塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

担々麺+特製肉まん@曙町 藍林閣

さて、今日は先日曙町のバス通り沿いに新しくオープンした中華料理店「藍林閣」さんへ・・・
こちらは少し前まで「江南軒」さんと言う中華料理店だったのだけれども、今年に入り「藍林閣」さんに代わった。
まぁ、こちらは以前から余りお店の居付きが良くなく、ここ7年程の間でもラーメン屋さんが3店、中華料理店さんもこれで4店目になるかな・・・もっとも中華料理店さんになってからは看板の付け替えと店の路線変更を繰り返してきた感じだったけれども。

今日昼に通り掛かったら店頭にランチ定食のボードが出ていた。
スブタ定食や青椒肉絲定食、五目そば+炒飯など5~6種類用意されており、デザートにタピオカが付いて600円均一と割にお安い価格設定。
が、今日目を惹いたのは入り口ドア横に張られていた「開店サービス」と書かれた張り紙。
「担々麺+特製肉まん 450円」
張り紙を目に留めた瞬間に即断即決でお店の中へ・・・

お店に入ると先客はゼロ。
外観もそうだったけれども内装も江南軒さんの時のままですねぇ。
接客担当の女性は「江南軒」さんだった頃に頂いた時にはお見かけしなかったかな・・・
奥の席に陣取っていた男性は、あの時もいらっしゃった気がするけど。
席に着いて、とりあえず今日は表に在った開店サービスの「担々麺+特製肉まん 450円」をお願いする事に。

待っている間にお品書を眺めてみる・・・
麺類やご飯もの、点心系は
表
こんな感じ
前菜・一品料理系は
裏
飲み物系は
飲
こんな感じ
メニューを絞り込んで割にお安い価格で提供されている印象。
お酒類も揃えられているし、場所柄中華居酒屋的な方向性かな?

目を惹いたのは「香港焼売 3個290円」と「広東焼売 3個290円」
焼売が2種類・・・どういう違いだろう?
イメージでは前者が海鮮系で、後者は肉系かな?
今度確かめてみよう・・・
お粥が有るのも良いですねぇ。

さて、そうこうしている内に到着
せっと
担々麺と特製肉まんのセット

担々麺は
担々1
担々2
担々3
担々4
こんな感じ
胡麻の良い香りが漂い中々に美味しそう。
具は青菜に挽肉とシンプル。
麺は細めの縮れ麺。

さっそく頂くと見た目は結構赤みが強く辛そうだけれども、胡麻の風味と甘みで辛さの角が取れそんなに辛くない。
「華隆餐館」さん「担々刀削麺 750円」のような如何にも四川系なスパイスの風味は抑えられているので、本場系の風味を求める方には物足りないかも。
個人的にはこのくらいの風味と辛さがちょうど良いですけれどもねぇ。

一つ難を言うとすれば、スープがちょっとぬるいかな・・・
まぁ、中国系の方がやっているお店だと麺の固さやスープの温度には余り頓着しないお店が多いですからねぇ・・・
たぶん麺の茹で上げのタイミングを見計らってスープを用意したのではなくて、先にスープを丼に注いで置いて麺が茹であがるまでの間にスープが冷めちゃったんでしょうね・・・
元々ゴマペーストを加えた時点でも温度が下がるでしょうし。
スープが熱々の状態だったら、もっと美味しく頂けたのではないかと・・・

特製肉まんは
饅頭1
饅頭2
饅頭3
こんな感じ
これは多分、こちらで作ったものではないのでしょうね。
それにしても、おまけ程度のものかと思ったら、随分としっかりしたお味とボリュームのものを出してくれたので、ちょっとびっくり。
これは普通に美味しかったですハイ

今日頂いた感じだと、中華系スパイスなどの独特の風味は抑えられていて、割に日本人の味覚に合わせて食べ易くしてある印象。
スープの温度には難が有ったけれども、スープ自体は割にしっかりしていたので汁そば系は結構美味しいかも。
一品料理系も気になりますし、いろいろ頂いてみる事に致しましょう。
中々美味しい担々麺と肉まんでありました。

店名 藍林閣
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-29
営業 ランチ有り 夜は17:00~翌03:00
お店地図

さて、帰りがけにデイリーヤマザキさんに立ち寄ると
巻
こんな物が売っていたので購入。
家に戻って開けてみると
巻2
中々に素敵なビジュアル・・・
まぁ、105円の商品なので大きさは驚く程ではないのですが・・・
お味はまぁ普通に美味いですハイ

デイリーヤマザキ サイト
スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

セブンセット+味玉@吉野町 浜らーめん通

さて、今日は吉野町駅そばの住宅街の中にあるラーメン店「浜らーめん通」さんへ・・・
こちらへは2008年11月22日によらせて頂いて以来と1年以上振りとなりますねぇ・・・
なにせこちら、駅から近いとはいえ住宅街の小道沿いと言う非常に分かり辛い場所に在る為、たまに寄らせて貰おうと思って近くまで行っても記憶が曖昧過ぎていつも迷ってしまうので、前回伺ってから今までの間にも1,2度は近くまで行っては見たものの、結局行きつけず他処のお店で頂く事になたっりしてしまっているのですよねぇ・・・

今日はその曖昧な記憶のまま適当に歩いていたら余程運が良かったのか意外なほどすんなりと見つかったので、そのまま店内へ・・・
11時半を回ったところで、まだ開店したてだったのか先客はお一人だったのだけれども、後から続々とお客さんが見えられた。
相変わらず人気のあるお店ですねぇ・・・

空いている席に着きお品書を眺めてみる・・・
品書表
「浜通らーめん 250円」
相変わらずの激安っぷり・・・
今まで頂いた事のあるラーメンの中で最安は「びっくりラーメン一番」さんの180円(税抜き)らーめんなのだけれども、あちらはぎりぎりまで手間とコストを削ったセントラルキッチン方式の全国チェーンだった上に、それでも厳しかったのか経営破たんしてしまったのだから、個人経営でラーメン1杯250円と言う価格は驚異的ですよねぇ・・・

お品書の裏を返すと
品書裏
こんな感じ
ラーメン+餃子+ライスの「ゴーマルセット 500円」、ラーメン+炒飯の「ゴーゴーセット 550円」
セットと言っても、それぞれの定価加算なので特に割安になってはいないのだけれども、それにしたってお安いですよねぇ・・・

目を惹いたのは、ラーメン+チャーハン+餃子がセットになっている「セブンセット 700円」
そう言えば、まだこちらで餃子を頂いた事はなかったですしねぇ・・・
と言う事で「セブンセット 700円」に「味玉 50円」をプラスしてお願いした。
注文後気が付いたのだけれども「小カレー 200円」なんてのもあったのね・・・
こちらは次回頂いてみましょう。

待つ事しばしで到着
麺1
麺2
麺4
ラーメンはこんな感じ
家系ラーメンスタイルな見た目。
スープは豚骨ベース
麺は
麺3
これまた家系スタイルな太めのやや縮れた麺で、茹で加減はちょうど良く適度なぷりっとした歯ごたえがある。
具はチャーシュー、のり、青菜にプラスしてもらった味玉
チャーシューは
麺5
職人芸な薄切りのものだけれども、脂身の部分が多く個人的には好み。
味玉は黄身にもやや熱が入ってとろりとする様な感じではないものの一応半熟状態で味付けも適度。
ラーメンのお味の方は正直出汁は薄く、やや塩味が強く余り美味しいラーメンとは言えないけれども、それでも250円と言うお値段を考えたら立派なもの。

炒飯は
飯1
飯2
こんな感じ
軽めの一人前位のボリューム。
具は玉子、ネギ、チャーシューで、味付けも塩コショウ+化学調味料なシンプルな街中中華のそれ。
ぱらりとした炒め上がりで、これまた意外と悪くないのですよねぇ。

餃子は
餃子
少し大きめの餃子が3つ。
皮はもっちりしていて、焼き加減も丁度良く香ばしさが出ている。
具もしっかり入っていて、旨みもたっぷり。
この餃子に関しては価格対評価と言う物差しを使わないでも十分美味しいと思えるものですねぇ。

んー・・・こちらのお店で750円なんて随分と贅沢をしたような気になりますねぇ。
こちらの近くには割に有名な旭川ラーメンのお店「ぺーぱん」さんなんかもあるのだけれども、こちらは財布にも優しいので末長く頑張っていた頂きたいお店であります。
て、移転前から考えたら、もう随分と長い事営業されている気がしますが・・・

今日も良きランチでありました。

店名 浜ラーメン通
住所 神奈川県横浜市南区二葉町2-17-31
電話 045-261-1356
営業  11:00~21:00
定休  第1、3土、日祝日
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カレーライス@伊勢佐木 帯広亭

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る豚丼とラーメンなお店「帯広亭」さんへ・・・
こちらへは昨年12月8日に伺って「天津丼 360円」を頂いたのだけれども、格安なお値段故にシンプルなものではあったけれどこれが意外と美味しかったので、今日はこちらで天津丼を頂こうと思い寄らせて頂いた次第。

お店の前まで来ると、以前入り口横に張られていた天津丼の写真入り品書はなくなっていたのだけれども、代わりに「カレーライス 520g 360円」の張り紙が・・・
そう言えば昨年の7月24日に立ち寄った際に「中華そば 490円」「カレーライス 360円」を頂いたのだけれども、これも意外と悪くなかった記憶が有る・・・
それじゃあ今日はカレーライスを頂きましょうという事で、2階にあるお店へ・・・

お店に入ると先客はゼロで、店員さんが歓談中だった。
ランチ時の混雑を乗り切ってのんびりしているところだったかな・・・
まぁ、ちょっとタイミングが悪型t気もするのだけれども、まさか階段を下りてお店を出る訳にもいかないので、そのままこちらで頂く事に・・・
こちらは食券制なので、先に券売機で「カレーライス 360円」の食券を購入し店員さんに渡して、適当に空いている席へ・・・

さすがにカレーライス・・・
待つほどの事もなく到着
咖#21937;1
咖#21937;2
見た目からしてかなりのボリューム。
さすがに520gとボリュームを前面に押し出している事はありますねぇ。
具は挽肉?と細切りニンジンとこれまたシンプルではあるのだけれども、ご飯のボリュームに合わせてルゥもたっぷりなのは嬉しいですねぇ。
お味はスパイシーさの抑えられた甘めのもので、まぁ家庭のカレーと言うのかレトルトっぽいと言うのか、特徴のあるものではないのだけれども食べ慣れたお味のカレーなので、まぁこういうカレーを美味しくないという方はあまりいないかと。

個人的にはこういうカレーは大好物ですねぇ。
変に蘊蓄っぽいものより、よほど素直で良いです。
価格対評価という物差しに当てはめれば、十分に過ぎるものでありましょう。
ここ数日、なぜか1食500円以下で済んでしまっている気がするのだけれども、ワンコインでも意外といろいろ食べられるものですねぇ・・・

中々美味しいカレーでありました。

店名 帯広亭
住所 横浜市中区伊勢佐木町2-62 2F
電話 045-260-5890
営業 日月火水木は11:30~21:00 
    金土は11:30~23:00
お店サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ナポリタン@浅間町 レストラン テル

さて、久しぶりに浅間町に在る激安洋食店「レストラン テル」さんへ・・・
こちらへは昨年の9月7日に伺って「チキンピラフ 大盛 530円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
って、思っていた以上に随分と間が空いてしまっていたのですね・・・
何となくオムライスな気分だったので、よらせてもらった次第。

