塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねぎライス@横浜橋 酔来軒

さて、今日は横浜橋通り商店街医大通り側入り口横に在る中華料理店「酔来軒」さんへ・・・
こちらへは昨年11月11日以来と言う事になりますねぇ・・・
今日は本当なら黄金町の川沿い旧ちょんの間ストリート沿いに新しく開店したというお店「CAFE☆STAR」さんと言うお店に伺うつもりで向かったのだけれども、お店を見過ごしてしまったのか結局見つからず、雨の中また逆戻りして探すのもめんどくなったので今日は諦め別のお店に伺う事に・・・

で、雨の中ぶらぶら歩いていたら結局横浜橋まで来てしまい、それなら叉焼の美味しい酔来軒さんで頂こうと思い立った次第。
と言うか、横浜橋まで来た時点で雨が上がったので、それならもう少し遅く家を出れば良かった・・・
さて、お店に入るとちょっと前まで雨が降っていた事もあってか日曜の昼時12時半過ぎだと言うのに席の埋まりは半分ほどと意外と空いていたので適当に空いている席へ・・・
ただすぐ後にお客さんが続々と来られたので、結局座敷席以外は埋まってしまった。

それにしても、いつ来てみてもこちらのお店の接客は素晴らしい・・・
出してくれた温かいお茶を啜りつつお品書を眺めてみる・・・
「お品書き 表」 「お品書き 裏」
酔来軒さんと言えばやはり名物の「酔来丼」が頭に浮かぶのだけれども、今日はこちらの自家製叉焼をがっつり頂きたいので、酔来丼ではやや足らない・・・
となると、ライスの上に叉焼が何枚も乗った「チャーシューライス」が第一候補でしょうね・・・

確かに「チャーシューライス」は、まんま叉焼が乗っていてすごく美味しいのだけれども、少しねぎが入っている以外はご飯に叉焼が乗せられているのみで食感がやや単調なので、できればもう少しコリコリとかシャキシャキと言う食感が欲しい。
とすれば、以前こちらで頂いた「冷しねぎソバ」の具がご飯に乗っていたら、今日の気分的にはどストライクですよねぇ・・・
と言う事で「ねぎライス 700円」をお願いする事に・・・

待つほどの事もなく登場
せっと
中華スープと副菜にはもやしが付いてくる。
メインのねぎライスは
ねぎ1
ねぎ2
ねぎ3
こんな感じ
いつもたれが別皿で付いてきて、自分でかけて食べるのだけれども、今日はもともとたれがかかっている。
ご飯の上には刻みネギに刻みチャーシュー。
ねぎは水に晒してちゃんと辛みが抜いて有り、シャキシャキとした歯触りと適度な清冽な風味が残されている。
今日のたれは、いつも付いてくるものよりも甘めな気がする。

大量のねぎに混ざるこれまた大量の刻みチャーシューは、こちらの自家製だそうで、これがまたやたらに美味しいのですよねぇ。
周りは香ばしく、むちっとした肉に適度に脂身が残されていて旨みも甘みもたっぷり。
ねぎの清涼感でさっぱりするのでくどさもなく、最後まで美味しく頂ける。
こちらは何を頂いても美味しいですよねぇ・・・

今日も美味しい叉焼でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト

さて・・・今日は2月28日・・・・
カレンダー調整の必要な時計がいったい何本あったやら・・・
カレンダーの先送り機能が付いている比較的新しい時計は楽だけど、古い時計やマスターバンカーみたいにカレンダー調整に使う歯車を第2第3時刻調整に割り当ててしまっているものなんかは、3日分針を進めてカレンダーを調整しなきゃならんのですよねぇ・・・
アレ、地味に手が疲れるのですよ・・・
そしてザ・シチズンの最高の見せ場・・・
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

手ごねハンバーグ和風ソース@本郷町 Bloom Cafe&Diner

さて、今日は本郷町のバス通りから一本裏手の通り沿いに在る洋食とカフェなお店「Bloom Cafe&Diner」さんへ・・・
こちらは先週「喜楽」さんで頂く前に、懐かしさついでに近所をぶらついた時に見かけたお店なのだけれども、その時は何となく洋食と言う気分でもなく、刀削麺のお店「再春菜館」さんに伺うつもりだった事も有り、先週見つけた際にはスルーしてしまったのだけれども、表に出ていたランチメニューのボードに書かれたメニューが魅力的だったので、今日改めて寄らせてもらった次第。

お店に入ると先客は一組。
4人掛けテーブル2つに2人掛けテーブル2つ、窓際沿いに打ち付けカウンターがあり、そこに3人掛け位のソファーが置かれていて、割にスペースが広く取られ、のんびりできそうな雰囲気。
空いている席に着いてさっそくお品書を眺めてみる・・・
品書
このお品書はランチメニューの中でもお店のお薦めメニューっぽい感じ。
これ以外にも冊子のお品書が用意されており、ハンバーグやチキンソテー、オムレツ類からお子様メニューまでライスかパン、スープのセットで用意されており、ディナーはセットではなく単品メニューになるものの800円~1000円程度と割にお手軽な価格設定。
カフェを謳っている事も有り、ドリンクメニューやデザートも充実していて、お酒類・おつまみ系もそこそこ用意されているようだ。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
「あさりのチャウダーセット 550円」なんてのは魅力的ですねぇ・・・
冊子の方のメニューを見るとオムレツでラタトゥイユを挟んだメニューも有り、ラタトゥイユならどんぶり一杯でも食べれそうなくらいに好きなぼくには、これまた魅力的・・・
が、先週表のランチメニューボードで見かけ気になっていたのが「手ごねハンバーグと揚げ茄子の和風おろしソース 880円」なのですよねぇ・・・
よく考えるとハンバーグを出すお店としては割と当たり前ぽい「手捏ね」をあえて謳っている時点で期待感が高まりますからねぇ・・・
と言う事で「手ごねハンバーグと揚げ茄子の和風おろしソース 880円」をお願いした。
こちらはライスかパン(イギリス食パンorフランスパン)が選択出来るのでフランスパンで注文。

待つ事しばしで到着
さらだ
サラダに味噌汁。
スープじゃなくて味噌汁でしたか・・・
それならハンバーグのソースも和風おろしだったのだしライスでお願いすればよかったか・・・
まぁ、ちゃんとバターが添えられていたけれども。

メインのハンバーグは
はん1
はん2
はん3
こんな感じ
厚みのあるハンバーグに揚げ茄子といんげんのソテー。
大根おろしの上には刻み紫蘇が散らされており、さっぱりとした清涼感を加えている。
さっそく切ってみると、これはまた如何にも肉々しい感じの荒挽きなハンバーグ。
肉々しい食感ではあってもパサつかず旨みたっぷりの肉汁がたまりませんねぇ。
程よい香ばしさの出ている焼き上がりもベスト。

和風ソースも良い塩梅で、揚げ茄子がこのソースを吸ってえらく美味しい。
大根おろしとしその風味が脂切れ良く口の中をさっぱりさせてくれる。
ここのハンバーグかなり美味い・・・
肉々しい感じの荒挽きなハンバーグがお好きな方にはお薦めですねぇ。
オムレツなんかも気になりますし、また寄らせて頂くと致しましょう。

かなり美味しいハンバーグでありました。

店名 Bllom Cafe&diner
住所 横浜市中区本郷町3-202
電話 045-719-8730
営業 11:00~22:00(夜は18:00から)
定休 不定休(お店サイトに載ってます)
お店サイト
お店Blog

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ミニ牛ばら丼+餃子セット@長者町 翠葉

さて、今日は長者町に在る餃子と中華なお店「翠葉DONDON」さんへ・・・
こちらへは昨年の7月29日に立ち寄って「ミニ豚ばら丼+餃子セット 490円」を頂いて以来となりますねぇ。
今日は何となく餃子が頂きたくなり、それならと言う事でこちらに寄らせて頂いた次第。
伊勢佐木モールのオデヲンビル前の通りを日ノ出町に向かうバス通り沿いには「翠葉 長者町店」さんと「翠葉DONDON」さんと翠葉さんの支店が2店舗あるのだけれども、いつもお手軽価格設定になっている「翠葉DONDON」さんを利用させて貰っている。
若干メニュー内容に差異が有るのだけれども、売りである餃子はどちらも変わりませんからねぇ・・・

と言う事で、翠葉DONDONさんへ・・・
お店に行くと先客はお二人、後からもうお二人見えられた。
空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
丼類と麺類のお品書は
品書1
こんな感じ
お得なセットメニューは
品書2
こんな感じで
点心類や一品料理類は
品書4
品書5
こんな感じ
全体的に安価な価格設定で、中華居酒屋として利用されているお客さんたちも多いため
品書3
ドリンク類
も結構種類多く用意されている。
お酒類も、やはりお安いのですねぇ・・・

