塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨田舎汁そば@山元町 仙良菴

さて、今日は年の瀬もどん詰まりの大晦日。
本年も当塵壺日誌への御訪来ありがとうございました。
かような書き捨て文章の塵壺ですが、また来年もお暇潰しにでも覗いて頂ければ有り難く思います。
それでは皆様、善きお年をお迎え下さいませ。

さて、年末のご挨拶も済んだところで・・・
本年たぶん最後の食事ネタ投稿・・・
大晦日と言えば、やはり年越し蕎麦。
これでも日本の文化を愛する日本人ですから、えぇ。
などとは御大層な思いもございませなんだが、定番中の定番と言う事でお蕎麦を頂きに・・・
昨年の大晦日には、とうとう閉店の運びとなってしまった中村橋の「ゑびす屋」さんで年越し蕎麦に「おかめそば 500円」「カレーライス 500円」を頂いたのでしたねぇ・・・

さて、この辺でお蕎麦と言えば、真っ先に思い浮かぶは三吉橋に在る有名蕎麦店「小嶋屋」さんなのですが、今日は恐ろしく混むのでしょうねぇ・・・
となると、こちらも混みそうではあるけれども、目立たない場所に在るだけにもしかしたら余裕ある鴨と言う事で、先日2回ほど寄らせて頂いた山元町に在る美味しい蕎麦店「石臼挽き手打ち蕎麦 横浜 山本」さんで頂こうと言う事で、早速バスに乗り山元町へ・・・

思いの外道が空いていたせいか山元町2丁目に到着すると、まだ山本さんの開店時間には5分ほど早い。
んー、まぁそれならこの辺を少しぶらついて時間を潰しましょうか・・・
と思って徘徊を始めようとした時に目に入ったのが、同じく山元町に在る美味しいと表お晩の蕎麦店「仙良菴(せんりょうあん)」さん
確かネットの情報では12時近くの開店となっていたはずなのだけれども、今日はお蕎麦屋さんフル回転な大晦日と言う事も有ってか11時半前で既に暖簾が掛っている。

あら・・・と思ったら、前を歩いていた二人連れの方々がそのまま店内へ・・・
やはり、今日は常よりも早く開店していらっしゃるようだ。
今日の目的のお店は「横浜 山本」さんだったのだけれども、こちら「仙良菴」さんでも一度頂いてみたかったのですよねぇ・・・
まぁ、1年最後の食事ネタ投稿になりそうだし、それなら一見のお店で締め括る事に致しましょうか・・・

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると、先客は先に入られた二人連れのお客さんだけだったのだけれども、次から次へとお客さんが入り、店内には座敷席2つに4人掛けテーブル席3つは有るのだけれども、ぼくが出る頃にはお待ちのお客さんが数名いらっしゃった。
さすが地元有名店・・・

さて、今日は大みそかと言う事も有ってか出せるメニューが絞られているようで、カウンター上のお品書きにもいくつか付箋が張られていた。
さて、年越し蕎麦なので、普通なら天せいろが第一選択肢でしょうし、実際天せいろを注文される方が多かったのだけれども、なにせぼくは海老が苦手ときている・・・
海老が入って無さそうなメニューは・・・

とお品書きを眺めると「鴨田舎汁 そば・うどん」と言うメニューが目を惹いた。
良くある「鴨南せいろ」も有ったのだけれども、何となく田舎と言う言葉の響きに惹かれる・・・
田舎汁そばって事は、付けそばではなくやはり温かい汁に入った汁そばなんでしょうねぇ・・・
今日はこれを頂いてみましょうかと言う事で「鴨田舎汁そば 1150円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
あら・・・
汁そばではなく付けそばでしたか。
まぁ、元々はせいろ系で行くつもりだったのですから、むしろうれしい誤算でしたが。
お蕎麦は
そば
汁2
こんな感じ。
田舎そばと言うと、もっと太めの色の濃いものを想像したのだけれども、繊細で綺麗な見た目のお蕎麦ですねぇ。
それでいながらしっかりした腰と、風味豊かな蕎麦の香りを楽しむ事が出来る。
割に風味が強いつけ汁にも負けて風味が飛ぶ事も有りませんでしたねぇ。

さて、そのつけ汁はと言えば
汁1
汁3
熱々の状態ですねぇ。
上には、如何にも旨みタップリそうな脂が浮いております。
具は鴨肉と長ねぎ。
たぶん鴨南せいろとの違いは、お蕎麦が田舎そばに代わるかどうかという事なんでしょうねぇ。

早速頂いてみると、やや甘みが強い。
かと言って決して変に不自然な甘みではないので、これはこれでお蕎麦にもちゃんと合っていて美味しい。
鴨肉のキュッとした歯ごたえと旨みは最高ですねぇ・・・
なんとなく、このつけ汁を玉子でとじてご飯の乗せたら、めちゃくちゃ美味しい丼物が出来上がりそうな・・・

こちらも蕎麦湯を用意出してくれるので、お蕎麦を頂き終わった後の鴨つけ汁は蕎麦湯で割って最後まで美味しく頂いた。
やはり、こちらは噂通り美味しいお蕎麦の頂けるお店でしたねぇ・・・
そう言えば、お隣の席の方がカレーそばを食べていたのだけれども、これがまたやたらに美味しそうな香りが漂ってきていましたねぇ・・・
今度伺った時には、カレーそばを頂いてみる事に致しましょう・・・

美味しい年越しそばでありました。

店名 仙良菴(仙良庵)
住所 横浜市中区山元町3-145
電話 045-651-2310
営業 11:50~19:00
定休 月曜
参考サイト

スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

牛すじ煮込み定食@若葉町 寿々苑

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モール沿いから一本黄金町側に入った若葉町に在る焼肉店「寿々苑」さん。
こちらは、確か以前まで「韓日苑」さんと言う韓国料理と焼肉のお店だったと思うのだけれども、少し前にお店の前を通り掛かったらいつの間にかお店が変わっていて、表にランチメニューの書かれたボードが置かれるようになっていたので気になっていたのですよねぇ・・・

とは言え、朝鮮料理系のお店ってなかなか行く機会が無いのですよねぇ・・・
横浜橋から若葉町、福富町にかけては、それこそ選択肢にはまったく困らないほどそれ系のお店がたくさんあるのだけれども、どうしても焼肉系のお店が多く、最近そっち方面に食指の動かないぼくとしてはお店選びの選択肢の優先順位が低くなってしまうのですよねぇ・・・

今日も本当は、良く拝見させて頂くBlog「お昼ごはんたべた」さんのこちらの記事を拝見して興味を持った「信州戸隠流 古式手打ち蕎麦  凛正庵 宗由」さんと言う新しく出来たらしいお蕎麦屋さんに行くつもりだったのだけれども、相も変わらず碌に地図も見ず住所も確認しないでお店に向かったものだから結局お店の場所がつかめず諦めざるを得ず・・・
それならと言う事で向かったのは関内駅すぐそばに在る、割に好みに合っているラーメンの頂ける「R&B」さんに行ってみたらすでに年末年始のお休みに入ってしまった模様・・・
結局、すごすごと伊勢佐木方面まで戻ってくる事に・・・

さて、どうしようと思った時に思い出したのが、表に出ていたランチメニューのボードを拝見して気になっていた「寿々苑」さん。
早速お店に行ってみると、やはり今日も営業されており、店頭に目ランチメニューの書かれたボードが置かれている。
「カルビ定食 680円」「牛すじ煮込み定食 680円」
ランチとはいえお安い。
牛すじ煮込み定食なんて美味しそうですよねぇ・・・
と言う事で店内へ・・・

お店に入ると先客はゼロ。
案内してくれた席に着き、お品書きを眺めてみる・・・
品書2
ランチメニューはこんな感じ。
中々美味しそうなメニューが並んでいる。
+300円で肉大盛りの注文が可能と言うのも、がっつり行きたい人には良いでしょうねぇ。
ご飯のお替りは無料だそうな。
今日はやや暖かいし「冷麺 850円」にも興を惹かれたのだけれども、結局表のボードに書かれていた「牛すじ煮込み定食 680円」をお願いした。

先に
さらだ
サラダと
なむる
キムチとナムルの盛り合わせが到着
んー・・・ナムルはやはり美味しいですねぇ・・・・
キムチはからみより甘みの方が強く、酸味は程よく食べ易い。
一緒に
ごはん
ご飯とわかめスープと到着
「煮込みの方今作っていますので、もう少しお待ちください。ご飯はお替わり自由です」
との事。
まぁ、このナムルとキムチで先に一杯ご飯を頂いてしまっても良かったのだけれども、なんとなくご飯は煮込みで頂きたかったので、そのまま待つ・・・

しばらくして
牛1
牛すじ煮込み到着
やはり石焼きボウルで出してくれるのですねぇ。
なので
筋3
牛2
グツグツ言わせながら如何にも熱々ですと言う状態で登場。
それにしても色が真っ赤で、これは辛そうですねぇ・・・
中の具は
筋4
牛すじ、大根、豆腐、こんにゃくなど。
これまた結構なボリューム。
見た目、いかにも辛そうなので辛さの直撃を警戒しつつ、まずは一口・・・
あら?辛くない・・・?
見た目に反して、意外なほど辛味を感じず食べ易い。
辛さを日本人向けに調節してくれているのかもしれませんねぇ。

舌を直撃するような辛味がないので、スープの味をはっきりと感じることができる。
これがまた美味しい・・・
牛筋の甘みと旨みと風味がしっかりスープに溶け込んで、こりゃあえらく美味しく仕上がってますねぇ。
んー、個人的にはあまり辛いものに強くはないし、このくらいが丁度良く美味しく頂ける。
辛い方が好みの方は注文時に絡めでお願いすれば対応してくれるとは思いますが・・・
個人的には、折角こういう味が出ているスープを唐辛子の辛さで抑え込まれてしまうのはもったく感じますが。
当然のように御飯はこちらに放り込んでおいしく頂いた。

このお味なら、ユッケジャンやクッパなどのスープ系は、間違いなく美味しそうですねぇ。
次はユッケジャンスープの定食でも頂いてみましょうか。
美味しい牛すじ煮込み定食でありました。

店名 寿々苑
住所 横浜市中区若葉町2-24 岡田ビル1F
電話 045-261-3479
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ハンバーグ&地鶏唐揚げ@吉田町 遊季亭

さて、今日はなぜかランチを連食・・・・
伺ったお店は吉田町おいしんぼ横丁に在る洋食屋「びすとろ 遊季亭」さん。
こちらへは2007年12月15日にカキフライをいただきによるに立ち寄らせて頂いて以来の2年振りと言う事になりますねぇ・・・
何せ年末、伊勢佐木モール裏手にあるフレンチレストラン「ベジタブル・マーケット」さんと合わせて年末年始の営業告知が出ているかどうか確認しに行ってみた次第。
「ベジタブル・マーケット」さんの方は特に告知は出ていなかったものの、今日のランチ営業はお休みのようだ・・・

続いて「びすとろ 遊季亭」さんに行ってみると、こちらはランチ営業をされていて店頭にランチメニューのボードが出ている。
見てみると「本日ランチ、通常750円のところ500円」「ただし、今日のランチは1種類とさせて頂きます」と・・・
で、その1種類のランチはと言えば「ハンバーグ デミグラスソース&地鶏の唐揚げ」
うぉ・・・これは・・・・

しばらく考えたものの、こちらのランチは評判が高く興味があったのだけれども、やはりランチは平日のみの為に中々頂く機会がない上に、なんと驚きのお値段500円、さらにこちらには夜に一度伺っているのでお味の方には一片の不安もなし・・・
となれば、この絶好の機会を逃す手はなし・・・
という事で店内へ・・・

お店に入ると先客は2組ほど、後からもお客さんが見えられた。
割に目立たない場所にあるのに、やはり割に人気があるのですねぇ・・・
一人なのでカウンター席の方に着くと「今日はランチ1種類なのですがよろしいですか?」と冷水とおしぼりを出してくれた時に確認されたので、そのまま本日のランチ「ハンバーグ デミグラスソース&地鶏の唐揚げ 500円」をお願いした。

先に
すーぷ
カップスープ到着
何気に結構おいしい、このコンソメスープ・・・
続いて
さらだ
サラダ到着
セットに付くサラダとは思えないほどしっかりした内容とボリュームのサラダですねぇ。
そういえばカリフラワーって結構久しぶりに頂いたかも・・・
カリフラワーっちゃあ、やはり「ショー・らパン」さんのディナーの前菜で出してくれた「カリフラワーのババロア」が最高においしかったですよね・・・

さて、サラダを食べ終わる頃に
せっと
ライスとメインが到着。
あらあら・・・洋食屋さんなので小洒落たお皿で出てくるのかと思いきや、なんと美味しそうなな音と香りとともにジュウジュウ言わせながら鉄板皿で出してくれました。
メインは
上1
上2
うはぁ…なんて美味しそうなお姿・・・
デミグラスソースがぐつぐつ言ってますねぇ・・・
ハンバーグ、唐揚げに付け合わせはモヤシのソテー、ポテトとベーコンのソテー

地鶏の唐揚げは
唐1
唐2
こんな感じ。
一口大の唐揚げが3つ4つ・・・
見た目は唐揚げというよりフライドチキンといった感じでしょうか。
サクッとした軽めの歯触りに柔らかでジューシーな鶏の旨みが最高ですねぇ。

ハンバーグは
はん
中
こんな感じ。
ナイフとフォークではなくお箸なので、切り口はやや崩れてしまいましたが、切ってみると如何にも肉々しい荒挽きな感じがもう見た目からして、間違いなく美味しいですからと宣言していますねぇ・・・
頂いてみるとやはり如何にも肉食ってますと言った食感で、これまた肉汁ジューシーな旨みたっぷりハンバーグ。
デミグラスソースも濃厚ながらしつこくなく、ソースの旨みと同時にハンバーグ自体の旨みもちゃんと感じられる良い塩梅。
美味しいわぁ・・・このハンバーグ。

