塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマー麺@和田町 八操園

さて、今日は随分と久しぶりに和田町商店街入り口角に在る中華料理屋「八操園」さんへ・・・
Blog以前に使っていたWeb日記の投稿記録を漁ると、こちらに最後に寄らせて貰ったのが2004年の3月2日となっているので、実に5年半振りと言ったところでしょうか・・・
基本的に平日は朝昼食を食べる習慣が無いので、平日昼間に行き易い位置に在るこちらにも、中々うかがう機会が無いのですよねぇ・・・

その上、こちらはカウンターのみ5~6席の小さなお店で、なおかつかなり人気のあるお店なので昼時はかなり混んでいるので、せっかく昼食を食べようと思い立って外に出ても、こちらで頂く機会は逸し続けていたのですよねぇ・・・
今日は昨日よりもさらに風が冷たく冷えるので、何か温まるものをと思った時にこちらのお店を思い出したので、この機会に久しぶりに寄らせて頂こうと思った次第。

お店に行くと、時間が中途半端な為先客はお一人、後からもうお一人お見えになった。
こちらは女性のご主人がやっておられるお店なのだけれども、このご主人が如何にもちゃきちゃきと言った感じの元気のよい方なので、いささか古めかしいお店ながら活気が有るのですよねぇ。
まぁ、こちらのお店の人気の理由の一つには、このご主人のキャラクターもあるのでしょうねぇ。

さて、とりあえず席に着いて、壁貼りの品書き短冊を見ると、以前に比べて随分増えたかな?と言う感じ。
まぁ、記憶もあいまいなので元々このくらい有ったのかもしれないけれども、少なくとも「塩・醤油・味噌 つけ麺 各750円」なんてメニューが有る事には初めて気が付きましたねぇ。

つけ麺も捨て難いし、他にも色々頂いてみたいメニューが多かったのだけれども、なにせ今日はえらく寒い。
となれば、やはりサンマー麺を選ぶのは定石でありましょう。
と言う事で「サンマー麺 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
さん
まー
めん
んー・・・熱々に湯気だっていて如何にも美味しそう。
丼の模様のかすれ具合に店の歴史を感じますねぇ・・・
具はもやし、キャベツ、ニンジン、ニラ、揚げかまぼこ、なると、シイタケ。
割としっかりした餡でとじられている。
面は如何にも昔ながらの中華屋さんが使う細めのストレート麺。

スープはさっぱり系のスタンダードな街中中華スープだし、上の具も特筆するような事もないごく普通の中華餡に閉じられたものなのだけれども、スープと具が合わさるとこれがまた不思議とえらく美味しいサンマー麺に化けるのです。
合わせ技の妙と言うものなのでしょうねぇ・・・

ぼくの中でサンマー麺のトップ3と言えば
曙町の「玉泉亭 曙町本店」さん「サンマー麺 600円」
横浜駅西口そばの「珍来」さん「サンマー麺 650円」
そして、こちら和田町商店街入り口角の「八操園」さんの「サンマー麺 600円」
なのですよねぇ。

ただ、同じサンマー麺でもやはり少しずつ違っていて、中でもこの「八操園」さんのサンマー麺は、本当に身近にある中華屋さんのサンマー麺といった体で、あるいはこちらのサンマー麺が一番なじみ深いサンマー麺のお味と言っても良いかもしれませんねぇ。
玉泉亭さんのも珍来さんのも、どちらかと言えばもう少し上品な路線と言うと少し違うけれども、中華屋さんのそれではなく中華料理店のそれと言う感じなのです。
ま、あくまでぼくの中にあるイメージのお話ですが。

それにしても、やはりこう言う肌寒さを感じる日にはサンマー麺が本当に美味しく感じますねぇ。
久し振りに寄らせて貰った、改めてこちらのお店の味が好みに合う事を再確認できました。
これからはもう少しか豆に通って、いろいろなメニューを試してみたいものです。

今日も美味しいサンマー麺dねありました。

店名 八操園
住所 横浜市保土ヶ谷区和田1-18-1
電話 045-334-5113
営業 11:45~19:30(祝日営業は夜18:00まで)
休日 日曜(祝日は不定休)
お店情報

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

やきそば&おでん@八幡町 磯村屋

さて、今日のランチは八幡町の焼きそばとおでんなお店「磯村屋」さんへ・・・
今日は結構風が冷たくて冷えるので、何となく隠田でも頂きたくなって久し振りに寄ってみた次第。
こちらへは7月23日に寄らせて貰って以来と結構開いてしまいましたねぇ。
好きなお店なのだけれども、夜は17時過ぎくらいにはお店を閉めてしまわれるので平日に寄るのは難しいですし、土日ともなれば、こちらはかなり混みますからねぇ・・・

今日も混んでいたら諦めようと思ってとりあえずお店に行ってみたのだけれども、12時半過ぎくらいだと言うのに、タイミングが良かったのか食べ終えて出るお客さんが多くちょうど席が空いたのでこちらで頂く事に・・・
まぁ、やはり後からもお客さんが見えられて、すぐに満席位に近い状態になった上に、続々と持ち帰り注文のお客さんも見えましたが・・・

さて、席に着いて今日は何を頂くかしばし検討・・・
と言っても、こちらは基本食事の類はやきそばとおでんしかなく、お電話セルフサービスで自分でおでん鍋から選ぶシステムなので、後は焼きそばの味付けと大きさと中に入れる具のバリエーションを選択するのみなのですが・・・

んー・・・大きさは小・中・大の3種類あるけれども、やはりここは大でしょう。
中に入る具としてはポテトは外せませんよねぇ・・・
味はソースよりスパイシーにカレーで行っておきたい気分。
と言う事でポテト・肉・玉子の3種が入った「三色やきそば カレー 大 400円」をお願いした。

こちらはおばちゃんが大きな鉄板の前に立ち、お一人で焼きそばのオーダーを全部こなすので、順番待ちのために出来上がりまでに少し時間がかかる。
ので、その間におでんを取りに・・・
こちらのおでんは全種類80円均一で、大きなおでん鍋でグツグツに得ているところを自分でお皿にとって、いくつ獲ったかを申告するシステム。

と言う事で、おでん鍋を見ると・・・
おぉ・・・大根が有る 決定
おぉ・・・ ジャガイモが有る 決定
おぉ・・・ちくわ麩が有る 決定
と悩む程の事もなく
だい
こん
お皿に「大根・ちくわ麩・じゃが芋 計240円」を取り、席へ・・・
んー・・・どれもお出汁を目いっぱい吸っていて如何にも美味しそうですねぇ。
ちくわ麩なんてもう・・・お出汁を限界まで吸ってぐずぐずになってる最高の状態じゃないですか。
ちくわ麩って苦手な人も多いらしいけれども、ぼくはこの値知っとした歯触りが好きなのですよねぇ。
大根は甘いし、ジャガイモはホクホクだし・・・
やはり美味しいわ、こちらのおでん・・・

さて、おでんをちょうど食べ終わる頃に
かれー
やき
そば
やきそばも到着。
カレーパウダーとペッパーのスパイシーな香りが食欲をそそりますねぇ。
今日のやきそばは以前頂いた時のものと違って、玉子は混ぜ込みではなく後乗せと言う感じになっている。
これもまたジャガイモのホクホク感が良い感じなのですよねぇ。

中華屋さんなどの焼きそばと違い、水分の少ないからっとした仕上がりで、やや香ばしさの出たキャベツも良い感じになって鉄板焼きそばって好きなのですよねぇ。
これでお値段400円だと言うのだから、相変わらずのハイコストパフォーマンスであります。
今日も美味しい焼きそばとおでんでありました


店名 磯村屋
住所 横浜市南区八幡町4
電話 045-261-0956
営業 11:30~17:30
定休  水曜日
参考サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

うれしいミルクプリン@ファミリーマート

さて、ファミリーマートに立ち寄ったら
     みるく
こんなものが・・・
これって以前2度ほど購入した事のある「うれしいプリン480g 298円」の新バージョンかな・・・
見た目が白かったので杏仁豆腐かと一瞬思って手に取ったのだけれども、でかでかと
「うれしいミルクプリン 298円」としっかり書かれていた。

なんだ・・・杏仁豆腐じゃないのか・・・・
どうせなら杏仁豆腐の方が良かったのだけれども・・・
まぁ、すでに手に取った事でもあるし、ミルクプリンも嫌いではない。
と言う事で購入してみた。

普通のプリンの方は480gとでかでかと書かれていたのにこちらには書かれていない。
この商品の場合、何よりもそのボリュームが売りでしょうにねぇ・・・
と思って、裏を返すと
     ぷりん
なるほど、内容量は20gほど少ない460gだそうだ。
って、十分過ぎる気もしますが・・・
更に
     期限
賞味期限が2週間以上先って、この手の商品にしては随分と長い賞味期間で・・・

正直お味の方はさほどでも・・・
と言うか、これを買うなら普通のプリンの方を選んだ方が良かったかな・・・
色は中身も真っ白で綺麗だし美味しそうに見えるんだけど、何となくミルクの臭みと言うか癖が強調されてしまっている感じ。
ミルクプリンは割と好きだけれども、これは自分の好みの外と言う感じになってしまいますねぇ・・・

ま、ご興味が有りましたらどうぞ。

ファミリーマート サイト

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

叉焼麺&牛腩煮込み@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日のランチは長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
なにせ今日がラストですからね・・・
12時を少し回った位のところでお店に着くと、ちょうど「準備中」の掛札を「営業中」に返すところだったので、そのまま店内へ・・・

店頭にはランチメニューが書かれたボードが置かれていたので見てみると
A 牛腩煮込み定食(牛ばら煮込み定食) 600円
B 青椒肉絲(チンジャーロース)定食(だったかな? 600円
の2種類が最終日でもちゃんと用意されていた。

開店し立てと言う事もあり、当然先客はゼロながら後から続々とお客さんが見えられた。
さて、今日で閉店してしまわれるとの事なので、やはり最後と言う事なので、豚ばらを使った「扣肉面(豚ばらそば) 700円」「扣肉会飯(豚ばらご飯) 700円」と絶品叉焼の乗った「叉焼麺 600円」は頂いておきたいところですよねぇ・・・

と言う事で「今日は扣肉会飯(豚ばらご飯)出来ますか?」と尋ねてみたところ「豚ばらと排骨(パイコー)は切れちゃってて」とのご返答。
そう言えば、昨夜帰りがけに少し御話しした時に「もう日にちが無いので仕込んでも余らせちゃうのもねぇ」と言うような事を仰っていましたねぇ・・・

まぁ、豚ばらなんて、あそこまで軟らかくするには相当時間がかかりますでしょうし、その上仕込むとなればそれなりの寮を仕込むのでしょうけれども営業するのが残り一日では、余らせて無駄にしてしまう豚ばらも多そうですからねぇ・・・
この辺は致し方ない事でありましょう。

叉焼の方は有るとの事なので「叉焼麺 600円」をお願いした。
後もう一品・・・「肉炒飯 600円」もまだ頂いていませんでしたっけ・・・・
と思ったのだけれども、そう言えば表のランチメニューに「牛腩煮込み定食(牛ばら煮込み定食) 600円」とあったので、豚が無ければ牛を食べたら良いじゃないという短絡さで、ランチメニューの「牛腩煮込み定食(牛ばら煮込み定食) 600円」をライス抜きで追加注文。

先に牛腩煮込みが到着
牛
煮
込
なんかすごい盛りっぷりですねぇ。
牛ばらの煮込みが山積みになっております。
こちらで牛ばら肉を使ったお料理は確か「牛腩面(牛バラそば) 700円」を頂いた事が有るだけだったと思うのだけれども、個人的嗜好で牛より豚の方が好きと言う事が有って中々お願いする機会はなかったものの、こちらの牛ばら煮込みは美味しいのですよねぇ。