さて、今日はどれを頂きましょう・・・
とは言っても、目的な餃子なのですよねぇ。
餃子二人前にライスが付いた「餃子セット 650円」なんてのも魅力的ですか・・・
お品書を見るとミニ牛ばら丼と餃子がセットになった「ミニ牛ばら丼セット 490円」なんてものもある。
んー・・・前回頂いた「ミニ豚ばら丼+餃子セット 490円」はミニと言っても茶碗大盛くらいのボリュームも有った上に、結構美味しかったのですよねぇ・・・
と言う事で、今日は「ミニ牛ばら丼セット 490円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ミニどんぶりに餃子、スープ、漬物のセット
ミニ牛ばら丼は
丼
こんな感じ
ご飯の上にもやしと牛ばら煮込みが乗っている。
やや濃いめに味付けされた牛ばらの煮込みがご飯に良く合って美味しいのですよねぇ。
まぁ、お値段的にも牛ばら自体は大した量は乗っていないのだけれども、全体的なボリュームは茶碗大盛くらいはあるので十分。

メインの餃子は
餃子
如何にも美味しそうな焼き上がりですよねぇ。
皮はもちっとしていて、中の具は旨みジュースたっぷりでジューシー。
さすがに餃子を売りにしているお店だけあって、価格は安くとも餃子は結構美味しいのです、こちらのお店。
通常価格は290円だそうなのだけれども、確か火曜だったか水曜に餃子半額の火が有ったんじゃなかったかな・・・

このセットで490円なら安いですよねぇ・・・
こちらのお店には餃子食べ放題が含まれたコースが2500円で用意されているらしい・・・
この美味しい餃子なら10人前くらいなら食べれそうな気はする・・・
そう言えば、まだこの翠葉DONDONさんの方では麺類を頂いた事がなかった気がする・・・
まぁ、今度は麺類と餃子を合わせて頂いてみるとしましょう。

今日も美味しい餃子でありました。

店名 翆葉DONDON
住所 横浜市中区長者町9-154
電話 045-261-1615
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

叉焼炒飯&雲呑スープ@伊勢佐木 杜記

さて、今回は伊勢佐木モール沿いに在る中華料理店「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さんへ・・・
こちらへは昨年9月6日以来と結構開いてしまいましたねぇ・・・
通り掛かりに表に出ていたランチメニューボードを眺めたら、美味しそうなものが並んでいたので、こちらで頂くことにした次第。

お店に入ると先客はお一人。
やや中途半歩な時間帯だったためか、店員さんも雑談真っ最中のまったりモードだった。
とりあえず席に着いてお品書を眺めてみる・・・
こちらは週替わりのメニューが10種類ほど用意されていて、今週のランチは
品書
こんな感じ
どれも美味しそうではあるのだけれども、そう言えばまだこちらで炒飯をメインにして頂いた事はなかった気がする・・・
まぁ、メインに付帯する半炒飯でなら頂いた事はあるのだけれども、結構美味しかったし一度ちゃんとした炒飯を射たぢ当て見たかったのでう所ねぇ・・・
と言う事で「叉焼炒飯+スープ雲呑 680円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
炒飯、雲呑、漬物、杏仁豆腐のセット
こちらの杏仁豆腐は、滑らかな食感で結構美味しいのですよねぇ・・・

雲呑スープは
雲呑1
雲呑2
こんな感じ
ピロピロの薄皮の中にはぎっしりと種が詰まっている。
が、海老ワンタンだったので、海老が苦手なぼくには少々難儀・・・
海老が好きな方には美味しく頂けるものかと。
白濁スープは、やや雑な感じがしてしまうもので、こちらのお店にしては珍しく残念な出来栄えのスープだった感は否めないかな・・・

炒飯は
炒飯1
炒飯2
こんな感じ
見た目からして如何にもパラっとした仕上がりの美味しそうなお姿。
味付けも良い塩梅で偏りもなく、特別なものではないけれどもさすがに上手に仕上げてあっておいしい。
叉焼も良い感じに香ばしさと甘みあのあるもの。
んー・・・やはりこちらの炒飯は美味しいですねぇ。

このセットで700円を切るのだから、相変わらずのハイコストパフォーマンスですねぇ。
今回のスープに関してはやや残念ながらも、この辺の中華料理店の中では、やはりひとつ頭抜けている気がする。
次回は定食物を頂いてみましょうか。

美味しい炒飯でありました。

店名 関内 杜記 海鮮火鍋菜館
住所 神奈川県 横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
電話 045-231-2310
営業 [平日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [土曜日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [日曜・祝日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
定休 月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
ぐるなび お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

冷し滑肉麺@本牧 喜楽

さて、今日は本牧に在る老舗中華料理店「喜楽」さんへ・・・
こちらへは昨年の3月9日に伺って以来と言う事なので、約1年振りになりますねぇ・・・
今日は何となく山元町に在る中華&洋食の店「わいわい亭」さんに伺う気満々で外に出て、実際お店の前まで行ったのだけれども、お店に着いた途端になんとなく違うかなぁ・・・と言う気分になり興が乗らなかったので他処で頂く事に・・・
こちらのすぐ近くには「石臼挽き手打ち蕎麦 横浜 山本」さんとか「仙良菴」さんと言ったお蕎麦の美味しいお店が在るのだけれども、お蕎麦と言う気分でもなく・・・

なんとなく足の向くままに山手駅方面に下って行き、そのままバス通りに出て本牧方面へぶらぶらと歩いて行くことに・・・
このバス通りには有名老舗中華料理店「奇珍樓」さんやラーメン店「笑苑」さん「酔亭」さんなど割に美味しいお店が散在しているのだけれども、どうせの事なら、子供の頃よく遊んだ場所でも通ってみようかと言う事で、それらを横目にさらに本牧方面へ・・・
そう言えば「グルッペ本牧」さんと名前がいつの間にか変わっていた挙句、これまたいつの間にか閉鎖されてしまったマーケットに隣接して在ったラーメン店「翔ぶが如く」さんも結構美味しかった記憶が有るのだけれども、こちらももう店を閉めてしまわれたらしい。

さて、どうしますかねぇ・・・
そう言えば刀削麺のお店「再春菜館」さんにもしばらく伺ってないなぁ・・・と思い出しそちらで頂こうと思って進んでいくと、その手前に在るのがこちら「喜楽」さん・・・
前回頂いた「冷しサンマー麺 740円」が結構美味しかったし、今日は割に暖かだから冷し系でも良いかなぁ・・・と言う事で、結局今日はこちらで頂く事に。

お店に入ると先客はお一人だったものの、後から2,3組のグループのお客さんたちが入られた。
意外と人気の高いお店らしい・・・
こちらのお店はずいぶん長い事この場所で営業されていらっしゃるようで、この辺を遊び回っていた子供の頃にも間違いなく在ったらしいのだけれども、さっぱり記憶の外だったのですよねぇ・・・
当時から、こんな人気店だったのだろうか・・・

さて、空いている席に着いて、出してくれた温かいお茶を啜りつつお品書を眺めてみる・・・
基本のお品書は
品書1
品書2
品書3
品書4
品書5
こんな感じ
これ以外にも「牛バラご飯 900円」「牛バラ麺 900円」「上海焼きそば 800円」などの壁張りメニューが有り、表には「チャーシュー丼+蒸し鶏と葱のラーメン 900円」ほか数種類のランチサービスセットのメニューボードが出されていた。

ランチ限定のサービスセットもかなり魅力的ではあったものの、今日の目的は冷し麺系・・・
こちらには冷し麺系が6種類ほど用意されていて夏季限定(のメニューも有るらしいけど)ではなく通年で出してくれる。
前回は「冷しサンマー麺 740円」を頂いたので、今日は別のものを・・・
まず目を惹いたのは「冷し葱油麺 900円」・・・これは美味しそうですよねぇ・・・・
ただ、多分万世町の上海料理店「麗華」さんで頂いた「冷しねぎソバ 600円」のような冷し麺の上に冷水でさらした刻みネギに刻みチャーシューをピリ辛のたれで和えたものが乗っているものの可能性が高い・・・

それも悪くはないし、むしろ試してみたい気はするのだけれども、やはりこちらで冷やし麺系なら、具は餡かけになっているものの方が良いのですよねぇ・・・
と言う事で、今日は「冷しねぎソバ」は諦め、他のものに・・・
冷しサンマー麺は頂いたので、今日はもう少しバージョンアップした「冷し滑肉麺(冷しニクソバ) 840円」辺りにしてみましょうか・・・
と言う事で、それをお願いした。

待つ事しばしで到着
麺1
麺と具は別の器で出してくれる。
麺は
麺2
こんな感じ
麺もスープもキンキンに冷やしてあり、スープには氷が入れてある。
具は
麺3
こちらは、もちろん熱々の状態。
白菜、タケノコ、ねぎ、きくらげ、豚肉が熱々の中華餡でとじられている。

