塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和風たらこスパゲティ@横浜ポルタ イタリアン・トマト カフェジュニア

さて、今日は一見のお店へ・・・
横浜駅東口のショッピングフロア「横浜PORTA」さんの中にあるイタリアンとカフェなお店「イタリアン・トマト カフェジュニア」さん。
なにせ外は雨模様・・・雨の中外をうろついてお店探しは面倒くさいので、今日はこちらで頂く事に・・・

さて、この横浜PORTAさん、どうやらすべての飲食店でSuicaが使えるようになったらしい。
まぁ、駅ビルですしねぇ・・・電子マネーの使える範囲が広がると言うのは有難い。
って、「カレーハウス リオ」さんや「麺房 八角」さんみたいに食券制のお店はどうなってるんだろう・・・
わざわざ電子マネー対応の券売機を導入したのかな・・・

さて、お店に入ると結構なお客さんの入り・・・
こちらはカウンターで注文・先会計のお店なので、とりあえず空き席を確保してからカウンターへ・・・
いくつか種類があったのだけれども、なんとなく目を惹いたのは「和風たらこスパゲティ 580円」
と言う事で、こちらをお願いして会計を済ませて席へ・・・

待つ事しばしで到着
わふう
たらこ
すぱ
おぉ・・・中々美味し美味しそうな見た目。
和風だしベースのソースとたらこで和えられたスパゲティの上に薄切り玉ねぎと旬菜。
玉ねぎがシャキシャキ感と清冽な風味を残していて良い感じですねぇ。
たらこの粒々感と風味も和風ベースのソースによくなじんでいる。

スパゲティのゆで具合も程よく、ボリュームもそこそこ。
580円でこれなら十分じゃないですかねぇ。
次はトマトソース系のスパゲティで行ってみましょうか。

中々美味しいスパゲティでありました。

店名 イタリアン・トマト カフェジュニア
住所 横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口地下街ポルタ
電話 045-453-6200
営業 07:30~23:00(L.O.22:30) 
定休  無休 
ぐるなび お店情報
横浜PORTA サイト

スポンサーサイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

牛肉焼き刀削麺@長者町 華隆餐館

さて、今日は刀削麺&四川料理なお店「華隆餐館」さんへ・・・
こちらへは今年の6月11日にランチで「担々刀削麺+杏仁豆腐 650円」を頂いて以来なので3ヵ月振りくらいですか・・・
こちらも好きなお店なわりには、なかなか来る機会がないのですよねぇ。

さて、お店に行くと先客は1組、後から数組入ってこられた。
まぁ、車道を挟んで目の前がいつも「何だってこんなに・・・」ってくらいに並んでいる超人気ラーメン店「二郎 関内店」さんだからあまり目立たないけど、こちらも随分とお客さんが入るようになりましたよねぇ・・・
さすがに二郎さんくらい並ぶようになってしまうと、行列が苦手なぼくとしては中々食べる機会を逸し続けてしまう事になってしまうので、今くらいで安定してくれれば個人的にはありがたいのですが・・・

さて、とりあえずテーブル席は空いているので、そちらに席を取って渡してくれたお品書を眺めてみる・・・
こちらにくれば、まず第一選択肢は「麻婆刀削麺 汁無し 900円」なのだけれども、今日はいまいち辛すぎるものを頂こうと言う気分でもない・・・
こちらで辛くないメニューはと言えば「四川炸醤刀削麺 750円」「牛肉焼き刀削麺 900円」「五目焼き刀削麺 900円」「味噌刀削麺 レギュラー価格はは800円」辺りでしょうか・・・

あら?そう言えば「四川炸醤刀削麺」のお値段が前回頂いた時には850円だったけれども、今日渡してもらったお品書きには以前の価格750円に戻っていたような・・・
これだけ価格が下がるって事もなさそうなので、価格改定後の上書き付箋が外れただけかな・・・
さて・・・今日はどれにしましょうか・・・・
四川炸醤刀削麺も美味しかったのだけれども、焼き刀削麺も美味しかったのですよねぇ・・・
まだ頂いていない「五目焼き刀削麺 900円」はたぶん具に海老が入りそうなのでパス・・・
と言う事で、以前一度頂いた事のある「牛肉焼き刀削麺 900円」を大盛+100円でお願いした。

待つ事しばしで到着
刀
削
麺
んー、相変わらずい美味しそう。
具は角切り牛肉、キャベツ、ニンジン、きくらげ
肉
大きく角切りされた牛肉が割にゴロゴロと・・・
キャベツも香ばしさと甘みを出しつつシャキシャキ感もある抜群の炒め上がり。
甘みのある醤油ベースの味付けになっている。
刀削麺も端の部分はピロピロとした舌触り、真ん中辺りはムッチリした噛み応えで食感のコントラストが面白い。
やや油濃いかな・・・

テーブルには胡椒や辣油、酢などの調味料が置かれているのだけれども、以前置かれていた辛子高菜はなくなってるなぁ・・・と思ったら、かkテーブルからは消えたもののカウンターの端にぽつんと置かれていた。
辛子
んー・・・辛そうな見た目と香り。
て言うか、辛子高菜じゃないね・・・
高菜を入れると風味が一変して美味しいのですけどねぇ・・・
まぁ、いっか。。。
高菜
そのままの味付けで少し頂いた後に投入・・・・
って、入れ過ぎた・・・
これがまた小さじ3分の1程度なのだけれども、たったこれだけの量でやや甘めの味付けだった焼き刀削麺を汗をかきながら頂く羽目になるくらいに辛くなる。

いやぁ・・・やはりこちらは美味しいですねぇ。
今度は刀削麺の汁そばの方を頂くとしましょう。
今日も美味しい刀削麺でありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 月曜(最近、月曜もやっている気がするけれど…)
参考サイト



テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

モツ炒め定食@日ノ出町 第一亭

さて、今日は久しぶりに日ノ出町にあるホルモン系充実な中華屋「第一亭」さんへ・・・
こちらへは昨年の9月1日以来なので、約一年振りになりますねぇ・・・
好きなお店なのだけれども、こちらも中々寄らせてもらう機会があまりないのですよねぇ・・・

さて、お店に行くとグループ客が2組ほど。
やや早い時間ではあるのだけれども、すでに飲んで出来上がっている・・・
まぁ、らしい風景と言えばそうなんだけれども。

とりあえず空いているテーブル席に着いて壁張りのお品書きを眺めてみる・・・
まぁ、こちらは中華屋さんではあるのだけれども、やはりこちらに来たらホルモン系を頂きたいところですよねぇ。
前回前々回共に「ホルモン定食 700円」を頂いたので、今日は「モツ炒め定食 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、スープ、モツ炒め、青梗菜サラダ
スープは
すーぷ
前回も前々回はもやしとにらだけの中華スープだったのだけれども、今日のスープはそれに雲呑が加わったものだった。
そう言えば、まだこちらで汁そばを頂いた事はないのだけれども、このスープなら上に中華餡で閉じられた具財の乗った汁そばならかなり美味しく頂けそうだ。
まぁ、機会があったらお願いしてみよう。

メインのモツ炒めは
もつ
いため
こんな感じ。
ホルモン炒めの方はモツとネギを甘辛味噌で炒め和えたこてっちゃん風だったのだけれども、モツ炒めの方は白菜・人参・韮・モツなどの具財をしょうゆベースのタレで味付けしてある。

相変わらず適度にクニュっとした歯応えがありながら、普通に噛みきれる程度のちょうど良い固さで、噛めばモツ独特の脂の甘味と旨みが口に広がって美味しいですねぇ。
モツ独特の臭みもうまく処理してあって、そんなに癖も強くはない。
やっぱり美味しいわ、ここのホルモン・・・
今度は友達と来て色々なものを試してみましょうかねぇ。

今日も美味しい夕食でありました。

店名 第一亭
住所 神奈川県横浜市中区日ノ出町1-20
電話 045-231-6137
営業 11:00~24:00
定休 火曜
参考サイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

ラーメン&チャーシュー丼@真金町 花田軒

さて、今日は真金町、医大通り沿いにある中華屋「花田軒」さんへ・・・
確かこちらが開店してすぐに一度入ったきりだったから、3,4年振りくらいだっけ・・・
開店した当初はラーメン天としての色が強かった記憶が有るのだけれども、いつのまにか中華屋メニューが増えて、今では立派な中華屋さんになったと言う印象のお店。
そう言えば、大通公園沿いの現在はラーメン店「直伝」さんになっている店舗に入っていた「一心ラーメン」さん(なんでまだグルメ情報サイトに店の情報が残っているのだろう・・・)なんかも、ラーメン店としてスタートして、閑古鳥が鳴きまくると中華屋さん方面に舵を切って延命していた。
まぁ、一心さんは持ち堪えられなかったが・・・

実際、今「花田軒」さんの入っている店舗も、花田軒さんが入るまでは結構コロコロとお店が変わっていて、あまり居付きの良くない店舗だった気がする。
5年くらい前には「おせん」さんと言うラーメン屋さんが入っていたが、一年ももたずに閉店してしまった。
そのあとにも同じくラーメン店の「はやし」さんと言うお店が入ったが、これもまた短命に終わった。
まぁ、なんとなくそう言う居付きの悪い店舗ってありますよねぇ・・・

おせんさんは、結構和風なラーメンで、路線で言えば吉野町駅そばにあるラーメン店「流星軒」さんのような感じで、個人的には好きだったのだけれども、短命に終わってしまったのですよねぇ・・・
今なら、もう少し人気が出た系統のお味だったかも知れませんが・・・
その後釜に入った「はやし」さんは、YahooBlog以前に書いていたWeb日記の方を見ると、どうやら2005年の3月5日に食べに行き「黒ニンニクラーメン 650円」を食べたらしいのだけれども、自分で書いた記録を見返してもさっぱり思い出せない・・・
たぶんお店に入ったのはこの一度きりだったのでしょうが、完全に忘却の彼方・・・

そんな店舗に「はやし」さんの後釜に入った「花田軒」さんなのだけれども、路線を変化させつつも、なんだかんだともう4年近くになるんじゃないかな・・・
最初に頂いた時に印象としては、チャーシューが美味しかったような記憶があるのだけれども、あとは取り立てて特徴のないラーメンだったので、それまでの入ったお店の経過を見てもあまり長続きするとは思わなかったのだけれども、意外と頑張っていらっしゃる。
で、今日おは何となく医大通り像を歩いている時に、こちらの店頭に出されている置き看板が目に入り、ラーメンと半炒飯のセットや定食などランチサービスメニューが数種類650円で出されているようだったので、久しぶりに入ってみようと思いたた次第。

さて、お店に入ると先客はゼロで、今日は終始ぼく一人だった。
とりあえずお品書を眺めてみる・・・
品書1
品書2
このお品書きだけみるとラーメン中心のお店に見えるのだけれども、壁にはずらりと中華料理系のメニューが並んでいる。
五目おこげやらふかひれの姿煮など、通常の街中中華ではほとんど見かけないような一品料理メニューまで用意されているらしい・・・
それにしてもお品書の価格改定・・・値上げじゃなくて値下げに踏み切っている辺りが、なかなかの状況の厳しさを物語っている気がしないでもない・・・

さて、ランチメニューを見てみると
ラーメン+半炒飯
ラーメン+チャーシュー丼
レバニラ定食
など4,5種類あり、すべて650円均一となっている。
んー・・・この手のお店の炒飯って割に期待できそうな気もするのだけれども、最初来た時に頂いたチャーシューが結構おいしかった気が・・・
と、しばし検討し「ラーメン+チャーシュー丼 650円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
横
上
叉焼
ラーメン
具はチャーシュー、メンマ、味付け煮卵半個、わかめ、ネギ。
麺は
麺
やや中太の縮れ麺
スープはやや脂っ気が強いものの、いたって普通の中華スープ。
チャーシューは記憶の中のものとは異なり、あまり特徴のないそこそこのものだった。
お店の雰囲気やお出汁になっているメニューから、もう少しっ中華系の香辛料を用いた癖の強い本場系のものが出てくるのかと思ったのだけれども、そう言う感じでもなく万人受けするようなお味。

チャーシュー丼は
焼
豚
こんな感じ。
チャーシュー丼と言うと、こんな感じの白髪葱と細切りチャーシューをタレで和えたものを乗せた丼が出てくるものと想像していたのだけれども、出てきたものはチャーシューに中華餡を掛けたものがご飯の上に乗っている見た目は角煮丼に近いものだった。
ご飯にたっぷり掛った中華餡がやたら美味しそう・・・

一口頂いてみると、これもやはり癖のないと九丼の特徴のない中華案ではあるものの、かなり好みに合いますねぇ。
チャーシューはラーメンに乗せられたものと同じもので、ややこの濃いたれの味付けの中では埋没してしまう感が否めないものの、おまけで付いてくるチャーシュー丼としてはかなり良いですねぇ。
これは半炒飯ではなく、こちらを選んで正解だったかも知れませんねぇ。

中々美味しいランチでありました。

店名 花田軒
住所 横浜市南区真金町1-7
営業 11:00~15:00 17:00~25:00
定休 無休
ラーメンデータベース お店情報


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

塩冷麺+豚丼@関内 R&B

さて、今日は久しぶりに関内の「セルテ」さん裏にある昼はラーメン夜はバーなお店「R&B」さんへ・・・
こちらは一時期立て続けに寄らせてもらったのだけれども、最近はすっかり足が遠のいて5月9日以来と約4ヵ月振りになりますねぇ。

久しぶりにお店の前を通ったので、階段下にあるお品書を眺めたらつけ麺数種類と塩冷麺と言うものが加わっていて、冷麺は9月いっぱいくらいで終了の可能性も高いし久しぶりにこちらで頂こうかと思った次第。
さて、お店に行ってみると12時を少し回った辺りで先客はゼロ、後から数名見えられた。
まぁ、こちらは場所柄平日の方がお客さんが多いのかも知れませんねぇ。

