからねぇ・・・
もしかしたら、そろそろおでんからかき氷の販売へ切り替わっているころかな?という期待もあったのですよね。
なにせ、ここ数日中華屋さんに「冷し中華始めました」の短冊を見かけるようになりましたからね・・・
個人的に冷し中華ならここ、な「福源楼」さん「玉泉亭 曙町本店」さん「喫茶 マエカワ」さん他数店でも見かけましたねぇ・・・
とりあえず、今年も「福源楼」さんの冷し中華は頂きに行かねばなりますまい・・・

とまぁ、それは兎も角もかき氷が有る事を期待しつつ「磯村屋」さんへ・・・
やはり人気店、時間が中途半端だったとはいえ先客も複数組入らっしゃり、後からも続々と見えられた。
お店を入ったところで左側を見るとおでん鍋にぐつぐつ言っているおでんが・・・
かき氷には些か早かったですか・・・
まぁ、おでんも好きだし、かき氷は7月に入ってからのお楽しみとしておきましょう。

とりあえず空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
いそ3
お品書きはこんな感じ
やきそばはスタンダードなものかカレー風味のものかが選べ、サイズは大・中・小の3種類
具の組み合わせでメイン具材が1種類のもの、2種類のもの、3種類のものの3パターンが用意されている。
なんて、今更な説明だとは思いますが・・・
んー・・・やはりこちらに来たらじゃが芋入りの焼きそばが食べたいですよねぇ・・・
今日は暑いから少しスパイシーに・・・と言う事で「カレー ポテト 大 300円」をお願いした。

で、おでんは自分でおでん鍋から皿に取って、その個数を申告しておいて食後に生産するシステムなので、取り敢えずおでんを取りに行く・・・
おでん鍋を覗くと、やはり時期的なものか好物の大根の姿は無い・・・玉子の姿もなかったか・・・・
が、それでも好物のものは入っていたので
いそ1
いそ2
今回は、ジャガイモ・ちくわ麩・魚肉ソーセージの3つをチョイス。
ちなみにこちらのおでんは80円均一で、安いと言う事もある上に結構美味しいので、鍋持参でやって来ておでんを10個以上持ち帰りで買っていく方も結構多いのですよねぇ・・・

んー・・・それにしても良く出汁を吸って如何にも美味しそうな色合いですねぇ。
魚肉ソーセージは、割と見かける率が低い気がするので、これが有ったのはラッキーでしたねぇ。
魚肉ソーセージってたまに猛烈に食べたくなるのですよ・・・
出汁を吸い捲くったちくわ麩のネチっとした食感もじゃが芋のホクホク感も最高ですねぇ。

おでんを食べ終わった頃に焼きそばも到着
いそ4
いそ5
いそ6
いそ7
カレーパウダーのスパイシーな香りが食欲をそそりますねぇ。
こちらのカラっとした、やや焦げた感じのやきそばは大好きなのです。
具はポテト、キャベツ、もやし、豚肉、揚げ玉
ざっくり切られたホクホクポテトもゴロゴロ入っていてボリュームも満点。
中華屋さんなんかでやきそばを頂くと、割に水分の多いウェッティなものが出てくる事が多いけれども、個人的にはこちらや屋台のやきそばの様に強い火力で熱した鉄板で一気に仕上げる、水分の少ないやや焦げた感じのやきそばの方が好みなのですよねぇ。
やはりこちらのやきそばは美味しいわ・・・

来月にはおでんからかき氷に切り替わるでしょうし、またその頃に頂きによらせて貰いましょう。
相変わらず美味しいやきそばとおでんでありました。

店名 磯村屋
住所 横浜市南区八幡町4
電話 045-261-0956
営業 11:30~17:30
定休  水曜日
参考サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

味噌らーめん@伊勢佐木長者町 Si激Ya

さて今日は先週6月5日土曜日に開店されたラーメン店「Si激Ya」さんへ・・・
こちらへは開店当日に寄らせてもらい、お店のお薦めだと言う「つけ麺 醤油基本 650円」を頂いたのだけれども、つけ汁が結構濃厚だったので、このスープをベースにした味噌ラーメンはかなりパンチの利いた美味しいものが頂けるかもと興味を持っていたのですよねぇ。
と言う事で、さっそくお店に寄らせてもらった次第。

