塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンカレー@伊勢佐木 肉屋の正直な食堂

さて、なんとなくたこ焼きが頂きたくなり、伊勢佐木モール沿いに在るたこ焼き屋「築地 銀たこ」さんへ向かったのだけれども、その手前に在る定食系ファストフード「肉屋の正直な食堂」さんの店頭のメニューを通り掛りに眺めてみたら「今週のワンコイン グリーンカレー」の文言・・・
これまた意外なメニューを・・・
どう言うグリーンカレーが頂けるのか、面白そうだったのでこちらで頂く事に。

入って左側に在る券売機で「ワンコイン 500円」の食券を購入し空いている席へ・・・
こちらのお店は各席一つ電磁調理器が備え付けになっており、鍋に入れられた下拵えの済んでいる食材の最終調理を自分でするシステムになっている。
最終調理と言っても、電磁調理器で加熱して頃愛になったら加熱を止めるだけで、自分でする事など精々かき混ぜる程度の話なのだけれども・・・

と言う事で
わん1
ご飯に味噌汁、サラダの定食セットに加熱前の材料の入った鍋が電磁調理器上へ・・・
鍋の中身は
わん2
こんな感じ
肉の上に乗っているのがグリーンカレーペーストですね。
それを加熱し
わん3
頃合いで加熱を止めて
わん4
完成
見た目はグリーンカレーと言うよりはレッドカレー。
いかにもタイカレーと言った香りが食欲をそそりますねぇ。
具は鶏肉、青菜、玉ねぎ、白菜
タイカレーに白菜が入る辺りが、こう言うお店のフリーダムな発想ですねぇ。

さっそく頂いてみると、風味はまんまタイカレー。
ただ、辛味にやや丸みが足りないのはココナッツミルクがないせいでしょうね。
その代わりと言うか、白菜が入っているお陰でココナッツミルクとは違った甘みと丸みが加わっている。
タイカレー風味の鍋料理と言った感じでしょうか。
これはこれでかなり美味しいですハイ

いやぁ・・・これはご飯が進みますよねぇ。
ご飯のお替り自由と言う有難いお店なので、しっかり最後まで美味しく頂かせてもらった。
こちらは電磁調理器で最終調理を自分で行うお店の為、鍋にご飯を入れてかき回しながら加熱すれば石焼ビビンバ風味のものが自作できそうだなぁ・・・と毎度思うのだけれども、さすがにまだやった事はありませんねぇ・・・・
まぁ、さすがにそこまでやるお客さんもいないでしょうし。

変わった美味しいグリーンカレーで有りました。

店名 肉屋の正直な食堂 伊勢佐木店
住所 神奈川県横浜市伊勢佐木町3-107
電話 045-261-8080
営業 AM11:00~AM1:00(ラストオーダー)
定休 年中無休
伊勢佐木店情報
肉屋の正直な食堂 サイト(注 音が出ます)
スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

あられそば@日ノ出町 司

さて、今日は久しぶりに日ノ出町駅裏の丘の上の住宅街の中に在るお蕎麦屋「坂の上のそば屋 司」さんへ・・・
こちらへは今年の2月16日に立ち寄らせて貰って以来と結構間が開いてしまいましたねぇ・・・
今日は何となくお蕎麦が頂きたくなり、それなら久しぶりにこちらでと思い立って寄らせて頂いた次第。

立派な暖簾をくぐりお店に入ると、接客の女性が丁寧に出迎えてくれる。
こちらはお家を改装してお店にしてあるので玄関には段差が有るのだけれども、お蕎麦屋さんと言う事もあり恐らくお歳を召したお客さんも割にいらっしゃる為か段差のあるところの壁には手すりが取りつけてあった。
こう言う細かい気づかいは大切ですよねぇ。

さて、今日はテーブル席ではなく、案内してくれた掘りごたつ席へ・・・
お昼前と言う事もあり先客はゼロ、後からお一人見えられた。
取り敢えずお品書を眺めてみる・・・
基本のお品書は
品書
こんな感じなのだけれども、その内「本日のおすすめ」と謳われている「かき南蛮 1000円」は冬季限定だった為、すでに今年は終了している。
では、今時期のおすすめメニューはと言えば
司1
司7
こんな感じ。
やはり暖かくなってきた事でせいろなどの冷し系が一推しとなっているようだ。
中でも季節限定となっている桜海老を蕎麦に練り込んだ「さくらそば 1000円」、小柱や三つ葉の入った「あられそば 1200円」が特にお薦めだそうだ。
今日はやや涼しい事もあり季節のお薦めの中で唯一温そばであるらしい「あられそば 1200円」が魅力的ですねぇ。
と言う事で「あられそば 1200円」をお願いした。

出してくれたそば茶を頂きながらのんびりと待つ・・・
こちらはお蕎麦屋さんと言う事もあり
司5
焼酎や日本酒、ビールなどの用意もあり、勿論
司2
一品料理も用意されている。
お酒や一品料理に関しては、どなたかコメントで情報を入れてくださっていたのだけれども、中々こちらに伺う事が出来なかったのでようやっと確認出来た次第。
「宮崎産 地鶏の一夜干 500円」とか「かつおの土佐酢づけ 800円」とか魅力的ですよねぇ・・・
面白い事に
司3
蕎麦の実の販売もしていらっしゃるそうで、ご飯と一緒に炊き上げた蕎麦の実ご飯の試食もさせてもらえるそうな。

待つ事しばしで到着
司8
司9
司10
うぉ・・・これは非常に美味しそう・・・・
具は青柳の小柱、しいたけ、海苔、三つ葉、かまぼこ
三つ葉の爽やかな香りが漂って良い感じ。
お蕎麦は香り豊かでしっかりした腰があり、やや甘めでさっぱりとしたお出汁に良く合いますねぇ。

小柱が結構お出汁に沈んでいる為、見た目よりもかなりたくさん入っている。
これがまた口に入れると磯の香りが広がり、クニッコリッとした食感と甘みが有りかなり美味い。
ご主人が奥から出てこられて少しお話をさせて貰った際に「私もこのあられそばが一番好きなんですよ」と仰っていた。
上品な甘みと爽やかな香りが豊かで、確かにこれは幅広い層から受け入れられますでしょうねぇ。
さっぱりしているので、もっと暑い時期になっても美味しく頂けそうだけれども、こちらのお蕎麦は「青柳の入荷状況次第ですが、たぶん6月中頃まで」との事だった。
ご興味のある方はお早めにどうぞ。

お蕎麦を頂き終わりお会計を済ませようとしたところ「もしお時間が有りましたら、そばの実ご飯のご試食は如何ですか?」と仰って下さったので、有難くそれも頂く事に。
司11
ぬぁ・・・肝心なものに限って手ブレがひど過ぎる。。。
ご飯の上に少し塩が振られている。
蕎麦のみはご飯より少し固めで食感のコントラストが面白い。
ただ、少し風味が独特なので、雑穀米を食べ慣れていない人は少し気になるかもしれない。
胡麻塩が振って有れば香りも落ち着くと思うけれど。
こちらの美味しいお出汁を餡仕立てにしたものを、この蕎麦の実ご飯に薄くかけて三つ葉なんか散らせてあれば、かなり良い感じになりそうな気がする。
まぁ、お蕎麦の香りを楽しみたい方にはこのままの方が良いのでしょうけれども。

さて、卓上に
司6
こんなお品書きが・・・
「手作り そばの実のカップケーキ(そば粉入り) 350円」
美味しそうだったので、お蕎麦と共に持ち帰りでお願いしたら「売り切れてしまって、今作っているところですので、間に合うかどうか確認してみます」とのご返答。
電話でご確認されたようで「ちょうど出来上がりを持ってくるところだそうです」との事で、どうやらご近所の方なのかご親族なのか、出来上がりのカップケーキを持ってきてくれた。
と言う事で、帰りに持ち帰りで一つ購入
かっぷ1