それにしても夜はバーと言うだけあって、相変わらず小洒落た店内・・・
とりあえずカウンター席についてお品書を眺めると「つけ麺と冷麺は9月29日で終了です」と書かれている・・・
あら・・・冷麺だけじゃなくてつけ麺も9月いっぱいで終了なのね・・・
と思ったら、今あるつけ麺「カレーつけ麺」とか「担々つけ麺」とかが終了し、代わりに「鴨つけ麺」と「ボンゴレビアンコ風 海鮮つけ麺」と言うメニューが10月10日から加わるらしい。
なるほど・・・鴨つけ麺は美味しそうですよねぇ。

まぁ、とりあえず今あるつけ麺は9月29日で終了するものの、10月10日からまた新たなつけ麺が登場すると言う事なので、今日無理してつけ麺を頂く事もないか・・・
それ以外にも「豚丼」も9月29日で販売終了との事。
と言う事なれば、今日は「塩冷麺 780円(750円?)」と「豚丼 150円(180円?)」の9月終了メニュー2種を行っておきましょうか・・・
と言う事で、その2種をお願いした。

待つ事しばしで到着
冷
麺
塩冷麺
蒸し鶏、旬菜、白髪ネギ、半熟卵、梅干し、しその実?、プチトマト、氷(たぶんスープを凍らせたもの)が乗せられていて華やかな見た目。
スープは
すーぷ
透明度の高いきれいなスープ。
かなり塩辛い・・・

麺は
めん
中太麺でやや固めに茹でられている上に、冷水でしっかり〆られているので、かなりが知っとした歯ごたえ。
まぁ、正直固過ぎ。

んー・・・基本的なお味は悪くないのだけれども、これまたかなりしょっぱい・・・・
真夏の汗だくになった後なら良いかも知れないけれども、さして汗もかかない今の陽気では、ここまでの塩気は体が求めていない。
旬菜のシャキシャキとした食感、蒸し鶏の風味は良く合っていて美味しい。
梅干しは、こう言うさっぱり系冷麺であれば、梅干しの酸味は良いアクセントになるのだと思うのだけれども、ここまでスープの塩気が強すぎると、酸味を加えてみてもどうだろう・・・
いやまぁ、基本的に梅干しは、ぼkにとってご飯のお供なのですハイ

「自家製 柚子ハラペーニョソース」を加えるとさらに美味しさがアップします的な事が書かれていたので、半分ほど頂いたところで加えてみたのだけれども、元がしょっぱ過ぎてしまっているので、少し辛みが加わった感じくらいでそう大きな変化はなかった。
まぁ、もちろんスープのように飲む事前提のものではなく、あくまでもタレと言う感覚なのだろうけれども、それにしてもぼくの好みからするとちょっと塩辛すぎるかな・・・
夜はバーなだけに、お酒のあて仕様な味付けなのでしょうかねぇ・・・

豚丼は
ぶた
こんな感じ。
150円だか180円のものだけれども、結構ボリュームがある。
横に着いている刻みしょうがの甘味と酸味がちょうど良いアクセントになっていて、これは結構おいしい。
これ9月中で終了ってなんかもったいないですねぇ・・・

ご飯系サイドメニューって「パエリア」可「漬物付き 白ご飯」の2種しかないですからねぇ・・・
10月に入れば、また別のご飯系サイドメニューも登場するのだろうか・・・
パエリアは結構おいしいのですけれどもね。

んー、こちらの最大の当たりメニューは、やはり一番最初に頂いた「MISO Ramen」でしょうか・・・
今冬も、あれを出してくれると良いのですが・・・
て、そう言えば、こちらのメニューはローマ字表記なのに、つけ麺と冷麺はローマ字表記じゃなかったですね・・・
いやまぁだから何?って話ですが。

そこそこのランチでありました。

店名 R&B
電話 045-641-8690
住所 横浜市中区真砂町3-29 2F
営業 月~金11:30~14:30 土曜11:30~18:00 
定休 水日祝(11月から定休日が日曜月曜に変更になるそうです)
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チキンタツタセット@日ノ出町 マクドナルド

さて、こちらは今日のランチネタ。
今日は昨日に引き続き、平日にしか頂けないランチを食べようと言う事で、昨日は「水道工事中」と言う事でお休みされていた吉田町の洋食屋「遊季亭」さんに行ってみたのだけれども、今日もシャッターが閉まっている・・・
時間は11時40分を回ったところなので、開いていないにしろ開きそうな雰囲気はあってもよさそうなのだけれども、どう見てもそう言う雰囲気でもない・・・
んー・・・こちらとは縁が薄いですねぇ・・・

まぁ、開いていないと言うでは仕方がない・・・
さて、どこで頂こう・・・
と思いながら、とりあえず桜木町方面へ・・・
とりあえず、ちぇるる野毛の2階に入っているレンタルDVDとレンタル漫画なお店「POPEYE 野毛店」さんに立ち寄り、借りるものを借りて表に出たのだけれども、なんとなく探して歩くのも面倒くさい・・・

そう言えば「マクドナルド」さんでも平日限定でランチセット出しているらしいし、その上月見バーガーが販売終了まであと何日とかカウントダウンしているのを伊勢佐木店を通り掛かった時に見かけていたので、どうせの事なら月見バーガーでも久しぶりに頂こうかと「マクドナルド 日ノ出町店」さんへ・・・
そう言えば、日ノ出町のお店は初めて入った気がする・・・

さて、お店に行くと待ち客が2,3名・・・
ただ、この人たちはすでに注文と会計を済ませて商品を待っている状態だったようで、待つ事もなくカウンターで注文できた。
早速「月見バーガーのセットはありますか?」と聞いたら「すいません。販売終了しました。」と・・・
んー・・・ついていない時はこう言う事が続きますねぇ・・・
って、大した話でもないんですが・・・

代わりに薦められたのが「チキンタツタバーガー」
マクドナルドさんにはめったに来ないのでよく知らないのだけれども、このハンバーガーは復刻販売らしくて、それも今日からだったそうな。
まぁ、そう言う事なら特にこれが食べたいと言うものもなし、こちらを頂いておきましょう。
と言う事で「チキンタツタ+ドリンクL+ポテトL セット 700円」をお願いした。
ドリンクは、さすがにシェイクはしばらく頂こうと言う気にはならないので、爽健美茶を選択。

さて、待つ事しばしで出来上がり、それを受取って2階の客席フロアへ・・・
って、こちらは伊勢佐木店さんと違ってソファ席が有るのね・・・
居心地と言う意味では、日ノ出町テンさんの方が全然よい感じ。
運の良い事に窓際のソファ席が開いていたので、そちらに席を取った。
12時過ぎと言う事で、後から続々とお客さんがあがってきて込み始めたので、入ったタイミングが良かったですねぇ・・・

さて、セットは
ちきん
こんな感じ。
マクドナルドのポテトって、熱々の時は最高に美味しいですよねぇ・・・
さて、件のチキンタツタバーガーは
たつた
こんな感じ。
「クォーターパウンダー」「てりたまバーガー」のパンズとは全然違うパンズを使っているんですねぇ。

チキンもさすがに熱々だし、キャベツのシャキシャキ感やマヨネーズの風味も良い感じ。
ただ、やはりチキンを使ったハンバーガーと言うなら「KFC ケンタッキー フライドチキン」さん「チキンフィレサンド」の方が好みかな・・・
まぁ、餅は餅屋と言う事なのでしょう。
もちろんお味は悪くなかったですが。

中々美味しいハンバーガーでありました。

マクドナルド サイト

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

サーモンとほうれん草のカルボナーラ タリオリーニ@伊勢佐木 プロント

さて、これは数日前に伊勢佐木モール沿いにある昼間はパスタ夜はバー&居酒屋なお店「PRONT プロント」さんで頂いた時のネタ。
一度頂こうと思って立ち寄ってみたら、結構混んでいた為にその時は回避して、代わりに道を挟んで斜向かいの二回にあるパスタ屋「スパゲティ食堂 ドナ」さんで「半熟卵とサーモンのカルボナーラ ホリデーセット」を頂いたので、そのあとに改めて行き直した次第。

お店に行くと程よい人の入りでソファ席にも空きが有ったので、こちらで頂く事に。
こちらはカウンターで先に注文と会計を済ませるシステムなので、カウンターに向かいお品書きを眺めてみる・・・
こちらは10種類くらいのレギュラーパスタメニューの他に月替わりメニューが3種用意されていて、ぼくは大体その3種から選ぶことが多い。

今月の月替わりパスタは
「サーモンとほうれん草のカルボナーラ タリオリーニ 780円」
「茄子と半熟卵のミートソース タリオリーニ 780円」
「キノコとクルミの大葉ソーススパゲティ 690円」
の3種で、↑2つのタリオリーニと言うのは手打ちの極太パスタの事で、これがまた結構歯触りが良く好みに合っている。

ぱっと見た感じ目を惹いたのは「サーモンとほうれん草のカルボナーラ タリオリーニ 780円」と「キノコとクルミの大葉ソーススパゲティ 690円」
んー・・・くるみが入っていると言うと結構クリーミーなソースと言う気もするけど、大葉ソースならさっぱり系って感じだし面白そうですよねぇ・・・
でもやはりタリオリーニが頂いておきたいか・・・
と言う事で、結局「サーモンとほうれん草のカルボナーラ タリオリーニ 780円」を大盛+150円でお願いした。

待つ事しばしで到着
たり
おり
ーに
これは美味しそうですねぇ。
前回こちらを諦めて行った「スパゲティ食堂 ドナ」さんで頂いたのは「サーモンと半熟卵のカルボナーラ」で、同じカルボナーラだったのだけれども、やはりカルボナーラみたいなクリームソース系には、この極太のパスタが合う気がしますねぇ。

さすがにモチモチっとした食感で、やはりこのパスタは好きですねぇ。
カルボナーラソースは変哲もない凡庸と言えば凡庸なものだけれども、サーモンの塩気と風味が加わって良い感じ。
大盛でお願いしてあったので、ボリュームもそこそこ。

ファミリーレストランはともかく、パスタの専門店で頂くとチェーン店でも普通に1000円オーバーなお店が多い事を考えれば、手打ちのパスタをつかって800円以下は良心的ですよねぇ。
お味も意外としっかりしていて美味しいし、格安パスタのお店「スパッソ」さんが消えてしまった今となっては、パスタが頂きたい時に非常に重宝なお店であります。
今月中に行ける機会があれば、今度は「キノコとクルミの大葉ソーススパゲティ 690円」を頂いてみる事にしましょう。

美味しいスパゲティでありました。

店名 PRONT エクセル伊勢佐木モール店
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-7-1 エクセル伊勢佐木1F
電話  045-232-8615
営業 平日 カフェ 9:00~17:30  バー 17:30~22:00
     (土曜は7:00~  日祝は8:30~)
定休 第2月曜
PRONT サイト

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

イョミスタ@関内 スパルタ

さて、今日は蓬莱町にあるギリシャ料理の店「SPARTA スパルタ」さんへ・・・
何年振りだろう・・・こちらランチが凄く美味しいのだけれども、何せ月曜~金曜までの平日にしかやってらっしゃらないので、なかなかランチを頂く機会がないのですよねぇ・・・
夜の時間帯も美味しいし、さほど高くはないのだけれども、基本一人飯の多いぼくはやはりなかなか来る機会がない・・・
たぶん夜は3年振りくらい、ランチに至っては4,5年振りじゃないかな・・・

当初海外旅行に行くつもりで夏季休暇を使っていなかったのだけれども、なんとなく航空券の手配をしないどころか行き先すら決め兼ねて、ズルズルと9月も後半に来てしまって、まぁ今夏は別に無理して行く事はないかなぁ、と・・・
と言う事で、有給じゃあるまいし6月1日から9月末日までに使い切ってしまわないと自然消滅してしまう夏季休暇の消化で今週丸々休む事にしたので、こう言う時でないといけないお店に行く事に・・・

さて、そんな感じで、一番最初に思い出して行ってみたのは吉田町の洋食屋「遊季亭」さんだったのだけれども、店頭のボードに「只今水道工事中です」の無情な告知が・・・
同じ建物の上の階にはタイ料理のランチバイキングをやってらっしゃる「ピー」さんがあるのだけれども、こちらは土曜日もやってらっしゃるので、今日無理に入る事もない・・・
それじゃあどこに行きましょうかと思ったところで思い出したのが、こちら「スパルタ」さん。

そんなこんなで、お店に向かったのだけれども、これまた途中で魚の美味しい「どんぶらー」さんを通り掛かったので、こちらも随分と来てないしどうしよう・・・とは思ったものの、表に出ているランチのお品書きには「あん肝」の文字はなく、他もホウボウの定食など美味しそうなものはならんdねいたのだけれども、今日は良いかな・・・と思いスルーした。
まぁなんだったら明日行けば良いだけですしねぇ。

と言う事で蓬莱町にあるギリシャ料理のお店「スパルタ」さんへ・・・
お店に入ると先客はお一人だったのだけれども、こちらのランチは人気が高いらしく、そのあとから続々とお客さんが入ってこられた。
カウンター席に着き、渡されたお品書きを眺めてみる・・・
お品書きは
品書
こんな感じ。
以前頂いたランチはラムのトマト煮込みかなんかだった気がするのだけれども、今日はラムはない。
Cコースの「パスティチョ 1000円」と言うのは夜来た時に頂いた気がする。
目を惹いたのはAコースの「赤魚のオーブン焼き 1000円」とBコースの「イョミスタ 900円」
「イョミスタ」と言うのは「ピーマンとトマトの米肉詰め」と説明されていて、これはかなり魅力的・・・
魚も良いけどピーマンも良いなぁ・・・と健闘した結果「イョミスタ 900円」をお願いした。
こちらのランチには、スープ・サラダ・パン・ドリンクが付くとの事。

と言う事で、先にスープとサラダが到着
すーぷ
見た目は野菜の入ったコンソメスープなのだけれども、これまた独特のスパイスが利いていておいしい。
なんのスパイスだろう・・・インドカレーにも使われている香辛料だと思うけど・・・・