相変わらず適度な歯ごたえを残した煮込み具合で、肉の旨みも脂の旨みもしっ借りあり、味付けも如何にもご飯に良く合うちょっと濃いめの味付けで良い感じですねぇ。
やはりご飯も一緒にお願いしておくべきだったかな・・・とわずかに後悔を感じつつ美味しく頂いていると
叉
焼
麺
肉
叉焼麺も到着
って・・・前回頂いた叉焼麺よりも、上に乗っている叉焼の枚数がものすごい事になっているじゃないですか・・・
最後だからという事で、大盤振る舞いなサービスをして下さったようです。

具は叉焼、青菜、メンマとシンプル。
叉焼はこちら手作りの絶品赤縁叉焼。
この絶品叉焼がもう頂けないと言うのは、つくづく残念なことですねぇ・・・
スープだって丁寧に作られているなぁと言うのが伝わる本当に美味しいスープなのですよねぇ・・・
最後にこの叉焼麺を頂けて満足であります。

お客さんが多くお忙しそうだった事もあり、ご挨拶もそこそこにお店を出てしまったけれども、この半年間に色々美味しいものをたくさん食べさせて頂きました。
御主人は閉店後しばらく中国の方へ行かれるとの事で、のんびり楽しい時間を過ごされれば何よりな事ですねぇ。
接客を担当されていたおばちゃんも、これからはきつい立ち仕事から解放されて積年の疲労の溜まった身体を休めつつのんびり過ごされる事を願っております。

毎回、美味しい料理を食べさせて頂けた事に本当に感謝ですねぇ・・・

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahoo!グルメ お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

イカとセロリの炒め物定食@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日も昨日に引き続き長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
なにせこちらで美味しい料理を頂けるのも、もう今日と明日の2日間だけですからね・・・
頂ける内に頂いておきませんとねぇ・・・
お店に行くと先客が一組、後からもうお一人見えられた。

席に着いて「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてしばし検討・・・
とは言え、お店が閉まってしまう前にぜひ頂きたいと思っているメニューの内、「排骨炒飯 800円」は昨日頂き、後残るはこちらの絶品叉焼を直に味わえる「叉焼麺 600円」か、これまた美味しい豚ばらを使った「扣肉面 700円」又は「扣肉会飯 700円」の内どれかと言う事になりますねぇ。

少し考えて、今日は「扣肉会飯(豚ばらご飯) 700円」をお願いしたところ、「すいません。今日は豚ばら売り切れちゃって。後排骨(パイコー)も・・・」とのご返答。
となると、自動的に「叉焼麺 600円」をお願いする事に。
ついでに「蒸し鶏(半盛) 700円」もお願いしたところ「蒸し鶏は夏場だけでして」とのご返答。

しばらくすると御主人が厨房から出てこられて「イカとセロリの炒め物なんてどうですか?」と仰って下さった。
そう言えば、こちらではまだイカを使ったお料理は頂いた事が無かったような気がしますねぇ・・・
せっかくなので、ご主人お勧めの「イカとセロリの炒め物定食」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
先にご飯と中華スープ、イカとセロリの炒め物、漬物が到着
メインは
いか
せろり
炒め
こんな感じ。
セロリ、イカ、スナップエンドウ、ふくろ茸、ネギの炒め物。
イカがプリプリしてて美味しいですねぇ。
続いて
おい
すた
ブロッコリーのオイスターソース炒め。
ごくシンプルに、ブロッコリーを炒めてオイスターソースで味付けしたものですが、これがまたブロッコリーに甘みが有って美味しいですねぇ。
これはもう野菜をたらふく食べたって感じで如何にも健康的すねぇ。
中華料理って、他の料理に比べて野菜が多く食べられてよいですよねぇ。

さて、さすがに閉店が直近に迫ってきたとあって、昼間は結構なお客さんが来られたそうな。
何を頂いても美味しいお店ではありますが、叉焼の美味しさは確かです。
明日は昼夜ともにやっていらっしゃるそうなので、ご興味のある方は最後にぜひお試しを。
ちなみに昼は12時過ぎ、夜は19時過ぎには開いています。
今日も美味しい食事でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
※お店は今月28日閉店と言うお話ですので、ご興味のある方は、その日までにどうぞ
Yahoo!グルメ お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

排骨炒飯@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
こちらは前回寄らせて頂いた際に「11月28日で閉店する」旨のお話が有り、今週は立て続けて寄らせて貰おうと思い、昨夜も7時過ぎにお店の方へ行ってみたのだけれども、お店には明かりがついて中には結構な人数のお客さんがいるような感じの上に、入り口には「準備中」の掛札が有ったので貸し切りなのかな?と思い諦めたので改めて今日行ってみた次第。
ちなみに、昨日はこちらのお店に時折寄られると言う「CRazy Ken band(クレージーケンバンド)」の方たちがお見えになってたそうで、やはり貸し切りだったのかもしれませんねぇ。

お店に入ると先客は一組、後からもう一組お見えになった。
とりあえず席に着き「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてみるも、今日を含めこれても今日・明日・明後日の3回・・・
となると、未だ頂いていないメニューを頂くか、それとも今まで頂いた事のあるメニューの中で特に気に入ったものをお願いするか・・・

んー・・・やはりここは今まで頂いた事のあるメニューの中から自分的トップ3を再度お願いしておくべきかな・・・
となれば、「叉焼麺 600円」 「扣肉面(豚ばらそば) 700円」又は「扣肉会飯(豚ばらご飯) 700円」「排骨炒飯(パイコーチャーハン) 800円」かな・・・
他にも色々美味しいものが有ったのだけれども、その中で最後に頂いておきたいもののとしてあえて選ぶなら、このメニューですからねぇ・・・

さて、では今日はこのメニューの中からどれを頂きましょうか・・・
叉焼は一番最後の最後に頂きたいかな・・・
んー・・・それなら「排骨炒飯」でしょう。
このメニューは、「雪菜肉絲湯麺(高菜と豚肉入り湯麺) 650円」に続き、2度目に寄らせて貰った時に頂いて、こちらに定期的の通う事を決定づけたメニューでしたからねぇ。
と言う事で「排骨炒飯 800円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
排骨炒飯、中華スープ、漬物
炒
相変わらずボリュームたっぷり。
見た目も香りもえらく美味しそうですねぇ。

炒飯は
飯
レタスチャーハンになっていて、具はスナップエンドウ、ネギ、玉子、レタス。
味付けは塩コショウ+化学調味料とシンプルで、良い塩梅の味付けで偏りもなくご飯はパラパラ。
レタスのシャキシャキ感も良い感じですよねぇ。

排骨は
排
骨
かなりの大きさと厚みの骨付き豚バラ肉。
この程よい揚げ色がなんとも食欲をそそりますよねぇ。
味付けもチャーハンの味を壊すような濃さではなく、豚肉自体の旨みも感じられるほど良さ。
このザクッムチッとした食感の排骨は、肉の旨みも脂の甘みも存分に楽しめて本当に美味しいのですよねぇ。

まぁ、この排骨炒飯が800円で頂けるお店など、そうそうはないのですから閉店なさると言うのは本当に残念なことなのですが・・・
さて、排骨炒飯を頂いていると「これもどうぞ」と
回
鍋
回鍋肉(ホイコーロー)を出して下さいました。
キャベツ、ネギ、ピーマン、豚肉を甘辛のタレで味付けしてあり、これまたえらく美味しい。
豚肉の入った炒め物で、このサクッとした食感に仕上げてくれるお店ってなかなか無いのですよねぇ・・・
お店をお閉めになるので、最後に常連さんにはサービスをと言う事もあるのでしょうが、定期的の寄らせて貰ったとはいえ多寡だかここ半年程度の話なので常連と言うほどではなく、凄く有難いと言うのと同時に心苦しさもあるのですが・・・

それにしても、排骨炒飯はもう一度くらい頂いておきたい気もするのですが・・・
ま、叉焼麺との組み合わせなら十分可能かな。
今日も美味しい食事でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
※お店は今月28日閉店と言うお話ですので、ご興味のある方は、その日までにどうぞ
Yahoo!グルメ お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

四川担々刀削麺@長者町 華隆餐館

さて、これは昨日のネタ。
久しぶりに長者町の四川料理と刀削麺のお店「華隆餐館」さんへ・・・
こちらへは9月29日に牛肉焼き刀削麺を頂いて以来と言うことになりますねぇ。
久しぶりに担々麺が頂きたくなって寄ってみた次第。

21時過ぎだった事もあり、お店に入るとテーブル堰は全て埋まりカウンターも僕が入った後に何人か入ってこられて全て埋まるくらいの盛況ぶり・・・
なんだかんだ言っても人気あるのですねぇ、こちら・・・
熊手を持っている方もいたのでおとり様の帰りに立ち寄った方も結構いたようだ。

さて、カウンターの席について、渡してもらったお品書きを眺めてみるも、やはり今日は担々麺が頂きたいところですねぇ・・・
何せずいぶんと冷え込んでいたので、辛いものが頂きたいところでしたしねぇ・・・
と言うことで「四川担々刀削麺 750円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
担
々
麺
んー・・・相変わらずおいしそうな見た目・・・・
ゴマの良い香りが食欲をそそりますねぇ。
具は青菜にひき肉とシンプル。

一口頂くと結構辛いのだけれども、こちらは元々とんこつベースのマイルドなスープの上に、ゴマペーストの奄美とまろやかさが加わっているので、そう無茶な辛さではなく食べやすい。
刀削麺の真ん中はむっちり端の部分はぴろぴろの食感のコントラストも面白いですよねぇ。
やはりこちらの担々麺は美味しいですねぇ。

意外と炒飯とか餃子をお願いされている方も多かったですか・・・
そう言えばこちらで炒飯ってまだ頂いたことなかったですねぇ・・・
まぁ、今度は炒飯を頂いてみるとしましょう。

美味しい担々麺でありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 月曜(最近、月曜もやっている気がするけれど…)
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

中華風ふくろ茸とお麩の炒め物@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日のランチは長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
こちらはし日曜日はお休みだけれども、祝日はお店を開けてくれているのでありがたいのですよねぇ。
お店に行くと先客はゼロで、後から一組見えられた。

とりあえず席に着いて「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてみる・・・
なんとなく「天津飯 600円」が頂きたかったので、それをお願いしたら奥からご主人が出てこられて「精進料理に使うお麩の料理どうですか?」と仰ってくれた。

お麩を使ったお料理だと、伊勢佐木モール沿いの天丼専門店「てんや」さんの隣の店舗に以前在った「春竹」さんと言う和食&中華なお店で頂いて以来ですねぇ。
と言うか、本当に精進料理のお店にでも行かないと、お麩を使った料理なんてなかなか頂けないですからねぇ・・・
と言う事で、美味しそうだったので、そのお料理をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、中華スープ、メイン、漬物のセット

メインの炒め物は
中華
風
麩
炒め
こんな感じ。
具はお麩、竹の子、青菜、きくらげ、ふくろ茸。
如何にも美味しそうですよねぇ。

お麩のグニっとした食感や青菜やタケノコのシャキシャキ感、ふくろ茸やきくらげのくにゅっとした食感など、いろいろな食感と風味もあり、やや濃いめのアマからの味付けもご飯に良く合いますすねぇ。
たっぷり入ったお麩が、甘辛のタレをしっかり吸い込んでいてこれまたえらく美味しいのですよ・・・
これでお値段600円・・・商売っ気無さ過ぎな価格ですが・・・・