お店に入ると先客はお一人、後からも一組のお客さんが見えられた。
空いている席に着いて「お品書き」を眺めてみる・・・
が、やはり今日は予定通り味噌ラーメンですかねぇ・・・
と言う事で「味噌らーめん 650円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
げき2
げき3
「熱いですよ」とのご注意が有ったので、こちらも石焼ボウルなのかと思ったら、普通の丼だった。
具は
げき5
角切りチャーシュー、もやし、メンマ、海苔、ねぎ
麺は
げき4
前回頂いたつけ麺のやや太めの縮れ麺よりも細いものを使用されていた。

さっそく頂いてみると、確かに熱々の状態。
妙に温度の低いスープのお店が結構多いけれども、やはりラーメンのスープはこのくらい熱々の状態の方が良いですよねぇ。
麺の固さも適度で良い感じ。

ただ、期待していたものとは少し違ったかな・・・
もう少しガツンと来るようなパンチの利いた味噌ラーメンを期待していたのだけれども、スープも具も麺も全て巧く纏められた食べ易い感じ。
正直、お味は確かに悪くないのだけれども、これと言った特徴のない凡庸なものだったのは個人的には残念。

そう言えば、卓上調味料の中に
げき1
「青唐辛子」
なんて珍しいものが有ったので少し振り入れてみたのだけれども、これもやはりさしたる風味が加わる訳でもなく、少なくとも味噌ラーメンに入れるなら普通に七味唐辛子の方が良かったかな・・・

んー・・・つけ麺のつけ汁を頂いた限りでは、もう少し特徴のある味噌ラーメンが出来上がるのではないかと期待したのですが・・・・
と言うか、この味噌らーめんはこれはこれで食べ易くて良いものと思うのだけれども、折角石焼ボウルもある事だし日ノ出町の「日の出らーめん」さんが数年前冬季限定で出されていた「石焼味噌煮込み剛麺」みたいな感じの、やや挑戦的なものをメニューに加えてくれると嬉しいのですが・・・

んー・・・つけ麺もそうだったのだけれども、やはりもう一つ、何かお味そのものにも特徴が欲しいところですよねぇ・・・・
次回は「野菜たっぷりたんめん 750円」を頂いてみましょうか。
悪くない味噌らーめんでありました。

店名 si激ya
住所 横浜市南区永楽町2-26-2
電話 045-261-8203
営業 今日は12時開店でしたが・・・詳しくはお店にご確認ください
定休 しばらく無休で営業されるそうです
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たんめん+もつ味噌煮@日ノ出町 第一亭

さて、なんとなくモツ系の料理が頂きたくなり、日ノ出町に在るモツ系料理の充実した中華料理屋「第一亭」さんへ・・・
こちらへは昨年2009年の9月28日以来と結構久しぶりになってしまいましたねぇ・・・
こちらも結構な人気店なので、いつも割りに込んでいる事もあり、混雑が苦手なぼくは中々寄らせて頂く機会がないのだけれども、せっかく思い立ったので寄らせて貰う事に・・・

お店に行くと時間が中途半端だったせいか、先客はお一人。
お店の方たちものんびりモードで、まったりした空気が漂っている。
普段このくらいだと、僕としてはありがたいのですが、まぁお店としてはそう言うわけにも行きますまい・・・
とりあえず空いている席に着いて、お品書きを眺めてみる・・・
もつ1
が、実のところお店に入る前に店頭のサンプルをなんとなく眺めた際に「たんめん 550円」が目を引いていたのですよね・・・
第一亭さんと言えば、どうしてももつ系料理の印象が強く「もつ炒め定食 700円」とか「ホルモン炒め定食 700円」など、やはりもつ系ばかりに目が行ってしまう為に、考えてみたら汁そばを頂いた記憶がない。
と言う事で「たんめん 550円」をお願いした。