さらだ
サラダ
細かく刻まれた野菜とカッペリーニだっけ?極細パスタ(そうめんじゃないよね、これ…)をオリーブオイルなどで和えたもの。
これもまた結構おいしい。

パンとメインも到着
ぱん
熱々のバケットに、ガーリック風味のヨーグルトかな?がつけられている。
これも良い感じにさっぱりしていて美味しいですねぇ。

メインは
めいん
こんな感じ。
付け合わせあげたジャガイモ、いんげん、ニンジンのグラッセ。
さて、件のトマトとピーマンは
ぴーまん
とまと1
とまと2
こんな感じに、中に味付けされたひき肉とライスが詰められている。
松の実なんかも入っていて美味しいですねぇ。
ピーマンはしっかり日が通されているので独特の苦みはなく甘みと香ばしさが有り、トマトの方は程よい酸味と甘みが出ている。
両方ともえらく美味しい。
て言うか、えらく手の込んだ料理なのに、これでランチとはいえ900円とは・・・

んー、やはりこちらは美味しいですねぇ。
おまけに、それぞれ手の込んだスープやサラダがつき、パンだってこれまた手の込んだディップペーストをつけてくれるし、その上ドリンクまで付いて1000円以下なのだから、えらくお得でありましょう。
土曜日にランチ営業されていなくて、なかなか頂く機会が得られないのが残念ですねぇ・・・

今日も美味しいランチでありました。

店名 SPARTA スパルタ
住所 横浜市中区蓬莱町2-6-8
電話 045-253-1645
営業 11:30~13:00(月~金のみ) 17:00~23:00
定休 無休(て言うか不定休かな?)
ぐるなび お店情報
お店サイト(音が出ます)

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

ハンバーグ オニオンソース@白妙町 ランプポスト

さて、今日は白妙町の住宅街の中にある洋食屋「レストラン ランプポスト」さんへ・・・
こちらへは2007年9月27日以来と言う事になるので、約2年振りになりますねぇ。
前回頂いた「ハンバーグ マッシュルームソース」は好みに合ったお味だったのだけれども、中々再訪させてもらう機会がなかったのですよ・・・

なんとなくハンバーグが食べたいと思い立ち、外に出た時にこちらのお店を思い出したのだけれども、なにせ連休中・・・
たぶん開いてないだろうなぁ・・・と初手から半分諦めつつ、もし開いてなかったら横浜橋にある喫茶&洋食屋な「樹林」さんかマグロ専門店のやっているマグロ丼のお店「宝水産」さん辺りの休日でもやってそうなお店が近くにあるからと、とりあえず確認・・・

お店に行ってみると祝日なのに普通に開いていた。
ちなみにお店近くの中華料理屋「うらふね」さんや和定食の「伊勢屋」さん、蕎麦の「一二三屋」さんナン化も営業しており、さすがに連休最終日ともなるとお店をあけている所も結構あるようだ。
とは言え、今日の目的は「ランプポスト」さん・・・

と言う事で、店内へ・・・
お店の作りはカウンターがあったりして喫茶店の作りに近いのだけれども、各席に置かれた椅子がフレンチレストランとか割に高級なお店に置かている背もたれのやけに高い椅子だったりして、お店の人も当初高級路線と言うか、そういう雰囲気のある店づくりを目指したんだろうなぁ、と言う感じ。
まぁ、実際のところ夜のメニューはハンバーグやステーキ類が多くそろえてあったと思うけれども、1000円スタートくらいなのでそう高くもないし、ゆったりした空間で頂ける。

さて、席に着くとランチメニューを持ってきてくれたので眺めると
「日替わりセット 850円」「ハンバーグ 白ゴマソース 850円」「ハンバーグ オニオンソース 900円」「ドライカレー オムレツ添え 850円」「パスタ(生ハムetc...3種類)850円」と言った感じ。
おみせのかたにひがわりせっとのないようをきいてみたら「日替わりは平日のみで・・・」とのご返答。
んー・・・そうするとぱっと見目を惹くのは「ドライカレー オムレツ添え」か「ハンバーグ オニオンソース」の二択ですかねぇ・・・

「ハンバーグ 白ゴマソース」も美味しそうではあるのだけれども、なんとなく甘い味付けのような気がして今日の気分には合わない・・・
こちらは夜のメニューにはカレーが数種類置いてあって、結構カレー推しな感じも有った気がするので、ドライカレーも魅力的ではある・・・
でもまぁ、なんとなく肉って気分でもあるし、ハンバーグは前回頂いて結構好みに合っていた気もするしで、今日は「ハンバーグ オニオンソース 900円」をお願いした。
まぁ、オニオンソースの横に書かれた「ボイルドエッグ乗せ」と言う文言が決定打でありました。

注文をすると、さっそく向こうの方からぺたぺたぺたぺたとハンバーグの肉タネを成型する小気味よい音が聞こえてくる。
暇だったので、入り口横に置かれたマガジンラックから雑誌を一冊・・・
「女性自身」だったか・・・まぁ、いわゆるゴシップ誌。
この手の雑誌の面白みはいまいちよくわかりませんねぇ・・・
などと思いながらも、とりあえず雑誌を眺めつつ待つ事しばしで到着
せっと
ライス、スープ、ハンバーグ
スープはカット野菜の入ったコンソメスープ。
変哲もないけれども、結構優しい風味で好きなお味。

メインプレートは
おに
こんな感じ。
ハンバーグとドレッシングのかかったレタスサラダ、ポテトサラダも乗せられている。
ハンバーグは
おん
にく
こんな感じ。
上にはボイルドエッグが乗せられている。
ハンバーグは小判形にきれいに成形されたもので、やや肉々強い感じを残したしっかりした食感。
こちらのハンバーグも、何か色々なスパイスを入れてあるのか、この辺ではあまりない風味のハンバーグと言う気がする。

ソースは刻み玉ねぎがたっぷり入ったオニオンソースで、ぼくの好みからするとやや塩気が強いけれども、ご飯と合わせて頂くにはこのくらいの方が良いとお言う方もいるでしょうね。
玉ねぎの清冽な風味が若干残っていて、これはこれで結構おいしい。
ボイルドエッグは、割っても黄身が流れ出したりする事がない程度のやや固めの茹で上がりの半熟卵状態で、もう少しゆるい茹で上がりだとソースに君が混ざって塩気なども丸くなったかも知れない。

ハンバーグ自体はかなり好みに合っているので、今度は白ゴマソースも試してみたいですねぇ。
と言うか、夜のメニューにはもう少しいろいろなハンバーグソースが用意されていたような気がするので、これからは時折寄らせて頂きましょう。
中々美味しいハンバーグでありました。

店名 ランプポスト
住所 横浜市南区白妙町3-38
電話 045-2525903
営業 11:30~14:30 17:00~21:00
定休 日・祝
お店地図

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

叉焼と韮の卵とじ定食@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は長者町にある中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
こちらに行く前に福富町の老舗洋食屋「イタリーノ」さんも見てみたのだけれども、12時少し回った辺りで表に数名・・・
12時開店で一回転目のお客さんは入った後のようだから、この列に並んでもお店に入れるのは20分30分後と言ったところなので、こちらでの数年振りのランチは諦めた。
まぁ、ボリュームは凄いし、お味も結構好きなんだけれども、どうしてもこちらのランチの時間帯はどうも忙しない感じですしねぇ・・・

と言う事で、龍鳳閣さんに向かう事に・・・
龍鳳閣さんには「台湾菜館」さんのある角を曲って歩いて行ったのだけれども、その角を過ぎたところにある自販機に「Ambasa アンバサ」の350ml缶が・・・
あら・・・まだ売ってたのね、これ・・・・
この前友達が来た時に「マウンテンデュー」を持ってきてくれて、その時になんとなく「メローイエロー」と共に思い出した名前だったのよね・・・
意外と簡単に見つけてしまったけど、この調子でいけばメローイエローも復刻販売と化されているんだろうか・・・

さて、そんな事を考えつつ「龍鳳閣」さんへ行くと、休日でも問題なく開いていた。
たまには表のランチメニューのボードから選んでみようかな?と思って見てみると
1、咕老肉(スブタ)
2、叉焼と韮の卵とじ定食
の2種で、どちらの定食も600円
「咕老肉(スブタ)」は7月に頂いているし、何せこちらのチャーシューは絶品であって、その上それが卵とじの定食になっていると言うならぜひ頂きたい。
と言う事で、先客はいらっしゃらなかったのでいつもの席に着き、今日は「お品書き」も眺めずに「叉焼と韮の卵とじ定食 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、中華スープ、メイン、漬物のセット。
メインの叉焼と韮の卵とじは
にら
玉子
叉焼
こんな感じ。
以前こちらで頂いた「天津麺」「天津」のようにオムレツのような状態なのかなと想像していたのだけれども、スクランブルエッグのような感じだった。

細切りされた絶品叉焼がこれでもかとばかりにたくさん入っている。
卵もふんわりと仕上がっていて、韮もシャキシャキとしている。
叉焼の塩気の分も考えられた味付けなのか、良い塩梅の味付けになっている。
これまたご飯が進みますねぇ。
叉焼の脂身なんか旨みが凝縮されてて最高ですねハイ
これで600円だと言うのだから相変わらずコストパフォーマンスの良いお店だ・・・

さて、今日は祝日なのだけれども、お店の方に聞いたら「うちのお休みは日曜だけ。祝日はやります」とのご返答。
あれまぁ・・・それも大変な事ですが、ぼくの後にもお客さんが数名見えられていたから、あけてくれないと困ると言うご近所の方もいらっしゃるんでしょうね。
今日も美味しいランチでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
定休 日曜
なびかな お店情報


テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

ホリデーセット 半熟卵とサーモンのカルボナーラ@伊勢佐木 スパゲティ食堂 ドナ

さて、今日は伊勢佐木モール沿いにあるスパゲティ専門店「スパゲティ食堂 ドナ」さんへ・・・
こちらへは去年6月に「ダブルチーズのミートソーススパゲティ」を頂いて以来と言う事になりますねぇ・・・
まぁ、スパゲティ自体あまり食べる機会も多くない上に、この辺でイタリアン的なパスタ料理を頂くなら同じくモール沿いの「プロント」さんか、あるいは「クチーナ・ランパ」さんが第一・第二選択肢になりますしねぇ・・・

今日も「プロント」さんで9月限定の「サーモンとほうれん草のカルボナーラ タリオリーニ 750円」と言うやつを頂くつもりだったのだけれども、ちょうど昼時で間が悪く空き席がなさそうな感じだし、仮にあってもゆったり自分のペースで食事できる雰囲気でもなかったので、今日はあきらめる事に・・・
こちらの月替わりメニューでたまに出てくる「タリオリーニ」と言う、うどん並みにぶっとい生パスタが好きなので、そのパスタを使った「ほうれん草とサーモンのカルボナーラ 750円」は期間内に頂いておきたいのですけれどもねぇ・・・

さて、松坂屋西館(て、さすがにもうこう言う名前じゃないのか・・・)に入っている「プロント」さんが選択肢から外れたとなると、ここから「クチーナ・ランパ」さんまで行くのは、ちとめんどい・・・
その上、クチーナ・ランパさんには昨日もふられていて、今日もお店が開いているという保証もない・・・
んー・・・なんとなく気分的にはスパゲティになってしまっているしと考えつつ少し戻ったところで、こちら「スパゲティ食堂 ドナ」さんがあり、店頭のメニュー票を見ると「ホリデーランチ」なるパスタ+デザート+ドリンクのセットがあるようだし、パスタの種類もぱっと見5,6種類は有ったようなので、今日はこちらで頂く事にした次第。

階段を上り店内へ・・・
最初は3,4割程度のお客さんの入りだったのだけれども、やはり昼時と言う事もあり、後から続々と結構多くのグループのお客さんが見えられた。
禁煙席をお願いするとカウンターかテーブルかを選ばせてくれたのでテーブル席へ・・・
とりあえず、席に着いてホリデーセットの「お品書き」を眺めてみる・・・

どうやら連休中は10%OFFのサービス中らしい。
ただ、伊勢佐木店の価格は、このお店サイト掲載の価格から100円増しの価格に設定されている。
目を惹いたのは、先ほど食べ損ねたカルボナーラ・・・
と言う事で「半熟卵とサーモンのカルボナーラ」+「ダージリンアイスティ」+「デザートプレート」の「ホリデーランチセット 1080円(税込1134円)」をお願いした。

待つ事しばしで到着
玉子
鮭
すぱ
半熟卵とサーモンのカルボナーラ。
スパゲティは生パスタを使用との事。
とはいっても、別に手打ちパスタではないので、乾麵パスタと比べて少しもちっとした感じはある気はするものの、そんなに大差はない。
断面が丸く機械的に滑らかなせいだろう・・・

さて、お味の方はと言うと、これが結構濃厚で美味しい。
濃厚でやや甘めなカルボナーラソースにぴりっとした黒コショウが振られ、そこにちょうど良い塩気のサーモンの風味が加わり、これはかなり好みに合っている。
ただ、半熟卵はぼくにはくどすぎたかな・・・
粉チーズもふられているようだし、元々かなり濃厚なお味に仕上がっていますからねぇ・・・
そもそも、生卵と半熟卵は、ぼくにとってはあくまでもご飯のお供なのですハイ

スパゲティを板d買い終わると、デザートプレートとドリンクが到着
お茶
ドリンクはアイスダージリンを選択したのだけれども「ドリンクは先で良いですか?」と注文時に利かれていたのでデザートと一緒に出してもらうようにお願いしてあった。
デザートは2種
ぱんな
パンナコッタと
てぃら
ティラミス
まぁ、両方とも定番のデザートですねぇ。
おまけにしては、両方ともそこそこ美味しかったですハイ

まぁ、これで1100円オーバーですからサラダとデザートが付いたパスタランチが1100円で頂ける「CAFE LEGEND」さんあたりと比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまいますが、割にゆったりした雰囲気の中で食事ができる事を考えれば悪くはないかと。
平日のランチだと800円くらいからあるみたいですしねぇ。
中々美味しいカルボナーラでありました。

店名 スパゲティ食堂 ドナ
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-6-6  勉強堂ビル2F
電話 045-260-2190
営業 11:00~22:00
ぐるなび ドナ伊勢佐木店情報
お店サイト



テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

久しぶりに

友達と会って焼肉なんぞに行ってきました。
伊勢佐木モールから日ノ出町駅寄りに進んだところにある「大名城」さんと言う居酒屋兼しゃぶしゃぶと焼肉のお店。
2時間焼肉食べ放題3000円くらいと飲み放題1000円くらいだったかな・・・
いやぁ・・・さすがに若いころのようにはもう量は大して食べれないですねぇ・・・・
て言うか、焼肉自体ずいぶん久しぶりに食べた気がする。

