塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンマー麺@若葉町 清華園

さて、今日はスーパー「ピアゴ」さん裏手に在る中華料理屋「清華園」さんへ・・・
こちらは道を挟んで目の前に「福龍菜館」さんが在り、どちらに入ろうか迷ったのだけれども、今日はなんとなくサンマー麺が頂きたい気分だったので「清華園」さんに入った次第。

お店に入ると、中途半端な時価何な割に先客は2人、後から3名入ってこられた。
こちらのお店は外観は結構中華料理店然とした感じなのだけれども、お店の中はプラ天盤のテーブルに古めかしい椅子、壁にずらっと並んだメニュー掛札など、完全に中華定食屋的な雰囲気。
なので、食事に来たと言うよりはお酒を飲みにきた感じの一人客の方も結構お見かけする。

さて、今日の目的は「サンマー麺 500円」
そう言えば、こちらでは何度か頂いているものの、サンマー麺をお願いするのは初めてだった気がしますねぇ・・・
「冷やし中華 750円」の張り紙にも惹かれたものの、やはり初志貫徹言う事で「サンマー麺 500円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
丼
さんま
めん
んー、シンプルで美味しそうな見た目ですねぇ。
具はモヤシ、ニラ、ニンジン、玉ねぎ、刻みきくらげを割りに強めの餡でとじたもの。
麺は細打ち縮れ麺。
スープは割に透明度の高い、鳥ガラベースのスタンダード中華スープ。

お味の方も奇を衒わないスタンダードな街中中華のそれですねぇ。
ぼくには、やや塩味が強かったかな・・・
結構さっぱりした感じなので、上にゴマ油が一掛けしてあったら、風味が増して格段に味が美味しくなりそう。
まぁ、安心できる味と言うか懐かしい味と言うか、そんな感じですねぇ。

中々悪くないサンマー麺でありました。

店名 清華園
住所 神奈川県横浜市中区若葉町2-23
電話 045-251-5167
参考サイト

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

キムチチヂミ&韓国風海苔巻き@伊勢佐木 チヂミ屋

さて、今日は一見のお店へ・・・
伊勢佐木モールのオデヲンビルの一階外店舗に新しくできた「チヂミ屋」さん。
こちらは半年くらい前までギロスのテイクアウト店「ギリシャコーナー (GREEK CORNER)」さんの入っていた店舗に後釜で入ったお店。

このお店の存在は結構前から知っていたのだけれども、如何せん粉物のテイクアウトと言うのはあまり好きではないのですよねぇ・・・
粉物ってば、やはり熱々で食べてこそですから・・・
と思って未食だったのだけれども、このチヂミ屋さんやはり最初はテイクアウトのみだったのが、気が付いたらイートインコーナーが出来ていたので入ってみた次第。

お店に入ると、やはり元々がテイクアウト用の店舗と言う事もあって、小さな2人がけの丸テーブル一つに壁付けの長テーブルに2席と、4人で満席と言うスペースだった。
まぁ、それでもこちらの目の前にはやはりテイクアウトのたこ焼き屋「めりけんはとば」さんがあるし、少しでもこう言った違いを出さないときついのでしょう。
実際ぼくも、イートインができたから入ったようなものですしねぇ・・・

さて、こちらのメニューはと言えば
「トッポギ 400円」「韓国風海苔巻き 400円」「海鮮チヂミ 480円」「キムチチヂミ 480円」「コチュ海鮮チヂミ 480円」「コチュキムチチヂミ 480円」「激辛チヂミ 480円」と言ったラインナップ。
ビールやマッコリも用意してあるようだ。
とりあえずは「韓国風海苔巻き 400円」を注文。
ついでに「トッポギ 400円」をお願いしたら「すいません、まだ調理中で少し時間がかかります」との事だったので「キムチチヂミ 480円」をお願いした。

待つ事しばしで先に韓国風海苔巻き到着
海苔巻
切り分けられた海苔巻きは中太巻きくらいの太さで、思っていたよりもボリュームが有る。
具はハム、たくあん、きゅうり、ニンジン、油揚げ。
酢飯ではなくゴマ油の風味の付いた味付けご飯を海苔で巻いてある。
海苔は韓国海苔だったのかな?ゴマ油の風味が薄かった気がするけど・・・
まぁ、お味はそこそこ美味しい。

続いて
ちぢみ
中
キムチチヂミ到着
こちらのチヂミは焼き上げたと言うよりも揚げ焼きされたと言う感じ。
なので、外はザクッとした歯触りで、中はしっとりと言った感じ。
たこ焼きの「「築地 銀たこ」さんの作り方に近い。

具はキムチ、キャベツ、ニラ、いか、桜エビ。
テーブルにたれが置いてあるので、それにつけて頂く。
中がやや粉っぽさが残っているのが少し残念だったかな・・・
でも、外側と中の食感のコントラストも面白いし、こう言うのは結構好きな人が多い気がする。
これまた結構なボリュームが有るし、揚げ焼きされているせいもあってこれ一品で十分お腹いっぱいになる。
お味もキムチを変に入れ過ぎていないので、塩辛すぎたりと言う事もなく中々良い塩梅に仕上がっている。
ビールやマッコリが好きな人には、これをつまみに一杯ひっかけて行くのは良さそう。

それにしてもおそらく辛口であろうコチュ縮みが有るのに、それよりさらに辛そうな激辛チヂミと言うのはどのくらいの辛さなのだろう・・・
ぼくはあまり辛いのが得意と言う訳ではないので、試すのはちょっと躊躇われますねぇ・・・
今度は海鮮チヂミとトッポギを頂いてみましょうか。

中々美味しいチヂミと海苔巻きでありました。

店名 チヂミ屋
住所 横浜市中区伊勢佐木町3-98 オデヲンビル1F外店舗
マピオン オデヲン地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ねぎ冷やしソバ+小チャーハン@横浜橋 酔来軒

さて、今日は横浜橋通商店街医大通り側入り口そばに在る中華料理屋「酔来軒」さんへ・・・
日曜だと言うのに、珍しくも10時台に起きてしまったので、雨も降っているしランチ時にはかなり混むであろう事が予想できたので、11時半前にはお店へ・・・
先週の月曜日に伺ってみたらお休みだったので、今日行ってみた次第。
って、そんな早い時間だったのに、テーブル席は2つしか空いていませんでしたねぇ・・・
まぁ、座敷席もあるからまだ余裕はあるだろうけど、それにしても日曜の11時半前だと言うのに、良くもまぁこんなにお客さんが来ているもので・・・

空いている席に座り「お品書き」の表面「お品書き」の裏面を眺めてみる・・・
って、まぁ今日のところは冷やし系の麺類を頂くつもりで来たのだけれども、お品書きを見ると冷やし系は「冷やしソバ 700円」「五目冷やしソバ 800円」「えび冷やしソバ 800円」「ねぎ冷やしソバ 700円」と4種類用意されているようだ・・・

んー・・・まぁ「えび冷やしソバ」は海老が苦手なので真っ先に選択肢から外し・・・
「五目冷やしソバ」も、やはり海老が乗るかどうかで「冷やしソバ」と差異を図っている気がするので、これも却下・・・
となると「冷やしソバ」か「ねぎ冷やしソバ」の二者択一・・・
んー・・・そうなるとやはり「ねぎ冷やしソバ 700円」でしょうねぇ・・・・と言う事でこちらをお願いした。
こちらは麺類には+200円で小チャーハンが付けられるので、こちらも追加で注文。

待つ事しばしで到着
せっと
冷やしネギそばと小チャーハン、中華スープ。

小チャーハンは
炒飯
叉焼、なると、ネギ、玉子、グリンピース等の具が入っている。
おまけと言えど、ご飯はパラパラに仕上がっていて、味付けも街中中華のスタンダードなものだけれども中々良い塩梅。
ボリュームも結構あり、+200円でこれが付けられるのはお得。

