塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬会飯@長者町 龍鳳閣

さて、またぞろ歯医者さんへ行く羽目に・・・
苦手なのにねぇ・・・
と言う事で、今日は昼前に歯医者さんに行ったので、ついでに近場でランチを・・・
どこに行こうかと思ったのだけれども、そう言えば「龍鳳閣」さんにjは平日昼に伺った事が無かったので行ってみる事に・・・

お店に行ってみると、意外なほどに盛況。
土曜のお昼はこんなに入っていないのだけれども、平日昼の方がお客さんが入るのですねぇ・・・
表のランチボードを見ると、今日のランチは
・牛バラ煮込み定食
・冷やし中華そば
の2種類のもよう。

んー・・・、龍鳳閣さんで牛バラは一度牛バラそばを頂いているし、冷し中華もレギュラーメニューの方を頂いて事が有る・・・
と言う事で、とりあえず席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
「豚ばらご飯 700円」にしようと思いお願いしてみたら「すいません。豚ばら綺羅しちゃってて」とのご返答・・・

さて、それならどれにしましょうか・・・
目に着いたのは「冬麺 800円」
んー・・・たまには肉っ気を抜くのも良いですねぇ・・・
でも、今日は麺系って気分でもなし・・・
と言う事で「冬会飯 800円」をお願いした。
って、後でお品書きを見返して気が付いたのだけれども「冬麺 800円」「冬炒麺 800円」と言うのはお品書きに有るものの「冬会飯」なんぞと言うメニューはなかった・・・
そばと炒麺が有るから普通にあるものだと思って確認せずにお願いしてしまったのだけれども、普通に作ってくれた。

待つ事しばしで到着
すーぷ
しい
たけ
めし
中々綺麗な見た目。
具は冬、ニンジン、青菜、たけのことシンプル。
冬丼といえば、伊勢佐木の「呼応福飯店」さんで一度頂いているのだけれども、あちらのお店のものより色どりが鮮やかですねぇ。

味付けもシンプルながら、ゴマ油の香りと風味が良い感じですねぇ。
肉厚で旨みたっぷりの冬も美味しい。
野菜もたっぷりなので、久しぶりに野菜をしっかり取ったと言う気になりますねぇ。
たまには、こう言う肉っ気ゼロの食事も良いものです。

次回は豚ばら飯を頂いてみましょうか。
美味しいランチでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

スポンサーサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ミニ豚ばら丼セット@長者町 翠葉DONDON

さて、今日は長者町に在る中華料理店「翆葉DONDON」さんへ・・・
こちらは何年振りだろう…結構久しぶり。
少し前に夜中に何気なくTVを付けていたら、こちら「翆葉」さんのCMが入ったのですよ・・・
UHFローカルのTVKの深夜帯とは言え、支店含めて4店舗しかない翆葉さんでもTVCMなんて流すのですねぇ・・・
てな事を思い出し、なんとなく餃子が頂きたい気分で有った事もあり、こちらに寄って見た次第。

長者町には「翆葉 長者町店」さんと「翆葉DONDON」さんの2店舗が並びで在り、前者は麺類や定食中心のお店で、後者は丼や麺類中心で一品料理も298円均一と言う居酒屋的な格安中華屋となっている。
餃子に関しては、さすがにどちらも支店だけあって売りなご様子で、「翆葉 長者町店」さんは、毎週水曜日餃子半額サービスをやっているらしい。
どちらにしようかと思ったのだけれども、「翆葉DONDON」さんの店頭メニューボードで豚ばら丼の文字を見つけ、こちらで頂く事に・・・

お店に入ると先客は一組。
こちらのグループは食事と言うよりも居酒屋感覚で利用されているご様子で、すでに出来上がり盛り上がっていた。
とりあえず空いている席に着いてお品書きを眺める・・・
こちらの丼物はえらいお安く、麻婆丼、カレーライス、茄子チリ丼、牛バラ丼、豚ばらすき焼き丼などは390円らしい・・・
んー・・・丼に餃子を合わせますかねぇ・・・
と思ってお品書きを見ていると「ミニ豚ばら丼セット 490円」が餃子も付いてお得なようなので、こちらをお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
せっと
ミニ豚ばら丼、餃子、中華スープ、ザーサイのセット。

豚バラ
ミニ豚ばら丼
お茶碗大盛りサイズのご飯の上にもやし、刻みキャベツ、豚バラが乗せられている。
少し甘みのとろみ餡が中々美味しいですねぇ。
ミニとは言え、ボリュームはそこそこ。

餃子
このセットのメインであろう餃子
中々綺麗な焼き上がりで、焼き目の部分はパリっと、上の部分の皮はモチっとしている。
ややにんにくの風味が強めで好みに合っていますねぇ。
依然頂いた時は確か200円くらいだったはずだけれども、現在は少し値上がり250円くらいらしい。
どちらにしても、多くの街中中華なら300円以上とって、こちらよりお味が落ちるものが多い事を考えれば、ずいぶんお得かと。
て言うか、普通に美味しいですねハイ

このセットで490円はお安いですねぇ。
こんどは他のセットも頂いてみましょう。
中々美味しい餃子でありました。

店名 翆葉DONDON
住所 横浜市中区長者町9-154
電話 045-261-1615
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ふかひれ入りあんかけ炒飯@若葉町 福龍菜館

さて、今日は若葉町の中華料理店「福龍菜館」さんへ・・・
ここのところどうも麺類ばかりが続いている事もあり、今日はなんとなく炒飯が頂きたい・・・
炒飯となると、曙町の「一っとく」さんのやきめしか、若葉町の「福龍菜館」さんのあんかけ炒飯か・・・
どちらにしようかと思ったのだけれども、今日はあんかけ炒飯の魅力が勝った。

と言う事で、「福龍菜館」さんへ・・・
お店に入ると先客はゼロ。
奥の席を取りお品書きを眺めていると、店員さんがお冷とともに定食メニューも持ってきてくれた。
定食メニューは6,7種類あり、800円~900円程度なのだけれども、珍しい事にサービスでミニビールを付けてくれるらしい。

とは言え、お酒を嗜まないぼくにはビールはメリットの意味をなさない・・・
まぁ、これから暑い日が続きそうだし、食事前にビールで軽く喉をを潤したい方にはうれしいサービスかと。
とりあえずお品書きを眺めては見たものの、やはり今日はあんかけ炒飯ですかねぇ・・・
と言う事で「ふかひれ入りあんかけ炒飯 680円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
すーぷ
付け合わせのスープは豆腐ときくらげ。
優しいお味でさっぱりしていておいしい。

あん
かけ
炒飯
メインのあんかけ炒飯
あんかけと言っても、どちらかと言えばスープ炒飯と言って良いくらいに具沢山の餡がたっぷり。
この前頂いた時より見た目の色彩が豊かになっている感じがする。

餡の具はふかひれ、タケノコ、えのき、シイタケ、豚肉。
豚の細切りはうっすら衣を纏っている。
しっかりしたとろみが付いていて、お味も中々。
炒飯の方は、叉焼、ニンジン、ネギ、玉子、グリンピースが入っており、パラパラの炒め上がり。
見た目が鮮やかになったのは、前回は行っていなかったニンジンと、グリンピースが入った為のようだ・・・まぁ、どちらも苦手なのだけれども見た目は綺麗・・・・

これだけしっかりしたあんかけ炒飯が680円と言うのは、かなりお安いですよねぇ。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00(ってなってますが、昼休憩があったような・・・)
定休 なし(ってなってますが、日曜はお休みになったかも)
福龍菜館 関内店情報
福龍菜館サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

麻婆豆腐麺@横浜ポルタ 匠 ~Jung~

さて、今日は横浜ポルタのレストラン街に在る麻婆豆腐と担々麺の専門店「匠 ~Jung~」さんへ・・・
外はえらい雨が降っているので、この雨の中夕食を食べるところを探して歩くのもあまりに面倒くさい・・・
と言う事で、雨にぬれずに済む横浜駅ビル内で頂く事に・・・

どこで頂こうか迷ったのだけれども、何となく麻婆豆腐が頂きたくなりポルタのレストラン街に在る麻婆豆腐と担々麺の専門店「匠 ~Jung~」さんへ行く事に・・・
お店に行くと、先客は数組だったのだけれども、後から何人も入ってこられて、中途半端な時間帯の割に結構な盛況ぶり・・・

とりあえず空いている席に着きお品書きを眺める・・・
んー・・・麻婆豆腐が食べたくて入ったので、ここは素直に「麻婆豆腐定食 750円」にしておこうか・・・ご飯お替り自由だし・・・・
と思ったものの、メニューの中に在る「麻婆豆腐麺 700円」が目を惹いた。
そう言えばこちらでは担々麺と麻婆豆腐定食は頂いた事は有るのだけれども、この麻婆豆腐麺と言うメニューは頂いた事がない。
と言う事で「麻婆豆腐麺 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
麻婆
麺
まぁ、まんまのお姿ですねハイ
こちらは通常の麻婆豆腐や担々麺より更に辛い「麻辣麻婆豆腐」や「麻辣担々麺」などが用意されているため、頭に「麻辣」の付いていないメニューはさほど辛くはない。

この麻婆豆腐麺も辛さはさほど強くなく、どちらかと言えば若干の酸味がスープに有る方が目立っていた。
まぁ、ぼくは元々さほど辛いものは得意な方ではないし、このくらいがちょうど良いですが・・・
こちらは備え付けの調味料に混ざってフライドガーリックも置いてあるので、これはたっぷり入れさせてもらう・・・
考えてみれば、このフライドガーリックをラーメンち少し散らすだけで100円もオプション料金を取っていた曙町に有ったラーメン屋「ラーメン 小林」さんは、ずいぶんせこい事をやっていたのだな、と・・・

まぁ、「ラーメン小林」さんはあっと言う間に閉店し田野は当たり前だったかも知れませんねぇ。
現在この店舗には「つけ麺屋 司郎」さんと言うお店が入っているのだけれども、どうももともとこの店舗は居着きが余り良くないらしく、今のお店もあまりお客さんが入っているようには見えないので、一体いつまでもちましょうや・・・
お味は悪くはないのですけれどもねぇ・・・

さて、この麻婆豆腐麺、適度な辛みと風味が有り、お味の方は意外と悪くなかった。
少し固めにゆでられたストレート麺の食感も好みですねぇ。
長者町の刀削麺のお店「華隆餐館」さんの麻婆刀削麺 汁無し
みたいに、スープはなくても美味しいかも知れませんねぇ・・・

中々美味しい麻婆豆腐麺で有りました

店名 匠 ~Jung~
住所 神奈川県横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口地下街ポルタ
電話 045-440-0141
営業 11:00~23:00(L.O.22:00) 
定休 不定休(ポルタ休館日)
ぐるなび お店情報
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ニラ玉あんかけ冷やし中華@宮元町 雲海

さて、今日は一見のお店へ・・・
16号線沿い、宮元町に在る中華料理店「雲海」さん。
通り掛かりに表に出ていたランチメニューの書かれたボードを見て、美味しそうだったので入ってみた次第。