帰りがけに、なんとなくマクドナルドに立ち寄って、これまた久しぶりにバニラのマックシェイクを購入し飲みながら帰ったのだけれども、いやこれもまた甘くて甘くて・・・
子供の頃、どうしてこんな甘過ぎるものが好きだったんでしょうね・・・
子供の頃、お茶やお水にお金を払うなんてばかばかしいとか考えていたけれど、今じゃジュースを買うくらいならお茶の方が良いですね・・・

この友達とはもうずいぶん長い付き合いだ・・・
なにせ最初に出会ったのは小学一年生の時なのだから、かれこれ30年になる。
ぼくのような対人接触が壊滅的なほどに拙い人間に、良くも30年も付き合ってくれたものだ。
こう言う存在は凄くありがたいし、心より感謝している。

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

皮付焼豚丼@伊勢佐木 山海楼

さて、今日おは一見のお店へ・・・
伊勢佐木から福富町側に少し入ったところに在った老舗中華料理店「養成軒」さんが閉店し、その後釜にできた中華料理店「山海楼」さん。
後釜って言うか、養成軒さんって数年前に身売りをして、その経営を引き継いだ企業がしばらく養成軒さんの名前で経営した後に新ブランドのお店に変更したと言うのが本当のところらしい。
なので、先週通り掛りに頂いたお店のチラシには「新生の養成軒」の文字が有る。

さて、そのチラシを頂いた時に、ちらっと店頭にあるランチメニューを見たら、どうやら680円くらいの定食が中心で、それはスタンダードなメニューばかりでさほど変わったものはなかったのだけれども、ご飯ものも用意されていて「叉焼丼」やら「蒸し鶏ご飯」などが目を惹いた。
まぁ、その時は他処で頂いた後だったので、チラシだけ頂いてはいらなかったのだけれども、なんとなく気にはなっていた。

とは言え、最初からこちらに行こうと思っていた訳ではなく、最初は「クチーナ・ランパ」さんでパスタなぞを頂こうかと思って行ってみたのだけれども、ちょ王ど神輿が通り掛かるところで人があふれ、その上お店はシャッターは開いていたのだけれどもランチ営業をされている様子がない・・・
と言う事で、関内方面へ向かいつつ、どちらでランチを頂こうかと思っていた時にこちらの存在を思い出して行ってみる事にした次第。

さて、お店に行くと結構お客さんが入り賑わっている感じ。
店内に入ると「カウンターにどうぞ」とカウンター席へ・・・
って、カウンター席作ったのか・・・以前の内装とは全く違った感じになっている。
ランチ時と言う事もあり、続々とお客さんが入り2階席も満席になったか、入り口横の椅子に座って待つお客さんも数名でるくらいの状態だった。

店員さんはとっつきやすく丁寧だが、如何せん客の人数と調理や店内スタッフの数が明らかに見合っておらず、かなりのてんてこ舞い振りで大変そうだ。
お品書きをもらおうにも、新たに入ってくるお客さんの対応やら配膳やらお会計やらで傍目にも気の毒なくらいの忙しさだ・・・
まぁ、それでも丁寧さを出来るだけ崩さないようにしているところはプロですねぇ・・・
つーか、この辺は経営者側がもっと新規開店後のご祝儀集客を事前に考え対応すべきところなんだろう、普通は。

と言う事で、ようやっとお品書を渡してもらう。
いやまぁカウンター席が5,6席はあるのに、そこにお品書きを置いてないのもミスだが。
品書1
ランチのお品書きはこんな感じ。
表で見たら色々あったような気がした定食類は日替わり1種、定番3種の4種類のみらしい。
ライスお替り自由、小皿、スープ、漬物、デザートが付いて680円。
まぁ、やっぱりあまり面白みのあるメニューはないですねぇ・・・
で、ご飯ものと麺類のランチメニューは
品書2
こんな感じ。
なんか不思議だ・・・
「焼鴨飯」が「カルビ丼」と訳され「皮付き焼豚丼」の中国語表記は「焼肉飯」になっている。
焼鴨飯には興味有るけど、カルビ丼には興味ない。
皮付き焼豚丼は美味しそうだが、焼肉飯なら別に・・・
と言う感じ・・・

んー・・・結構鴨推しと言う感じを受けていたのだけれども、カルビ丼と併記されてしまうと非常に微妙ですねぇ・・・
間違いなさそうなのは「叉焼飯」でしょうか・・・
しかし「皮付き焼豚丼」もめちゃくちゃ美味そうだ・・・
7番の「元祖沙馬麺 530円」と言うのは飛び抜けて安く、字面からサンマー麺を想像したのだけれども、通常営業用のお品書きには「生馬麺 500円」と言うメニューがきちんと有った・・・
なぞだ・・・
さて、どれにしようか悩んだ挙句「皮付き焼豚丼 730円」をお願いする事に。

ちなみに、通常営業時間帯のお品書きも見てみたら、390円均一メニューが多く用意されており、麺類は叉焼麺や生馬麺など500円からあるし、ご飯ものも780円とランチ価格とそう差異はない。
養成軒時代に比べればやや本格中華的なメニューが増え、価格が抑えられたという印象。
焼鴨や叉焼等の焼き物もお店の売りのようだ。

待つ事しばしで到着
せっと
皮付き焼豚丼とスープ。
スープはとろみの付いた中華スープになめこやニンジン、角きり豆腐などが入っていた。
つーか、漬物やデザートはどこ行ったんだ・・・
つかないのかと思ったら、食べ終わったころに隣のお客さんに来たご飯ものにはちゃんと着いてたぞ。。。

それはともかく
焼1
焼2
ぶた
メインの皮付き焼豚丼
見た目は割に本格派だけれども、ややぱさ付いた感じ。
少し発覚などのスパイスの香りはするけれども、これもまた日本人向けに抑えてある感じ。
香ばしさの出た焼豚はかなり美味しい。
見た目はぱさ付いた印象だったけれども、意外とそうでもなく美味しいものだった。

お味自体は、なんとなく中華街に最近乱立している大手資本のお店にありがちな良くも悪くも本格中華メニューを日本風アレンジにしてみましたと言う感じ。
もっとアクの強い独立系のお店のお味が好きな人からすれば、やや物足りなさを感じるでしょうね。
ただ、これで通常営業時間帯でも800円以下で頂けるのは、かなりお得かも。
まぁ、ランチだと価格も内容も特徴がなくて、他の選択肢に埋没する感じではあるけれども・・・

まぁ、次は夜の時間帯に入って、もう少し余裕のある雰囲気の中で頂きたいものです。
叉焼飯なんかは試してみたいですしねぇ。
中々悪くないランチでありました。

店名 山海楼
住所 横浜市中区伊勢佐木2-9-1
電話 045-251-4152
営業 平日11:00~15:00 17:00~23:00 土・日・祝11:00~23:00
定休 月曜 
新世紀商事グループ サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ポークソテー カレーソース@関内 CAFE LEGEND

さて、今日のランチは馬車道から細いわき道にそれた目立たない場所にあるフレンチレストラン「CAFE  LEGEND」さんへ・・・
こちらへは5月16日以来4ヵ月ぶりと言う事になりますねぇ・・・
今日は大通公園沿いの人気店「ショー・ラパン」さんのランチが「タンドリーチキン」だそうで、ショー・ラパンさんで頂く事も考えたのだけれども、なんとなく気になって「CAFE LEGENDさんのBlog」で今週のランチを見たら「ポークソテー カレーソース」とあり、どちらに行くかちょっと悩んだ挙句、今日はCAFE LEGENDさんへ行くことに・・・

まぁ、ショー・ラパンさんほどではないにしろ、CAFE LEGENDさんも人気店で、最近は土曜日のランチ時には外で並んで待っているお客さんの姿も普通になってきているので、もし外で待つようなら馬車道沿いの「喫茶 ポニー」さんで土曜日限定のオムライスを頂く事にすれば良いですしねぇ・・・
さて、お店に行ってみるとちょうど開店間もない時間だったのだけれども、空き席は2つ・・・
ぼくのすぐ後に二人組のお客さんが見えて外で待ち始める状態だった。
いやぁ・・・少し早めに家を出ておいてよかった・・・・
結局その後続々とお客さんは見えて、ぼくが出る頃には外で結構な人数が御待ちになっていた。

さて、席に着いてランチのお品書きを見せてもらうと、今日のランチは
Aランチは週替わりで、今週は「ポークソテー カレーソース 1100円」
Bランチは「和牛薄切りステーキ 1200円」
Cランチは「パスタランチ 1000円」(和風パスタ・カルボナーラ・なすとミートソースetc・・・)
Dランチは期間限定パスタで今日は「エビとスモークサーモンのトマトクリーム 1100円」
となっている。
んー・・・やはり今日はAの「ポークソテー カレーソース 1100円」が一番目を惹きますねぇ。
と言う事で、それをお願いした。

先にサラダが到着
さらだ
ちょっと酸味の強いドレッシングが掛っている。
ちなみに、カウンターには
酢漬け
ダイコンやニンジン、キュウリ、セロリなどのピクルスがご自由にと言う事で置かれている。
初めて頂いてみたら、好みの漬かり具合で中々美味しかった。

さて、しばらく待ってメインも到着
ぽーく
そてー
にく
ポークソテー カレーソース
ポークソテーは香ばしさが適度に出ていて、厚みが有り結構なボリューム感ながら柔らかく肉汁たっぷりな単体でも十分美味しいもの。
カレーソースの方は小さな角切りのジャガイモやニンジン、玉ねぎなどがたくさん入っていて、スパイシーな感じがありつつレーズンが入っているので結構甘め。

やさい
付け合わせはポテトやナス、青菜やベーコンのソテー
て言うか、毎度思うのだけれども、こちらは付け合わせも凄く美味しいのですよね・・・

パンかライスを付けてくれるので
ぱん
パンを選択。
バターも付いてくるのだけれども、カレーソースをつけて美味しく頂いた。

デザートは
みるく
ぷりん
ミルク風味のババロアの上にカットフルーツが乗せられたもの。
適度な甘みと滑らかな舌触りで、これまた美味しい。

このお味と内容で1100円はお安いですよねぇ。
一度は夜にも来てみたいとは思うものの、お酒を嗜まないぼくにはハードルが高い・・・
さて、連休中(どうやら、この連休はシルバーウィーク言うらしい…)は21日・22日の月曜日・火曜日は通常営業で23日水曜日はお休みされるとの事。
興味のある方は「お店のBlog」でランチメニューをチェックされてから行かれるとよいかと。

今日も美味しいランチでありました。

店名 CAFE LEGEND カフェ・レジェンド
住所 横浜市中区常盤町4-52 松むらビル1F
電話 045-641‐7399
営業 ランチ11:30~14:00(ラストオーダー)
    ディナー18:00~24:30(ラストオーダー)
定休 日曜(祝日不定休)
お店Blog

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

生馬麺+半炒飯@前里町 華福酒家

さて、今日は一見のお店へ・・・
先週、かき揚げ丼を頂いた前里町のうどん・そばなお店「めん坊 Ben天」さんに行く途中に通り掛かり、ちょっと気になっていた中華料理店「華福酒家」さん。
場所は平戸桜木道路沿い、黄金町駅の交差点からやや井土ヶ谷寄りに行ったところ。

さて、お店に入ろうとしたところ、ちょうどご主人がおかもちを持って外に出るところに鉢合せ。
あら・・・どうしようと思ったのだけれども、ご主人が「どうぞ」と言ってくれたのでそのまま店内へ・・・・
ご主人が「すいません、ちょっとすぐに戻ります。」と言う事で、お品書き謎を眺め、何にしようかしばし検討・・・
お品書きは
品書1
品書2
こんな感じ。
これ以外に壁張りの短冊に「あんかけ炒飯 880円」「ラーメン+半炒飯 700円」「丼・炒飯には+230円で反ラーメンか半雲呑つけられます」と言ったお品書きには出ていないメニューも有った。

目を惹いたのは「あんかけ炒飯 880円」「生馬麺 580円」「上海炒麺 780円」など・・・
んー・・・どれも美味しそうなんですが、どれにしましょうかねぇ・・・・
なんとなく炒飯と麺類両方頂いてみたい・・・
しばらくすると御主人がお戻りになったので「サンマー麺に半炒飯ってつけられますか?」と尋ねたら「出来ます」とのご返答。
どうやら麺類には+200円で半炒飯はつけてもらえるようなので「生馬麺+半炒飯 780円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
炒飯
半炒飯
具は叉焼、ネギ、玉子、味付けは塩胡椒+化学調味料中心と、具も味付けもいたってシンプル。
半人前ではあっても、ちゃんと最初から鍋を振って作ってくれた。
特別なものではないけれども、味付けのバランスが良く結構好み。

どん
さんま
めん
生馬麺
丼が他店のものより一回り大きい感じで、それに合わせてボリュームも他店よりも多い気がする。
具はキャベツ、モヤシ、ニンジン、青菜、豚小間、玉ねぎ。
こちらのお店のサンマー麺は白菜ではなくキャベツなのですねぇ。
なので、白菜よりもしゃきいしゃきした歯ざわりですハイ。
麺は細めのストレート。

スープは鳥ガラベースのスタンダード中華スープで、好みからすればやや塩気が強いけれども、これまた意外なほど美味しかった。
癖のない程度に中華系のスパイスの風味を感じた気がしたけれども、その他は何かが特別って訳でもなさそうなんだけれども、久しぶりにこれは美味しいと食べた瞬間思えたサンマー麺でしたねぇ。
このスープがベースなのだから汁そば類は何を頂いても外れはなさそう。

んー、ここもまたいろいろなメニューを頂いて見たいですねぇ。
美味しいサンマー麺でありました。

店名 華福酒家
住所 横浜市南区前里町2-31
TEL  045-242-2357
営業 11:00 ~ 22:30
定休 毎週水曜日
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