ねぎ冷やしソバは
冷し
麺
こんな感じ。
麺の上には刻み葱とチャーシューがたっぷりと乗っている。
麺はしっかりと冷水で〆られた、こしのあるストレート麺。
たれは他店のものより酸味が丸く口当たりが良い。

ねぎも良い感じに辛みが抜けシャキシャキとした歯応えと清冽な清涼感のあるベストな状態だし、叉焼に関しては、以前頂いた「チャーシューライス 700円」の乗っていたものと比べると、脂身の少ない部分を使っていて、しっかりした歯応えと旨みが最高ですねぇ。
まぁ、個人的にはもう少し脂身が混ざっている方が好みなのだけれども、どちらにしてもこちらの叉焼もまたえらく美味しいですからねぇ。

んー・・・こちらも何を頂いても外さないお店ですねぇ。
次はスタンダードに「冷やしソバ 700円」を頂いてみましょうか。
今日も美味しいランチでありました。

店名 中華料理 酔來軒
住所 横浜市南区真金町1-1
電話 045-231-6539
営業 11:00~21:00
定休 火曜・第3月曜
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ねぎそば@長者町 龍鳳閣

さて、今日のランチは長者町の中華料理店「龍鳳閣」さんへ・・・
お店に行くと、おばちゃんがちょうど掛札を「営業中」に返すところだった。
って、12時を15分ばかり回っていたけど・・・
余りランチ集客にはご熱心ではないようだ・・・

さて、こちらはランチ営業時には、麺類一種類、ご飯もの一種類の2種がランチセットが出ている。
夜の営業時間帯には定食と言うものがないお店なので、一度は定食を頂いてみたいと言う事で、今日来てみた次第。
が、今日のランチは「冷やし中華そば 600円」と「排骨会飯 600円」の2種・・・

まぁ、排骨会飯は普段700円だし、確かにお得なお値段になっているけれども、少し前に一度頂いている。
冷やし中華も同じく一度頂いている・・・
んー・・・両方ともレギュラーメニューで頂いているから、ランチセットとなるとやはり内容が若干落ちてしまうだろう・・・

まぁ、両方とも確かに美味しかったから、また頂いてはみたいのだけれども、何も今日頂く事もないか・・・
と言う事で、席に着いて「お品書き」を眺めて検討・・・
んー・・・今日はあまり油っ気の無い方が良いかなぁ・・・
と言う事で、まだ頂いていない中から、一番油っ気の弱そうな「ねぎそば 700円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
丼
ねぎ
そば
ねぎそば
予想通りのものが出てきましたねぇ。
麺の上に刻みネギと叉焼を唐辛子のたれで和えたものが乗っている。

葱はやや太めに刻まれているけれども、辛みは良い感じに抜けている。
唐辛子はさほど強くなく、そんなに辛みはない。
まぁ、ネギの清冽な清涼感とシャキシャキ感、それにこちらのやたらに美味しい叉焼が合わされているってだけで美味しいのは確定事項ですから。

んー・・・やはりこちらの叉焼は何度頂いても美味しいですねぇ。
どうやら叉焼は持ち帰りも可能と言う事らしいので、今度持ち帰らせてもらう事にしましょうか・・・
ちなみに叉焼の単品は1200円ですハイ
次は「ビーフン 700円」辺りを頂いてみましょうか。。。

今日も美味しいランチでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

3種のカレー@石川町 PINKY PIG

さて、今日は一見のお店へ・・・
地蔵坂を下ったところに在るカレー屋「curry&cafe Restaurant  PINKY PIG」さん。
少し前にお薦め頂いていたので、行ってみた次第。
桜木町から元町入口、港の見える丘公園から山手カトリック教会~なんて、ずいぶんと懐かしいコースを通るバスに乗って地蔵坂上へ・・・
いやぁ…本当に懐かしい道筋ですねぇ・・・

地蔵坂・・・本当に坂の上に有った大きなお地蔵さんがなくなってしまっている・・・
お地蔵さんは下に移ったそうなのだけれども、帰りがけには注意してなかったから見逃してしまったなぁ・・・
あんな大きなお地蔵さんでも移したりするもんなんですねぇ・・・
さて、坂を下りきった辺りの左側に、想像していたよりもこじんまりとしたロッジ風と言うかなんというか木を多く使ってます的な洒落た外観のお店が目的の「PINKY PIG」さんだった。

お店に入ると、テーブルが3~4ほど、後はカウンターのみのこじんまりとした感じ。
ご主人がお冷とメニューを持ってきてくれたので、とりあえず眺めてみる・・・
キーマカレーやチキンカレーなどが980円、いかにも健康志向です的なラッサムカレ―800円、季節の野菜カレー1200円、チキン・キーマ・ラッサムの3種のカレーがセットになった3種のカレーが1280円、
カツカレーが1400円など。
んー・・・季節の野菜カレーが気にはなるけれども、やはり3種類のカレーが一度に頂けるのも魅力的か・・・
と言う事で「3種のカレー 1280円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ライスは普通の白ご飯と雑穀米が選べるそうなのだけれども、ぼくは注文時希望を言い忘れ、お店の人もなにも確認してこず、出てきたライスは普通の白ご飯だった。

すーぷ
じゃが芋?豆?のポタージュスープ?
若干残った粒粒とした舌触りが良い感じで、味もかなり好みに合っている。
これ、そのままビシソワーズにしたらめちゃめちゃ美味しいんじゃなかろうか・・・
て言うか、食物繊維たっぷりのデトックス言うなら、こちらの方がそのラッサムカレーと言うやつなのかな・・・

でとく
ラッサムカレー
デトックスなカレーと言う事で、食物繊維が多く含まれるとかなんとか・・・
豆とトマトのカレーと仰っていたかな・・・
具は細かくなっていて原型をとどめていない。
カレーと言うよりは、スープと言う印象。
ん?もしかして、こっちがスープで白いやつがラッサムカレーだったのかな?
どちらにしてもスープな印象で、カレーって感じではなかったけど・・・

きーま
キーマカレー
ひき肉たっぷり。
少し甘めの味付けなのだけれども、結構いろいろなスパイスが使われている感じ。
っ普通に美味しい。

ちきん
チキンカレー
プルプルとした舌触りの大振りなチキンの塊は良いですねぇ。
で、これがまた予想外に本格的。
野毛の「KIKUYA」さん並のスパイシーさで薬膳チックな風味。
ただ、スパイスの使い方が上手なのかバランスが良く違和感無く美味しく頂ける。
このチキンカレーとキーマカレーは単品で頂いてみたい。

正直、お店の外観を見た時には雰囲気優先の健康志向が売りなお味的にはあまり期待できそうにないお店と言う印象を持ってしまったのだけれども、ここのカレーは美味しい。
KIKUYAさんとかのカレーがお嫌いでなければ、十分楽しめるような気がする。
実際に頂いてみなきゃ分からないものですねぇ・・・
意外なところに美味しいお店が在ったものです。
一度はお試しになっても良いかと。

美味しいカレーでありました。

店名 curry&cafe Restaurant  PINKY PIG
住所 横浜市中区石川町3-122-1 第2石川町ビル1F
電話 045-212-9155
営業 11:30~22:00(L.O.21:30) 
定休 火曜
ぐるなび お店情報

石川町と言えば燻製ダイニングを謳う「木 MOKU」さんと言うお店がランチをお始めになると言うから期待してるのに、そのままサイトに情報出しっ放しで、一向にランチをお始めになる気配がない・・・
楽しみにしてたのだけれども、どうやらランチの話はなかった事にするのだろうか・・・