お店に入ると、テーブル席1つを残して埋まっているくらいに盛況なご様子。
とりあえず空いている席へ・・・
ランチメニューは650円程度の定食が中心で4,5種類あり、ご飯・スープはお替り自由との事、
他にも「餃子セット(餃子+ライス+スープ) 420円」やら「ラーメンセット 550円」やら全体的にかなりお安い価格設定。
まぁ、これならこの盛況ぶりも当たり前と言ったところでしょうか。

さて、ぼくが表のボードで見かけて気になっていたメニューはと言えば
「ニラ玉あんかけ冷やし中華 550円」
こちらには、これの他に冷やし中華が
「ねぎチャーシュー冷やし中華 600円」
「バンバンジー冷やし中華 650円」
「くらげ冷やし中華 700円」
と全部で4種類あるらしい。

とは言え、やはり一番面白そうなのは「ニラ玉あんかけ冷やし中華」ですよねぇ・・・
他のものは、大体どんなビジュアルで出てくるか想像に易いですからねぇ。
まぁ、クラゲも最近頂いていないし、あの食感も好きなので興味はあったのですが、今日のところはとりあえず・・・
と言う事で「ニラ玉あんかけ冷やし中華 550円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
にら
たま
冷し
あら・・・想像していたものとは若干見た目を異にしたものが出てきましたねぇ。
てっきり、オムレツ状態のニラ玉に茶系の甘酢餡の掛かった天津丼の冷やし中華版のようなものが出てくるのかと思っておりました。

が、出てきたものは熱々のニラの掻き玉に中華餡の掛かったものが冷水で〆られた中華麺の上に掛っていると言うものでありました。
中華餡は中華スープを塩コショウで味付けしたものにとろみをつけたもので、甘酢餡の様な酸味はなくシンプルでさっぱりしたお味。
麺はしっかり冷水で〆られた、腰のあるストレート麺。

ニラの風味が立っているので、ニラが苦手な方にはきついでしょうけれども、ぼくはこう言うの好きですハイ
結構さっぱり系で、しつこくないのでこう言う暑い日のランチには向いているでしょうね。
こう言う冷やし中華も面白いですねぇ。
今度は「ねぎチャーシュー冷やし中華 600円」を試してみましょうか。

中々美味しい冷やし中華でありました。

店名 中華家庭料理 雲海
住所 横浜市南区宮元町1-17-5
電話 045-715-2829
営業 11:00~15:00 17:00~23:30
定休 水曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ローストビーフの冷製パスタ@馬車道 ビストロ パリ17区

さて、これは今日のランチのネタ。
今日のランチは馬車道に在る「ビストロ パリ17区」さんへ・・・
行きがけに、大通り公園沿いの「ビストロ ショー・ラパン」さんの前を通り掛かったら、まだ開店まで少し間が有ると言うのに、結構並んでいらっしゃいましたねぇ・・・
相変わらずすごい人気・・・確かに美味しいですもんねぇ。

とは言え、今日は何となく外でお待ちのお客さんの存在を気にしながら追い立てられるようにしてランチを頂く気にもならず、そのまま馬車道へ・・・
そう言えば、住吉町に在る夜はLive Barで昼だけ間借りしてやってると仰っていたヤドカリ商売なランチバイキングのお店「HARMONIZE YOKOHAMA ハーモナイズ・ヨコハマ」さんに立ち寄ってみたのだけれども、表に看板が出ておらず,どうやらランチバイキングはお止めになっている模様・・・
格安で内容の充実度がかなり良かったお店なだけに、お止めになったのなら残念ですねぇ・・・

そんなこんなでぶらぶらとしていると「ビストロ パリ17区」さんに行き着いた。
お店の前にはランチメニューの書かれているボードが置いてあり、今日は2種類。
・ローストビーフの冷製パスタ 800円
・ヒラマサのオリーブ油焼き 800円
+300円でデザート(今日はガトーショコラ)、+100円でコーヒーか紅茶が付けられる。
美味しそうだったのでとりあえず中へ・・・

お店に入ると、今日は先客が3グループほど。
空いているテーブル席に着き、今日はどちらを頂こうかしばし検討・・・
そう言えば、前回「マグロのオリーブオイル焼き 800円」を頂いたのでしたねぇ・・・
となれば、今日は自動的に「ローストビーフの冷製パスタ 800円」をお願いする事に・・・

先に
ぱん
ニンジンの冷製ポタージュと焼き立てパンが到着。
ぼくはニンジンが苦手なのだけれども、こちらのポタージュは臭みやエグみがなく、さっぱりしていて美味しく頂けた。
パンは表面はカリッと中はふんわりしていて美味しい。
このパンはお替り可能だそうです。

続いて
ろーすと
びーふ
ぱすた
パスタも到着
おぉ・・・随分たっぷりとローストビーフが上に乗せられていますねぇ。
しかも焼き加減がミディアムレアな好みにばっちり有った焼き上がり。

トマトベースでしっかり味の付けられた冷製パスタの上にローストビーフとルッコラが散らされ、その上から酸味のあるサパp利したフレンチドレッシングの様なソースがかけられている。
しっかり冷やされたパスタのプリッとした歯応えが良い感じ。
ローストビーフも柔らかすぎないしっかりしたした歯応えが有り、噛み締めれば肉の旨みが十分感じられる。
トマトソースで味が付けられているので、ドレッシングチックなソースが掛かっていてもサラダのような軽すぎる感覚もなく、さっぱりとしながら十分なボリュームが感じられる。

んー、これは美味しいですねぇ。
こちらには、まだディナーには寄らせて貰った事がないのだけれども、昼のランチでこれなら夜はきっとかなり美味しいものが頂けるのでしょうねぇ。
一度は夜にも頂きたいものです。

今日も美味しいランチでありました。

店名 ビストロ パリ17区
住所 横浜市中区相生町4-65-3 馬車道メディカルスクエアビル1F
営業 ランチ  火~土 11:30~14:30(L.O.13:30) 
    ディナー 火~土 17:30~23:00(L.O.22:00) 
             日 17:30~22:00(L.O.21:00)
定休 月曜
ぐるなび お店情報

テーマ:Lunch♪ - ジャンル:グルメ

高原レタスとカニの冷製パスタ@伊勢佐木 プロント

2週間くらい前に頂いて載せ忘れていたネタ・・・
伊勢佐木モール沿いに在る、昼はパスタ屋、夜はバーなお店「PRONT プロント」さん。
どうやら、夏の時期と言う事もあって先月に引き続き冷製パスタを月替わりメニューに加えていらっしゃるので、頂いてみた次第。

頂いたのは
れたす
かに
ぱすた
7月の月変わりパスタ3種のうちの一つ「高原レタスとカニの冷製パスタ 750円」
冷水で〆た細めのパスタの上に覆うようにレタスが散らしてあり、その上にカニのほぐし身が乗せられている。
味付けは酸味のあるさっぱりソースで、レタスのシャキシャキ感や細めのパスタも相俟って、サラスパの様な感じ。
うだるような暑さで食欲がいまいちな感じの時にも美味しく頂けそうな感じですねぇ。
中々美味しかったですハイ

店名 PRONT エクセル伊勢佐木モール店
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-7-1 エクセル伊勢佐木1F
電話  045-232-8615
営業 平日 カフェ 9:00~17:30  バー 17:30~22:00
     (土曜は7:00~  日祝は8:30~)
定休 第2月曜
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

中華そば&カレーライス@伊勢佐木 帯広亭

さて、今日は伊勢佐木モール沿いに有る豚丼と帯広ラーメンなお店「帯広亭」さんへ・・・
こちらへは4月につけ麺を頂いて以来になりますねぇ。
帰りがけに伊勢佐木モールを歩いていたら、いきなりスコールの様な雨が降り出して、もはや店探しも面倒になり、ちょうど目の前に有ったこちらへ入る事に・・・
て言うか、朝も出勤途中から激しく降って濡れ捲るし、今日は散々ですねぇ・・・
誰の泪雨だか知らないけど、泣きが入ったのはこっちだわ・・・

さて、こちら「帯広亭」さん・・・
元々は「炭火焼き豚丼 がんそ」さんと言う屋号で豚丼専門店として開店したはずなのだけれども、いつの間にやら帯広ラーメンも出すお店として「帯広亭」さんと屋号をお変えになったお店で、つけ麺なども出し足り大盛りや特盛りを無料サービスにしたり色々試行錯誤をされているご様子。

今日も、お店の入り口に貼ってあるメニューを見たら、冷やし担々麺くらいまでは季節のもので良いとしても、とうとうカレーライスや中華そばまでお始めになったようだ。
まぁ、正直チェーン店が多く比較的安価で外食ができてしまう伊勢佐木モール沿いに有っては、お味は悪くなくとも680円と言う価格の豚丼一本で勝負するにはを考えたら厳しいと言わざるを得ないですよねぇ・・・
そもそも、こちらで言う豚丼は、北海道で言うそれとは違い狂牛病問題でアメリカ牛肉が輸入停止になった時に、各牛丼チェーン店が代替品として出した「豚丼」のイメージが強いし、まったく違うものとは言え、イメージ的にはねぇ・・・

まぁ、それは兎も角、早速階段を上り二階に有るお店へ・・・
こちらは食券を先に購入するシステムなので、券売機で「中華そば 490円」と「カレ―ライス 360円」の食券を購入し、店員さんに手渡す。
中華そばは大盛り無料との事なので大盛りでお願いした。
先客はお一人のみだったので、空いているテーブル席へ・・・

待つ事しばしで到着
らー
めん
中華そば
見た目の印象・・・少なっ
て言うか、どんぶりが大きすぎるのです、これ。
分量は確かに大盛りと言うだけのボリュームは有るのですが、丼とのバランスが悪く、見た目の印象がすごく少なく見えてしまって良くないのですね・・・
それにプラスしてスープの分量は明らかに麺とのバランスを考えても少ないです。

多分、こちらのお店でスープは作らず、工場で作ったスープをレトルトか希釈スープにしてお店にもってきて、それを薄めたり温めたりして使うと言うものなのでしょうね。
なので、大盛りにしようがどうしようが決まったスープの分量しか入れられないから、ただでさえどんぶりの大きさとのバランスが悪いのに、さらにスープが少ないから見た目やたらに少なく見えてしまうものかと・・・
せめて、どんぶりの大きさは考えた方が良いと思いますねぇ・・・
あのどんぶり・・・、それこそ挑戦メニュー用でもいけそうな大きさですからねぇ・・・

具はチャーシュー、メンマ、のり、ネギ。
麺は中太縮れ麺。
スープは中華そばと言うだけあって、奇を衒わない昔懐かしい感じの、ちょっと甘めでややにんにく?ぽい風味のするもの。
麺は割とぷりっとした腰のあるもので、結構いけますねぇ。
490円と言うお値段を考えたら、お味もボリュームも十分なレベルじゃないでしょうか。
それだけに、見た目のバランスからくる印象の悪さだけは改善した方が良さそうですが・・・