鶏と厚揚げの中華風味噌煮込み定食@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日の夕飯は長者町にある中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
何を頂いても美味しいうえに、まだまだ引き出しが多そうなこの店・・・
最近すっかり週一ペースで寄らせて頂くようになってますねぇ。
さて、お店に行くと夜営業開始まもなく入った事もあり先客はゼロ。

席に着いて「お品書き」を眺めつつ、今日は何を頂こうかと、しばし検討・・・
ご主人が出てこられたのでご挨拶すると「鶏の煮込みの定食なんてどうですか?」と言ってくれたので、肉の中で一番好きなのは鶏肉でもあり、美味しそうだったのでその定食をお願いする事に。
「中華風の味噌を使ってみますけど大丈夫ですか?」とわざわざそのお味噌を持ってきてくれたので香りをかいでみたら独特の良い香りでこれまた美味しそうだったので、このお味噌を使った煮込みにして頂く事に。

待つ事しばしで到着
定食
ごはん、煮込み、スープ、ザーサイのセット。

煮込みは
中華
味噌
煮込
鶏肉と厚揚げの中華風味噌煮込み。
ちょっと台湾料理で使われるような独特なスパイスの風味が癖のない程度に利いていて、ややピリ辛のお味に仕上げてある。
これはまたご飯が進むお味ですねぇ。

大ぶりに切られた厚揚げに良い感じにたれがしみ込んでいて目茶目茶美味い。
鶏肉も適度に皮が付いており、鶏のむちっとした食感と旨み、脂の甘味が感じられる。
まぁ、ちょいと下品ではありますが、ご飯の上に乗せて、たれまで美味しく頂きました。
やはりこちらは何を頂いても美味しいですねぇ・・・

こちらの定食は700円也。
これもまた、お酒によく合いそうですし、夜お立ち寄りの際には試してみるのも良いかと。
今日も美味しい夕食でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

会員限定 剛つけ麺 塩@日ノ出町 日の出らぁめん

さて、今日は野毛のJRAそばにあるラーメン店「日の出らぁめん」さんへ・・・
こちらのお店は会員登録が可能になっており、時折会員宛のメールが届くのだけれども、昨日「会員限定の剛つけ麺 塩 を4日間限定で販売します」と言うお知らせメールが届いた。
前回の会員限定ラーメンは「冷やしガッツ麺」とか言う、冷やした麺の上に麻婆豆腐を乗せたもので、微妙だったので食べようかどうしようか迷っている内に、1週間ぐらい提供期間が有ったはずが、2,3日で販売中止になってしまい、結局頂く事が出来なかった。

その前は7月に「二郎インスパイアラーメン」が会員限定で販売との事だったので頂いてみたら二郎さんのラーメンとは全くの別物ではあったものの結構おいしかった。
で、今回は通常醤油味の和風とんこつベースつけ汁の剛つけ麺を、塩味のつけ汁にして提供すると言う事で、面白そうだったので頂きに寄ってみた次第。

さておお店に行くと先客数名、後からも続々と入ってこられた。
後から来た人のオーダーを聞いた限りだと2,3人は会員限定ラーメンを注文していたので、意外と会員登録している人が多いようだ。
お店入って右側にある券売機で先に食券を購入・・・
別に会員である事を確認される事はなく、券売機にお金を入れて「会員限定」のボタンを選べばそれで普通に購入可能。
で、今回の会員限定ラーメンは「剛つけ麺 塩 750円」

食券を購入し、空いているカウンター席に着いて店員さんに食券を渡すと「大盛りにしますか?」と聞かれたので大盛りでお願いした。
こちらの剛つけ麺は無料で大盛りにしてくれるのだけれども、以前は100円増しで馬盛りと言うその更に上のサイズが存在していた。
だけれども、昨年の小麦高騰が影響したのか今はないようだ。
ちなみの、そのボリュームは「並盛り230g 大盛り345g 馬盛り460g」となっていた。
まぁ、馬盛りくらいの方が食いでが有って良いのだけれども、無いものをお願いしても仕方がない・・・

さて、待つ事しばしで到着
めん
こちら独自の極太麺。
今回の会員限定剛つけ麺では、この極太麺の他に中太麺が選べるとメールには書かれていたのだけれども、注文時特にはどちらにするか聞かれなかった。
まぁ、どの道、剛つけ麺と言うのだから極太麺で頂くつもりだったのでそのままにしておいたのだけれども、実は店員さんの引き継ぎ連絡がうまくいっていなかったようで、オーダーを受ける係の店員さんは会員限定の剛つけ麺の麺の太さが選べると言う事を伝え聞いていなかったらしく、調理担当の店員さんがその時になってその旨伝えていた。

この辺は、店員さんが多く提供期間も短い限定販売と言う事で連絡ミスの手落ちが有ったんでしょうねぇ。
まぁ、ぼくは好み通りのものだからよかったけれど、中太麺で食べたかったお客さんの内、何人かは聞かれなかったのでそのままにしたら極太麺で出てきてしまったと言う事もあったかも知れませんねぇ・・・

さて、つけ汁は
つけ
こんな感じ。
やや和風な感じを抑えているかな?
いつもだと、もっと節系の香りと風味が強いですしねぇ・・・
まぁ、塩だと醤油よりどうしても味が繊細になってしまうし、どの道カウンターの上には好みで節粉が加えられるように置いてあるから、その辺はご自由に調節して下し姉って感じなのでしょう。
あまり節系の風味がくど過ぎなのは好きではないぼくにはちょうど良い感じだった。

具は
割
角切りチャーシューに、長ネギ、キャベツ。
キャベツやネギの甘味が良い感じですねぇ。
ゴロンとした角切りチャーシューはトロトロで柔らかく、脂っ気も適度に有って好み。
これは途中でスープ割をお願いして、スープを足してもらった状態。

で、このつけ汁に
汁
極太の麺をつけて頂く・・・
うは・・・これは凄い。
こしが有ると言うより、がっちりした固い歯応え。
もう少しゆで時間を延ばした方が良さそうだけれども、この辺は好みなんでしょうねぇ・・・
ただ、ぼくもわりと固めが好みで、麺の固さをオーダーできるお店なら「固めで」とお願いする事が多々あるのだけれども、固めが好みのぼくからしてもこれは固過ぎに思えた。
汁そばじゃないから延びる事はありませんしねぇ・・・

個人的には、普通の剛つけ麺よりこちらの方が好み。
通常のものは、ちょっとくどいぐらいに和風を前面に押し出した感じが有りますからねぇ・・・
これはレギュラーメニューにする気はないのかな・・・
中々美味しいつけ麺でありました。

店名 日の出らーめん
住所 横浜市中区宮川町3-63-3 宮川ビル1F
電話 045-261-1728
営業  平日11時~翌1時、土曜9時~翌1時、日曜9時~23時
定休 無休
ぐるめぱど お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ペヤング超大盛やきそば

さて、数日前、なんとなく立ち寄ったコンビニで、これまたなんとなく購入した
ぺや
「ペヤング 超大盛ヤキソバ 218円」
ペヤングやきそばと言えば「まるか食品」さんの主力商品。
と言うか、むしろペヤングの名前を知っていても「まるか食品」さんの名前を知らない人も多いくらいでしょうね・・・

ペヤング焼きそばってあまり食べる機会はないのだけれども好きなのですよねぇ・・・
カップやきそばと言えば「日清食品」さん「日清焼そば UFO」なんかもメジャーなのだけれども、個人的にはペヤング焼きそばの方がずっと好き。
そう言えば、ペヤングって関東ローカルで全国区ではないと知った時に軽くショックだった気が・・・
まぁ、今はネット通販もあるから、どこの地域の人も存在は知っているのだろうけれども・・・

さて、そんなペヤングやきそば・・・
今は通常の大きさの他に大盛りサイズ、そしてこの超大盛サイズが売られている。
この超大盛って、昔ペヤングさんが出してた「パーティーサイズ」と同じ大きさなのかな・・・
この超大盛は2007年5月23日にも食べたて、その時に「もうしばらくいいや・・・」と思ったのだけれども、そのしばらくと言うのはどうやら2年程度のことだったらしい・・・

と言う事で蓋をあけてみる・・・
んぐ
麺は通常の1人前サイズのものが2つ、具やソースはボリュームに合わせて通常の倍近い大きさのものになっている。
で、早速作ってみる・・・
具のキャベツは当然麺の下に・・・
お湯を入れ、少し固めが好きなぼくは2分ちょっとで湯切りをし、ソースを投入しかき混ぜ
やき
そば
完成
んー、さすがのボリュームですねぇ。
それにしてもやはりと言うかなんと言うか具とソースの混ざり具合に偏りが・・・
まぁ、食べながら混ぜる作業も同時にするので、別にかまやしません。

んー、やはりペヤングやきそばは美味しいですねぇ。
でも、やはりこのボリュームは多すぎるか・・・
まぁ、しばらくいいですハイ


テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

かき揚げ丼@前里町 めん坊Ben天

さて、今日はずいぶんと久し振りに前里町にあるうどん・そばなお店「めん坊Ben天」さんへ・・・
何年振りだろう・・・3,4年ぶりか、もっと前だったか・・・
場所は平戸桜木道路を黄金町の交差点から井土ヶ谷方面に向かったところにあるファミレス「デニーズ」さんの道路を挟んだ斜向かい辺り。
なんとなく歩いて南太田方面に向かっていたらお店の前を通り掛かり、なんとなく和な気分だったので、今日はこちらで頂こうかと思った次第。

お店に入ると先客はゼロ。
こちらはセルフサービスのお店で食券制なので、お店に入って右側にある券売機で食券を先に購入する事に・・・
メニューは
品書1
こんな感じで、まぁ多少定食類が有るとはいえ、ほとんどは立ち喰いそばメニューとあまり大差はなく、お酒が飲める小見線なのでおつまみ径も充実している。
ちなみに、最近のお店一推しはうどんではなく「親子丼 680円」のようで、壁にも大きな写真が貼られているのだけれども
品書2
どうやら毎月10日はBen天の日とかで、通常680円の親子丼が500円になるらしい。
まぁ、10日は過ぎたばかりで随分先になるとはいえ、こう言う情報を見てしまうと、じゃあ安い日に食べれば良いじゃん・・・って思ってしまう辺りは小市民的感覚丸出しではある・・・

さて、それならと券売機のメニューを眺めつつ検討・・・
んー・・・親子丼の文字に惹かれた事もあってか、気分的になんとなくうどんやお蕎麦より丼ものですかねぇ・・・・
と言う事で、次に目を惹いたのは「かき揚げ丼 500円」
こう言うお店のかき揚げ丼ってば、チープな感じのものでしょうし、エビが苦手なぼくとしてはかえってそう言うかき揚げの方が好みなくらいなのですよねぇ。
と言う事で「かき揚げ丼 500円」の食券を購入し店員さんに手渡した。

待つ事しばし・・・
せっと
セルフサービスのお店なのに、わざわざ席まで持ってきてくれた・・・
かき揚げ丼に漬物。

かき揚げ丼は
掻き
揚げ
こんな感じ。
具は玉ねぎ、ニンジン、長ネギとシンプル。
衣は少なくつなぎ程度で、玉ねぎやニンジンなどの具が随分と多い印象。
丼タレは結構甘め濃いめでたっぷりかかっている。

一口頂いてみると揚げたて熱々の状態で、サクッとした感触と言うよりはザクッと言う感じのクリスピーな感じに近い。
かなり香ばしさが出ていて、個人的には好みな揚げ上がり。
んー・・・やっぱりかき揚げは変に来エビがハイてったり三つ葉が入っていたりするよりも、こう言うシンプルでチープな感じの方が好きですねぇ。

こちらは、こう言うファストフード的なうどん屋さんなのだけれども、うどんやお蕎麦は意外と美味しかった印象が有る。
お出汁もお値段から考えたら結構良い感じだったような・・・
まぁ、お品書きの写真を改めてみたら「カニクリームコロッケ定食 880円」なんて魅力的なメニューもあるし、また寄らせて頂きましょう。

美味しいかき揚げ丼でありました。

店名 めん坊Ben天
住所 横浜市南区 前里町3-75 サウスゲート1F
電話 045-231-7971
営業 11:00 ~ 00:00 (L.O.23:50)
    平日11:00~15:00までランチメニューあり
定休 年始
グルメGyao お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

福龍炒飯+半担々麺@若葉町 福龍菜館

今日のランチは若葉町の中華料理店「福龍菜館」さんへ・・・
前回こちらで「ふかひれ入りあんかけ炒飯 680円」を頂いた時にランチの50円割引券を頂いていて、その上こちらが日曜の営業もされていたので、せっかくの割引券だしぜひ使ってみようと思い立った次第。

さて、お店に行くと店頭にランチメニューの書かれた置き看板が置いてあり、その中に「福龍炒飯+半担々麺」の文字が目に留まった。
いや・・・正確に言えば「福龍炒飯」を「福建炒飯」と勘違い認識をしてしまった。
この間違いは、間抜けな事にこちらでの食事の後どころかBlogのエントリー後、ほんの数分前まで勘違いしっぱなしの状態で、そのせいで少し前に上げたエントリーではとんでもない勘違い情報をもとにした記事になってしまっていた。

まぁ、福龍炒飯を福建炒飯と勘違いしたので、それはもう頭の中にはあんかけ炒飯しかなかったのですよ・・・
その上、こちらの新装開店後にはまだ一度も汁そばも頂いたことがなかったので、あんかけ炒飯と担々麺のセットがならお得と言う事で店内へ・・・
先客はお一人、後からも一人見えられた。
空いている席に着き、お品書きを眺めてみる・・・

お品書きは品書
こんな感じ。
定食が4種類、麺とご飯に小鉢と漬物のセットが2種、いずれも700円均一。
で福龍炒飯と半担々麺、小鉢に漬物のセットが780円(担々麺は一人前のものにも変更可 950円)
いずれも食後にコーヒーをつけてくれるとの事。
こちらは四川料理が中心のお店になったので、定食の中にある「陳麻婆豆腐定食」にも興味が有ったのだけれども、頭にあったのは勘違い全開のあんかけ炒飯の姿・・・
と言う事で「福龍炒飯+半担々麺のセット 780円」をお願いした。(正確には間抜けにも「福建炒飯のセットをお願いします」ってオーダーしたんですけどね・・・)