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

チキンと梅おろしの冷製パスタ@伊勢佐木 プロント

さて、今日は伊勢佐木モールに在る昼はパスタ夜は居酒屋なお店「PRONT プロント」さんへ・・・
少し前に店の前を通った時に、店頭の月替わりメニューの書かれたボードに「チキンと梅おろしの冷製パスタ」と言う月替わりメニューを見かけたので、一度頂いてみようと思っていたのpで寄ってみた次第。

今月の月替わりパスタは、他に「ランチョンミートとゴーヤのパスタ」と「トマトとツナのパスタ」が有ったようで、ランチョンミートとゴーヤのパスタも美味しそうだったのだけれども、なにせ蒸し暑い・・・
こう言う時にはやはり冷製パスタでしょう・・・
と言う事で、お店に入りカウンターで「チキンと梅おろしの冷製パスタ 750円」をお願いした。

こちらはいつも結構賑わっているのだけれども、今日は運良くソファー席のテーブルが確保できたので、そこに席を取りパスタの出来上がりを待つ・・・
で、待つ事しばしで到着
冷し
鶏梅
ぱすた
チキンと梅おろしの冷製パスタ
冷製と謳うだけあって、きちんと冷やされた状態ですねぇ。
パスタの上にはシソ葉が散らしてあり、真ん中にこんもりと大根おろしが盛られている。

とりあえずかき混ぜて頂いてみると、しょうゆベースのさっぱり系ソースにシソと大根おろしの風味と清涼感が良く合っていますねぇ。
梅おろしと書いてあったけれども、思いのほか梅の風味はそんなに立っておらず、どちらかと言えばシソの香りが先立っている。
まぁ、こう言う感じの料理なら、梅の風味はこのくらいでちょうど良いのかも知れない。

チキンは軽くスモークしてある感じで、食感や風味はハムに近い。
ややぱさ付いた食感が、このパスタにはいまいち合わないような気がした。
個人的には、もう少し瑞々しい感じの蒸し鶏の方が良かったかなぁ・・・
まぁ、お味自体は悪くないのですが・・・

んー、今日みたいな少々蒸し暑さを感じる日には、こう言うさっぱり系の料理が美味しいですねぇ。
今度はランチョンミートとゴーヤのパスタを頂いてみましょうか・・・
今日も美味しいパスタでありました。

店名 PRONT エクセル伊勢佐木モール店
住所 横浜市中区伊勢佐木町1-7-1 エクセル伊勢佐木1F
電話  045-232-8615
営業 平日 カフェ 9:00~17:30  バー 17:30~22:00
     (土曜は7:00~  日祝は8:30~)
定休 第2月曜
PRONTサイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

中華飯@桜木町 餃子の王将

さて、今日は桜木町駅前にある餃子チェーン「餃子の王将」さんへ・・・
何年振りだろう・・・と言うか、ここ10年以上は寄らせて貰った記憶はない・・・・
何日か前にTVで餃子の王将の経営成功の秘訣的な番組がやっていたのを見て、中華丼がやたらに美味しそうに見えたので寄ってみた次第。

お店に入ると、結構なお客さんで賑わっている。
さすが成功しているチェーン店・・・活気が有って丁寧な接客。
テーブル席へどうぞとの事だったので、適当に開いている席に座りお品書きを眺めてみる・・・
「天津炒飯」なんて魅力的なメニューもあり、ちょっとした中華屋さんよりもずいぶんメニューが多い気がする。
色々有って迷うところなのだけれども、今日の目的はTVで見た中華丼・・・
と言う事で、お品書きに有った「中華飯 440円(税込み462円)」をお願いした。

そこそこ混んでいたので、出てくるまで時間が少し掛かったけれども、これはまぁ仕方がない。
時間が掛かったと言ってもせいぜい15分程度だったし。
と言う事で到着
すーぷ
440円とは言え、ちゃんとスープまで付けてくれるんですねぇ・・・
まぁ、お味は普通の中華スープ。

中華
飯
メインの中華飯
安いからと言って舐めちゃいけない・・・
具は白菜、玉ねぎ、きくらげ、ニンジン、豚肉、いか、ウズラの玉子と結構具沢山。
これらの具の入った中華餡が、殆どおじやなんじゃないかと言うくらいの大量にご飯の上に掛っている。

お味はちょい濃いめのスタンダードな中華丼なのだけれども、これがまた結構おいしい。
と言うか、ここ寄りお味名がいまいちな街中中華屋さんなんていくらでも有りそうだ・・・
これならあんかけ系の麺類も結構美味しいかも知れない。
んー・・・っ次は天津炒飯でも頂いてみましょうか。

中々美味しい中華飯でありました。

店名 餃子の王将 桜木町店
住所 横浜市中区桜木町1-1
電話  045-633-3141
営業 日曜~水曜 11:30~23:00 木曜~土曜 11:30~23:30
餃子の王将サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

かつ丼@横浜橋 豊野亭

さて、今日は横浜橋商店街の大通り公園側入り口すぐ横に在る、天丼と定食のお店「豊野亭」さんへ・・・
本当は、横浜橋商店街医大通り側入り口そばにある中華屋「酔来軒」さんで、冷やしねぎそばでも頂くつもりでそちらに先に寄ってみたのだけれども、火曜日定休のはずが今日もお休みされていた・・・
あらら・・・

まぁ、仕方ないので、どこにしようかと思った時に、何となくかき揚げ丼が頂きたくなり、この辺でかき揚げ丼っちゃあ、やはり「豊野亭」さんですよねぇ・・・
数件挟んですぐ近くに在る天丼専門の「天丼 豊野」さんには少なくともレギュラーメニューではかき揚げ丼は置いてないし、ご主人が「材料さえあれば作るよ」と以前言ってくれた事は有ったのだけれども、如何せん「天丼 豊野」さんは、いつも外待ちのお客さんがいる事が多いくらいに混んでいるから、そんな中でメニューにないものをお願いするのも気が引けますしねぇ・・・
何より、ここ最近「天丼 豊野」さんは御無沙汰で、そんな事をお願いできるような状況でもなし・・・

さて、天丼と定食のお店「豊野亭」さんに入ると、先客はゼロ、
とりあえず、入口左側にある券売機で食券を・・・
って、かき揚げ丼が見つからない・・・
しかも、後からお客さんが入ってこられたから、のんびり券売機を眺めてメニュー選びをしている訳にもいかず・・・
パッと目に着いたのが「かつ丼 500円」
やっす・・・こちらはかなりお安いお店ではあるのだけれども、かつ丼、pこんなに安かったでしたっけ・・・
まぁ、最近カツ丼も頂いていないし・・・
と言う事で「かつ丼 500円」の食券を購入し、店員さんに大盛り料金の50円と一緒に渡した。

待っている間に、目の前に有った漬物を取り皿に取る・・・
漬物
こちらは漬物はご自由にどうぞと言う感じで置いてあり、大概、たくあん、きゅうりにキューちゃん、はくさい浅漬け、高菜など4,5種類置いてあるのだけれ度も、今日は目の前に有った漬物はたくあんと高菜だったので、それを頂く事に。

漬物を取って待つ事しばしでかつ丼到着
かつ
どん
うは・・・相変わらず、こちらの大盛りは多いですねぇ・・・
これでも、まだ「天丼 豊野」さんの大盛りに比べると見劣りするのだから、あちらのお店の盛は本当にとんでもないのですよね・・・

500円とは言っても、しっかりカツが一枚のっていて、サクサクな部分とお出汁を吸ってしっとりした部分と歯触りのコントラストが楽しめる。
お出汁自体は凡庸ではあるのだけれども、結構好みに合っている。
ただ、大盛りでお願いするとお出汁がちょっと不足気味・・・
天丼のつゆは、調味料と一緒にボトルに入って置いてあるので、それを足せば良いのだけれども、、まぁ、いいやって事で、今日はそのまま頂いた。

んー・・・こちらの丼物ってずいぶん久しぶりな気がするけれども、やはり美味しいですねぇ。
しかもお安い・・・
そう言えば、こちらのメニューには「他人丼 500円」と言うものが有るのだけれども、このメニュー・・・他店で言えば「親子丼の豚肉バージョン」である事が多い。
が、こちらの場合は「カツ+海老天の卵とじ」と言う一風変わった他人丼が頂ける。
まぁ、ぼくは海老が苦手なので、ずいぶん前に一度お願いして以来頂いていないけれども・・・
次は、なんぞ定食でも頂いてみましょう。

今日も美味しい夕飯でありました。

店名 豊野亭
住所  神奈川県横浜市南区真金町2丁目18
電話  045-261-6254
定休 日曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

多石信仰・・・?