お店に行ってみると先客数名。
結構中途半端な時間なので、常なら他にはお客さんがどなたもいらっしゃらないと言う事も少なくないのだけれども・・・
とりあえず空いている席について「お品書き」を眺めてみる・・・
すぐにご主人がお冷とお手拭を持ってきてくれたので「ナポリタン 大盛 480円」をお願いした。
って、オムライスなはずだったのだけれども「ナポリタン」と口を衝いて出てしまったのだから仕方がない・・・
まぁ、インスピレーションだと言う事にしておきましょう。

待つ事しばしで到着
なぽ1
ナポリタンとスープ
そう言えば、こちらの場合ナポリタンやミートソーススパゲティの場合はサラダはつかないのでしたねぇ。
こちらのスープ、変哲もないコンソメスープなのだけれども結構美味しくて好きなのですよ。
スープと言えば、久しくこちらの「コーンポタージュスープ 350円」を頂いていませんでしたね・・・
冬季限定のものだし、次回伺った際にお願いする事にしましょう・・・

ナポリタンは
なぽ2
なぽ3
なぽ4
なぽ5
こんな感じ
具は玉ねぎ、ハム、ピーマンとシンプル。
麺はやや軟茹でな太めのスパゲティ。
上には最初から粉チーズが振られているので、チーズが苦手な方は注文時に「チーズ不要」とご主人にお伝えされた方が良いかと。

こちらのナポリタンは、ややクリーミーな味付けになっているので、喫茶店で出てくるような昔ながらのナポリタンとは少し趣を異にしたものなのだけれども、これがまた結構美味しいのですよ。
そしてこのボリューム・・・
なぜこんな山盛りなナポリタンが500円以下で頂けてしまうのか・・・
お味が良くて盛も良くて更にお値段が安いなど、いつもながら有難い事尽くしのお店であります。
次回はコーンポタージュスープにオムライスでも合わせてみましょうか・・・

相変わらず美味しいナポリタンでありました。

店名 レストラン テル
住所 横浜市西区浅間町3-165-4  
電話 045-311-4141
定休 第2・第4日曜日
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

銀製ボールペンをを磨いてみる・・・

さて
前1
前2
前3
こちらのボールペン、シェーファー社製のもので素材はスターリングシルバーとなっております。
名
ボールペン胴軸には「STERLING SILVER SHEAFFER U.S.A.」の刻印が有り、見ての通りなかなか凝った彫金装飾が施されている綺麗なものなのですが、如何せん物が古く、また銀と言う酸化し易い素材の為にかなり黒ずんでしまい、折角の綺麗な彫金もこれでは・・・

と言う事で、液体シルバークリーナなぞを使って少し磨いてみました。
後1
後2
後3
液をつけた布でちょっと擦ったら、あっという間に・・・
まぁ、彫り込みがあるので表面がフラットなものほどには簡単に汚れは落ちてくれそうにはないですが・・・
ま、とりあえずもう少し手を掛けて磨いてから現場復帰して頂く事に致しましょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

たこ焼き@横浜橋 じゃんぼ総本店

さて、今日は横浜橋通り商店街の中に在るたこ焼きとお好み焼きなお店「じゃんぼ総本店 横浜橋店」さんへ・・・
こちらへは確かお店が開店した日くらいに一度たこ焼きを買って以来じゃなかったかな・・・
たこ焼きなどの粉物って好きなんだけれども、お好み焼屋さんとかもんじゃ焼屋さんは兎も角、たこ焼きのお店は基本テイクアウトのお店が多いですからねぇ・・・
粉物ってばやはり熱々の状態で頂きたいし、そうなるとどうしても中々買う機会がないのですよ・・・

今日は帰りがけに横浜橋に立ち寄ったら、いつものお好み焼きの屋台が出ていてソースの焦げた香ばしい如何にも美味しそうな香りに惹かれたのだけれども、先に買い物をと思って後ろ髪を引かれつつもいったんスルー・・・
買い物を終えて屋台のところまで戻ろうと思ったところで、なんとなくお好み焼きではなくたこ焼きが頂きたいような気がしてきたので、こちら「じゃんぼ総本店 横浜橋店」さんに立ち寄った次第。

お店に行くと、いつもたいてい誰かしらが店の前で待っているのだけれども、今日はどなたもいらっしゃらない。
これはラッキー・・・と思ったのが大間違いで、こういうお店は香りでお客を呼び込むという手法が取られているので、たいてい作り置きか焼き上がったものを鉄板に乗せっ放しになった状態のものがあるのですよねぇ・・・
で、売る時は当然それから売って行く訳で・・・

あっと思ったがもう遅く、すでに「いらっしゃいませ」の言葉を頂戴してしまった。
と言う事で、まぁ本来なら10分くらい待ってでも焼きたてが良いのだけれども、それは諦めつつお品書を眺めると「たこ焼き 6個350円 9個450円 12個550円」とある。
某有名たこ焼きチェーンでは、確か6個で500円じゃなかったかな・・・
それに比べたらお安いですよねぇ・・・たこ焼き一個50円と思うと高い気がするけど・・・・笑

「いか焼き 200円」なんていうメニューもあったのだけれども、すでにパッキングされたものが2つ置かれている・・・
まぁ、さすがに冷え切ってしまっている事はないだろうけれども、さすがにねぇ・・・
たこ焼きやお好み焼きの方は鉄板に既に出来上がったものが並べられている状態ではあるものの、パッキングされているものはないようだ。

と言う事で「たこ焼き 9個450円」を購入。
こちらは、一応お店の前にテーブルといすが置かれてその場で食べることが可能になっていて、時折そこを利用して食べているお客さんの姿も見かけるのだけれども、なんとなく一人ここに座り食べるのは小っ恥ずかしい・・・
まぁ、近い事だしやはり持ち帰ろうと言う事で、そのまま家へ・・・

家に着き、さっそく
たこ1
たこ2
たこ3
頂いてみる・・・
こちらのたこ焼きは油をガンガン使ってほとんど揚げるようにして作ったものではなく、かなり緩めの生地をじっくり焼いた周りしっとり中はトロトロタイプ。
ので、箸で持ち上げると形が崩れつかみどころが悪いと重みで破れてしまうほどに柔らか。

持ち帰ったたこ焼きは、近いとはいえ元々焼きたてっていう状態でもない事もあって、はふはふ言いながら食べるほどには熱々でないのは残念ですねぇ・・・
それでもまぁ、中々美味しいです。
それにしても、たこ焼きなんて本当に久しぶりですねぇ・・・
今度は多少混んでいるころ合いを見計らって買ってみる事と致しましょう。

中々美味しいたこ焼きでありました。

店名 じゃんぼ総本店 横浜橋店
住所 横浜市南区真金町2-18
電話 045-243-2773
営業 10:00~20:00 
定休 年中無休
ぐるなび お店情報(価格が記載価格より50円ほど値上がってます)
じゃんぼ総本店 サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

きつねうどん&おいなりさん@横浜PORTA 杵屋

さて、今日は「横浜PORTA」さん内、飲食店街に在る手打ちうどんの店「杵屋」さんへ・・・
横浜駅ビル内の飲食店ってなんとなく食事をするお店を探すのが面倒な時に便利なのですよねぇ。
と言う事で、今日も外を歩き回ってお店を探すのが面倒になってPORTAさんの中からお店を選ぶ事に・・・
今日は何となくうどんが頂きたかったので手打ちうどんを謳うお店「杵屋」さんへ・・・

さて、お店に行ってみると場所柄か中途半端な時間帯の割に結構なお客さんで賑わっている。
お店に入るとすぐに店員さんが空いている席に案内してくれたのでそちらの席に着きお品書を眺めしばし検討・・・
そう言えばきつねうどんって最近頂いていない気がしますねぇ・・・
と言う事で「きつねうどんとおいなりさんのセット 680円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
杵1
うどんは
杵2
杵3
杵4
こんな感じ
お出汁は色の薄い関西風と言うか讃岐風?
割にしっかりしたお出汁の風味が出ているのだけれども、個人の好みからするとちょっと塩味が強いかな・・・
うどんはもちっとしていて結構美味しい。
おいなりさんは
杵5
こんな感じ
見た目は変哲もなくお味も割に甘みが強いおいなりさんで、ご飯に混ぜ込まれているのが白ゴマではなく黒ゴマなのはちょっと珍しいかな?
きつねうどんをお願いしたのだから、おいなりさんではなくかやくご飯のセットを選べんでもよかったのだけれども、今日は何となく油揚げな気分だったのですハイ

さて、こちらは昨年に頂いた時の載せ忘れ
せっと
「おぼろ昆布とカレー丼のセット 780円」
うどんは
おぼろ
うどん
こんな感じ
上におぼろ昆布が乗せられている。
この時に頂いた感じでは、そんなに塩味はきつくなかったのですけれどもねぇ・・・
カレー丼は
かれー
どん
めし
こんな感じ
見た目はカレーライスだけれども、意外とお出汁の風味が利いていて割に美味しい。
でも、やはりカレー丼には長ねぎの方が好みに合っているのですよねぇ・・・

割に美味しいうどんがお安く頂けるので、こちらも駅ビル内のお店としては重宝ですハイ

店名 実演手打うどん 杵屋
住所 横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口地下街ポルタ
電話 045-453-6330
営業 11:00~23:00
定休 無休(PORTAの営業に準ず)
ぐるなび お店情報

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

咕老肉@若葉町 上海美食

さて、今日は伊勢佐木モール沿いのスーパー「ピアゴ」さんの裏手に在る中華料理店「上海美食」さんへ・・・
こちらへは昨年12月23日に伺って、ランチセットの「香炸仔鸡(上海風若鶏唐揚げ)500円」を頂いたのだけれども、価格の割に意外とお味も良かったので、もう少し色々なメニュー試してみようと思っていたのですよねぇ。
ので、外に出た時に思い出し、今日はこちらで頂くことにした次第。

お店に入ると先客は1組、後から4組ほど見えられた。
あら・・・「福龍菜館」さんの時には、こんなにお客さんが入っていたところには終ぞ出くわさなかったけれども、上海美食さんになってからは結構人気なお店になってきたのですねぇ。
とりあえず、空いている席についてお品書を眺めてみる・・・
品書
ランチのお品書はこんな感じ。
右側は夜営業の時と変わらないお値段のようだ。
また、夜は夜で割にお得なセットメニューが4~5種類書かれたボードが店頭に置かれている。

さて、今日は何に致しましょうか・・・
そう言えばCの「咕老肉(スブタ) 600円」は夜のセットメニューの書かれたボードにもたいてい登場しているところを見ると、お店的には推しのメニューなのかもしれませんねぇ。
それに表のボードには「咕老肉(黒酢スブタ) 600円」とかっこ書きに書かれていたような気がする。

個人的にスブタはパイナップルは無しの方向でお願いしたいと言うのはあるのだけれども、スブタ自体は割に好きなのですよねぇ。
それに「酢豚」や「スブタ」ではなく「咕老肉」と表記されていると、それだけで美味しそうなものが出てくるような気がしますしねぇ。
と言う事で、Cの「咕老肉(スブタ) 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、スープ、サラダ、咕老肉、ザーサイ、デザート
ご飯はお替り自由。
スープは
すーぷ
豆腐と溶き卵の中華風スープ
とろみが付いていて美味しい。

メインの咕老肉はと言えば
豚1
豚2
豚3
こんな感じ
おぉ・・・黒酢と言うだけあってたれが真っ黒ですねぇ。
如何にも本場っぽく揚げた豚肉の上に少し刻みパプリカが散らされているだけのシンプルなお姿。
ちなみに、パイナップルの入った一般的なスブタを「咕老肉(クーラオロウ)」、こちらのお店のようにパイナップルの入らないスブタを「糖醋肉(タンツーロウ)」と別表記するお店も多いらしい。
中華街辺りではどうなっているのだろう・・・