さっそく一つ試食
かっぷ2
かっぷ3
切って見ると
かっぷ4
こんな感じ
頂いてみると、思いのほか癖は無く、上ち散らされた身のサクサクとした食感と香ばしさが有り、ケーキも上品な甘みで結構美味しい。
癖がないので、小さな子どもさんでも美味しく頂けるものかと。
個人的には、もう少し蕎麦の風味を前面に出してくれて有った方が良いかな。
普通に美味しいですハイ

こちらの変な気取りの無い素直に美味しいお蕎麦は好きですねぇ。
次回は鴨せいろ辺りを頂いてみましょうか。
今日も美味しいお蕎麦とカップケーキで有りました。

店名 坂の上のそば屋 司
住所 横浜市西区東ヶ丘23-27
電話 045-251-0738
営業 昼営業あり 夜は20:30~21:00位まで
日曜・祝日も営業(定休日は水曜または木曜になさるとの事。しばらくはお休みなしとの事なので電話でご確認を)
参考サイト
お店地図

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

超・大盛ナポリタン@ファミリーマート

さて、帰りがけに「ファミリーマート」さんに立ち寄り、お弁当コーナーを見てみると
なぽ1
こんなものが・・・
「超・大盛ナポリタン 398円」
しかも「オニ盛フェア」「麺30%増量」
なんて魅惑の文言が・・・
購入決定

と言う事で、さっそく
なぽ2
なぽ3
大量のパスタの上にはミニハンバーグと輪切りの茹で玉子
如何にもなケチャッピーな感じが美味しそうですねぇ
と言うか、味もまんまケチャップスパ。
良く炒められて甘みの出たケチャップの風味が良い感じ。
個人的には上のトマトソースもいらないかな・・・
まぁ、これが400円なら安いですよねぇ。

美味しいナポリタンでありました。

ファミリーマート サイト

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

肉団子ライス@横浜橋 酔来軒

さて、今日は久しぶりに横浜橋に有る中華料理店「酔来軒」さんへ・・・
こちらへは今年2月28日以来と言う事になりますねぇ。
どうやらTVで紹介されたそうで、これはしばらく混むかなぁ・・・と寄らせて頂く機会を逸していたのですよねぇ。
今日は時間も中途半端だし天気もあまり良くないしで空いているかな?と思い寄らせてもらった次第。

お店に入ると先客はお一人。
とりあえず空いている席に座ってお品書を眺めてみる・・・
酔
酔1
お品書きはこんな感じ
これ以外に壁に単品メニューの品書短冊が色々張られている。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
魅力的なメニュー目白押しの中、目を惹いたのは「肉団子ライス」
こちらの肉団子はほんまさんの「恰幅の良い彼Blog」さんARAPROさんの「空腹時に見てはいけないブログ」さんなど始め各所で好評を博しているご様子。
と言う事で、今日は「酔来丼」 「チャーシューライス」 「ねぎライス」に続く、酔来軒飯ものシリーズ第4段「肉団子ライス 800円」をお願いした。

「肉団子ライス」を注文した際、お店の方から「今日の肉団子ライスの肉団子はトマトの入ったものになりますが良いですか?」との確認があった。
あら・・・単品だけではなくライスものの方の肉団子もトマト入りなんですねぇ。
ミニトマトの入った肉団子と言うのは頂いた事がな医師面白そうだったのでそのままお願いしたら「今日は黄色いミニトマトです。美味しいですよ」との事。
これは楽しみな事ですねぇ。

と言う事で、待つ事しばしで到着
酔2
肉団子ライス、中華スープ、もやしのナムルのセット。
メインの肉団子ライスは
酔3
酔4
こんな感じで
酔6
かなり大きめの肉団子が6つほどどーんと入っている。
お店の方から「一気に食べると口の中やけどしてしまいますので気を付けて下さいね」とのアドバイスが有った。
気を付けつつ一口・・・
うぉ・・・噛んだ瞬間熱々のジュースが口の中に・・・・
トマトの爽やかな酸味のある果汁と肉の旨み汁ジュース。
これは確かに一気にほおばっていたら天国と地獄を同時に味わった事で有りましょう。
肉団子の中には
酔7
ミニトマト
これがまた意外なほどに良く合うのですねぇ。
さっぱりした酸味のあるたれに加えてトマトの爽やかな酸味と甘み、肉の旨みと香ばしさ。
いや、これは美味しい。
こちらは叉焼の美味しいお店と言う認識が有ったので、叉焼の入ったものばかり頂いていたけれども、肉団子も負けず劣らずに美味しいですねぇ。

それにしてもこちらのお店で一番驚くのは接客の丁寧さなのですよねぇ。
中華街辺りのつっけんどんな(昔よりましにはなってるけど)接客やマニュアル然とした接客とは月とすっぽん。
と言うか、ここまで丁寧な対応をするお店と言うのは中々ありませんよねぇ・・・
まぁ、だからこそ人気が有るお店なのでしょう。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト

さて、少し回り道をして帰ったのだけれども、商店街から少し道を入ったところに在ったうどん屋さん「うどん工房 すぴか 横浜橋店」さんの店舗に新しく総菜屋さんが入っていた。
「総菜 やかん屋」さんと言う屋号の様で、まだ時間が早いにもかかわらず雨のせいかすでにお弁当半額値引きいセールを始めていらっしゃった。
「お弁当半額ですー。200円以下ですよー」と呼び込みをされていた店員さんがおっしゃっていたので、随分とお安い価格でお弁当を出されているご様子。
興味はあったものの、何せいましがた食べたばかりだし、どうせ頂くなら寄り美味しく頂ける空腹時に頂きたい。
と言う事で、今日は未練が有りつrつ諦めた。
まぁ、近いうちに購入させて頂きましょう。

店名 総菜 やかん屋
お店地図

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

塩ラーメン@南太田 大番菜館

さて、今日は一見のお店へ・・・
南太田駅そば、バス通り沿いに在る中華料理店「大番祭館」さん。
以前から通り掛かりに入ってみようかな?と思いつつも、なんとなく寄らせて貰う機会を逸し続けていたお店なのですよねぇ・・・
存在を思い出してので寄らせて貰う事に・・・

お店に入るとカウンター5~6席に4人掛けテーブルが3つ4つの店内に先客が数名。
外観から想像した感じとは異なり割に人気のあるお店の様で、後からも続々とお客さんが見えられた。
カウンターの席に座り、とりあえずお品書を眺めてみる・・・
番1
番2
安い・・・
今時ラーメン400円と言うのも安いけれど、醤油ラーメンだけではなく塩ラーメンや味噌ラーメンまで400円台で用意されているお店ってあまりないかも・・・
最近塩ラーメンって頂いていないと言うか、タンメンなどの白湯系のラーメンはあっても塩ラーメン自体はあまり置いて有るお店が無い気がする。
と言う事で「塩ラーメン 400円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
番3
番4
如何にもな琥珀色のスープが綺麗ですねぇ。
具はチャーシュー、メンマ、青菜、ねぎとシンプルで
番6
小ぶりながら一応入っているチャーシューが意外と歯応えが適度だし旨みもあって美味しい。
麺は
番5
やや縮れた細めのもの。

まぁ、ラーメン屋さんでは無く中華屋さんなので、これと言った捻りはないスタンダードなものだけれども、しっかり利かされたニンニクの風味が良い感じ。
美味しいと言うか昔懐かしい系。
すっきりさっぱりとしているので、飲み〆や少し食欲が落ちている時に良さそう。
次回は味噌つけ麺辺りを頂いてみましょうか。
中々美味しい塩ラーメンで有りました。

店名 大番祭館
住所 横浜市南太田1-7-4
電話 045-731-5406
営業 11:00~21:30
お店地図


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かにとうにの海鮮ちらし@関内 フーデックスプレス

さて、今日は昼前から雨になってしまった・・・
帰りまでには止んでくれるかな・・・と言うささやかな願いはあっけなくキャンセルされ、当然の様に雨は降り続け思いのほか風も強い・・・・
こんな天候の中、お店を探して彷徨うのもめんどいので、今日はお弁当でも・・・
と言う事で、羽衣町に有る「フーデックスプレス 関内店」さんへ・・・

なんぞ美味しそうなお弁当は有りますかねぇ・・・とお総菜コーナーへ行ってみると、店員さんが値下げシールを貼っていらっしゃる・・・
ちょっと距離を置きつつ、素知らぬ顔をしながらその作業が終了するのを待つ・・・って大概にせこいな自分・・・・
いやまぁ同じものなら安いに越した事はありませんよね?