のだけれども、そこはそれ・・・やはりこのお店に来てもつ系料理を外すと言うのは如何にも勿体無い・・・
それじゃあ、モツ系も何か単品でひとつ追加注文させてもらいましょうか・・・
と思ってしばし考えると、入り口ドアのところに「野菜入り もつ味噌煮 400円」なんて魅力的なメニューが張ってある・・・
そういえば、もつ料理も炒め系ばかりで煮込み系はいただてなかったかな・・・
と言うことで「野菜入りもつ味噌煮 400円」も追加でお願いした。

待つ事しばし・・・
もつ2
もつ3
もつ4
先にたんめんが到着。
具は白菜、にんじん、玉ねぎ、もやし、青菜、豚肉
麺はたんめんと言えば、やはりこれの平打ち麺
スープは写真ではにごって見えるけれども、実際は結構透明尾の高いものだった。

早速頂いてみると、これがまた見た目のさっぱりとした印象とは異なり、結構にんにくの風味がガツンとくる。
まぁ、そう言うパンチの利いたものの方が、こちららしいと言えばそうですねぇ。
キャベツではなく白菜なので、シャキシャキとした歯触りには乏しい。
とはいえ、白菜の甘みがたっぷりスープに溶け込んで、これがまた結構おいしい。
まぁ街中中華のそれから大きく出るものではないけれども、こういうややチープな感じの汁そばは大好物ですハイ

続いて
もつ5
もつ6
もつ7
もつ煮込みも到着
具は大根、にんじん、こんにゃく、もつ
野菜入りとはなっているものの、思いのほかもつが大量に入っている。
というか、7割方もつだわね・・・

もつは確り煮込まれており、かなり柔らかで臭みもない。
脂っ気も強くはなく、しょうがの強い風味も在ってかなりすっきりした感じ。
やや甘めの味付けなので一味唐辛子を振って頂いた。
これはご飯に良く合ったでしょうねぇ。
これも個人的にはヒットでありました。

今度はサンマー麺でも頂いて見ましょうか。
中々に美味しいたんめんともつ煮でありました。

店名 第一亭
住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
電話 045-231-6137
営業 11:00~24:00
定休 火曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

つけ麺セット@長者町 福くん

さて、今日は長者町に在るラーメン店「北海道ラーメン・餃子 福くん」さんへ・・・
こちらへは、つい2日ほど前にたまたま何時の間にか開店されているのを見かけて「味噌ラーメン 500円」を頂いたのだけれども、これが思いのほか結構美味しかったので、今日は暑いしその時メニューを見て気になった「つけ麺 500円」でも頂こうかと思い立ち寄らせてもらった次第。

お店に行くと、前回は他のお客さんは終始ゼロだったのだけれども、今回は入った時に既に数組、後からも見えられた。
まぁ、お値段もお安い上に、お味も中華屋さん系統のラーメンとしては悪くないですからねぇ・・・
そりゃあご近所の方達に在る程度人気もあっても不思議はないでしょうね。
取り敢えず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
お品書きはこんな感じ。

麺類はすべて500円均一で半ライス付き。
麺類に餃子+半ライスの付いたセットは750円均一。
やはりお安い・・・
今日お品書を見てみると「炒飯 600円」も500円に値下げ訂正されていた。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
と言っても、今日は初手から「つけ麺 500円」をお願いする気満々だったのですよねぇ・・・
そして、こちらは「北海道ラーメン・餃子」を謳っているので、やはりそこはそれ・・・餃子も頂いてみたい。
と言う事で「つけ麺セット(つけ麺+半ライス+餃子) 750円」をお願いしたところ「つけ麺のつけ汁は普通のと辛いのが有りますがどちらにしますか?辛いのは辛くて少し酸っぱいです」と仰る・・・
まぁ、今日は暑いですから少し辛い物で汗をかくのも良いかな・・・と言う事でつけ汁は辛い方でお願いした。

待つ事しばしで到着
福3
つけ麺と餃子のセット、後から半ライスも持ってきてくれた。
つけ麺は
福4
福5
福11
こんな感じ
具はチャーシュー2枚にもやし、海苔
麺は少し透けた感じの色合いの中太縮れ麺。
麺の表面はツルツルとした滑らかな舌触りで、ムチッとしたしっかりした腰もある。
前回少し強く感じた香りも、今回はそう気にならなかった。