で、これは別々に頂くのではなく
麺4
麺5
キンキンに冷やされた麺の上に熱々の具を掛けて頂くのが正解の食べ方だそうな。
まぁ、ライスを別に頼んで、麺とご飯半々ずつ具を掛けると言うのも手かもしれない。
お味の方はと言えば、これが意外なほどに美味しいのです。
麺はむちっとした強い腰が有り、歯ごたえはばっちり。
スープは氷が入ることが考慮されてやや濃いめに作られていて、薄っすらとかけられたゴマ油の風味が良い感じ。

これに熱々の具を掛けると言うのも不思議な食べ方なのだけれども、実際食べてみると違和感なく美味しく頂けるのですよねぇ・・・
スープ自体も結構美味しいので、普通の温そばもかなりいけそうです。
次回はその温そば系を頂いてみましょうか・・・

今日も美味しいランチで有りました。

店名 喜楽
住所 横浜市中区本牧町1-57
電話 045-621-4959
営業 11:00~19:30
定休 金曜
グルメウォーカー お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ココナッツチキンカレービーフン&生春巻@長者町 レーロイ

さて、今日は久しぶりにベトナム料理の「レーロイ」さんへ・・・
こちらへは2007年2月23日以来らしいので3年振りと言う事になりますねぇ・・・
まぁ、確かこの後に一度友人と食べに入った記憶はあるのだけれど・・・
なにせこの手のお店は夜営業で一人でお邪魔するにはお酒を嗜まないぼくにはやや入り辛いし、ランチ営業は月曜~金曜の平日のみとなっていて、中々寄らせて頂く機会がないのですよねぇ・・・

今日は昼にこちらにいたので、久しぶりに寄らせて貰おうと思った次第。
お店に行くと、店頭に
品書
ランチメニューの書かれたボードが置かれている。
中々魅力的なメニューが揃っていますねぇ。
と言う事で、そのままこちらで頂く事に・・・

お店に入ると先客はゼロ。
案内してもらった席に着いて、しばし検討・・・
ランチメニューは4種類用意されている。
その内「牛肉のフォーと生春巻(orチャーハン)のセット 730円」は前回伺った時に海鮮のフォーを頂いているのだけれども、これがまた結構美味しかったので外れない事はわかっている。

が、今日のランチ4種類の内、特に目を惹くのはBの「ココナッツチキンカレービーフンと生春巻のセット 730円」ですか・・・
と言う事で「ココナッツカレービーフン+生春巻 730円」をお願いした。
注文後壁に目をやると「ベトナム風サンドウィッチ」なんてのものポスターが・・・
フランスパンのサンドウィッチ(サブマリンサンドってやつですね)

そう言えばベトナムも過去にフランス領だった歴史が有りましたっけね・・・ぼくはベトナムにはまだ行った事はないけれども、同じく昔フランス領だった隣国のラオスに行った時に、やはり道端でフランスパンのサンドウィッチが売られていましたっけね。
ラオス・・・また行きたいですねぇ。

さて、そうこうしている間に到着
せっと
ココナッツチキンカカレービーフンと生春巻のセット
生春巻は
春巻1
春巻2
こんな感じ
ライスペーパにきゅうり、レタス、そうめん(かな?)、海老などが巻かれている。
タイ料理のお店で頂くと、生春巻にはパクチー(コリアンダー)が入っている事が多いのだけれども、こちらのお店は紫蘇が使われている。

正直、あまりパクチーは好みではないので、紫蘇になっている点はぼくには嬉しい。
割に大きな海老が入っていて、ぷりっとした食感が有り、これまた海老が苦手なぼくには難儀だったけれども、海老がお好きな方には嬉しいのではないかと。
生春巻はナムチムガイ(スウィートチリソース)で美味しく頂いた。

メインは
麺1
麺2
麺3
ココナッツチキンカレービーフン
ビーフンとなっていたので、勝手に炒麺系なのかと思い込んでいたものだから、汁そばが出てきたのでちょっとびっくり。
具はジャガイモ、ナス、鶏肉、キュウリ、ネギ。
麺はビーフンとなっているけれども、これそうめんじゃないかなぁ・・・

そうめんにココナッツ風味のカレーがかかっている感じなので、汁そばと言うよりも混ぜそばってかんじに近いかな?
変にくせの強さはなく適度なスパイシーさの有る美味しいカレーで、ココナッツミルクのまろやかな甘みが加わっていてこれがまた結構美味しい。
ご飯にかかっていても何の違和感もないでしょうねぇ。

150円足すと、これにミルクコーヒーが付けてもらえるらしい。
ミルクコーヒーって、あの練乳の沈んでいるめちゃめちゃ甘ったるいベトナむコーヒーなんだろうか・・・
あれって一度飲んだ事が有るけれども、水分を口にしているはずのに、何故飲むほどに喉がが渇いていくのだろうって言う不思議な飲み物で有りましたな・・・

久し振りにこちらで頂いたけれども、やはりこちらの料理は美味しいですねぇ。
次回は鶏肉のバジル炒めと目玉焼きの皿ご飯でも頂いてみましょうか。
って、次はいつランチに伺えるかわからないけれども・・・
タイ料理に比して口当たりが優しく癖がないので、余り癖が強過ぎるのは苦手と言う方にお薦めです。
美味しいランチで有りました。

店名 レーロイ
住所 横浜市中区長者町8-123 相模屋ビル1F
電話 045-251-3518
営業 11:00~14:00 17:00~01:00(L.O.12:30)
   土日祝ランチ 11:00~15:00
   (土日祝もランチやってるの?ランチのサービスセットの有無んの違いかな?)
定休 火曜
お店サイト
ぐるなび お店情報

シチズンさんは、やはり素晴らしいわ・・・
ご配慮感謝です。

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

日清 太麺堂々 極太濃厚味噌豚骨

さて、帰りがけに「ファミリーマート」さんに立ち寄ったところ「日清 太麺堂々 極太濃厚味噌豚骨 198円」なるカップラーメンが目を惹いた。
そう言えば、なんぞTVCMで見かけた気がする・・・
最近ではなかなかカップラーメンを食べる機会もないのだけれども、結構好きなんですよねぇ・・・
と言う事で、なんとなく購入。

パッケージは
上
こんな感じ。
中を開けてみると
かやく
粉末スープ、液体スープ、かやく

中の麺は
中1
中2
確かに、明らかに今までのカップ麺より太い麺ですねぇ・・・
さっそく調理開始
って、お湯を沸かして入れるだけなんだけど・・・

熱湯4分
固めの歯触りが好きなので、ややは約3分半ほどで液体スープを入れ
完成
麺1
麺2
随分と色が白っぽいですねぇ。
見た目からしてとろりとした濃厚なスープ。
さすがに極太だと言うだけあって、今まで見た度のインスタントラーメンの麺よりも断トツに太い・・・
結構もちっとして適度な歯ごたえのある麺で、カップめんと言っても最近そう馬鹿にしたものでもないのですねぇ・・・
もっとも、カップ麺の如何にもチープなあの油揚げ麺の食感は結構好きなんですが・・・

スープを飲んでみると、これがまた結構ゴマの風味が利いている。
こってり感が強く、このゴマの濃厚な風味が随分と際立っていますねぇ。
どうせの事なら、もう少し味付けを辛くしても良いかも。
ラー油を加えたら普通に担々麺ぽくなりそうですしねぇ。

ちょっとくどい感じが有るので、夕飯には良くても夜食には向かなそうですか・・・
お味自体は結構好みに合っていて美味しく頂けましたハイ
そう言えば乾麺のお蕎麦でも極太のやつが販売されていたような・・・
最近、麺は極太が好まれるのでしょうかねぇ。
それにしても、今やカップ麺も200円の時代なんですねぇ・・・

日清食品 サイト

テーマ:インスタント食品 - ジャンル:グルメ

はますいきしめん@日ノ出町 司

さて、今日は今月1日に日ノ出町の住宅街に開店したお蕎麦屋「坂の上のそば屋 司」さんへ・・・
お店の方に行ってみると先客はいらっしゃらないようで、奥の「掘りごたつ席の方へ、どうぞ」と案内して下さったのだけれども、今日は何となくテーブル席で頂く事に・・・
席に着いて「お品書き」を眺めて、しばし検討・・・

前回、2月の4日に伺った際には「かき南蛮蕎麦 1000円」を頂いたのだけれども、お蕎麦は勿論、お出汁や牡蠣も美味しく頂いた。
ちょっと焙られた長葱が予想外なほどに甘みが有って美味しかったので、今日は「とり南蛮 750円」辺りが良いかなぁ・・・とも思ってみたはものの、若葉町時代のお品書にも載っていた「はますいきしめん 1000円」はえらく美味しそうに思えて頂いてみようと思いながら、結局頂く事が出来なかったのですよねぇ・・・
やはり一度は頂いてみねば・・・と言う事で、今日は「はますいきしめん 1000円」をお願いする事に・・・・