さて、今日は一日雨で生来の不精者であるぼくが外に出る訳もなく・・・
と言う事で、今日は時計ネタに走りますハイ
表
横
↑この時計は国産時計メーカORIENT社が1964年に販売した「GRAND PRIX100」と言う変わり種の時計。
40年以上前の時計ですが、普段使用可能の中々良い状態です。
曜日が日本語表記ってのが良いですよねぇ・・・
文字盤のシルクライン(縦目筋)も素敵です。

さて、1960年代前半、多石信仰とも言うべき妙な流れが時計業界に有ったそうです。
通常、歯車を用いた時計には摩耗を防止するために歯車の軸受けにルビーをはめ込んであるのですが、その軸受け石の数が多ければ多いほど高級品だと言う流れができ、その流れを受けて国産時計メーカーのオリエント社が1963年に時計内に64個のルビーを埋め込んだ「GRAND PRIX 64」を発売しました。
ちなみに、この64個と言う石の数は、次の年1964年に東京オリンピックが開催される事を記念して数が決められたと言う話が有ります。

で、そこで止まらないからこその多石信仰・・・・
翌1964年に入り、オリエント社が発売したのが、前年発売の64石時計を大幅に凌駕した100石時計・・・
ぼくは裏蓋を開ける道具を持っていないので、他のサイトの機械の見えるページをリンクさせてもらうと・・・
こんな感じに、意味不明なほどにルビーやサファイアがちりばめられています。
その数は、ルビーが89個、サファイアが11個・・・計100個

ちなみに、その内歯車の軸受として使われているのは24石だそうで、自動巻きの時計としては24石は普通の数ですので、後は完全なる飾り石と言う事になりますねぇ・・・
まぁ、歯車を撒き上げるためのローター(分銅)にサファイアが11石使われているのですが、このローターは重い方がぜんまいの巻き上げ効率が良いという考え方もあるそうで、18金や22金と言った、ステンレスよりも重い素材が使用されている時計が現在も多々ありますので、もしかしたら多少なりともこの11個のサファイアには意味が有ったのかも知れません。

が、それを除く89個のルビーの内、歯車の軸受けに使われた24石以外の65石は飾りと言う以外何の意味もありません。
元々大して大きくもない時計機会なのですから、100石ともなれば埋め込む場所にすら困ります。
なので、もはや全く関係ない機械の外周リングなどに埋め込まれている訳ですね・・・
しかも面白い事に、この時代には今のように裏蓋がガラス張りになって時計の機会が覗けるようになっているなんて代物は存在していませんでした。
なので、
裏
こんな感じに裏蓋が存在するわけですから、これを開けない限りたっぷり埋め込んだ飾り石を見る事は出来ません。
ぼくもスクリューバック(ねじ込み式)の裏蓋をあける道具は持っていますが、このスナップバック(はめ込み式)の裏蓋をあけるこじ開けと言う道具を持っていないため、中の機械を見れないと言う間抜けな状態・・・

ちなみにこの時計、あほほど無駄に石を詰め込まれた意味不明な時計として有名ではありますが、そこはそれ・・・時計メーカーが販売するものですから当然のように道具としての能力もきちんと追求されています。
曜日の下に「TRIOSTAT」と言う文字が有るのが分るかと思いますが、これはオリエント社が自社開発した微動緩急調整装置と言う対衝調速機構です。
これは当時、オリエント社の時計の中でも高級ラインの時計にしか使われていませんでした。

この多石信仰は他社も追随しておりまして、シチズンやセイコーも50石程度の時計は販売していました。
舶来メーカーでも、確かウォルサム社が「Waltham 100」と言う100石仕様モデルを販売していました。
ちなみに、この50石だの100石だのと使われているルビーやサファイアですが、これは人工的に作られた工業用貴石です。
だもんで、当然宝石としての価値はありません。

まぁ・・・何とも意味不明な時計ではありますが、こう言う時計がもてはやされた時期もあったのです。
今の国産時計メーカーに欠けているのは、こう言う意味不明なほどの思い切った遊び心なのかも知れませんね・・・

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

グリーンカレーセット@伊勢佐木 イサンクラシック 横浜ドリーム

さて、今日のランチはずいぶんと久しぶりに伊勢佐木のタイ料理店「イサン・クラシック 横浜ドリーム」さんへ・・・
何年振りだろう・・・少なくとも、ここ5年は伺ってなかったような・・・・
と言うか、Blogにも記録がないようなので7,8年は前かも・・・
しかもランチに1度きりだし・・・

こちら、ランチが割に安くて美味しかった記憶が有るのだけれども如何にも夜のお店な雰囲気の地階のお店で入り辛い事もあり、中々再訪する機会が無かったのですよねぇ・・・
その上、最近タイ料理に全く縁がない。

タイ料理のお店だと昨年11月に行った「「タイレストラン ピー」さんで頂いたランチ・バイキング以来でしょうかねぇ・・・
カンボジア料理なら友達と町田の「アンコール・トム」さんに今年3月に行ってるけれども、どちらにしても最近東南アジア系のお店は御無沙汰ですねぇ。

と言う事で、今日も特別こちらに入る気だった訳ではなく、「ショー・ラパン」さんの外町のお客さんの並びっぷりの多さを見て諦め、どこに行こうかととりあえず伊勢佐木にてお店の前を通りがかったら美味しそうな香りがしたので入ってみた次第。

今一入り辛い雰囲気に躊躇しながら階段を降りると、記憶の中に有ったイメージよりは明るい雰囲気の店内だった。
以前来た時は、もう本当に薄暗い雰囲気で夜のお店然としていたような感じと記憶していたのだけれども、これなら全然気軽に入れる。

お店に入るとタイの方と思しき店員さんが明るく出迎えてくれる。
先客はお一人だったので、奥の開いている席に座り、持ってきてくれたメニューを眺めてみる・・・
ランチはカレーやガッパオ、パッタイなどのタイ料理の各種セットメニューが1000円程度。
タイのラーメンなんかも置いてあった。
が、まぁ、タイ料理のお店っちゃあ、やはりグリーンカレーですよねぇ。
と言う事で「グリーンカレーのセット 980円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
ライスにスープ、カレーにサラダのセット。
メニューにはジャスミンライスと書かれていたような気がするのだけれども普通のライスだった。

スープは
すーぷ
キャベツとひき肉の入ったもので、やや東南アジア系なスパイスが使われているようだ。
こう言うスープも結構好き。

サラダは
さらだ
春雨サラダ。
浅葱と玉ねぎと春雨を酸味と辛みのある味付けで和えてある。
これまたさっぱりしていて良い感じ。

グリーンカレーは
ぐりーん
かれー
こんな感じ。
具は鶏肉とタケノコ、なす。
ココナッツミルクが結構入っているのでまろやかな感じなのだけれども、辛みは結構強い。
んー・・・なんか久しぶりに頂きましたねぇ、こう言う独特のタイカレーの風味。