さっそく頂いて見ると、これがまたおいしい。
最初サクサクだった衣が、たれを吸ってしっとりとする食感の違いも楽しめるし、肉自体が柔らかで下味に少し中華っぽいスパイスを加えてあるようだ。
たれは酸味がきつそうな見た目だけれども、良い感じに火が入っていて酸味が飛ばされ黒酢の甘みとコクのある旨みが前面に出ている。
見た目真っ黒でもお味は適度でご飯のおかずとしてはばっちりな塩梅ですねぇ。
こりゃあご飯が進む進む。

デザートは
杏仁
杏仁豆腐
前回付いてきた杏仁豆腐は正直、容器の底に薄く張りついていただけのしょぼいものだったけれども、今回付いてきたものはしっかりしたボリュームが有る。
やや粉っぽさを感じるけれども杏仁に香りもするし甘みもさっぱり。

この内容のセットで更にご飯お替り自由、お味の方もなかなか良くこれで600円ならお得ですねぇ。
夜は少し内容が変わるのかどうか分かりませんが、咕老肉定食は確か800円だったかと・・・
ま、やはり試しに入るならランチが狙い目と言う事でしょうねぇ。
美味しいランチでありました。

店名 上海美食
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
お店地図

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

カレーシチュー@関内 CAFE LEGEND

さて、今日は地下鉄関内駅出口そばの小道沿いにと言う目立たない場所に在る隠れ家的なフレンチレストラン「CAFE LEGEND」さんへ・・・
大通公園沿いに在る「ショー・ラパン」さんの今週のランチはシチューだそうで、ショー・ラパンさんでシチューと言えば、3年前2007年1月4日にお正月スペシャルランチで頂いた和牛のビーフシチューだけなのですよねぇ。
そう言えば、昨年も今年もこのお正月スペシャルランチと言うのはやられていなかった気がする。
シチューもさることながら、こちらで頂いたクラムチャウダーがめちゃめちゃ美味しかった記憶が・・・

それはさて置き、今回のシチューはトマトベースのクリームシチューと言う事で、3年前に頂いたものとは毛色の違ったもののようだし魅力的ですよねぇ・・・
と言う事で、今日は「ショー・ラパン」さんに行く気満々だったのだけれども、昨夜「CAFE LEGEND」さんのBlogを拝見したら、今週のランチは「カレーシチュー」と「カキとゴボウのカルボナーラ」らしい・・・
「カキとゴボウのカルボナーラ 1100円」の方は先年11月3日に頂いているのだけれども、こちらでもシチューは頂いた事がないのですよねぇ・・・

「ショー・ラパン」さんの「トマトベースのクリームシチュー」
「CAFE LEGEND」さんの「カレーシチュー」
んー・・・これは迷いどころですよねぇ・・・・
どちらもお味ではまず外さないですからねぇ・・・
まぁ「ショー・ラパン」さんの方は先週伺って「ローストチキンと野菜のカレー」を頂いているし、今日は「CAFE LEGEND」さんで頂く事に致しましょうか・・・

と言う事で「CAFE LEGEND」さんへ・・・
お店に行くと開店直後だったようで、中に入るとすでに6割方席は埋まり、ぼくが席に着いた後も次々とお客さんが見えて、結局すぐに満席状態となり外待ちの客さんが数組。
今週のランチはA「カレーシチュー 1100円」 B「薄切り和牛のステーキ 1200円」 C「パスタ3~4種類 1000円」 D「カキとゴボウのカルボナーラ 1100円」
まぁ、今日は初手からAの「カレーシチュー 1100円」一択ですねぇ。
と言う事で「カレーシチュー 1100円」をお願いした。

いつも通り先に
さらだ
サラダを出してくれる。
これとカウンターに置いてある自家製ピクルスを頂きつつ待っていると
咖#21937;1
メイン到着
ライスかパンを選ばせてくれるので、パンでお願いしてあった。
カレーシチューは
咖#21937;2
咖#21937;3
咖#21937;4
いやぁ・・・如何にも熱々グツグツで美味しそう。
カレーのスパイシーな香りが食欲をそそりますねぇ。
具はジャガイモ、キャベツ、大根、レンコン、にんじん、玉ねぎ、ソーセージ、チキンと具だくさんで、上に玉子が落とされチーズが乗り焼き上げられている。
ので、チーズが熱々のとろけた状態で、これまた良い感じ。

かなりサラサラでシチューと言うよりもスープに近く、イメージ的にはカレー風味のポトフにチーズを乗せて焼き上げた感じ。
カレーは結構スパイシーでピリッとした辛みが有るのだけれども、チーズの下に隠れている玉子がトロトロ半熟で、これがカレーに混ざりこむことで味がまろやかに丸くなりえらく美味しい。
これは体も温まりますねぇ。
パンにはバターをつけず、こちらのシチューに付けて美味しく頂いた。

デザートは
でざ
フルーツの添えられたババロア
これもさっぱりした甘みで美味しい。

やはりこちらも何を頂いても美味しいですねぇ。
本領はディナーでも発揮されるのでしょうから、一度はディナーでも頂いて見たいものです。
今日も美味しいランチでありました。

店名 CAFE LEGEND カフェ・レジェンド
住所 横浜市中区常盤町4-52 松むらビル1F
電話 045-641‐7399
営業 ランチ11:30~14:00(ラストオーダー)
    ディナー18:00~24:30(ラストオーダー)
定休 日曜(祝日不定休)
お店Blog(週替わりランチや営業情報あります)


さて、帰りがけになんとなく「ファミリーマート」さんに立ち寄ると
どっく
「アメリカンドック 105円」なぞを見つけてしまい、つい懐かしくなって購入。
んー、これってたまに食べると美味しいのですよねぇ。
これは普通のソーセージでしたが、個人的には魚肉ソーセージでも良いのですが・・・
そう言えば、この「アメリカンドック」、名前はアメリカンと付いていますがこれそのものはアメリカにはないらしく、アメリカには衣に小麦粉ではなくトウモロコシの粉を使った「コーンドック」と言うものが有るそうな。
アメリカには4回ほど行っているけれども、特に探してもいないためか、この「コーンドック」すら見かけた記憶はございませんが・・・
ま、アメリカの屋台系軽食と言えば「ホットドック」の方がメジャーなのでしょうねぇ・・・

さて、昨年8月29日に移転のため一時閉店となっていた若葉町のお蕎麦屋「そば処 司」さんから2月1日に新規開店されるとのお知らせを頂きました。
屋号が「そば処 司」から「坂の上のそば屋 司」と変わるそうです。
お店の場所は日ノ出町駅から坂を登った住宅街にあるようです。
ぼくはお店に入ったのが本当に閉店時期間際だったので数回した頂けませんでしたが、手打ちのきしめんが有ったり実は結構美味しいお蕎麦屋さんだったので、移転先にもぜひ伺いたいと思っているのですよねぇ。
ご興味が有りましたら、ぜひ。

店名 坂の上のそば屋 司
住所 横浜市西区東ヶ丘23-27
電話 045-251-0738
日曜・祝日も営業(開店は2010年2月1日です)
お店地図

テーマ:おいしいお店 - ジャンル:グルメ

塩らーめん@伊勢佐木長者町 ひとふんばり

さて、どうも最近ラーメンばかり頂いている気がしますが・・・
まぁ、ぼくはラーメンに特段のこだわりは持っていませんで、単に麺類が好きな為にそちらばかりに偏っているのですよねぇ・・・
と言う事で、今日もラーメンネタと言う事になってしまいました。

さて、今日伺ったのは伊勢佐木長者町駅そばの目立たない小道沿いに在るラーメン店「らーめん ひとふんばり」さん。
こちらは一見と言う事になりますねぇ。
以前から気にはなっていたのだけれども、なかなかに伺う機会を逸し続けていたので、今日は思い出しついでに行ってみる事に・・・

一度探して確認してあったので、目立たない場所に在るお店の場所もすんなり行き着いた。
伊勢佐木長者町駅を出て、大通公園沿いを少し関内川に歩けばテニスコートが有りますので、そこを右折して少し進めばお店はあります。
しかし、何でもまこんなところに突如としてテニスコートが有るのだろうか・・・

さて、それはともかく、とりあえずお店へ・・・
こんな目立たない場所に在るのだからと思っていたのだけれども、結構な人気店であるらしく満席だったためしばらく待つ事に・・・
まぁ、こちらは「鳥居式らーめん塾」さんの出身だそうで、開店時に少し話題になってましたしお味そのものも結構評判は良いらしいですしねぇ・・・

こちらは券売機で先に食券を買うシステムなので、入り口入って左側の券売機へ・・・
ひとふんばりさんというとつけ麺のお店というイメージが有ったので、今日はつけ麺を頂く気満々だったのだけれども、券売機に「塩 数量限定」と言う張り紙が・・・
まぁ、限定て文言に惹かれるのは小市民の常と言うか習性のようなものであります。

この数量限定の塩は「らーめん 700円」の食券を購入し、店員さんに食券を渡す際に「塩で」と伝えればよいらしい。
と言う事で「らーめん 大盛 800円」の食券を購入し、店員さん食券を渡し空いたカウンター席へ・・・
他のお客さんの注文を聞くに、やはりつけ麺の注文されている方が多かったようだ。
やはりこちらはつけ麺メインと言った位置付けのお店なのかもしれませんねぇ。

待つ事しばしで到着
しお1
しお2
見た目からして濃厚な感じ。
こちらは割に濃厚系なラーメンを出すお店なのですねぇ。
後でお店の情報の乗っているサイトを拝見すると、どうやら魚介豚骨系のお店だったようだ。
具はチャーシュー、ネギ、メンマ、海苔

チャーシューは
しお4
ばら巻きチャーシューで、箸で持ち上げようとすると崩れてしまうほど柔らか。
塩辛過ぎない良い塩梅の味付けではあるけれども、ぼくの好みからするともう少ししっかりした歯ごたえのあるチャーシューの方が好みですねぇ。

麺は
しお3
太めの縮れ麺
やや固めの茹で加減で、しっかりした歯応えのもの。
濃厚なスープに負けないしっかりしたものですねぇ。

スープは濃厚ながら変に魚介系の香りや脂臭さが突出している事もなく、バランスの良い癖がなく頂きやすいものだった。
ぼくはどちらかと言えばラーメンはさっぱり系の方が好きなのだけれども、たまにはこういう濃厚な感じのラーメンも悪くないですハイ
次はつけ麺を頂いてみましょうか・・・

割に美味しい塩らーめんでありました。

店名 らーめん ひとふんばり
住所 横浜市中区長者町4-9-6 青柳パークビル1F
電話 045-664-7871
営業 11:30~15:00(L.O.15:00)・18:00~20:30(L.O.20:30
定休 日曜 第1第3月曜日 年末年始
Yahooグルメ お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ねぎ塩チャーシューメン&ミニチャーシュー丼@伊勢佐木 ラーメン五條

さて、今日は一見のお店へ・・・
福富町と言うか長者町にあるラーメン店「ラーメン五條」さん
ぐるなびで近所のお店を見ていたら、こちらの情報が出てきて美味しそうだったのでさっそく行ってみた次第。
お店の場所は「かに道楽」さんのところを福富町側に曲がり、「龍鳳閣」さんやベトナム料理の「レーロイ」さんの並びに在る居酒屋さんの2階。
場所はちょっと分かり辛いけれども、角を曲がって一区画内ですし左側を注視しながら福富町側に歩けば暖簾が出ているので注意していれば気がつくかと。