かれー
カレーライス
これは360円なのですが、入口の写真メニューの付された説明によるとボリュームは520gもあるそうで、さすがにボリュームはかなりのもの。
若干甘めのカレーで、取り立てて特徴のあるものではないけれども普通に美味しいですハイ
具は少し肉の欠片が有るかな?くらいだけれども、その辺は何かオプション具材でも用意してあるんじゃないでしょうか…いや、確認してないけど・・・
牛丼チェーンでカレーを食べるなら、こちらの方が価格も大して変わりませんしお味も悪くないですからボリュームの分だけお薦めです。

開店以来やや迷走の感のあるこちらのお店ですが、基本お味自体はそんなに悪くないのですから、工夫次第でもう少し魅力あるお店になりそうなんですけどねぇ。
財布に優しいお店になりつつあるのは個人的にはありがたいですハイ

今日も美味しい夕飯でありました。

店名 横浜市中区伊勢佐木町2-62 2F
電話 045-260-5890
営業 日月火水木は11:30~21:00 
    金土は11:30~23:00
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ポテトやきそば&宇治金時@八幡町 磯村屋

さて、今日は八幡町に有るやきそばとおでんなお店「磯村屋」さんへ・・・
一昨日だったかに帰りがけに寄ってみたら、まだ閉店時間前のはずだったのだけれどもシャッターが半閉まりで入れなかったので、今日改めて寄ってみようと思って見た次第。
雨降りだからどうしようかと思ったのだけれども、土日は混みますしねぇ・・・

お店に行ってみると、今日は無事開いている。
「かき氷」の小旗がはためいており「おでんは9月までお休みです」旨の張り紙がしてあった。
お店に入ると、先客は3組ほど・・・
相変わらず人気有りますねぇ・・・

とりあえず空いている席に着いて「やきそば ポテト 大 300円」をお願いした。
こちらには、野菜・肉・ポテト・玉子の具の種類と、それの2種、3種の組み合わせでお願いする事が出来るけれども、個人的にはやはり「ポテト」は外せませんねぇ・・・
カレー味をお願いしようかとも思ったものの、今日はスタンダードにソースでお願いした。

待つ事しばしで到着
やき
そば
この香ばしい香りが何ともいえず、食欲をそそりますねぇ。
ホクホクとしたポテトも甘みが有って最高ですねハイ
やはりやきそばと言えば、こう言う水分の飛んでいる若干香ばしさの出た鉄板焼きそばですよねぇ。
相変わらず美味しい。

さて、やきそばを頂き終わったところで「今日、かき氷は出来ますか?」と尋ねたところ「できますよー」とのご返答。
さらに「今日は雨ふりで涼しいからー・・・。お客さんでまだ2人目だよ、かき氷」と・・・
まぁ、確かに今日はかき氷って気分になる人はあまりいないかも知れませんねぇ・・・
7月の後半とは思えない陽気ですしねぇ・・・
「じゃあ、かき氷お願いします」と言ったら「何色にするー?」と・・・

そう言えば、去年もかき氷を注文した時に同じ事を聞かれましたっけねぇ・・・
かき氷は、メロン・イチゴ・スイ・ブルーハワイ・レモンなどが250円
ミルクメロン・ミルクイチゴ・あずきなどが350円
あずきミルク・宇治金時は400円。

「何色にするー?」と問われれば「緑でお願いします」と応えるところなのだけれども、そう答えると出てくるのはきっとメロンでしょうね・・・
メロンは昨年頂いていますからねぇ・・・
今日は、やはり「宇治金時 400円」でしょう。
と言う事で「宇治金時 400円」をお願いした。

抹茶ソースの有無で少しお迷いのご様子だったけれども、無事に見つかったらしい・・・
待つ事しばし
宇治
金
時
「よくかき混ぜて食べてねー」との一言とともに到着。
んー、美味しそう。
と言うか、宇治金時ってなぜか贅沢な食べ物なのよね…ぼくの中では・・・・

かき混ぜて一口・・・
んー、やはり美味しい。
って、氷のシャクシャク感の他に、別の口溶けしないシャリシャリした感じが・・・
一瞬何かと思ったら、どうやらお砂糖が少し掛けられていたようだ。
んー・・・個人的には、このお砂糖はなくても良かったですねぇ。

このちょっと涼しい陽気の最中、頭をキンキン言わせながら頂くかき氷もまた乙なものです。
今日も美味しいやきそばとかき氷でありました。

店名 磯村屋
住所 横浜市南区八幡町4
電話 045-261-0956
営業 11:30~17:30
定休  水曜日
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

米粉@長者町 龍鳳閣

さて、今日の夕飯は長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に行くと先客はお一人。
とりあえず空いている席に座りお品書きを眺めてみる・・・
お品書きの裏を返してみる・・・
そう言えば、この「米粉(ビーフン) 700円」を頂いてみようと思っていたのでしたねぇ。
と言う事で「米粉(ビーフン) 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
前
うえ
めん
うぉ・・・なんか山盛りですねぇ。
具は海老、豚肉、ピーマン、タケノコ、ニンジン、もやし、きくらげがたっぷり入っていて、上には錦糸卵が乗せられている。

お味は塩胡椒中心のシンプルな味付けで、豚の脂の旨みや香ばしさ、野菜の甘みも出ていて最後まで飽きずに頂ける。
野菜のシャキシャキ感やきくらげのクニュクニュ感、海老にプリッとした食感なども良い感じ。

そう言えば、焼きビーフンってずいぶん久しぶりに頂きましたねぇ。
昨年2月に伊勢佐木の「白雲楼」さんで頂いて以来でしょうか。
中々置いているお店もありませんですしねぇ。
次は豚ばらそば辺りを頂いてみましょうか。

今日も美味しい夕食でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

他人丼@横浜橋 豊野亭

さて、今日は横浜橋通商店街、大通り公園側入り口横に有る天丼と定食なお店「豊野亭」さんへ・・・
何となくかき揚げ丼が食べたくなり、そう言えば豊野亭さんではかき揚げ丼を出していたような気がする・・・と思いだして寄ってみた次第。

お店に入ると、先客はゼロ。
入口左側に有る券売機を見てみると「かき揚げ丼」の発券ボタンがない・・・
あら・・・一応店員さんに「かき揚げ丼ってやってませんでしたっけ?」と尋ねてみたら「天丼 600円の食券を購入して下さい」との事。

それじゃあと言う事でお金を入れてボタンを押そうとしたら「あ、今作れる人が外に出ちゃってるので出来ないから、他のを」と言われてしまった・・・
ついてませんね・・・
んー・・・かと言って、普通の天丼では芸がない・・・・
と言う事で「他人丼 500円」の食券を購入し、大盛り+50円でお願いした。

待つ事しばしで到着
他人
こちらの他人丼は、ちょっと変わっている。
他店でよく見かける他人丼は「親子丼の鶏肉を豚肉に替えたもの」と言う感じのものが多いのだけれども、こちらの他人丼はとんかつ&エビフライの玉子とじが乗せられている。
まぁ、他人丼ですからね…鶏卵は鶏以外とならどんな組み合わせだって他人であります。
ぼくは海老が苦手なのだけれども、まぁこう言う面白い組み合わせもありますよと言う感じで・・・

お味は、さほど特徴的ではないものだけれども、それだけに普通に美味しい。
て言うか、相変わらずこちらも盛の良い事で・・・
550円で、これだけのボリュームのあるどんぶり物を出してくれるところはそうはないでしょうねぇ。
今日も美味しい夕食でありました。

店名 豊野亭
住所  神奈川県横浜市南区真金町2丁目18
電話  045-261-6254
定休 日曜
参考サイト

余談その1
 朝出がけに、大通り公園でらじを体操をやっている子供たちの姿が・・・
そう言えば、彼らはこれから夏休みでしたね・・・
羨ましい事ですが、今実際にポンっと40日にも渡る長期休暇をもらっても、きっと子供の頃の様には楽しめないのでしょうね・・・

余談その2
 なんか蝉の声が全くしませんね・・・
先週だったかに一度今夏初の蝉の声を聞いたのですが、それっきりですねぇ・・・
7月ももう後半に入ったというに・・・
やはり、環境的な問題が自然に大きく影響し始めちゃってるのでしょうねぇ・・・
まぁ、壊すのは簡単ですが修復なんてできる能力は人間にはないでしょう。
現状のつけを未来の人らに押し付けるのは、ちょっと酷な気もしますが・・・

余談その3
 こちらの記事で紹介した日ノ出町のラーメン店「日の出らぁめん」さんの会員限定ラーメンですが、本来販売は昨日までだったはずが販売期間を延長するとのお知らせメールが来てました。
余程好評だったのか、逆に誰も知らなくて材料余りまくっちゃったのか、それとも単なる限定を謳う事で販売を促進する限定商売だったのか・・・
どちらにしても、濃厚豚骨の魚介風味スープがお嫌いでなければ、そこそこ美味しいですハイ
今度は7月31日までで土日も提供と言う事らしいですよ。



テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

レバの激辛そば@曙町 聚香園

さて、今日は曙町のピカソさん隣に有る四川料理なお店「聚香園」さんへ・・・
有隣堂さんで本を買った帰りに人気ラーメン店「二郎」さんの前を通ったら、とんでもなく並んでいたので諦め、向かいの刀削麺なお店「華隆餐館」さんを覗いてみたら、これまた結構人が入っていて時間がかかりそう・・・
そのまま上大岡方面に少し進んだところに有る「聚香園」さんは、さほど混んでいそうもないので、こちらで頂く事に・・・

さて、お店に入ると先客はお二人。
適当に席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
品書1
裏を返すと
品書2
こんな感じ。
そう言えば、聚香園さんと言えば黒炒飯が名物でしたっけねぇ・・・
壁貼りの品書き短冊には「冷やし中華 800円」と言うのもある・・・
んー・・・どれに致しましょうかねぇ・・・・

お品書きを眺めつつ、しばし検討。
セットメニューに有る「蒸し鶏の四川風胡麻辛子ソースソースかけ 700円」は前回頂いた。
確かに美味しかったのだけれども、冷菜をおかずにしてご飯を食べると言うのはどうも馴染めない・・・
目を惹いたのは「レバの激辛そば+半ライス 800円」
あー・・・レバなんて美味しそうですねぇ・・・・と言う事で「レバの激辛そばセット 800円」をお願いした。

妙に刺激的な香りが調理場から漂い始め、待つ事しばし・・・
出てきたのは
れば
劇
辛
そば
・・・・・・・・・地獄ラーメンですか?
見た目どころか、香りすらも尋常ではない・・・・
スープに浮いている油が赤いのは、やはり辣油なんでしょうね・・・
とりあえず一口・・・
いやいやいや・・・

別段辛さに強くもなく、こだわりもない人間が四川料理を標榜するお店に入った挙句、何の気なしに「激辛」の文字の入ったメニューを注文し、出てきた料理の見た目と香りに驚愕しつつも、なんとか平静を装いながら一口食べた瞬間、豪快にむせて醜態をさらす。
なんて、もはや様式美的な一連の間抜けな流れを思いきり再現してしまいましたね・・・