野毛の「KIKUYA」さんのグリーン・カレーも食べ易くて好きなのだけれども、やはりタイ料理屋のグリーン・カレーには独特な風味が有りますよねぇ。
やはり好きだわ、グリーンカレー・・・
今日のレッド・カレーの方は、パイナップルを使っているとかで甘めなのだそうな。
今日の、と言うのはいつもお味ではなく時折具を替えたりするからで、パイナップルを入れた今日のレッド・カレーは甘いと言う事らしい。
まぁ、温かい料理にパイナップルは勘弁して下さい派のぼくは、素直にグリーン・カレーを選んでおいて正解でしたね・・・

んー・・・やはりこちらのカレーは美味しい。
個人的には伊勢佐木裏手のタイ料理店「イヤム・プシャナー」さんのグリーン・カレーより好きかも。
って、こちらも御無沙汰なので、再訪して頂けばまた違った印象になるかもしれないけど・・・・
ま、こちらにも近い内に頂きに行ってみましょう。

今日も美味しいランチでありました。

店名 イサン・クラシック 横浜ドリーム
住所 横浜市中区長者町7-114 伊勢佐木町センタービルB1
営業 11:00~02:00
定休 無休
お店サイト

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

あんかけ炒飯+未掲載ランチ@若葉町 福龍菜館

さて、今日はスーパー「ビアゴ(旧ユニー)」さん裏手に在る中華料理なお店「福龍菜館」さんへ・・・
こちらは、今年3月初めくらいに一旦休業されたのだけれども、5月くらいにはリニューアルオープンされていた。

なので、リニューアルオープン後にはランチには一度伺ったのだけれども、夜の時間帯は今年の1月7日以来と言う事になりますねぇ。
リニューアルオープンは内装を変えただけではなく、完全にお店の方向性をお変えになったようで、以前は安くてボリュームのあるものを食べさせてくれる気軽な中華定食屋さんな雰囲気だったのだけれども、リニューアルオープン後は中華料理店と言う雰囲気になった。

ので、以前は壁に多種雑多なお得なセットメニューが貼って有り、どれもこれもお安くて満足感の高いものだったのだけれども、現在は定食メニューは絞られ一品料理が中心になり、価格は若干上がったものの、その分料理の質やお味がアップした感じになっている。
で、前回ランチで入ったところ、結構美味しく頂けたので夜にも来てみた次第。

さて、お店に入ると先客はゼロ。
以前に比べてテーブルの間隔が広く取って有り、ゆったり食事のできる雰囲気になっている。
空いているテーブルに席を取り一応お品書きを眺めるものの、今日は初手からお願いするものを決めていた。
前回ランチで伺ってお品書きを眺めた際に「ふかひれ入りあんかけ炒飯 680円」が目を惹いていた。
ので、今日は「ふかひれ入りあんかけ炒飯 680円」をお願いした。

待つ事しばしで到着。
すーぷ
付け合わせのスープ。
と言っても、トマトと玉子のスープとおまけと言うには手の込んだもの。
さっぱりしていて美味しい。

メインのあんかけ炒飯は
あん
かけ
炒飯
こんな感じ。
炒飯にはニンジン、玉子、叉焼、ネギが入っている。
でもって、これがまたお米ぱらぱらなベストな仕上がりの上に、味付けも偏りもなく塩梅もちょうど良く、炒飯単体としても結構良い感じのもの。

餡かけの方は、シイタケ、豚肉、ふかひれが入っている。
餡かけと言うよりもとろみ強めのスープの真ん中に炒飯の小島が浮かんでいるような感じの見た目。
これまた味付けはしっかりしていて、かと言って炒飯の味付けを犯さない程度の絶妙なバランス。
ふかひれのツルツルプチプチとした食感が面白い。

これで680円ってのはちょっと凄い。
ふかひれ入りと言う事を考えれば1000円とられてもおかしくないですね・・・
と言うか、コストパフォーマンス云々関係なく、普通に美味しいあんかけ炒飯です、これ。
これは試す価値ありとお薦めできますねぇ。

さて、以下は前回頂いたランチで未掲載だったもの。
せっと
ランチの「中華冷麺セット 700円」
冷やし中華に春巻き、冷や奴、スープ、ご飯、漬物のセットで、食後にコーヒーまで付きます。
冷奴には中華風のチリソースがかけられていて、お店の方向性が四川料理中心であることをうかがわせる。
実際、お品書きには四川風の文字を結構見かける。
とろみの付いたスープが意外なほど美味しかったですハイ

春巻
春巻き
これ、中には海老が入っていましたので、海老好きの人にはたまらないかと・・・
ちなみに夜だと春巻き3本で380円だそうです。
これまたおまけと言う感じではなく、油切れの良いパリパリの皮に、中はとろみの付いた熱々の大振りに切られた具材がたっぷり。

冷し
麺
冷やし中華。
たれはゴマたれで、お味はまぁ特別なものではないのだけれども悪くないです。
きっちり〆られている麺の歯触りも良い感じですしねぇ。

これまたランチ限定とは言え、結構なお得セットですねぇ。
ランチ・夜ともにお勧めですが、やはり何と言ってもあんかけ炒飯でしょうねぇ。
美味しいランチと夕飯でありました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00(ってなってますが、昼休憩があったような・・・)
定休 なし(ってなってますが、日曜はお休みになったかも)
福龍菜館 関内店情報
福龍菜館サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

三色やきそば@八幡町 磯村屋

さて、今日は八幡町のやきそばとおでんなお店「磯村屋」さんへ・・・
こちら、閉まるのが早いから、平日だとギリギリなので中々平日には足が向かないのですよねぇ・・・
そう言えば、磯村屋さんに行く途中に「かき氷」の小旗を出していたお店が有ったなぁ・・・
あそこ、お店だったのか・・・
まぁ、あそこは今度行ってみよう・・・

さて、お店に行くと何やらおばちゃんが作業中・・・
どうやらおでん鍋から、余ったおでんを引き上げているところだったようだ・・・
あら?と思ったのだけれども「いらっしゃい」との声を受けて、そのまま店内へ・・・

今日は何にしよう・・・
とりあえず、余ったおでんを覗くと、いまいち食指が動くものが残っていない・・・
ちくわぶは有ったけれども、こんにゃくなどが主だったようだ。
「おでんはいつまでですか?」と聞いてみたら「7月半ばまで」とのご返答だったので、それなら今日むりに頂く事もないですね・・・
と言う事で、今日はポテト・肉・玉子の入った「やきそば 三色」の大400円をお願いした。

待つ事しばしで到着
三食
やき
そば
んー、相変わらず、このゴロゴロと入ったポテトが良いですねぇ。
このポテトのホクホク感と甘味が何とも・・・
ポテトの大ダブルとかで頼んでみようかと思うくらいに、好きなのですよねぇ。

鉄板で一気に焼きあげるので、モヤシやキャベツのシャキシャキ感も良い感じだし、やきそばの香ばしさに胡椒のスパイシーな風味が加わって、これはたまりませんねぇ。
やはり好きだわ、こちらのやきそば・・・
夏の時期にはかき氷も登場するし、これからの暑い時期は伺う頻度が増えそうですねぇ。

今日も美味しいやきそばで有りました。

店名 磯村屋
住所 横浜市南区八幡町4
電話 045-261-0956
営業 11:30~18:00
定休  水曜日
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

徒然

鬼籍
 入居者の一人がお亡くなりになった。
高齢者施設だから決して珍しい話ではないし、ぼくが就いてから11年余りでたぶん4分3以上は人が入れ替わってしまっているんじゃないかな・・・こればかりは仕方がない。
診た事のある方だったから、やはり少しは思うところはあるけれど・・・
ご冥福をお祈りします。