つけ汁は
福6
福7
ものの見事に真っ赤・・・
これは辛そう。
と思ったのだけれども
福10
頂いてみると、辣油の香りが少し強いものの意外と噎せ返るような辛味は無く、やや強めのピリ辛に程よい酸味が加わったさっぱり系。
辛さが適度なのでスルスルと入って行くし、脂くどさもなく爽やかな酸味が有って、これはこう言う暑い日に向いたつけ麺ですねぇ。
かなり好みに合っております。
残ったつけ汁には半ライスを投入し、美味しく頂きました。

さて、餃子の方は
福8
福9
こんな感じ
美味しそうな焦げ具合。
やや薄目の皮に程よく肉々しさとにらの香りのある肉種が入っている。
まぁ、これは普通かな・・・熱々だ塩味はそこそこ美味しいけれども、さして特徴的な者もなく、ものすごく美味しいと言う事もない。
とは言え、250円ですから、これで十分かと。

んー・・・こちらのつけ麺は中々美味しくて好みに合っていましたねぇ。
今度は普通のつけ汁の方のつけ麺も頂いてみる事にしましょう。
中々美味しいつけ麺と餃子でありました。

店名 北海道ラーメン・餃子 福くん
住所 横浜市中区長者町9-173-2 浜勝ビル1F 
電話 045-252-3596
営業 11:00~翌04:00
定休 年中無休
お店地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

つけ麺 醤油基本@伊勢佐木長者町 si激ya

さて、今日も一見のお店へ・・・
本日開店と言う情報の有ったつけ麺の「si激ya」さん
以前、つけ麺専門店を謳う「どーぷ」さんの在った店舗。
大通公園沿いから消防署の角を曲がり少し進んだ消防署の斜め前です。
お店の外観は
つけ10
こんな感じ

さっそくお店に入ると、同じ店舗で営業されていた「どーぷ」さんや「しゃもじ」さんに比べると、やや席数を減らして一席一席のスペースを広めに取って有る印象。
まぁ、狭苦しい中で頂くより、こうやってスペースを広く取ってくれた方が食べ易いし有難いですよねぇ。
卓上にメニューが置いてあるけれども、メニュー表の数少な過ぎだ・・・
卓上にメニューを置くなら、せめて2席に1枚くらいの割合で置いてなければ意味がないかと・・・
まぁ、カウンターの向こうに
つけ1
つけ2
大きなメニュー表はきちんと用意されている。
まぁ、反射などで見え辛い部分もあるので、卓上にもう少し置いてくれるとありがたいかな、と。

さて、つけ麺専門店なのかと勝手に思い込んでいたのだけれども、味噌ラーメンやたんめんなども用意されているようだ。
と言うか、しょうゆラーメンがメニューに無くて味噌ラーメンやたんめんを置くと言うのも少し珍しいかも。
「つけ麺の醤油がお薦め」と店員さん(ご主人かな?)が仰るので、「つけ麺 醤油基本 650円」をお願いした。
今日は開店サービスとの事で200円引きの450円で見にライス付きとの事。
通常価格で考えてもつけ麺650円は、この辺の相場からすると100円くらいお安いですよねぇ。

待つ事しばしで到着
つけ3
「熱々の状態ですのでお気をつけて」とのご注意・・・
何事かと思ったら、つけ汁は熱々の石焼ボウルで出してくれるのですね。
これは珍しい・・・
「ごはんは最後につけ汁に入れておじやにして食べて下しさい」との事。

麺は
つけ4
こんな感じ
中太の縮れ麺の上には海苔が敷かれ、その上に大量のもやしが・・・
これ並盛ですが、もやしのボリュームもあってかなりの量になっています。
つけ汁は
つけ6
つけ7
つけ8
こんな感じ
焼かれた石焼ボールに入ってくるので、かなり熱々の状態です。
見た目からしてどろりとした感じのつけ汁で、よくある節系の強い香りは無い。
具は細切りチャーシューに青菜、ねぎ
さっそく
つけ9
頂いてみる・・・
かなり濃厚で、ややざらつきを感じる。
醤油の風味も角が取れて、良い感じ。
つけ麺にありがちな節系たっぷり入れましたなわざとらしい和風な感じもなく、過剰な甘みや酸味もない。
こちらの個の濃厚なつけ汁なら、味噌味でもかなり美味しく頂けそうな感じなのだけれども、残念ながら味噌つけ麺はメニューにはないようだ・・・