待つ事しばしで到着
麺
麺2
麺3
おぉ・・・蛤たっぷりで豪華な見た目。
具は、殻付き蛤、しいたけ、かまぼこ、海苔、三つ葉。
名前の通り
つゆ
ゆずの香りが漂うお吸い物風
そして
麺4
この辺では出してくれるお店が余りない生きしめん。

さっそく頂いてみると、蛤や海苔の磯の香りが口に広がり、ゆずの風味が清涼感を加えている。
塩加減は汁そばのお出汁として濃からず薄からず絶妙ですねぇ。
蛤はくにゅっとした歯ごたえと甘みが有りえらく美味しい。
ちゅるんとした舌触りで適度に腰のあるきしめんにもよく合っている。

んー・・・こちらはやはりきしめんも美味しいですねぇ。
とり南蛮や肉南蛮もきしめんでお願いする事が出来るのだろうか・・・
まぁ、それは今度伺った際に聞いてみましょう。
次回は鍋焼きうどんなんかも良さそうですねぇ・・・

食べ終わった後に、奥さんとしばし歓談。
どうやらお庭に木を植えたり灯篭を置いたりして庭園風になさるとのこと。
こちらは高台の上に在って、窓からは見晴らしのよい景色が望めるのだけれども、庭園風にしたら晴れた日ばかりではなく雨の日も映えますしねぇ。
庭園風の庭が完成したら、お庭が真正面に臨める掘りごたつの座卓席は人気の席となりそうですねぇ。
楽しみな事です。

今日も美味しいきしめんでありました。

店名 坂の上のそば屋 司
住所 横浜市西区東ヶ丘23-27
電話 045-251-0738
営業 昼営業あり 夜は20:30~21:00位まで
日曜・祝日も営業(定休日は水曜または木曜になさるとの事。しばらくはお休みなしとの事なので電話でご確認を)
お店地図

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

味噌ラーメン@横浜駅西口 龍味

さて、今日は横浜駅西口東洋ビル地下飲食店街に在る格安有名中華料理店「龍味」さんへ・・・
こちらへは先年12月21日に伺い「サンマー麺 450円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
なにぶんと外は雨・・・雨の中外を歩き回るのもめんどいのでこちらに寄らせて頂いた次第。
お店に行くと相変わらずの繁盛っぷりで、ぼくが出る頃にはテーブル席は相席と言う状況に・・・

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
龍味さんと言えば、やはり「サンマー麺 450円」
特に今日みたいな寒い日には餡かけ系の汁そばは体が温まって良いですよねぇ・・・
そう言う事もあってか、今日はいつも以上に「サンマーイガ」と言う店員さんのオーダーの通しを聞いた気がする・・・

ぼくもなんとなくサンマー麺を頂く気満々でお店に伺ったのだけれども、そう言えばまだこちらでは「味噌ラーメン」を頂いた事がなく、いずれは頂こうと思っていたのですよねぇ・・・
まぁ、たまには違ったものを頂いてみるのも悪しくはない。
と言う事で「味噌ラーメン 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
麺1
麺2
麺3
おぉ…やはりこちらは味噌ラーメンも炒め野菜たっぷり系なのですねぇ。
具は白菜、玉ねぎ、人参、ニラ、きくらげ、豚肉など。
さすがにお客の回転率重視のお忙しいこちらのお店では、野菜を炒めた後にスープで煮込むところまではしていないようだけれども、それでもここまでしっかり具が盛られているというのは嬉しいですねぇ。
麺は中太縮れ麺。

さっそく頂いてみると、思った以上にしっかりしたお味。
へヴィと言うほどではないものの、適度なこってり感のあるスープになっていて、味噌の濃ゆい味が麺にしっかり吸われてこれが結構美味しい。
ちょっと塩味がきついかと思ったのだけれども、スープに野菜の甘みが溶け込む事で丸みのあるお味になる。
こちらは割に化学調味料を多用されるのだけれども、それだけに使い方も上手ですよねぇ。


考えてみれば味噌ラーメンってどこのお店でも対外ちょっと高めの価格設定になっていて、700円~800円くらいが普通なのに、こちらはこれで500円だと言うのだから随分とお安い。
その上お味も普通に美味しいですしボリュームも有るのだから素敵なお店で有ります。
次回はご飯ものでも頂いてみましょうか・・・

美味しい味噌ラーメンで有りました。

店名 龍味
住所 横浜市西区北幸1-1-8 横浜東洋ビル B1F
電話 045-311-2498
営業 10:30 - 20:30
定休 無休
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

搾菜肉絲麺@伊勢佐木 Dimply

さて、今日も一見のお店へ・・・
伊勢佐木モールから若葉町の方に向かう道沿いに在るカフェ&台湾料理奈店「Dimply(ディンプリー)」さん。
ラーメン店「らーめん駿河」さんの車道を挟んで向かい辺りに在るお店で、なにぶんとカフェなんて感じのお店には縁のないぼくとしては寄らせて頂く機会もないものと思っていたのだけれども、ほんまさんのサイト「恰幅の良い彼」「こちらの記事」を拝見させて頂き、面白そうだったので入ってみた次第。

お店に入ると先客は数名。
情報に有った通り日本語ではなく中国語が飛び交っている。
外観と店内で雰囲気にえらいギャップのあるお店ですねぇ・・・
とりあえず席に着いてお品書を眺めてみる・・・
カフェらしく
品書1
ドリンク類はこんな感じ
定番喫茶ドリンクメニューの中に「愛玉氷(オーギョーチー)」なんてメニューが有る辺りが面白いですねぇ。
飲食系は
品書2
こんな感じ
こちらも喫茶ちっくなメニューの中に中華系メニューがいくつか混ざっている。
こういうお店で出てくるナポリタンって言うのも興味深いような気もしますが・・・
壁張りメニューも有り
品書3
こんな感じ
手作りだと言う「水餃」なんて美味しそうですねぇ。

さて、今日はどれをお願いしましょうか・・・
んー・・・壁張りメニューは多分お薦めなのでしょうねぇ。
となると「搾菜肉絲 麺・冬粉 800円」ですか・・・
こちらは麺か冬粉のどちらかを選べるようで「冬粉」とは春雨の事らしい。
ヘルシー志向者向けローカロリーメニューでしょうかねぇ。
まぁ、なんとなく今日は春雨という気分でもなく「搾菜青肉絲 800円」を麺の方でお願いした。

待つ事しばしで到着
麺1
麺2
麺3
麺4
これはまた、街中中華では余り見かけない感じのものですねぇ。
スープは白湯で麺は平打ちストレート麺。
と言うか、これうどんの乾麺じゃないかな・・・
具は搾菜、豚肉細切り、白菜に焦がし葱が散らせてある。

スープはさほど特徴のないものながらすっきりしていて結構美味しい。
豚肉は炒めるときに味付けしたと言うよりも元々煮込んで味をしみ込ませた感じのもののようだ。
搾菜は余り塩抜きがされておらず、保存食系漬物と言った感じの風味。
スープ自体は凡庸ながら上にち散らせてある焦がし葱がよい感じに風味を加えているし、搾菜や豚肉の風味が溶け込む事で結構美味しく出来上がっている。

スープ自体の塩気に加えて搾菜の塩気が加わるので、ちょっと塩味が強くなり過ぎるきらいはあるものの、これはこれで結構美味しい。
次回は牛筋麺と水餃辺りを頂いてみたいですねぇ。
美味しいラーメンで有りました。

店名 Dinmly(ディンプリー)
住所 横浜市中区伊勢佐木町4-121
電話 045-252ー0787
営業 昼は12:00過ぎくらいから
定休 不明
お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カレー南蛮うどんセット@伊勢佐木長者町 桧岐

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木長者町駅そば、とんかつのお店「かつ乃家」さんの並びに在るそばとうどんのお店「桧岐(ひのき)」さん。
以前からお店の存在は知っていながらも中々伺う機会がないままになっていたお店だったのだけれども、今日通り掛かったら入り口にランチセットのメニューの書かれたボードが下がっており「まぐろ漬け丼セット 950円」「カレー南蛮セット 800円」とあったので、この雨の落ちて寒い中ではカレー南蛮は魅力的ですよねぇ・・・

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると手前に4人掛けテーブル席が2つ、奥にもいくつかテーブルが置かれているようで意外と広い。
先客はゼロで後からお一人見えられた。
適当に席に着くと温かいほうじ茶を出してくれる。
んー・・・体が温まって良いですねぇ。
とりあえず表で見た「カレー南蛮セット 800円」をうどんでお願いした。