さて暖簾をくぐり階段を上って2階へ・・・
ドアを開けると下駄箱が有り、こちらで靴を脱いでお店に上がると「こちらへどうぞ」とお店の中を進むとラーメン店にしては珍しい事にテーブルではなく広々とした座敷席なのですねぇ。
各座卓に排煙ダクトがついていたので焼肉もお出しするお店なのかと思って尋ねたところ「元焼肉店だったお店をそのまま利用していますので設備はそのままですが焼肉はやっていません」との事。
と言う事で、適当に席に着きお品書を眺めてみる・・・

お品書は
品書裏
こちらのラーメンには豚骨スープ・鶏骨スープ(しょうゆ・塩)・五條特製味噌スープの種類がある事は、ぐるなびで情報を得て分かっていたのだけれども、さて実際お店に来てお品が空きを眺めると迷うところですねぇ・・・
お品書を返してみると
品書表
3種類ほど写真が出ている。
真ん中のしょうゆラーメンになるとが・・・
なるとの乗っているラーメンって、最近じゃ珍しい気がしますねぇ。
と言う事でなるとが琴線に触れ、今日は鶏骨スープのラーメンを頂くことに決定。

写真で出ているのはしょうゆなのだけれども、今日は何となく塩ラーメンが良いかなぁ・・・
どうせの事ならチャーシューもネギも行っておきたいところですよねぇ・・・
と言う事で「ねぎ塩チャーシューメン 1100円」をお願いすることに・・・
「餃子 400円」も魅力的ではありますが、なんとなく「ミニチャーシュー丼 300円」が目を惹いたので、こちらも一緒にお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ラーメンは
めん1
めん2
こんな感じ
さすがに葱とチャーシューがトッピングされていると見た目も豪華ですねぇ。
具は白髪ネギ、なると、チャーシュー、旬菜
きれいな色のスープにはゴマが散らせてある。
麺は
めん3
平打ち麺
チャーシューは
めん4
周囲がしっかり焼かれ香ばしさの出た脂の旨みたっぷりのチャーシュー
しっかりした厚みがありながら柔らか。
これは美味しいチャーシューですねぇ。

頂いてみると、しっかりした風味のスープでくどさはなくさっぱりしていて美味しい。
味付けもばっちりの塩梅ですねぇ。
麺もちゅるんとした舌触りにしっかりした弾力のある歯触りのもの。
白髪ネギや旬菜のさっぱりした風味とシャキシャキ感も良いですねぇ。
さっぱり系の、かなり好みに合った塩ラーメンですハイ

ミニチャーシュー丼は
叉焼1
叉焼2
こんな感じ
これまたチャーシューが美味しいのは勿論の事、たっぷりご飯に染みたたれが美味しいですねぇ。
ボリュームもしっかりあり、これで300円はお得かと。
ただ、やや味濃い目なので、さっぱりした塩ラーメンに合わせるよりは、もう少しこってりしているであろう特製味噌スープや豚骨スープのラーメンと一緒に頂く方がより合っているかも。

お会計の時にお店の方に尋ねてみたら、こちらのお店実は8月ごろから営業されていたんだそうな・・・
12月から「ぐるなび」「HOT PEPPER」煮クーポン付の広告を出し始められたとの事。
んー・・・夜営業のみのお店と言う事も有り、お酒を嗜まず福富町方面にはさっぱり縁のないぼくは、全くこちらのお店の存在に気がつきませんでしたねぇ・・・

2階店舗という立地も有り、なかなかお客さんに気付いてもらえないというような事をおっしゃっておりました。
ぼくもぐるなびの情報を得なければまったく気が付きませんでしたし、情報を全く持たずに通り掛かっても確かに気が付き辛いかもしれませんねぇ・・・
で、お店の移転を考えていらっしゃるとも・・・
「ここ1カ月2ヶ月位の間にどうしようかと・・・」と仰っていたので、まだ確定ではないようですが、折角美味しいお店の存在に気がついたばかりなので、もう少しこの場所で営業を続けてくれると個人的には嬉しいのですが・・・

お会計は通常は「ねぎ塩チャーシュー 1100円」「ミニチャーシュー丼 300円」なのですが、今回18時から20時までの入店ならラーメン類半額と言うクーポンを使わせて頂いたので、えらくお安いお値段で頂けてしまいました。
折角のクーポンですので是非一度お試し下さいな。
お味も良いですし、ゆったりした座敷席でラーメンを頂くと言うのもなかなか新鮮で、お店の方も対応丁寧ですし個人的にはお薦めです。

んー・・・とりあえず味噌と豚骨、醤油も順番に一巡り頂いてみる事に致しましょう。
美味しい塩ラーメンでありました。

店名 ラーメン五條
住所 横浜市中区長者町8-123-5 第2末廣ビル2F
電話 045-261-2837
営業 18:00~翌5:00
定休 日曜
ぐるなび お店情報(クーポンあり)
Hot Pepper お店情報(クーポンあり)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ねぎソバ@若葉町 清華園

さて、今日は伊勢佐木モールのスーパー「ピアゴ」さん裏手にある中華料理店「清華園」さんへ・・・
こちらへは昨年6月30日に伺って「サンマー麺 500円」を頂いて以来と約半年ぶりになりますねぇ・・・
なんとなくスタンダードな中華そばを頂きたくなり、そう言えば最近こちらに伺ってないなぁと思い出し寄らせて頂いた次第。

お店に入ると先客はお一人。
適当に空いている席についてお品書を眺めてみる・・・
こちらは壁にずらーっとお品書の書かれた木札が並んでいて、麺類・ご飯もの・一品料理とかなり種類が多い。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
んー・・・こちらの「たんめん 500円」も結構美味しかった記憶があるのだけれども、今日は何となく醤油味の汁そばが良いかなぁ・・・
そう言えば、こちらのねぎソバは中々美味しくて評判が良いらしい・・・
と言う事で「ねぎソバ 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ねぎ1
ねぎ2
ねぎ3
おl…美味しそうなゴマ油の香りですねぇ。
具は長ねぎと豚小間を炒めたもの。
麺は細めの縮れ麺

ねぎソバって言うと、汁そばの上に冷水にさらした白髪ネギと刻み叉焼をピリ辛たれで和えたものが乗っているものを出すお店も多いのだけれども、こちらはしっかり火の通った甘みたっぷりの炒めねぎ仕様なんですねぇ。
たっぷり入った長ねぎに火が良く通って、甘みがしっかりスープに溶け込んでいてえらく美味しいですねぇ。
さっと掛けられたゴマ油の風味もこれまた良い感じ。

このねぎソバ・・・何気に今まで頂いた事のあるねぎソバの中ではトップクラスの美味しさかも・・・・
長ねぎの好きな方にはお薦めでそ、このねぎソバ。
で、食べ終わって会計をお願いしたら
珈琲
お釣りと共に缶コーヒーを頂いてしまいました。
新年のサービスなのかな・・・
500円のものしか頂いていない身としては少々心苦しくような・・・
などと思いつつも嬉々として頂いてしまったわけですが・・・
有難い事です。

次回はご飯ものと一品料理系を頂いてみましょうか。
かなり美味しいねぎソバでありました。

店名 清華園
住所 神奈川県横浜市中区若葉町2-23
電話 045-251-5167
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

担々麺+半炒飯@伊勢佐木 山海楼

さて、今日は久しぶりに伊勢佐木モールから福富町に入ったところに在る「山海楼」さんへ・・・
こちらへは昨年10月2日に伺って以来と言う事になりますねぇ。
今日は通りがかりに表のランチメニューボードを眺めていたら、店員さんが出てきて「どうぞー」と仰るので、割に良い印象のあるお店だし久しぶりに寄らせて頂きましょうという事で店内へ・・・

お店に入ると丁度お昼時と言う事も有り結構賑わっている。
意外と大人数のグループで利用される団体客も多いようで、グループで来られたお客さんたちは2階に案内されていた。
とりあえず案内してもらった席についてお品書を眺めてみる・・・
ランチメニューは
昼1
昼2
こんな感じ
ちなみに通常メニューは
品書1
品書2
こんな感じ
これ以外に夜の時間帯のサービス定食が700円~800円くらいでいくつか用意されているようだ。
ランチメニューにある「元祖沙馬麺 530円」と言うのは恐らくサンマー麺の事だと思うのだけれども、サンマー麺にこの字を当てて記載されているのは初めて見ましたねぇ・・・
しかし通常メニューの方には「元祖生馬麺」と言うのが載っており、しかもこちらは500円とランチメニューの価格よりも安くなっているってのも不思議な事で・・・

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
こちらでは初めて伺った際には「皮付焼豚丼 730円」を頂き、2度目に伺った際には「元祖生馬麺 500円」を頂き、「広式叉焼 1分580円」を買って帰っている。
ので、「サンマー麺 500円」と「叉焼麺 500円」は個人的な好みからはまず外れていない事は確認済み。
そう言えば、ランチの時間帯だったのに、ランチメニューではなくこのサンマー麺と叉焼麺を注文されている方が多かった気がしますねぇ。

んー・・・そう言えば最近担々麺を頂いていなかった気がする・・・
まぁ、この辺で担々麺と言えば華隆餐館さんの「四川担々刀削麺 750円」な訳なのだけれども、たまには別のお店の担々麺を試してみるのも悪しくはない。
と言う事で「担々麺+半炒飯 730円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
担々麺は
麺1
麺2
麺4
麺3
こんな感じ
具は青菜に炒めた挽肉
麺は細めの縮れ麺
スープは見た目真っ赤でかなり辛そうだけれども、胡麻の甘みと風味が強めで、のどや舌に過剰な辛さが直撃するようなことはなく意外と食べ易くなっている。
味付けの塩梅も良く結構美味しい。
個人的には、これで刻みザーサイの食感と風味が加わっていれば好みのどストライクでしたが・・・

半炒飯は
飯1
飯2
飯3
こんな感じ
なんかカチッとした綺麗な盛り付けですねぇ・・・
具は叉焼、ネギ、玉子、グリンピース
味付け自体はそう特徴のあるものではないけれども、具に使われている叉焼が結構美味しいものだし味付けのバランスも良いので意外と悪くない。
ご飯もぱらりとした炒め上がりで良い感じだし、ボリュームもおまけで付くものとしては十分でしょうねぇ。
このセットで730円なら悪くはないかと。

次は「五目焼きビーフン 700円」辺りを頂いてみましょうか。
中々美味しい担々麺と炒飯でありました。

店名 山海楼
住所 横浜市中区伊勢佐木2-9-1
電話 045-251-4152
営業 平日11:00~15:00 17:00~23:00 土・日・祝11:00~23:00
定休 月曜 
新世紀商事グループ サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ローストチキンと野菜のカレー@弥生町 ショー・ラパン

さて、今日は大通公園沿い 伊勢佐木長者町と阪東橋の中間辺りに在るフレンチレストラン「ショー・ラパン」さんへ・・・
本当は小径のヌシさんのBlog「濱のおいしい小径」こちらの記事を拝見し、その前日にたまたま通り掛かった際に「限定10食 ビーフシチュー 1500円」なんて張り紙を見かけた事も有り、土曜になったらぜひ行こうと思っていた関内の「カレーハウス キッチン」さんへ向かいお店の前まで行ったのだけれども、先週見かけた「ビーフシチュー」の張り紙はなく、またお店から漂ってきたカレーの香りに何故かそのタイミングではいまいち食欲をそそられなかったので、今日はあきらめ別のお店へ・・・