これは、ちょっと凄いですねぇ・・・
激辛好きな人からしたらどの程度なのかわかりませんが、少なくとも辛いものがあまり得意でないぼくからしたら、もはや味なんか分らないレベルですねハイ
ただ、こんな辛さの中でも、立派に風味を主張してのけるレバーと言う素材の個性を再確認しましたが・・・
後半やや辛さに慣れてくると、意外とスープが美味しいような気がしてくる。
いや・・・辛過ぎて良く分らなかったけど、意外と辛さだけではないしっかりしたスープだったような・・・
まぁ、どちらにしたってここまで真っ赤なスープは飲めやしませんが。。。

常であれば、麺を食べ終わったらライスをスープに投入して即席おじやに・・・
ってコースなのですが、このスープではさすがにそれも出来ず、スープの中から麺や具をサルベージしてご飯に乗せて辛みを和らげつつ食べると言う感じでしたねぇ・・・
担々麺の様な胡麻の甘みやまろやかさのあるスープと違い、ストレートに辛みが伝わるので、これは辛いものが余り得意ではない方は避けた方が良いでしょうね。
これで山椒なんか掛かってたら悶絶確定でしたね・・・

デザートに付いたタピオカの入ったココナッツミルクが異常に美味しく感じましたねぇ。
いやいや、大汗をかきながらのランチでしたな・・・
中々面白い、チャレンジ精神溢るるランチでありました。

店名 聚香園 曙町店
住所 横浜市中区曙町1-4
電話 045-262-9935
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

炸醤冷麺セット@伊勢佐木 杜記

さて、今日は伊勢佐木モール沿いの中華料理店「杜記」さんへ・・・
んー・・・こちらもなんだかんだ言って、良く寄らせてもらうようになりましたねぇ。
まぁ、お味も良くて安いですからね。
お得なランチセットしか頼まない嫌な客と化してますが・・・

お店に入ると、先客は一組で、後からも数組見えられた。
とりあえず席に着いて
品書
ランチメニューのお品書きなんぞを眺めてみる・・・
おや・・・「四川燃麺」のセットは、もはやランチの定番になったのですねぇ・・・
んー・・・「叉焼麺と春巻のセット」なんかも魅力的・・・

とは言え、今日も暑い・・・
前回頂いた「棒々鶏冷麺」のセットも美味しかったですし、今日も冷麺系で行きますかねぇ・・・
となると「炸醤冷麺」のセットですか・・・
と言う事で「炸醤冷麺+ライス 680円」のセットをお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
炸醤冷麺とご飯、杏仁豆腐のセット。
今日はどうやらスープは付かないらしい・・・

炸醤冷麺は
じゃー
めん
こんな感じ。
しっかり冷水で〆られた平打ち縮れ麺の上に肉味噌と胡瓜が乗せられている。
炸醤麺だと麺も具も温かいパターンだったり、麺は冷水で〆られていても上の肉味噌は暑かったりと言うパターンが多いのだけれども、さすがに炸醤冷麺と謳っている通り麺も肉味噌もキンキンに冷えている。

しっかり冷水で〆られた平打ち縮れ麺は、かなり腰が強くがっちりした食感。
こちらの麺って、かなり腰が強いから冷やし系には良く合いますよねぇ・・・
肉味噌は色合いが黒っぽく、他店だと唐辛子が入っていたりしてピリ辛のものが多いけれども、こちらのものは甜麺醤が多用されているのかかなり甘めの味付け。
肉味噌は、麺に絡めて頂くだけではなくご飯の上に肉味噌を乗せても十分美味しく、またたっぷり掛かっているので足りなくなるという事がない。
インパクトはないものの、普通に美味しい炸醤麺ですねぇ。

杏仁
おまけの杏仁豆腐も、相変わらず滑らかな舌触りのすっきりした甘みのもの。

そう言えば、こちらではいつも麺類ばかりで定食ってほとんど板ぢあた事が無かった気がする・・・
まぁ、今度はなんぞ定食でも頂いてみましょうか。
美味しいランチでありました。

店名 関内 杜記 海鮮火鍋菜館
住所 神奈川県 横浜市中区伊勢佐木町3-107-32
電話 045-231-2310
営業 [平日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [土曜日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
    [日曜・祝日]11:30 - 15:00/17:00 - 22:00 ランチ 11:30 - 15:00
定休 年中無休(てなってるけど、最近月曜はお休みされているような・・・)
ぐるなび お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

横浜限定 開港チーズバーガー@モスバーガー

さて、今日は休日だと言うに、珍しく昼には起きたのでランチなんぞと思い外へ・・・
今日はモスバーガーさんに行こうと思っていたのですよ・・・
と言うのもこんな記事を事前に知り、そしてモスの会員宛の携帯メールも来てましたからね・・・
とは言え、三連休初日、土曜のランチ真っ只中と有れば、どの店舗も混んでいそうな・・・
とりあえず、近場で一番空いていそうな医大通り沿いのモスバーガーさんを覗いてみて、混んでいたら諦めようと言う事で行ってみた次第。

お店に行ってみると、そこそこお客さんは入っているけれども、思いの外さほどでもない。
注文カウンターも一つしか稼働していなかったものの、一組のお客さんが前にいるだけで、すぐに順番が回ってきた。
順番が来て注文の段と相成り、とりあえずメニューを見てみるものの、やはり横浜限定の開港バーガーにしておきましょうか・・・
横浜限定のバーガーは「開港バーガー 580円」「開港チーズバーガー 680円」の2種
記事によると「魅力は高さ約11cmというそのボリューム。2枚のジューシーな厚いパティ(肉)にミートソースがたっぷりとかかり、迫力満点」と言う事らしい。

と言う事で「開港チーズバーガー 680円」にオニオンリング&フライドポテトとドリンクのセットになった「オニポテセット 350円」を注文。
ドリンクは、もちろんメロンソーダですねハイ
ドリンクだけ先に渡されて、ナンバープレートを持って空いている席へ・・・
そう言えば、これを注文すると「横浜開港150周年キャラクター・たねまるとコラボした共同ステッカーが限定でもらえるキャンペーン」とやらがおまけで着くらしかったが、それはものの見事にスルーされていた。
まぁ、ステッカー貰っても・・・と言う感じはするが・・・・

と言う事で
めろん
メロンソーダなんぞを飲みながら待つ・・・
て言うか、出来上がりまでに結構時間掛るのだから、ドリンクもその時一緒で良いのではないか・・・

待つ事15分ほど・・・到着
ぽて
オニオンリング&ポテトフライ
これ、結構好きなんですよねぇ。

で、件のバーガーは
開港
ちーず
こんな感じ。
写真では分かり辛いかと思うけれども、確かにかなりの厚み。
と言うか、これ普通にかぶりついて食べるのは無理でしょうね・・・
とは言っても、別にナイフだフォークだを持ってきてくれる訳もなく、かぶりついて食べる・・・
まぁ、ちゃんと紙ナフキンで包まれているのでこぼしはしないけれども、あまりみっとも良いものではないね・・・

お味の方は、まぁ、これはさすがにモスバーガー。
おやつ感覚の他のハンバーガーチェーンのものとは一線を画するだけあって中々のもの。
パテも厚みが有りそこそこジューシーでペッパーが効いていてなかなかに美味しい。
確かにレタスのシャキシャキ感も良い感じだし、トマトソースも結構いける。
食べごたえも十分でお味もそこそこ。

しかしまぁ、このセットで1030円ですからねぇ・・・
ランチに同じ金額出せば、もっと美味しものが食べれるでしょ、という考えがつい頭に浮かびますが、そこはそれ・・・
ネタで食べるものですから、そう言う考えは無粋と言うものでありましょう。
販売期間は7/18(土)から8/16(日)との事なので、居意味が有りましたら一度くらいお試しになっても良いかと。
ちなみに、確実に崩れると思いますので、出前や持ち帰りより店内飲食をお薦めします。

久しぶりのモスバーガーは中々美味しかったですハイ

モスバーガー サイト

テーマ:ファースト フード - ジャンル:グルメ

ドライカレー@浅間町 レストラン テル

さて、今日は浅間町に有る激安洋食なお店「レストラン テル」さんへ・・・
そう言えば結構久しぶりな気がする・・・
と思ってBlogの記事を漁ってみたら多寡だか2カ月振り程度の話でありました・・・
まぁ、一時期は毎週のように寄らせてもらってましたからね・・・

さて、お店に行くと先客はお一人。
適当に席に着いてメニューを眺めてみる・・・
んー・・・何気に最近は中華系ばかりでしたからねぇ・・・・
ナポリタンにしようかドライカレーにしようか迷った挙句、何となくご飯ものの魅力が勝ち「ドライカレー 450円」を大盛り+80円でお願いした。

待つ事しばしで到着
すーぷ
やや優しいお味のコンソメカップスープ。
個人的には結構好き。

さらだ
サラダ
そう言えば、ドライカレーやチキンライスを大盛りでお願いすると普通盛と違ってサラダは別皿になるのでしたねぇ・・・
こちらのポテトサラダって結構美味しいのですよね。

どらい
かれー
ドライカレー
サラダを分けるだけあって、本当にお皿目一杯にこんもり盛られている・・・
こちらは普通盛でも結構なボリュームですもんねぇ・・
それが大森ともなれば、ボリュームは飛んでもないのですが、なにぶんとお味が好みに合っているので最後まで美味しく頂ける。

具は玉ねぎと豚肉のみとシンプルで、これがまた良く炒められていて上手い事香ばしさと甘味が良い感じに出ている。
適度なカレーパウダーのスパイシーさと濃からず薄からず偏りもない良い塩梅の味付け。
ご主人の性格なんでしょうけれども、本当に丁寧に作られている気がする。
これで大盛り料金含めて530円だというのだから、相変わらずのハイコストパフォーマンスぶりですねぇ・・・
次は久しぶりにステーキなんぞを頂いてみましょうか。

今日も美味しいドライカレーでありました。

店名 レストラン テル
住所 横浜市西区浅間町3-165-4  
電話 045-311-4141
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

1kgカレーライス@デイリーヤマザキ

さて、今日は珍しくコンビニ弁当なんぞを・・・
帰りがけに、飲み物でもと思い立ち寄った「デイリーヤマザキ」さん(って、デイリーストアって名前じゃなくなったのね…)
何気なくお弁当コーナーを覗いてみたら・・・
そと
こんなもんが有りました。
「1kgカレーライス 795円」
なんだ、これ・・・
とか思いつつも、しっかりキープした辺りは、認識した瞬間から買う気満々だったようだ・・・
そう言えば、デイリーヤマザキさん的にはでか盛りがブームなのか、麺量300gのつけ蕎麦(確か398円)なんかも売ってましたね・・・

帰ってきて開けてみると
うえ
よこ
やたらに盛の良いご飯にたっぷりのカレー。
上にはコロッケにチキンカツ。
1kgの謳い文句に違わず、えらくずっしりした重みが腕に伝わる・・・

「挑戦してみよう!!」「このボリューム!あなたは食べきれるか!!」
等の煽り文句とともに「30種類のスパイスを使用」とか書かれている辺りは、量だけではなく味にも拘っていますと言う事なのだろう。