麺は適度な太さに茹で加減も少し固めの好みに合っているもので、縮れとつけ汁自体のの粘度もあってつけ汁の絡みが良いですねぇ。
そう言えば、スープ割が出来るのかどうか、確認する前にうっかりご飯をつけ汁に投入してしまい、結局スープ割が可能なのかどうかも次回要確認ですね・・・
お味そのものはものすごく美味しいと言う程ではないにしろ、石焼で出すと言うスタイル、それでつけ汁に加わる香ばしい風味などもあって周辺のつけ麺のお店とは一線を画する事に成功している。
かなり手間と時間のかかってしまうスタイルですが、出来ればこのスタイルを崩さずにお味の方にもう少し進化してくれたら嬉しいですねぇ。

つけ麺は3種類、この「つけ麺 醤油基本」のほかに「魚介醤油」「ミックス」が用意されている。
魚介醤油と言うのは、多分節系の香りを利かせてものになるのかと・・・
ミックスというのは、醤油基本と魚介醤油の中間くらいとのご説明だった。
麺の固さ、汁の濃度などはリクエストに応えてくれるようです。
今度は味噌ラーメンを頂いてみたいですねぇ。

中々美味しいつけ麺で有りました。

店名 si激ya(だそうです)
住所 横浜市南区永楽町2-26-2
電話 045-261-8203
営業 今日は12時開店でしたが・・・詳しくはお店にご確認ください
定休 しばらく無休で営業されるそうです
お店地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

味噌ラーメン@長者町 福くん

さて、今日は一見のお店へ・・・
何時の間にか出来ていたラーメン店「北海道ラーメン・餃子 福くん」さん
オデヲン前の通りを日ノ出町方面に向かう途中に在る中華料理店「翠葉DONDON」さんを少し過ぎたところに置き看板が有り「ラーメン+ライス 500円」なんて書いてある・・・
何時の間にかラーメン店が出来ていたんですねぇ・・・と言う事で今日はこちらで頂く事に。

お店に行くと「北海道ラーメン・餃子 福くん」と言う屋号のお店で、店頭に張られたメニューを見てみるとえらく安い・・・
さっそくお店に入ると、ラーメン屋さんと言うよりは、ちょっと本格的な料理を出す中華料理店的な店作りになっている。
店内は意外と広く小奇麗で一席一席割に広くスペースが取られていて、中華系と思しき方が丁寧に出迎えてくれた。
取り敢えず適当な席に着きお品書を眺めてみる・・・
ふく1
ふく2
それにしても安い・・・
味噌ラーメン・激辛赤味噌ラーメン・白湯らーめん・醤油ラーメン・つけ麺といずれも500円均一で期間限定サービスなのか、このお値段でライスも付けてくださるらしい・・・
セットの方はと言えば麺類に餃子とライスが付いて750円均一となっている。

さて、どれに致しましょう・・・
と言っても、ぼくの中では北海道ラーメンと言うと、どうしても札幌ラーメンのイメージが強く、それ故に味噌ラーメンが真っ先に頭に浮かぶのですよねぇ・・・
その上、こちらのお店自身も味噌ラーメン推しなのかメニューの先頭には「激辛赤味噌ラーメン」となっている。
辛さの段階はリクエストに応えて下さるようなのだけれども、激辛と言うのはちょいときつい・・・
と言う事で「味噌ラーメン 500円」を我ながら珍しい事に無料だと言うのにライス無しでお願いした。

待つ事しばしで到着
ふく4
ふく5
ふく6
ふく7
おぉ・・・想像していた者よりもずっと豪華な見た目。
パッと見、どんぶりのデザインのせいか家系っぽいですかねぇ。
具はチャーシュー、もやし、キャベツ、ネギ、海苔
驚いた事に、このお値段でもチャーシューは2枚入っている。
麺はやや太め平打ちの縮れ麺。