で、そこから伊勢佐木モールを黄金町方面へ向かい、そう言えば15日に開店するという張り紙を見ていた伊勢佐木モール沿いの新規開店のラーメン店「三國家」さんを覗くも、さすがに結構お客さんが入っていたので、こちらも今日はスルー・・・
それじゃあ久しぶりに「うどん工房 さぬき」さんでうどんでも頂こうかと思ったら、こちらも結構お客さんがいらっしゃったようなので諦め、開店が12時過ぎの「クチーナ・ランパ」さんはまだ開店前で、それじゃあインドカレーでもと思い「ヒマラヤ」さんまで行ったものの、これまたなぜか食指が動かず、そう言えばこの辺に「宝水産」さんが出来たはず、と思って行ってみたら、店頭メニューに「中トロ漬け丼 880円」という魅力的なメニューが・・・漬って言うと赤身のイメージなのだけれども中トロでも漬けにするんですねぇ・・・・

魅力的に見えたなら、そこにすれば良かったものを、他に何もなければこちらにとか考えて、そのまま吉野町方面へ・・・
吉野町の格安ラーメン店「浜ラーメン 通」さんか同じく吉野町のカレー店「ガナパティ」さんにでもと思って吉野町まで来たのに、なんとなくスルーして結局また歩いて阪東橋へ逆戻り・・・
ふむ・・・自分でもいったい何がしたいのやら・・・・

まぁ、これ以上は面倒だしなんとなく食べる気もうせてしまった気がするから、このままいったん家に戻ってしまおうと思い、そのまま大通公園沿いを伊勢佐木長者町方面に向かうと、以前「KOYAMA」さんと言うハンバーグと店パン焼きのお店の在ったところに「ちん亭」さんと言う居酒屋ちっくなお店が入っており、店頭にランチメニューのボードが出ていた。
「生姜焼き定食 800円」など700円~800円くらいの価格帯で5,6種類ランチが用意されているようだったのだけれども、まぁ今日は良いや・・・とスルーしてしまったので、こちらは近々また伺ってみる事に致しましょう。

そのまま伊勢佐木長者町方面へ進むと在る「ショー・ラパン」さん・・・
通り掛かると、今日は外待ちのお客さんがいらっしゃらない。
店頭のメニューボードを見ると「ローストチキンと野菜のカレー」と魅惑の文字が・・・
こちらでカレーを頂いたのは約3年前2007年2月22日に伺って「チキンと野菜のカレー」を頂いたのが最初で最後でしたねぇ・・・

ふむ・・・今日は何ぞやたらに遠回りをしてしまった気はするけれども、この人気店で外待ちのお客さんはいない上に、今週のランチは、まだ一度しか頂いた事のないカレーときている。
これは僥倖・・・・
と言う事で、そのまま店内へ。

お店に入ると、空き席が一つありそちらへ・・・
今日はついていたらしく、ぼくが入って数分後、お客さんが次々に入ってこられ、入れ替わりですぐに席を確保できた人たち以外は外でお待ちになる事に・・・
結局僕がお店を出た時には、表に3,4組は外待ちのお客さん達がいらっしゃったようだ。
んー・・・やはり人気店ですねぇ、こちらは・・・・

さて、そうこうする内に
さらだ
サラダが到着
いつも通り豆腐サラダに玉ねぎ風味のドレッシングがかけられたもの。
玉ねぎの清冽な風味のするこのドレッシング好きなのですよねぇ・・・
これは掛けられた状態で出されるので、玉ねぎの苦手な方は、お冷とおしぼりを出してくれた際にでも先にドレッシングは掛けないように伝えた方が良いです。

サラダを食べ終わると
かれ1
カレーも到着
かれ2
かれ3
具はローストチキンに大根・ブロッコリー、ニンジン、ジャガイモ、サツマイモなどの温野菜
もう香りからしてスパイシーなカレーはさらさらタイプ。
一口頂いてみると、これがまた結構辛いのだけれども、温野菜の甘みで美味しく頂ける。
スパイシーな感じも強いけれども、薬膳カレーと言うほどではなくスパイスのバランスが良く変にくせはない。
チキンにもちゃんと味付けがされており、ローストチキン単体でも十分美味しいものですねぇ。

いやぁ・・・こちらのカレーは美味しいですねぇ。
カレー専門店でもないのに、このレベルですからねぇ・・・
今までも何度か週替わりメニューがカレーの時に通り掛かったりはしていたのだけれども、どうも海鮮カレーの場合が多くて、海老が苦手なぼくはこちらのカレーを頂く機会を逸し続けていたのですよねぇ。

最後は
でざ1
でざ2
これまたいつも通りデミカップコーヒーとキャラメルソースのプリン
この香ばしくてだだ甘のキャラメルソースがかかった、ちょっと表面固めの、如何にも手作りなプリンって好きなんですよねぇ。

これでお値段も950円。
相変わらず美味しい上にコストパフォーマンスの高いランチの頂けるお店で・・・
ま、これが頂けるのだから、多少外で並んで待っても良いという方たちが多いのも納得ですねぇ。
久しぶりに頂いたこちらのカレーはめちゃくちゃ美味しかったですハイ

店名 ビストロ ショー・ラパン
住所 神奈川県横浜市中区弥生町3-29-1
TEL   045-251-0024
営業 ランチ11:30~14:00
    ディナー17:00~21:00
定休 日曜 祝日
お店サイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

和風つけ麺@伊勢佐木 日高屋

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る格安ラーメンチェーン店「日高屋」さんへ・・・
こちらへは先年12月7日に伺って「温玉旨辛ラーメン 490円」を頂いたのだけれども、会計時に大盛無料サービス券をもらっていたのを思い出し、そう言えばこちらのメニューに在ったつけ麺も美味しそうに見えたので寄らせてもらう事に・・・

お店に行くとやはり結構なお客さんで賑わっている。
場所柄か夜遅くまでやっていると言う事もあるでしょうし、メニューもラーメン・定食類から居酒屋メニューまで手広くお値段も安いですからねぇ・・・
昼はラーメンなどを、夜は居酒屋として利用されるお客さんが多い感じのようだ。

とりあえず空いている席に着き、「お品書き」を眺めてみる・・・
前回来た時にはなかった餃子に鶏の唐揚げがついた「餃子定食 590円」なんてものも在って魅力的ではあったものの、やはり今日は何となく思い出した「和風つけ麺 490円」が良いですかねぇ・・・
と言う事で「和風つけ麺 490円」をサービスクーポンを使って大盛でお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
めん1
めん2
こちらは麺の上に具を乗せて出てくるのですねぇ。
具はチャーシューとメンマ、上に海苔が散らせてある。
麺は中太縮れ麺で、意外としっかりとした歯触り。
さすがに大盛・・・結構なボリュームですねぇ・・・・
それにしても箸が異常に滑りやすく、麺がつかみ辛いのだけど、これは何とかなりませんかねぇ・・・

つけ1
つけ2
つけ汁はこんな感じ
つけ汁と言うよりもスープに近いかな・・・
まぁ、スープ割をお願い出来る訳ではないようなので、他店のつけ麺のように濃いつけ汁ではなく若干濃いめのスープで出すという感じのようだ。
和風を謳っているだけあって、結構それっぽい風味がするのだけれども、これはスープそのものの風味と言うよりは底に沈んでいる調味料によるもののようで、多分通常の中華スープに和風ぽい風味の調味料を加えているのでしょうね。
まぁ、つけ麺専門店などのものと比べてしまうと弱いけれども、これはこれで十分悪くないですねぇ。

ボリュームもあり、お味もそこそこで、何よりお値段490円では十分過ぎるものと言えましょう。
個人的には好きですハイ
それにしてもクーポンを使うつもりで立ち寄ったのだけれども、結局また会計時に新しくクーポンを頂いてしまいましたねぇ。
まぁ、普通に結構好みに合っているので、また寄らせて頂きましょう。

悪くないつけ麺でありました。

店名 日高屋 伊勢佐木店
住所 横浜市中区伊勢佐木町2丁目67
電話 045-260-8545
営業 11:00~翌2:00(土・日・祝は9:30開店。金・土は翌3:00閉店)
定休 年中無休
ハイデイ日高屋サイト
クーポン

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

福州拌面&春巻き@福富町 鑫城靚湯(しんじょうりゃんたん)

さて、今日は福富町に在る壺入りスープと台湾料理の店「鑫城靚湯(しんじょうりゃんたん)」さんへ・・・
こちらへは昨年11月18日に寄らせて頂いて以来と言う事になりますねぇ・・・
今日は寒かったので何ぞ体の温まるスープでもと思い寄らせてもらった次第。
お店に行くと先客はゼロ、帰りにすれ違いでお一人見えられた。

とりあえず案内してもらった席に着きお品書を眺めてみる・・・
お品書は
品書1
品書2
品書3
品書4
こんな感じ
ついでに
品書5
ドリンク類のお品書はこんな感じ

前回寄らせてもらった時には、店頭に出ていたボードに「壺入りスープの定食 1000円」と出ていたのでそれを頂く気満々でお店に入った為にお品書の方はさらっと目を通しただけだった上に、注文と同時にお品書が下げられてしまった事も有り、さすがにスープの種類が多かったなぁ…くらいの印象しかなかったのだけれども、今日改めてみると色々あるのですねぇ。

鶏のもみじを使ったスープや醤油煮なんて、如何にも台湾料理っぽいですよねぇ。
さすがにスープの種類も多く、スープも含め全体的にお手頃価格ですよねぇ。
台湾菜館さんだった頃にもあった「鍋焼麺(ミルクベーススープの麺)」もメニューに在るところをみると、台湾菜館さんから別のお店に代わったというよりも、お店の名前と路線を変えた感じなのでしょうね。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
寒かったのでスープでもと思ってお店に入ったものの、お品書を見るに魅力的なメニューも多く迷うところですよねぇ・・・
「ピータンと牡蠣のお粥 800円」なんてめちゃくちゃ魅力的なわけですが・・・

が、その中でもいちばん目を惹いたのは「福州袢面(ピーナッツベース特製うどん) 500円」
本来拌面(ばんめん)とは汁なし麺らしいと言うのは知識として知っているのだけれども、いまだ頂いた事はない・・・
ちなみに・・・中村町に在った中華料理店「ゑびす屋」さんにあった「バンメン 600円」はこんな感じでサンマー麺の豪華版と言った感じのもので汁なし麺とはほど遠いものだった。

汁なし麺と言うと長者町に在った中華料理店「龍鳳閣」さん「チャーシューローメン 600円」を頂いた事があり、拌面と言うのもこんな感じかな?と予想。
どちらにしてもピーナッツベースと言うのも面白そうですし、一度頂いてみましょうか・・・
と言う事で「福州拌面 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
すーぷ
付け合わせのスープ
こちらはスープ専門店ちっくなお店である事もあり、このスープもすっきりしていて風味も良くお味は悪くない。
ただ、どう言う訳かえらい胡椒の風味が強い・・・
入れすぎちゃったんでしょうなぁ・・・
さて、拌面はと言えば
めん1
めん2
こんな感じ
えらいシンプルな見た目ですねぇ・・・
具は上に散らされた葱のみ
麺は多分乾麺の平打ちうどん
うどんの下には
めん3
こんな感じにたれが・・・
「よくかき混ぜて食べてください」と店員さんからのアドバイスが有り
かき回すだけかき回して
めん5
めん4
完成
たれは確かにピーナッツベースで、ピーナッツの香ばしい香りが良い感じ。
ただ変な甘みはなく、ピーナッツペーストに醤油などの調味料を足してたれにしてあり、ピーナッツの香ばしさとまろやかな風味甘みを中心に中々美味しいたれになっている。
麺の茹で加減も丁度良く、たれに油っ気もあるのでうどんがくっついて難儀する事もなく食べ易い。
が、ややシンプル過ぎて、これだけだと些か寂しいので追加で「春巻き 400円」を追加でお願いした
と言う事で
巻1
巻2
後から春巻きも登場
こちらの方は特にどうと言う事はないのだけれども、まぁ揚げたてパリパリ熱々の状態で出てきた春巻きはどうやっても不味くなりようが有りませんわね。