うーん・・・こちらで前回頂いた牡蠣フライもグラタンも美味しかったから、ランチにも十分期待していたのだけれども、これは期待以上のハンバーグと唐揚げでしたねぇ・・・
特にこのハンバーグは、かなり美味しいですハイ
ここ数日、洋食系はのお店は当たりばかりだわ・・・
それにしても、こんなランチが普段頂けないのは残念なことで・・・
こちらは夜も割にお手軽でおいしいですし、ランチも800円以下でこれもんの素晴らしいランチを出して頂けるのでお薦めであります。

大変美味しいハンバーグと唐揚げでありました。

店名 びすとろ 遊季亭
住所 神奈川県横浜市中区吉田町3-9
電話 045-253-7856
営業 11:30~14:00 17:00~22:00
定休 日曜(祝日もかも)
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

あん肝とあんこうの唐揚げ定食@関内 どんぶらー

さて、昨日が御用納めと言う事で、今日から3日までお休み。
となると、こう言う時でないと寄らせて頂く機会のないお店に行ってみたい・・・
なにせ関内を中心としたご近所周辺は、場所柄なのかランチは月曜~金曜までの平日のみと言うお店も結構あり、しかもその中にはかなり美味しいものが頂けるお店も多い。
と言う事で、今日はその中から特に行ってみたいお店に行ってみる事に・・・

そうなると第一候補は、羽衣町に在る魚介料理の美味しいお店「食事処 どんぷらー」さんでありましょう。
こちらも、やはり昼営業は平日のみで夜は海鮮居酒屋さんのような感じになってしまう為に、お酒を嗜まないぼくには寄らせて頂く機会が余り無く、こちらへは2006年12月29日以来と、きっかり3年振りと言う事になりますねぇ。
前回はやはり同じ理由で、年末のどん詰まりに2連ちゃんで伺っていたようだ・・・

さて、お店に行くと表にランチ定食のお品書きが出ている。
やはり今日まではお店を開けていてくれたのですねぇ・・・
と言う事で、早速お店の中へ・・・
お店に入ると先客はゼロで、後から数組のお客さんが見えられた。

一人だったので、入って右側に在る相席用の6人掛けテーブルに席を取り、後ろに在るホワイトボードに書かれたランチ定食を確認・・・
あら・・・価格が下がっている?
と言うか、3年前に伺った時は一番高いもので1200円とか1000円オーバーのものが有ったのだけれども、今日見た感じでは一番高いものでも1000円になっている。
全体的に安くなった訳ではなく上限価格が下げられた感じ。

さて、どれに致しましょうか・・・
こちのランチと言えば「どんぷらーどん 900円」が有名ですよねぇ・・・
これは丼となって入るけれども、実際はかなりお得な刺身の盛り合わせ定食の事で、こちらのランチ一番人気らしい。
他にも色々美味しそうな定食が並んでいますねぇ・・・

が、その中で一番目を惹いたのは
「あん肝とあんこうの唐揚げ定食 1000円」
実はこのあん肝とあんこうの唐揚げ定食は3年前に伺った際に頂いているのだけれども、これがまためちゃくちゃ美味しかったのですよ・・・
しかも、その時は1200円だったお値段が1000円に下がっているようだ。
ありがたい事ですねぇ・・・と言う事で「あん肝とあんこうの唐揚げ定食 1000円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、味噌汁、唐揚げ、あん肝、漬物のセット。
て、この豪華なセットで1000円ですよ1000円。
お値段が下がっても定食の中身は変わっていないと言うのが凄いですねぇ・・・

あんこうの唐揚げは
あん
なんて美味しそうな揚げ色・・・
こちらはお塩で頂く。
早速頂いて見ると、衣はサクッと中はふわっと。
淡白でさっぱりな白身部分とゼラチン質のプルプルした部分もあり、これはたまらなく美味しいですねぇ・・・
いや素晴らしい・・・

そして
肝1
肝2
あんきもー あんきもー あんきもー あんきもー
いや・・・久しぶりの好物を前に些か心が乱れてしまいました・・・・
分厚に切られたあん肝が、どーんと・・・
酒蒸しされているようで、口に含めばそりゃもう至福ですよ。
とろける様な食感と口に広がる旨みと甘み。
一片の臭みもなく、過度な脂っぽさもなく、濃厚な旨みだけを楽しむことができますねぇ。
実はこちらのお店こそが、3年前ぼくにあん肝の美味しさと言うものを教えてくれたのですよ・・・
いやもう素敵・・・

この素敵な定食のお値段、驚愕の1000円・・・
なぜ職場が、このお店の隣にないのだろう・・・
こんなお店が職場の近くに在ったら、普通に週に2回は通いますよ、えぇ・・・
んー・・・やはり素敵なお店だ・・・・
なにせこのレベルの定食が頂けるお店ですので、平日のランチ時は相当混みあうらしいのですが、もし平日ランチ時に関内周辺でランチをする場所のお探しの際には、お刺身などの海鮮がお嫌いでは無ければこちらは本当にお薦めです。

今日も大変美味しいあん肝とあんこうの唐揚げでした。

店名 食事処 どんぶらー
住所 横浜市中区羽衣町2-6-2
電話 045-243-3966
営業 11:15~13:45 17:00~21:00
定休 土日
参考サイト

この16号線から大通公園の方面に抜ける道沿いに在る細いわき道沿いには、トマトたん麺が美味しい「COOK FACE クックフェイス」さんやギリシャ料理の「スパルタ」さん、海鮮和食の美味しいランチ定食の頂ける「割烹 細流(せせらぎ)」さんなど、美味しいランチが頂けるお店がそろっております。
それぞれ美味しいものが頂けますので機会がありましたら是非お試しを。

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

ヒレカツカレー@井土ヶ谷 MA

さて、今日も一見のお店へ・・・
なんとなく洋食系のカレーライスが頂きたくなり、そう言えば井土ヶ谷の有名中華料理店「チャイナ飯店」さんのお隣に在る喫茶と洋食のお店「コーヒー&パーラー MA」さんのカレーが結構評判が良かったのを思い出し、それなら今日はそちらで頂きましょうと立ち寄った次第。
お店に行くと店頭にメニューボードが置かれている。
「ハンバーグカレー」「ヒレカツカレー」「ナポリタン」「デザートセット」etc...
ふむ・・・やはりカレーはお店の推しメニューでもあるようだ。

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると思ってより広々とした店内。
と言うか、テーブルの間隔が割に広く取られて居るので、ゆったり食事をするには良さそうな雰囲気。
席に着くと、すぐにお冷・お絞り・お品書きを出してくれた。
お品書きを見てみると、やはり喫茶店と言うより洋食屋さんと言った感じのラインナップですねぇ。
今日の目的はカレーライスと言う事で「ヒレカツカレー 890円」をお願いした。
お品書きの写真でもと思ったのだけれども、注文時にお品書きを下げられてしまい撮れず・・・

注文を受けるとすぐに調理場の方から小気味よい揚げ音と良い香りが流れてきた・・・
これは楽しみな事ですねぇ。
さて、先にサラダ到着
さらだ
これはまぁ普通
かなりしっかりしたボリュームのサラダですねぇ。

しばらくするとカレーも到着
ひれ
かつ
かれー
カツの香ばしい香りが良い感じですねぇ。
茶色みの強い欧風ビーフカレーでやや甘め。
具のビーフもほろほろになるまでしっかり煮込まれていて美味しいですねぇ。

カレーの上には大振りなヒレカツが4枚・・・
これがまたえらく美味しい。
最初はサクッと、すぐにカレーを吸ってしっとりとした歯触りに代わる。
えらく柔らかで、しっかりとした肉の旨みの感じられる。
このかつ4枚で100gオーバーなんだそうな・・・
当然、それに合わせてカレー自体もかなりの盛りっぷりですねぇ。

んー、思ったよりも本当にしっかり作られた美味しいカレーが頂けるのですねぇ。
カレーと言いヒレカツと言い、かなり手間暇かけて美味しく作りましたと言った感じ。
これならハンバーグなんかも、かなり美味しいものが頂けそう・・・
日替わりランチなんかも出されているようなので、今度ランチの時間にも寄らせて頂きましょう。

美味しいヒレカツカレーでありました。

店名 コーヒー&パーラー MA
住所 横浜市南区井土ヶ谷中町157 ダイアパレス井土ヶ谷1F
電話 045-742-3164
営業 8:30〜21:00
定休 日曜
グルメWalker横浜 お店情報

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

ロールキャベツ@黄金町 洗濯船

さて、今日は一見のお店へ・・・
黄金町駅すぐそばに在る「あのころの洋食」と言う魅惑の看板を掲げる洋食屋「洗濯船」さんへ・・・
こちらはアリーマさんのBlog「横浜ほにゃらら日記」こちらの記事を拝見し興味があったお店なのですよねぇ。
こちらのお店は日曜日お休みってイメージが有ったのだけれども、今日通り掛かったら開いていたので寄らせて貰う事にした次第。

表にはランチメニューの書かれたボードが置いてあり
「ビーフカレーライス 700円」「ナポリタン 700円」「ハンバーグ 700円」「ポークソテー 800円」「生姜焼き 800円」「ロールキャベツ 800円」etc...
と、大体10種類くらいは有ったような気がする。
こちらに関するBlog記事を散見させて頂くに、どうやら推しはハンバーグなご様子。
とは言え、ハンバーグは昨日馬車道の「HOOTERS」さん380gのBigサイズハンバーグを頂いたばかりだし「ポークソテー 800円」か「豚のしょうが焼き 800円」でも頂いてみましょうか・・・

と言う事で、店内へ・・・
お店に入ると、割に年齢層高めのお客さん達で賑わっている。
開いている席に着いて、それじゃあ注文を・・・と思ったら、お隣の席の方たちのテーブルの上には小さな土鍋が置かれ何やら美味しそうに食べている。
「このロールキャベツ美味しいわねぇ」
・・・決定「ロールキャベツ下さい」
と言う事で「ロールキャベツ 800円」をお願いした。

そもそもロールキャベツってなかなか頂く機会が無いのですよねぇ・・・
やはり作るのに手間がかかるのか、余りランチで出してくれるお店と言うのを見掛けない。
最後にロールキャベツを頂いたのは昨年の8月17日に馬車道のフレンチレストラン「ぼんふぁむ」さんで頂いたのが最後だったらしい・・・
まぁ、久しぶりのロールキャベツ、楽しみな事ですねぇ。

と、待つ事しばしで到着
せっと
おぉ・・・何気に豪華だ・・・・
ご飯、なめこと豆腐の味噌汁、ロールキャベツ、漬物
お味噌汁が豆腐とわかめとかではなく、豆腐となめこと言う辺りが良いですねぇ。

メインのロールキャベツは
前
上
ドーンと大きめのものが2つも土鍋に入れられている。
いやぁ、見るからに美味しそう。
切ってみると
中1
中2
こんな感じ。
如何にもじっくり煮込みましたと言った感じのキャベツに、これまたしっかり具が詰められている。

早速頂いてみると、キャベツの煮込み具合がちょうどよいですねぇ。
しっかり煮込まれて甘みがフル発揮されているけれども、かと言って煮込みが過ぎてだれていると言う事はなく、適度にスープを吸っている。
肉種の味付けの塩梅も程よく、割にさっぱりしたトマトベースのスープの味を邪魔しない。
トマトも酸味が飛び甘みがしっかり出ていて、キャベツの甘みと相まってかなり好みに合ったお味ですねぇ。
これは中々・・・って言うかめちゃくちゃ美味しいロールキャベツじゃないですか・・・・

何故このお店を今までスルーしてしまっていたのだろう・・・
いや、800円なんて価格で、こんなロールキャベツは中々食べられませんよ、普通。
煮込み具合も味付けもボリュームも価格も、どれ一つ不満なんてございませんねぇ。
これはまた色々頂いてみたいお店が増えました。

美味しいロールキャベツでありました。

店名 あのころの洋食 洗濯船
住所 横浜市中区末吉町3-67
電話 045-251-5540
営業 11:00~14:00 17:30~23:00
定休 日曜(月曜が祝日の場合は連休)
    でもなぜか今日はやってましたね・・・年末年始にまとまったお休みを取られるからかも。
参考サイト

ついでに・・・帰りがけに福富町に最近できて壺入りスープの定食を頂いた「鑫城靚湯(しんじょうりゃんたん)」さんの目の前に在るコカ・コーラの自販機で
あん
懐かしのジュース「Ambasa アンバサ 110円」を購入。
これ、少し前に通り掛かりに見つけて気になっていたのですよねぇ・・・
でも、ただの乳酸飲料でしたっけ?
なんぞカルピスソーダのように炭酸入り乳酸飲料だったような記憶も有るのですが、まぁ「マウンテンデュー」だの「メローイエロー」などと言った懐かし系炭酸飲料と記憶がちゃんぽんしていたのかも・・・
ま、お味の程は後程ゆっくり楽しみましょう。

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

380gなハンバーグステーキ@馬車道 HOOTERS

さて、今日は馬車道に在るステーキ&ハンバーグなお店「HOOTERS フーターズ」さんへ・・・
こちらへは今年2月13日に寄らせて貰い「タイムサービスの半額カレー 400円」「ハンバーグステーキ 200g 940円」を頂いて以来となりますねぇ・・・
なにせ、ご近所に「ショー・ラパン」さんやら「Cafe Legend」さんやら「山根子」さんやら、ハンバーグに関しては多士済々と言った状況で、中々HOOTERSさんに寄らせて頂く機会が無かったのですよねぇ・・・

今日も「Cafe Legend」さんのBlogを拝見すると週替わりランチが「ハンバーグ ハヤシソース 1100円」と「明太カルボナーラ 1100円」だったので、Cafe Legendさんに伺う気満々だったのだけれども、如何せん今日は土曜日・・・
仕事もお休みでしっかり二度寝を楽しんでから起きたら時既に遅しと言う時間帯・・・
まぁ、それならと言う事で、取敢えず馬車道まで行き美味しいランチの頂けるフレンチレストラン「ビストロ パリ17区」さんに行ってみたら、今日はランチ営業をされていないようだ・・・