そんなこんなで購入したのは
海鮮1
海鮮2
「海鮮ちらし(かに・うに) 398円」
なんと半額シールが貼ってあり199円で購入出来てしまった。
なんとラッキー・・・と素直に喜ぶ自分は我ながらみみっちい・・・
うにって子供の頃苦手だったのだけれども、大人になって一度食べる機会が有り食べてみたら意外にも美味しく感じて好物の一つになってしまった。
まぁ、初めて食べたうにがアルコールの香りのきつい瓶詰ウニだったのが苦手になった原因だったのでしょうねぇ・・・

店名 フーデックスプレス 関内店
住所 横浜市中区羽衣町2-5-6
電話 045-243-1441
営業 24時間営業
定休 年中無休
フーデックスプレス関内店 情報
マルエツ サイト

さて、先日「シチズン」さんが30年振りに機械式時計のムーブメントの開発に乗り出したというニュースが有り、どういうものが出来るのか楽しみにしていたところ、その新開発のムーブメントは「ザ・シチズン 80周年記念モデル」に搭載されると言う事だった。
まぁ、シチズン社のフラッグシップモデルであるザ・シチズンに搭載されると言うのは順当なところでありましょう。

「ザシチズン 80周年記念モデル」 型番CTY57-1281
販売日 2010年5月28日
仕様
 18KYGケース+わに革ベルト
 文字板 薄金
 ガラス デュアル球面サファイアガラス(両面無反射コーティング)
 ケース径/厚み 37mm/11.3mm(設計値)
 時間精度 平均日差-5~+10秒
 持続時間 約42時間(最大巻き上げ時)
 主な機能 Cal:0910 自動巻き+手巻き
 防水機能 10気圧防水
 メーカー保証 10年間無償
 販売価格 840000円
と、こんな感じらしい。

この中で特筆すべき点は、なんと言ってもメーカー保証が10年間無償と言う点でしょう。
フラグシップモデルたるザ・シチズンはすべて10年間の無償保証が付き、その上生涯修理対応と言う他メーカーでは有り得ないアフターケアサービスが付いているのだけれども、今回発売の80周年記念モデルも機械式ムーブメント仕様でありながらその例に漏れないようだ。
相変わらず素晴らしい・・・

写真で見る限りでは、すごく質感良さそうだ・・・
が、お値段840000万円は、ぼくの器量では無理ですねぇ・・・
実物を見てみたいけれども、このモデルに関しては一部の限られたショップでのみ販売と言う事らしく、横浜市内では「高島屋 横浜店」さんの7階時計サロンと「東急百貨店 たまプラーザ店」さんの4回時計売り場の2ショップのみの販売になるようだ。
気軽に時計を見せて貰いに行けるショップじゃないし・・・
と言うか、よしんばショップに足を踏み入れてみても、買えもしない高額時計を「見たいから見せて下さい」なんてお願いできないし・・・

と言う事で「ザ・シチズン 80周年記念モデル」を時価で目にする機会はなさそうだけれども、このモデルが搭載している新開発の自動巻きムーブメントCal.0910を搭載した一般モデルの「ザ・シチズン オートマチックモデル」も販売されるようだ。
こちらはお値段294000円と、ザ・シチズンシリーズの価格としては平均的であるし、当然10年間の無償保証もついてくる。
こちらのモデルについては販売ショップの限定も無いようなので、直に拝見出来る機会も得る事が可能なようだ。
月末辺りにちょっと拝見しに行ってみましょう。

テーマ:お弁当 - ジャンル:グルメ

かけそばセット@長者町 ゆで太郎

さて、今日はそば・丼物のファストフードチェーン「ゆで太郎 長者町店」さんへ・・・
今日は何となく牛丼が食べたくなり、かと言って牛丼チェーン店さんもなぁ・・・と言うところで思い出したのが中村町の川沿いに有る大衆定食屋「埼玉屋食堂」さん
こちらで以前頂いた牛丼は中々美味しかったような記憶が有るので、今日はこちらでと思って向かったのだけれども、行ってみたら今日はお休みだったらしくシャッターが閉まっている・・・

それならと言う事で横浜橋の人気中華料理店「酔来軒」さんに伺おうと思ったところでこちらが火曜日定休だった事を思い出した・・・
それじゃあどうしますかねぇ・・・取り敢えず関内方面に向かって歩いたのだけれども、何せ今日は暑い。
途中で嫌になったところで目に入ったのがこちら「ゆで太郎」さん。
こちらは以前一度伺った事が有るのだけれども、お値段の割にそこそこ悪くないお蕎麦だった記憶が有るので、今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入ると、中途半端な時間の割に結構お客さんが入っている。
こちらは食券制なので、入って左側に張る券売機で食券を先に購入。
以前はかけそばに博多鶏飯がセットになったものを頂いたので、今日はかけそばに高菜ご飯がセットになった「高菜ご飯セット 450円」を購入し、カウンターで店員さんに食券を渡して、かけそばかざるそばが選択出来ると言うのでやはり今日も「かけそば」でお願いした。
丁度茹で置きのそばが切れたところだったらしく「お蕎麦を茹でますので少々お時間を射たd買います」との事だったので、席に着いてしばらく待つ事に・・・

待つ事しばしで出来上がりのコールが有り、蕎麦を受け取り席へ・・・
太郎1
かけそばに高菜ご飯のセット
高菜ご飯は
太郎2
まぁ、白ご飯の上に高菜漬けが乗せられたものなのだけれども、普通に美味しいですねハイ
お蕎麦は
太郎3
太郎4
こんな感じ
お出汁はやや弱いけれども、お蕎麦そのものは意外と悪くない。
腰もしっかりありつるっとした舌触りとしこっとした歯触りは結構良い感じ。
まぁ、手打ちそばのお店と比べちゃ不利ですが、お値段考えたら十分ですよねぇ。

こちらは前回頂いた
ゆで1
「博多鶏飯セット 450円」
博多鶏飯と言うのは
ゆで2
まぁ、鶏の炊き込みご飯の事ですねハイ
これも結構美味しかったですねぇ。

この手のお店はゆったりと食事を楽しむような雰囲気ではないけれども、お安くそこそこのお蕎麦が頂きたい時には重宝であります。
中々美味しいおそばで有りました。

店名 ゆで太郎 長者町店
住所 県横浜市中区長者町1-3-10
営業 24時間営業
定休 年中無休
ゆで太郎 長者町店地図
ゆで太郎 サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

担々麺@曙町 欽ちゃん餃子楼

さて、今日は久しぶりに曙町に在る餃子と上海料理のお店「欽ちゃん餃子楼」さんへ・・・
通り掛かりに店頭に乱y地メニューなどのボードが出ていて、その中に「白身魚のスライストマトソース掛け」なんてメニューが目を惹き、そう言えば最近寄らせて貰う機会がなかったなぁ・・・と言う事で、今日はこちらでランチを頂く事に・・・
お店に入ると先客はゼロ、後から一組見えられた。

とりあえず空いている席に着き、メニューを眺めてみる・・・
今日のランチメニューは
らんち
こんな感じ
んー・・・やはり目を惹くのは「白身魚のスライストマトソース掛け 650円」ですかねぇ。
と思ったのだけれども、一番下に「スペシャルメニュー 11:30~14:00 500円 麺類全品から選択」なんて魅力的な文言が・・・
で、その麺類のメニューはと言えば
めん
こんな感じ
さすがにレギュラーメニューの中でも1000円オーバーのフカヒレそばはメニューから外されているものの、その他はすべて選択肢に含まれているようだ。
この中で「上海両面焼きそば」は、こちらが開店間もない昨年10月11日に寄らせてもらった時に頂いている。
昨年11月22日にはランチで寄らせて貰い「餃子定食 500円」を頂いているのだけれども、まだ汁そばは頂いた事が無かったのですよねぇ・・・