デイリーヤマザキさんのサイトを確認してみると、ニュースリリース
「~当社史上最大のボリューム!30種の香辛料でスパイシーに!~ 」
「昨年好評の『1kgカレーライス』が復活!」
「~7月6日(火)より2週間の期間限定発売~」
って、あら・・・7月6日から2週間のみの短期限定販売ものだったらしい・・・
デイリーヤマザキさんって、そんなに寄らせてもらう機会もないし、今日たまたま行って無ければ帰る機会もなかったかも知れませんねぇ。

ニュースリリース記事によると、1kgの内訳は
ライス 580g
カレー 300g
チキンカツ 50g
コロッケ 60g
福神漬 10g
と言う事らしい。
おや・・・昨年も同じく2週間の短期限定販売だったのね・・・
復活と言う事は、去年も結構話題になったのでしょう。

「カレーは、カルダモンやクミンなど30種の香辛料を使用し、スパイシーな味わいに仕上げました。」「トッピングには、チキンカツとコロッケをのせ、最後まで飽きずに食べられるよう工夫いたしました。」
と、販売側の意気込みも結構なものです。
ま、お味の程は後ほど頂いてみましょう。

デイリーヤマザキ サイト


食べてみた・・・
やはり凄まじきは1kgのボリューム・・・
お味は、弁当のカレーとしては、確かに結構いけましたねぇ。
ややピリ辛で程よいスパイシーさもあって飽きも来ない。
具のコロッケとかはどうしてもね・・・
タコさんウインナー5本とかの方が良いなぁ・・・

ボリュームもあるし、お味もそこそこなのでネタとしてお薦めです。
いっその事、ファミリーマートの馬鹿でかプリン「プリン480 298円」(人気があるのか、未だ健在)をデザートにしてみるんも良いでしょう。
さすがに、ぼくはそこまでは無理ですが・・・

テーマ:こんなのがあったなんて!! - ジャンル:グルメ

麻婆豆腐丼@長者町 龍鳳閣

さて、今日の夕食は長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に行くと、先客はゼロだったのだけれども、後からお一人見えられた。
今日は何となく壁貼りの短冊に有るビーフンか麻婆豆腐丼にしようと思っていた。

ので、とりあえず空いている席に着き、どちらにしようか迷った挙句、以前お願いした時にはちょうど豆腐切れで頂けなかった「麻婆豆腐丼 550円」をお願いしてみたら、やはり前回はたまたま豆腐が切れていただけと言う事だったようで普通にオーダーは通った。
と言う事で、ビーフンは次回と言う事になりますねぇ・・・

待つ事しばしで到着
麻婆
豆腐
丼
こちらの麻婆豆腐はよくある街中中華の餡かけ仕様の麻婆豆腐ではなく、山椒の香りが漂う本格的なものなんですねぇ。
かと言って、辣油ガンガンの本場四川風とは違い、豆鼓醤の甘みもありちょうどバランスの良い味付けで、如何にも本場を謳うお店の癖のある辛みやスパイシーな感じは抑えられ食べ易く作られている。
そう言えば、何気に麻婆豆腐自体久しぶりに頂いた気がする・・・
最近、どうも食事が麺類に偏ってますしねぇ・・・

さて、今日は初めて調理を担当されている方とお話しさせてもらう機会が有った。
こちらの料理は本場の風味を失わない程度に日本人の舌にも合うように作られているように思っていたので、作り手は如何にも年季の入った感じの方なのかと思っていたのだけれども意外やお若い方だった。
上海出身の方で、料理の路線としては香港風なのだそうな。

折角なので叉焼の事を聞いてみたら、やはりあれはこちらのお店の自家製なのだそうな。
あの叉焼ってば結構手間掛かるでしょうに、ちゃんとお店でお作りになってたんですねぇ・・・
と言う事で、あの叉焼を家でビールの当てにでもして頂きたければ、こちらで持ち帰りをお願いするしか手はないという事ですねぇ。
まぁ、ぼくはお酒は飲めませんが・・・

次回はビーフンを頂いてみましょうか。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

会員限定ラーメン@日ノ出町 日の出らぁめん

さて、今日は久しぶりに日ノ出町に有るラーメン店「日の出らぁめん」さんへ・・・
こちらへは昨年11月に石焼味噌煮込み剛麺を頂いて以来と言う事になりますねぇ。
昨日、登録した事すらすっかり忘却していた日の出らぁめんさんからの登録会員宛のメールが来たので寄ってみた次第。

で、そのメールの内容は「7月14日~7月20日までの期間、会員限定のラーメンを発売します」と。
どのようなラーメンかと言えば「スタミナを付けてもらおうと、濃厚豚骨スープで二郎テイストのラーメンを作ってみました」「麺はオーション(二郎で有名な小麦粉)麺なので、ぜひお試しを」と言った内容。
二郎フリークにとっては、このオーション麺なるものは琴線に触れるものらしい・・・
まぁ、日の出らぁめんさんっちゃあ、うどんの様なぶっとい剛麺が売りの一つでも有りますからねぇ・・・面白そうだし、期間も短いのでぜひ頂きに行ってみましょうという事でお店へ・・・・

さて、この会員限定ラーメンですが、別に会員であるかどうかのチェックは有りません。
入口右側に有る券売機で「会員限定」のメニューボタンを選べば普通に食券が購入できます。
まぁ、内容が書かれていませんし、普段はおそらくこのボタンは無反応無状態になっているのでしょうから、この会員用メールをもらった人だけがその販売を知る事が出来るというメリットが有るという事なのでしょう。
と言う事で、こう言う情報がもらえますし、興味のある方は、この機会にぜひお店に行かれる前に会員登録をされる事をお勧めしておきますですハイ

と言う事で、早速「会員限定ラーメン 700円」と「めん大盛り 100円」の食券を購入し席へ・・・
適当に開いているカウンター席に着いて、店員さんに食券を手渡す時も、特に何も聞かれたりはしなかったですねぇ。
そう言えば、こちらのお店、二郎さんの汁なしを模した「ガッツ麺」なるメニューも出していましたっけね・・・
結構人気が有るのか、ガッツ麺は健在な模様。

待つ事しばしで到着
会員
限定
具はバラ巻きチャーシュー、湯掻きキャベツともやし、上にちょこんと肉味噌が乗っている。
スープは見た目からしてドロリとした感じ。
んー、遠目から見れば、確かに見た目は二郎さんっぽいかな・・・?

麺は
麺
やや褐色を帯びたぶっとい角麺。
わしゃわしゃ、もそっとした食感。
この麺は確かに二郎さんのものとよく似ている気がする。

ただ、バラ巻きチャーシュー一つとっても二郎さんのラーメンと比べると上品な感じがする。
と言うか、二郎さんの良い意味での下品さは皆無。
スープも遠目に見れば見た目は似ているけれども、二郎さん独特の脂っ気ある下品さはなく、スープからは思いきり和風な節系の強い香りが漂う。
ので、やはりお味も二郎さんのラーメンとは全くの別物。

ドロッとした濃厚なとんこつベースの和風スープのラーメンで、上の肉味噌は結構辛味の強い味付けがされているのだけれども、スープに溶け込むとどうしてもスープの個性の方が勝ってしまって肉味噌の存在は霞むかな・・・
このスープ自体は、なんとなく好き嫌いは分かれるような気はするけれども、決して奇を衒ったという感じでもなく、もこのドロリとした舌触りと和風の強い豚骨がお嫌いでなければ、割に美味しく頂けるかと。
二郎さんの名前を頭に入れて、それを期待して食べてしまうとどうしても違和感が有りますが・・・
個人的には麺の食感込みで結構好みです。

湯掻きキャベツやモヤシも二郎さんのそれと比べてしまうと、どうしても見劣りしてしまいますが、良い感じに甘みが加わりますし、シャキシャキした食感も良いアクセントですねぇ。
バラ巻きチャーシューも、適度に脂の旨みもあり美味しいです。

ただ、どうせ会員限定で、その上1週間もないほど短い期間限定でやるなら、もう少し遊んで見ても良かった気がしますが・・・
このドロリとした和風濃厚豚骨をベースにするなら、上の肉味噌を激辛のカレーペースト風味の肉そぼろにしても美味しそうそうですし、いっそベースをこのままに味噌ラーメンなんかにしてくれたら、凄く美味しいものができそうな気もしますが・・・
もちろん、麺もこの二郎さんチックな麺を使用して・・・

さて、この会員限定ラーメンですが、期間は7月14日~7月20日の1週間。
ただし平日のみの提供で土・日は提供されないとの事。(20日の祝日については記載がないので、お店にご確認を)
と言う事で、実際のところ今日を含めて4日ないし5日と言う事になります。
そのうえ、会員限定を謳ってかなり提供期間の短いメニューですので、もしかしたら一日の提供数もそんなにない可能性もあります。
まぁ、その辺は運次第かも知れませんねぇ・・・
二郎さんのガツンとくる良い意味での下品さを期待しなければ、結構美味しいですハイ

中々美味しいラーメンでありました。

店名 日の出らーめん
住所 横浜市中区宮川町3-63-3 宮川ビル1F
電話 045-261-1728
営業  平日11時~翌1時、土曜9時~翌1時、日曜9時~23時
定休 無休
お店サイト

さて、今日は今夏初の蝉の声を聞きました。
とうとう夏本番に突入ですねぇ。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

新東京流ちゃんぽん@伊勢佐木 リンガーハット

さて、今日は久し振りに長崎ちゃんぽんのチェーン店「リンガーハット」さんへ・・・
結構好きなんだけれども、なかなか来る機会がないのですよねぇ・・・
今回も一年以上振りになりますねぇ。
前を通り掛かったら「新東京流ちゃんぽん」なるものがあるらしかったので入ってみた次第。

入って右側に有る券売機で「新東京流ちゃんぽん 380円」の食券を購入し、適当に開いている席に着いて店員さんに食券を手渡す・・・
て言うか380円て・・・・
普通のちゃんぽんが、去年来た時から値上がってなければ確か450円だったよねぇ・・・
一時期落ち着いていたデフレの流れが、また加速しつつあるのだろうか・・・

待つ事しばしで到着
ちゃん
ぽん
なるほど・・・
こちらは通常のちゃんぽんと違って、しょうゆ味なのですねぇ。
そう言えば、割り箸ではなくてプラスティック箸に代わったらしい。
最近、割り箸をやめるチェーン店も増えてきたそうで・・・
まぁ、無理に割り箸である必要もないし、今では自分で携帯箸を持ち歩く人も増えているみたいですしねぇ・・・
有限の資源を節約するというのも良い事でしょう。

一口頂いてみると、いわゆるシナそばとは少し違うけれども、すっきりしたお味のスープ。
具は、もやし、キャベツ、ニンジン、かまぼこ、いか、海老、豚肉、さやえんどう、コーンなど・・・
相変わらずの具沢山ですねぇ。
麺は、たぶん普通のちゃんぽんと同じもので、太めの四角い断面の麺。