待つ事しばしで到着
せっと
炒飯と半担々麺、小鉢は切干大根の煮つけ、漬物のセット。
この時点で、炒飯があんかけ炒飯ではない事がわかり、結構ガッカリ・・・
それでも、こちらで言う福建炒飯はこう言うものなんだと自分を納得させる辺りは考えが足りませんねぇ。。。

ちなみに、こちらでは一度ランチを頂いた事があり、その時のものは
せっと
冷やし中華、ご飯、スープ、春巻き、冷ややっこ、漬物、食後のコーヒーといった内容で、お値段は700円。
まぁ正直、前回のランチの内容と比べてしまうと、コストパフォーマンスが落ちてしまった感は否めませんねぇ・・・

さて、メインの炒飯は
福建
炒飯
こんな感じ。
具は叉焼、ネギ、、ニンジン、卵、グリンピース。
ピリ辛の味付けながら、辛すぎる事はなく味付けの偏りもない良い塩梅。
ご飯もパラパラのベストな炒め上がり。

担々麺は
担々
麺
こんな感じ。
具はひき肉と青菜。
胡麻が振られていて、胡麻のの良い香りが漂いますねぇ。
ただ、胡麻の風味は上に掛けたものがメインのようで、スープに胡麻のまろやかさとか甘みと言うのは余り立っておらず、スープの方はニンニクチップの風味が強かった。
これまた見た目ほど辛くはなく、すっきりとしたスープでまずまずのお味。

まぁ、ランチと言えば、この辺ではモール沿いの四川料理中心のお店「杜記」さんランチがお味・コストパフォーマンスともに飛び抜けていて、さすがにこの杜記さんのランチの対抗馬としては厳しい印象。
まぁ、杜記さんは辛いものが中心だから、辛い物が不得手な方はこちらにと言う感じかもしれませんねぇ・・・

中々悪くないランチでありました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00(ってなってますが、昼休憩があったような・・・)
定休 なし
福龍菜館サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

IWC Cal.83

上
斜
横

裏
さて、写真時計はIWC(International Watch Company)と言うメーカーの1940年代のオールドウォッチ。
現在IWCと言うと、時計には興味のない人は「国際捕鯨委員会(International Whaling Commission)を連想するかと思いますが、1868年にスイスのシャフハウゼンで創業した老舗の時計メーカーです。
かつての日本でも、最高級舶来時計メーカーとして、現在ののロレックスに対するそれ以上のステータス性を誇った雲上ブランドとして扱われておりました。

この時計はそんな時代のもので、IWC手巻きムーブメントの最高傑作という触れ込みも良く耳にするCal.83と言う機械を搭載した手巻き時計です。
この時代、確か金の関税がとてつもなく高かったと聞きますが、そのせいもあってかケースは今じゃめったにお目にかからない14金(14K)無垢ケースとなっています。
ちなみに14K(14カラット)と言うのは、純金が24カラットなので、純度約58%と言ったところでしょうか。
1950年代位までのオールドウォッチでは、9Kなど割に純度の低い金無垢ケースの時計が有ります。
法律上、金製品と認められるのは最低でも8K以上の純度が必要だそうです。(この基準は国によって違いますが…アメリカだと最低10K以上、イギリス・ドイツだと9K以上だそうです)

ケース径も32mmと、最近40mmだ45mmだと馬鹿ほどでかくなる傾向にある時計ですが、かなりしっくりくる適度な大きさ。
雰囲気のあるツートンダイアルは販売当時のオリジナルです。
惜しむらくは、文字盤に経年劣化がみられることですが、こればかりは致し方のないところです。
針の形状と言い、文字盤と言いこのころの時計って素敵ですよねぇ・・・

で、そんな時計がどうしたかと言いますと、気が付いたら不動になっておりました・・・
巻き上げても動かない・・・
巻きあげの感触はあるからぜんまい切れと言う事はなさそうなんだけど、下手すると歯車がいっちゃってるかなぁ・・・
と言う事で、この時計の入院が決定してしまいました。
一応、上体だけ知らせた見積もりではオーバーホールが18000円、その他胡椒部品が有れば交換などに別途費用がかかることになるのですが、問題はその交換部品の有無なんですよねぇ・・・

最近の時計はETAと言う時計機械専門メーカーの汎用ムーブメントを搭載していることが多く、汎用と言うだけあって交換部品に困ることはないのですが、この手の自社オリジナルの時計機械、それも70年近く昔のものともなると部品はないケースも多いのですよねぇ・・・
腕のある時計修理工房の職人さんだと、歯車の歯の欠けくらいならその部分を作ってはんだ固定するなど細かい作業をして再生してくれるのですが、今やそんな事が出来る職人さんもそう多くはないのですよねぇ・・・

まぁ、今回見積もりをお願いしたところはオールドウォッチの修理を引き受けてくれる修理工房さんなので、その辺は信用できるのだけれども、時計の状態は裏蓋をあけて機械自体を確認しないとわかりませんからねぇ・・・・
うーん・・・何とか復活してくれればよいのだけれども・・・



テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

鍋焼麺@福富町 台湾菜館

さて、今日は福富町に少し入ったところにある台湾料理のお店「台湾菜館」さんへ・・・
今日はやや涼しいくらいなので、何か温かいものをと思い立ち、それなら7月11日にこちらで頂いた「鍋焼麺」を頂きたいなぁ・・・と思った次第。
そう言えば、福富町入り口の「サンマー麺発祥の店」を謳っていた「養成軒」さんが先日閉店したのだけれども、いつのまにか新しい店が開店していた。

「山海楼」さんと言うお店だそうで、チラシを頂いたのだけれども、そのチラシには「新生の養成軒」の文字が・・・
「中国の金メダルが日本に上陸!!その味を妥協致しません!!」なんて謳い文句が書かれている。
なんぞ、中華街辺りに勢力を伸ばしている企業資本のお店で使いまわしている宣伝文句っぽい。
一体何個あるんだ金メダル・・・
まぁ、食と言うものが大きな産業であり伝統ののお国だから、それだけ大小様々な調理師の大会が有ってもおかしくはないか・・・
ランチは680円くらいからあるらしいので、近いうちに試してみましょう・・・

さて、そんなこんなで「台湾菜館」さんへ・・・
お店の前にあるランチメニューの書かれたボードで「鍋焼麺」の存在をチェックしてから店内へ・・・
お店に入ると先客は一組、後からお一人見えられた。
席に着くと冷たいお茶とランチメニューの書かれたお品書を持ってきてくれたので、しばし検討・・・
このお品書きには20種類ほどの定食・どんぶり・麺類メニューが載っており、お値段は700円均一。
確か、定食はご飯お替り自由、どんぶりは大盛無料とか書かれていたような・・・
台湾料理と言えばこれと言う「魯肉飯 (るーろーはん)」なんかもある。(角煮丼の名前だったかも)

ちなみに、目的の「鍋焼麺」はこのお品書きには載っておらず、表のランチボードにのみ記載されているので、もしかしたら他にも店内のお品書きに載っていないメニューが表のランチボードにあるかも知れない。
まぁ、今日の目的は「鍋焼麺」だったので、その存在しかチェックしていなかったのだけれども・・・
と言う事で、ざっとお品書きを見てみるも鍋焼麺以上に目を惹くようなメニューもなかったので、当初の予定通り「鍋焼麺 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
鍋
焼
この前と同じように、釜めしで使われるような一人前の大きさのステン釜で出してくれる。
前回頂いた時のビジュアルと比べやや華やかに見えるのは、前回はなぜか具が麺の下に埋まっている状態で出てきたからだろう。

具は
具
前回と同じく、エビ、細切り扣肉、青菜、ネギ

麺は
麺
前回頂いた時の麺とは違うもののようで、前回は色の白い細めのストレート麺だったのだけれども、今回の麺は黄色みがかったやや太めの縮れ麺で、前回のものに比べて腰もあり、ややかん水の香りの強い中華麺に変わっていた。

「ミルクベースのスープのラーメン」とあるように、スープは白く、胡椒のスパイシーな香りと一緒に甘い香りも漂わせている。
一口頂いてみると、前回と同じように胡椒のスパイシーな風味が立っているのだけれども、前回以上に辛みが強い。
胡椒とは別の辛みなのでなんだろうと思ったら、スープの中から刻まれた生唐辛子が・・・
なるほど・・・だから前回のものより辛く感じたのですねぇ。
このミルクスープ、決して奇を衒ったものではなく、普通にしっかりした美味しいスープで、辛さもミルクの風味のおかげか結構辛いのだけれどものどを直撃してむせ返るようなことはない。

んー、体も温まるし、今日はこれを頂きにに来て正解でしたねぇ・・・
これを頂けるのはランチの時だけですしねぇ・・・
いや・・・たぶん夜もお願いすれば出してくれるのだと思うのだけれども、こちらのお店ってばなんとなく夜は若干入り辛い雰囲気が有るのですよ・・・

今日も美味しいランチでありました。

店名 台湾菜館
住所 横浜市中区福富町東通5-2 1F
電話 045-253-0048
営業 11:00~14:00
    17:00~24:00(会計時に確認した時は17:30から仰ってましたが)
定休 月曜(て書いてあるけど、ここのところ日曜お休みされているような…)
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ちゃんぽん+餃子+明太ご飯@伊勢佐木長者町 Mix!Mix!

さて、今日は伊勢佐木長者町駅傍に新しくできた長崎ちゃんぽんのお店「Mix!Mix!」さんへ・・・
こちらはラーメン情報の宝庫「ラーメンデータベース」さんで気になるお店の情報を漁っていたら、こちらの情報が有るのを拝見して早速行ってみた次第。
て言うか、まだ開店間もないみたいで、近所に住んでいるのにその情報を全く知らなかったのだけれども、こちらのレビューがすでにネットに載ってるって情報早いですねぇ・・・
いやはや皆さんアンテナの高い事で、後追い専門のぼくとしては有難い限りですハイ

ちゃんぽんのお店ですかぁ・・・
この辺で長崎ちゃんぽんと言うと、伊勢佐木モール沿いにある長崎ちゃんぽんの全国チェーン「リンガーハット」さんと、やや離れるもののこの辺で長崎ちゃんぽんと言えばこちらなお店、16号線沿い宮元町にある「雲仙 第三横浜店」さんでしょうねぇ。
どちらもそれぞれベクトルは違うけれども人気のお店ですよねぇ。

さて、お店の前に行くと先客はゼロ。
開店祝いの華などは表には出ていなかったのだけれども店内に飾ってあった。
まぁ、目の前の歩道はそう広くはない上に人通りや自転車の通りの多いところだから、あまり表に大々的に開店祝いの華を出すわけにもいかないのでしょうねぇ・・・
店内はカウンター席が4,5席、4人掛けテーブル2つ、6人掛けテーブル1つ、3人掛けテーブル1つと言った感じ。
さすがに開店した手だけあって清潔感のある店内。

空いている席に座ってお品書きを眺めてみる・・・
品書1
品書2
ラーメン類やご飯もの、トッピングのお品書きはこんな感じ。
ただ、こちらはお酒も多く取りそろえていらっしゃるようで、お酒の種類も結構あり、ボトルキープも可能なようで、それに合わせて一品料理も結構種類があり、お品書きでも結構ページを割いていた。
ぼくはお酒を嗜まないから分からないけれども、冷蔵ケースにはずらりと一升瓶が並んでいましたので、お酒の好きな方にも向いたお店かと。

さて、壁には
「プレミアムモルツ 550円→290円」とか
「餃子 300円→200円」
「明太子ただいま増量中、通常の1.5倍 明太子ご飯 200円」
と言った、オープンサービスの張り紙が・・・
まぁ、お酒を嗜まない簿kには一番上は無関係ですが、2番目3番目は魅力的ですよね・・・

さて、どれにしましょうか・・・
と言っても、やはり初めてなれば基本のちゃんぽんを頂きたいところですよねぇ。
と言う事で「ちゃんぽん 並 600円」(こちらもオープンサービスで100円引きの500円だった)
後はやはりオープンサービス中の「餃子 300円→200円」と
明太子1.5倍増量サービス中と言う「明太子ご飯 200円」
をお願いした。

待つ事しばしで到着
餃子は
餃子
こんな感じ。
適度な弾力のある皮に、これまた適度なお味の種が入っている。
お味はそう特徴のあるものではないけれども、通常価格の300円でも損はした気はしないくらいのもので、そこそこ美味しい。
こちらのお店には専用の餃子のたれと自家製の辣油がテーブルに置いてあり、それで頂く事に。
最近、自家製の調味料を置くお店が増えてきたような気がしますねぇ。
こちらの自家製辣油は結構風味が良くて良い感じでありました。

ちゃんぽんは
ちゃん
ぽん
めん
並盛でも結構なボリューム。
具は、キャベツ、もやし、紅白かまぼこ、イカ、エビ、アサリ、豚肉、さつま揚げなど具だくさん。
歯触りもシャキシャキ感がありスープに良い感じに野菜のうまみと甘味がスープに溶け込んでいる。
麺はお品書にもある通り、かなりの極太麺。
ただ、こう言う仕様なのかいわゆるもっち利したこしと言う感じは強くなく、モソっとした感じ。

スープは割にすっきりした感じのスープで、スープ単体だけだとやや極太の麺に負けそうな感じが有るものの、そこはもう野菜などの具財の旨みがたっぷり溶け込んでいるのでばっちりのお味に仕上がっておりました。
余り油っ気も強くないし、飲み〆にもいけるような感じにしてあるのかも。
ただ、お味に関してはかなり好みに合うものだったのだけれども、レンゲが付いてこないのはスープが飲めなくてもったいなかったですねぇ・・・

明太子ご飯は
明太
こんな感じ。
角度が悪くて、明太子の量が少なく見える感じだけれども、実際はさすがにかなりの量が乗っておりました。
適度な辛みのある美味しい明太子ですねぇ。
これもまた、レンゲさえあれば麺を頂き終わった後にスープに入れて、明太風味のおじやにして美味しく頂けたでしょう・・・