さて、ご主人が「今月28日でお店閉める事になりまして」と衝撃の発言・・・
今月28日ってば、もう今週の話じゃないですか・・・
お店のファンとしてはあまりにも残念過ぎるのだけれども、ご事情を聞いてしまってはそれもやむを得無き事かとあきらめるしかありませんねぇ・・・

お店をお閉めになってから、半年ほど中国に行かれるとの事で、ゆっくりのんびりお過ごしになってほしいものです。
閉店までにあと2回は寄らせて頂きたいところですねぇ。
今日も美味しい食事でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahoo!グルメ お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

餃子定食@曙町 欽ちゃん餃子楼

さて、今日は先月曙町に出来た餃子と上海料理なお店「欽ちゃん 餃子楼」さんへ・・・
こちらへは開店したての10月11日に一度寄らせて貰って「上海二面黄(上海風両面焼きそば) 780円」「煎炒(欽ちゃん餃子) 480円」を頂いたのだけれども、これが個人的にはかなりヒットした。
特に餃子は、やや油っ気が強かったものの、この辺では個人ランキングトップと言ってよいくらいの焼き餃子だった。
その後中々立ち寄らせてもらう機会が無かったのだけれども、今日ランチを頂く場所を探している際に通り掛かったので、こちらで頂く事に・・・

最初はこちらで頂く予定ではなく、最初は担々麺が頂きたくて万世町の上海料理のお店「麗華」さんに行ってみたらお休みで、仕方ないのでもう少し関内寄りに在る新しく出来た中華料理店「翔威飯店」さんものぞいてみるも、こちらもお休み・・・
「レストラン 桃山」さんのランチメニューを見てみると「ポークジンジャー&ヒレカツ 800円」「オムレツ&クリームコロッケ 700円」など魅力的なランチだったのだけれども、洋食と言う気分でもなく、そのまま管内の方まで歩いていき、思い出しついでに扇町のネパール・インド料理のお店「スンガバ」さんの場所だけ確認。

そのまま伊勢佐木町まで歩いて「山海楼」さん「杜記」さん「クチーナ・ランパ」さん「聚香園」さん等をめぐってランチメニューを確認するも、どちらもピンとこない・・・
そう言えば、ピアゴさん裏手に在る中華料理店「福龍菜館」さんはシャッターが降りていて「しばらくお休みします」旨の張り紙がしてあった・・・
あら・・・、こちら確か春先にも2ヶ月くらいの長期休業をして、リニューアルオープンしたばかりだったのですが・・・・

なんかもうお店探しも飽きてきたので、家に戻ろうと思って曙町のバス通りに入ったところで「欽ちゃん 餃子楼」さんの前を通り掛かったら、前回寄らせてもらっ時には無かったランチメニューの書かれた置き看板が店頭に出ている・・・
4~5種類の定食類で500円~650円のセット物のようだ。
「餃子定食 500円」なんて魅力的な文言があったので、今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入ると12時を回ったところだったのだけれども、先客はゼロで後から数人見えられた。
とりあえず席に着きお品書きを眺めてみる・・・
ランチメニューは
品書
こんな感じ。
ちなみに通常時間帯のお品書きは「お品書き1」 「お品書き2」 「お品書き3」 「お品書き4」
と、こんな感じなのだけれども、今日見てみたら「お品書き3」に載っている380円の点心類は、もれなく全て100円値上の480円となっていた。
さて、それは兎も角、表で目を惹いた「餃子定食 500円」をお願いした。

待つ事しばしで
せっと
餃子以外のものが先に到着
ご飯、スープ、サラダ、杏仁豆腐
って、500円の定食にしちゃ結構良い感じの内容じゃないですか・・・
その上、ご飯はお替わり自由らしいですしねぇ・・・

スープは
すーぷ
青菜、人参、玉子、きくらげ等の入ったとろみの付いた中華スープ。
寒くなってくるととろみがついたスープって身体も温まるし美味しいですよねぇ。
味付けも悪くない。
デザートは
杏仁
杏仁豆腐
これはまぁお味的にはおまけ然としたものだけれども、500円でデザートまで付けてくれるのだから有りがたい事です。

少し遅れて
炒
子1
子2
餃子も到着。
こちらの餃子は羽根つき餃子なのですよねぇ。
って、見た目が前回のものと少し変わっている。
ちなみに、前回頂いた時の餃子は
餃
これ。
前回のものはドーム状に膜状の羽根が付いていたのだけれども、今日の餃子には如何にも香ばしそうな網目状の羽根が付いている。
餃子の数が5つになっているのは、恐らくランチのサービス定食故でしょうね。

お味の方はと言えば、これまた相変わらず美味しいのですよ。
ぽってり丸々としたボリューム満点の餃子の皮はやや厚めのプリッとした食感で、噛めば熱々の旨みたっぷりの汁が口の中に流れ込む。
程よい割合で野菜も入っていて、肉々しさだけではなく、野菜の歯ごたえや甘みもちゃんとある。
羽根の香ばしさも良いアクセントになっていますねぇ。
ランチサービスの餃子でも、お味の方はばっちりであります。

やはりこちらの餃子は、この辺の焼き餃子の中では個人的にはトップですねぇ。
これなら水餃子や蒸し餃子はもちろん、焼売なんかの他の点心系も十分期待できそうな気がする。
今度は担々麺なんかの汁そば系と点心系を頂いてみたいですねぇ。
今日も美味しいランチでありました。

店名 欽ちゃん餃子楼
住所 横浜市中区曙町3-42-5
電話 045-253-8018
営業 11:30~14:00 17:00~03:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

ちゃんぽん@伊勢佐木長者町 MIX!MIX!

さて、今日は伊勢佐木長者町駅から少し行ったところに在る長崎ちゃんぽんのお店「MIX!MIX! ミックス!ミックス!」さんへ・・・
こちらは9月に開店された新しいお店で開店間もない9月11日に一度うかがいちゃんぽんと餃子、明太子ご飯を頂いていて、結構好みに合っていて好きなお味だったのだけれども、その後何となく行きそびれてしまっていた。

今日は、こちらのすぐ近くに在るハンバーグのお店「バーグスマイル」さんで頂こうと思ってこちらの方面まで来たのだけれども、どうやらバーグスマイルさんはお休みだったので、それならと言う事で行きそびれてしまっていたこちらに寄らせて貰う事にした次第。
それにしても、バーグスマイルさんって、以前通りかかった時は土曜日もランチ営業されていたような気がするのですけれどもねぇ・・・
まぁ、こちらも近い内にもう一度うかがってみましょう・・・

さて、お店に入ると先客はゼロ・・・
あら・・・時間はもうすぐ12時ってところなんですが・・・・
そう言えば宮元町の方にも一時期長崎ちゃんぽんのお店があったのだけれども、あっという間になくなってしまったのですよね・・・
まぁ、あのお店はすぐ近くに長崎ちゃんぽんで人気なお店「雲仙 第三横浜店」さんがあると言う、余りにも不利な立地だったけれども・・・

こちらは結構美味しいし、お値段も安いのにこの入りじゃ長くないのかな・・・と思っていたら、その後続々とお客さんが入り始めて、あっという間に相席状態となった。
んー・・・やはり美味しくてお安いお店と言うのはまともにやってればちゃんとお客さんは入るらしい。
好みに合っているお店なので早々に撤退されてしまっては困りますからねぇ・・・

さて、とりあえず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
お品書きは「お品書き1」 「お品書き2」こんな感じで、これ以外にも夜営業は居酒屋さんを兼ねている事もあって一品料理系のメニューも揃っている。
さて、今日はどうしましょうかねぇ・・・

最初に目を惹いたのは「昭和の鶏がらチキンカレーライス 600円」
これは小サイズが300円であるという事なので、「ちゃんぽん 600円」に「チキンカレーライス 小サイズ 300円」をお願いしたら「すいません。今日はカレーの用意がなくて・・・」と仰る・・・
良く見たら「曜日限定」の文字が・・・
「餃子 360円」は夜だけらしいし、「明太子ご飯 200円」の方は今日はいたd解体と言う気分でもない・・・
と言う事で、結局「ちゃんぽん 600円」だけをお願いした。

待つ事しばしで到着
ちゃん
ぽん
すーぷ
めん
キャベツ、もやし、紅白かまぼこ、さつま揚げ、豚肉、イカ、アサリ、海老と具だくさん。
これらの具はしっかり炒められていて、程よくシャキシャキ感を残しつつ甘みと香ばしさが出ている。
て言うか、600円のちゃんぽんとは思えない豪華さですよねぇ・・・

白濁したスープは見た目とは裏腹に割にさっぱりしている。
豚骨のお出汁もしっかり出ていて、かと言って臭みや癖、過度な脂っ気はなくすっきりしたスープで、そこに具在の旨みが溶け込むのだから、そりゃあ美味しいですよね。
麺は長崎ちゃんぽんらしい、太めのややもそっとした食感の麺で食べ応え十分。
こちらは具のみ大盛りにできる「野菜大盛り 700円」麺の身大盛りの「麺の大盛り 700円」両方大盛りの「特盛り 800円」とあるので、野菜がたっぷりいたd買いたい方には「野菜大盛り 700円」はお薦めですねぇ。

実際「野菜大盛り」で注文していた方が多かったようだ。
そう言えば「餃子 360円」は夜のみ販売とお品書きには記載されていたのだけれども、なぜか普通に餃子のオーダーが通っていたので、結局全日頂けるようになっているらしい。
それならカレーも毎日出すようにしてくれたら嬉しいのだけれども・・・

それにしても、こちらのちゃんぽんはやはり好みに合いますねぇ。
今日も美味しいちゃんぽんでありました。

店名 Mix!Mix!(ミックス!ミックス!)
住所 横浜市中区長者町2-5-11 馬場ビル105号
電話 045-568-0994
営業 11:30~14:00 17:30~23:00
定休 日曜
グルメGyao お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鶏肉チャーハン@井土ヶ谷 チャイナ飯店

さて、今日は久しぶりに井土ヶ谷に在る有名中華料理店「チャイナ飯店」さんへ・・・
なんとなく鶏の唐揚げが頂きたいなぁ・・・と思い立ち、そう言えば最近「チャイナ飯店」さんはご無沙汰だし、久しぶりに寄らせて貰いましょうかと言う事で行ってみた次第。
お店に入ると先客は一組、後からもう一組こられた。
こちらは地元ではかなり有名なお店なのでいつも混んでいるのだけれども、今日は時間が中途半端だった為、のんびりと自分のペースで食事を頂く事が出来た。

さて、とりあえず席に着き、お品書きを眺めてみる・・・
こちらのメニュー数って、サッシのお品書きに乗っているものだけでも10ページ分くらいはあり、さらに壁にもたくさんのメニューが張りだされている。
ので、まさか全部カメラに収める訳にも行かず、取敢えず点心系・ご飯物系・麺類系の分だけ・・・
品書1
品書2
品書3
品書4
ご飯ものや麺類などはこんな感じ。
ついでにお弁当のお品書きなんぞも・・・
品書5
お弁当のお品書きはこんな感じ。
なんとなく米粉(ビーフン)系が増えてているような・・・
今、お店的には米粉推しなのだろうか・・・
こちらには中華料理店にも拘わらず「お好み焼き」なんてメニューもあり、面白そうだったので2007年12月11日に一度頂いた事があり、こちらのお好み焼きは粉ものと言うよりも卵焼きと言う感じに近く、意外と美味しかった。

米粉もお好み焼きも美味しそうだし、こちらのカレーライスもまだ頂いた事がないので興味深かったのだけれども、今日の目的は「鶏肉チャーハン 840円」
たぶん唐揚げがてんこ盛りに乗っているのであろう「鶏肉カレーライス 840円」も魅力的ではあったのだけれども、迷った挙句、個人的定番の「鶏肉チャーハン 840円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
漬物
炒飯、中華スープ、きゅうりのピリ辛漬け
中華スープは胡椒が利き過ぎるくらいに利いている。
そう言えば、一緒に漬物が出てきたのは初めてかも?