拌面は想像していたものよりもずっとシンプルで簡素なものだったけれども、お味自体は結構いけます。
まぁ、お値段もお安いですし、副菜と一緒に頂くか呑み〆に頂く感じのものなのかも。
次は「ピータンと牡蠣のお粥 800円」辺りを頂いてみましょうか・・・
中々美味しい夕飯でありました。

店名 鑫城靚湯(しんじょうりゃんたん)
住所 横浜市中区福富町東通5-2 1F
電話 045-253-0048
営業 17:00~ (夜営業のみと思われます。詳しい営業時間はお店にお問い合わせを)
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

イカと明太子のクリームパスタ@横浜PORTA カフェドール

さて、今日は冷たい雨が降っている・・・
ので、夕飯は横浜駅ビル内で済ますことにした。
冷たい雨の降っているさなか、外をほっつき歩くのはめんどいですからねぇ・・・
さて、どこにしましょうか・・・
と言っても、このお店が特に魅力的って言うようなお店も余りなく・・・
通りがかりに「イカと明太子のクリームパスタ」と言う写真入りのメニューを表に張ってあったのが目を惹いたので、そちらのお店で頂く事に・・・

入ったお店は横浜PORTA飲食店街に在るカフェとパスタなお店「カフェドール」さん。
カフェドールさんって確か管内の弁天通り沿いだかにも在った気がしますが、どちらにしても一見と言う事になりますねぇ。
お店に入ると、結構混み合っている。
こちらは先に注文とお会計を先に済ませるシステムなので先にカウンターへ・・・
表で見かけた「イカと明太子のクリームパスタ+ドリンクセット 680円(パスタ単品580円)」を注文。
ドリンクは8種類くらいあったのだけれども、そこはそれ・・・個人的お約束?メロンソーダをお願いした。

お会計を済ませ番号札とメロンソーダの乗ったトレイを持ち空き席へ・・・
運良く壁際のソファ席が空いていたのでそちらに席を取りパスタの出来上がりを待つ・・・
待つ事しばしで到着
すぱ1
すぱ2
すぱ3
すぱ4
中々美味しそうですねぇ。
パスタの茹で加減もベストですねぇ。
お値段も安価ですし、お味もそこそこ。
この手の駅ビル飲食では高くても大したお味でもないお店も多いですし、そう言う意味では優良店かと。

悪くないパスタでありました。

店名 カフェドール 横浜ポルタ店
住所 横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口地下街ポルタ
電話 045-453-6378 FAX
営業 月~金7:00~22:00 土日祝9:00~22:00
定休 無休
ぐるなび お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

会員限定 剛つけ麺 塩@日ノ出町 日の出らぁめん

さて、今日は野毛に在るラーメン屋「日の出らぁめん」さんへ・・・
こちらの携帯サイトに会員登録をしてあるので、時折お店からの新メニューや会員限定を謳った期間限定ラーメンなどの発売情報メールが届くのだけれども、先週中に1月11日~1月25日の2週間の期間限定で「剛つけ麺 塩」を復刻販売するとのお知らせメールがあったので、さっそく行ってみた次第。

この「剛つけ麺 塩」と言うメニューは昨年9月にも一度会員限定と言う事で販売されて、ぼくも先年の9月15日に頂いている。
再販を希望される方も多かったようで、今回今日から2週間復刻販売するという事になったようだ。
ぼくもこの「剛つけ麺 塩」はレギュラーメニューにあるつけ麺より美味しいと思ったので、復刻販売のお知らせは嬉しかったのですハイ

と言う事で、販売初日の今日さっそくお店へ・・・
って、お店に入って後悔しましたけどね・・・
休日にこちらに伺うのは初めてだったのだけれども、まさかこんなに混んでるとは思いませんでしたよ・・・
まぁ、外待ちの客さんが出たりはしていなかったけれども、いつも割に中途半端な時間帯に伺う事が多いから空いているイメージだったのにカウンター席に空きがないほどの状態とわ・・・
こういう状況だと、常とは違ったなんとなく忙しいペースで頂かなければなりませんからねぇ・・・

とは言え、お店に入ってしまっているので、そのまま入り口を入って右側にある券売機で先に食券を購入。
会員限定とはなっているのだけれども、券売機にふつうに「会員限定」のボタンがあり、別段会員であるかどうかを確認をされる訳ではないので、会員登録していなくても普通に会員限定メニューの食券も購入可能ですハイ
と言う事で「剛つけ麺 塩 750円」の食券を購入し案内してもらったカウンター席へ・・・
こちらのお店では、つけ麺類は普通盛でも大盛でも同額なので、食券を渡す際に大盛でお願いした。

お客さんが多い事もあり、常よりやや待って到着
麺1
こちらのつけ麺の麺は、他店の麺に比べてかなり太い。
ちょっとしたうどん並みの太さなんですよねぇ。
ので、結構ガチムチな食感なので、ちょっと固過ぎると感じる方も結構いらっしゃるかと・・・

つけ汁は
つけ
こんな感じ
あら・・・前回のものに比べて節系の香りが強く、こちら本来のつけ汁の風味に近いものになっているかな・・・
前回のものに比べて白濁感が強く、とろんとした見た目のものになっている。
ちなみに前回昨年9月15日に頂いた際のつけ汁は
つけ
これ。
見た目からしてまったく同じものを0復刻させたという感じではないのは一目瞭然ですねぇ。
まぁ、正直言えば、ぼくは昨年頂いた際のつけ汁の方が好みです。
余り節系の香りを意図的に強くしたつけ麺って好みではないのですよ・・・
そういう意味では、少しだけ残念ですねぇ。

具は
具
角切り豚ばら肉、長ねぎ、キャベツ
角切り肉は変にしょっぱかったりという過剰な味がしみ込んでおらず、適度な味付けなので結構美味しく頂ける。
キャベツや長ねぎの甘みもよく出ていて良い感じ。

さっそく
麺2
麺をつけて頂いてみる・・・
ガちムチの極太縮れ麺にとろんとした感じのつけ汁が良くからみますねぇ。
麺を半分ほど頂いたところでつけ汁をスープ割に・・・
そう言えば、ぼくがいつも寄らせてもらう時間帯だとスープ割は店員さんにお願いして入れてもらう方式なのだけれども、今日はスープの入ったポットがカウンターに置かれていた。
まぁ、混んでいる時間帯だとそういう方式の方が楽でしょうしねぇ。

それにしても、やはり前回に比べると節系の風味がかなり強く和風に偏った感じのものになっている。
こちらはもともとそれ系のつけ麺を出すお店なのだけれども、だからこそ前回のつけ汁は新鮮味が有って良い印象で今回の復刻販売を喜んでいたところだったので、レギュラーメニューのつけ汁の風味に近付けてしまったというのは個人的には残念でしょうか・・・
まぁ、でもこちら本来のお味が好きな方々にとっては良い方向への変化と捉える方も多いのではないかと思われます。
実際、ぼくの場合は前回頂いた物と比較してしまった上での好みの問題で、お味自体は決して悪くはないですからねぇ。

さて、こちらと言えば、ここ数年冬季限定で「石焼味噌煮込み剛麺 800円」と言うメニューが出されていたのだけれども、今日見た感じでは今年は登場していないようだ・・・
まぁ、今回の「剛つけ麺 塩」の販売期間が過ぎた後に登場してくれればうれしいですが、この時期まで登場していないとなると今年は無理っぽいでしょうか・・・
んー・・・好きなんですけどねぇ「石焼味噌煮込み剛麺」
まぁ、器を焼いたりしなきゃならないという手間もあるし、ああいうアツアツの状態のものを客のもとに運ぶという作業も店員さんにしてみれば余りやりたいと思う作業ではないですよね・・・
特にこちらの様に混み具合の激しい時間帯のあるお店では、かなり気を遣わなきゃなりませんしねぇ。
まぁ、致し方なきところでありましょう。

今回の「剛つけ麺 塩」の販売期間は1月11日~1月25日までの2週間ですので、ご興味のある方はその期間内にお試しくださいな。
悪くないつけ麺でありました。

店名 日の出らーめん
住所 横浜市中区宮川町3-63-3 宮川ビル1F
電話 045-261-1728
営業  平日11時~翌1時、土曜9時~翌1時、日曜9時~23時
定休 無休
ぐるめぱど お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カレー小丼+かけうどんセット@山田町 すぴか

さて、今日は山田町にあるうどん屋「うどん工房 すぴか」さんへ・・・
こちらへは2008年4月5日に伺って以来なので、2年近く振りと言う事になりますねぇ。
まぁ、すぴかさんの支店で野毛に在った「野毛うどん」さんと横浜橋に在った「うどん工房すぴか 横浜橋店」さんの方には、その後に頂きに伺ってはいますが・・・
なにぶんとお店の場所が伊勢佐木長者町から徒歩で5,6分程度と云う場所ではあるのだけれども、山田町方面に足が向く機会が自体が余りないので、結構ご無沙汰と言う事になってしまいましたねぇ。

今日も本当は道を挟んでほぼ目の前にある昨年出来た中華料理店「翔威飯店」さんに伺うつもりでそちらの方に向かったのだけれども、お店にいったら結構人が入っている感じだったので諦めて、それじゃあどこでランチを頂きましょうかと思ったところでこちらを思い出し、久しぶりにこちらでうどんを頂きましょうと思い立った次第。
お店に行くとそう混み合っている感じでもなく、席にも余裕がありそうな感じだったので、そのまま店内へ・・・

お店に入ると先客は数組、後からも数組見えられた。
とりあえず空いている席に着き、お品書を眺めてみる・・・
品書1
ランチメニューはこんな感じ。
これ以外に、店頭に「カレー小丼+うどん 500円」「しらす小丼+うどん 500円」の2種類のランチサービスセットの書かれたボードが出ていたので、日替わりか週替わりで2種類ほど格安のランチサービスセットが用意されているようだ。
夜の時間帯のお品書は
品書2
こんな感じ。
以前伺った時に比べ、メニューがやや簡素化された感じがしたのだけれども、うどんやご飯ものメニューが減ったというわけではなく、どうやら居酒屋ちっくなメニューがなくなった感じ。

さて、今日は何を頂きましょうか・・・
こちらでは夜の時間帯に伺った際に「カレーうどん 650円」「野菜うどん(味噌) 650円」を、ランチの時間帯には「カレー丼とかけうどんセット 500円」をそれぞれ頂いた事が有るのだけれども、いずれのメニューも美味しかったのですよねぇ・・・
まぁ、今日は土曜日くらいしか伺う機会のないランチの時間帯ですからねぇ・・・
表のサービスセットの中でも目を惹いた「カレー小丼+うどんセット 500円」を注文。
うどんは冷しか温うどんかを選択出来るので温うどんでお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
カレー丼・うどん・漬物のセット
カレー小丼は
カレー1
カレー2
カレー3
こんな感じ
小丼とはなっているけれども、結構ボリュームありますねぇ。
具は豚肉、にんじん、玉ねぎ。
とろみは割に緩め。
カレーの味が突出しすぎてうどんの味がぼやけると言う事がなく、野菜の甘みで辛さも控えめになっていて食べ易い。