通常価格でも600円と言う価格で、これだけのお味のちゃんぽんが頂けると言うのはありがたいことです。
余り宣伝していないのかお客さんがいませんでしたが、これから結構お客さんが入るようなお店になりそうですねぇ。
お酒の種類も結構あり、居酒屋的な使い方もできる営業形態のお店でもありますしねぇ。

美味しいちゃんぽんでありました。

店名 Mix!Mix!(ミックス!ミックス!)
住所 横浜市中区長者町2-5-11 馬場ビル105号
電話 045-568-0994
営業 11:30~14:00 17:30~23:00
定休 日曜
ラーメンデータベース お店情報
お店地図


テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

魚とふくろ茸の炒め物定食@伊勢佐木 龍鳳閣

さて、今日は午前中歯医者さんへ・・・
はぁ・・・今回も歯の被せものが欠けてしまったので通い始めたのだけれども、結局結構通う事になってしまいましたねぇ・・・
苦手な割に随分と縁が有るんですよね、歯医者さん・・・
いやまぁ、治すべきところは早く治してもらうに越したことはない訳ですが。
ようやっと今日で治療も終了。
これでしばらくは大丈夫でしょう。

と言う事で、歯医者さんでの治療が終わり、どこぞでランチでも・・・
平日ランチと言えば、土曜は混んでいて余り行列が好きではない自分は中々寄らせてもらおうと言う気になり辛い大通公園沿いの人気店「ショー・ラパン」さんにでも、と思ったのだけれども、出がけに見た時にやってらっしゃらなかった気がする・・・

それならと言うう事で、長者町にある中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に行くと、先客はいなかったのだけれども、後からお一人入ってこられた。
とりあえず昼と言う事で、表のランチメニューのボードを確認すると
「牛腩煮込み定食 600円」
「叉焼とニラの卵炒め定食(だっけ?) 600円」
の2種類。
どちらも魅力的ではある。

テーブルに置いてある「お品書」の方も眺めてみる・・・
んー・・・そう言えば、こちらで以前頂いた「扣肉面(豚ばら麺) 700円」がえらく美味しかったのですよねぇ・・・
それならと言う事で、壁に貼ってあるメニュー短冊の中にあった「扣肉会飯(豚ばらかけご飯)」にしてみましょうか。

と思ったのだけれども、ご主人が出てこられて「魚の入った炒め物の定食ありますよ。イカでも出来ますけど」と仰ってくれた。
魚の炒め物、良いですねぇ・・・
イカでも作ってくれると言ってくれたけれども、どちらかと言えば以下より魚の方が好み。
と言う事で「魚とふくろ茸の炒め物定食」をお願いした。

で、お品書きを見返してみると
「お品書 表」にも「お品書 裏」にも魚料理は入っていない。
冊子の方のお品書「お品書 左面」にも「お品書 右面」にも、海老やアワビの料理はあるのだけれども、魚を使ったメニューはないようだ。
とは言え、魚もイカも用意されていると言う事は、やはりこちらはメニューに載っているもの以外にも色々なメニューがあると言う事なのでしょうねぇ。
まぁ、中国系のお客さんも多いそうだし、そう言う方たちの希望に沿って対応できるようにしてあるのでしょうね。

さて、待つ事しばしで到着
定食1
定食2
ご飯、中華スープ、炒め物、漬物のセット
メインは
魚1
魚2
魚3
魚4
魚とふくろ茸の炒め物。
具は白身魚にふくろ茸ベビーコーン、スナックエンドウ、ネギなど。
良い感じに香ばしさの出ているほくほくとした白身魚が美味しいですねぇ。
くにゅっとしたふくろ茸の食感も好き。

味付けはシンプルで、少し甘しょっぱい風味は豆鼓醤が加えられてたのかな・・・
塩梅も抜群でご飯が進みますねぇ。
そこでご主人が、もう少し辛めが良かったらと
辛1
辛2
激辛と書かれた調味料の瓶を出してくれた。
ちょっとスプーンで掬って見てみると、こりゃ本当に辛そう・・・
ただ、そんなに癖の強い香りはない。
せっかくなので、少しだけ加えてみたら一気に風味が変わり、シンプルな味付けのものが複雑な辛味が加わった。
この調味料なんだろう・・・とんでもなく辛いけれども美味しい。
なかなか面白い調味料ですねぇ。

さて、今日の定食は700円との事。
これもまた単品でお願いすれば出して頂けるかと。
ぼくはお酒を嗜まないのですが、たぶんビールや老酒にも良く合いそうな感じですハイ

今日も美味しい昼食でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

あつもり きのこ@岡野町 まる久

さて、今日は帰りがけに横浜に立ち寄り買い物・・・
そう言えば「格安ジーンズ、価格競争激化 ダイエー、880円PBで参入」なんてニュースが先日有ったので「ダイエー」さんにも、ついいでに寄って、そのジーンズを見てみたら880円と言う価格の割に結構しっかりした作りになっているのだけれども、生地がやや薄い印象。
もう少し暑い時期に販売開始した方が売れたでしょうにねぇ・・・

このニュースが有って2,3日後に伊勢佐木の「マルエツ」さんの紳士服コーナーに行ったら、ジーンズが1480円で売られてましたねぇ・・・
さすがに1000円切るのはきつかったらしいけど、今日見た感じではマルエツさんで売られたものの方が生地の厚みはあってこれからの時期向きだった気がする。
て言うか、飲食関係のデフレがとりあえずひと段落して平常化に向かい始めたら、今度は衣料関係がデフレ傾向ですか・・・
有難いっちゃそうなんだけど長期的にみるとねぇ・・・
んー・・・小市民丸出しな話題・・・・

さて、横浜に立ち寄ったのだし、どうせならこちらで食事でもと思い、どこに行こうか検討・・・
横浜駅からやや離れた奥横浜にある洋食の「つくし」さん「LINKS」さんナン化が頭に浮かんだのだけれども、そう言えば先日Blog「濱のおいしい小径」さん「こんな記事」を拝見させて頂いたのを思い出した・・・

うどんの「まる久」さん・・・
どうやらかなり美味しくて人気なうどんのお店らしい。
が、なにぶんとその場で思い出したお店だったので、場所がいまいち分かっていない・・・
つくしさんほどわかりづらい場所じゃ無かったよなぁ・・・こっちだっけか・・・・
などと考えながら、とりあえず岡野町の交差点を渡ってまっすぐ進んだら、なんの事はない思いのほか簡単に見つかってしまった。
と言う事で、今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入ると先客はゼロだったのだけれども、少ししたらグループのお客さんが入ってこられた。
とりあえずテーブル席に着いて、お品書きを眺める・・・
品書1
品書2
品書3
んー・・・どれにしましょうか・・・・
手打ちうどんのお店にしては、珍しい事に「焼うどん 700円」なんてものもあるのですねぇ・・・
が、ここ最近めっきり涼しくなってきたので、冷やし系かつけ系は今の内な気がする・・・

お品書きを眺めつつ考えていると「あつもり」の文字が目に留まった。
つけ麺を出すラーメン店だとよくあるものなのだけれども、こう言うお店でその文字を見るとは思わなかったですねぇ。
ただラーメン店のあつもりは「麺もつけ汁も温かい」状態のものなのだけれども、こちらで言うあつもりは「冷たいうどんに温かいつけ汁」らしい。
ふむ・・・面白そうだしあつもりで頂きましょうか・・・
秋と言えばキノコでしょう。
と言う事で「あつもり きのこ 600円」を「大盛り+100円」でお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
うどんにつけ汁、薄切り大根。
うどんは
うどん
ちょっとびっくりするくらい太い。
こんなに太いうどんって、この辺じゃあまり見かけませんねぇ。
如何にも美味しそう。
横にはキャベツが添えられている。

つけ汁は
あつ
こんな感じ。
エノキ、なめたけ、シメジなどたっぷりのキノコ類にナス、ネギなども入っている。
やや甘めでしっかりした出汁の風味もする。
多少濃いめ。


もり
そのきのこたっぷりのつけ汁にうどんをつけて頂く。
おぉ・・・うどんがむっちむちですねぇ。
かっちりと腰のある歯応えだけれども、決して固過ぎる事もなく良い感じの歯応えですねぇ。
うどん自体もかなり美味しい。
このうどんなら、焼うどんでもかなり美味しいでしょうね。

さて、テーブルの上には七味唐辛子などと一緒に
から
みそ
自家製辛味噌なんてものが置いてある。
ちょっと迷ったのだけれども、うどんを3分の2ほど頂いた後につけ汁に少し入れてみた。
そんなに入れたつもりもないのだけれども、風味がガラッと変わる。
辛味もかなりのもの。
これはこれで美味しいけれども、個人的には加える前の方が美味しく頂けたかなぁ・・・
入れる分量のさじ加減を誤ってしまったようだ。

それにしても、こんな目立たないところにこんな美味しいうどん屋さんが在ったのですねぇ・・・
こちらもまた色々なメニューを試した見たいものです。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 まる久
住所 横浜市西区岡野1-17-8
電話 080-6568-7318
営業 11:00~15:00 17:00~20:00
定休 月曜
参考サイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

イタリアンハンバーグ@横浜橋 樹林

さて、今日は横浜橋商店街からわき道に入ったところにある喫茶&洋食その他なお店「樹林」さんへ・・・
場所は、横浜橋通り商店街を医大通り側に進みマグロ丼のお店「宝水産」さんの手前のわき道を左折、大丸ピーコックさんなどの並びにあり、時折三吉演芸場さんで上演される演目のポスターが貼ってある喫茶店ちっくなお店。

こちらへは以前一度だけ寄らせてもらったことが有り「ハンバーグライス 600円」を頂いたことが有るのだけれども、その時撮った写真が常でも大概に酷いのに更にあまりにもヘタレていたので、結局当Blogには載せていなかった。
その時に頂いたハンバーグが中々美味しかったので、また寄らせてもらおうと思っていたのだけれども、機会を逸し続けていたのをたまたま前を通り掛りに思い出し寄らせてもらった次第。

さて、お店に入ると先客はゼロ。
間口は狭いけれども、奥に細長いお店で、カウンター席が5,6席、壁際にソファーが伸びて、2人がけ用のテーブルが5つばかり並んでいる。
と言う事で、一番奥の席へ・・・

席に着くと、お冷とお品書きを持ってきてくれたのでお品書を眺めてみる・・・
品書1
品書2
品書3
お品書きはこんな感じで、喫茶メニューと洋食が中心ながら、ラーメンやぞうすい、焼きそば・焼うどんなども用意されている。
モーニングメニューもあり、朝は8:30からやっていらっしゃるようだ。

んー・・・「チキンドリア 750円」とか「カレードリア 750円」「オムハヤシライス 800円」など魅力的なメニューが並んでいますねぇ・・・
ふと壁の方を見ると
品書4
こんなメニューが貼られている。
「樹林オリジナル」「ナポリタンのうまさ ハンバーグのボリューム!」という魅力的なうたい文句の書かれた「イタリアンハンバーグ 800円」
他店で「イタリアンハンバーグ」と言うと、ハンバーグの上にスライスチーズが乗せられたメニューを指すことが多いのだけれども、こちらのものは、どうやらナポリタンとハンバーグの組み合わせ。

「ナポリタン+ハンバーグ」
この素敵な組み合わせと言えば、なんと言っても馬車道にある「喫茶 ポニー」さんの「ナポリタンハンバーグ 800円」、そして関内の老舗洋食屋「グリル サクライ」さんの「ナポリタンデラックス」(ナポリタンとチリコンカンソースのかかったハンバーグのセット)(ナポリタンと、カツなどの組み合わせもあり)でありましょうねぇ。

その素敵な組み合わせのメニューがこちらで頂けると言う事であるなら、それはぜひとも頂いてみましょう。
と言う事で「イタリアンハンバーグ 800円」をお願いした。
待つ事しばしで、先にスープとサラダが到着
すーぷ
コーンポタージュ
インスタントかな?
なんとなく飲み慣れた感じのお味。
さらだ
サラダ
セットのサラダにしては彩り鮮やかでボリュームもしっかり一人前。

スープとサラダを頂き終わるとメイン到着
らいす
おぉ・・・ライスまで付いてきた・・・
イタリアンハンバーグは
いた
りあん
こんな感じで、しっかり一人前のナポリタンの上に厚みのあるハンバーグがドンっと乗っている。
て、すごいボリュームですが・・・

ナポリタンは
すぱ
こんな感じ。
具は玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム。
やや多めなくらいのケチャップが何んとも良いですねぇ。
そしてしっかり炒められケチャップに甘みと香ばしさが出ている。
スパゲティはやや軟めで、まさしく正しいナポリタン。

上に乗ったハンバーグは
はん
こんな感じ。
おまけ程度の薄いものを想像していたのだけれども、これまたしっかりした大きさと厚み。
これまたしっとり軟らかい肉質のハンバーグでえらく美味しい。
ご飯に合うやや濃いめのデミソースも、決して特別なものではないけれども美味しいですハイ
ちなみに、このハンバーグにサラダとライスの付いたセットは600円と、これまたお得な価格で楽しめます。

この内容とお味のセットで800円って、ちょっとと言うかかなり凄いのですが・・・
お味も好みに合っているし、これはちょっと色々他のメニューも頂きたいですねぇ。
次回は、とりあえずチキンドリア辺りを行ってみましょうか。
こちらのお店はお薦めですハイ

美味しい夕飯でありました。

店名 樹林
住所 横浜市南区白妙町1丁目3
電話 045-251-4115
営業 少なくとも8:30にはお店は開いているようです。
定休 不明
地図羅 お店情報


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

チキンピラフ@浅間町 レストラン テル

さて、今日は浅間町にある格安洋食屋「レストラン テル」さんへ・・・
なんとなくオムライスかチキンライスが頂きたくなったので寄ってみた次第。
お店へ行くと、今日は先客ゼロ。
こちらはハイコストパフォーマンスなうえに結構おいしいので人気なお店なのだけれども、ぼくは割に中途半端な時間帯にうかがう事が多いので、いつも空いていて助かる。
やはり食事は、自分のペースで食べたいですしねぇ。

空いている席に着き、お品書きを眺めてみる・・・
品書
お品書きはこんな感じ。
お品書きの左側一番上の段の付箋で隠されているのは、寒い時期限定の「ポタージュスープ 350円」で、ちょっと濃いめの味付けなのだけれどもこれがまた結構おいしいので、冬の時期はこれが楽しみになっているのですよねぇ。