さて、メインの炒飯はと言えば
上
相変わらずの盛りっぷり・・・
まぁ、こちらのお料理ってば、本来は取り分け前提の大皿料理なので、一人で頂くサイズではないので盛りが冗談並みなのは当然なのですが・・・
チャーハンは
炒飯
こんな感じ
前回頂いた時のチャーハンよりも綺麗な仕上がり。
具はネギ、人参、玉子のみで、味付けも塩コショウと化学調味料とシンプルなスタンダード炒飯。
今日はお店が空いていて、作ってくれた方に余裕があった事もあってか、いつもよりもパラパラご飯で油っ気も抑えられている。
で、そのチャーハンの上には
唐揚げ
これでもかと言わんばかりに鶏の唐揚げがゴロゴロと・・・
大振りの唐揚げが12個くらいあったような・・・
もちろん地鶏だの何だのと言った良い鶏肉が使われている訳ではないのだけれども、それでも揚げたて熱々でカリカリの衣をまとった柔らかな鶏唐なのですから、まずかろうはずがないのです。
これまた今日のものは油切れも良くべっ茶っていない良い揚げ上がりの唐揚げでありました。

今日のチャーハンは、いつものものより油切れが良くくどさはなかったものの、やはり食べきるのは結構きつかったですねぇ・・・
いつもの事ながら、喜び勇んでこれを注文し、出てきた物を見た瞬間に余りのボリュームに後悔するのですよね・・・
とは言え、結局っちゃんと食べきれるのですが・・・
ま、こちらは食べきれなければ持ち帰りが可能で、その為のビニールなどをちゃんと店内に用意してくれるというありがたいお店ですしねぇ。

今日も満足のいく食事でありました。

店名 チャイナ飯店
住所 神奈川県 横浜市南区井土ケ谷中町157
電話 045-742-2702
定休日 月曜日
営業 平日12:00 - 27:00  土曜日12:00 - 27:00  日祝12:00 - 27:00
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

鶏絲炒麺@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
今日は気温が下がってえらく寒いので、なんぞ身体の温まるあんかけ汁そば系でも頂こうかと思い立った次第。
お店に行くと先客はゼロだったものの、後から2組ほど見えられた。
席に着くと、今日は温かいお茶を出してくれた。
んー・・・これからの時期はお冷よりもお茶ですよねぇ・・・

さて、取敢えず「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてしばし検討・・・
汁そば系で頂いていないのは「生馬麺 600円」「冬麺 800円」「蝦仁麺 650円」「排骨麺 700円」辺りだっけか・・・
意外とまだ頂いていないメニューも多いですねぇ・・・

そう言えば、こちらでは炒麺系って一度しか頂いてませんでしたっけ・・・
んー・・・汁そばを頂くつもりだったのだけれども、久しぶりに炒麺でもよいかな・・・
こちらの炒麺は餡かけ仕様で麺も固焼そばか軟麺か選択可能となっているのだけれども、固焼そばってなんとなく麺が口の中に刺さる感じがして食感があまり好きではないので、炒麺はいつも軟麺でお願いする事にしている。
と言う事で、今日は「鶏絲炒麺(鶏肉やきそば) 600円」をお願いした。

って、以前頂いたのは「五目炒麺 600円」だと思い込んでいたのだけれども、過去記事をひっくり返してみたら「鶏絲炒麺」だったらしい・・・
まぁ、いっか・・・
待つ事しばしで到着
とり
やき
そば
鶏肉、青菜、タケノコ、きくらげ、人参を傷めて餡とじしたものがめんの上に乗せられている。
麺は、ごわごわした食感の茶系色の強い細縮れ麺。
やや大きめに切られた鶏肉がゴロゴロ入っていて食べ応えがありますねぇ・・・
味付けは塩コショウ中心のシンプルなものなのだけれども、これがまたおいしいです。

そう言えば、後から来たお客さんが「大盛り」をリクエストしていたのだけれど、そのーだーは普通に通っていた。
あら・・・こちらって大盛りも可能なのですね・・・・
それは知りませんでしたねぇ。
って、レギュラーサイズでも結構なボリュームなのですが・・・

次は「天津飯 650円」でも頂いてみましょうか。
今日も美味しい食事でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahoo!グルメ お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

壺入りスープの定食@福富町 しんじょうりゃんたん

さて、今日は一見のお店へ・・・
福富町方面へ少し入ったところに在った台湾料理のお店「台湾菜館」さんがいつの間にか閉店し、これまたいつの間にか新規開店されていた中華料理店「鑫城りゃん湯(しんじょうりゃんたん)」さん。
「りゃん」の字が出てこない・・・硯に近かった?いや・・・違うなぁ・・・・
兎も角、読みは「しんじょうりゃんたん」だったかと・・・

福富町の老舗洋食店「イタリーノ」さん「カキフライ」でも頂こうかなぁ・・・と思いつつ福富町に入ったところで新しくお店が出来ている事に気が付き、店頭に「焼雉(みたいな字)定食 1000円」と書かれたホワイトボードが・・・
見てみると「ご飯・冷菜、焼青菜・漢方入りスープ」と内容が書かれている・・・
あら・・・お店の名前からしてもスープが中心のお店っぽいし、何となく面白そうなので入ってみる事に・・・

お店に入ると、台湾菜館さんの時よりも、やや高級感を出している店作りになっている。
先客は一組で、お客さんも店員さんも中国系の方のようで、聞こえてくるのは中国語。
まぁ、こういう状況はお店の名前を見た時から、なんとなく想像はしていたのだけれども・・・
やや臆しつつも、もう店の中なんだし、今更後ずさってお店から出る訳にもいかないですからねぇ・・・
お好きなところにと言うので、適当にテーブル席に着くと、お品書きを渡してくれた。

炒飯類や一品料理など、色々あるけれどもお値段は1000円内くらいのメニューが中心で、外観からもう少し高いお店なのかと思ってら、意外とお手軽なお値段設定。
スープの種類も結構あったようだ。
お品書きの写真を撮ろうかと思ったのだけれども、先に注文してしまおうと思い「表のメニューボードに在る定食をお願いします」と注文したら、オーダーを獲り下がる際にお品書きも持っていかれてしまって、結局お品書きの写真は撮れなかった。

待つ事しばしで
せっと
先のご飯と冷菜が到着
冷菜は
もつ
ネギとハチノスのピリ辛和え。
白髪ねぎの清冽な風味と清涼感にピリ辛たれと、如何にもビールに合いそうな感じ。

続いて
野菜
野菜炒めも到着
他店より随分と細かく刻まれている。
意外とボリュームもあり、今日はたっぷり野菜を食べたと錯覚できる。
味付けはスタンダードな塩コショウ・化学調味料な感じ。
まぁ、普通に美味しいですハイ

さて、メインのスープはと言えば
湯1
蓋付きの小壺に入って出てきました。
蓋を開けてみると
湯2
こんな感じで
スープは
湯4
こんな感じ。
スープの中には
湯3
たっぷりの鶏肉に大きな干し冬、ピーナッツ?が入っている。

漢方入りスープと書かれていたように、ややそれっぽい香りはするのだけれども、如何にも体に良さそうって言うほどの癖はなく、むしろ鶏の旨みがたっぷりスープに溶け込んでいたかなり美味しく仕上がっている。
まぁ、かなり色々な材料が出汁として使われてるんでしょうねぇ、と言う複雑な風味もあるものの、変に癖がない分、するすると違和感なく入って行くし素直に美味しいスープと思える。

一体どれだけの時間をかけて煮込んだものか、ピーナッツは芋のような食感まで軟らかくなり、鶏肉に至っては骨まで食べようと思えば普通に噛めばそのまま崩れてしまうくらいに柔らか。
個人的には、これにもう少し生姜の香りが強い方が美味しく頂けそうな気がする。
それにしても、こういう感じのスープははじめて頂きましたねぇ。
複雑な風味を感じつつも、味は本当に普通に美味しいですハイ

これはまた、ほかにもいろいろと試してみたいお店ですねぇ。
美味しいスープでありました。

店名 鑫城りゃん湯(しんじょうりゃんたん)
住所 横浜市中区福富町東通5-2 1F
お店地図

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

ワンタン麺&半炒飯@野毛 満友園

さて、今日は久しぶりに野毛に在る中華料理店「満友園」さんへ・・・
なんとなく野毛の「ドンキホーテ」さんに立ち寄ったら、ジーンズが690円とか・・・
そういえば、そんなニュースがありましたよね・・・
先日、ダイエーさんが880円ジーンズを発売して話題になりましたが、今度はさらに200円も安い690円ですか・・・
外食産業のデフレスパイラルがとりあえずの落ち着きを見せたと思いきや、次は衣料業界がデフレみたいですねぇ・・・
まぁ、取敢えずためしに一本買ってみました。

さて、ドンキホーテさんでの買い物を済ませ、車道を挟んで目の前に在る「満友園」さんへ・・・
こちらへは今年の4月6日以来になりますねぇ。
お店に入ると先客は一組、後から二組ほど見えられた。
とりあえず空いている席に着いて、一応お品書きを眺めてみるも、こちらに来たらお願いするものはほぼ確定しているのですよねぇ・・・
と言う事で「ワンタン麺&半炒飯セット 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
わん
たん
ワンタン麺。
あら・・・「前回頂いたワンタン麺」はスープが白濁していましたが、今回のものは透明度の高い如何にもすっきり形な中華スープ仕様。
具は雲呑と青梗菜のみとシンプル。
雲呑は
雲呑
程よくしょうがの香りのする肉種をやや大きめの皮で包んだものが6つ7つ・・・
ちゅるんとした舌触りの皮が良いですねぇ。
麺
麺は細めの縮れ麺。
スープは見た目通りのすっきりしたやさしい風味の中華スープ。
前回のにごった感じのスープよりも好みに合っていますねぇ。

半炒飯は
炒
飯
こんな感じ。
叉焼、ネギ、グリンピース、玉子。
味付けは塩コショウに化学調味料のスタンダード炒飯なのだけれども、チャーシューの香ばしさと甘みが加わって良い感じ。
相変わらずご飯パラパラのベストな炒め上がりで・・・

どちらもしつこさのないさっぱりしたお味なので飲み〆にも向いていそう。
まぁ、ボリュームはとても飲み〆向きじゃありませんが・・・
今度は「排骨炒飯 680円」を頂いてみましょうか・・・

今日も美味しい食事でありました。

店名 満友園
住所 中区宮川町2-55-1
電話 045-253-0331
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チキンソテー&クリームコロッケ@長者町 レストラン桃山

さて、今日は一見のお店へ・・・
医大通り沿いの伊勢佐木長者町駅側との交差点そばに在る洋食屋「レストラン 桃山」さん。
阪東橋方面からそば・うどん系ファストフードな店「ゆで太郎」さんやいつの間にかイタリアンのお店から代わっていた中華料理店「翔威飯店」さんを通り過ぎて交差点を渡ったところに在るお店で、福富町入り口に在る老舗洋食店「レストラン 桃山」さんの系列店だったかと。

確か数年前まで、もう少し伊勢佐木長者町駅寄りにお店を構えていらっしゃったと思うのだけれども、あの並びのお店はビル建て替えかなんかの影響で一斉にお店を閉めてしまっているので、その後に今の場所に移られたのでしょうねぇ。
どちらにしても、こちらの桃山さんには初めてになりますねぇ。