出来上がりを待つ間にお品書を眺めてみる・・・
品書2
品書3
品書4
あら・・・この辺では珍しく?「にしん 950円」なんてあるのですねぇ・・・・
にしんそばと言えば京都ですが、京都ってうどん中心のイメージが有るけれども、にしんはうどんではなくお蕎麦なんですよねぇ・・・
こちらはお蕎麦かうどんは注文時に選択して伝えるのだけれども、にしんをうどんで頂くなんてのも面白かったかも・・・
そう言えば店名の「桧」ってぼくが通った高校の校章だったなぁ・・・
あれから18年ですか・・・望外に長生きしてしまったね・・・・心が平穏である内に早く消え去ってしまいたいのに・・・・・
などと取り留めもなくどうでも良い事を考えていると
咖#21937;1
セットが到着
カレー南蛮、ごはん、漬物
漬物は胡瓜、蕪、白菜と3種類入っていて漬かり具合がちょうど良く特に白菜のつけものは好みに合っていましたねぇ。

さて、メインのカレー南蛮と言えば
咖#21937;2
咖#21937;3
咖#21937;4
こんな感じ。
具は豚肉と玉ねぎのみとシンプル。
うどんは手打ちではなさそうだけれども、意外と腰が有りつるっとした舌触りにクニっとした適度な歯ごたえが良い感じ。
汁はしっかりしたお出汁の風味を感じるもので適度にカレーの風味も利いている。
やはり、今日みたいに寒い日にはこう言うとろみの付いた熱々のおうどんは良いですねぇ。

それにしても「カレーうどん」ではなく「カレー南蛮」となっていたので長ネギかと思ったのだけれども玉ねぎでしたか・・・
こちらには「かも南蛮 1250円」と言うメニューも有るようなので、まさかかも南蛮に玉ねぎは使わないでしょうから長ねぎの用意はあると思うのだけれども・・・
個人的にはカレー南蛮やカレー丼の様な和風のお出汁には長ねぎの方が合うと思うのですけれども、実は一般的にはカレー南蛮って玉ねぎ仕様という認識の方が強いのでしょうか・・・

まぁ、その辺はお店の流儀ですから致し方ないところですねぇ。
うどんを頂き終わった後は、ご飯を丼に投入して即席カレー南蛮おじやにして最後まで美味しく頂いた。
次回はにしんそばでも頂いてみたいですねぇ。
中々美味しいカレー南蛮でありました。

店名 そば処 桧岐(ひのき)
住所 横浜市中区長者町5-59
電話 045-261-9462
営業 平日11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
   土曜・祝日11:00~16:00(ラストオーダー15:30)
定休 日曜
お店サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

土鍋入り麻婆春雨@若葉町 上海美食

さて、今日は伊勢佐木モールから一本日ノ出町よりの道沿いに在る中華料理店「上海美食」さんへ・・・
通り掛かりに店頭に置いてあるランチメニューの書かれたボードを見てみたら「土鍋入り麻婆春雨」なんておいしそうなものが載っていたので、今日はこちらで頂く事に・・・
他には「鶏肉と長ねぎの炒め物」とか「芝海老のなんちゃら炒め」とか「土鍋入り大雲呑+半炒飯」など500円~750円ほど5,6種類ほどランチセットが用意されている。
ランチとは言え定食が500円~と言うのは随分とお安いですよねぇ。

お店に入ってみると、12時半を回ったところで半分以上の席は埋まっており、後からもお客さんが数組見えられた。
まぁ、お値段が安いという事もあるし、お味も良いですからねぇ・・・
美味しくて安ければ人気が出るのは当然の理でありましょうね。
席に着いて出してくれた温かいお茶なんぞを啜りつつ、しばし検討・・・
「鶏肉と長ねぎの炒め物」にしようか「土鍋入り麻婆春雨」にしようか迷ったものの、今日みたいに小雨が降って寒い日には「土鍋」の文字は魅力的ですよねぇ・・・
と言う事で「土鍋入り麻婆春雨 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、スープ、春雨、サラダ、漬物、杏仁豆腐。
スープは今日もとろみの付いた溶き卵と豆腐の中華スープで、これがまた結構美味しいのですよねぇ。
杏仁豆腐はやや粉っぽさが有るものの、さっぱりしていて悪くない。
ここまで付いた上、ご飯はお替り自由なのだから太っ腹なお店であります。

メインの土鍋入り麻婆春雨は
春雨1
春雨2
春雨3
こんな感じ
土鍋入りとなっていたので春雨スープ的なもう少し汁っ気のあるものなのかと思っていたら、麻婆風味の春雨炒めのような感じのものだった。
これがまたピリッと辛みが利いていて結構美味しい。
これならもう100円価格を高くして、竹の子とかニラとかの野菜類を加えてくれたら、もっと美味しいものが出来たでしょうねぇ。

次は土鍋入り大雲呑+半炒飯のセットでも頂いてみましょうか。
今日も相変わらず美味しいランチでありました。

店名 上海美食
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

カレー丼@若葉町 すゞ家

さて、今日は若葉町に在るうどん&お蕎麦と定食なお店「すゞ家」さんへ・・・
こちらへは昨年の8月3日に寄らせて頂いて以来となるようなので、半年振りになりますねぇ。
酢今日は朝は割に暖かだったのに、帰るころには小雨が降り出して結構冷えてきたので、何か熱々のとろみの付いたものを頂きたいなぁ・・・とどこで頂こうかと考えた時にこちらを思い出したので久しぶりに寄らせて頂いた次第。

お店に行くと先客はお一人、後からもうお一人見えられた。
「すゞ家」さんに来たとなれば、ぼくが頂くものは決まっている。
と言う事で、適当に空いている席に座り、一応お品書き
「お品書 表」 「お品書 裏」
なんぞも眺めてはみたはものの、結局いつも通り「カレー丼 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
丼1
丼2
相変わらず美味しそうですねぇ。。。
カレー丼にお味噌汁とお漬物も付けてくれる。
こちらのカレー丼は豚肉と玉ねぎのみとシンプル。
結構お出汁の風味が利いていて、ちょっと甘めの味付けになっている。

やはり、今日みたいな日にはとろみの付いた熱々の餡かけ物が体が温まって良いですよねぇ。
なんとなく途中で七味を加えてみたら、味が締まって一層おいしくなった。
惜しむらくは、長ねぎではない事なのですよねぇ。
やはりカレー丼やカレー南蛮の様な和風なものには玉ねぎより長ねぎの方が個人的には好きなのです。
最近カレー丼でも玉ねぎを使うところが多い気がするのだけレオdも、玉ねぎの方が火の通りが早くてお客を待たせなくて済むと言う事なのかもしれませんねぇ・・・

久しぶりに頂いたカレー丼は美味しかったです。

店名 すゞ家
住所 神奈川県横浜市中区若葉町3丁目54
電話 045-261-1014
営業 10:30~19:00
定休 金曜 第2土曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

味玉中華そば@伊勢佐木 日高屋

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る格安ラーメンの全国チェーン「日高屋」さんへ・・・
通り掛かりに「上場10週円記念第2弾 味玉中華そば 70円引きの420円」と言うようなポスターが店頭に張ってあったので、今日はこちらで頂く事に・・・
なにせこちらは毎回会計の際に大盛無料のクーポン券もで頂いてしまうので、通り掛かりにはつい店頭のメニューやポスターを眺めてしまうのですよねぇ・・・
まぁ、しっかりハイデイ日高屋さんの商売戦略に乗せられている訳ですねハイ

お店に入ると、相変わらずの賑わいっぷり。
テーブル席には空きがなさそうだったので、入って右側に在るカウンター席へ・・・
後からも続々とお客さんが入ってこられたので、カウンター席もすぐに満席となり、後の方たちはテーブル席での哀惜と言う状態だった。
サービス期間中と言う事もあるのだろうけれども、お酒やつまみ系も格安の値段設定になっているので結構居酒屋として利用されている方も多いのですよねぇ、こちらのお店。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
表のポスターには「味玉中華そば」となっていたけれども、豚骨ラーメンや味噌ラーメンなどでも味玉入りは70円引きになるらしい。
そう言えば、こちらで普通の中華そばってまだ頂いた事がないのですよねぇ・・・
その上、折角のサービス期間中ですからねぇ。
と言う事で「味玉中華そば 420円」を前回頂いたクーポン券を使って大盛でお願いした。

待つ事しばしで到着
麺1
麺2
麺4
麺3
こちらはセントラルキッチン方式のお店らしく、一人前のスープの分量が決まっているようで大盛にしてもらうと麺とスープのバランスがやや悪いですねぇ。
まぁ、最近ではラーメンのスープを飲み干すなんて事も余りないので、構わないっちゃそうですが見栄えはあまり良くないかなと・・・

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔の中華そばスタンダード具材に味玉が加えられている。
味玉は
 麺5
トロリ半熟とはいかないものの、半熟気味で味加減はちょうど良く意外と美味しい。
全般的には如何にも汎用と言った感じで、これと言った特徴はないものの普通に悪くない。
お味がその辺の中華屋さんのものと同等のお味なのだから、低価格と言うアドバンテージは大きいですよねぇ。
それにしても、こちらのお箸は滑り易くて麺をつかみ辛いのですよねぇ・・・