と言う事で、今日は汁そばの中から選ばせて貰う事に・・・
目を惹いたのは「辣醤湯麺」「坦々麺」「マーボー麺」「酸辣湯麺」
と、辛いものがあまり得意でない割に、今日は何となく辛そうなメニューばかりが目を惹いた。
んー・・・どれも魅力的だけれども、ここはメジャーな「坦々麺」で行ってみましょうか・・・
と言う事で「坦々麺 500円」をお願いした。

待っている間に別のメニューを眺めると
夜にも定食が用意されているそうで
夜
こんな感じ
また、曜日毎にサービス商品が有るそうで
曜日
こんな感じ
ちなみに、レギュラーメニューの方は
「品書き 1」 「品書き 2」 「品書き 3」 「品書き 4」
とこんな感じだけれども、その内点心類は現在すべて100円値上がり480円となっている。
これ以外にもコースメニューや壁貼りメニューもあり、また一日限定10食(だったかな?)で「ふかひれ餃子 777円」なんてメニューも用意されていた。

そうこうしている内に担々麺到着
餃子1
あら…ちゃんとライスも付けてくれるのですねぇ。
これは嬉しい。
担々麺は
餃子2
餃子3
餃子4
こんな感じ
パッと見は挽肉と玉子のみとシンプルなものと思いきや、スープに沈んで見えないものの青菜ともやしも入っていて結構ボリュームが有る。
麺はちょうど良い茹であがりのストレート麺。
スープもちゃんと熱々の状態で出してくれている。

一口頂いてみると「華隆餐館」さんの「坦々刀削麺」程では無いものの、結構本場っぽいスパイスの風味を感じられる。
唐辛子が3,4本入ってはいたけれども、噎せ返るような尖った辛さはなく、胡麻の風味や甘みもあってじわじわとした適度な辛さを感じつつ最後まで美味しく頂ける。
上に乗った挽肉の味付けもかなり美味しい。
これでライスも付いて500円は随分とお値打ちかと。

次回は夜定食に有る「上海豚角煮丼のセット 880円」を頂いて見たいですねぇ。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 欽ちゃん餃子楼
住所 横浜市中区曙町3-42-5
電話 045-253-8018
営業 11:30~14:00 17:00~03:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

若鶏の唐揚げ甘酢ソース掛け@伊勢佐木 皇膳門

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モールから少し若葉町側に入った道沿いに在るフレンチレストラン「エルミタージュ」さんのお隣に先月4月17日にオープンしたばかりの中華料理店「皇膳門(おうぜんもん)」さん。
先日通り掛かりに新しく開店されているのを見かけ、店頭の置き看板を見るとランチの定食なども出されているそうなので寄らせてもらった次第。

お店に入ると、割と広い店内に先客が一組、後からもお客さんがお見えになった。
案内してくれた席に着くとお冷とランチメニューのお品書を出してくれたのだけれども、お冷は柑橘系の香りが付けられている。
こう言う細かい気配りは嬉しいですよねぇ。
で、ランチメニューはと言えば
品書1
こんな感じ
定食が5種類あり、580円気につとお安い価格設定。
その他、麺類+飯もののセットが780円で数種類用意されている。

さて、どれを頂きましょうか・・・
麺類+飯もののセットを考えたのだけれども、麺類は外れを引くと哀しいものが有るのですよねぇ・・・
となると、今日は定食の中から・・・
んー・・・鶏が良いかな・・・・
と言う事で「若鶏の唐揚げ甘酢かけ 580円」をお願いした。

待っている間にレギュラーメニューの方を眺めると、こちらは基本広東料理と四川料理のお店だそうで、一品料理の種類も多く、価格もこの手のお店としては平均的でしょうか。
四川料理を扱っていらっしゃるだけに火鍋なんかも用意されているようだ。
一品料理のメニューは多かったので、取り敢えず飯ものを中心に・・・
通常時間帯にも定食が用意されているようで
品書5
こんな感じ
麺類・飯もの・点心類などは
品書2
品書4
品書3
こんな感じ
「四川風担々麺 780円」の写真を見るにえらく本格的っぽく辛そうだ・・・
辛いものは得手では無いけれども、なんとなくそそられますねぇ・・・
黒炒飯やおこげなどもあるのですねぇ。
中々美味しそうなラインナップ。

さて、そうこうしている内に
鶏1
到着
ご飯・スープ・メイン・漬物
スープはとろみの付いたトマトと溶き卵の中華スープ
メインは
鶏2
鶏3
こんな感じ
鶏の唐揚げの甘酢かけと言う事だったのだけれども、それは「油淋鶏」の事だった。
さっそく頂いてみると、皮の部分がサクサクっとした抜群の揚げ上がりですねぇ。
甘酢ソースの方も変に濃過ぎず酸っぱ過ぎず甘過ぎず絶妙。
これはかなり美味しい。
食事を食べ終わる頃に、タイミング良く
鶏4
デザートを出してくれた。
杏仁豆腐と言うか牛乳寒天ですね。
蜜ではなくミルクソースになっているのは嬉しい。

このセットで580円は中々良いかと。
まぁ、周囲のお店でもかなりお安くランチは提供されているので、目立たない立地に在る分不利と言えば不利でしょうけれども、お味の方は結構良い感じです。
今度は麺類の方も頂いてみたいですねぇ。
お得で美味しいランチで有りました。

店名 広東料理・四川料理 皇膳門(おうぜんもん)
住所 横浜市中区若葉町2-31 ビクトリヤビル1階
電話 045-326-6138
営業 11:30~翌02:00
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

天茶セット@横浜PORTA 天茶房

さて、これは結構前のネタ・・・
横浜駅東口ショッピングモール「横浜PORTA」さんの飲食店街に在る天茶専門店「ハゲ天 天茶房」さん。
たぶん昨年のまだ暑い頃に伺ったんじゃなかったかな・・・
記事UPするのをすっかり忘れていたので今更に・・・

天ぷら専門店として割に有名な「ハゲ天」さんが横浜PORTA餐飲食店街に天茶専門店を出店され、天茶ってまだ頂いた事がなかったので興味はあったのだけれども、中々伺う機会を逸し続けていたのですよねぇ・・・
この時は、確か通り掛かり見かけた店頭のメニュー看板に「天茶セット880円→780円」とか、そういう期間限定の価格割引のサービス期間中だったので寄らせて頂く事に・・・

お店に入るとそこそこ賑わっていて、お客さんの年齢層は高めだった気がする。
とりあえず空いている席に着きサービス価格で出されていた「天茶セット 780円」をお願いすると、店員さんに「お出汁はどちらにしますか?」と・・・
どうやら天茶のお出汁は6種類ほどの中から選ばせてくれるらしく、種類によっては加算料金がかかるシステムだったような・・・
取り敢えずスタンダードな「昆布出汁」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
定食
セット内容はうどん、天茶セット、小鉢

うどんは
麺
汁
こんな感じ
小さな桶には冷水が張られていて、うどんはしっかり冷されている。
饂飩は平打ちのもので多分乾麺。
ちょっと伸び気味だったような・・・
お味自体は普通の冷しつけうどんですねハイ

天ぷらは
天
海老天にしいたけやカボチャ、なすなどの野菜の天ぷら。
これをご飯の上に乗せ、昆布出汁を掛けて
茶
完成
んー・・・衣にしっかりお出汁がしみ込むし、お出汁にはてんぷらの旨みが溶け込む市で結構美味しい。
変に油濃くなる事もなくさっぱり美味しく頂いた。
ただ、個人的にはやはり天ぷらはさっくりした歯触りの妙を楽しみたいかなぁ・・・
と言うか、やはり天ぷらのメインと言うと海老になってしまうので、海老が苦手なぼくにはやや難儀か・・・