それならどうしようかなぁ・・・と思ってやや関内駅側に戻ると
看板
このようなメニューボードを発見
「X'mas Lunch 180gハンバーグ 580円」
うぉ・・・なんて格安・・・・
それも今日までの期間限定サービスらしい・・・
こちらでハンバーグは頂いた事もあるので、そのお味の方は好みに合っていることは承知済み。
と言う事で、当然こちらで頂く事を即決。

さて、やや古い感じのエレベーターに乗りお店のあるビル3階へ・・・
お店に入ると、結構な人数のお客さんで8割方席は埋まっていた。
まぁ、こちらは普段からお値段も安めだし、お味も悪くない上に、今日の様にランチサービスがとんでもなくお安いとなれば、そりゃあお客さんは入りますよねぇ・・・
空いている席に着くとお絞りと冷水、メニュー表を手渡してくれる。

お品書きを見ると「ハンバーグステーキ 180g580円 280g780円」「ライス・サラダ・ドリンク付き」
その上、こちらはこのお値段でもライスのお替り自由ときているのだから有り難いですよねぇ。
さて、こちらはハンバーグでもステーキでも100g単位で増量可能のオプションサービスが有る。
通常だと、ハンバーグの場合は+100gで+250円なのだけれども、ランチの時間帯の為か+100gで+200円だそうな。

一瞬、パウンドオーバーな480gでお願いしようかと思ったのだけれども、今日は財布に小銭の持ち合わせが無い。
それに真昼間からハンバーグをパウンドオーバーで行くってのもどうなのよ?と言う気もしなくはない・・・
まぁ、無理しても仕方が無いと言う事で「ハンバーグステーキ 280g780円」に100g追加(+200円)してもらい「ハンバーグステーキ 380g 980円」と言う事でお願いした。
ドリンクも付いてくると言う事で、コーラを選択。

先にサラダが到着
さらだ
コーン・きゅうり・玉ねぎ・人参などをコールスローサラダの様なピリ辛のマスタードマヨネーズで和えたもの。
これがまたピリッと辛くて美味い。
アメリカのスーパーなんかだと、この手のサラダが500gくらいプラボックスに入って売られているのだけれども、何で日本ではあれが無いのだろう・・・
この手のサラダはモリモリ食べたい。
総菜コーナーに売られているプチサイズじゃ満足出来んのですよ・・・

さて、お客さんも多い上に大きさが大きさの為か、やや待って、ついにハンバーグ到着
せっと
はん
ばーぐ
でっか・・・
写真じゃ分かり辛いと思いますが、めちゃめちゃ分厚ででかいです、これ・・・
熱々の鉄皿に乗せられてくるのですから、如何にもな音と香りが素敵に食欲をそそりますねぇ・・・
中は
中
こんな感じ。
って、ブレまくりで分からないと思いますが・・・
割に肉々しい感じで、肉汁もたっぷりで良い感じにジューシーなのですよ。
デミソースは結構濃厚なので、さすがにこれでパウンドオーバーは途中で飽きがきてしまうかも・・・
まぁ、確かオプションで和風おろしソースがなんてあった気がするので、ハンバーグをがっつり行きたい方はさっぱり系の和風ソースの方が良いかも。

いやぁ・・・それにしてもさすがにすごい。
この分厚さのハンバーグにナイフを入れると、もう如何にも今肉切っていますって感触が手に伝わりますもんねぇ・・・
さすがにご飯のお替りまではいけませんでしたねぇ・・・
このお味と、この冗談並みのボリュームで1000円を切るのだから素晴らしい。

前回こちらに伺った時に「カレーライス 通常800円」が平日15:00~18:00の時間帯は半額の400円、800円ならカレーライス食べ放題と言うタイムサービスが有ったのだけれども、現在もそのサービスは実施中のようだ。
こちらのカレーライスは、そう特別なものではないけれども普通に美味しいのですよねぇ。
ステーキも一度頂いた事があるのだけのだけれども、中なか柔らかく美味しいステーキが頂けた。
でもまぁ、やはりこちらに来たら先ずはハンバーグでしょうねぇ。
通常でもハンバーグ200gにサラダやライスが付いて1000円切るお値段ですし、お味も中々ですのでお薦めです。

ボリューム・味ともに満足のいくハンバーグでありました。

店名 STEAK WESTERNBAR HOOTERS(フーターズ)
住所 横浜市中区相生町4-76 ラタンビル3F
電話  045-662-4405
営業 平日 11:30~05:00 ランチ11:30~15::00
定休 日曜
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

カレーうどん@関内 おおぎ

さて、今日は久しぶりに蓬莱町 大通公園沿いに在る割に人気の高いうどん店「めん処 おおぎ」さんへ・・・
こちらへは今年3月24日以来と言う事になりますねぇ。
こちらのうどんは好みに在っているのだけれども、なにせいつも結構混み気味くらいに人気のあるお店のため、余り混雑を好まないぼくは中々足が向かないのですよねぇ・・・
今日は何となくカレーうどんな気分だったので、久しぶりにこちらに寄らせて貰う事にした次第。

さて、お店に行くと意外と空いている・・・と思いきやテーブル席のほとんどは予約で埋まっているようだ。
こちらはお酒や一品料理も出すお店と言う事も有り、場所柄結構仕事帰りに一杯と言う感じに立ち寄るグループのお客さんが多いようだ。
ランチ時に行ける土曜日は普通に激混みですしねぇ・・・
と言う事で、カウンター席へ・・・席に着くと温かいお茶とお絞りを出してくれたので、まずはお茶なぞ一服すすりつつお品書きを眺めてみる・・・

うどん類のお品書きは
品書1
品書2
こんな感じ
一品料理系は
料理1
料理2
こんな感じ
ついでながら、お酒類は
飲1
飲2
こんな感じ
お酒の値段に関してはは良く分からないけれども、一品料理系のお値段は総じて安めの価格設定。
なるほど、これなら確かに居酒屋としての使い勝手もよさそうですねぇ。

さて、こちらに来たら「鴨せいろうどん 850円」など冷やし系のうどんが美味しいのだけれども、この寒い中ではとても冷やし系を頂こうと言う気分にはなりませんか・・・
その上、こちらは蕎麦湯を出して頂けないので、最後につけ汁を蕎麦湯で割って美味しく頂くと言う事が残念ながら出来ないのですよねぇ・・・
こちらはお蕎麦もメニューに在るのだけれども、基本うどん屋さんであり、うどんを茹でた際に含まれる塩が大量にお湯に溶け出てしまう為、つけ汁を割る蕎麦湯としては適当ではないからというご判断なのだそうな。

こちらで温かいメニューと言う事なら「味噌煮込みうどん 700円」か「カレーうどん 700円」の二択と言う事になりましょうか・・・
注文後に気が付いたのだけれども、一品料理系のお品書きのページには「あんかけうどん 850円」なんて魅力的なものが有ったようだ・・・
何となくカレーな気分ですねぇ・・・と言う事で「カレーうどん 700円」に「定食セット 100円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
うどん+定食のセット
定食セットと言うのは+100円でご飯、生卵、漬物を付けてくれるお得なセット。

カレーうどんは
#21654;#21937;1
#21654;#21937;2
具
こんな感じ。
具は豚肉と玉ねぎとシンプル。
お出汁の風味が良い感じにしてやや甘め。
ただ、カレーパウダーを使いましたと言うような直接的なスパイシーな感じは弱く、好みのどストライクなカレー南蛮とは少し外れてしまうのだけれども、これはこれで結構美味しい。

うどんは
うどん
つるつるとした舌触りで、やや軟目の茹で加減。
軟目とは言え、適度な歯ごたえは有り、歯触りは悪くない。
讃岐うどんの様なガチっとした固さはなく、汁系のうどんにはこちらの方が向いていますでしょうねぇ。
うどんを食べ終わった後は、当然ご飯と生卵をどんぶりに放り込み、即席カレーおじやで美味しく頂いた。

やはり、こちらのうどんは美味しいですねぇ。
ただ、やはり残念なのは具に長ねぎではなく玉ねぎが使われている点でしょうか・・・
やはりカレーうどんやカレー丼には玉ねぎよりも長ネギの方が好みなのですよねぇ・・・
そう言う意味では閉店してしまった中村町の「ゑびす屋」さんの「カレー南蛮 500円」が一番好みに合っていたのですけれどもねぇ・・・
今なら「味奈登庵」さんの「カレー南蛮 450円」が一番好みのどストライクに近いお味ですねぇ。
まぁ、この辺はお蕎麦屋さんも多いし、色々開拓していくと致しましょう。

今日も美味しいカレーうどんでありました。

店名 麺処 おおぎ
住所 神奈川県横浜市中区蓬莱町1-1-3 関内パークビル 1F
TEL 045-243-0390
営業 [月~金]11:00~22:00 [土]11:00~21:00 (確か昼休みあり)
定休 日・祝
参考サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

まぁ、一応ね・・・

鶏1
鶏2
鶏3
鶏モモのソテーなんぞ・・・
珍しくタレの他に塩胡椒のみが売ってたので、そちらを・・・
まぁ、やはりチキンは美味いですねハイ

クリスマスねぇ・・・
子供の頃はクリスマス礼拝って事で毎年教会に行きましたね・・・
未だに聖書の一節や讃美歌は時々思い出しますねぇ。

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

スーパーメガウェンディーズ&チリチーズフライ@野毛 ウェンディーズ

さて、今日は今月末で全店舗完全閉店となってしまう予定のハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」さんへ・・・
こちらへは完全閉店のニュースを聞き1週間前にもうかがって「ダブりウェンディーズとチリチーズフライのセット」を頂いた。
それが最後になると思っていたのだけれども、閉店前の緊急企画「スーパーメガウェンディーズ」再販決定なんてニュースをネットで見てしまい、どん詰まりのもう一押しで再訪する事に・・・

お店に行くと、さすがに駆け込み需要が高く、結構賑わっている。
さて、この「スーパーメガウェンディーズ」の再販はネットでニュースとして流れた物の、なぜかウェンディーズさんのサイトには告知されていない上に、サイト上のメニュー一覧にも商品が出ていない。
まぁ、駆け込み需要が高い現状で、この話題性の高いメニューを大々的に投入すると予定期間より大幅に前倒しで売り切れとなってしまう可能性が高いからなのかもしれませんねぇ・・・

さて、お店に入り注文しにカウンターに行くと、カウンター上に置いて有るメニュー一覧にはきちんと「スーパーメガウェンディーズ 550円」が存在していた。
単品は550円、ポテトM+ドリンクMのセットなら880円との事。
ふむ・・・やはり今日が最後の最後になるだろうからという事で、このセットに+100円でポテトをチリチーズフライに変更してもらった。
「スーパーメガウェンディーズ&チリチーズフライ&ドリンク 980円」

商品を受け取り、空いている席へ・・・
せっと
今回は、前回よりもボリュームのあるハンバーガーの為、チリチーズフライもドリンクもMサイズのまま。
ドリンクは、相も変わらずメロンソーダをチョイス。

ちり
ちーず
チリチーズフライMサイズ
なんとなく、前回頂いたLサイズのチリチーズフライよりもバランスご良いかも。
て言うか、こんな高カロリージャンクフードは、このくらいのサイズで抑えておいた方が良いですねハイ

さて、件の再販ハンバーガーはと言えば
SMW.jpg
でか・・・
包みを開けてみると
SMW1.jpg
ドン!
SMW3.jpg
ドンッ!!
SMW2.jpg
ドドンッ!!!
と・・・
物の見事に分厚なパテが3枚重ね・・・
ニュース記事に有る商品説明では
「「スーパーメガウェンディーズ」は“メガ盛り”ブームの2007年に期間限定発売。1枚100gのパティ3枚に加え、その間に挟まれた2枚のチーズ、ベーコンやレタス、トマト、玉ネギ、ピクルスが入ったボリュームたっぷりのバーガーだ。パティ300g、バーガーの総重量約380gというビッグサイズにトリコになった人も多いはず。」
なんて書かれている・・・
メガマック? クォーターパウンダー?
敵じゃございませんですハイ

パテ1枚100gで合計300gのパテが挟まれているハンバーガーって・・・
チーズやらベーコンやらトマトやらもしっかり挟まっていて、総重量380g・・・
冗談並みですねぇ・・・
ちなみに、前回頂いた「ダブルウェンディーズ」は
うぇん3
名前の通り2枚のパテ・・・
これを更に凌駕すると言うのだからシャレになりませんねぇ・・・
比べるとダブルウェンディーズが小さく見えてしまうところが恐ろしい・・・

かぶりつくのも大変で・・・
頑張って齧り付けば、そりゃもう肉・肉・肉って感じですよ・・・
これで意外と肉がパサ付かず、結構ジューシーな肉汁の美味しさを感じられると言うのも凄いです。
まぁ、肉好きにはたまりませんでしょうねぇ。
どう見てもやり過ぎですが・・・
もはやバランスも減ったくれも有りませんが、肉を目一杯頬張る至福の時を味わえます。

いやぁ・・・これはすごい。
最後にこういう豪快なハンバーガをを打っていたと言うイメージを残しておけば、「バーガー・キング」さんのように日本再上陸って話もそう遠くない未来に有りえそうですねぇ。
んー・・・これまた大変満足なるハンバーガーで有りました。

店名 ウェンディーズ 野毛店
住所 横浜市中区野毛町3-160-4 ちぇるる野毛1階
営業 8:00~21:00
ウェンディーズ サイト

テーマ:ファースト フード - ジャンル:グルメ

香炸仔鸡@若葉町 上海美食

さて、今日は新店へ・・・
伊勢佐木モール沿いのスーパー「ピアゴ」さんの裏手に在った中華料理店「福龍菜館」さんがいつの間にか閉店し、これまたいつの間にか新たに開店していた中華料理店「上海美食」さん。
先月半ばに通り掛かった時にシャッターに「しばらく休業します」の告知が出ていていたので、そろそろ復活したかな?と思って立ち寄ってみたところ、新しいお店に化けていた。
まぁ、福龍菜館さんは5月にもいったん休業し、その後リニューアルオープンという形をとってメニュー構成も随分と変化したのだけれども、いつもあまり他のお客さんを見ることが少なく経営的にはなかなか難しかったのかもしれませんねぇ・・・

さて、行ってみたら看板が替わってはいたけれども、開店祝いの華は出ていなかったから、気がつかなかっただけで開店自体は少し前だったのかもしれませんねぇ・・・
表にはランチメニューの書かれたボードが出ていたので拝見すると、ランチメニューは5種類ほどと絞られ価格は500円~と随分とお安い。
まぁ、せっかく新しく開店しているのを見つけた事だし、ランチもお安い詩で入ってみることに・・・

お店に入ると先客はゼロで、出る時に入れ替わりにお一方入ってこられた。
内装はリニューアル後の福龍菜館さんそのままといった感じで、店員さん達は割とお若い中国系の方。
席に着くとすぐにお茶とおしぼりを手渡してくれる。
と言うか、店員さんお一人は変わって無くないかな・・・?
まぁいっか、良く有る事だ・・・

とりあえずお品書なぞ・・・
品書1
ランチメニューはこんな感じ。
ディナーにもサービスセットがあり
品書2
こんな感じ。
レギュラーメニューを拝見すると冷菜が300円~、一品料理も400円~900円くらいが中心で全体的に安めの価格設定。
まぁ、お店自体が変わってしまったので、残念ながら「ふかひれ入り餡かけ炒飯 680円」
も当然なくなっている。
お店的には雲呑推しなのかな?