うどんは
かけ1
かけ2
かけ3
こんな感じ
シンプルですねぇ。
やや太めのうどんはつるっとした滑らかな舌触りで、固過ぎず柔らか過ぎず適度な歯触り。
お出汁もしっかりした風味。
久しぶりに頂きましたが、やはりこちらのうどんは美味しいですねぇ。

そう言えば、まだこちらではかき揚げうどんは頂いた事がなかったでしたっけね。
次伺った際には、かき揚げうどんを頂いてみると致しましょうか・・・
こちらはランチはもちろん夜も割に安価で美味しいうどんが頂けるのでお薦めです。

今日も美味しいうどんでありました。

店名 うどん工房 すぴか
住所 神奈川県 横浜市中区 山田町5-1
TEL 045-261-9566
営業 11:00~15:00 17:00~20:00
定休 日曜
参考サイト


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

白粥&にら水餃子@長者町 東方火鍋城

さて、今日は七草・・・
七草と言えば「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ 七草」と謳われる野草を食べる事で邪気を払い無病息災を願うという意味があるらしい。
七草まで来ると正月モード完全終了と感じる方も多いかもしれませんねぇ。
まぁ、ぼくは11日の鏡開きまでは正月気分を引きずる気満々ですけどね・・・

さて、七草と言えばやはり七草粥・・・
と言う事で、今日はお粥が頂きたい。
とは言うものの、七草粥どころかお粥を出してくれるお店自体があまりないのですよねぇ・・・
以前は関内に「文安」さんというお粥専門店があったのだけれども、確かもう閉店されてしまっていた気がする。

普通にお粥が置いてあるお店と言えば、やはり中華系のお店ですか・・・
中華街で言えば「謝甜記(シャンテンキ)」さん「馬さんの店 竜仙」さんなどのお粥で有名なお店をはじめ、結構お粥を用意しているお店も多いのだけれども、人混みを好まないぼくとしてはさすがに中華街に行こうという気までは起きないのですよねぇ・・・

で、思い出したのが伊勢佐木モールのオデヲン前から日ノ出町駅方面に向かう通り沿いに在った中華料理店「東方紅」さん
こちらはお粥も結構種類多く出されていて、なかなかおいしいお粥が安く頂けたのだけれども、残念ながら先日閉店となり「とんこつラーメン 濱家」さんと云う家形亜流なラーメンのお店に代わってしまったのだけれども、その2階に「東方紅」さんと同系列の「東方火鍋城」さんと言う火鍋のお店が在り、どうやら下の東方紅さんで頂けた中華料理各種や定食なども、この東方火鍋城さんで頂けるようになったようだ。

と言う事でお店に行ってみると、やはり店頭に抵触の書かれたボードとお粥やラーメンと言ったメニューの書かれた電飾看板が出ている。
お粥もちゃんとあるようなので、さっそく階段を上り2階の東方火鍋城さんへ・・・
お店に入ると、先客はゼロ。

と言う事で、適当に空いている席についてお品書を眺めてみる・・・
品書1
品書2
本来の営業形態であった火鍋のお品書はこんな感じ。
今でもお安いのだけれども、以前は食べ放題のもやっていたので、その頃に友達と何度か火鍋を頂いた事があって、割に美味しい火鍋が安価で頂けた。

さて、中華料理系や飲み物系はと言えば
品書3
品書4
品書5
品書6
品書7
品書8
こんな感じ。
中華料理系は、やはり東方紅さんで出されていたものと全く一緒で中華料理が全般的にお安く揃えられていて、これ以外にも定食メニューが店頭のボードに5,6種類書かれていた。
元々2階は夜営業のみの火鍋専門店でしたし1階に在った東方紅さんも安価な中華料理をつまみにお酒を飲まれる方も多く中華居酒屋的な一面もあったお店だったのでお酒類も充実した品揃えになっていますねぇ。
目的の白粥もちゃんと載っている。
と言う事で「白粥 300円」と「にら水餃子 190円」をお願いした。

先に
かゆ1
いか
白粥と付け合わせが到着
付け合わせは常ならザーサイなのだけれども、今日は切りイカとベビーコーンのピリ辛炒め。
適度な辣油のピリッとした辛みが良い感じ。

かゆ2
かゆ3
かゆ4
こちらにはお粥が10種類近く用意されているのですが、すべてこの基本の白粥の上に具を乗せる感じ。
ので、上の具とお粥の味がバラバラであまり味に一体感というものがない。
正直500円近くお金を払って上に具の乗っているお粥を頂くよりは、この白粥に副菜として中華料理を注文された方が良いかと。

で、この白粥ですが、これが美味しいのです。
具は刻み葱と付け合わせのザーサイなどだけの本当にシンプルなお粥ですが、お粥のお味自体が干し貝柱のお出汁がしっかり出たもので、300円と言う価格が信じられないくらいにしっかりした風味のある美味しいお粥だったりします。
このお粥はお安い上に美味しいと良い事尽くめですので、個人的にかなりお薦めですねぇ。

で、ぼくがこのお粥に合わせていつもお願いしているのは
にら1
にら2
にら3
このにら水餃子。
ボテっとした厚めの皮に、ニラたっぷりの具が包まれている。
元々醤油やお酢などを合わせた専用のたれをかけて出してくれる。
これがまた結構美味しいのですよねぇ。
こちらは焼き餃子もありますが、水餃子の方が美味しいですハイ
エビが大丈夫な方は「三鮮水餃子 290円」なんてものもあります。

んー・・・もうこの安くておいしいお粥は頂けないと思っていたので、2階の東方火鍋城で頂けるようにしてくれたのは嬉しいですねぇ。
中華料理系も安くてそこそこ美味しいものが揃っていますし、本来メインの火鍋も結構美味しいですからお薦めのお店であります

それにしても、肝心要の七草の方はすっかりすっ飛ばして七草もへったくれもなく単なる中華粥を頂く事になったわけですが・・・
まぁ、美味しければよいのです。
今日も美味しいお粥と水餃子でありました。

店名 東方火鍋城
住所 神奈川県横浜市中区長者町8ー125 共同ビル2F
電話 045-241-8485
営業時間や定休日については、中華料理系を出すようになって変わったようですので、お店にご確認を
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

カレー丼@不老町 味奈登庵

さて、今日は関内 不老町にある「味奈登庵 関内南口店」さんへ・・・
なんとなくカレー丼が頂きたい気分になり、この辺でカレー丼と言えば若葉町にあるお蕎麦屋「すゞ家」さんが第一選択肢になり、こちらのカレー丼は美味しいのだけれども具に使われているのが長ねぎではなく玉ねぎなのですよねぇ・・・
カレー丼っちゃあ、やはり玉ねぎより長ねぎの方が好みに合うのですよ・・・

で思い出したのが、こちら「味奈登庵」さん。
昨年9月3日にこちらに伺った際に「カレー南蛮うどん 450円」を頂いて、予想以上に美味しかったことと具に使われているのが長ねぎだったのですよねぇ。
となれば、カレー丼のお味も期待できるし、おそらく具に長ねぎを使ったものなのだろうと思い立ち寄らせて頂いた次第。

さて、お店に行くと先客はゼロ、後からお一人見えられた。
こちらは入ってすぐ左手にある会計で先に注文と支払いを済ませ、番号札を受け取ってから空き席について番号が呼ばれたらカウンターまで商品を取りに行き、食べ終わったら食器返却口に自分で食器を戻すというセルフスタイルになっている。
ので、先に会計で目的の「カレー丼 500円」を注文し支払いを済ませてから給湯機からお茶を注いで空き席へ・・・

席に着くと、卓上にお品書が置いてあったので眺めてみる・・・
品書1
品書2
そば・うどん・丼物などのレギュラーメニューはこんな感じ
さらにおすすめ新メニューとして
品書3
写真入りで2種類ほど・・・
「茸づくしのかき揚げ天丼 700円」って魅力的ですねぇ・・・
これ以外にもつまみ系のメニューやお酒類なども充実していた。
そうこうする内に番号を呼ばれたのでカウンターまで取りに・・・

丼1
丼2
丼3
丼4
カレー丼に漬物。
予想通り豚肉+長ねぎでしたねぇ。
如何にも片栗粉でとろみが付けられた感じが良いですよねぇ。
んー…直接的なカレーパウダーのスパイシーな香りが美味しそう。

頂いてみると、カレーパウダーの風味は強いものの、やや甘め。
如何にも和風なお出汁の風味も感じられて美味しいですねぇ。
カレー丼にはやはり豚肉と長ねぎですよねぇ。
特にやや脂身が多めの安っぽい豚バラ肉と長ねぎの組み合わせなんて最高ですハイ

ただ、どちらかと言えば「カレー南蛮うどん 450円」を頂いた時の方が美味しく感じられたかも。
まぁ、あちらの方が汁そば系だけに、もう少しお出汁の割合が高かったせいかもしれませんねぇ。
それでも500円でこのお味なら十分でありましょう。
次は「茸づくしかき揚げ天丼 700円」を頂いてみましょうか・・・

今日も美味しいカレー丼でありました。

店名 味奈登庵 関内南口店
住所 横浜市中区不老町1-6-10 苗場ビル101 
電話 045-662-8935
営業 11:00~22:30 (ラストオーダー 21:45)
定休 なし
味奈登庵 関内南口店情報
味奈登庵サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

スパランチ@野毛 センターグリル

さて、今日は野毛の老舗洋食屋「センターグリル」さんへ・・・
こちらへは2008年12月24日に伺って以来1年以上振りと、随分と久しぶりになってしまいましたねぇ・・・
今日は何となく洋食系が頂きたくなり、それならやはり第一選択肢はセンターグリルさんとなりましょう。
という事でさっそくお店へ・・・

こちらは面白い事に、1階フロアで頂く入り口と2階フロアで頂く入り口が分かれているのだけれども、割と2階の方が静かでのんびりした雰囲気の中で食事を頂く事が出来るので、ぼくは2階の方で頂くことが多い。
と云う事で、今日も2階フロアで頂く入り口から入り、そのまま2階へ・・・
2階に上がると先客はゼロ。
ので一番奥の窓際の席へ・・・

席に着くと、すぐにお品書を持ってきてくれたのでさっそく眺めてみる・・・
品書1
品書2
基本メニューはこんな感じ
さらに、お店のお薦めメニューが
品書3
こんな感じ
この時期ですと「牡蠣フライ 800円」なんてのも魅力的ではありますが・・・
しかしまぁ、今日はやはりこちらの代表メニューの1つ「スパランチ 750円」で行っておきたいですか・・・
という事で「スパランチ 750円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
すぱ
らんち
スパランチと言うのは、こちらの代表メニューの一つで、ライス・スパゲティ・チキンカツ・サラダが銀色皿に一皿盛りされているお得なメニューで、ランチとついてはいるものの終日注文可能。
ライスが舟型で盛られてるのが、またなんともよいですよねぇ・・・
チキンカツの下には
さらだ
ちゃんと千キャベツとポテトサラダが・・・
チキンカツは
ちきん
衣はサクッとしたベストな揚げ上がりで肉も柔らか。
やや薄目のカツとは言え、セットのものとしては過不足のないボリューム。

このメニューのメインともいえるのが
いたり
このスパゲティ。
ちなみにこれはケチャップ炒めスパの上にミートソースがかけられているもので、所謂ナポリタンではなく、こちらのお店でいうところのイタリアンスパゲティ。
このミートソースをライスにもからめつつ頂くと最高なのですハイ
最近ではあまり見かけなくなった、このぶっといスパゲティ・・・茹で加減はもちろんやわ目。
んー、やはり良い。