かき揚げの天茶ってあったかな・・・
まぁ、今度通り掛かった時に確認してみよう。
中々美味しい天茶で有りました。

店名 ハゲ天 天茶房
住所 横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口地下街ポルタ
電話 045-453-6366
営業 11:00~23:00(L.O.22:00)
定休 年中無休(施設に準ず)
ぐるなび お店情報
横浜PORTA サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

和風牛丼@なか卯

さて、今日は牛丼とうどんの全国チェーン「なか卯」さんへ・・・
先日「なか卯が「牛丼」を衣替え すき焼き風で差別化」なんてニュースが有り、その新商品「和風牛丼」の販売開始日が本日だったのを思い出して帰りがけに立ち寄らせてもらった次第。
牛丼業界は先の見えないデフレスパイラルに陥って骨身を削っての値下げ合戦を続けているのだけれども、もうかなりきつい状況の様で、2,3日前には「「すき家」「松屋」大幅増益 最悪赤字の「吉野家」と明暗」なんて、往年の業界トップ「吉野家」さんには悲惨過ぎるニュースが流れてましたねぇ・・・

そんな中、牛丼チェーン2社「すき家」さん「なか卯」さんを傘下に収める現在業界トップの「ゼンショー」さんでは、なか卯さんの牛丼をリニューアルして住み分けを図り顧客獲得を狙うという動きに出たようだ。
元々、なか卯さんは牛丼と同じくらいに親子丼やうどんなどをメイン商品に据えているし、その商品の評判も牛丼に比して劣らないので、なか卯さんの方の牛丼をすき焼き風のものにリニューアルする事にしたらしい。
どんな感じになるのか試してみようと言う事でさっそくお店へ・・・

お店に行ってみると、先客はお一人ではあったものの中途半端な時間菜割に後からもお客さんがひっきりなしに入店されていた。
やはり話題性もあるのでしょうねぇ。
券売機で「和風牛丼 350円」の食券を購入し席へ・・・
さすがに牛丼チェーン・・・あっという間に到着
なか
なか1
具は牛肉、玉ねぎ、しいたけ、白滝
さっそく頂いてみると、こちらの牛丼には元々シイタケが入っていた事もあり、お味そのものは前回頂いた牛丼とそう大きくは変わっていないのだけれども、以前の牛丼よりもしいたけの風味が強く主張している。
白滝の食感も良いですねぇ。
しいたけの風味が前面に出ている事もあって、それを取り除いても風味が強く残ってしまうので、しいたけの苦手な方にはやや厳しい気がする。

ちなみにリニューアル前のなか卯さんの牛丼は
なか1
なか2
こんな感じ
見た目はかなり変化していますよねぇ。
写真では分かり辛いけれども、リニューアル前の牛丼にもしいたけは少し入っていた。
こちらの牛丼は、本日の「和風牛丼 350円」の販売開始と共に終売となるのだそうな。

個人的には、どうせの事なら角切りの焼き豆腐を加えて玉ねぎではなく長ねぎを使ってくれるとさらに美味しく頂ける気がするのだけれども、あくまでも「すき焼き風」であって「すき焼き丼」では無いし、何よりも「牛丼 350円」と言う価格を据え置くことを前提にしたリニューアルの様なので致し方の無いところでしょうねぇ。
出汁の染みた白滝やシイタケなんかは大好物なので、ぼくには嬉しいリニューアルでありました。

なか卯 サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

チキンカツカレー@曙町 中華一番

さて、今日は曙町に在る中華料理店「中華一番 本店」さんへ・・・
こちらへは昨年2009年10月26日に伺って以来と言う事になりますねぇ。
最近「中華一番 曙町本店」さんを中心とした一番グループ?(真金町の「和食いちばん」さん、浦舟町の「中華一番 浦舟町店」さん、伊勢佐木モール沿いの「一番 伊勢佐木町店」さん)では最近店員さんの大量離脱が有ったのか、人手不足を理由に和食いちばんさんは24時間営業を取止め営業時間短縮中、中華一番浦舟町店さん・一番伊勢佐木町店さんは一時休業の状態となってしまっているのだけれども、その中に在ってさすがに本店、経営の要に当たる存在なのか中華一番曙町本店さんは24時間営業を続けていらっしゃる。
即戦力の調理師さんなんて余程の好条件で無いと中々見つからないでしょうし、今しばらくはこんな感じの状況が続くのでしょうねぇ・・・

さて、今日は何となくカツカレーが頂きたい気分になり、カツカレーと言えば真っ先に思い浮かぶのは山下町の「産業貿易センター」さん地下飲食店街に在る「どん八」さんなのだけれども、どん八さんは昼のみ営業出し、その上あのサイズはとてもじゃないけれどももう一度と言う気分にもなれない・・・
いや、別にどん八さんに行ったからと言って、必ずLサイズを頼まなきゃならんと言う訳ではないのだけれども、その場になったら「どうせの事なら」なんて思い始めてLサイズを注文してしまう様な気がするし・・・
どん八さんからほど近い場所に在る「ホフブロウ」さんのびっくりカツカレーも大概に量がすごくてきついので、やはり選択肢から外さざるを得ない・・・

そう言えば、以前中華いちばん曙町本店さんで「カツカレーセット 800円」を頂いた事が有り、セットで頼むと今日はいまいち食べ切れるという自信は無いないけれども、単品ならいけるかな・・・と言う事で「中華一番 曙町本店」さんへ・・・
お店に入ると相変わらずの賑わいっぷり・・・
とりあえず空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
「お品書き 1」 「お品書き 2」 「お品書き 3」 「ドリンク類 お品書き」
んー・・・「あんかけ炒飯 700円」なんてのも魅力ですが、やはり今日はカツカレーですかねぇ・・・
「カツカレー 700円」「チキンカツカレー 700円」と2種あるので、今日は「チキンカツカレー 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
かつ1
チキンカツカレーに中華スープ
チキンカツカレーは
かつ2
かつ3
かつ4
えらく大きな皿にサラダと一緒に盛りつけられている。
サラダは千キャベツにポテトサラダ

こちらのカレーはドロッとした赤黒いカレーで、見た目は辛そうだけれども実際はさほどきつい辛さではない。
独特と言う程ではないけれども、家庭で作るようなカレーとは微妙に違う風味が足されている気がする。
以前頂いた時には、もう少しドロドロ感が緩く、お味も平凡な感じだった様に記憶しているのだけれども、今回のカレーは個人的には良い方向に変化している。
美味しいカレーと言うよりジャンク感を含め好きなカレー。
カツもえらく大きなチキンカツが一枚・・・
意外と油切れ良く衣はサクサクの丁度良い揚げ上がり。
ただ下味がやや薄く、もう少ししっかり塩胡椒の風味が付けられている方が好みですねぇ。
それにしても、ボリュームが冗談並にすごい・・・
やはり大盛だのせっとだのをお願いしないでおいて良かった・・・
んー・・・やはり以前よりは食欲が落ちていると言う事なのでしょうねぇ。

次回は餡かけ炒飯を頂いてみましょうか。
中々美味しいチキンカツカレーで有りました。

店名 中華一番 本店
住所 神奈川県横浜市中区曙町3丁目43
電話 045-261-0968
営業 24時間営業
定休 年中無休(1年に2日ほど休みあり)
参考サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

うれしい杏仁豆腐@ファミリーマート

さて、「ファミリーマート」さんに立ち寄った際にスイーツコーナーを見たら
杏仁3
こんなものが・・・
「うれしい杏仁豆腐 298円」
おやおや・・・
これってばばかでかスイーツの「うれしいプリン 298円」 「うれしいミルクプリン 298円」に続く新商品らしい・・・
この商品って結構人気あるみたいですねぇ・・・
と言う事で一つ購入。