これで380円なのだから大したものです。
と言うか、らーめん系でならコストパフォーマンスがぶっちぎりで良い店なんじゃないですかね・・・
ここより高くてしょぼくてお味の落ちるラーメンを出すお店なんて五万と有りますからねぇ・・・
まぁ、でもやはりこちらに来たら普通のちゃんぽんの方が良いかな・・・

中々美味しいラーメンでなりました。

店名 リンガーハット 横浜伊勢佐木モール店
住所 神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2丁目8-7ハマ楽器ビル一階
電話 045-250-0186
営業 10:00~2:00(土日祝8:00~) 
定休 無休
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

冷やしざるラーメン+半チャーハン@弥生町 濱龍

さて、今日のランチは大通り公園沿いに有る人気有名カレー店「バーグ」さんの並びに有るラーメン屋「濱龍」さんへ・・・
こちらへは今年1月に寄らせてもらって以来になりますねぇ。
こちらは有名人気店バーグさんの並びに有るせいか、ランチ時の集客にご熱心で、500円のランチサービスをやっている。

前回は「ラーメン+半チャーハン 500円」を頂いたのだけれども、夏の時期に入るとラーメンのセットだけではなく「冷やしざるラーメン+半チャーハン 500円」のサービスメニューが登場していた。
通り掛かりに店頭の置き看板に「冷やしざるラーメン+半チャーハン 500円」の文字が有るのを見かけて入ってみた次第。

さて、お店に入ると11時半くらいだったせいか、先客はゼロで、結局終始ぼく一人と言う状態だった。
やはり、すぐ近くにあんな人気店が有ると、平日は兎も角日曜などの昼時は集客に苦労していらっしゃるようだ・・・
実際、同じ時間帯にバーグさんの前には持ち帰りのお客さんか外待ちのお客さんかはわからないけれども、既に数名並んでいる状態でしたからねぇ・・・
さて、お店に入り適当な席に着いて「冷やしざるラーメン+半チャーハン 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
冷しざるラーメンと半チャーハンのセット

半チャーハンは
炒飯
こんな感じに綺麗に盛られて出てきた。
作り置きではなく、ちゃんとその場で作ってくれていた。
具は、ネギ、玉子、チャーシューで、味付けも塩胡椒+化学調味料のシンプルな街中中華炒飯。

ざるラーメンは
めん
ざるそばのように角型せいろに盛られて出てきた。
しっかり冷水で〆られた、やや幅広の平打ち麺。
腰もあり、ピロピロとした舌触りもあって中々良い。
ラーメンの麺は中太縮れ麺だったから、このメニューの為にわざわざ別の麺を用意していらっしゃるようだ。
まぁ、あの中太縮れ麺でも、冷水で〆たら歯ごたえが有って悪くなさそうな気もするけど。

つけだれは
つけ
こんな感じに出てくるので、パッと見そば汁なのかと思ったら、冷し中華のような酸味のあるつけだれ。
ゴマ、ネギ、おろししょうがが付いてくるのみとシンプル。

まぁ、冷やし中華の麺とタレを分けてみました的な、これと言った特徴の無いものだけれども、凡庸なるが故に普通に美味しい。
具が何もないのでショボいと言えばショボいけれども、こちらはトッピングが割に豊富なので好みで加える事が出来る。
有るかどうか確認しなかったけれども、個人的には湯掻きキャベツ辺りがトッピングに有ればうれしいのですけれどもねぇ。

ボリュームもお味もそこそこだし、これで500円ならお得かと。
と言うか、通常は900円とるらしい・・・
900円なら、他処へ行く選択肢が優先されるだろうけれど、ランチなの価格なら良いのではないですかねぇ。
家系風ラーメンから味噌らーめん、カレーチャーハンなど、メニューも多種雑多。
ジャージャー麺が目を惹いたので、今度はそちらを頂いてみましょう・・・

中々悪くないランチでありました。

店名 濱龍
住所 横浜市中区弥生町2-18-1
電話 045-261-3807
営業 11:00~
定 休 土曜日
お店地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鍋焼麺@福富町 台湾菜館

さて、「龍鳳閣」さんでランチを済ませ、そのまま伊勢佐木モールに向かうと、台湾料理店の「台湾菜館」さんのランチメニューの貼られた置き看板が目に入った・・・
まぁ、今食べたばかりだし、入る気もなかったのだけれども、とりあえず今はどんなものが有るのかな?と思って見てみる・・・

こちらのランチメニューは10数種類は有り、すべて700円。
台湾料理店らしく「魯肉飯(ルーロ飯)」も置いてある。
のだけれども、こちらの魯肉飯って、確か味付け煮玉子が入ってなかったですよねl・・・
後はさほど目立ったものもないかぁ・・・
と思ったら、貼られたランチメニューの下にも、別にメニューが2,3書かれている。

そこには「鍋焼麺」と言う文字が・・・
鍋焼麺っちゃあ、日ノ出町にある手打ち手延べの中華麺のお店「山賊」さんの「山賊麺」がそうでしたよねぇ。
まぁ、面白そうだけど、今日は良いかな・・・
と、普段なら考えるところなのだけれども、その「鍋焼麺」の横にカッコ書きで(ミルクベースの特製ソバ)と書かれているのを見てしまえば、そりゃもう入るでしょう。

と言う事で、つい今しがた食べたところにも拘らず、そのまま店内へ・・・
何年振りだろう・・・
Blogには記録がないっぽいけど、ランチに一度お邪魔して「魯肉飯」を頂いた事が有る。
接客は丁寧で、お味も悪くなかったはずのだけれども、その後伺う機会がないままになっていたのですよねぇ・・・

お店に入ると、先客が数組。
適当お名席に着くと、すぐにランチメニュー表を持ってきてくれる。
メニュー表を見てみると、やはり置き看板に貼ってあったものと同じもので「鍋焼麺」の文字はない。
ので、店員さんに「表に書かれている鍋焼麺って、出来ますか?」と尋ねると「できますよー」とのご返答。

なので、そのまま「鍋焼麺」をお願いすると、注文を取り際に「これ美味しいよ。後これとこれもお薦め。次来た時に試してみて下さいね」と・・・
こう言う押しつけの無い程度のフレンドリーな接客は良いですよねぇ。

さて、待つ事しばしで到着
鍋
なんか、木蓋が乗ってたら釜飯って感じですねぇ。
鍋焼きと言うから山賊さんみたいに土鍋で出てくるのかと思ったら、金属製の鉄釜で出してくれました。

焼
麺
んー、胡椒のスパイシーな香りが漂いますねぇ。
煮込み系なので、細目のストレート麺には腰がないものの、こう言うスープには合う気がする。

スープは
スープ
こんな感じで、本当にミルクベースって感じで胡椒のスパイシーな香りが漂う。
一口頂いてみると、ミルクのまろやかな甘みと同時に、やはり胡椒のスパイシーな風味も強く感じる。
チーズを加えたら、そのままスパゲティに絡めてもいけそうな感じ。

パッと見分らないけれども、刻み唐辛子も入っているので食べ進むとじんわりとした辛みが加わる。
奇を衒ったものかと思いきや、結構美味しいですよ、これ。
八角とかの台湾料理独特なスパイスが多用されている訳でもないので食べ易いですし、ミルクの甘みだけが先に立つ訳でもなく味付けのバランスもうまくとれている。
て言うか、普通に美味しくて好みに合っていますねぇ。

具は
具
見た感じ、青菜と長ネギ、豚肉のみとシンプルなものなのかと思ったら、麺の下から大きな海老が2,3個でてきました。
結構しっかりしたぷりぷりとした歯触りの食いでのある海老でしたので、海老の好きな人にはうれしいかと。

これはランチのサービスメニューとは違うものかと思っていたのだけれども、
杏仁
杏仁豆腐も付けてくれました。
茶碗一杯のボリューム・・・
しかも、冷たい状態で頂けるように氷が数個入れてある。
氷が溶けたら味が薄まってしまうと思いきや、その辺も考えて少し濃いめに作ってあるのか、蜜が薄まってしまうと言う感じもなく美味しく頂けた。

で、お会計は700円
あら・・・ランチメニューと一緒のお値段なのですねぇ。
夜はおいくらなんだろう・・・
これはまた頂きたいものですねぇ。

美味しい鍋焼麺でありました。

店名 台湾菜館
住所 横浜市中区福富町東通5-2 1F
電話 045-253-0048
営業 11:00~14:00
    17:00~24:00(会計時に確認した時は17:30から仰ってましたが)
定休 月曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

咕老肉@長者町 龍鳳閣

さて、今日のランチは長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
こちらはランチのみのサービスメニューが2種類あるのだけれども、通常の時間帯にはない定食が有るので一度は食べてみようと思っていて、土曜日の昼には何度となく伺っているのに、結局未だ頂く機会がなかったのですよねぇ・・・
と言う事で、今日こそはランチ定食を、と思い行ってみた次第。

さて、お店に行き店頭のランチメニューの書かれたボードを見てみると
「咕老肉(スブタ)」 
「排骨会飯」
の2種類で、両方とも600円
「咕老肉」なんて北京語表記されていると、それだけですごく美味しそうに思えてしまいますねぇ・・・
「排骨会飯」は以前、一度レギュラーメニューで頂いているし、今日はぜひ咕老肉を・・・と店内へ。

お店に入ると、先客は二組。
だけでも珍しいのに、後から5,6人のグループ客と2人客が入ってくると言う、ずいぶんな賑わいっぷりでしたねぇ。
まぁ、土曜に昼ですしねぇ。
お味も良くて値段も安いのだから、当然と言えば当然の入りの様な気もしますねぇ。
で、空いている席に着いて、今日はお品書きも水に早速「咕老肉(スブタ) 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ご飯
漬物
ご飯にスープ、漬物に酢豚のセット。

メインの酢豚は
酢
豚
こんな感じ。
具は豚肉、パイナップル、ピーマン、長ネギ
パイナップルてんこ盛り・・・

そう言えば、酢豚ってばパイナップルが付きものでしたね・・・
「酢豚のパイナップルは有りか無しか」なんて、良く聞く話ではありますが・・・
個人的に言えば、無しとは断言しませんが、出来れば無しの方向でお願いしますと言ったところなんですが・・・
まぁ、どうしてもダメと言う程には頑なではありませんで、はじいて残したりはしませんが。

さて、頂いてみると、豚は薄く衣を纏いサクッとした食感が最初の頃は有り、少し時間がたつとタレを吸ってこれはこれで美味しくなりますねぇ。
味付けは、ぼくにはやや酸味が強いけれども、ピーマンのシャキシャキ感と苦みのある旨みも良い感じですし、結構美味しく頂けましたねぇ。
そう言えば、酢豚に玉ねぎではなく長ネギを使うのって珍しい気もしますが・・・

んー・・・夜の時間帯も定食を出してくれると嬉しいのですけれどもねぇ・・・
とは言え、まだ未食の単品の麺類やご飯ものも多いのですが・・・
次は焼きビーフン辺りを頂いてみましょうか。

今日も美味しいランチでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30(?)くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