さて、通り掛かりに店頭のランチメニューの書かれたボードを眺めてみると
・ステーキランチ 1400円?
・Aランチ(ポークソテー&アジフライ) 800円
・Bランチ(チキンソテー&クリームコロッケ) 700円
ナポリタンセット 800円
などなど・・・内容もお値段も魅力的なメニューが並んでいる・・・

あら・・・このお店ってばこんなお値段でランチを出されていたのですねぇ・・・
福富町入り口に在る桃山さんの方もランチセットは用意されていたはずだけれども、ここまでお安いイメージはないですねぇ・・・
やはり場所の差でしょうか。
福富町入り口なんてテナント料は半端なく高そうだし、賃貸じゃなくても維持費も大変そうですからねぇ・・・

さて、これだけ魅力的なメニューが頂けるのなら、今日はこちらでと言う事で店内へ・・・
お店に入ると、外から見るよりも明るくて小奇麗な店内で、接客も丁寧。
先客は2,3組、後からも2組ほど見えられた。
適当に空いているテーブルに着き、チキンソテーとクリームコロッケと言う好物2つがセットになっているらしい「Bランチ 700円」をお願いした。

先にスープ到着
すーぷ
コーン・ポタージュ
あら・・・意外なほどに美味しい・・・・
舌触りも滑らかで、濃厚で味付けも良い塩梅。

スープを頂き終わってしばし・・・
せっと
んぇ?
このセットってば、ぼくがお願いした700円のBランチですか?
ライス、サラダ、副菜、チキンソテー、クリームコロッケ
この豪華なセットは一体何事でありましょう・・・

さらだ
サラダ
きっちり一人前

厚揚げ
副菜は厚揚げの煮物
さっぱりしたお出汁が中まで染みてて、これまた美味しい。

鶏
肉
チキンソテー
これまたきっちり一人前の大きさ。
鶏肉自体はそう御大層なものではないけれども、良い塩梅に下味が付けられ、そこに濃厚なデミソースがたっぷりと掛っている。
デミソースが、これまた予想外に美味しい。
やや味が濃くご飯に良く合う。
んー・・・昭和洋食な感じと言うか、ファミリーレストランなんてものが出来る前からやってる老舗の洋食屋さんって、大体こんな感じで手間かけて丁寧に作ってやや濃いめな味付けのソースですよねぇ。

蟹
中
クリーム・コロッケ
クリーム・コロッケとしか書かれていなかったから、中の具はっコーンか何かなのだろうと思いきや・・・
切ってみたらカニクリームコロッケでした。
見た目がややいびつなのは、中のベシャメルソースが他店のそれに比べて緩めのためかと。
この柔らかさで良く鍋から引き揚げるときに衣が破れなかったですねぇ・・・
この辺は技術なのでしょうねぇ。

と言う事で、粗引きサクサクな衣の中は熱々トロトロですハイ
付け合わせのタルタルソースは手作りのようで、やや酸味のありこれまたご飯に良く合いそうな・・・
コロッケの中のベシャメルソースも濃厚で、これまた美味しい。
と言うか、これをメインにしたセットで頂きたいくらいですが・・・

このセットに食後にコーヒーまで付けてくれて、そのお値段たるやたった700円・・・
内容もお味もコストパフォーマンスも、かなり高水準のとんでもない優良店でありました。
なんとなく洋食が高級品だった時代の手間暇かけた美味しい昭和洋食と言う感じですねぇ。
ソースのお味が総じてやや濃いめですが、良くご飯に合います。
こちらのランチはお薦めですねぇ。

今日も美味しいランチでありました。

店名 レストラン桃山
住所 横浜市中区長者町1-4-14
電話 045-261-2419
営業 11:30~15:00 16:30~21:00
参考サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

朝食バイキング@阪東橋 COCOS

さて、これは先週中のネタ。
当Blogにコメントを投稿して頂いたかんちゃんさんのBlog「いつの日かHappydays♪」を拝見させて頂いたらこのような記事が・・・
で、ほんまさんの「恰幅の良い彼」の掲示板の方にどうやら地下鉄阪東橋駅出口そばに在るファミリーレストラン「COCOS」さんでも朝食バイキング実施中との投稿があり、早速試しに寄らせて貰う事に・・・

出勤前と言う事で平日6時半前にお店に入ったので先客はお一人。
が、後から続々とお見えになった。
朝食バイキングは会計が先と言う事なので「朝食バイキング 650円(税込682円」を支払い適当なテーブル席へ・・・

で早速取ってきてみる・・・
せっと
塩焼きそば、炊き込みご飯、ペンネ、スクランブルエッグ、ソーセージ、厚揚げ

さらだ
サラダ

とろろ
とろろごはん

めん
そうめん とろろかけ

ぱん
パン

めろん
メロンソーダ

これ以外にも結構種類が出ていて、どれも意外と悪くない。
ご飯に賭けるものとして納豆・とろろ・カレーが用意されていた。
カレーは見た目水っぽく、余り美味しくないものかと思ったらスパイスが立っていないもので朝カレーにはちょうど良い中々に悪くないものだった。
スープとみそ汁の両方が用意されているというのも良いですねぇ。

朝からメロンソーダはどうなんだ?と言う気は我ながらしなくもないのだけれども、これはまぁ個人的な嗜好なのですハイ。
もちろんソフトドリンクも種類はそこそこあり、コーヒー・紅茶・お茶も揃っております。
個人的には厚揚げとクロワッサンはかなり好みに合っていた。
と言うか、この手のバイキングのパンって余り美味しくない事が多いのだけれども、クロワッサンは普通に美味しい。
これで682円はかなりお得。
朝がっつり派の方にはお薦めです。

店名 COCOS阪東橋店
住所 横浜市南区高根町2-10
電話 045-250-5796
営業 6:00~5:00(バイキングは6:00~10:00までだったかな)
定休 年中無休
COCOS 阪東橋店情報
COCOSサイト

テーマ:バイキング・食べ放題 - ジャンル:グルメ

ハンバーグ・ミートソース@弥生町 ショー・ラパン

さて、今日のランチは久しぶりに大通公園沿いに在るフレンチなお店「Bistro Chaud Lapin (ビストロ ショー・ラパン)」さんへ・・・
こちらへは8月12日に「ポークカツレツ マスタードソース」を頂いて以来になりますねぇ。
身近にある優良店中もトップランクのお店なのだけれども、外待ちのお客さんがいたりで意外と寄らせて貰う機会が少ないのですよねぇ・・・

今日も本当は別のお店に行くつもりで外に出たのだけれども、雨は兎も角風が時折突風のように吹いてくるおかげで雨も横殴りに・・・
なんとなく馬鹿馬鹿しくなり手近で済ましてしまえと思いながらお店の前を通り掛かったら、さすがに雨のせいか外待ちのお客さんはいない・・・
もし席が空いているようならと思って入ってみたら、ありがたい事に席が空いていたので、そのままそちらの席へ・・・

まぁ、結局ぼくの後にも数組のお客さんが見えられ、その方たちは雨の中外でお待ちになる事に・・・
どうやら今日は運が良かったらしい・・・
それにしても、ひどい風のせいで横殴りになる雨だと言うのに外待ちまで出るとは、相変わらずの人気店振りで・・・
ぼくなら、さすがに雨の中外で待とうなんて思いもしませんが・・・

待つ事しばしでサラダ到着
さらだ
いつもの豆腐サラダ
この玉ねぎの清冽の風味のするドレッシングって好きなんですよねぇ・・・

サラダを食べ終わると
はん
メインも到着
って、今日はハンバーグではないですか・・・
ますます持って今日はついていたらしい。
付け合わせはフェットチーネとミックスベジタブル

ハンバーグはと言えば
ばーぐ
中
こんな感じ。
今週は「ハンバーグ ミートソース」だったらしい。
こちらでミートソースって言うのは初めてかも・・・
スタンダードに「マッシュルームソース」とか、さっぱり系「和風おろしポン酢風ソース」なんてのは頂いた事はありましたが・・・
そう言えば「ナポリタンソース」とか「キーマカレーソース」なんて変わったソースを頂いた事がありましたっけ・・・

ミートソースはトマトの風味が前面に出たものではなくデミソース仕様。
フェットチーネも、こちらのソースで美味しく頂いた。
ハンバーグは、これまた肉々しい感じの粗引きな肉汁ジューシーハンバーグ。
相変わらずの絶品っぷりですねぇ・・・

メインを頂き終わると
せっと
ぷりん
いつものようにデミカップコーヒーとプリンを出してくれた。
香ばしい風味のするキャラメルソースは、そのままではややダダ甘なのだけれども、濃いめのコーヒーと一緒に頂くと不思議とちょうどよくしつこさもない。
こちらのやや固めのしっかりぷりんって好きなのですよねぇ・・・

このセットで、お値段も相変わらずの950円。
まぁ、これだけのものが頂けるのだから外待ち行列が出来るのも当然の理でありましょう・・・
今日も美味しいランチでありました。

店名 ビストロ ショー・ラパン
住所 神奈川県横浜市中区弥生町3-29-1
TEL   045-251-0024
営業 ランチ11:30~14:00
    ディナー17:00~21:00
定休 日曜 祝日
お店サイト

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

とんこつラーメン@浦舟町 味王

さて、今日は一見のお店へ・・・
時折拝見させて頂くSinさんのラーメン食べ歩きBlog「行列拒否のラーメン日記」浦舟町に新しいラーメン店が出来たとの記事があったので、早速食べに寄らせて貰った次第。

場所は家系ラーメンの「一神家」さんの入っていた店舗。
て、一神家さんってぼくは一度しか寄らせて貰わなかったけれども、いつも数人のお客さんが店内に居るって感じで、こんなに早く閉店してしまうとは思いませんでしたねぇ・・・

さて、今度新規開店されたのは「横浜ラーメン 味王」さん
阪東橋店とあるので、もしかしたらチェーン店なのかも・・・
店頭には開店祝いの華が飾られている。
メニューなども表に出ていて、割に入り易い雰囲気。

お店に入ると先客はお一人。
店員さんは3名いらっしゃって、どうやら中国系の方のようだ。
お店に入って右側に券売機で先に食券を買うシステムなのは一神家さんの時と一緒。
と言うか、店内の雰囲気はほぼ一緒の居抜き状態。
路駐監視用?(これはたぶん車で来たお客さんに対する取り締まり回避サービスかな?)のモニターも健在。

メニューはとんこつラーメン600円、味噌ラーメン650円等と言ったところ。
まぁ、横浜ラーメンを謳っているのだから、やはり最初は基本のとんこつラーメンでしょうねぇ・・・
と言う事で「とんこつラーメン 600円」の食券を購入し、カウンターの席に着いて店員さんに食券を手渡した。

待つ事しばしで到着
とん
こつ
めん
見た目は完全に家系のそれですねぇ。
白濁豚骨スープの上に鶏油?が張り、具はチャーシュー、ネギ、青菜、海苔。
麺は家系らしく中太のやや短めの縮れ麺。
パッと見た感想は、スープが少ないなぁ・・・と言うのが第一印象。
まぁ、家系のスープなんて全部飲み干す人の方が少数派な気もするのですが、少なくとも見た目第一印象としては良い方には見られないでしょうねぇ・・・

さて、お味の方はと言えば、意外にも豚骨らしい出汁の風味がきちんと出ていて、しっかりしたお味のスープ。
見た目やや脂っこいように見えたけれども、意外としつこくない。
濃厚さはないけれども、癖がなく平凡安心で食べ易い。
チャーシューはやや薄く、箸で持ち上げると切れるくらいに柔らか。
味付けも適度で割に悪くはないチャーシューだった。
麺の固さや味の濃さ、油の量などもリクエストできるようだったのだけれども、今日は一見と言う事で特にオーダーはしないデフォルトのものをお願いして見たら、麺の茹で加減は普通のものよりやや固めの好みに合った茹であがりのもので、スープの塩みや油っ気もぼくの好みには合っていた。