からす
 最近、勤め先の周辺で異常に増えてるんだよね・・・
繁殖の時期と言う事もあるのだけれども、入居者が野良猫に餌をやってそのまま放置しておくから、それで余計に集まってきているらしい・・・
からすって嫌いじゃないんだけどね。
濡れ羽色は綺麗だと思うし、どことなく間抜けさを含んだ愛嬌のある雰囲気は結構好き。
とは言え、あれだけ集まってきちゃうとねぇ・・・
子育ての時期は、やはり気が立っているからうっかり巣に近寄ろうものなら危ういですしねぇ。
鳥獣保護法ってものが有るから、対処は容易ではないし・・・
どこもからすの対処に困っているみたいだけれども、どうしたものやら・・・
つーか、野良猫にえさやるなって言っても聞かない入居者をどうにかしたくても、こちらも聞く耳持たずだから始末に悪い・・・

横浜橋通商店街
 今日通り掛かりに気が付いたのだけれども、どうやら80周年らしい・・・
まぁ、元々真金町遊郭って色街だったのだから、歴史が有るのも当然っちゃ当然なのでしょうねぇ。
桂歌丸師匠のお祖母さんが郭屋を営んでいらっしゃったそうですし、やはりそれなりに長い歴史が有り賑わいが有れば、商店街もできますよねぇ。
それにしても相変わらず結構な人出で・・・
あの人出の中、チャリを抱えて堂々と道の真ん中で立ち話している連中は一体何なのだろう・・・
主にアジア系外国人のおばちゃんたちが多いみたいだけど、文化の差ですかねぇ・・・

Edy
10月よりセブンイレブンでも使えるようになるらしい・・・
9期連続赤字で、どうなる事やらと思っていたのだけれども、セブン&アイ ホールディングスと提携していく事にしたのかな・・・
電子マネーに先鞭をつけただけあって、宣伝広告やら営業活動に金は掛かるわ、nanacoだのSuicaだのWaonだの本業が別にあるところと違って、Edyは電子マネー一本で後ろ盾がないもんねぇ・・・
まさか、こんなに電子マネーが乱立競合するとは思ってもみなかっただろうし、企業体力の差が思いきり出てしまっていますか・・・
先鞭をつけただけあって利用加盟店が多いのは利点だけど、交通機関系がダメってのは痛いですからねぇ・・・
と言うか、正直セブン&アイのnanacoと組むなら、Suicaと提携してほしいんだけどね・・・

吉野家
 「吉野家HD ラーメン業界から撤退」
なんてニュースが有ったようだ・・・
あら・・・?
180円ラーメンの「びっくりラーメン一番」さんって、確か吉野家HDの傘下に入ったんじゃなかったっけ?
傘下に入ったと言うか、民事再生法を申請して経営権譲渡って形だったような気がするけど・・・
そう言えば、西久保町の辺りに有ったびっくりラーメンさんの店舗は看板を付け替えて再開準備が終わった状態のまま店が開かずに放置されていたような・・・
まぁ、低価格ラーメンのチェーンだと「幸楽苑」さんとか「日高屋」さんが既にしのぎを削ってるしね・・・
ま、撤退已む無しですかねぇ・・・

と言う事で、久しぶりに雑記なんぞを・・・

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

雲呑麺@長者町 龍鳳閣

さて、今日も長者町の中華料理屋「龍鳳閣」さんへ・・・
ここ最近、こちらはすっかり夕飯の第一選択肢になりましたねぇ・・・
お店に行くと、やはり先客はゼロ。
美味しいのに、いつもお客さんを見かける事がないと言うのは不思議な事だ・・・

さて、開いているテーブルに席を取り「お品書き」を眺める・・・
多分ないだろうなぁ・・・と思いつつ「シュウマイってありますか?」と聞いてみると「シュウマイとかは作ってないのよねぇ。でなくって」とのご返答。
やはり売り切れではなくて、初手から作っていなかったようだ・・・
まぁ、仕方ないですね・・・

んー「葱油麺 700円」との組み合わせでシュウマイか餃子を頂いてみたかったのだけれども・・・
となると・・・シュウマイや餃子はなくてもワンタンはちゃんと有るらしい事は、この前来た時に他のお客さんが注文していたので知っている。
まぁ、それなら今日はワンタンで行きますかねぇ・・・
と言う事で「雲呑麺 600円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
わん
めん
おぉ・・・雲呑麺でも、ワンタンだけではなく叉焼も入っているのですねぇ。
それも2枚も・・・
この叉焼が入っていると言うだけで、まぁ、テンションは上がる訳です。

ワンタンは
たん
生姜の風味の立った肉ダネが入っている。
結構大きなワンタンなのだけれども具は小さく、余った皮のピロピロ感が良い感じ。
何個くらい入ってたかなぁ・・・8個とか・・・・もっと入っていたたかも・・・・・
だもんでボリュームは十分ですねぇ。

相変わらず何を頂いても外さないお店だ・・・
次は葱油麺を頂いてみましょうか。
今日も美味しい夕飯でありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カレー丼@若葉町 すゞ家

さて、今日は若葉町にあるお蕎麦・うどんなお店「すゞ家」さんへ・・・
なにせ外は雨・・・あまりお店探しに徘徊するのはちとめんどい・・・・
それに今日はやや涼しいし、カレー丼でも頂く事にましょうかと言う事でこちらへ・・・

お店に入ると、先客はお一人、後から1組のお客さんが来られた。
とりあえず席に着き「お品書き1」「お品書き2」を眺めてみる・・・・
が、やはり今日はと言うか今日も「カレー丼 600円」をお願いする事に。

待つ事しばしで到着
かれー
カレー丼、わかめの味噌汁、漬物

カレー丼は
丼
豚肉と玉ねぎの身のシンプルなもの。
お出汁の風味が経っていて、割に甘め。
本当は、ゑびす屋さんのカレー丼のように玉ねぎではなく長ネギが入っている方が好みなのだけれども、その「ゑびす屋」さんが今しばらく休業されるご様子なので、その辺は致し方の無い事ですねぇ。

そう言えば、こちらには「カレーライス 550円」と言うメニューもあるのだけれども、未だ頂いた事が無かったですねぇ・・・
まぁ、お蕎麦屋さんですしね。
お蕎麦屋さんのお品書きにカレー丼とカレーライスが両方あったら、やはりカレー丼を選びたくなりますよねぇ・・・
ま、カレーライスの方は機会が有ったら頂いてみましょうか・・・

今日も美味しい夕飯でありました。

店名 すゞ家
住所 神奈川県横浜市中区若葉町3丁目54
電話 045-261-1014
営業 10:30~19:00
定休 金曜 第2土曜
参考サイト

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

生クリームメロン@成城石井

さて、今日は珍しく帰りがけに横浜ルミネ地階に在る「成城石井 よこはまてん」さんへ・・・
久しぶりにこちらの生クリームの挟んであるメロンパンが頂きたくなって立ち寄ってみた次第。
最近、チーズも買う事がなくなったから、こちらに来るのはかなり久しぶりですねぇ・・・

相変わらず凄いお客さんで賑わっていますね、こちら・・・
まぁ、ぼくはお酒を嗜まないからアレだけど、こちらにはワインも多く取りそろえてあるし、チーズを始め結構ワインのお供系の食事も揃ってますしねぇ・・・

と言う事で、早速メロンパンなんぞを・・・
あー・・・普通の生クリームが挟んであるものの他にもマンゴー^クリームが挟んであるものもあるんですねぇ・・・
まぁ、やはり普通の生クリームの方が好みなので、そちらを購入。