サーモンとアボカド五穀ご飯@横浜ポルタ CAFFE SOLARE

さて、今週はなぜか横浜駅周辺のお店が続いたので、どうせの事なら今日も、と言う事で横浜駅東口の「横浜PORTA」にあカフェ「CAFFE SOLARE」さんへ・・・
まぁ、前を通り掛かったついでにメニューを見たら「サーモンとアボカドのご飯」なんて書いてあったので、そのまま入って見た次第。

こちらは、先に自分で空いている席を確保してからカウンターで注文するシステム。
なので、お店に入り空き席を探すと、六,七割くらいは埋まっていたものの、ちょうど良い席が見つかりそこを確保。
で、荷物を置いてカウンターへ・・・

カウンターに置いてあるメニューを見ると、カフェと言うだけあってドリンク類やデザート類は多種雑多にある。
フード系もパスタやらご飯ものなどそこそこ種類があるようだ。
が、なにせ表で見かけた「アボカド」の文字に惹かれて入ってきたので、その商品を探す・・・
と言う事で「サーモンとアボカド 五穀ご飯 730円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
あぼ
かど
やけに深みのある口の狭い小洒落た丼に入って出てきた。
五穀ご飯の上にレタスが敷いてあり、アボカドとサーモンが乗っていてマヨネーズ系のソースが掛かっている。

お味はまぁ想像通り。
サーモンが思いのほか脂っ気たっぷりだし、アボカドの風味も食感も好きなので、これが不味い訳ないですねハイ
て言うか、五穀米なんて、特別美味しくもないのに何故使うのだろう・・・
不味いとは思わないけれども、普通に白米の方が美味しいと思うのだけれども・・・

アボカドって結構久しぶりに食べた気がする。
好きなのだけれども、なかなか食べる機会がないのですよねぇ、これ。
アボカドと言えば、スペイン語で「Aguacate アグアカーテ」と言うのだけれども、これがまたニカラグアには普通にその辺に生えてるんですよね、この木が・・・
で、当然のように普通に実っていると言う、アボカド好きにはたまらない状況なのですよねぇ・・・

なので、アボカドはニカラグアでも普通に良く食べられている。
あちらの料理と言うと、大概ワンプレートにご飯(味なしのピラフみたいなものだったり、ガチョピント言う赤飯風ピラフだったり)と肉や魚にサラダが乗っているものなのだけれども、アボカドもサラダが割に乗せられている事も多い。
まぁ、アボカド行ってら、やっぱり山葵醤油ですよねぇ・・・とはニカラグアでは行かないので、チーレと言う唐辛子と玉ねぎ、にんじんなどを細かく刻んで酢漬けにしたものをソースとしてかけるのですが、これがまた結構酸っぱ辛くて美味しかったりするのです。
でも、やっぱりアボカドにはワサビ醤油・・・

などとニカラグアを懐かしんでみても、去年一昨年と2年連続で行ってるので、今年はニカラグアではなく別の場所に行く事にし酔うかと思っているのですよねぇ。
って、この時期にきて、未だにチケットの手配どころか行き先も決めてないけど・・・
9年振りにドイツに行ってみるのも良いかな・・・とは思っているのだけれども。
ま、どうせ行くのは9月になるでしょうから、行き先はじっくり考えておきましょうかねぇ。。。

中々美味しい夕飯でありました。

店名 CAFFE SOLARE
住所 横浜市西区高島2-16 横浜ポルタ地下
電話 045-441-8688
営業 09:00~23:00
定休 ポルタに準ず
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

パン+ドリンクセット@ 横浜駅西口 BAQET

さて、今週はなぜか多い横浜駅周辺ネタ・・・
今回のネタも横浜駅西口ヨドバシカメラ地階に在る、パンレストラン「BAQET」さん。
まぁ、ぼくは完全にパンとドリンクバーの為だけに利用する嫌な客になってますが・・・
安い上にのんびりできて、居心地も良いのですよ、こちらは・・・

なにぶんとぼくがこちらに伺う時間帯は、夕飯にはまだ少し早い時間帯で割に空いているし、タイムサービスメニューの「パン+ドリンクセット 680円(税込み724円)」と言うありがたいメニューが用意されている時間帯なもので、こちらを利用させてもらう時は、自動的にこのメニューになってしまうのですよねぇ・・・
と言う事で、今回も「パン+ドリンクセット 680円(税込み 724円)」をお願いする事に。

で、早速
ぱん1
ぱん2
いろいろ頂いてみる訳ですが、これでもまだ全種類ではありませんねぇ。
常時、12種類くらいのパンが置いてありますからねぇ。
その上、結構頻繁に焼き立てを出してくれると言うのも有難い。

今回美味しかったのは、バジルを練り込んだパンの上にチーズを乗せたものですねぇ。
写真二枚目手前右の緑のやつはヨモギパンだそうで、これはこれで悪くないですハイ
クロワッサンもサクサクで良い感じですしねぇ。
まぁ、これだけ色々な種類が有って、それが好きなだけ食べれて、ドリンクもフレッシュジュースやら炭酸系、コーヒー、紅茶までドリンクバーに揃っていて、時間も制限なしなら、のんびりするには最高でありましょう。

実際ぼくが行く時間帯のお客さんたちは、割に喫茶店を利用する感覚で来られている方達が多いようだ。
一人でのんびり本を読んでいたり、パソコンで何やら作業していたり、複数でおしゃべりを楽しみながらだったり・・・
まぁ、この時間帯はそう言う利用の仕方をするには良いお店ですよねぇ。
不満が有るとすれば、ドリンクバーにメロンソーダがない点ですが・・・

今回も美味しいパンでありました。

店名 BAQET
住所 神奈川県横浜市西区北幸1-2-7
       ヨドバシカメラマルチメディア横浜 地下2階
電話  045-410-2313
営業 11:00-23:00(LO22:00)
お店サイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

冷やし中華@横浜駅西口 浜虎

さて、今日は久しぶりに横浜駅西口傍のラーメン店「麺場 浜虎」さんへ・・・
こちらへは昨年の4月に伺って以来になりますねぇ・・・
横浜駅周辺dね食事する事自体が余りない(今週は立て続けでしているけど…)上に、この辺でラーメンの類を頂くなら、個人的サンマー麺トップ3の一角「珍来」さんが第一選択肢になってしまいますからねぇ・・・

今日も、その珍来さんと迷ったのだけれども、そう言えばもうこの時期なら浜虎さんも夏季限定の冷やしラーメンを出していそうだからと言う事で、今日は「浜虎」さんへ行く事に・・・
早速行ってみると、先客が数名。
相変わらずラーメン屋さんとは思えない内装のお店ですねぇ・・・

入って左側にある券売機で食券を先に買うシステム。
「冷やし中華 850円」の張り紙が貼ってある。
「冷やしラーメン」ではなく「冷やし中華」と言う書き方が少し気にはなったのだけれども、まぁいいやと言う事で「冷やし中華 850円」の食券を購入し、店員さんに手渡した。

待つ事しばしで到着
冷し
ラーメン丼に入ってくる以外は、見た目は完全に冷やし中華ですねぇ。
具は鶏チャーシュー、きゅうり、プチトマト、錦糸卵
鶏
こちらの特徴と言えば、チャーシューが豚ではなく鶏チャーシューである点ですねぇ。
特に今日の冷やし中華には、さっぱりしていて良く合っておりました。

汁
タレと言うのかスープと言うのか・・・
ちょいと酸味強めの、中華屋さんで出てくる冷やし中華のタレに少しだけ手が加わったかな?程度であまり特徴はないかな・・・
と思ったのだけれども、写真では分かり辛いかも知れないけれども、具の下におろし玉ねぎとフライドガーリック?などを和えたものが乗っていて、それがスープに混ざり込むと酸味が和らぎ香ばしい風味と甘味が加わって、風味が少し変わって結構美味しくなった。

麺は
麺
こんな感じのやや透き通った見た目の縮れ麺。
ツルっとした舌触りにガチっとした歯ごたえ・・・
なんか、麺と言うよりも白滝とかの食感に近いような・・・
如何にも「歯応えを楽しんでね」的な麺。
こう言うの好きですハイ

まぁ、お味的にはさほど特徴を出したものと言う訳ではないけれども、個人的には好きです。
まぁ、こちらは例年どちらかと言えば変わった冷やし麺を出すお店と言う印象なので、その印象に比したら至って普通と言う感じですし、一階食べればもういいかな?って気はしますが。

中々美味しい冷やし中華でありました。

店名 麺場 浜虎
住所 横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1 鶴屋町第2ビル1F
TEL 045-311-3336
営業 11:00~24:00 (昼休憩有り 夜5:30~だっけ?)
休日 なし
グルメWalker お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

七夕

さて、今日は7月7日
7月7日と言えば七夕
職場が職場なので、こう言う節供には飾り物がされたりするので忘れずに済むのです

と言う事で、帰りがけに伊勢佐木のスーパー「ピアゴ」さんに買い物で立ち寄ったら
笹
餅
「ひとくち笹餅 詰め合わせ」なんてものが売っていたので、つい手が伸びて買ってしまいました
火曜特売と言う事で、これも値引きされていたのだけれども、他の同じものが160円だったのに、なぜかこのパックだけ130円・・・
まぁ、日付も明日までだから、何ら問題もなしと言う事で当然のように安い方のパックを購入
この手の生菓子系なんてめったに食べる機会がないのだけれども、まぁ、たまには良いでしょう

別段七夕だからと言うて、星に願いをなんてロマンティックな思考はとうの昔にどこかに置き忘れてきてしまっている訳ですが・・・
そもそも、今歩いている自分の人生は、自分の才覚や器量と言うものを考えてみれば十分過ぎる程に良い人生を歩けている訳で、これ以上何かを望むのは図々しいにもほどが有りましょう。
ましてや何かを望むなら、それは他力本願ではなく自分で精いっぱい動いて手にする努力をすべきものでしょうしねぇ・・・

ただ、ひとつ・・・
「穏やかで安らかなる死を」
こればかりは自分ではどうしようもないものですからねぇ
叶うものならば、これをお願いしたいものであります
なんで10年前に予言通りに一蓮托生で消滅できなかったんだろう・・・
後腐れなくてよかったのにね・・・

テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

バターチキンカレー@横浜シァル Tokyo Roux

さて、今日もなぜか昨日に引き続いて横浜駅ビルで夕飯・・・
横浜シァル1Fに在るカレー専門店「Tokyo Roux」さん。
お隣の「Soup Stock Tokyo」さんとどちらに入ろうか迷った挙句、今日はカレーにしようと言う事で「Tokyo Roux」さんへ・・・

こちらは一見なのだけれども、確か以前野毛の「KIKUYA」さんのご主人が、結構美味しいと言っていたような記憶が有ったので入る事にしてみた次第。
このお店はビル内ではなく、ビルの外周に入口が有り、先に入口カウンターで注文しお金を支払ってから店内に入るシステム。

店内と言っても、横に長いカウンターテーブルが窓際と壁際にあり、それぞれ7,8席ずつ固定の回転イスが付いている、どちらかと言えば吉野家さん等のカウンター系ファストフード店な雰囲気のお店。
まぁ、注文もイートインとテイクアウトが半々くらいの割合のお店なのかも知れない。