特段ここが売りと言うような特別なものは感じなかったけれども、普通に悪くない家系ラーメンと言った感じでしょうか。
今日の出来が維持できるなら、夜遅くまでやっていますし、それなりにお客さんも着くかと。
ただまぁ、お店周辺には豚骨ラーメンのお店は何店かあるので、その中でどうやって他店を出し抜くかと言う辺りは苦心しそうですねぇ・・・
開店サービスなのか、お店を出る際に12月10日までの100円キャッシュバックサービス券を頂いた。
次は「味噌ラーメン 650円」の方も頂いてみましょうか。
悪くないラーメンでありました。

店名 横浜ラーメン 味王
住所 横浜市南区浦舟町2-22 角田ビル1F
電話 045-251-3628
営業 11:00~24:00
定休 年中無休
お店地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

五目炒飯@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日はお酉さま一の酉・・・
少し廻ってみたけれども、やや人出が少ないかな?
まぁ、今日は平日だし一段と気温が冷え込んできたしねぇ・・・
20時過ぎくらいの方が会社帰りに寄る人が増えるのかな・・・
それにしても肝心の熊手があまり売れていないのか、手締めがあまり聞こえてこない。
ま、もはや鷲神社の祭礼とか商売繁盛の縁起担ぎとか、その辺あまり関係なく飲食出店ををめぐるお祭りって感じかな・・・
手締めはお酉さまの華だから聞こえてこないのも少々寂しい気がしますが・・・

とりあえず少し見て回ったけれども、これと言ってめぼしいお店はないかな・・・
韓国料理系なんかは、別に普段でも安く食べられるし、酉の市でなきゃ食べられないって言うのはあまりないですかねぇ・・・
狐狸庵さんのスペアリブと佐世保バーガーの屋台が目を惹いたくらいかな・・・
結局買わなかったけど。
それにしてもケバブの屋台がずいぶん増えた気がする・・・
まぁ、例年24時近くまで賑やかだし、これから行かれる方たちは十分な寒さ対策をして楽しんできて下さいませ。

さて、今日は長者町にある料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に入るといつもの席には先客の方がいらしたので、珍しく入って左側の席へ・・・
席に着いて「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてしばし検討・・・
「生馬麺 600円」とか、あんかけ汁そば系なんて今日は寒いから良さそうですよねぇ・・・
そう言えば、炒飯を最近頂いてなかったですか・・・
と言う事で「五目炒飯 600円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
五
目
炒
飯
んー、相変わらずの盛りっぷり。
具は叉焼、スナックエンドウ、ネギ、玉子、海老
やはりこちらの叉焼は何度頂いても美味しいですねぇ。
スナックエンドウのパリパリとした歯触りも良い感じ。
お子もがパラパラの炒め上がりで程よく香ばしさが出ていて良いですねぇ。

そう言えば、今は「スナックエンドウ」とは言わないそうで「スナップエンドウ」が正式名称らしい・・・
調べてみたら昭和58年には農林水産省が正式名称として名称統一をしたというの話だそうなので、25年も前の呼称を使い続けているぼくもどうかとは思うのだけれども・・・
まぁ、美味しければ良いのですハイ
次は「生馬麺 600円」辺りを頂いてみましょうか。
今日も美味しい食事でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahooグルメ お店情報

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

酔来丼+小ワンタン@横浜橋 酔来

さて、今日は久しぶりに横浜橋通り商店街医大通り側入り口横にある中華料理店「酔来」さんへ・・・
こちらへは6月28日に「ネギ冷やしそば+半チャーハン」を頂いて依頼なので5カ月ぶりですか・・・
好きなお店でも近いといつでも行けるという頭が有るから、かえって中々に行く機会を逸してしまうのですよねぇ・・・

お店に入ると時間が中途半端な事もあり先客はお一人。
開いている席に着くと「温かいお茶と冷水どちらにしますか?」と尋ねられたのでお茶をお願いするとすぐに持ってきてくれて、そのうえ「ご注文の方ゆっくり決めてくださいね」と一言添えてくれる。
こちらに来るといつも感心するのは接客の丁寧さなんですよねぇ・・・

さて、とりあえず温かいお茶を啜りつつ「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めしばし検討・・・
ん・・・やはり酔来さんに来たら名物の「酔来丼」は外せないですよねぇ・・・
と言う事で「酔来丼 400円」と、ご飯ものには+200円で「小ワンタン」か「小ラーメン」が付けられるので「小ワンタン」も一緒にお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
酔来丼と小ワンタンのセット
中央の小皿は酔来丼用のからし醤油とごま油のタレ。

酔来丼は
すい
ご飯の上に、もやし、メンマ、細切りチャーシュー、ネギが乗り、そのさらに上に黄身が半熟状態の目玉焼きが乗せられている。
これに、からし醤油とゴマ油のタレをかけ、かき混ぜると
らい
完成。
これがまた本当に美味しいのですよ・・・
やや脂身の多いチャーシューの甘みと旨みと香ばしさに、メンマの甘みと歯ごたえ、もやしのシャキシャキ感、ネギの清冽な清涼感、ピリ辛のからし醤油にごま油の良い香りと風味、目玉焼きのトロトロの黄身が混ざり込めば、そりゃあもうねぇ・・・

ちなみに、やたらに美味しいこのチャーシュー、自家製で毎日お店で焼き上げて作るのだそうです。
なので、このチャーシューをもっと楽しみたい方には「チャーシューライス 700円」がお薦めです。
酔来丼よりもシンプルで、チャーシューの旨みが直に伝わります。

で、
みに
わん
たん
こちらは小ワンタン
どう見ても小ではありません。
普通にたっぷり肉種を包んだピロピロ薄皮の美味しいワンタンが6,7個は入っております。
このワンタンを+200円で付けて頂けるというのだから驚きですが・・・
こちらのスープはとくに変哲もない中華スープですが、サンマー麺など具に炒め物が載っている麺類には良く合いそうな感じですねぇ。
「サンマーワンタン麺 800円」なんてのも魅力的なので、一度はお願いしたいところでうsねぇ。

今日も美味しい食事でありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

つけめん&中華そば@真金町 めんや 直伝

さて、先週と今日の2回、大通公園沿いにある東池袋系大勝軒系列のラーメン店「めんや 直伝」さんへ行ってみました。
と言うのは、こちら8月にリニューアル・オープンと言う事でメニューを一新させたのだけれども、10月に入ると店頭に「11月より大勝軒の味復活」と言うような張り紙が・・・
お味をリニューアルさせてから、まだ3カ月ってところなのですが・・・

まぁ、リニューアル・オープン後のつけめんや中華そばは、かなり和風に偏った魚粉のか風味の強烈なものになり、東京の有名ラーメン店「六厘舎」さんのお味をかなり意識したものになったので、流行りと言えば流行りのお味だったのでしょうけれども、曙町のラーメン店「つけ麺屋 司郎」さんなんかも似たお味のものを出しているし、そもそも癖が強くて好き嫌いのわかれるお味だったのかどうか、結局リニューアルオープン以前のお味に戻す事にされたようだ・・・

と言う事で、まずはつけめんから・・・
ちなみに11月以降のお品書きはと言えば
品書
こんな感じ。
参考までに、これが「リニューアル・オープン以前のお品書き」で、こちらが「8月以降のリニューアル・オープン時から10月末までのお品書き」
まぁ、お値段も内容も乱高下して中々苦心されている感じですよねぇ・・・

とりあえず、東池袋大勝軒系列のお店と言えばつけめんと言う事で、11月再リニューアルご初っ端の注文は「つけめん 大盛 850円」をお願いした。
待つ事しばしで到着
めん
つけ
だし
確かに見た目は8月以前のものに戻った感じですねぇ。
8月のリニューアル・オープン後のつけめんは、かなりどろっとした感じのつけ汁の上に魚粉が振られている、かなり和風な豚骨魚介の風味に偏ったものだったのだけれども、今回のつけ汁は魚粉臭さは消えて甘みのやや強い8月のリニューアル前のものに似たものになっている。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、玉子で、リニューアルオープン後のつけ汁に入っていたチャーシューは、やたらに大きい代わりに固くて食べづらいものだったのだけれども、今回のは以前の大きさも程よく柔らかくて食べ易いものに再度変更された。
何よりも大きいのは、つけ汁が熱々の状態に戻った事でしょうね・・・
余り熱々だと魚粉の香りが飛んでしまうとかそういう配慮だったのかもしれませんが、リニューアルオープン後のものは、最初からぬるかったですからねぇ・・・
麺は太めの縮れ麺で、これまたつけ汁に良くからんで美味しい。
まぁ、甘みが強くてこれまた好き嫌いはわかれるのかもしれませんが、個人的には好みに合ったお味に戻してくれた何よりな事でした。

さて、続けて今日は「中華そば」を頂く事に・・・
お値段は変わらず700円。
待つ事しばしで到着
中華1
中華2
そば
ぶた
具はチャーシュー、なると、ネギ、メンマ、玉子
ちなみに8月以前の中華そばはこんな感じで、8月のリニューアル・オープン後の中華そばはこんな感じ。
一番最初のものと比べると、叉焼がばらチャーシューと桃チャーシューの2枚入っていたものが、ばらチャーシュー1枚に変わったと言うのはあるけれども、見た目はほとんど一緒、
8月のリニューアル後の中華そばは、正直スープがぬる過ぎてネギの辛みが強く残るし編に魚粉臭い上に油っ気が強く口の中がべたべたしてどうしようもないわで好みから大きく外れるものだったのだけれども、今回のものはスープもちゃんと熱々の状態で、変に魚粉臭さも強調されず、以前は強かった甘みも程よく抑えられ今までで一番好みにあった中華そばになった。

ここ数年ラーメン店も出来ては消えての乱戦状態で、どちらのお店も工夫に四苦八苦と言ったところなのでしょうねぇ・・・
直伝さんも色々試してみて、結局最初の東池袋大勝軒のお味に近いものにお味を戻す事にされたのでしょうけれども、個人的には好みに合ったお味に戻してくれたのはうれしい判断であります。
つけめんも中華そばも美味しかったですハイ

店名 めんや直伝
住所 南区真金町2-22-15 1F
電話 045-262-5780
営業 また変わったようですので要確認
定休 火曜
参考サイト(お店のサイトはなくなったようです)

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

アプリコットランチ@蒔田 キッチン アプリコット

さて、今日は久しぶりに蒔田にある「キッチン アプリコット」さんへ・・・
こちらへは昨年末の12月21日以来と結構間が空いてしまいましたねぇ・・・
まぁ、GWの5月3日にも思い立って寄らせて貰った事はあったのだけれども、その日は連休中でお休みだったので、結局すぐ近くの中華料理屋「太田楼」さんで頂いたのですよねぇ。

基本出不精で徒歩圏内くらいしか出歩く事をしない為、ここしばらく蒔田の方へは中々に行く機会がなかったのだけれども、最近になって蒔田の中華料理店「酔園」さんや、もう少し弘明寺側にあるラーメン店「味のほうさく」さんなどでたまに頂く機会が出来て蒔田方面にもたまに行くようになったしで、それなら久し振りにこちらに寄らせて頂こうと思い立った次第。

さて、お店に行くと先客が2組、ぼくの後にも2組見えられて結構にぎわっている。
お店が裏通りの目立たない場所に在る為、たいてい日曜日のランチの時間帯に寄らせて貰う事が多かった事もあり、余りほかのお客さんがいる事は少なかったのだけれども、しっかり地元に根付いた感じのようだ。
まぁ、目立たない場所にあっても美味しいお料理を出すお店なら、そりゃお客さんは付きますよねぇ。