さてとりあえず、今日はランチメニューから・・・
ランチメニューには、ごはん、スープ、サラダ、漬物、杏仁豆腐が付くとのこと。
Aランチの「香炸仔鸡(上海風若鶏唐揚げ) 500円」なんて魅力的ですねぇ・・・
Eの「スタミナ牛肉つゆそば(辣味牛鋤ソ面) 900円」っていうメニューも魅力的に映ったけれども、どうやらかなり辛いメニューっぽい・・・
結局、最初に目を惹いたAランチの「香炸仔鸡(上海風若鶏唐揚げ)500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ごはん、中華スープ、唐揚げ、ざーさい、サラダ、杏仁豆腐のセット。
中華スープはとろみの付いた豆腐と溶き卵のスープで、これまた体が暖まってよいですねぇ。
「御飯はお替り自由です」との事。
500円でサービス満点なことで・・・

メインの唐揚げは
鶏
こんな感じ。
見た目黄色みの強い揚げ色をしている
カリッとした軽い感じの上げ上がりで、上海風というだけあって、やや中華風のスパイスの風味が立っている。
お肉自体はそう大したものではないけれども、味付けも良いし、サクッとした歯触りの油切れの良い揚げ上がりも良い感じですねぇ。
この唐揚げなら重過ぎず、ビールや紹興酒の当てにも良いかと。

デザートは
杏
杏仁豆腐
と書かれてはいたけれども、ミルクプリンといった感じ。
容器の底が浅く、本当におまけ程度の量だけれども、適度な甘さでさっぱりしているので〆にはちょうど良い。

一つ一つにそこそこボリュームがある唐揚げが5つ6つついている定食が500円ならお安いですよねぇ。
雲呑推しっぽいお店のようなので、次は雲呑と炒飯などをいただいてみましょうか。
なかなかおいしい唐揚げでありました。

店名 上海美食
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
電話番号が変わっていないところをみると、やはり看板掛け替え再出発店かな・・・
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

雪どけ@山元町 山本

さて、今日は山元町のお蕎麦屋「石臼挽き手打ち蕎麦 横浜 山本」さんへ・・・
こちらへは、美味しいお蕎麦が頂けると言うお話を聞いたので12月5日に初めて伺い、こちらオリジナルの創作蕎麦「天かしわ 1155円」を頂いたのだけれども、お話の通り美味しく好みに合ったお蕎麦が頂けた。
その時に観たお品書きに有った「雪どけ」と言う創作蕎麦が気になっていたので、再訪した次第。

さて、お店に行くと先客はゼロ。
適当に空いていた席に着くと、すぐに温かいお絞りとそば茶を出してくれる。
ので、蕎麦茶なんぞを啜りながらお品書きを眺めてみる・・・
お蕎麦類のお品書類は
「お品書き1」 「お品書き2」 「お品書き3」 「お品書き4」 「お品書き5」
ついでながら、お酒類と一品料理系のお品書きは
品書1
品書2
品書3
こんな感じ。

さて、目的の「雪どけ 1155円」
とりあえず、どういう内容のお蕎麦か接客担当の女性に聞いてみると「お蕎麦の上に鰹節、山芋、菜の花、なめこ、山菜が乗っていて、上から出汁を掛けて食べるお蕎麦です」との事。
なるほど…まぁ、名前から想像するに
本命・・・山芋
対抗・・・大根おろし
大穴・・・雪どけで初春と言うひねり方で 「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ 七草」と春の七草が乗っているとか・・・
と想像はしていた。
ま、大穴は我ながら無いと思ってたけど・・・笑

んー・・・夕食にしては一寸さっぱりし過ぎですかねぇ・・・・
でも今日の目的はこれだし・・・
前回頂いた「天かしわ」も捨て難し・・・
などと、しばし検討の挙句
結局、初志貫徹で今日の目的だった「雪どけ 1155円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
薬味は刻みネギと海苔
蕎麦湯用の出汁も付けてくれている。
お蕎麦は
まえ
ゆき
こんな感じ
お蕎麦の上に、山芋、なめこ、菜の花、削り節、山菜が乗せられている。
早速
どけ
出汁つゆを掛けてみる。
しっかりした出汁にやや甘めのつゆ。
そば
細めでもしっかりした腰の有るお蕎麦は、良い風味で美味しい。
上に削り節の様な香りの強いものが乗って入るけれども、それでも十分の蕎麦の風味を感じる事が出来ますねぇ。
菜の花は思ったより風味が強くなく余りらしさを感じなかったのだけれども、これは時期の問題ですかねぇ。
もう少し清冽な風味を期待していたのですが・・・
とは言え、ぼくは余り香りの強い野菜は好まないので、これはこれで好みには合っているのですが、まぁ入っている以上はやはりらしさが有った方が良いかなと・・・

やはり、こちらのお蕎麦は美味しいですねぇ。
年末の営業を訪ねてみたら「大晦日の夜10時くらいまでの予定ですが、お蕎麦書き入れれば早仕舞いになります」との事。
んー・・・今年の年越し蕎麦はこちらで頂こうかな・・・・
すぐお近くのこれまた美味しいという話のお蕎麦屋「仙良庵」さんも気になるところではありますが・・・
今日も美味しいお蕎麦で有りました。

店名 横浜 山本
住所 横浜市中区山元町3-156(山元小学校正門前)
電話 045-641-3699
営業 11:30~20:00(平日は昼休憩あり16:00~17:00?記憶曖昧なのでお店にご確認下さい)
    また、蕎麦打ち切れ早仕舞いの場合も有りますとの事
休日 金曜
参考サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

サンマー麺@横浜駅西口 龍味

さて、今日は横浜駅西口東洋ビル地下飲食店街に有る中華料理店「龍味」さんへ・・・
お店に行くと、相変わらず盛況ながらカウンター席が空いていたのでそちらへ・・・
こちらは麺類はもちろん定食類も充実しているのだけれども、どうしてもサンマー麺かタンメンの2択になってしまうのですよねぇ・・・
今日は寒いし、やはりとろみの付いた熱々のサンマー麺で行ってみましょうか・・・
と言う事で「サンマー麺 450円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
さん
まー
めん
あら・・・今日はいつものサンマー麺よりしっかりした餡でとじられている感じですねぇ。
今日みたいな寒い日には、如何にも熱々な感じで有り難い。
具は白菜、玉ねぎ、きくらげ、豚小間、ニラ、ニンジンと、相変わらず450円とは思えない具沢山振り。
何の変哲もない中華スープだけれども、野菜の甘みがしっかり出ているので美味しく頂けますねぇ。
それにしても旨味調味料って偉大だわ・・・

やはり今日みたいに寒い日には、しっかりした餡でとじられて最後まで熱々の状態で頂けるサンマー麺は良いですよねぇ・・・
それも有ってか、今日はかなりの頻度でサンマー麺の注文の声が多かったですねぇ。
お値段が高い癖にお味はさほどでもないお店の多い良尾小浜駅ビル内において、こちらの様にそこそこ美味しくて、ボリュームも有って、値段もお安いと言うお店の存在は有りがたいですよねぇ・・・

今日も美味しいサンマー麺で有りました。

店名 龍味
住所 横浜市西区北幸1-1-8 横浜東洋ビル B1F
電話 045-311-2498
営業 10:30 - 20:30
定休 無休
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鴨そば&半炒飯@伊勢佐木 蘭芳園

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モール沿いに在る中華料理店「蘭芳園」さん。
こちら、以前は「酔八仙酒家」と言う割に安い価格で食べ放題をやっていたお店だったのだけれども、いつの間にか「蘭芳園」さんに代わっていた。
本当は伊勢佐木モール沿いに在るイタリアンの店「クチーナ・ランパ」さんで久しぶりにランチを頂こうと思って行ってみたのだけれども、店頭に置かれたボードに書かれているランチメニューを見て、いまいち興をそそるメニューではなかったので、それならこちらも結構久しぶりになる「杜記」さんに行こうと思って向かったところ、道すがらに在るこちらのランチメニューのボードを見たら興味深いメニューが・・・

こちらの店頭に置いてあるランチメニューのボードを見ると割にスタンダードな定食や麺類+半炒飯のセットに混じって「鴨そば 550円」「鴨そば+半炒飯 650円」の文字・・・
鴨そばって言うとお蕎麦屋さんのイメージですよねぇ・・・
まぁ、関内のラーメン店「R&B」さん「鴨つけ麺 880円」と言うのは頂いた事は有ったのですが、中華料理店で「鴨そば」って言うメニューは初めてみましたねぇ・・・
と言う事で、面白そうだったので、今日はこちらで頂く事にして店内へ・・・

お店に入ると、先客はお一人。
「酔八仙酒家」さんの時と内装は全く一緒の様な気がする・・・
適当に空いている席に着くと、すぐに温かいお茶とお手吹きを出してくれた。
テーブルにはレギュラーメニューのお品書きとランチメニューのお品書きが置いて有ったのだけれども、度ちアニモ「鴨そば」の文字はなかった。
まぁ、表に書いて有ったのだから有るのでしょう・・・
と言う事で「鴨そば+半炒飯 650円」をお願いした。

待つ事しばしで
半
炒
飯
炒飯が到着
赤縁叉焼が良い感じですねぇ。
お味の方はスタンダードな街中中華のそれですが、赤縁叉焼の句橋差と甘みが良い感じに風味を加えていますねぇ。
ご飯もパラパラのベストな仕上がりだし、おまけとしては悪くないですねぇ。

続いて
か
も
そ
鴨そばも到着
具は青菜、メンマ、鴨
麺はやや細めのストレート麺
スープは余り特徴はない中華スープなのだけれども、焦がしネギが入っていて、これが良い感じ。
それに、上に乗せられた
ば
鴨肉が、これまた良いですねぇ。
ローストした後に醤油ベースの味付けで煮込まれた感じで、程よい塩梅の味が付いている。
適度に有る脂身の甘み旨みがこれまた良い感じ。
スープ自体は、これといった特徴のない普通の中華スープなのだけれども、焦がしネギの風味と鴨肉の甘み旨みが加わって美味しくなっている。

最後に
杏仁
杏仁豆腐まで付いてくる。
まぁ、これはおまけ然とした感じですが、さっぱりした甘みで悪くないですハイ

中華料理店に鴨そばが有ると言うのも珍しい気がしますが、その上このセットで650円だと言うのだからえらくお安いですよねぇ・・・
どうも伊勢佐木モール沿いの中華料理店と言うと「杜記」さんが飛びぬけて個性的で、後は十把一絡げ的な余り個性のないお店が多いという印象だったのだけれども、少なくともこの鴨そばは中々美味しかったですハイ
今度はなんぞ定食でも頂いてみましょうか・・・

中々美味しい鴨そばと半炒飯で有りました。

店名 蘭芳園
住所 横浜市中区伊勢佐木町5-130 信晃ビル1F
電話 045-251-6151
営業 11:00~15:00 17:00~03:00(土日は中休み無の通し営業)
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ちゃんぽん&チキンカレー@伊勢佐木長者町 MIX!MIX!