と言う事で、先に入口に在るカウンターでカレーを注文する事に・・・
どうしようか迷ったのだけれども、何となくチキン系が頂きたかったので「バターチキンカレー シングル 850円」を注文。
ライスはターメリックライスと五穀米のどちらかが選べるとの事で、ターメリックライスでお願いした。

先にお金を支払いカウンター席に座って待てば持ってきてくれるとの事だったので、空いている壁際のカウンター席へ・・・
先客は3,4名ほどだったのだけれども、後からも数名見えられ、テイクアウトのお客さんも結構いらっしゃるようで、食べ終わって外に出ると数名が天街で並んで待っていた。

待つほどの事もなく
東
京
カレー到着。
バターチキンカレーと言う事で、やや赤みがかったクリーミーな感じの色合い。
ターメリックライスのとのコントラストが綺麗だけれども、まぁやや具に乏しく見た目は寂しいかな・・・
せめて刻みパプリカでも入っていれば、また少し印象も違うのでしょうけれどもねぇ。

一口頂いてみると、バターチキンカレーと言うと結構甘めのお味で出すお店が多いのだけれども、こちらのお店のバターチキンカレーは、しっかりした辛みも感じられる。
とは言え、やはりバターのまろやかさで舌やのどに直撃するような辛みではないのだけれども。
変に甘過ぎてしまうバターチキンカレーが苦手な方に向いているかも知れない。
個人的には、こう言う方が好きですねぇ。
思っていたより美味しいカレーだったので、いろいろ試してみる事にしましょうか。

中々美味しいバターチキンカレーでありました。

店名 Tokyo Roux
住所 横浜市西区南幸1-1-1 横浜シァル1F
電話 045ー314-8990
営業 9:00~23:00
定休 横浜シァル休館に準ず
お店サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

目覚まし時計

さて、今日は帰りがけに横浜駅西口のヨドバシカメラさんへ・・・
最近、目覚まし時計の調子が悪いので新しく買い替えようかと思って寄ってみた次第。

今まで使っていたのは
しち
これ。
これって施設を出る時に記念で頂いたものだから、もう18年もお世話になっていたのですねぇ・・・
時計は普通に動くのだけれども、目覚ましの音がやや不安定なのですよねぇ、最近・・・
なので、そろそろこれにはご隠居願って新しいものを、と・・・

時計コーナーに行ってみると、目覚まし時計ってやたらに種類が多い。
メーカーも、SEIKO,CITIZEN、CASIOをはじめマルマンやらキャラクター時計などのOEM生産されたメーカーのものまで多種雑多で値段もピンきり。
驚いたのは、CITIZENのアナログ式(針のやつ)目覚まし時計のいくつかが、秒針が1秒ごとに刻むステップ運針ではなく、流れるようになめらかに動いて行くスィーブ運針を採用している事だった。
「連続運針」と言う名前になってたかな・・・
元々、1秒ごとに針がステップしていくのは単なる電池の消耗を防ぐための策なので、作ろうと思えば普通にスィーブ運針のものを作ることは可能なんだけどね・・・
最近、機械式時計が復権してきているから、こう言う針の動きを好む人が増えてきて需要が有るのかも知れませんねぇ。。。

さて、とりあえず何にしようか見て回る・・・
まぁ、メーカーは個人的嗜好でCITIZENと決めている。
電波がついてりゃなんでも良いや・・・
と思っていたら、意外と安く2000円程度からあった。
と言う事で
ずん
こちらの電波目覚まし時計はソーラーバッテリー仕様らしいので、いちいち乾電池を交換すると言うのもめんどいと言う事で、こちらを1980円で購入。
アナログにしようとも思ったのだけれども、まぁ、たまにはデジタル時計にしてみようかと言う事で、今回はデジタル表示の目覚まし時計を買った。

で、持って帰って設定をしている訳だけれども・・・
なんか、全然電波受信してくれていないっぽいなぁ・・・
まぁ、電波受信できなきゃ手動調整すれば良いだけの話なんだけど。。。

何はともあれ、18年もお付き合い頂いた目覚まし時計には感謝しなきゃなりませんねぇ・・・


テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

ベトナム風ポークライス@横浜ルミネ ホイ・アン・カフェ

さて、今日は帰りがけに横浜ヨドバシカメラで目覚まし時計を購入したので、ついでに久しぶりに「つばめグリル」さんにでも寄っていこうかと横浜LUMINEのレストラン街へ・・・
横浜LUMINEのレストラン街何手ずいぶん久し振り・・・
とりあえずエレベーターで上に行って、レストランを見て回ると目についたのが「アジアンダイニング ホイ・アン・カフェ」さん。

こちらは、7,8年くらい前に一度来た事が有る。
今や懐かしい響きとなったオフ会ってやつで・・・
とは言っても、ぼくを含めて3人、その内お一人は今でも時折食事をご一緒して頂く方で、そのオフ会までにも何度もお食事をご一緒していただいていたので、もう一人だけがお初の方だった。
ネットは今でも非常に重宝しているのだけれども、チャットなどのコミュニケーションツールとしての使い方をしなくなってもう随分久しいですねぇ・・・
で、その時結構美味しく頂いた印象だったので、今日はこちらで夕飯を取る事に・・・

お店に入ると、何となく以前来た時とは少し違う感じがする・・・
以前は、もう少しオープンカフェ(建物の中なので、そう言う言い方も変だけど)的な開放的な店作りになっていたような気がするのだけれど・・・
入り口で店員さんに一人である事を告げると、奥の窓際の席へ案内してくれた。
お茶か食事かを聞かれたので食事と答えると、ランチメニューを手渡してくれる。
5時をとっくに回っていたのだけれども、この手のビル内のレストランが行って意外と遅くまでランチメニュー対応してくれるようだ。

メニュー表を眺めると、目についたの「タイカレーセット 1100円」
これは日替わりだそうで、今日は海老のグリーンカレーとの事。
海老が苦手なので選択肢から外さざるを得ませんねぇ・・・
日替わりセットみたいなものが1100円d値あり、これは鳥の唐揚げのキノコソースかけとかそんな感じのものだった。
他にも850円~1400円くらいまでのセットが9種類ほど。
どうしようか迷ったのだけれども、結局「ベトナム風?のスパイシーポークライスセット 1100円」をお願いした。
これ、ちゃんとした名前があるのだけれども(ガッパオとかそんなん?)名前は忘却の彼方・・・

待つ事しばしで到着
セットと言う事で
つけ
筍ときのことひき肉のスープ
味付け玉子
米粉のマカロニを使ったサラダ
が付いてきた。
それぞれ如何にもアジアンな味付けがされていたり、スイートチリソースが掛けられていた。

メインのライスは
めし
こんな感じで
半熟目玉焼きの下には
ぐ
豚ひき肉と玉ねぎ等を甘辛く炒めた具が乗っている。
確かにアジア系のスパイスの風味もするけれども、さほど強くはなく食べ易い。
辛みもちょい辛程度でむせかえるほど辛いと言う事はなかったし、玉子焼きの君は半熟状態なので、混ぜ込むとお味が丸くなり、そんなに辛みも感じない。
辛さを求めると物足りない感じはするものの、これはこれで結構美味しい。

まぁ、これで1000円以上払うなら、それこそ若葉町界隈の本格的なお店で食べた方が良いような気はするものの、お味は悪くないし横浜駅周辺でアジア系のものが頂きたくなった時には良いかも知れない。

中々悪くない夕飯でありました。

店名 ホイ・アン・カフェ ルミネ横浜店
住所 横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜店6F
電話 045-444-0151
営業 ランチ  11:00~15:00
    ティー  15:00~17:00
    ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00) (ドリンクL.O.22:30)
定休 無休(ルミネに準ず)
ぐるなび お店情報
お店サイト

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

パスタランチ@伊勢佐木 クチーナ・ランパ

さて、今日は久しぶりに伊勢佐木モール沿いに在るイタリア料理店「クチーナ・ランパ」さんへ・・・
こちらへは、こちらが開店して間もない昨年10月に一度伺って以来になりますねぇ。
その後、何度かお店の前を通るたびにランチボードを確認したりはしていたのだけれども、何となく入る機会を逸してしまっていたのですよねぇ。
まぁ、なぜか元々食事をする場所と言えば中華屋さんが主になってしまっていますからね・・・
今日は何となく思い出してお店の方に行ってみて、ランチボードを確認したら中々美味しそうなメニューだったので入ってみた次第。

お店に入ると先客が数名。
空いているカウンター席に着いて、お品書きを眺めてみる・・・
こちらのランチメニューは3種類で、今日は
Aが牛ひき肉とブロッコリー・ホウレンソウのトマトクリームパスタ
Bがツナとキャベツのガーリックソースパスタ(だったっけ?)
Cが牛ひき肉のピッツァ(だったような)
すべてサラダとドリンク付き850円で、パスタ大盛+150円、パン+100円、デザート(かぼちゃプリン)+400円とか、そんな感じだった。

表のランチボードで目を惹いたのはAの「牛ひき肉とブロッコリー・ホウレンソウのトマトクリームパスタ」のランチセット850円。
Bの「ツナとキャベツのガーリックソースパスタ」もキャベツの好きなぼくとしては捨てがたかったのだけれども、今日は何となくトマトソースな気分だったので、Aのセットをお願いした。
ドリンクはコーヒー・紅茶の他にもジュースなどもあったのだkれ度も、今日はアイスティーで注文。

先にサラダが到着
さらだ
これはまぁ、普通のサラダ。
サラダを食べ終えると、パスタも到着
牛
挽き
肉
牛ひき肉とブロッコリー・ホウレンソウのトマトクリームソース
んー、中々美味しそうな見た目と香りですねぇ。
ボリュームも不足は感じない。

以前頂いた際には、パスタがずいぶんと細いものを使用されていると言う印象だったのだけれども、今日のは普通に見かける太さのもの。
パスタの上から、牛ひき肉と刻まれたブロッコリー、ホウレンソウの入った如何にもクリーミーな感じのトマトクリームソースが掛かっている。
掛かっていると言うか、スープパスタほどではないにしろ随分たっぷりのソースに浸かっている感じ。

結構濃厚なトマトの風味とクリームのまろやかな感じ、それに唐辛子のちょっとした辛みfでうまくバランスの取れたお味に仕上がっている。
パスタも、ちょい固めのぼくの好みに合った茹で具合のもの。
牛肉のお味もしっかり感じられるし、ブロッコリーの食感もしっかり残っている。
んー・・・これならパンもお願いして、このソースに付けて頂けば良かったですかねぇ・・・

これでドリンクが付いて850円ならお安いですねぇ。
イタリア料理店と言うと、ぼくにはどうもあの小洒落た感じが敷居が高い感じがして入り辛いのだけれども、こちらは客層も普通のおじちゃんおばちゃんがいたりとか割に気安く入り易い。
まぁ、さすがに夜はお酒を嗜まないぼくには入り辛くなってしまうけれども・・・
まぁ、また寄らせて頂きましょう。

今日も美味しいランチでありました。

店名 cucina lumpa クチーナ ランパ
住所 中区伊勢佐木町6-136
電話 045-263-3893
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。