ぱっく
「生クリームメロン」 2個入り320円
以前より少し値上がったかな?
一個だと180円らしい。
マンゴークリームの方は2個で360円だったかな・・・

めろん
ぱん
こんな感じに、メロンパンにたっぷりと生クリームが挟んである。
正直メロンパン自体は大したことはないのだけれども、この生クリームがかなり好みに合っていて、たまに食べたくなる時が有るのですよねぇ・・・

メロンパンの表面がしっとりした感じのものなので、もう少しパリっとしているものだと更に好みに会うのですけれどもねぇ・・・
まぁ、その辺は好みの問題なんでしょうね。
生クリームはさすがに相変わらず美味しかったですハイ


成城石井サイト

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

鶏ときのこの土鍋煮込み@曙町 江南軒

さて今日は一見?のお店へ・・・
曙町に在る中華料理屋「江南軒」さん。
こちらには以前、同じく中華料理の「千龍軒」さんと言うお店が有ったのだけれども、いつの間にか「江南軒」さんと言うお店に化けていた。

まぁ、こちらの店舗も結構回転の速い店舗で、新しいお店が出来ては潰れ、そしてまたすぐに新しいお店ができるの繰り返し・・・
が、どうにもこの「江南軒」さんの場合、前に在った「千龍軒」さんと看板を付け替えただけと言うような雰囲気・・・

さて、今日は何を食べよう・・・
と思って外に出て、一応伊勢佐木モールなんぞを覗いたりもしたのだけれども、どこもいまいち・・・
そう言えば、少し前に伊勢佐木の「杜記」さんで頂いた「四川燃麺のセット 680円」が、またランチメニューに兆条していたのだけれども、どうやら高菜炒飯から普通のライスにセット内容が変更されてしまったようだ。
まぁ、麺を頂いた後に残った具材にライスを入れて食べると言うのはどちらにしても美味しいだろうけれども、同じ値段で炒飯からライスに変わると、どうにも損した気分になってしまいますねぇ・・・
と言う事で、今日は「杜記」さんもスルー・・・

16号線沿いを少しかっ見大岡方面に歩いて行くと「江南軒」さんの前にランチメニューのボードが有り、その中に「本日サービス 鶏ときのこの土鍋煮込み 620円」とあった・・・
ほぅ・・・土鍋煮込みですかぁ・・・・中々美味しそうですねぇ。
野菜も食べられそうだし、今日はこれを頂こう・・・

と言う事で店内へ・・・
お店に入ると、やはりと言うかなんというか外観と同じく内装も「千龍軒」さんの時と全く変わっていないようだ・・・
お店の人はどうかなぁ・・・あまり記憶にないが・・・・
まぁ、料理の方向性を変えるに当たって看板も変えたとか、そう言う事なのでしょう。
先客はお一人だけだったので、開いている4人がけのテーブルに席を取り、早速本日サービス品と言う「鶏ときのこの土鍋煮込み 620円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
せっと
おぉ・・・これは中々・・・・
ご飯に鍋、中華風のなます?に味付け煮玉子、プリンのセット。
味付け煮玉子は、台湾量おりに良く有るような八角の独特の風味が有って良い感じ。
デザートは杏仁豆腐かと思ったら、滑らかな舌触りで程よい甘さが中々美味しいミルクプリンのようなものだった。

メインの煮込みは
鶏
鍋
こんな感じ。
具は鶏肉、シメジ、エノキ、ニンジン、春菊でかなりのボリューム。
鶏肉はそのまま煮込んだものではなくて、薄く衣をつけて油通しをした感じのもののようだ。
土鍋に入って入るけれども、ベースは中華風のスープで、お味も日本の鍋とは趣を異にしている。

微妙に中華とも言い切れないのは春菊の風味のせいだろう・・・
まぁ、中国に行くと意外とこう言う香りの強い菜っ葉を入れた料理が多かったですしねぇ。
正直、春菊の様な香りの強い菜をあまり好まないのだけれども、それでもコリアンダーではなくて春菊って辺りはまだ食べ易くて良かったけど。

3分の1ほど鍋をつついた後は、当然のようにご飯をぶちこみ即席おじやに・・・
んー・・・これは結構おいしいですねぇ。
この内容で620円はずいぶんとお安い。
と思ったら、帰りがけにお店に寄って支払いの際に小銭を見たら、お釣り100円足りてなかったな・・・
まぁ、その場で気が付かなかったぼくも悪いが、借りに720円でもこの内容なら仕方ないかと思える。
と、一応自分を納得させてみる・・・せこいな自分・・・・

なんだかんだで、このセットは美味しかったしお値段もかなりお得。
ボリュームもありますしねぇ。
今日も美味しいランチでありました。

店名 江南軒
住所 神奈川県横浜市中区曙町2-29
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

冷やし中華@長者町 龍鳳閣

さて、昼に今日も長者町の「龍鳳閣」さんへ・・・
こちら、ランチには600円で日替わり定食メニューを出しているようなので、平日にはそれを頂く機会の無いぼくとしては、土曜日の昼に来て一度は頂いてみたかったのですよねぇ・・・

12時過ぎにお店に行き、店頭のランチメニューのボードを見て見ると
冷やし中華そば
牛バラ煮込み定食
の2種類で、いずれも600円。
あら・・・こちらも冷やし中華の販売を始められたのですねぇ。

と言う事で店内に入ると、やはり今日見先客はゼロで、これまたいつものように終始一人だった。
ので、ほぼ定位置と化してしまった入口入って右側手前から2番目のテーブル席へ・・・
そしていつものように、おばちゃんの「いらっしゃい、何にします―?」の声を聞いてから「冷やし中華そば」をお願いしますと注文したら「どちらにします?日替わりの方?」と仰る・・・

ん・・・?
そう言えば、壁に「冷やし中華」の短冊が・・・
ランチのメニューボードしか見てなかったので気が付かなかったわ・・・
で、それを見ると「冷やし中華 800円」となっている。

なので、おばちゃんに「表のボードに書かれている冷やし中華そばと、この冷やし中華って、やはり違うんですか?」と聞いたら、おばちゃん曰く「まぁ、200円の差が有るからー」とのご返答。
んー・・・まぁ、ランチのサービス冷やし中華そばを今日頂いてみて、後日レギュラーメニューの「冷やし中華」を頂いてみても良いかな・・・
と思っては見たものの、どうせの事なら普通の800円の方を頂いてみたい気もする。

なにせ、こちらでは材料の素材が嫌いなものでない限り、何を頂いてもまず外すことはないだろうし、この200円の差はもしかしたら叉焼の有無かも知れない・・・
んー・・・ここはやはり普通に「冷やし中華 800円」で行ってみたいですねぇ・・・
と言う事で、結局当初目的の「ランチサービスの定食を頂いてみよう」と言う話はきれいさっぱり流して「冷やし中華 800円」をお願いした。

さて、冷やし中華が出てくるまでの間、常ならテレビなんぞをを眺めつつぼーっとしているのだけレオdも、今日は珍しい事におばちゃんが饒舌だった。
珍しいと言うか、ここまで饒舌に話すおばちゃんの姿は初めて見た。
そのお姿を見るのも初めてなら、当然ここまでおばちゃんと会話するのも初めてだったですねぇ・・・
200円の差でテンションの上がるスイッチが入ったのかも知れない。

まぁ、なんて事の無い些細な事でも、気分とタイミングが合えば思いのほかテンションが上がると言う事は良くある話でしょうね。
と言うか、意外と普段はお話好きな感じのするしゃべり方でしたねぇ。
単純に普段の仕事中はあまりお喋りにならないだけかも知れませんし、こう言う感じなら興が乗った時や、常連のお客さん相手となら、結構良くお話しされているのかも知れませんねぇ。