裏の表示を見ると
杏仁2
これまた470gと相変わらずのBigサイズとなっている。
いやぁ、このズシっと手に伝わる重量感がたまりませんねぇ・・・
さっそく蓋をあけると、思いのほかちゃんとした杏仁豆腐の良い香りがする。
この値段でこのサイズと言う事もあってほとんど期待をしていなかったのだけれども、頂いてみるとやや甘みが強過ぎるものの結構美味しい。
と言うか、中華屋さんのランチのおまけで付いてくるような如何にもおまけ的な杏仁豆腐に比べれば全然旨い。

これで298円は上出来ですねぇ。
さすがにこの甘さのものを500gとなると結構きついですが・・・
なんぞシリーズ化の流れの様ですので、こうなると次のものにも期待したくなりますねぇ。
中々美味しい杏仁豆腐でありました

ファミリーマートサイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

豚丼得盛@関内 美幌食堂

さて、今日は一見のお店へ・・・
関内の南仲通沿い、以前「ナチュラルキッチン デピス」さんと言う野菜をたくさん使った料理を供する子洒落たお店の有った場所に先日オープンされたばかりらしいお店「北海道オホーツク 美幌食堂」さん。
時折拝見させて頂く関内のお店の情報も充実している「お昼ごはんたべた」さん「こちらの記事」を拝見して美味しそうだったので寄らせて頂いた次第。
て言うか、結局最後まで寄らせて貰う機会を逸し続けてしまいましたね・・・「デピス」さん・・・・

お店に行くと丁度お昼ごろとあって先客数組、後かrまお続々とお客さんが見えられた。
お店の外観はテラス席もあり、デピスさんの頃と余り変わらず小洒落た雰囲気。
ちょっとどうしようかと迷ったものの、めったに来ないこちらまで足を伸ばしたのだからと言う事で、そのまま店内へ・・・
「空いている席へどうぞ」と言う事で窓側の席へ着きランチメニューを眺めてみる。
ランチメニューは、基本これとほとんど同じなのだけれども、残念ながら目的だった鶏のから揚げがメインの「ザンギ定食」は今日は出来ないとの事だった。

それならどれに致しましょうか・・・
まぁ、北海道と言うと思い付くのは海鮮系なのだけれども、昨日友達と一緒に「さくら水産 関内北口店」さんで刺身系ばかりを頂いたので、今日は肉で行っておきたい・・・
そう言えば伊勢佐木モール沿いに在った「炭火焼豚丼 がんそ」さんで北海道名物だと言う豚丼を頂いた事が有りましたっけね・・・
んー・・・がっつりな気分でもあり豚の炭火焼が通常の1,5倍だと言う「豚丼得盛 1050円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ぶた1
どんぶりにお味噌汁、切り昆布の佃煮、左手奥にある小さな器に乗ったものは茶色いものは蝦夷山葵というものだそうだ。
お味噌汁はもやしと玉ねぎのお味噌汁で、中々美味しかった。

メインのどんぶりは
ぶた2
ぶた3
ぶた4
これは随分と豪快・・・
丼からはみ出るように豚肉が盛りつけられている。
適度に焦げ目が付き、程よく香ばしい。
結構脂っ気が強そうな見た目ながら、さっぱりとは言わないまでも意外とそんなに胃に重たい感じではなく、途中で飽きることなくすんなり最後まで美味しく頂けた。
ただまぁ、ボリューム的に小食の方は食べ切るのがきつそうですねぇ。
そう言う方には普通盛のものが850円ほどであったかと・・・

お店も小洒落た感じで店内も明るく広めの空間だし、店員さんの対応も手以内なので女性のお客さんでも入りやすいかと。
土日にもランチ営業をしてくれていると言うのも有難い。
次回は今日頂けなかった「ザンギ定食」を頂いてみたいですねぇ。
美味しい豚丼でありました。
と言うか、失敗の無様をフォローしてくれたお店に感謝ですハイ

店名 北海オホーツク 美幌食堂
住所 横浜市中区南仲通り1-13アールケイプラザ横浜関内1F
営業 11:00~23:00
*土・日もランチ営業あり
お店地図(デピスさんのところ)

さて、帰りがけに馬車道を通って帰ったのだけレオdも、ずいぶんと賑やかでしたねぇ・・・
なんぞ催しでもあったらしく、アイスクリームかなんかを求める行列が出来ていた。
途中で「スペイン語教室」の置き看板が・・・
そう言えば、ここ2年ほどスペイン語から離れてしまっていましたね・・・
もうすっかり忘却の彼方ですが・・・
そろそろ、もう一度スペイン語をやり直さなきゃいけませんねぇ・・・
またゼロからスタートになりそうですが・・・

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

鯵のたたき小丼+かけうどん@山田町 すぴか

さて、今日は山田町に在る格安うどんの店「うどん工房 すぴか」さんへ・・・
こちらへは今年1月9日に伺って以来と言う事になりますねぇ・・・
何となくうどんが頂きたくなり、通り掛かりに店頭尾に出ていたランチメニューの書かれたボードを見てみると「鯵のたたき小丼+うどんセット 500円」「カレー小丼+うどんセット 500円」とあったので、今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入るとさすがに土曜のお昼時と言う事もあって結構な人数のお客さんで賑わっており、後からも続々と見えられたので哀惜やら外待ちするお客さんも出るくらいに盛況。
とりあえず空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
「ランチのお品書き」 「夜のお品書」
これ以外に戦術のセットメニュー2種が表の店頭メニューボードに書かれていた。

さて、何を頂きましょうか・・・
と言っても、前回もランチ時に伺い「カレー小丼+うどんセット 500円」を頂いているし、なによる表のメニューボードに在った「鯵のたたき小丼とうどんセット 500円」が目を惹いていたのですよねぇ・・・
今日は結構蒸し暑いしさっぱりした鯵のたたき丼など最高でありましょう。
と言う事で「鯵のたたき丼+うどんセット 500円」をお願いした。
饂飩は温冷選択出来るのだけれども、暑いのになんとなく温かい方をお願いした。

待つ事しばしで到着
すぴ1
うどんと小丼、漬物のセット。
鯵のたたき丼用におろし生姜の小皿も付けてくれた。

うどんは
すぴ4
すぴ5
紅白かまぼこと刻みネギのみとシンプルなかけうどん。
が、こちらのうどんはつるっとした心地よい舌触りにモチっとしたしっかりした歯応えが有るし、お出汁の方も適度な風味と塩味でかなり美味しいものなのですよねぇ。
ぼくがいた時にたまたまだったのか、今日は暑い割にぼくも含め冷し寄りも温かいうどんを選ぶ方が多かった気がする・・・
そう言えば、冷やしうどんの方はまだ頂いた事が無かったっけ・・・
まぁ、次の機会に冷しの方もいたぢ当て見る事に致しましょう。

鯵のたたき丼は
すぴ2
すぴ3
すぴ6
こんな感じ
茶椀盛とは言えしっかりしたボリューム。
鯵のたたきも思いのほかたっぷり乗せられていて、おろし生姜醤油でさっぱりと美味しく頂けた。
やはり今日みたいな暑い日にはこういうさっぱり系のものが良いですねぇ。

徒歩圏内とは言え、普段の行動範囲とは少しずれてしまうので中々伺う機会の無いお店なのだけれども、美味しいうどんを安く頂きたいと思った時に重宝するお店なのですよねぇ・・・
次回は久し振りに夜の営業時間帯に伺ってカレーうどんを頂いてみましょうか。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 うどん工房 すぴか
住所 神奈川県 横浜市中区 山田町5-1
TEL 045-261-9566
営業 11:00~15:00 17:00~20:00
定休 日曜
参考サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

スタミナまぐろ丼@伊勢佐木長者町 すし彦呂

さて、今日も平日で無ければランチを頂く事のできないお店へ・・・
大通公園沿いの「ファミリーマート 弥生町店」さんの入っているビルの地下に在るお寿司と海鮮居酒屋なお店「海鮮憩処 寿し彦呂」さん。
こちらへは今年の2月7日に伺って「まぐろ二色丼 580円」を頂いて以来二度目と言う事になりますねぇ。
当初、土日もランチ営業されると言う事だったのだけれども、土日は客足が伸びなかったのか結局土日のランチは取止めにされたらしく、現状ランチは平日限定となってしまったようなので中々伺う機会が無かったのですよねぇ・・・