さて、前回は「カレーピラフ 大盛 530円」を頂いている。
じゃぁ、今日はオムライスにしようかとも思ったのだけれども、考えてみたら前々回に「オムライス 大盛 530円」を頂いていたのを思い出した。
それなら今日はチキンピラフで行ってみましょうか・・・
と言う事で「チキンピラフ 大盛 530円」(普通盛450円、大盛+80円)をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ピラフにはサラダとカップコンソメスープが付く。
普通盛だとサラダもライスと一皿盛なのだけれども、大森になると別皿に・・・
さらだ
千キャベツとトマトのサラダにポテトサラダ。
このポテトサラダが好みに合っていておいしいのですよねぇ・・・
ちなみに、こちらのメニューには「ミックスサラダ 400円」と言うサラダの単品メニューもあって、一度お願いしたことが有るのだけれども、見た目は彩り豊かできれいなサラダではあるけど、これだったら普通にメインの添えられているサラダで良いかな?と言う感じでしたねぇ・・・

チキンピラフは
ちきん
ぴらふ
らいす
こんな感じ。
具は鶏肉、マッシュルーム、玉ねぎと極めてシンプルで、ピラフと言うよりはフライドライス。
具もライスも良く炒められていて程よく香ばしさと甘みが出ていてえらく美味しいのですよねぇ。
ボリュームも相変わらずのお皿山盛り一杯ですからねぇ・・・
これでお味が良い上に大盛り料金込みで530円だと言うのだから、とんでもないハイコストパフォーマンスですよねぇ・・・

そう言えば、壁に「定休日 第二日曜・第四日曜」と貼られていたのだけれども、こちらは月に2回しかお休みにならないのだろうか・・・
毎日毎日ランチ時を中心にえらい大変でしょうに、ご主人良く体力持ちますねぇ・・・
まぁ、だからこそのあの丁寧さ優先のマイペース調理なのかも知れませんねぇ。
今度はポタージュスープyが登場するころを見計らってお邪魔しましょうか・・・

今日も美味しいチキンピラフでありました。

店名 レストラン テル
住所 横浜市西区浅間町3-165-4  
電話 045-311-4141
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

口水肚絲@伊勢佐木 杜記

さて、今日は伊勢佐木モール沿いにある中華料理店「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さんへ・・・
本当は福富町にある台湾料理のお店「台湾菜館」さんに行って、ミルクベースのスープという面白い麺料理「鍋焼麺」を頂く気満々で外に出たのだけれども、行ってみたらお休み・・・

どうしようかと思って少し戻り、日曜のみランチをやっている美味しい焼き肉屋「つる屋」さんでとてつもなく美味しい上にお安いと言うお得な「ホルモン定食 900円」で一人ホルモン祭りと洒落込もうかとも思ったのだけれども、時すでに12時を回ったところで、やや混んでいそう・・・
と言う事で、こちらもあきらめ・・・

更に伊勢佐木モールを黄金町側に歩いて行き、たどり着いた先は「関内 杜記 海鮮火鍋菜館」さん。
この辺で日曜のランチと言うと、後思いつくのはイタリアンの「クチーナ・ランパ」さんくらいなんですよねぇ・・・
関内側に出れば、日曜でももう少しいろいろ選択肢が出てくるのだけれども、あっちは基本小洒落たお店が多いですから。。。
と言う事で、そのまま「杜記」さんにはいる事に・・・

お店に入ると、さすがにランチ時とあってそこそこ賑わっている。
が、相席となるほどではなかったので、空いている席に着いて、手渡してくれたランチメニューを眺めてみる・・・
今週のランチは
品書
こんな感じ
ぱっと見た感じ、ここ何回か来ている中では特に四川色の強い辛そうな料理が並んでいる気がする。
大概はまず麺類を第一選択肢にするのだけれども、今日の麺類は「四川冷麺のセット 680円」「四川燃麺のセット 680円」の2種類で、付いてくるものも「紅油抄手」と書かれた四川風雲呑となっていて、そのいずれも頂いたことがある。

んー・・・それなら今日は定食から選択してみましょうか・・・・
って、もしかしたらこちらのランチで定食を頂くのは初めてだったかも知れない。
とりあえず眺めなおすと2番にある「口水肚絲 680円」(四川風豚もつの煮込み)が目を惹いた。
が一番下10番にある「水煮肥腸 880円」も(四川風豚もつ煮込み)となっている。
あら・・・まぁ日本語にしてしまうと同じ役になるのだろうけれども、たぶん実際出てくるとまるっきり違うものなのでしょうね・・・

うーむ・・・豚もつと言うところで惹かれたのは両方同じ。
四川料理で「水」という字が入っているとやたらに辛いイメージがあるのも一緒で、辛い物がそう得意でない自分としては、どちらがより辛くないかというイメージでの判断になるか・・・
勝手なイメージで行けば「口水」より「水煮」の方がより辛そうな感じが・・・
少し考えたのだけれども、他に目を惹くと言ってもどれも辛そうなので、やはりこの二者択一か・・・
よく分からないけれども、結局「口水肚絲 680円」にしてみる事に・・・

待つ事しばしで到着
せっと
ご飯、スープ、メイン、漬物、デザートのセット。
スープは豆腐とザーサイと溶き卵の中華スープ。
デザートは杏仁豆腐で、これまたいつも通りの滑らかな舌触りで美味しいですねぇ。

さて件の「口水肚絲」はと言えば
四川
もつ
こんな感じ。
如何にも辛そうな液体に浸かってますが。。。
具は細切りされた豚もつ、きゅうり、せろり。
唐辛子の姿が遠慮なく見え、もう見た目も香りも辛いですよと激しく注意喚起してますねハイ

ところで、ぼくはキュウリは好きなのだけれども、きゅうりと言うとどうしても冷菜としてのイメージが強くて、熱々の状態のきゅうりと言うのはどうも違和感を感じてしまうのですよねぇ・・・
中華料理だと熱い料理の具にキュウリが入ってると言う事も、たまにある気はするんですけどね。
でも、きゅうりってば冷えててシャキシャキ感があってこそというのが、どうしてもねぇ・・・
で、さらに言えばゴロゴロ入ってるセロリは大がつくほど嫌いなお野菜だったり・・・

と言う事で、辛そうな見た目も相まって、少々選択を誤っちゃったかな・・・と思いつつも食べてみる事に・・・・
一口頂いてみると、見た目や香りほど辛くはない。
辛いは辛いけれどもむせ返るほどではなく、意外と美味しい味付けがきちんとされているのが分かる程度の辛さ。
キュウリはやはり違和感はあるけれども、これはこれで悪くはない。

細切りの豚もつは、かなり柔らかく煮込んであり、独特の臭みもうまく抜いてある。
このクニュクニュとした噛み応えと、噛むと出てくるもつ独特の旨みが、これまたえらく美味しいのですよねぇ。
せろりは・・・
もうどんな味付けになってても、これはもう素材の時点でどうにもこうにもダメなのです。

もっと味なんかわかりゃしないくらいの激辛なものが出てくるかと思ったのですが、さすがにその辺は上手に味付けされてますよねぇ。
こちらはご飯のお替りは無料なのだけれども、そこまでご飯が必要なほど辛くもなく、ボリュームも十分だったのでお替りはお願いしなかった。
で、辛いものを食べ終わった後に、すっきりした甘みののの杏仁豆腐がまたよい感じなのですよねぇ。
お味自体はそう大したものではないのだけれども、すごく滑らかな舌触りのもので、この辺で頂ける杏仁豆腐では一等のような気もする。
いや、あくまでもおまけで付いてくるデザートとしては、だけれども。

まぁ、この辺でランチに困ったら、杜記さんにくればお味もお値段もまず外れはありませんしねぇ。
ありがたいお店であります。
今日も美味しいランチでありました。

店名 関内 杜記 海鮮火鍋菜館
住所 神奈川県 横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
電話 045-231-2310
営業 [平日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [土曜日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [日曜・祝日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
定休 月曜(月曜祝日の場合は火曜休み)
ぐるなび お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

豚ロースのマスタードパン粉焼き@馬車道 ビストロ パリ17区

さて、今日は馬車道にある「ビストロ パリ17区」さんへ・・・
お店の前を通り掛かった時に、店頭にあるランチメニューの書かれているボードを見たら、魅力的なものだったので、今日はこちらで頂く事に・・・

お店に入ると、先客は一組、後からもう一組こられたけれども、こちらもお味が良くてお安い割にはいつも空いているのですよねぇ・・・
まぁ、ランチ時とは言え、馬車道周辺はやはり平日の方がランチの利用客が多いのかも知れませんが。

さて、今日のランチは
・豚ロースのマスタードパン粉焼き 800円
・マグロのオリーブオイル焼き 800円
・キッシュ 700円
の3種類。
+100円でドリンク、+300円でデザートが付けられる。

今日のメニューの内、キッシュは昨年の12月20日にマグロのオリーブオイル焼きは5月30日にそれぞれ頂いたことが有る。
どちらのメニューも美味しかったのだけれども、今日一番に目を惹いたのは「豚ロースのマスタードパン粉焼き 800円」

豚ロースのマスタードパン粉焼き・・・想像したのは大通公園沿いのフレンチレストラン「ショー・ラパン」さんのランチで球に登場する「ポークカツレツ マスタードソース」のような感じのものかな、と・・・
どちらにしても、豚ロースでマスタードとなっていれば、かなり惹かれるものがありますからねぇ。
と言う事で「豚ロースのマスタードパン粉焼き 800円」をお願いした。

先にスープとパンが到着
ぱん
スープはニンジンの冷製ポタージュ
ぼくはニンジンは苦手なのだけれども、こちらのポタージュは苦手なニンジン独特の臭みがなくておいしく頂ける。
パンは外がカリッと、中はふわっとな焼き立てパン。
このパンが、また結構おいしいのですよねぇ。

スープを頂き終わると
ぶた
ろーす
なか
メイン到着
パン粉焼きとなっていたので、衣を付けてあげ焼きしたポークカツを想像したのだけれども、見た目はどちらかと言えば上にくるトンを散りばめたポークソテーに近い。
キャベツなどをコンソメスープで茹でた感じ?のものが添えてあり、これがまた美味しい。

喰いでのある厚みのある豚ロースなのだけれども、結構柔らか。
適度に脂身が残してあるので、肉のうまみだけでなく脂の甘味も十分感じられる。
上には多分マスタードが塗られているのかな?でくるトンがちりばめられていて、良い感じに香ばしさをプラスしている。

マスタードソースは「ショー・ラパン」さんのマスタードソースのようなドロッとした如何にも濃厚なものではなく、もう少しさっぱりとした風味のもので、マスタードの酸味と辛味が良い感じに利いていて、これまた美味しいソースなので、パンで拭って最後まで美味しく頂いた。

これで800円なのだから、相変わらずお得なランチセットですよねぇ。
今日も美味しいランチでありました。

店名 ビストロ パリ17区
住所 横浜市中区相生町4-65-3 馬車道メディカルスクエアビル1F
営業 ランチ  火~土 11:30~14:30(L.O.13:30) 
    ディナー 火~土 17:30~23:00(L.O.22:00) 
             日 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休 月曜
ぐるなび お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ヤキソバ@曙町 一っとく

さて、今日は曙町にある中華料理屋「一っとく」さんへ・・・
こちらへは5月15日以来になりますねぇ。
こちらは結構好きなお店なのだけれども、割といつでも開いているし近いしで、行こうと思えばいつでも行けるという思い込みがあって、かえって中々行く機会がないのですよねぇ・・・

さて、お店に入ると先客はお一人。
空いている席に着いて壁張りのお品書きを眺め、しばし検討。
「一っとく」さんと言えば、なんと言っても懐かしい系のお味の「やきめし 450円」が第一選択肢になるのだけれども、なんとなくいつも麺類とこのやきめしの組み合わせばかりをお願いしている気がするので、たまには別のものを・・・

こちらは中華屋さんなのだけれども「かつ丼」や「肉丼 600円」「親子丼 600円」など丼物も結構種類が有り、その内「親子丼 600円」にはカッコ書きで(ポーク)と書かれている。
んー・・・これはいわゆる他人丼と言うやつかな・・・・
この他人丼、横浜橋商店街入り口横の「豊野亭」さんでお願いすると「えび天とカツの卵とじ」という珍しい組み合わせのものが出てくるのだけれども、大概のところは豚肉の卵とじが上に乗った丼ものを指すらしい。

これはこれで美味しそうだったので、他に目を惹くものがなければこれにしようと思い、お品書きを見直すと、なんとなく「ヤキソバ 500円」と言うメニューが目に留まった。
んー・・・中華屋さんでヤキソバと言うと「固やきそば」の場合と「炒麺」の場合、あとはスタンダードな鉄板焼きそばのような感じのものが想像できるかな・・・
まぁ、ご主人に聞けば手っ取り早いのだけれども、まぁどういうものが出てくるのかを楽しみにしてみるのも良いでしょう。
と言う事で「ヤキソバ 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
さら
やき
そば
出てきたものは、見た感じヤキソバと言って真っ先に想像できるものですねぇ。
ただ、屋台の焼きそばのようなソースの強い香りはなく、そこはそれ中華料理屋さんらしくニンニクとショウガの風味が立ったもの。
見た目は鉄板焼きそばぽいけれども、お味の方は炒麺のそれに少し近い感じ。

具はキャベツ、ニンジン、豚肉。
それに細かく刻んだ生姜とニンニクが入っている感じ。
屋台の焼きそばほどチープでもないし、中華料理店の炒麺ほど本格派でもなく気軽な感じ。
そんなに特徴のあるものではないけれども、こう言う焼きそばも美味しいものです。
次は親子丼を頂いてみましょうか。

やきそばと言えば、井土ヶ谷の「香林」さんのやきそばが美味しかったような・・・
10年以上頂いてないから、今度食べに行ってこよう・・・
今日も美味しいヤキソバでありました。

店名 一っとく(一特)
営業 11:30~21:30
定休 月曜
場所 鎌倉街道沿い、中華一番本店さんの信号を挟んで斜向かい

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。