このセット、ボリュームはもちろんお味の方も良くて750円ですからねぇ・・・
やはりこちらのメニューの中でも人気はありますでしょうねぇ。
今度はオムハヤシライスでも頂いてみましょうか・・・
今日も美味しいスパランチでありました。

店名 センターグリル
住所 横浜市中区花咲町1-9
TEL 045-241-7327
営業 11:00~21:15(ラストオーダー)
定休 基本的に月曜日
お店サイト


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

伊達巻き

   伊達巻
正月という事で、例年通り伊達巻だけは買ってみました。
黒豆となますも買おうかな?とは思ったものの、結局伊達巻だけ有れば良いやって事で・・・
それにしても相変わらず伊達巻は高い・・・
この量産型伊達巻が1本1000円ですからねぇ・・・

そう言えば、今日帰りがけに伊勢佐木モール沿いにあるスーパー、ピアゴさんに立ち寄ってみたら、栗きんとんやかまぼこ、黒豆などが半額で見切り販売されておりました。
さすがに伊達巻は人気が高いのか既にありませんでしたが・・・
それにしても「鈴廣」さんのかまぼこってば、半額になってもなお1300円って・・・

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

サンマー麺@曙町 玉泉亭

さて、今日は曙町にある老舗中華料理店「玉泉亭 曙町本店」さんへ・・・
こちらへはリニューアルオープン後に伺った2009年10月29日以来と言う事になりますねぇ。
本当は昨日一昨日と丼物が続いていたので、今日もそれに乗って若葉町にあるお蕎麦屋「すゞ家」さんでカレー丼を頂こうと思って行ったのだけれども、どうやらお休みのご様子・・・
まぁ、お蕎麦屋さんは年末どん詰まりの大晦日までフル回転ですしねぇ・・・年明けは少しのんびり目なのでしょう。

んー・・・今日は風が冷たい詩なんぞ体の温まるものを・・・・
となれば、やはり第一選択肢はサンマー麺。
サンマー麺と繰れば当然頂くお店は「玉泉亭 曙町本店」さんと言う事になりましょう。
なにぶんとこちらは横浜駅西口近くの「珍来」さん、和田町商店街入り口角に在る「八操園」さんと並ぶ、個人的に好きなサンマー麺トップ3の一角ですからねぇ・・・

と言う事で、さっそくお店へ・・・
お店に入ると先客数組、後からもお一人見えられた。
外から見た感じ改装前のやや暗い雰囲気から、ややお店が明るく見えるようになった事もあってか、リニューアルオープン以前よりお客さんが増えたような気がする。
まぁ、自分の好きなお店の営業状況が順調に見えるというのは良い事であります。

空いている席について、お品書も見ずに目的の「サンマー麺 600円」をお願いした。
出来上がりを待つ間にお品書を眺めてみる・・・
品書1
品書2
品書3
品書4
品書5
品書6
お品書はこんな感じ
「角煮セット 920円」なんて魅力的なメニューがあったのね・・・
何せこちらに来ると、基本サンマー麺一本なので、お品書をじっくり眺める事ってあまりないのですよねぇ・・・
角煮は一度「角煮ソバ 920円」を頂いた事があるのだけれども、これが結構おいしかったので、この「角煮セット 920円」もお味の方は間違いなく好みに合うのでしょうねぇ・・・

そうこうする内に到着
さん
まー
めん
んー…相変わらず美味しそう。
具はもやし、キャベツ、きくらげ、ニンジン、豚肉。
しっかり炒められて甘めの餡でとじられている。
野菜の炒め具合もシャキシャキ館がちゃんと残っていて丁度良いですねぇ。
麺は細めの縮れ麺。
こちらのサンマー麺は他店のものに比べて甘めの味付けになっているので好き嫌いは分かれるかも知れないけれども、ぼくの好みにはばっちり合っているのですよねぇ。

次は「凶器になった「角煮セット 920円」を頂いてみる事に致しましょうか・・・
今日も美味しいサンマー麺でありました。

店名 玉泉亭
住所 横浜市中区伊勢佐木町5-127
TEL 045-251-5630
営業 11:30~21:30
定休 火曜日(祝日の場合営業)
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華風焼肉丼@伊勢佐木 杜記

さて、今日は伊勢佐木モール沿いにある中華料理店「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さんへ・・・
こちらへは昨年の9月6日以来と意外と間が空きましたねぇ・・・
こちらは元旦も休まず営業されていましたねぇ。
お店に行くと今日も平常通りランチも出されている。
お店に入ると船客は2,3組で、後から団体客を含めやはり数組のお客さんが見えられた。
まぁ、伊勢佐木周辺は正月3が日でも他所よりは明けていてくれているお店も多いものの、それでも普段よりは選択肢が狭まりますからねぇ・・・
そんな中、結構おいしいものが頂ける杜記さんの存在は有難い事でありましょう。

さて、席についてさっそくお品書を眺めてみる・・・
品書
今週のランチはこんな感じ
「上海炒麺 680円」とか魅力的ですねぇ・・・
が、一番目を惹いたのは「中華風焼肉丼」

これは少し前から夜営業の時間帯に通り掛かった際に表に出ている定食メニューの中で見かけてから気になっていたのですよねぇ・・・
夜の時間帯の時には780円で出されていたはずですが、さすがにランチ…680円で頂けるらしい。
んー、こちらのお店で出してくれる丼物というのも興味ありますし、かなり美味しそうなものが頂けそうな気もしますからねぇ・・・
という事で「中華風焼肉丼 680円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
焼肉丼、サラダ、スープ、杏仁豆腐
スープはわかめと野菜のスープで、普通においしい。
サラダもまぁ普通ながら、これだけのボリュームで出してくれるのは嬉しいですねぇ。

さてメインの焼肉丼は
丼1
丼2
丼3
こんな感じ
ご飯の上に
肉
牛肉の焼肉が乗っている。
たれはピリ辛で、ごはんの下までしっかりとしみる程度にたっぷりかかっているのは有難い。
肉もこんがり焼けて香ばしさが出ていてよい感じ。
美味しい焼肉丼ですねぇ。

ただ、お味の方は美味しいのですが、見た目そのまんまといった感じで意外性はないですか・・・
杜記さんで出してくれる焼肉丼という事で、もう少し面白みのあるものを期待したのですが・・・
まぁ、勝手に自分の中で期待感を増して、特別なものを求めるのは我儘というものでありましょうねぇ。
意外性はありませんが、確かに美味しいのですから。

さて、デザートには
杏
いつも通り杏仁豆腐をつけてくれる。
こちらの杏仁豆腐は舌触りがなめらかで、甘みも適度でさっぱりしていて好きなのですよねぇ・・・
このセットが700円以下で頂けるのだから、相変わらずコストパフォーマンスの高い有難いお店であります。

今日も美味しいランチでありました。

店名 関内 杜記 海鮮火鍋菜館
住所 神奈川県 横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
電話 045-231-2310
営業 [平日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [土曜日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [日曜・祝日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
定休 月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
ぐるなび お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

親子丼@横浜橋 宝水産

さて、今日は横浜橋通り商店街の中に在るまぐろ丼のお店「宝水産」さんへ・・・
伊勢佐木モールでは、四川料理の「杜記」さんを始め、結構元日からでも営業されている多く、昨日は友達が来たので、伊勢佐木モール裏手に在る中華料理の格安居酒屋「桃園」さんで頂いたのだけれども、今日は何となく和食が頂きたい・・・

お正月も2日ともなれば開いているお店が結構あるかな・・・と思って横浜橋に行ってみたら、意外とお休みのお店が多かったですねぇ・・・
お食事処では「香港美食」さんが営業されていたかな・・・
そう言えば「宝水産」さんは確か年中無休でやってらっしゃるので、昨年もお店開けてらっしゃったかな・・・と思いだしてお店へ・・・

お店に行ってみると、やはり今日も営業中。
中に入るとカウンター席が7割くらい埋まっていた。
こちらへは2008年12月9日「しらす丼 580円」を頂きに寄らせて頂いて以来ですねぇ・・・
こちらでランチの時間帯と言えばこのお刺身5点盛りが付いたサービス定食「刺身定食 680円」がお得なのだけれども、今日はおしょおう月と言う事もってか、こちらのサービス定食は供されていないようだった。

となると、やはり丼系ですねぇ・・・
とりあえずお品書きを眺めてみる・・・・
品書
基本のお品書はこんな感じで、これ以外に外に出ているお持ち帰り用の海鮮丼をお店の中で頂くことも可能で、表に出ている持ち帰り用のものは、その日の仕入れなどで内容が決まるらしく、結構種類も多い。
また、その際にはご飯も温かいものに変えてどんぶりに盛りなおしてくれる。

さて、今日はどれを頂きましょうか・・・
マグロで有名なお店ですから、やはりマグロを使った丼びりですかねぇ・・・
と思ったのだけれども、目を惹いたのが「親子丼 780円」
もちろん海鮮丼のお店なので、この場合の親子とはサーモンとイクラのことらしい。
あー…これは美味しそうですよねぇ・・・・
という事で「親子丼 780円」を普通のご飯か酢飯かが選択出来るので酢飯の方でお願いした。

先に
副菜
副菜を出してくれる。
きんぴらレンコンにきゅうりのキューちゃん。
きんぴらレンコンって美味しいですよねぇ・・・

続いて
せっと
親子丼とみそ汁も到着。
みそ汁はあら汁。
んー・・・体が温まっておいしいですねぇ。
メインの親子丼はと言えば
親子1
親子2
こんな感じ
きれいで見栄えのするお姿・・・
分厚に切られたサーモンがたっぷり乗り、真ん中にいくらが盛られ、玉子焼きが乗せられている。
ガリも最初から丼ブリに乗せられてくるので、苦手な方は、注文時に載せないよう伝えた方がよいですねぇ。

サーモンは
親子3
こんな感じに、いかにも脂乗ってますという感じのものが分厚に切られたっぷり乗せられている。
脂の甘み旨みが最高ですねぇ。
見た目結構贅沢な海鮮丼なのに、これで780円とは・・・
まぁ、一番最初若葉町にお店があった時には「まぐろ丼 600円」なんて驚異的なお値段で出されていたので、その時代に比べれば結構値上がっては締まっていますが、それでも十分お得なお値段かと。

そもそも、若葉町に在った時には、こんなにたくさんのメニューはなかったですしねぇ・・・
これだけのものが800円そこそこで頂けるのだからありがたいことです。
次は「まぐろユッケ丼 780円」辺りを頂いてみましょうか・・・

今日も美味しいランチでありました。

店名 宝水産
住所 横浜市南区浦舟町1-1古川ビル1F(横浜橋通商店街内)
電話 045-261-7172
営業 10:00~20:00
定休 年中無休
横浜橋通り商店街 お店紹介

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
皆様にとって本年も良き一年となりますよう。
楽しくお年始をお過ごしくださいませ。

さて
伸
餅
田舎の方が有り難い事に、自家製のお餅を送ってくれました。
元々農家なので、今はほとんどの畑は人に貸してしまっているらしいのだけれども、親戚筋に配る程度の米や野菜は今でも作っているので、毎年年末になると自家製もち米を搗いた伸し餅を送ってくれるのですが・・・
段ボール一杯って・・・

余裕で2キロオーバーと言ったところでしょうか・・・
もちろん市販の米粉で作られたような量産型に比べたら味の方は雲泥の差で、微妙に残ったもち米のつぶつぶ感もあり素晴らしく美味しいのですが、さすがにこの量は、どうしたものやら・・・

テーマ:あけましておめでとうございます - ジャンル:ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。