今日は階段入口のところにランチメニュー表が出されているのを通りがかりに見かけたので久しぶりに寄らせてもらった次第。
お店に入ると12時前と言う事もあり先客はゼロ。
カウンター席に着くとお茶を出してくれたので、それを啜りつつお品書を眺めてみる・・・
ひろ1
ひろ2
ランチメニューのお品書きはこんな感じ。
前回寄らせてもらった時に比べると随分メニューが増えている。
前回頂いたランチスタート記念のサービス価格で580円だった「まぐろ二色丼」は680円になっているけれども、当初の価格設定は780円だったそうだからまだお安い。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
かき揚げ丼から海鮮丼、刺身定食まで8種類ほど用意されていて、価格も500円~800円までとお手頃価格ですねぇ。
んー・・・お品書きの表面には「スタミナまぐろ丼 580円」と「まぐろ二色丼 680円」の2種が他のものより大きな写真付きで掲載されていて、どうやら内容的にも価格的にもお店の推しメニューになっているのはこの2種のようだ。
となると「まぐろ二色丼」は前回頂いているので、今回は「スタミナまぐろ丼」で行ってみましょうか・・・
と言う事で「スタミナまぐろ丼 580円」を大盛(無料)でお願いした。

待つ事しばしで到着
ひろ3
ひろ4
どんぶりはご飯の上に刻み海苔が敷かれ、大きめ厚めに切られた赤身と山芋、その上にもマグロの切り身が乗せられている。
ご飯は前回と同じく酢飯ではなく白ご飯。
ガリは最初から乗せられているので、ガリの苦手な方は先にその旨伝えておいた方が良いでしょうねぇ。

この丼にわかめとあらのお味噌汁を付けてくれた。
前回こちらのお味噌汁を頂いた時はめちゃめちゃ美味しく感じたのだけれども、今日はその時程ではなかったかな・・・
まぁ、美味しい事には違いないのだけれども、前回頂いたお味噌汁の味が脳内美化されていたのでしょうね。

この山芋が絶妙にシャリシャリ感を残した粗めのもので良い感じですねぇ。
まぐろもやや筋張った部分はあったものの美味しく頂ける。
無料で大盛にしてくれるのでボリュームも不足なしですし、何よりこれで580円と言うお値段は素晴らしい。
地下のお店と言う事もあって、そんなに混み合う事無く綺麗な店内でのんびりと安くて美味しいランチを頂けるのも魅力でしょうね。
次回は海鮮チラシを頂いてみたいですねぇ。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 海鮮憩処 寿し彦呂
住所 横浜市中区弥生町2-18 B1F
電話 045-260-6474
営業 11:30~14:00(ラストオーダー13:30) 18:00~翌03:00(ラストオーダー02:00)
定休 月曜
お店サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

豚の生姜焼き丼@伊勢佐木長者町 どん亭

さて、世間様では終了したはずのGW・・・
私はと言えば有給を使い9日連休のダメ社会人人生絶賛満喫中・・・
基本引き籠りなのだから、休んだところでどこに行く訳でもない訳ですが・・・
と言う事で、平日にしか行けないお店でランチを頂く事に・・・
伺ったお店は大通公園沿いの「ファミリーマート 弥生町店」さんから鎌倉街道方面に曲がって少し進んだところのビル2階に在る「味処 どん亭」さん。

こちらのお店は居酒屋さんの様で、以前はランチ営業せずにビル入口のところでお弁当の販売をされていたのを何度かお見かけしていたのだけれども、っどうやら最近はお弁当の販売ではなく格安のランチを提供されるようになったようだ。
基本土日の昼営業はお休みされていらっしゃるので、中々寄らせて頂く機会が無かったのですよねぇ・・・
今日は通り掛かりに
生姜1
こんな置き看板が出ていたので拝見すると「ハンバーグ丼」やら「麻婆豆腐丼」などの割に一般的な丼メニューに混ざり「いぶりがっこ丼」とか「揚げ玉あんかけ丼」とか他処ではあまりお見かけしない、かなり魅力的なメニューラインナップ・・・
面白そうだったので寄らせて貰う事に・・・

外階段で2階に上がりお店に入ると先客はゼロながら、後から続々とお客さんが入られた。
まぁ、基本ランチは丼メニューの上、500円均一と言うランチと言う限られた時間と財布に優しいお店なので人気が有るのは当然でありましょうねぇ・・・
んー・・・「いぶりがっこ丼」って言うとやはりたくあんの燻製見たいな漬物が乗ってるのでしょおうねぇ・・・
漬物は結構好きなので魅力的・・・
「揚げ玉あんかけ丼」なんてのも美味しそうですよねぇ・・・
と少々悩んだのだけれども、結局肉が食いたいと言う気分に負けて「豚の生姜焼き丼 500円」を大盛+100円でお願いした。

待つ事しばしで到着
生姜2
500円d値もしっかり豆腐のお味噌汁と漬物まで付けてくれるらしい・・・
メインは
生姜3
生姜4
でか・・・
この手のお店では大盛と言っても余りボリューム的には期待出来ないと思っていたのだけれども、こちらのお盛はかなりのボリューム。
なにせ丼すり切り一杯ですから・・・

大量のご飯の上にご飯が見えないくらいにたっぷりな豚の生姜焼きが乗り、千キャベツが添えられている。
千キャベツの隣にマヨネーズが付けられているのも如何にもジャンクなどんぶり物っぽくて良いですよねぇ。
頂いてみると、豚の生姜焼きの方は見た目に反して意外とさっぱり系。
程よく生姜の風味があり、過剰な脂っ気は無く、お客さんに若い女性の姿が有ったのもうなずける。
まぁ、個人的にはもっと脂身がどっちゃり入ったジャンクな方が好みなのだけれども、不足なジャンク差はマヨネーズで補えますハイ

んー・・・土曜日も昼営業してくれたらもっと寄らせて貰える機会が増えるのですけれどもねぇ・・・
まぁそれは言っても仕方ない。
次回は「いぶりがっこ丼」か「揚げ玉あんかけ丼」を頂きたいですねぇ。
美味しい生姜焼き丼dねありました。

店名 味処 どん亭
住所 横浜市中区弥生町2丁目15-1-202
電話 045-241-7973
営業 11:30~13:30 17:00~23:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

とんもり@弘明寺 味のほうさく

さて、今日は弘明寺に在るラーメン店「味のほうさく」さんへ・・・
こちらへは昨年の「10月4日に さんまーめん 600円」 「11月1日に 上海めん 700円」 今年に入って「4月5日に にら玉らーめん 600円」とご主人が復帰されてから良く寄らせて貰うようになりそれぞれ頂いている。
GWと言う事もあり、今日は営業されているのかどうか分らなかったのだけれども、とりあえずお店の前まで行ったら普通に営業されていたので入る事に・・・

店頭には「子供の日 ラーメン500円→100円」との張り紙が有り、どうやら今日は小学生はラーメンが100円で頂けると言うサービスが実施されていたようだ。
ま、小学生ではないぼくには無関係だけど・・・
お店に入ると先客はゼロ、後から続々とお客さんが見えられあっという間に席が埋まって行った。
さすがに人気店・・・

カウンター席に着いて、今日は何にしようかと「お品書き」を眺めてみる・・・
そう言えば店内奥に置かれた黒板にもメニューが書かれてましたよねぇ・・・と思ってそちらを見ると「カレーラーメン 600円」「カレー丼 600円」「肉丼 600円」「とんもり 600円」とある。
あら・・・カレーラーメンなんてあるのですねぇ・・・・
こちらはいったん息子さんに代替わりした時から「もつ煮定食 700円」とか「しょうが焼き定食 700円」なんて定食も供するようにはなったのだけれども、「カレー丼」やら「肉丼」なんておいしいかもしれませんねぇ・・・