さっそく頂いてみると、味噌たれは既製品ぽい感じはするものの、スープは適度な重量感が有って悪くない。
やや塩味がきついかと思ったけれども、キャベツの甘みが有るので、そう塩辛過ぎると言う感じは無く美味しく頂ける。
麺の茹で具合はやや固めで好みに合っているけれども、かん水の香り(かな?)を強く感じる。
味噌ラーメン専門店が本格的に味噌ラーメン作りましたと言うような専門的な追及感は無いものの、これは適度な重量感はありながらも脂くどさはなく、特徴は無く凡庸と言えばそうだけれども、だからこその大きくは外れない美味しさが有る。。
お味的にもボリューム的にも十分で、更に500円と言うのはかなりのハイコストパフォーマンスと言えましょう。

んー・・・こちらは他のラーメンや餃子も試してみたいですねぇ。
中々良きお店かと思いますので、ご興味が有りましたら是非。
美味しい味噌ラーメンでありました。

店名 北海道ラーメン・餃子 福くん
住所 横浜市中区長者町9-173-2 浜勝ビル1F 
電話 045-252-3596
営業 11:00~翌04:00
お店地図(酔葉DONDONさんの角を福富町側に進めば在ります)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

たこ焼き@伊勢佐木 銀だこ

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在るたこ焼きの全国チェーン「築地 銀だこ」さんへ・・・
先日、なんとなくたこ焼きが頂きたくなり、こちらに向かったのだけれども、その手前に在る「肉屋の正直な食堂」さんで「ワンコイン グリーンカレー」なんて文言も見かけてしまったもので、結局たこ焼きは食べそこなっていたのですよね・・・
とは言え、たこ焼きって普段は別に気にもならない存在なのに、いったん食べたいとなると中々その気持ちは収まらない・・・
と言う事で、今日こそはとお店へ・・・

お店に行ってみると、相変わらず店頭には何人かの待ち客が・・・
近くには「めりけんはとば」さんも結構お客さんが並んで待っているお姿を見かけるのだけれども、やはりイートインスペースが併設されている銀だこさんは強いですねぇ・・・
「めりけんはとば」さんも蒔田でお店を出していらっしゃった時煮は狭いながらも店舗内で食べる事が可能だったのだけれども、今は店頭に2席ばかりテーブルが置かれているだけだし、あの席で頂くのはどうもねぇ・・・

と思ったのだけれども、お待ちになっていらしたお客s何の半分くらいはたこ焼き目当てではなくたい焼きが目当てだったようだ・・・
と言うか、たい焼きなんて売るようになったのね・・・
しばらく待って順番がきたのので「たこ焼き 500円」を注文。
他にもチーズめんたいだとかいろいろな味のバージョンが有るのだけれども、やはりたこ焼きはスタンダードな味に限りますからねぇ・・・

待つ事しばしでたこ焼きの乗ったトレイを手渡され、そのままいーといんスペースへ・・・
タコ1
タコ2
タコ3
マヨネーズは掛けずに、ビニールパックのものを付けてくれるのでしたね
と言う事で
たこ4
たこ5
マヨネーズはたっぷりかけて頂く・・・
んー・・・相変わらず外はカリカリ中は熱々ふわふわで美味しいですねぇ。
まぁ、自分の中に在るたこ焼きとは、やはり趣を異にするものではあるのだけれども、これはこれで美味しいですよね。

たこ焼きと言えば、横浜橋のたこ焼き屋「じゃんぼ総本店」さんがいつの間にか閉店されてしまっていた・・・
安くて割合美味しくて好きだったので残念ですねぇ・・・
まぁ、横浜橋で粉ものと言えばお好み焼の屋台が在りますけどね・・・
そう言えば伊勢佐木モールには昔たこ焼きのフランチャイズチェーン「京たこ」さんも出店されてましたっけね・・・
もう1店くらいたこ焼き屋さんが欲しいところではありますねぇ・・・

美味しいたこ焼きでありました。

店名 築地 銀だこ 伊勢佐木町店
住所 中区伊勢佐木町3-97
電話 045-262-5365
築地 銀だこ 伊勢佐木店情報
築地銀だこ サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。