この上場記念サービスは2月28日まで実施されるそうなので、機会が有ればまた今月中にもう1,2度は寄らせて頂く事に致しましょう。
悪くない中華そばでありました。

店名 日高屋 伊勢佐木店
住所 横浜市中区伊勢佐木町2丁目67
電話 045-260-8545
営業 11:00~翌2:00(土・日・祝は9:30開店。金・土は翌3:00閉店)
定休 年中無休
ハイデイ日高屋 サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

まぐろ二色丼@伊勢佐木長者町 寿し彦呂

さて、今日は一見のお店へ・・・
大通公園沿いに在るコンビニ「ファミリーマート 弥生町店」さんの地下に出来たお寿司&居酒屋なお店「海鮮憩処 寿し彦呂」さん。
昨日通りがかりに
品書
こんな写真入りランチメニューの置き看板が階段上に出ているのを見かけてお店の存在に気が付いたのだけれども、昨日は関内の「ベジタブル・マーケット」さんでランチを頂いた後だったので、とりあえず置き看板に付けられていた持ち帰り用のチラシ
品書2
だけを頂いて帰り、次の土曜日にでもと思っていたのだけれども、今日通り掛かったら日曜でもっランチ営業されているらしく、昨日と同じようにランチメニューの置き看板が上に出ていたので寄らせて貰う事に・・・

「寿し彦呂」さんは、昨年末オープンされ、先週1月27日よりランチ営業を始められたそうだ。
こちらの建物には上にはランチにはラーメンと半炒飯のセットを500円で出されているラーメン店「濱龍」さんや有名カレー店「バーグ」さんなんかが在ってランチ時には賑わっているし、地下にはアラビア料理の「アル・アイン」さんなんかが入っていて、意外とちょっとした激戦区ですよねぇ。
それにしても、日曜日にもランチ営業をしてくれるというのは有難い。

と言う事で、階段を下りお店へ・・・
そう言えば、こちらは数年前まで沖縄料理の「首里」さんと言うお店が入っていた店舗かな・・・
とりあえずお店に入ると先客はゼロ、後からお一人見えられた。
接客係の女性が「カウンターへどうぞ」と仰るのでカウンター席へ・・・
カウンター席が6,7席くらいはあったかな・・・テーブル席もいくつかあり割と広々として清潔感のある店内。
カウンターの席に着くと、板場の職人さんが愛想よく挨拶してくれる。

さて、カウンターにはランチメニューが置かれており
「まぐろ二色丼 580円」
「海鮮山かけ丼 580円」
「限定かきあげ丼 480円」
と丼物が3種類、全品お椀付きで用意されているようだ。
まぐろ二色丼は通常780円だそうなのだけれども、ランチメニュースターと記念と言う事で580円となっており、かきあげ丼は一日限定5食となっている。
お店一番の推しは「まぐろ二色丼 580円」ぽいので、こちらをお願いした。

待つ事しばしで到着
丼1
丼2
ぉ・・・なんかすごい豪華ですねぇ。
店内が暗かったのとカメラの腕が悪過ぎで、写真で見ると見栄えはいまいちだけれども、実物は色合い華やかで見栄えのするものでした。
筒切りな赤身と中トロがどっさりと乗せられていますねぇ。
ご飯は酢飯ではなく白ご飯。
これにお味噌汁が付いたのだけれども、このお味噌汁がやたらに美味い。
なんだろう・・・久しぶりに自分の好みに合った美味しいお味噌汁だった。

さっそく頂いてみると、ご飯はやや軟目の炊きあがり。
厚切りなまぐろは旨みも甘みもあっておいしい。
お寿司屋さんなので酢飯かと思ったのだけれども、白ご飯で頂いた方が却ってまぐろの美味しさが感じられるものかもしれませんねぇ。
後から入ってこられたお客さんは「御飯にいくらとサーモンを乗せて」的な注文をされていたので、そう言った注文にもこたえてくださるようだ。
まぁ、注文された方は常連さんぽかったので、さすがにいきなりはそういう頼み方はし辛いけれど・・・

酢飯ではなかったので、夜出されるお寿司がどんな感じかは分からないのだけれども、少なくともまぐろは美味しいですねぇ。
厚切りまぐろたっぷりでボリュームもしっかりあり、美味しい味噌汁が付いて580円はかなりお得かと。
このまぐろ二色丼の580円と言う価格ははランチスタート記念の期間限定のお値段らしいので、ご興味のある方はお早めに。
次は「海鮮山かけ丼 580円」を頂いてみたいですねぇ。
美味しいまぐろ丼でありました。

店名 海鮮憩処 寿し彦呂
住所 横浜市中区弥生町2-18 B1F
電話 045-260-6474
営業 11:30~14:00(ラストオーダー13:30) 18:00~翌03:00(ラストオーダー02:00)
定休 月曜
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

シェフの気まぐれランチ@関内 ベジタブル・マーケット

さて、今日のランチは久しぶりに伊勢佐木モール裏手に在るフレンチレストラン「ビストロ ベジタブル・マーケット」さんへ・・・
こちらへは2008年7月26日に寄らせて頂いて以来なので1年半ぶりと言う事になりますねぇ・・・
たまに気になって覗くのだけれども、いつも混んでいて結局寄らせて貰う機会を逸し続けていたのですよねぇ。
今日は通りがかりにお店を覗いたら、まだ空いているようだったので寄らせてもらった次第。

こちらのランチは週替わりの1種類で、店頭にランチメニューの書かれたボードが置かれている。
で、今週の週替わりランチは
らんち
「真ダラのロースト きのこクリームスープ仕立て」
こちらはお魚料理が美味しいお店ですからねぇ。
これは入るしか有りますまい。
と言う事で店内へ・・・

お店に入ると先客は二組ほど、後からも3組ほど見えられた。
目立たない場所に在るのに、相変わらずの人気店振りですねぇ。
案内してくれた奥の席に着くと「ランチは1種類でライスかパンが選べます」との事なのでパンを選択。
食後のドリンクはロイヤルミルクティをお願いした。

待つ事しばしで、先にサラダが到着
さらだ
小麦のもりもりサラダ
上に散らされているもちっとした食感の小麦が良い感じですねぇ。
サラダを食べ終わると
たら1
パンとメインが到着
舟形の皿に綺麗に盛り付けられていますねぇ。
たら2
「真ダラのロースト きのこクリームスープ仕立て 長葱と金時人参のヌイユ風&じゃが芋添え」
ヌイユ風とは何ぞや?と思って調べてみたら、フランス語で麺類をさす言葉らしい。
平薄切りされた長葱と金時人参をパスタに見立てたものと言う事なのでしょうねぇ。
色のコントラストが綺麗ですよねぇ。

ローストされたじゃが芋に真ダラのローストが乗り、その上に長ネギと金時人参の平薄切りが乗せられている。
真鱈もむちっとしたしっかりした歯応えがあり、さっぱりしていて美味しい。
にんじんは苦手なのでアレですが、にんじんらしい香りと甘みたっぷりの人参だったので、ニンジンがお好きな方には美味しく頂けるものなのでしょうねぇ。
張られたクリームスープが、これまたきのこの風味たっぷりで美味しいすーぷで、バケットで拭って最後まで美味しく頂いた。

食後には
みるく
ロイヤルミルクティ
ちゃんと香り高く美味しい紅茶。
まぁ、個人的には食後にはストレートティの方が良いのですが、こちらはハーブティかロイヤルミルクティで、ストレートティはなかったのですよねぇ。
デザートは別料金でつけられるので、この美味しい紅茶で食後のデザートを楽しむのも良いでしょうねぇ。

んー・・・相変わらず美味しい料理の頂けるお店だ・・・・
人気のあるお店なので、のんびりと食事を楽しみたい方は狙い目は1時過ぎくらいでしょうねぇ。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 ビストロ ベジタブル・マーケット
住所 神奈川県横浜市中区吉田町2-7
TEL 045-243-5150
営業 12:00~14:00(LO) 18:00~22:00(LO)
定休 日曜 第1・第3月曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

イタリアンハンバーグ@横浜橋 樹林

さて、今日は横浜橋通り商店街からわき道に入ったところに在る喫茶&洋食なお店「樹林」さんへ・・・
こちらへは昨年10月30日に寄らせて貰って以来と言う事になりますねぇ。
今日は何となくナポリタンな気分・・・ナポリタンと言えば個人的No1ナポリタンは井土ヶ谷駅すぐそばに在る喫茶店「アスカ」さんのナポリタンなのだけれども、すでに関内辺りに来てしまっていて、ここから井土ヶ谷に向かうのはちょいとめんどい・・・

関内辺りで言えば「グリル サクライ」さんの「ナポリタンデラックス」が第一候補なれど、こちらは今現在昼営業のみとなっている・・・
馬車道の喫茶&洋食なお店「ポニー」さんの「ナポリタンハンバーグ」も久しく頂いていないなぁ・・・
などと、どこで頂こうかと考えていた時に思い出したのが、こちら「樹林」さん。
さっそくお店へ・・・