が、目を惹いたのは一番上に書かれた「とんもり 600円」
「温かい汁のつけ麺です」と言うような説明が付記されている。
夏季限定の冷し麺系は頂いた事はあるけれども、こちらでつけ麺なんて頂いた事は無かったですねぇ・・・
どう言うものが頂けるのか面白そう。
と言う事で「とんもり 600円」を大盛+150円でお願いした。

待つ事しばしで到着
ほう1
盛られた器が和風な事もあって、どちらかと言えばお蕎麦屋さんで出てくるようなビジュアルですねぇ。

麺は
ほう2
細めの縮れ麺で味玉半個と共に角皿に盛られていて、上には胡麻が振られている
つけ汁は
ほう3
ほう5
焙られた葱、めんま、豚肉が入っている。
最近良くある魚粉たっぷりどろどろ系のわざとらしい和風押しのものではなく、基本こちらの醤油ラーメンのスープを濃いめに作ったもののようだ。
ほう4
さっそく頂いてみると、さすがにこちらが出すものとあってかなり美味しい。
焙られた長葱の香ばしさと甘み、あ豚肉の旨みがつけ汁に溶け込んでえらく旨い。
麺も細めではあってもしっかりした腰が有り、このつけ汁には良く合いますねぇ。
アー・・・そう言えば今日は思いのほか大盛でお願いした事もあって、麺のボリュームが多くて結局余裕が無くてスープ割をお願いしませんでしたねぇ・・・

個人的にはこちらのお店は塩の方が好みなので、出来れば塩味のつけ汁で頂いて見たいような気もするのだけれども、さすがに塩は濃いめに作ると苦味が出てしまって難しいですかねぇ・・・
ちなみにこの「とんもり」は、限定を謳っている訳ではないのだけれども一日5食から10食くらいしかできないとご主人は仰っていた。
これからの暑い時期美味しく頂けるかと。

今日も美味しいつけ麺で有りました。

店名 和風らーめん 味のほうさく
住所 横浜市南区通町2-25-1
電話 045-713-4529
営業 11:30~2:30 17:30~売り切れまで
定休 木曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ニラレバー炒め@若葉町 上海美食

さて、今日は伊勢佐木モールの一本裏手、若葉町通り沿いに在る中華料理店「上海美食」さんへ・・・
こちらは日曜日が定休のご様子なので祝日もお休みされるのだろうと思っていたのだけれども、今日は伊勢佐木モール沿いでなにやらパレードが有り人混みがすごかったので若葉町通り沿いの方を歩いていたら、こちらが開いていたので今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入ると先客数組、後からも数組見えられた。
とりあえず席に着いてお品書を眺めてみる・・・
れば1
あら・・・前回までのランチセットメニューとは内容が違っている。
こちらは開店当初に比べ、今はランチのセットメニューが多く用意されるようになった代わりにメニューが固定していたといたような気がしたのだけれども、どうやら一定期間でメニューを入れ替えていくようだ。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
どれも美味しそうですねぇ・・・
その中で目を惹いたのは「ニラレバー炒め」
最近レバを頂いてないですからねぇ。
と言う事で「ニラレバー炒め 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
れば2
ご飯、玉子と溶き卵の中華風スープ、大根と人参のサラダ、レバニラ、搾菜、杏仁豆腐
相変わらずの充実っぷりですねぇ・・・
これのセットが500円で頂けるのだからありがたい。
おまけにご飯はお替り自由ときてますしねぇ・・・

メインは
れば3
れば4
こんな感じ
大きめ厚めに切られたレバーがゴロゴロと入っている。
大きく切られているとは言え臭みもなく、外はややサクッと中はふわっとした抜群の火の入り具合。
いやぁ・・・これはご飯が良く進みますねぇ。

次回は「鶏肉とカシューナッツ炒め」でも頂いてみましょうか。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 上海美食
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
定休 最近日曜日が定休なご様子
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

あらびきハンバーグ 赤ワインデミグラスソース@関内 ベジタブル・マーケット

さて、今日は伊勢佐木モールの一本裏手に在るフレンチレストラン「ベジタブル・マーケット」さんへ・・・
昼前に起き出しなんとなく井土ヶ谷方面まで行ったので久しぶりに井土ヶ谷に在るフレンチレストラン「Bistro Foo-Zin ビストロ ふうじん」さん(「ふうじん」は「浮」のさんずいを火に変えた文字に人)に伺おうと思ったのだけれども、まだ少し時間が早かった為開店前・・・
仕方なく関内方面へ戻り「CAFE LEGEND」さんに行こうとも思ったのだけれども、関内到着が11時50分・・・
この時間だと1回転目のお客さんで満席の状態で外待ちは必至・・・

んー・・・それなら「ベジタブル・マーケット」さんの週替わりメニューを先に確認させてもらってから考えましょうか・・・と言う事でとりあえず「ベジタブルマーケット」さんへ・・・・
店頭に置かれたランチメニューの書かれたボードを見ると
めにゅ
今週の週替わりランチのメインは「あらびきハンバーグ 赤ワインデミグラスソース」
となっている。
こちらは個人的にお魚料理の美味しいお店と言う認識もあり、そう言えばまだハンバーグは頂いた事が有りませんでしたねぇ・・・
なにを頂いても外れ無しはほぼ確定のお店なので、今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入ると先客は2組ほど、後からもう2組ほどお見えになった。
こちらは目立たない場所に在る割に結構な人気店なのですよねぇ・・・
案内された席に着いてランチを注文。
パンかライスを選べるのでパンで、ドリンクはロイヤルミルクティでお願いした。

先にサラダ到着
はん1
こちらのサラダは「もりもりサラダ」と称してサラダも週替わりなのだけれども、今週は「エンドウ豆のもりもりサラダ」だった。
すいません・・・苦手なんですグリンピース・・・・
ので、グリンピース全残しと言う子供じみた真似を・・・

サラダを食べ終わると
はん2
パンとメイン到着
メインは
はん3
はん4
はん5
「あらびきハンバーグ 赤ワインデミグラスソース」「じゃが芋のドフィノワーズ風グラタンとクレソン、新玉葱ソテー添え」
ドフィノワーズとは何ぞや?と思って帰ってきて調べてみたところフランス料理の一種で「dauphinoise ジャガイモとすりおろしたチーズ、生クリーム、牛乳などで作る グラタン 」の事だそうな。
プレート左上の四角く切られた見た目キッシュぽいものがそれで、じゃが芋の間にチーズ風味のベシャメルソースが挟まれて焼き上げられた感じのものだった。
やや冷め気味ではあったものの、これはかなり美味しい。
玉ねぎの甘さも最高ですし、クレソンの少し苦味のあるさっぱり感も良い感じですねぇ。

メインのハンバーグは、肉々しい荒引きのナイフを入れれば肉汁がにじみ出るジューシーさのあるもので、かなりスパイスの風味が強いものだった。
ここまでスパイスが強いハンバーグは中々ないかも・・・
ので、ちょっと好き嫌いは分かれる気がする。
表面はカリッと香ばしく焼き上がり最高ですねぇ。
デミグラスソースもハンバーグの旨みを消す事無く良い塩梅でパンにもつけて美味しく頂いた。

食事が終わると
はん6
ドリンクを出してくれる。
ハーブティやコーヒー、オレンジジュースなどから選べるのだけれども、ロイヤルミルクティでお願いしてあった。
良くあるおまけ的な安っぽいミルクティではなく美味しく頂ける。

このセットで1100円。
まぁ、人気があって当然でしょうねぇ・・・
美味しいハンバーグでありました。

店名 ビストロ ベジタブル・マーケット
住所 神奈川県横浜市中区吉田町2-7
TEL 045-243-5150
営業 12:00~14:00(LO) 18:00~22:00(LO)
定休 日曜 第1・第3月曜
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。