さて、今日は伊勢佐木長者町駅近くに在る長崎ちゃんぽんのお店「MIX!MIX!」さんへ・・・
本当は先週土曜の昼に富士見中学校のすぐ近くに在るお好み焼き屋「車火力(だったかな?)」さんでランチをやっているのを見かけていたので、今日はそちらでと思っていたのだけれども、伺ってみたら今日はどうやらランチ営業はしていないご様子・・・
それなら以前から気になっていながら、未だに伺えていない「バーグスマイル」さんに行こうかとバス通りに出て向かう途中、バーグスマイルさんの手前に在るMIX!MIX!さんの店頭に置いて有ったメニューボードを見たら「本日 チキンカレー有ります」の文言・・・

前回、MIX!MIX!さんで頂いた際に、メニューに有ったのでお願いしてみたら、どうやら曜日限定だったらしくて、その日は無かったのですよねぇ・・・
それならせっかくなのでこちらで頂きましょうと、店内へ・・・
お店に入ると、12時少し前で先客はゼロ、後からお二人ほど見えられた。
早速空いている席に着き、お品書きを眺める・・・
品書
有った「昭和の自家製鶏がらチキンカレーライス 600円」「昭和の自家製鶏がらチキンカレーライス 小 300円」
ちゃんとミニサイズが用意されているところがうれしいですねぇ。
ちなみに、餃子は夜営業の17:30以降からとなっているのだけれども、こちらも今日は焼き餃子ならランチの時間帯でも注文可能になっていた。

さて・・・どうしましょう。
今日はチキンカレーが目的でお店に入ったはものの、こちらのちゃんぽんは中々に好みに有っているので外したくはないですからねぇ・・・
焼き餃子は、こちらに初めて伺った際に一度頂いていて、あえてもう一度と言う程ではないのですよねぇ・・・
と言う事で、取敢えず「昭和の自家製鶏がらチキンカレーライス 小 300円」をお願いし、ちゃんぽんは何となく野菜をたくさん取りたい気分だったので「ちゃんぽん 野菜大盛 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ちゃんぽんとカレーのセット
って、なんかすごい状態ですが・・・
カレーライスは
とり1
とり2
とり3
こんな感じ。
ミニサイズなので茶碗カレーかと思っていたら、やや小ぶりとは言えちゃんとカレー皿に盛られて出してくれた。
煮崩れた鶏肉が如何にもじっくり煮込んでいそうな感じで美味しそうですねぇ。
頂いてみると、思いの外口当たりは優しく甘みが強い。
ただ、食べ進む内に結構じわじわとした辛みが口の中を支配していく感じ。
それでも変に尖った辛さが過ぎると言う事はなく美味しく頂ける。
んー・・・これだけを頂きにこちらに来ると言う事はなさそうですが、こちらにちゃんぽんを頂きに寄った際、チキンカレーの提供日に当っていれば、ぜひミニサイズを付けて注文したいと思わせるものですねぇ。

ちゃんぽんは・・・
前
上
って・・・
何事ですか?この野菜の山わ・・・
もやし、キャベツ、紅白かまぼこ、さつま揚げ、海老、イカ、アサリ、豚肉を炒めた物が山積みになっています。
ちなみに普通盛りの場合でも
ちゃん
こんな感じに、十分過ぎるほど上の具はたっぷりなのですが・・・

それが野菜大盛りともなりますと
前2
これもんです・・・
上の具の盛りだけなら「関内 二郎」さんの野菜増しと比べても遜色ないボリュームですよねぇ・・・
これで麺も大盛りにしてもらったら、一体どれだけのボリュームになる事やら・・・
これだけ具が乗っていると
めん
麺を掘り起こすのも一苦労・・・
なにせ具が崩れそうな気がしてしまいますからねぇ・・・
こちらの麺は、如何にもちゃんぽんの麺といった太麺で、これがまたスープと良く合うのですよねぇ。
なんとなく、このスープで味噌ちゃんぽんなんて作ってくれたら、すごく美味しいものが出てきそうな気がしますが・・・

こちらはお味自体も美味しいちゃんぽんが頂けますし、レギュラーサイズでも具だくさんで十分なボリュームのものが600円とお安いですし、お薦めのお店で有ります。
それにしても今日はしっかり野菜を食べる事が出来ましたねぇ。
今日も美味しいちゃんぽんでありました。

店名 Mix!Mix!(ミックス!ミックス!)
住所 横浜市中区長者町2-5-11 馬場ビル105号
電話 045-568-0994
営業 11:30~14:00 17:30~23:00
定休 日曜
グルメGyao お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

朝食バイキング@阪東橋 COCOS

さて、こちらは月曜の朝だったか、何となく朝食が食べたくなり、阪東橋駅前に在る「COCOSさんで頂いた時のネタ。
11月15日にも寄らせて貰っていて、これで2回目と言う事になりますねぇ。
お店に入ると6時半前と言う早い時間帯にも拘らず、すでに何組かのお客さんがいらっしゃった。
こちらは朝6時から10時半(10時までに入店)の間は朝食バイキングをやっているので、その時間帯は入店時に先払いシステムになっているので、先に682円を先に会計してもらい適当に空いている席へ・・・

さて、早速お皿に盛ってくる・・・
めいん
ぱん
かれー
めろん
基本的には、前回と余り内容は変わっていない。
ただ、塩焼きそばがソース焼きそばに、コロッケがハッシュドポテトに代わり、後は頂かなかったけれども鶏の旨煮みたいなものが有ったようだ。
前回頂いた時に好みに合った厚揚げとクロワッサンは変わらずにおいて有ったので、美味しく頂いた。

それにしても、そこそこ種類が置いて有り、時間制限もなくのんびり頂けて、それで682円だと言うのだからお得ですよねぇ・・・
まぁ、さすがに朝からそうガバガバ食べられる人もそう多くはないでしょうから、普通に400円くらいで朝食メニューを出すより、お店にとっても利益は高いのでしょうけれども。
そもそも朝食バイキングと言うだけで、結構な集客が見込めますもんねぇ・・・

まぁ、ぼくは普段朝食を頂く習慣が無いので、総利用頻度は多くはなさそうですが、こう言うサービスは長く続けて頂きたいですねぇ。
満足のいく朝食で有りました。

店名 COCOS阪東橋店
住所 横浜市南区高根町2-10
電話 045-250-5796
営業 6:00~5:00(バイキングは6:00~10:00までだったかな)
定休 年中無休
COCOS阪東橋店 情報
COCOS サイト

テーマ:食べ放題&ブッフェ - ジャンル:グルメ

きつねそば@伊勢佐木 富士そば

さて、今日は伊勢佐木モールに在るファストフード系蕎麦屋の「名代 富士そば」さんへ・・・
お店の前を通り掛かりに、なんとなく立ち食い蕎麦ちっくなB級そばを頂きたくなり、久し振りにこちらに入ってみる事に・・・
こちらに入ったのは2007年11月7日に「カレーかつ丼」と言う妙ちきりんなメニューを頂いて以来なので、2年振りと言う事になりますねぇ・・・
24時間営業年中無休で利便性の高いお店なのだけれども、中々寄らせて頂く機会が無いのですよねぇ・・・

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると相変わらず結構賑わっている。
こちらは場所柄もあるのでしょうが、この手のお店には珍しく結構若い女性の一人客も普通にいらっしゃるのですよねぇ。
とりあえず入口右側に在る券売機で先に食券を購入・・・
何にしようかと思ったのだけれども、そう言えば久しくきつねそばを頂いた記憶が無いので「きつねそば 370円」の食券を購入し店員さんに手渡し、席に着いて出来あがりの呼び出しを待つ事しばし・・・

わかめ
きつね
そば
あー・・・良いですねぇ。
このいかにも立ち食い蕎麦ちっくな薄々油揚げ
ぶよぶよ蕎麦
色の濃い関東風お出汁
好きです、こう言うお蕎麦。

それにしても、この富士そばさんはおそばやうどんに限らず、本当に色々メニューをお出汁になってますよねぇ・・・
今日見てみたらラーメンまでありましたし、以前はナポリタンなんてメニューも有ったらしいですからねぇ・・・
一時期落ち着いたかに見えたデフレスパイラルが再燃し始め牛丼チェーンが値下げを始めているので、自分たち利用者にはありがたいけれども、こういう低価格勝負なお店は大変ですよねぇ・・・
また、面白いメニューを出しつつ、これからもがんばって頂きたいものです。

今日も美味しいお蕎麦で有りました。

店名 名代 富士そば 伊勢佐木モール店
住所  横浜市中区伊勢佐木町1-3-7
電話 045-243-5499
営業 24時間営業
定休 なし
名代 富士そば サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

ダブルウェンディーズ+チリチーズフライ@野毛 ウェンディーズ

さて、今日は野毛のショッピングセンター「ちぇるる野毛」さん1Fに在るファストフード店「ウェンディーズ」さんへ・・・
今週はなぜかカレーが続いているので、その勢いで今日もカレーを頂こうかと思ったのだけれども、こちらの前を通りがかり、そう言えば「ウェンディーズ」全店、年内で閉店なんてニュースが有りましたよね・・・
まぁ、伊勢佐木モールのマクドナルドの真ん前にお店を出されていた時に何度か寄らせて貰った記憶は有るのだけれども、普段ファストフードを頂く機会自体が余り無いのですよ・・・
とは言え、牛丼の「すき家」で有名な「ゼンショーー・グループ」が、アメリカの「ウェンディーズ」本社とのフランチャイズロイヤリティ契約が切れるのを機に、契約更新をせずに日本に在るウェンディーズは完全に全店舗が無くなると言う事で、最後に頂いておきましょうと寄ってみた次第。
まぁミーハーに時流に乗ってみた訳ですよ、えぇ・・・

さて、お店に行ってみると、やはり駆け込み需要なのか結構人が多い。
まぁ、元々こちらは場所柄特に土日を中心に賑わっている店舗ではあるのですが・・・
カウンター前には4,5名のお客さんが並んでいたので、その後ろに並ぶと、後から続々とお客さんが見えて結構な列になってしまった。
こちらは待つ間にメニューが決められるように、入り口横に「メニュー表」が置かれているので、それを眺めつつ待つ事しばし・・・
思いの外早く順番が回ってきた。

待っている間に、さて、どれにしましょうかねぇ・・・とメニューを眺めていたのだけれども、まぁおそらくこちらで頂くのは今日が最後となるのでしょうから、どうせの事なら贅沢に行ってみましょうか・・・
と言う事で、スタンダードメニューの中で一番豪気な見栄えの「ダブルウェンディーズセット 790円」を選び、セットで付いているフレンチフライを+100円でチリチーズフライに変更してもらい、更にチリチーズフライMサイズを+30円でLサイズに、ドリンクも+20円でLサイズに変更してもらった。
合計940円
ファストフードで1000円と言うのは、中々に贅沢をした気分になりますねぇ。

さて、この手のお店は元々ある程度来客数を予想して作り置いているものなので、今日の様に混んでいる時でも、あっという間に注文の品物がトレイの上に並べられ手渡される。
と言う事で、トレイを受け取り適当な空き席へ・・・
せっと
ハンバーガー、ドリンク、チリチーズフライのセット
ドリンクはもちろんメロンソーダですよ、えぇ・・・
さて、ハンバーガーは
うぇん1
ダブルウェンディーズ
名前からして、どうやらこちらの代表的なハンバーガーのようだ。
ウェンディーズさんとこのハンバーガーの代表格はクラシックのトリプルだと思っていたのだけれども、メニューを見てみると今はダブルまでしかないらしい・・・
それにしてもずっしりとした重量感・・・
中は
うぇん2
うぇん3
こんな感じ。
厚めのパテが二枚、ベーコンも二枚、チーズ、トマト、玉ネギ、レタスなどがパンズに挟まれている。
さすがの迫力ですねぇ・・・
パテには粗挽き胡椒が振られ、結構スパイシー。
パテもここまで分厚で2枚だと、ファストフードのハンバーガーとは言え、さすがに肉を頬張っていると言う感じで頂けますよねぇ・・・

ちり1
ちり2
ちり3
ちり4
チリチーズフライ
これはフライドポテトに、こちらの名物であるチリビーンズ、更にその上にチーズがかけられているもの。
まぁ、見た目からして如何にも高カロリーなジャンクフードですよねぇ・・・
ただ、以前頂いた時は、もっとピリッとした辛さが有った気がするのだけれども、今日頂いてみると辛さはほとんど感じなかったですねぇ・・・
上にチーズが掛っていたせいもあるかもしれませんが・・・

さて、このセットはさすがのボリュームで食いでが有りましたねぇ・・・
ドリンクもLサイズに変更してもらっておいて良かったわ・・・
ファストフードのハンバーガーで、ここまでボリュームで満足する事も余り無いかと・・・
最後にこのハンバーガーが頂けて良かったですハイ

店名 ウェンディーズ 野毛店
住所 横浜市中区野毛町3-160-4 ちぇるる野毛1階
営業 8:00~21:00
ウェンディーズ サイト

テーマ:ファースト フード - ジャンル:グルメ

鶏肉カレーライス@井土ヶ谷 チャイナ飯店

さて、今日は井土ヶ谷に在る有名中華料理店「チャイナ飯店」さんへ・・・
昨日、桜木町駅前ビル「ぴおシティ」さん地下飲食店街に在る喫茶店「花壇」さんで「カレースパゲティセット 大盛 700円」を頂いて、なんとなくスパイスたっぷり本格派なカレーではなく、家庭でも普通にできそうなカレーライスを頂きたい気分になり、井土ヶ谷の「チャイナ飯店」さんに前回伺い「鶏肉チャーハン 840円」を頂いた際に観たメニューの中にカレーライスが何種類か用意されていたのを思い出し、チャイナ飯店さんで出してくれるカレーライスに興味が有ったので寄ってみた次第。

さて、お店に行くと時間が中途半端だった為、先客はゼロで後からお一人お見えになった。
とりあえずメニューも見ずに、前回気になった「鶏肉カレーライス 840円」をお願いし、給水機でお茶を注いで適当に空いている席へ・・・
何気に横を見ると・・・
さんた
去年も見かけた酒樽乗りサンタ・・・
相変わらずシュールだ・・・笑

さて出来上がりを待っている間に、前回撮らなかった一品料理系のお品書きの写真を・・・
品書1
品書2
品書3
品書4
品書5
一品料理系のお品書きはこんな感じ。
ついでに壁貼りメニューの一部も・・・
壁1
壁2
壁3
普段店内の写真なんて撮らないのですが、今日は他にお客さんがいらっしゃらず、お店の方も調理場で調理に掛り切りだったので店内の壁貼りメニューの写真が撮れました。
まぁ、余りみっとも良い事じゃないんですが、一応ネットで駄文を垂れ流しているので、少しは参考になる事もたまにはやっておこうかと・・・
この写真以外にもまだ壁貼りメニューは有りました。
壁貼りメニューの中にはいろいろ興味深いメニューも多かったり・・・