お店に入ると、いつもならほとんどお客さんの居らっしゃらない時間帯にも拘らず、今日は数組の先客があり、ぼくが入った後も続々と入ってこられた。
お客さんの大半は女性。
何事かと思ったら、どうやら三吉演芸場さんで大衆演劇が有るようだ。
こちらのお店は、ご主人が演劇鑑賞のご趣味がお有りなのかお店入り口には三吉演芸場の演劇告知ポスターなどが貼って有り、どうやら演劇ファンの憩いの場となっているようだ。

そういう雰囲気の中、場違いな自分が入り込むのもどうかとは思ったものの、それはもはや今更と言うものでありましょうね・・・
とりあえず空いている席に着きお品書を眺めてみる・・・
「お品書き1」 「お品書2」 「お品書3」
とお品書はこんな感じ。
今日も寒いし「カレードリア 750円とか「チキンドリア 750円」辺りは美味しそうですよねぇ・・・

といつも思うのだけれども、どうしても目を惹くのは
写真入りの壁貼りメニュー「イタリアンハンバーグ」
これがまた美味しいのですよねぇ・・・
いつもドリアとかピラフとかオムライスとか他のメニューも頂いてみたいなぁ・・・とは思うものの、この「イタリアンハンバーグ」の魅力が買ってしまうのですよねぇ。
と言う事で、今日もやはり「イタリアンハンバーグ 800円」をお願いする事に・・・

お客さんが多いため、今日はいつもより時間がかかりそうだったので、置いて有った雑誌なぞを眺めつつのんびりと到着を待っていると、先に
さらだ
サラダとポタージュスープが到着
多分インスタントと思われるポタージュスープは、インスタントなだけに当たり外れはなく普通に飲み慣れたお味。
サラダもしっかりしたボリュームが有る。

スープとサラダを頂き終わると、タイミングよく
いた1
ライスとイタリアンハンバーグが到着
そう・・・こちらはしっかりライスまで付けてくれるのだけれども、ちょっと濃いめなケチャップ風味のスパゲティがライスに良く合うのですよ。
お好み焼でご飯を食べる大阪人の気持ちは理解できませんが、ケチャスパでライスは普通にいけますハイ

メインのイタリアンハンバーグは
いた2
いた3
こんな感じ
イタリアンスパゲティの上にハンバーグが乗せられ、ハンバーグにはデミソースがかけられている。
こちらのお店には「ナポリタン」と言う単品メニューは有るのだけれども「イタリアン」と言う単品メニューはないので、イタリアンとナポリタンの違いは良く分かりませんが、多分具にハムかベーコンが入った単品ケチャスパをナポリタンと言うのではないかと・・・
スパゲティは
すぱ
太さは良く売られている通常のものながら、やや軟目に茹でられている。
具は玉ねぎにピーマン、マッシュルーム。
味付けに使われているケチャップは、かなり多めながらしっかり火が通されて酸味が飛び香ばしさと甘みが出ている。
この香ばしい風味が有ってこそと言う気がしますよねぇ。
ハンバーグは
はん
こんな感じ。
適度な肉感のしっかりした旨みのあるハンバーグ。
焼き加減もベストですねぇ。
ちょっと濃いめなデミソースが、これまた良くライスと会う上に、イタリアンスパゲティに混ざり込んで美味しさが増すのですよ。

んー…相変わらずの美味しさとボリュームですねぇ。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 樹林
住所 横浜市南区白妙町1丁目3
電話 045-251-4115
営業 少なくとも8:30にはお店は開いているようです。
定休 不明
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

かき南蛮蕎麦@日ノ出町 司

さて、今日は2月1日に開店したお蕎麦屋「坂の上のそば屋 司」さんへ・・・
こちらは昨年8月末まで若葉町で営業されていた「そば処 司」さんが長年営業されていた若葉町のお店を閉めて、ご自宅の一部をお店に改装し「坂の上のそば屋 司」と屋号も改め2月1日に新規開店されたばかり。
先日、一昨日伺おうと思って近くまで行ったのだけれども、お店の場所の記憶が曖昧で結局たどり着けず、今日改めて地図をしっかり持って伺った次第。

地図を持って行ってみると、先日結構近いところまでは行き着いていたらしい・・・
まぁ、結局目的地までは辿り着け諦めたのだから、近かったもへったくれもないのだけれども・・・
確かに結構な段数の階段を上る事になる住宅街の中なので、全く目印がないと分かり辛いけれども、階段下に案内看板を出してくれていたので、割にあっさりと行き着けた。

て、お店には「司」の文字の入った大きな暖簾がかかり「料亭です」と言われても頷いてしまうような店構え。
暖簾のかかった門を潜って敷地に入ると如何にも旧家を思わせるような雰囲気の木の引き戸の入り口。
いやぁ・・・これはお蕎麦屋さんだって分かってなかったら、おいそれと入っていけるような感じではないですねぇ・・・・
扉を引き開けると玄関になっていて、そこで靴を脱いでスリッパに履き替えて入るという、如何にも自宅を改装しましたと言う感じ。

スリッパに履き替えて正面の引き戸を開けると、そこがお店のスペースになっていて4人掛けテーブルが4つある。
が、奥さんがこちらへどうぞと言って、隣の掘りごたつになっている座卓へ案内してくれた。
こちらは4人掛けの掘りごたつになった座卓席が2つ。
蕎麦打ちのこね鉢が置かれていて、人数が集まれば蕎麦打ちを教えて下さるのだそうな。
Blog「FOOD LANDSCAPE 」さん「こちらの記事」を拝見させて頂くに、以前よりそば教室を開催されていたそうだ。

さて、掘りごたつの席に着いて、お品書を眺めてみる・・・
品書
若葉町で営業されていた頃のお品書に比してメニューを絞り込んである印象。
以前頂きたいと思いつつ、結局頂く機会を逸した「はますいきしめん 1000円」は残されているのですねぇ。
奥さんは「これ以外にご飯ものも有ります」と仰ってくれたのだけれども、やはり初めてきたお蕎麦屋さんでならお蕎麦を頂きましょうか。

んー・・・お蕎麦屋さんですからねぇ・・・・
最初はせいろを頂くのが本当なのでしょうけれども、お品書の「冬のおすすめ」という「かき南蛮」が目を惹きますねぇ。
そう言えば今冬は余り牡蠣を頂いていない気がする・・・
と言う事で、お薦めとなっている「かき南蛮 1000円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
牡蠣1
牡蠣2
おぉ・・・美味しそうな香り。
お蕎麦は
牡蠣3
細めながら程よい腰が有り、お蕎麦の香りと風味が十分楽しめる。
結構鰹節などの風味が強めのお出汁にも負けないしっかりとした美味しいお蕎麦ですねぇ。

具は牡蠣、しいたけ、長ねぎ、かまぼこ、海苔
長ねぎは少し炙って有るようで、香ばしさが出たすごく甘みのあるものだった。
牡蠣は
牡蠣4
ぷりっとした旨みたっぷりのものが5,6個は入っていたような・・・
お出汁は風味の強い如何にもな関東風。
上に乗っている長ねぎの甘みやシイタケの風味が溶け込んで美味しく飲み干してしまいましたねぇ。
いやぁ・・・これは美味しい。
かき南蛮は本日のお薦めと言うよりも、お店の代表メニューのような感じらしく、今までも新聞や雑誌で取り上げられたメニューなのだそうな。

お蕎麦を頂いていると、わざわざご主人まで挨拶に出て来てくれてお話をしてくれた。
お蕎麦屋のご主人と言うと、ちょっと頑固でとっつき辛い雰囲気の人が多い気がするのだけれども、こちらのご主人は人当たりが良く、いかにもお蕎麦が好きでお店やっていますと言った雰囲気。
若葉町で営業されていた頃は、お蕎麦も出せば定食も出したりとお食事処に近かったので、いつ行ってもお客さんの出入りのある忙しい雰囲気だったのだけれども、これからはのんびりとお蕎麦をのんびり食べてもらおうというコンセプトだそうだ。
確かにご主人も奥さんも人当たりの良く、お店も広々としていてのんびりした雰囲気で美味しくお蕎麦を頂く事が出来ますねぇ。

次ははますいきしめんかかも南蛮を頂いてみたいですねぇ。
美味しいかき南蛮蕎麦で有りました。

店名 坂の上のそば屋 司
住所 横浜市西区東ヶ丘23-27
電話 045-251-0738
営業 昼営業あり 夜は20:30~21:00位まで
日曜・祝日も営業(定休日は水曜または木曜になさるとの事。しばらくはお休みなしとの事なので電話でご確認を)
お店地図