とりあえずテーブル席に着いて、お品書きを眺めてみる・・・
品書
と言っても、ぼくはたいてい前菜・サラダ・魚料理・肉料理がワンプレートになっている「アプリコットランチ」をお願いするので、余りお品書きをみる事はないのですが・・・
と言う事で、今日も「アプリコットランチ 1700円」をお願いした。

このお品書きはもらったチラシのものなのだけれども、改めてみると結構美味しそうなものが載っている。。。
「ふわふわオムライスとチキンソテーのプレート 1250円」とか、かなり魅力的なんですが・・・
そう言えば、ビーフシチューもまだ頂いた事がなかったでしたっけねぇ・・・
まぁ、今度から色々と試してみる事に致しましょう。

さて、待つ事しばしで
すーぷ
先にスープが到着
サツマイモのポタージュスープ。
程よいサツマイモの甘みと風味があり美味しいですねぇ。

続いて
せっと
ぱん
メインのプレートとパンが到着。
プレートは4つに区切られていて、それぞれ前菜・サラダ・魚料理・肉料理が乗せられている、
パンは2種類でオリーブオイルにバルサミコ酢を落としたものをつけてくれるのだけれども、ぼくは代替お料理のソースで頂いてしまう事が多いですねぇ。
ライスも選択可能。

やさい
ラタトゥイユ
好きなのです、これ。
パプリカや玉ねぎ、トマトの甘みと旨みが満載で。
これ丼一杯でも食べられますハイ

ほたて
海老と貝柱のカルパッチョ。
上にかかっている香辛料スパイシーでさっぱりしていて好みに合ってますねぇ。
っまぁ、海老だけは苦手な為に如何ともし難いですが・・・

かじき
魚料理はカジキマグロのソテー?にトマトソースが掛ったもの。
淡白であっさりしている魚にさっぱりしたトマトソースが良く合いますよねぇ。

ぽーく
ポークソテー
上にローストガーリックが散らせてある。
これはがっつり系ですねぇ。
しっかり焼き目がついて香ばしく、ガ-リックの風味も加わりやたらと美味しい。

今日のデザートは
でざ1
でざ2
けーき
ロールケーキとカットフルーツの盛り合わせ。
メロン、キウィ、いちじく?、リンゴの甘煮?の下にロールケーキ。
ロールケーキ、しっとりしていておいしいですねぇ。
これにコーヒーも付きます。

このランチ4種類の料理が一度に楽しめてお得ですよねぇ。
ボリュームそれぞれ十分に楽しめるだけの分量ですしねぇ。
ディナーの方も何度か頂いているのだけれども、値上がったとはいえ夜もやはりコストパフォーマンス高いし美味しいので、またいたぢあて見たいものですねぇ。

今日も美味しいランチでありました。

店名 キッチンアプリコット
住所 神奈川県横浜市南区共進町2-52
アクセス 横浜市営地下鉄蒔田駅より徒歩3分
TEL 045-716-1669
営業 ランチ11:30~14:00(日曜は15:00まで)  
    ディナー18:00~21:00(LO20:30)
     日曜はディナー休み
定休日 月曜日
ぐるめぱど お店情報

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

高菜肉麺+炒飯@万世町 麗華

さて、今日は久し振りに万世町に有る上海料理のお店「麗華」さんへ・・・
こちらへは6月に「冷やしネギそば 600円」を頂きに寄らせて貰って以来と言う事いなりますねぇ。
こちらの叉焼が思いのほか美味しかったので、久しぶりに頂きに行こうと思い立った次第。

お店に着き、店頭のランチメニューの遅名が気ボードを眺めようとしたら、ちょうど接客を担当されている女性がお店から出てきて「どうぞー、中にもメニューあります」と仰るので、そのまま店内へ・・・
先客はゼロだったのだけれども、後から常連と思しき方がお一人見えられた。
適当に空いている席に着いて、ランチメニューのお品書きを眺めてみる・・・
品書1
品書2
ランチメニューはこんな感じ。
前回来た時のランチメニューより同じ価格で少し内容が良くなっている感じ。
それにしても「もやし」を「萌やし」と表記してあるお店はあまり見かけないのだけれども、どうやら普通に正しい表記らしい。

この時期でも、前回頂いた「冷やしネギらーめん 600円」を出してくれるのですねぇ。
こちらでは、これと「あんかけ上海やきそば(チンジャオロースやきそば 600円」を頂いた事が有るのだけれども、いずれも中々美味しかったのですよねぇ・・・
さて、今日は何にしましょうか・・・

定食類は650円均一で種類は結構あるものの、いずれも割にスタンダードなめにゅーか・・・
そう言えば、まだ汁そば類は頂いてなかったですねぇ・・・
と思ってお品書きを眺めているところで目を惹いたのは「高菜肉麺と炒飯セット 650円」
これは前回来た時にはなかったメニュー・・・と言うか前回お品書きに有った「ラーメン+炒飯セット 650円」がバージョンアップした感じらしい。
汁そば狙いだったけれども、どうせの事なら炒飯も頂きたいですねぇ・・・
と言う事で「高菜肉麺+炒飯セット 650円」をお願いした。

待つ事しばしで
せっと
先に炒飯とスープが到着。
って汁そばのセットなのにスープも付けてくれるのですね・・・
スープは
すーぷ
さっぱりした大根のスープ。
これ、もう少し味を濃くして麺を入れたら、普通に美味しい白湯のラーメンになりそう・・・
さっぱりしていておいしい。

炒飯は
炒
飯
こんな感じ。
軽目の一人前くらいのボリューム。
具は人参、ネギ、グリンピース、玉子とシンプル。
残念ながら叉焼は入っていなかったか・・・
味付けは塩コショウに化学調味料なスタンダード炒飯なのだけれども、調理担当の方ががえらく上手なのかパラパラのベストな炒め上がり。
セット物の炒飯でこれなら、普通に一人前の炒飯で注文したいくらいですねぇ。

後から
菜
肉
麺
高菜肉麺も到着。
具は豚の細切りに高菜、ネギ。
麺はやや細めのストレート麺。
スープ自体は普通に美味しい中華スープで特徴はないものの、高菜のピリ辛風味が加わって中々美味しい。
これも軽めの一人前くらい。

このセットで650円はお得ですねぇ。
次は「サンラーメン600円」辺りを頂いてて見ましょうか。
今日も美味しいランチで有りました。

店名 上海料理 麗華
住所 神奈川県横浜市南区万世町1ー1-1
電話 045-231-8839
営業 夜12時まで(昼休憩なしらしいです)
定休 無休(不定休かと)
gooタウンページ お店情報

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

牛丼@関内 松屋

さて、今日は牛丼の全国チェーン「松屋 関内仲通り店」さんへ・・・
いつも出勤前になんとなくTVをつけているのだけれども、今朝方TVをつけたらちょうど松屋さんのCMがやっており「牛丼 290円キャンペーン」をやっていると・・・
牛丼って結構好きなのだけれども、中々食べに行く機会はないのですよねぇ・・・
Blog記事を漁ったら昨年10月11日に「吉野家」さんで頂いて以来、1年以上ぶりと言う事になりますねぇ・・・

チェーン店ではなく個人経営のお店の牛丼と言う事なら今年の4月12日に中村町の「埼玉屋食堂」さんでも頂いているのだけれども・・・
まぁ、朝っぱらからそんなキャンペーン情報を知ってしまったので、今日一日牛丼の映像が頭にちらついていたのですよ・・・
と言う事で、今日は松屋さんに立ち寄るこちが決定・・・

さて、「松屋 関内仲通り店」さんに行くと、先客は2,3名。
キャンペーン中だから混むのかと思ったら、意外とそうでもなかったようだ。
こちらは食券制なので先に券売機で食券を購入。
あら・・・「松屋 関内仲通り店」さんでは電子マネー「Suica」が利用できるらしい・・・
調べてみたらすべてのチェーン店で利用できるわけではなく一部店舗に限って利用可能と言う事のようだ。
まぁ、最近は電子マネーも使える場所が増えてきたのでありがたい事ですよねぇ。

と言う事で、Suicaを利用して「牛丼 並 290円」の食券を購入し、適当に空いている席へ・・・
店員さんに食券を渡すと、相変わらず超特急なスピードで到着
牛
丼
そう言えば松屋さんは味噌汁を自動的に付けてくれるのでしたねぇ。
変わった点と言えば、いつの間にか割り箸ではなく、洗浄して使いまわすプラスチックの箸になったようだ。
使い回しでは厭だと言う潔癖症なお客さんも中にはいるのでしょうけれども、そう言う人は自前で箸を持ち歩く人も増えているらしい・・・
ま、エコロジーですねぇ。

さて、久し振りの牛丼・・・
やはり美味しいですねぇ。
ぼくは割にたっぷり目に七味唐辛子を振って頂くのが好みなのです。
やや甘めの丼つゆがピリッとしまって良い感じ。
そう言えば、最近牛丼に生卵を落とすという事をしなくなったのだけれども、昔は牛丼一杯に卵を2つ落として食べれるようになりたいとか間の抜けた事を考えていたような・・・

いや・・・金額的には給料を頂く身になれば普通にできる話なんですが、牛丼一杯に卵2つと言うのはものすごい贅沢に思えてしまうのですよ・・・・
金額にしたところが、たぶん600円程度の話なんでしょうけど、妙にふんぱつ感が・・・
そんなこんなで、未だに牛丼一杯に卵2つと言う豪奢な真似は致しておりませぬ・・・

久し振りの牛丼も美味しかったですハイ

松屋サイト

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

焼きビーフン カレー味@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町に在る中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
先週は時間が遅すぎて入り損ねてしまったので、今日は少し早めにお店へ・・・
お店に行くと、今日は先客ゼロ。
空いているテーブルに着いて一応「お品書き 表」 「お品書き 裏」を眺めてみるも、今日はすでに「焼きビーフン カレー味」を頂こうと決めていた。

お品書きのうち普通の焼きビーフン「米粉 700円」は7月22日に頂いている
こちらは塩コショウっ中心の味付け+風味付けに醤油といたってスタンダードなお味の美味しい焼きビーフンだった。
で、今日お願いしようと思っていたのは壁貼りのメニューに有る「焼きビーフン カレー味 700円」
考えてみたら、まだこちらでカレー風味の料理って頂いた事がなかった気がしますしねぇ。
このメニューを見つけた時から、一度頂いてみたかったのです。
と言う事で「焼きビーフン カレー味 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
米1
米2
米3
米4
んー・・・カレーのスパイシーな香りが食欲をそそりますねぇ。
海老、チャーシュー、もやし、玉ねぎ、きくらげ、青菜、人参、ピーマンと相変わらずの具だくさん。
て言うか、ボリューム自体もかなりのものですが・・・

一口頂いてみると、こちらも塩コショウが味付けの中心で、風味付けにカレーのスパイシーさを加えた感じ。
それにチャーシューの独特の香ばしい風味と具在の甘みやうまみが合わさってえらく美味しい。
野菜はシャキシャキとした食感があり、きくらげのクニュクニュ感と歯触りも良いですねぇ。
焼きビーフンってなかなか頂く機会がないのだけれども、美味しいのですよねぇ。
それにしても、こちらのチャーシューは本当に美味しいわ・・・

今日も美味しい夕飯でありました。


店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
Yahooグルメ お店情報

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

カキとゴボウのカルボナーラ@関内 CAFE LEGEND

さて、今日は馬車道から細いわき道に入った目立たないところに在るフレンチレストラン「CAFE LEGEND」さんへ・・・
昨日、営業日変更や週替わりランチなどの情報が載せられるお店のBlogを拝見したら、今日は祝日にも関わらず営業するとの事で、こちらって普段来れる土曜日の昼は結構混んでいらっしゃるし、今日なら祝日だからお店はお休みと思ってる方も少なくないだろうからゆっくり頂けそうですねぇ・・・