ちなみに点心・麺類・ご飯もの・弁当類のお品書きはこんな感じ
「お品書き1」「お品書き2」「お品書き3」「お品書き4」「お品書き5」
色々試してみたいところですでねぇ。
まぁ追々色々頂いていく事に致しましょう。
それにしても本当にメニューの多いお店ですよねぇ・・・

そうこうしていると
せっと
カレーライスと中華スープが到着
カレーライスはと言えば
鶏
肉
飯
写真じゃ分かり辛いかとは思いますが、とんでもないボリュームです・・・
なにせ深皿です、これ。
カレーの下には
#21654;#21937;
想像通り、鶏肉の唐揚げがゴロゴロと・・・
えぇ、本当にゴロゴロと・・・
10個ほどゴロゴロと・・・
カレーの中にも玉ねぎ、人参、マッシュルーム、ふくろ茸がこれでもかと言わんばかりに・・・
さすがチャイナ飯店さんのカレーライス・・・びっくりもののボリュームですねぇ。

カレーライスにはサラダが添えて有り、上に掛っているドレッシングは珍しい事に豆板醤ベースでなんとなく不思議な風味。
さて、カレーの方はと言えば、こちらのカレーは煮込み系ではなく、その都度作るタイプのようだ。
たぶんベースは中華スープでカレーパウダーを加えて作る中華風。
かなり甘めで、マッシュルームやふくろ茸の風味や食感が面白く、中々他のお店では頂けないような独特さが有りますねぇ。
好きです、これ。

んー・・・チャイナ飯店さんと言えば個人的には炒飯のお店と言う認識だったのだけれども、これからはカレーライスメイン+時々チャーハンなお店と認識が変わってしまいそうですねぇ・・・
かなり好みに合ったカレーライスで有ります。
今度は「パイコーチャーハン 945円」を頂いてみましょうか。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 チャイナ飯店
住所 神奈川県 横浜市南区井土ケ谷中町157
電話 045-742-2702
定休日 月曜日
営業 平日12:00 - 27:00  土曜12:00 - 27:00  日祝12:00 - 27:00
参考サイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カレースパゲティセット@桜木町 花壇

さて、今日は桜木町駅前に在るショッピングビル「ぴおシティ」さん地下飲食店街に在る格安喫茶店「花壇」さんへ・・・
なんとなくナポリタンが頂きたくなり、どうせナポリタンを頂くならやはり喫茶店が良いなぁ、と・・・
個人的ナポリタンNo.1は井土ヶ谷駅すぐそばに在る喫茶店「喫茶 アスカ」さんの「ナポリタン 530円」(現在の価格は不明)なのだけれども、既に井土ヶ谷からは大きく外れてしまっている・・・
それなら久しぶりに花壇さんで「ナポリタンセット 650円」を頂こうと思い立った次第。

花壇さんへは今年2月17日に伺い「ピザトースト 250円」「メロンクリームソーダ 250円」を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
さて、お店に行くと相変わらずなオヤジ達のオアシスと化し、中途半端な時間の割に結構なにぎわい。
こちらは食券制なので、先に入り口に在るメニューのショーウィンドウなんぞを眺めてみると、店頭に「カレースパゲティセット 650円」なんてメニューが写真付きで張られている・・・
それも、カレーパウダーを振って炒めましたと言う体ではなく、思い切り上にカレーが掛っている。
まぁ、こう言うメニュー写真を見てしまった瞬間、ナポリタンからこちらの方へ興が一気に傾いて、と・・・

と言う事で、お店に入りカウンター脇に在る券売機で「カレースパゲティセット 650円」の食券を購入し、店員さんに手渡すと「お飲み物は何にされますか?どれでも大丈夫です」との事。
あら・・・コーヒーと紅茶だけではなくジュースもOKなのね・・・・
そうなれば当然選ぶは「メロンソーダ水 200円」
それに、どうやら大盛りが可能らしいので「大盛り +50円」(これは現金手渡し)でお願いした。

こちらは出来上がったら呼んでくれるので、自分でカウンターまで取りに行き、食後もしょっきは自分で返却口に戻すセルフサービススタイル。
と言う事で、待っている間にテーブルに置いて有った目一部メニューのポップアップなんぞを・・・
品書1
品書2
品書3
さすがに喫茶店、オヤジのオアシス店とはいえ「チョコパフェ 450円「バナナパフェ 450円」はちゃんと用意されているのですねぇ・・・
「ぷりんホットケーキ 450円」なんて、めちゃめちゃ魅力的ですが・・・

さて、そうこうして時間をつぶして10分ほどで出来上がりの声が・・・
早速受け取りに・・・
せっと
サラダ、スパゲティ、ドリンクのセット。
サラダは
さらだ
まぁこれは変哲もない普通のミニサラダですねハイ

カレースパは
かれー
すぱ
げてぃ
スパゲティに普通にカレーがかけられている。
なんの衒いもない、このどストレートなスタイルが素敵・・・
いや、素晴らしい。
まぁ、一人暮らしを始めたてで、外食は何となくぜいたくだし、かと言って手間かけて自分で作るのは面倒くさいなんて時に、スパゲティを茹でてその上にレトルトカレーを掛けてみた経験のある方もいらっしゃるかと・・・
まぁ、まんまのお姿です。
もちろんお味も。

スパゲティは茹で置きではなく茹で立てっぽいですが、如何にもそれらしく軟目に茹で上げられたブヨスパ。
こう言ういかにもB級なメニューは好きですねぇ。
個人的には、どうせここまでどストレートなら福神漬なんかを添えてくれたら最高でしたねぇ。
大盛りにしてもらった事もあり、ボリュームも満足。
カレーライスも同じ価格みたいだし、どうせの事ならこちらをお薦めしますねぇ。

ドリンクは
めろん
いつものようにメロンソーダ水
まぁこれはどちらで頂いてもお味は変わり映えしませんよね・・・
そもそも、自分でもお味ではなく色で選んでいるだけですから・・・

このセットで普通盛なら650円、大盛にしてもらっても700円なので中々お得なセットかと。
ドリンクは基本200円のものがほとんどで、選択肢も多いと言うのも良い点ですねぇ。
お店も、意外と居心地良くてのんびりできますしねぇ。
今日も美味しい食事でありました。

店名 花壇
電話  045-201-1266  
場所 桜木町駅前 ぴおシティ 地下2F
営業 平日8:00~19:00 土日祝 8:00~18:00 
定休 水曜
ぴおシティ サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

ランチセット@関内 SUNGAVA

さて、今日は一見のお店へ・・・
関内 翁町に有る本格ネパール・インド料理を謳うお店「SUNGAVA(スンガバ)」さん。
こちらは以前から気にはなっていて、お店の場所の確認だけはしてはあったものの、中々うかがう機会が無かったのですよねぇ。
そもそも、最近カレーを頂く事自体が余り無いですからね・・・
こちらはやや分かり辛い目立たない場所に在る割に結構評判が良いらしくずっと興味は有ったので、今日は何となくカレーな気分になったのでこちらで頂こうと行ってみた次第。

さて、12時少し前にお店に着き早速店内へ・・・
先客はゼロだったのだけれども、後から二組ほどお見えになった。
カウンター席が5,6席に2人掛けテーブル1つ、4人掛けテーブルが3つほど。
とりあえず、奥の2人掛けのテーブル席へ着き、お品書きを眺めてみる・・・

ランチメニューは
品書
こんな感じ。
セット内容により750円~1280円の4セット用意されている。
カレーは「チキンカレー」「ベジタブルカレー」「キーマと玉子のカレー」「マトンカレー」「本日のお薦め 日替わりカレー」の5種類。
今日の日替わりカレーは「海老カレー」との事だった。

さて、どうしましょうか・・・
とりあえず、ライスとナンの両方、カレーも2種類付いた「Cセット 980円」をお願いする事に。
カレーは、やはりインドカレーと言えば外せないのはマトンですよねぇ・・・
後もう一種類・・・海老は苦手なので選択肢から外し、チキン、ベジタブル、キーマと玉子かぁ・・
んー・・・何となくキーマが頂いてみたいかな・・・・
と言う事で「マトンカレー」と「キーマと玉子のカレー」の2種類をチョイスし、辛さも選べると言うので2番目に辛いらしい「ホット」にしてもらい、ドリンクも付けてもらえるそうなので「ラッシー」でお願いした。

先にサラダが到着
さらだ
これはまぁ普通ですねハイ
サラダを頂き終わったタイミングで
せっと
カレーセット到着。
カレー2種類、ナン、ターメリックライス、デザート

ナンは
なん
こんな感じ。
かなり大きい・・・
裏は香ばしく焼けてパリパリ、中はふわふわで良い感じ。
他店だと結構バターが塗られている事が多いのだけれども、こちらは殆ど塗られておらずナンとカレーのお味そのものを楽しむ事が出来る。
バターが塗って有ると、それはそれで美味しいのだけれども、どうしても油くどいですしカレーのお味がぼやけてしまいますからねぇ・・・
ナンはお替わり無料との事で、好みに合った美味しいナンだったので、ありがたくお替わりさせて頂いた。

さて、カレーの方はと言えば
マトンカレーは
羊1
羊2
こんな感じで
キーマと玉子のカレーは
玉子1
玉子2
こんな感じ。
意外と薬膳ちっくなほどにはスパイスの強さはなく頂き易い。
辛さも4種類選べる内の2番目に辛いと書かれていた「ホット」でお願いしたのだけれども、これまたむせかえるような辛さではなかった。
ただ、やはりというか直撃するような辛さではなくじんわりとじわじわとした辛みが有り、この辺は如何にもと言った感じですねぇ。

マトンは独特の癖をうまく抑えて有り、旨みで気を味わう事が出来る。
両方とも上にクリームがまわしかけられてういる事もあってか、割に口当たりが優しい。
もっとガツンとスパイスの風味が来るようなカレーを想像していたのだけれども、癖は抑えられ頂き易いカレーになっている。
まぁ、スパイスの風味強めな方が好みな人には、やや物足りなさを感じるかもしれないけれども、個人的にはかなり好きです、このカレー。

このセットにはデザートとドリンクも付いていて
でざ
デザートはフルーツヨーグルト。
ドリンクはラッシー。
どちらも甘さが程良くて良い感じ。
ラッシーは、なんか濃厚ですねぇ。

これだけ付いて、何もお替わり無料で980円はお安いですねぇ。
まぁ、関内周辺では何店かインドカレー食べ放題なんてお店もありますが、お店も落ち着いた雰囲気でゆったり美味しいカレーを楽しむにはお値段もお手頃ですし良いお店かと。
ちなみに、ディナータイムには食べ放題人利2900円、飲み放題1500円(ともに2名以上、2時間)と言うお得な食べ飲み放題メニューも用意されているようです。
また、表に出されているチラシにはディナータイム10%OFFの割引券が付いているので、それを持って入るが吉です。

今日も中々美味しいカレーで有りました。


店名 SUNGAVA スンガバ
住所 横浜市中区翁町2-4-5
電話 045-633-2468
営業 11:00~15:00 17:00~23:00
定休 年中無休
参考サイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

カテゴリ

さて、暇に任せて当Blogのカテゴリを整理しました。
と言っても、単に訪問回数の多いお店を別カテゴリに分けただけの話ですが・・・
と言う事で「ゑびす屋」さん、「龍鳳閣」さん、「レストラン テル」さんの3店を個別カテゴリにしました。
まぁ、その内「ゑびす屋」さんと「龍鳳閣」さんの2店は閉店なさってしまいましたが・・・

それにしても「ゑびす屋」さんにはかなりお世話になっていますねぇ・・・
FC2Blogに移ってからまだ2年経っておらず、しかもゑびす屋さんは今年5月中には休業されてしまっていたので、当Blogにゑびす屋さんの訪問記事を載せられた期間は実質1年半にも満たないのですが、それでも50回以上訪問して色々頂きましたねぇ。
龍鳳閣さんも短期間に30回以上・・・
まぁ、基本的にぼくは物事に執着しやすい性格ですから・・・
その反面飽きっぽさもある訳ですが・・・

後は、ショー・ラパンさん辺りも注目度の高いお店ですのでカテゴリを個別にしようかとも思ったのだけれども、こちらは近い割にそんなには寄らせて頂いてないですからねぇ・・・
もう少し訪問回数が増えたらと言う事に致しましょう・・・
それにしても「ゑびす屋」さん、「龍鳳閣」さん共に、良きお店が閉店の運びとなってしまったのは残念なことですねぇ・・・

そう言えば、移転されると言うお話だった若葉町のお蕎麦屋「そば処 司」さんの方は移転先でもう開店されているのでしょうか・・・
まぁ、こちらもその内情報が出てくる事で有りましょう・・・

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

炸壮麺@万世町 麗華

さて、今日は万世町に在る「上海料理 麗華」さんへ・・・
こちらでは先月の7日に「高菜肉麺と炒飯のセット 650円」を頂いていた後、何度か伺ったのだけれども、その都度お店がお休みで、寄る機会を逸してしまっていた。
ランチ営業はおやめになったのかなぁ・・・と思いつつ、通り掛かりにのぞいてみたら今日は営業されていたので、そのまま店内へ・・・

お店に入ると先客はお一人、後からもお一人お見えになった。
結構美味しくて価格の安いお店なのに、いつも他のお客さんを余りお見掛けしないのが不思議だったのだけれども、どうやらぼちぼち根付いてきたようでなによりな事ですねぇ。
こう言う良いお店には頑張って頂きたいですからねぇ。

さて、空いている席に着くと、すぐにお絞りと温かいウーロン茶をジョッキで出してくれる。
ジョッキて・・・
とりあえずお品書きを眺めてみる・・・
品書1
品書2
基本的には前回頂いた時のお品書きの内容とほとんど変わらないのだけれども、「A・B・Cの3種類は日替わりになりました」との事。
Bの「油淋鶏(ゆーりんちー)」やCの「野菜と肉団子の旨煮」なんて魅力的ですよねぇ・・・
しかも、これもやはり650円らしい・・・