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

叉焼麺@伊勢佐木 山海楼+α

さて、今日は福富町入り口に在る中華料理店「山海楼」さんへ・・・
こちらへはランチ時ばかり伺っている気がするので、たまには夜に伺ってみようと寄らせてもらった次第。
お店に行ってみると店頭に夜の定食の写真入り品書ボードが・・・
スブタ定食や鶏の辛し炒め定食などデザートの付いたセッが700円均一で5~6種類あるようだ。
夜も意外とお安い価格で定食を出していらっしゃるのですねぇ・・・

とりあえず店内へ・・・
先客はゼロだったので、適当に空いている席へ・・・
「お品書1」 「お品書2」
基本の単品お品書はこんな感じ。
これ以外に390円均一の前菜・点心系、880円均一の料理系のお品書が置かれていた。
さて、今日はどれを頂きましょうか・・・

お品書を眺めると目を惹いたのは「叉焼麺 500円」
こちらの叉焼は一度持ち帰りで頂いた事があり、結構美味しいものであることは承知している。
んー・・・表で見かけた「鶏の辛し炒め定食 700円」は魅力的ではあったのですよねぇ・・・・
少し考えて「叉焼麺 500円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
麺1
麺2
麺3
スタンダードなお姿ですねぇ。
具は青菜、メンマ、叉焼、ネギとシンプル
麺は細めのやや縮れ麺
スープは割に優しい風味のスタンダード中華スープ。
麺まは甘いものではなく、程よく塩味の利いたもの。

メインの叉焼は
麺4
こんな感じ
最近よく見かけるラーメン屋さんの煮豚ではなく本来の叉焼。
縁がやや赤く、ちょっと甘め。
しっかりした歯応えで、こちらの叉焼は好みに合っているのですよねぇ。
ラーメンそのものは、そんなに特徴のない普通のものなのだけれども、この叉焼が入る事で格段に味を上げている。

500円で頂ける叉焼麺としてはかなり良い感じですねぇ。
まぁ、これだけだと些か寂しいので、点心か何かを付けた方が良かったかも。
美味しい叉焼麺で有りました。

店名 山海楼
住所 横浜市中区伊勢佐木2-9-1
電話 045-251-4152
営業 平日11:00~15:00 17:00~23:00 土・日・祝11:00~23:00
定休 月曜 
新世紀商事グループ サイト

さて、今日2月3日は節分。
節分と言えば豆撒きで、自身の年齢と同じだけ豆を食べると言うのが風習だったのだけれども、ここ数年「恵方巻」なるものが節分時期に世間を席巻している。
恵方巻と言うのは、本来近畿地方の節分の風習だそうで「節分の夜にその年の恵方を向いて目を瞑り、言葉を発せず願い事を思い浮かべながら太巻き寿司を丸齧りする」と言うもので、ここ数年でそういう風習のなかったはずの関東方面でも毎年当たり前のように根付いてきた。

まぁ、この辺は太巻き寿司を売ろうと言う商魂逞しい広告戦術なので有りましょう。
「土用の丑の日にはうなぎを」に通じるものが有りますねぇ。
これに乗っかって「恵方」の文字の入ったロールケーキなんかも売ってますしね・・・
携帯会員登録をしてある「KFC ケンタッキーフライドチキン」さんからはトルティーヤでチキンなどの具が巻いてある「ツイスター」が巻いて有るという理由だけで「節分にはついスターを」的なノリで「ツイスター+ドリンクMセット 300円」のクーポンが送られてきた。
巻いてさえあれば何でも有りらしい・・・笑

ま、そう言うのにも乗っかってみましょうかと言う事でバス停羽衣町前に在るスーパー「フーデックスプレス 関内店」さんに立ち寄ってみたら
巻
丁度売っていたので購入
ちなみに今年の恵方は西微南(正確には 庚)らしい・・・
まぁ、コンパスなんて置いてある家は少ないでしょうが・・・
うちには
時計
カシオの「プロトレック」と言うフィールドワーク向きのデジタル時計のシリーズの中でも「高度計」「気圧計」「電子コンパス」の3つの機能が付加されているトリプルセンサーと言う時計が有る。
この時計ってば何せ馬鹿でかく、その上気圧だ高度だコンパスだなどと言う機能は日常生活上まったく必要がない。
旅行の時に持っていくくらいしか用途がないのですよねぇ・・・
旅行先でも使うと言っても気圧の動きを見て天気を予想するとか気温を確認して愕然とするとか、その程度だし・・・

その上、この時計は電力大喰らいなので電池が4つも入っていて、電池交換にはとんでもない金額がかかるという意味不明な上にランニングコストまで最悪だったりする訳ですが・・・
まぁ、そんな活躍の場がほとんどない時計ですが、たまには役立って頂く事に致しましょう・・・
と言っても、恵方を見るだけなでねすけどね・・・



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

Bランチ@日ノ出町 ミツワグリル

さて、今日は日ノ出町駅そばに在る老舗洋食店「ミツワグリル」さんへ・・・
最初は昨日移転開店したお蕎麦屋「坂の上のそば屋 司」さんに行くつもりで、探したのだけれども見つからず・・・
いや、ちゃんと地図を送って頂いていたので、その地図をもって行けば良かったものを、何せ今日は朝雪が積もっていたもんで、さすがに階段を上った上の方に在ると言うお店に行くのはきついと思っていたので地図を持って出なかったのですよねぇ・・・
それが帰るころにはすっかり雪も解けていたので、それなら行ってみましょうかと地図を見た記憶を辿って探してみたのだけれども、我が素敵な記憶能力ではちょいと足らなかったようで行きつけなかったのですよ・・・

と言う事で、今日は諦めて他処で頂こうと考えた時に思い出したのが、こちら「ミツワグリル」さん。
もしかして火曜日お休みだったかなぁ・・・と思いつつ行ってみると有りがたい事に営業中だったので、さっそく店内へ・・・
お店に入ると先客はゼロ、後からお一人見えられた。
空いている席に着いてお品書を眺めてみる・・・
品書1
品書2
お品書はこんな感じ
ミツワグリルさんと言えば、まずはこの辺では珍しい「トルコライス」の頂けるお店なのですよねぇ・・・
トルコライスと言えば、ぼくが頂いた事が有るのは、数年前まで岡野町に在った洋食店「ポパイ」さんで頂いた事が有り、後は中村町に在った「ゑびす屋」さんでカレーピラフの上にとんかつを乗せてもらって「トルコライス風」なものを頂いた事が有るだけなのですよねぇ・・・

ただ、トルコライスと言えば「チキンライスorカレーピラフ」+「チキンカツ」+「ナポリタン」の3種が揃ってこそなのだけれども、どうやらこちらのトルコライスにはナポリタンは乗っていないらしい。
この辺でその3種の揃ったトルコライスを出すお店はないのでしょうねぇ・・・
まぁ、野毛の洋食屋「センターグリル」さんでなら、「ライス」+「チキンカツ」+「イタリアンスパ」の3種が乗った「スパランチ」が有るので、もしかしたら別料金でライスをチキンライスに変えてもらうことは可能かもしれない。
まだお願いした事はないけれども・・・

となると、ミツワグリルさんと言えばこれ、第2弾「Bランチ」
こちらはミニハンバーグ&チキンカツにご飯とみそ汁が付いた素敵なセット。
こちらのお店もランチと付いてはいても、終日注文可能。
んー・・・ポークソテーがメインになっている「Aランチ 650円」も捨てがたいところですが・・・
少し迷った挙句、今日は「Bランチ 550円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ライス、わかめの味噌汁、メインプレートのセット
メインプレートの内容は
食1
食2
こんな感じ
ミニハンバーグ、チキンカツ、千キャベツ、ハム、ケチャスパ、ミックスベジタブル
550円とは思えない豪華な内容ですよねぇ・・・
まぁ、正直ミックスベジタブル(の内、グリンピースとにんじん)は苦手なので、申し訳ないと思いつつ残してしまったのですが・・・
ケチャスパはケチャップの風味はあまりせず、どちらかと言えば塩コショウ中心の付け合わせスパとしては出過ぎず引っ込み過ぎずのベストな存在感。

ミニハンバーグは
中1
やや小ぶりながら肉々しい中々旨みたっぷりなもの。
ただ、肉々しい感じを出す為に練り加減を甘くしているのか、ナイフを入れるとぼろっと割れ崩れが出来てしまう。
まぁ、お味が良いのですから個人的には些事ですが。
チキンカツは
中2
やや薄目なものではあるけれども、サクッとした心地よい歯触りの揚げ上がり。
適度に下味が付けられているので、そのままで十分美味しい。

んー・・・これで550円ですからねぇ・・・・
美味しい上にお安いのですから何も言う事は有りませんねぇ。
そう言えば、こういうお店のカレーライスって美味しそうね・・・
今度寄らせてもらった時にはカレーライスを頂いてみる事に致しましょう。

美味しい夕飯でありました。

店名 ミツワグリル
住所 横浜市中区日ノ出町1-20
電話 045-241-0696
営業 11:00~15:00 17:00~21:00
定休 水曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。