その上、週替わりのランチは「ハンバーグ ハヤシソース」と「カキとゴボウのカルボナーラ」となっている。
その内「ハンバーグ ハヤシソース」は5月に頂いているのだけれども、そう言えばこちらでパスタと言えば「ラザニア」は頂いた事が有るものの、スパゲティ類はまだ頂いた事がなかったのですよねぇ・・・
それも今週のパスタは「カキとゴボウのカルボナーラ」
これはぜひとも頂いてみたい。

と言う事で、お店へ・・・
お店に着いたのは開店時間を数分回ったところで、いつもならほぼ席が埋まりつつあるのだけれも、今日はさすがにいつもより少なく、ご主人が調理をしているのが丸見えな奥の席へ・・・
こんな奥の席に座れたのは初めてですねぇ。
やはり今日は空いていると思っていたら、実はそんな事もなくぼくが入った後もお客さんが続々と見えて、食べ終わって外に出る頃には5,6名の外待ちのお客さんの姿が有るという、いつも通りの状況に・・・

さて、今日のランチはと言えば
A「ハンバーグ ハヤシソース 1100円」 
B 「薄切り和牛ステーキ 1200円」
C「パスタ各種(和風パスタ、カルボナーラ、ナスとミートソースetc...5種類ほどで各1000円」
D 「カキとゴボウのカルボナーラ 1100円」
AとDは週替わりメニューとなっている。

んー・・・Aの「ハンバーグ ハヤシソース」は確かに美味しかったのですよねぇ。
しかし、今日は「カキとゴボウのカルボナーラ」が魅力的ですよねぇ・・・
こちらではまだスパゲティは頂いた事はないし、カキとゴボウの組み合わせで和風ではなくカルボナーラと言うのも面白そうだし・・・
何より牡蠣も牛蒡も好きですからねぇ。
と言う事で、Dの週替わりパスタ「カキとゴボウのカルボナーラ 1100円」をお願いした。

いつも通り先に
さらだ
サラダが到着。
これまたいつも通り、カウンターに在るピクルスも頂く・・・
今日は白菜が入ってましたねぇ。
ま、寒くなってくると白菜の美味しい時期ですしねぇ。

サラダをいたd買い終わって待つ事しばし
かる
カルボナーラ到着
スープパスタ並みに、黄色みがかったパスタソースがたっぷりかかっている。
付け合わせはラスクのようなカリカリの状態のバケット。

ごぼう
かき
すぱ
これ、写真では分かり辛いですが、お皿がかなり大きいのでボリュームは他店の1,5倍はあるんじゃないでしょうか・・・
具は牡蠣、牛蒡、ベーコン
カキは中粒くらいのものがゴロゴロと・・・
火が通り過ぎて硬くなってしまう事もなく、プリっとしたベストな食感。
噛めば牡蠣の旨みがにじみ出るジューシーさ。。。

牛蒡も適度な大きさに切られていて、シャキシャキとした食感とカルボナーラソースに負けない牛蒡独特の風味が良い感じですねぇ。
カルボナーラソースも適度な濃厚さでしつこくない。
個人的な好みでいえば、もう少しペッパーの利いている方が好みでは有るのだけれども、余りペッパー入れてしまうと、今度は牡蠣と牛蒡の風味の方がぼやけてしまうのかも知れませんねぇ。
牡蠣は兎も角、牛蒡とカルボナーラの組み合わせってどうなるのだろうと思っていたのだけれども、意外と何の違和感もなくすんなり美味しく頂けた。

デザートは
ぜりー
フルーツゼリー
ゼリーと言うか、結構緩めでゼリー寄せに近い感覚かも。
これも中に刻み入れられた柑橘系の皮の風味が清涼感が有ってさっぱりしますよねぇ。

今日も美味しいランチでありました。

店名 CAFE LEGEND カフェ・レジェンド
住所 横浜市中区常盤町4-52 松むらビル1F
電話 045-641‐7399
営業 ランチ11:30~14:00(ラストオーダー)
    ディナー18:00~24:30(ラストオーダー)
定休 日曜(祝日不定休)
お店Blog(週替わりメニューや営業日変更情報などが載ってます)


ちなみに・・・伊勢佐木裏手にあるフレンチレストラン「ベジタブル・マーケット」さんも祝日にも関わらずやっていたので店頭の週替わりメニューを確認したら、今週は「野菜とベーコンのポトフ 1100円?」だったようです。
またいきなり気温が下がりましたから、ポトフは体も温まって最高でしょうねぇ。

テーマ:今日のランチ! - ジャンル:グルメ

淡路特製定食@星川 とんかつ淡路

さて、今日はバス停「峯小学校前」すぐそばに在るとんかつのお店「とんかつ 淡路」さんへ・・・
こちらへは10月19日にうかがって「メンチ勝カレー 750円」を頂き、その時の印象が良かった事とお品書きの中に在った「味噌勝玉定食 1000円」と言うメニューが気になっていたので、今日はそれを頂こうかと寄らせて貰った次第。

お店に行くと先客はゼロ。
奥のテーブル席に着いて「お品書き」を眺めてみる・・・
やはり目を惹くのは「味噌勝玉定食 1000円」
ただもう一つ、お店の名を冠したメニュー「淡路特製定食 1250円」と言うメニューも気になった。
んー・・・お品書きに「ミックスフライ定食」と言うメニューがない事を考えると、このいかにもサービスメニューぽいお店の名を冠したメニューはミックスフライの定食だろうか・・・

とりあえずご主人がお茶を持ってきてくれたので「淡路特製定食ってどういう内容のものですか?」と尋ねてみたら「ロースの分厚いとんかつです」と仰る。
おや・・・ミックスフライではないのですねぇ。
ミックスフライなら、恐らくは言っているであろう海老フライやアジフライが苦手なので回避仕様と思っていたのだけれども、とんかつですか・・・
それも「ロースの分厚いとんかつ」

「大きい」とか「分厚い」とか、なんとも魅惑の文言ですよねぇ・・・
ちなみにお品書きには「特大ロースカツ定食 2000円」と言うメニューもあるのですよね・・・
んー・・・まぁとんかつ屋さんですからねぇ・・・・
やはり一度はスタンダードにロースとんかつは頂いておきたいところです。
と言う事で、今日は「淡路特製定食 1250円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、豆腐とわかめの味噌汁、とんかつ、漬物。
メインのとんかつは
淡路
特製
こんな感じ。
パッと見、通常のものより確かに大きいけれども、そうびっくりするほどでもないかな?
と思ったら
定食
ご主人のおっしゃる通りにやたらに分厚い。
やや香ばしめにカラっとした揚げ上がりで、カリカリとしたクリスピーな食感の衣をまとっている。
これまたしっかりとした下味が付けられている。
このクリスピーな食感の衣は、とんかつよりもチキンカツの方がしっくりくるかも。

肉は柔らかなのだけれども、やや脂身の比率が高い。
また脂身独特の香りと言うか癖が少し強め。
なので、脂身が苦手な方にはちょっと合わないかも。
まぁ個人的にはとんかつは肉6:脂身4くらいの割合くらいがうれしいとか思っている脂身大好き人間なので、こういうB級なとんかつは大好物なのですが。

まぁ、物がえらく大きいだけに、さすがに最後の方には脂がしつこくなってしまいますか・・・
オプションでおろしポン酢のつけだれなんかが有れば、さっぱりしてもっと美味しく頂けるかも。
なにせこのとんかつ・・・こちらのサイトのお店紹介を見てみると、どうやら300g近くあるそうで・・・・
改めて数字で見るととんでもないボリュームですねぇ・・・
サービスメニューのとんかつでこれだと「特大ロースカツ定食 2000円」の方のとんかつの大きさは一体どれほどなんでしょうね・・・

まぁこの大きさのとんかつの定食が1250円はお得であります。
脂身大好きという方にはお薦めです。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 とんかつ 味の店 淡路
住所 横浜市保土ケ谷区峰岡町1-3-8
電話 045-331-9672
営業 11:00~21:30
定休 火曜
参考サイト
相鉄瓦版 お店周辺情報

テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

上海めん@弘明寺 味のほうさく

さて、今日は弘明寺に在るラーメン店「和風らーめん 味のほうさく」さんへ・・・
前回「さんまーめん 600円」を頂いた時に気になったメニューが有ったので再訪してみた次第。
お店に入ると先客は一組、後から数組のお客さんが見えられた。

とりあえず空いているカウンターの席に着いて、お品書きを眺めてみる・・・
品書
こちらは現在地店舗に移転後、店主が息子さんに代替わりしていたのだけれども、9月末の頃より先代のご主人が復帰され、それを機にほとんどの材料を一新してメニューなども期間限定と言う事ながら色々増えている。
写真のメニューのほかにも「生姜焼き定食 700円?」「もつ煮定食 700円?」「カレー丼 600円」などと言ったご飯ものもある。

さて、今日はと言えば前回来た時に気になっていた「上海めん 700円」一択ですねぇ。
前回は、以前店舗移転前に日替わりメニューとして一時期登場していたのだけれども、当時は終に頂く機会に恵まれなかった「さんまーめん 600円」を頂いたのだけれども、その時にお品書きを見た時に「上海めん」とは何ぞやと気になっていたのですよねぇ。
ので、次にうかがった時にはこれにしようと決めていたのです。
と言う事で「上海めん 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
しゃん
はい
めん
おぉ・・・これまた全く想像外のものが出てきた・・・・
上海めんとは汁そばではなく、焼きそばなのですねぇ。
彩り鮮やかな焼きそばが各皿に盛られ、見た目からして美味しそう。
そもそも上海風と言われてもピンとこない程度の知識しかないので、どういうものを出してくれるのか初手からさっぱり分かってはいなかったのだけれども、まさかこちらで焼きそばを頂けるとは思いませんでしたねぇ。

具はキャベツ、ニラ、人参、タケノコ、きくらげ、しいたけ、もやし、豚肉と具だくさん。
ニンニクと紅ショウガの香りに、香ばしい香りが加わり食欲をそそりますねぇ。
麺は焼きそば用の麺を使ってらっしゃるのかな?
ややもそっとした食感の縮れ麺。
味付けはシンプルに塩コショウが中心で、ニンニクの風味が強め。
そう言えば上海風焼きそばと言えばこんな感じの塩中心の味付けの焼きそばでしたね。

鉄板焼きそばのようなカラっとした仕上がりではなく、中華風焼きそばらしくわずかに汁っ気の出たウェットな仕上がり。
肉も野菜もしっかり炒められて香ばしさが出ていて、シャキシャキとした歯触りも良い感じ。
これはシンプルながらえらく美味しいですねぇ。
まさか、こちらでこんなに美味しい焼きそばが頂けるとは思ってもみませんでしたねぇ。

さて、さすがに一時期は塩ラーメンでは横浜市内では突出したお店として名を馳せていたお店だけあって、結構塩らーめんや塩わんたんめんなど塩系のラーメンを注文される方が多いようだ。
まぁ、確かにこちらの塩って美味しかったですしねぇ。
次回はとりあえず、もう一つ気になっている「たんめん 600円」をいただいて、その後には以前のように「塩チャーシューわんたんめん」に回帰してみましょう。

今日も美味しいランチでありました。

店名 和風らーめん 味のほうさく
住所 横浜市南区通町2-25-1
電話 045-713-4529
営業 11:30~2:30 17:30~売り切れまで
定休 木曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。