と、定食類の方になかなか魅力的なものが有ったのだけれども、何となく目を引いたのが「炸壮麺 600円」
「炸醤麺」ではなく「炸壮麺」と表記して「じゃーじゃーめん」
こちらの方は上海出身だそうなので、もしかしたら上海辺りではそう表記するのか、それとも「壮」の字は「醤」の簡略文字として使われているのか・・・
兎も角も、珍しく映ったので「炸壮麺(じゃーじゃーめん) 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
すーぷ
大根のスープ
って、あれ?
麺類にはご飯とザーサイが付く事になっているのだけれども、どうやら炸壮麺が汁なし麺だった為、気を利かせてご飯ではなくスープをつけて下さったらしい。
まぁ正直、炸壮麺の肉味噌でご飯を美味しく頂く気満々だったのですが・・・・
どちらにせよ、この大根スープは前回も頂いていて美味しいくて好きなので、それはそれで良かったのですが・・・

炸壮麺は
炸
醤
麺
こんな感じ。
麺は冷たく、上の具は熱々。
肉味噌は良くある甘辛のものではなく、ピリッと辛みの強めのもの。
うーむ・・・やはりこれならご飯のお供にぴったりだったのではないだろうか・・・・
細かく刻まれたタケノコのシャキシャキ感が良い感じ。
しっかり〆られて強いっこしの出た麺のムチッとした歯触りも良いですねぇ。
中華独特のスパイスが利いているとか、そういうものではないのだけれども、こう言うピリ辛肉味噌の炸醤麺も美味しいですねぇ。

やはり、こちらのお店は妙に癖になるお味のものを出してくれるお店で有ります。
次は担々麺辺りを頂いてみましょうか。
今日も美味しい食事でありました。

店名 上海料理 麗華
住所 神奈川県横浜市南区万世町1ー1-1
電話 045-231-8839
営業 夜12時まで(昼休憩なしらしいです)
定休 無休(最近日曜お休みの事が多いかも)
Yahooグルメ お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

かき天せいろ@本牧 海望

さて、今日も一見のお店へ・・・
本牧にある手打ち蕎麦のお店「手打ち蕎麦切り 海望(うみ)」さん。
こちらは先日、山元町の「横浜 山本」さんの記事を載せた際にお薦めを頂いていたので、早速行ってみた次第。
検索を掛けて調べてみたら、子供の頃よく遊んでいた場所に近かったですしねぇ。
お店の場所は山手警察署の有る交差点のそば、バス通り沿いになるレンタルビデオ店「ゲオゲオ」さんの並びを少し関内寄りに戻り、カフェが有るのでその角を曲がると如何にもと言った店構えのお店ですぐに分かります。
お蕎麦屋と言うよりちょっとした高級和食料理店的なイメージに近いですか・・・

さて、木の引き戸を引いてお店に入ると、今日もとても冬の天気とは思えず、未だに秋の長さ目を引き摺っているかのような悪天にも拘らず、先客はお一人、後から一組見えられた。
テーブル席に着くと、すぐに温かいお絞りと温かいそば茶を出してくれる。
あー・・・そば茶が美味しい・・・・
手渡してくれたお品書きを眺めてみる・・・
品冷
品温
お蕎麦類のお品書きはこんな感じ。
こちらの情報を調べた時に興味の有った「けし切り」はなくなってしまっていた。
けしの実もやはり季節が有るのだろうか・・・

品肴
酒肴と一品料理系のお品書きはこんな感じ。
酒肴と来たらと言う事で
品酒1
品酒2
お酒のお品書きも・・・
さすがにいろいろ種類は揃ってますねぇ。
まぁ、お酒を嗜まないぼくには無縁ですが・・・

品営業
蕎麦懐石もあるそうです。
こちらは2名様以上とのこと。

と、色々とあるのですが
まず先に目を惹いたのが
品牡蠣
テーブルに置いてあった、季節のお薦め蕎麦のお品書き。
季節柄、牡蠣推しですねぇ。
「つけかきせいろ 1700円」(冷たい蕎麦を温かい牡蠣汁で)とかめちゃめちゃ魅力的なんですが・・・
しかし何より魅力的だったのが「かき天せいろ 1700円」
牡蠣はやはり天ぷらかフライですよねぇ。
と言う事で「かき天せいろ 1700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
せいろと天ぷら。
焼く身は刻みネギ、卸ワサビ、大根おろし。
せいろは
蕎麦1
蕎麦2
こんな感じの綺麗なお蕎麦。
自分の中にあるせいろのイメージより少し太めに感じる。
一口頂いてみると、これがまたお蕎麦の強い風味が一気に口に広がりますねぇ。
ただ、自分の好みからするとちょっと固い。
芯が残ってしまっている感じで、やや粉っぽさを感じてしまう。
せっかく美味しいお蕎麦なのに、これはもったいない。
出汁はこの強い風味のお蕎麦に対してやや弱いかなぁ・・・
お蕎麦の強い風味に負けている感じだけれども、純粋にお蕎麦の風味を楽しみたいと言う方にはこのくらいの方が良いのかも。

天1
天2
天ぷらはこんな感じ。
牡蠣天、いんげん天、舞茸天
付け合わせと言うより、しっかり一品料理の盛り付けですねぇ・・・
「お塩でどうぞ」と言う事で置かれている粗塩で美味しく頂いた。
牡蠣天は
牡蠣1
牡蠣2
大振りプリプリなものが4つ。
やや半生っぽさを残したベストな揚げ上がり。
牡蠣が甘い、旨い。
いや、これ最高。
やっぱり牡蠣って美味しいわ・・・

お蕎麦を食べ終わるタイミングを見計らって蕎麦湯も出してくれる。
この辺は行き届いていて嬉しいですねぇ。
お蕎麦屋さんに来たら、やはり最後は蕎麦湯で〆たいですよねぇ。
身体も温まりますからねぇ。

お蕎麦の固さは少し好みから外れましたが、お蕎麦の風味も強く美味しいお蕎麦ですし、牡蠣天に至ってはもはや言う事ないくらいに美味しかったですねぇ。
1700円とやや高めに感じるかもしれませんが、この内容なら十分納得のお値段かと。
美味しいかき天せいろで有りました。

店名 手打ち蕎麦切り 海望(うみ)
住所 横浜市中区本牧町2-367
電話 045-623-0705
営業 11:30~14:00(L.O13:45) 17:30~21:30(L.O20:30)
定休 月曜(月曜祝日の場合は翌火曜休業)
参考サイト(営業時間情報がやや違いますが、上記の情報は今日お店で頂いたカードからの営業情報です)

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

豚肉のしょうが焼き定食@野毛 大島コーヒー店

さて、今日は一見のお店へ・・・
昨日、立ち寄ってはみたものの、残念ながらお休みで入る事の出来なかった野毛の喫茶と軽食なお店「大島コーヒー店」さん。
以前から気にはなっていたのだけれども、中々伺わせて頂く機会が無いままにずるずるときてしまっていた。
こちらは表にメニューの書かれたボードが置かれており、喫茶と軽食の店には何となくイメージの合わない「焼き魚定食」とか「豚肉のしょうが焼き定食」なんて日替わりメニューが用意されているのを以前から見かけていて、一度入ってみたいと思っていたのですよねぇ・・・

今日帰りがけに行ってみたところ、今日は営業中。
も手のメニューを見てみると今日の日替わりメニューは「豚肉のしょうが焼き 600円」(大盛700円)一択らしい。
まぁ、豚肉のしょうが焼きも久しく頂いていないですし、やはり今日はこちらで・・・
と言う事で店内へ・・・
お店に入ると先客はゼロ、後から数名お見えになった。

こちらは先会計のお店との情報をどちらかで拝見していたので、カウンターで先に「豚肉のしょうが焼き定食 600円」をお願いして会計を済ませてから適当に空いている席へ・・・
席に着くと、すぐに温かいお茶を持ってきてくれた。
さて、何となくお品書きを眺めてみる・・・
品書
あら・・・「代金は商品をお客様のテーブルにお出汁した時にお願いします」と書かれている・・・・
どうやら先払いではなく、商品引き換え払いと言った感じだったようだ。
それでお会計の際に、お店の人が微妙に一瞬戸惑たように感じたのか・・・
全体的にかなりお安いですねぇ・・・
ホットドック200円って、コンビニで買うのと変わらないお値段なんじゃないかな・・・
「カレーピラフ 500円「オムライス 600円」「焼きうどん 500円」辺りは、今度来た時にお願いしてみましょう。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、油揚げの味噌汁、豚のしょうが焼き
思ったよりもボリュームが有りますねぇ。
メインは
豚
生
こんな感じ。
しょうが焼にレタス、ポテトサラダが乗せられている。
タレがたっぷりってのがまた良いですねぇ。
如何にもご飯の進みそうな生姜と香ばしい肉の香り・・・

豚肉のしょうが焼きは
姜
焼
こんな感じ。
結構食いでのある適度な厚みに、枚数も結構多い。
肉の日の通り加減が、やや香ばしさが出ていて良いですねぇ。
タレは特徴のあるものではないものの、変に塩辛過ぎずしょうがの風味も適度なご飯に良く合うもの。
このたれがたっぷりかかっているのだから、大盛りにすれば良かったかなぁ、と・・・
喫茶店の日替わり定食とは言え、全く侮れないものでしたねぇ・・・

これならほかのものも美味しいものが頂けそう。
今度はオムライス辺りを行ってみましょうか・・・
今日も美味しい食事でありました。

店名 大島コーヒー店
住所 横浜市中区宮川町2-33
電話 045-231-3340
営業 7:00~19:00、土日のみ18:00閉店
定休 水曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

排骨麺@野毛 清華楼

さて、今日は久しぶりに野毛に在る台湾料理のお店「清華楼」さんへ・・・
こちらへは昨年8月19日以来と1年以上ご無沙汰でしたか・・・
こちら結構美味しくて好きなお店なのだけれども、最近余り野毛周辺を歩く機会自体が減ってますからねぇ・・・
今日はなんとなく野毛に立ち寄ったので、最初まだうかがった事の無かった「大島コーヒー店」さんで生姜焼き定食でも頂こうかと思ったのだけれども、行ってみたらお店はお休み・・・

それならと言う事で、同じ区野毛に在る中華料理店「萬福」さんでサンマー麺でも頂こうかと思って行ってみたところ、こちらもお休み・・・
さてどうしましょ・・・と思ったところで思い出したのが、萬福さんの斜向かい沿いに在るこちら「清華楼」さん。
そう言えばこちらって美味しかったのだけれども、結局まだ一度しかうかがってなかったから、もし開いていたらこちらで頂こうと思って行ってみたところこちらは営業中。

と言う事で、今日はこちらで頂く事にして店内へ・・・
先客はゼロだったので、適当に空いている席に着くと、すぐに温かいジャスミン茶を持ってきてくれた。
んー・・・寒くなってくるとお冷ではなくて温かいお茶を出してくれるところは有りがたいですよねぇ。
とりあえずお品書きを眺めてみる・・・
品書1
品書2
品書3
品書4
品書5
お品書きはこんな感じ
他にも
壁
こんな感じに壁にもお品書きの書かれたボードや短冊がいくつかあった。
どれも魅力的ですよねぇ・・・
さて、今日はどれに致しましょうか・・・

前回、こちらで頂いたのは「排骨飯 650円」「台仔麺(たんつーめん) 250円」を頂いたのだけれども、どちらも美味しかったのですよねぇ・・・
んー・・・悩む事しばし・・・・
そう言えば、こちらで頂いた台仔麺はかなり美味しかった。
あれなら汁そば系も期待できそうだし、今日は汁そばで行ってみましょうか・・・
と言う事で「排骨麺 650円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
排
骨
おぉ・・・美味しそう。
ほのかに立つカレーの香りが良い感じに食欲を刺激しますねぇ。
具は排骨に青菜、支那竹、ねぎ
スープの方は、やはり台湾料理系の独特な香りが少しさせている。
麺は
麺
やや中太のストレート麺。
排骨は
肉1
肉2
こんな感じ。
もちろん揚げたて熱々で適度にカレーの風味を漂わせている。
この衣が汁を吸ってスープに溶け込むとこれまたやたらに美味しいのですよねぇ。
ムチッとしたしっかりした歯ごたえの食感も良い感じ。

これで650円だと言うのだからお安いですねぇ。
お品書きを見てみると、他にも魅力的なメニューもあるので、色々試していきたいところです。
次は焼きビーフン辺りを頂いてみましょうか・・・
今日も美味しい排骨麺でありました。

名 清華楼
住所 神奈川県横浜市中区宮川町2-52-1
TEL 045-243-1318
営業 11:00~22:00(昼休憩あり、夜営業は17:00~)
定休 木曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天津飯@伊勢佐木 帯広亭

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る豚丼のお店「帯広亭」さんへ・・・
いや・・・豚丼のお店と言っても牛丼チェーンで見かけるそれではなく、北海道の方で食べられていると言う味付けしてあぶった豚の切り身をご飯の上に乗せたものなのですが、思いの外こちらでは受けなかったのか今や当初お店一番の売りだったはずの豚丼は影を潜め、中華そばやカレーライスなどを出し始めていらっしゃいましたが・・・

今日、お店の前を通り掛かりに店頭に貼って有るメニューを見てみたら「通常の二倍の大きさの餃子」の提供をお始めになったようで「餃子2個 120円」「餃子5個 240円」やら「餃子定食 490円」と言うメニューも出来たようだ。
そのうえ「天津飯 360円」まで・・・
どうやら品揃えを完全に中華屋さんスタイルのそれに変化させ始めたようですねぇ。

まぁ、実際伊勢佐木界隈では牛丼やかつ丼、天丼などを格安で提供するチェーン店がいくつもあり、その中でやや高めの豚丼一本で勝負するには厳しいですよね・・・
餃子は先日、星川の「横浜とんとん」さんで美味しいものを頂いたばかりなので、あそこのお味の余韻が残っている今の状態で頂いてもねぇ・・・

となると「天津飯」ですか。
これまた360円とえらくお安い。
天津飯ならどこで頂いても、まず外れる事はないですからねぇ。
と言う事で、階段を上り店内へ・・・

お店に入ると先客はゼロ。
こちらは食券制のお店なので、先に券売機で「天津飯 大盛 460円(普通盛は360円)」の食券を購入し、店員さんに渡して~、適当に空いている窓際の席へ・・・

待つ事しばしで到着
天
津
飯
見た目は、とても500円以下とは思えないほどしっかりした天津飯ですねぇ。
まぁ、さすがに具の方は刻みきくらげとねぎのみとシンプルではありますが、天津はご飯を覆うほどしっかりとした厚みと大きさのボリュームが有ります。
まぁ、天津飯と言うよりも中華風玉子丼と言うに近いでしょうか?

中華餡もたっぷり。
中華餡は甘しょっぱい風味のしょうゆベースのタレで酸味はかなり控え目。
玉子は良い感じにトロトロの状態で、これ普通に美味しいです。
確かに材料は天津飯と言うにはシンプル過ぎるほどシンプルですが、作り方がおざなりではなくて、天津もちゃんとベストな状態のトロトロ具合ですし、餡のお味も良い塩梅。
ボリュームもしっかりあって、これで460円なら十分ですよねぇ。

これなら、餃子の方も意外と美味しいものを出してくれるかもしれませんねぇ。
こちらのお店、未だにややしっかりした方向性を試行錯誤して模索中と言った感じではありますが、お味の方も悪くないですし、お値段も当初に比べれば随分と周辺低価格路線のお店に合わせてきた感じなので使い勝手はどんどん良くなってはきているのですよねぇ。
まぁ、餃子の方は今度頂いてみましょう。
中々美味しい天津飯でありました。


店名 帯広亭
住所 横浜市中区伊勢佐木町2-62 2F
電話 045-260-5890
営業 日月火水木は11:30~21:00 
    金土は11:30~23:00
お店サイト(帯広亭さんの情報は消えてますが・・・)

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

初代ザ・シチズン(TheCITIZEN 1st MODEL)

さて、久しぶりに時計の話題なんぞを・・・
初前
初裏
↑写真の時計は国産時計会社「シチズン」さんのフラッグシップモデル「ザ・シチズン(TheCITIZEN)」のファーストモデル。
ザ・シチズンと言う時計は、シチズン社がその技術の粋を集め1995年に販売を開始したクォーツ最高性能の時計。

ちなみに通常のクォーツ時計はカタログ数値でも月差が15~20秒。
それをシチズン社は年差わずか5秒と言う圧倒的な高性能を実現させた。
もちろん現在は電波時計など、その誤差わずか10万年に1秒という冗談並みの正確さを誇るセシウム原子時計の置かれた送信局から送られてくるデジタル信号を受信して自動的に時計の誤差を調整する機能を持つ腕時計もあるのだけれども、そう言う機能を持たず普通に作れば月差15秒の誤差が出るものを、あれこれ工夫して年差5秒と言う誤差にまで縮めて見せた凄い時計だったりするのです。

で、その初代モデルが発売されたのが1995年。
ザ・シチズンは少しずつ改良を重ねながら毎年1000凡程度販売されている。
で、この初代モデルはずっと探していたのですが、驚いた事に未使用新品と言うデッドストックの状態で見つかったので購入しました。

実のところザ・シチズンは
すぽ前
すぽ裏
↑2002年発売のスポーツタイプ
これはスポーツタイプの為、リューズガードが付いた200m防水仕様モデル。
通常のモデルに比して随分とごつく、金属塊のような印象。
ちた前
ちた裏
↑2007年発売のチタン+K18コンビモデル
チタンってめちゃめちゃ軽い・・・
余りk18コンビって好きではないのですが、デザインの良さと価格を見て勢いで、つい・・・
と、これで3本目だったりするのですが・・・
まぁ、同じザ・シチズンでも、それぞれ顔が違いますからね・・・

中の機械も違っていて
初代ザ・シチズンには「0350」と言う機械が
2002年と2007年のザ・シチズンには現行のザ・シチズンにも搭載されている「A660」と言う機械が使われている。
両方とも、当然年差5秒なのだけれども、分かり易い違いは2点。
A660の場合、バッテリーの残量が不足してくると電池切れ予告報知機能として秒針が2秒ずつステップするのだけれども、初代モデルに使われている0350にはその機能は付いていないと言う点。
もう一点は
A660搭載機種には
すぽ横
ちた横
竜頭の上にプッシャーが付いていて、これでカレンダー(2100円までの永久カレンダー機能)の調整をする事が出来るようになっているのだけれども、
初横
↑ファーストモデルが搭載している0350にはそのプッシャーが付いていない。
と言う2点が大きな違い。
まぁ、もっと細かい部分、時差調整法の違いとかそういう有るのかもしれないけれども、さすがにそこまで専門的な事は分かり兼ねますが・・・

さて、この初代ザ・シチズン・・・
未使用新品とは言え、販売からすでに14年が経過している・・・
一応、購入した時計屋さんの方で、受け渡し前の点検などはしてくれているのだけれども、このザ・シチズンと言う時計はさすがにフラッグシップモデルだけあって、永久修理対応及び10年間無償点検修理サービスが付帯している。
ので、取敢えず一度シチズンさんの方で点検調整などしてもらおうかと思っているのだけれども、無償点検サービスは10年間・・・

この時計の販売は1995年・・・未使用新品を購入したと言えど、その無償サービス対応をしてくれるのかどうか怪しかったので、先にシチズンさんに問い合わせたらやはりと言うか当然と言うか「1995年の販売商品ですので、2005年で無償対応期間は過ぎております。点検は5250円にて承ります」とのご返答・・・
まぁ、そりゃそうよね・・・
もう少し面白い経緯が問い合わせ返信メールには書かれていたのだけれども、どうやら内容の転載は勘弁してくれとのことなので、それは控えておこう・・・
それでも永久修理対応という制度は有りがたい。

なんぞ最近国産時計ばかりが増えてきた・・・
と言うかたぶんシチズンさんの時計だけでも10本近くあるんじゃなかろうか・・・
まぁ、自分の手の届く範囲で趣味を楽しめると言うのは良い事です。
縁あって手元に来たこの初代ザ・シチズンも大切に使って行くと致しましょう。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

温玉旨辛ラーメン@伊勢佐木 日高屋

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに在る格安ラーメンチェーン店「日高屋」さんへ・・・
何年振りだろう・・・随分前に入った事は有るのだけれども、その後中々うかがう機会はなかったのですよねぇ・・・
お味自体は悪くなかったのだけれども、どうしてもチェーン店より個人経営のお店の方に興味が傾いてしまいますからねぇ・・・
で、そんなチェーン店になぜうかがったのかと言えば、昨日なんとなくラーメン屋さんを検索していたら、こちらのサイトが出てきたので、メニューなんかを見てみようと拝見ていたら、こんなクーポンのページが出てきた・・・
「麺類大盛り」「ご飯大盛り」「味付け玉子」のいずれかが無料になるクーポン。
これであっさり行ってみようと思うだから、ハイデイ日高屋さんの戦略にまんまと引っ掛かっている訳ですねハイ

と言う事で、帰りに日高屋さんへ・・・
入ってみると、中途半端な時間だと言うのに意外なほどにお客さんが多い。
まぁ、価格がお安いですしねぇ・・・
回転も早いから、さっと入ってちゃちゃっと食べて有る程度の満足感を得るには良いお店ですよねぇ。
案内されたテーブル席に着いて「お品書き」を眺めてみると、結構おつまみ系も多いようだ。
ビール400円、おつまみ200円程度・・・
なるほど、ビールを飲んでいる人が多いのも頷けると言うものでしょう。

さて、何にしましょうか・・・
ラーメン類の種類はそんなに無いけれども、価格が390円~とえらく安い。
そう言えばついこの前まで「野菜あんのつけ麺」みたいな魅力的なメニューの写真が表に貼って有った気がするんど空けれども、どうやら期間限定メニューだったらしくてもう無いようだ・・・
「野菜たっぷりたんめん 490円」も魅力的かな・・・
と思ったのだけれども、何となく目を惹いた「温玉旨辛ラーメン 490円」をクー分を使って大盛りでお願いする事に・・・

格安ラーメンのお店と言えばラーメン180円と言う驚異的な値段で出していたラーメンの全国チェーン「びっくりラーメン一番」さんなんてお店が有りましたね・・・
あそこは結局経営破たんして「吉野家HD」さんの傘下に入ったのだけれども、吉野家さんも結局格安ラーメン業界からは撤退してしまった。
個人経営のお店で言えば吉野町の「浜ラーメン通」さんがラーメンを250円dね出してくれてましたっけ・・・
それにしても、ラーメン一杯250円て・・・

待つ事しばしで到着
うま
あら・・・温玉が2個・・・・
いや、テーブルの上に「上場10周年感謝キャンペーン 第一弾」と言う事で、麺類を注文した場合温泉卵が12月20日まで無料サービス中と言うポップアップは有ったのだけれども、元々クーポンを使って大盛りにしてもらっているし、そもそも「温玉旨辛ラーメン」って事で元々温玉が入っているメニューなので、まさかそのサービスが適応になるとは思っていなかったのですよ・・・

と言う事で
から
おん
ピリ辛の味付けがされているひき肉とニラを炒めたものにネギの身と言うシンプルなラーメンの上に
たま
ドーンと一気に温玉を二個投入。
うぉぉ・・・なんかすごい贅沢な気分だ・・・・
牛丼チェーンでいつか牛丼に生卵を二個入れてやろうと言う目論見が、多少違うとはいえ意外なところで意外な形であっさり叶ってしまった・・・

まぁ、このラーメンは
めん
こんな感じに上の具にとろみがついていて、結構辛みの強い餡が麺にからむので、温玉はその辛みを和らげてくれてちょうど良い。
ぼくはもともとそう辛いものに強い方ではないので、思いの外辛いラーメンだったから温玉二個は結構ありがたかったですねぇ。

それにしても、これで490円。
お味自体も決して悪くはない。


このお値段でこのお味なら十分ですよねぇ。
そりゃあ、この中途半端な時間でもこれだけのお客さんも入って当然でしょうね・・・
お会計の時に、また新たにクーポンを頂いてしまった・・・
んー・・・意外と好みから外れないお味だったし、クーポンも頂いてしまったしで、また近い内に寄らせて頂くと致しましょう。
中々美味しいラーメンでありました。

店名 日高屋 伊勢佐木店
住所 横浜市中区伊勢佐木町2丁目67
電話 045-260-8545
営業 11:00〜翌2:00(土・日・祝は9:30開店。金・土は翌3:00閉店)
定休 年中無休
ハイデイ日高屋 サイト
日高屋クーポン(pdfファイル)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とんこつ正油ラーメン@伊勢佐木 濱家

さて、今日も一見のお店へ・・・
伊勢佐木のオデヲンビル前の通りを日ノ出町側に歩いて行くと在った中華料理店「東方紅」さんがいつの間にか閉店し、
明日12月6日オープンとのチラシがお店の前に置いてあったのを頂いていたので早速行ってみた次第。
本日開店したラーメン店は「とんこつラーメン 濱家」さんと言うとんこつラーメンのお店。

さて11時40分くらいにお店に着くと、既にお客さんが結構入っていて、ぼくが出るころには外待ちのお客さんが5,6人くらいはいたようだ。
こちらは食券制なので、入って左側に在るい券売機で先に食券を購入。
今日12月6日から8日の3日間「とんこつ正油ラーメン 600円」が半額の300円で提供と言うオープンサービス実施中。
と言う事で「とんこつ正油ラーメン 半額300円」の食券を購入しカウンターの席へ・・・

食券を店員さんに手渡すと「お好みは有りますか?」と聞かれたので麺固めでお願いした。
この辺は完全に家系スタイルを模した感じですねぇ。
お店の方は中国系の方が中心の様で、たぶん東方紅さんの頃と変わってないんじゃないかな・・・
最近東方紅さんもご無沙汰だったので良く覚えていないけれど・・・

待つ事しばしで到着
豚
骨
見た目は完全に家系のそれですねぇ。
具はチャーシュー、青菜、海苔と、まさにと言った感じのもの。
チャーシューは
らー
こんな感じで、適度な厚みに適度な歯ごたえ。
この手のお店だとしょっぱすぎる叉焼が出てくる事も少なくないのだけれども、こちらのものは良い塩梅でそこそこ美味しい。

麺は
醤油
中太のやや縮れのあるもの。
まぁ、やはり家系ラーメンで良く使われているものですよね。
固めでお願いしてあったので、麺の固さは好みに有っていた。
スープは
めん
こんな感じ。
見た目ほど出汁が濃く出ている感じでもないけれどライトで悪くはない。
とんこつ独特の臭みもある程度抑えられているようだ。
まぁ、ぼくはどちらかと言えば豚骨なら豚骨らしく風味のどぎつい方が好みなのだけれども。
やや弱いと感じられる方は、テーブルにいりごま・ニンニク・ねり唐辛子などが置かれているので、それで好みに調整と言った感じでしょうか。
この手のお店には珍しくニンニクチップが置いて有り、これを入れると結構美味しくなる。

お味の方は良くある家系亜流と言う感じでしょうか?
軽めで悪くはないけれども、取り立てて特徴は有りません値ねぇ。
まぁ、この辺りは飲み屋街が近いので、そういうお客さんを意識して軽めにしてあるのかもしれません。
胃にずっしり来るようなへヴィなものがお好きだとちょっと好みから外れるとは思いますが、軽めなのがお好きであれば悪くはないかと。
8日まで300円で頂けるので、一度お試しを。

悪くないラーメンで有りました。

店名 とんこつラーメン 濱家
住所 横浜市中区長者町8-125 共同ビル1F
電話 045-241-8385
営業 11:30
お店地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。