さて、そんなこんなで待つ事しばしで到着。
冷し
中華
麺
これはまた素敵なお姿で・・・
叉焼、いか、海老、玉子、きゅうり、蒸し鶏
麺は細めの縮れ麺。
たれはやや酸味の強いしょうゆ風味のたれで、ゴマの風味が立っている。

いかや海老は、サッとお湯に潜らせてあるようで、表面には熱が入っているけれども中には熱は入っていないベストな状態。
まぁ、ぼくは海老は苦手なのでアレですが、いかも海老もぷりぷりとした食感に仕上がっている。
いかななんかは本当に甘くて適度な歯応えでかなり良い感じ。

蒸し鶏も適度に皮が残されていて、噛みしめれば鶏の旨みがしっかり感じられる。
叉焼は、まぁ、こちらの叉焼はもはや何言う事も無いくらいに美味しいのですハイ
生姜が紅ショウガではなくて、甘みの有るガリが添えられているのも良いですねぇ、
しっかり冷水で〆られた腰の強い細縮れ麺に、ゴマの風味の立ったたれが良く絡む。
まぁ、美味しいのは当然ですねぇ・・・

んー・・・まぁ、こうなると600円のランチサービスの「冷やし中華そば」の出来や如何に?と気になるところではあるのですが、まぁそれは今度機会が有ったら頂いてみましょう。
て言うか、らなん血の「牛バラ煮込み定食 600円」もぜひ一度は食べてみたいですよね・・・

今日も美味しいランチでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

イタリアンバイキング@横浜シァル Portfino

さて、今日は横浜シァル6Fのレストラン街に在るイタリアン・バイキングなお店「portfino ポルトフィーノ」さんへ・・・
こちらのお店は横浜駅東口ポルタの飲食街の中にも同じお店があり、横浜ポルタに在る方には随分前には行った事が有るのだけれども、どうやら若干営業形態が異なるようで、横浜シァル店の方はブッフェ形式になっていた。

帰りがけになんとなく久しぶりにお寿司でもと言うような気分になり、横浜シァル6Fに在る回転寿司のお店「海鮮三崎港」さんに入るつもりでエレベーターで6Fまで行ったのだけれども、海鮮三崎港さんに入る前に他のお店もどんな感じか見てみようと思ったところで目に入ったのがこちらのお店・・・
いや・・・要は「バイキング」と言う文言に魅入られただけですハイ

店頭に置いてあるボードには「イタリアンバイキング 70分 平日 大人1362円」とあり、たまにはパスタを食べ倒すのも良いかな、と・・・
と言う事で、店内へ・・・
まだ夕飯には少し早いせいか、2割程度のお客さんの入りだったのだけれども、後から結構グループのお客さんが来られたので、ぼくが出るころには7割くらいの席は埋まっているくらいににぎわっていた。

「お好きな席へ」と仰るので、奥のソファー席に着くと、店員さんが「当店は70分のバイキング形式師なっております。ドリンクバーは別ですがお付けしますか?」と仰るので「イタリアンバイキング 1362円」に「ドリンクバー 220円」を付けてもらう事に・・・
後はご自由にどうぞとの事だったので、早速・・・
ぱす1
ぱす2
ピザが4種類、パスタが3種類、リゾット、サラダ数種類と言った感じ。
料理は無くなればすぐに補充されていた。
まぁ、ブッフェなので、タイミングを外すとやや冷め気味のものを撮る事になるのだけれども、それでも意外とお味は悪くない。
ただ、こちらのお店は、どうやら女性をターゲットにしていらっしゃるのか、料理よりもデザートに力を入れている感じに見受けられた。

と言う事で、デザートは
けーき1
けーき2
けーき3
ぷりん
じゅれ
こんな感じに、一口大のケーキが6,7種類、フルーツジュレやマンゴーソースのかかったプリン、レアチーズケーキやティラミスなど・・・
結構食べたのだけれども、もう少し種類が有ったようだ・・・
まぁ、こちらの方は力を入れているようなので、さすがにどれも結構おいしい。
良く有るバイキングのおまけ的な一口大ケーキとは趣を異にした、ちゃんとしたデザートだった。

いやぁ・・・普段あまりスィーツなんか頂きませんからねぇ・・・・
これだけデザートを食べ倒したのはずいぶんと久しぶりですねぇ・・・
本当はお料理中心に行くつもりだったのですが、今日は珍しくデザート中心で行ってしまいましたねぇ・・・
これでドリンクバーを含めても1582円なのですから、ディナーバイキングとしてはお安いですよねぇ。
特にデザートが多い点は、女性に受けるでしょうね。
ただ、一人なら70分は長すぎるくらいですが、複数でとなるとやや短いかな?

満足のいく夕食でありました。

店名 Portfino ポルトフィーノ
住所 横浜市西区南幸1丁目1-1 横浜シァル6F
電話 045-317-7447
営業 11:00〜23:00(LO22:00)
定休 不定休(横浜シァルに準ず)
グルメWalker横浜 お店情報
横浜CIAL サイト

さて、あまり関係ないっちゃあ関係ないのですが
IWC.jpg
↑この時計はIWC(International Watch Co)と言う時計メーカーのPotfinoと言うお店と同名の時計。
まぁ、こちらの時計は「Portfino」で「ポートフィノ」と英語読みするので、音は違うのですが・・・
いや、だからって何?って話なんですが・・・
丁度同名の時計を持っていたので、ついでに紹介したまでですハイ


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

担々刀削麺+杏仁豆腐@長者町 華隆餐館

さて、今日の昼は用事が有ってこちらにいたので、ランチに長者町の刀削麺のお店「華隆餐館」さんへ・・・
12時少し前に行くと、先客はゼロ。
車道を挟んで向こう側のラーメン屋「関内 二郎」さんには、いつもよりもやや行列が短くは感じたものの、相変わらずの並びっぷり・・・
まぁ、もののタイプが違うのだから比べても仕方がないのだけれども、「華隆餐館」さんはボリュームもあるしお味も優劣つけ難しと思うのですけれどもねぇ・・・

さて、お店に入るとタイミングよく調理係のおにーさんがお店に下りてきたところだった。
こちらは確か11時開店なのに、お店を開けた後も接客係のおねーさん入るのに、少なくとも11時半過ぎにならないと調理係のおにーさんはお店に姿を見せないのでうしょねぇ・・・
夜営業の時もやはりそんな感じだし・・・
そんな状態なので、こちらで待つだけ待たされて、一向に調理が始まらないどころか調理人の姿が見えない事にキレてキャンセルして出て行くお客さんをいったい何人お見かけしましたけねぇ・・・
それでも、この営業スタンスを変えないと言うのもすごいけど・・・

ま、ぼくはすでにそれを知っているから、間違っても開店直後になんてお店に入らないけれども・・・
さて、こちらと言えば「麻婆刀削麺 900円」が第一選択肢なのだけれども、平日ランチには650円で刀削麺とライスor杏仁豆腐のお得なセットが4種類ほど用意されている。
と言う事で、折角なかなか来れないランチの時間帯な事ですし、ランチセットから選びましょうか・・・

ランチには、「叉焼刀削麺」「味噌刀削麺」「担々刀削麺」「牛肉刀削麺」の4種類にライス+漬物か杏仁豆腐が付く。
んー・・・昨日横浜ポルタの「匠 ~Jung~」さんで「担々冷麺 880円」を頂いているのだけれども、どうせなら食べ比べても良いですかねぇ・・・
こちらで担々刀削麺は久しく頂いていないですし・・・
と言う事で「担々刀削麺 650円」を杏仁豆腐のセットでお願いした。

今日はすでに調理係のおにーさんがいるのですぐに調理が開始され、さほど時間がかかる事無く刀削麺が到着
担々
麺
うは・・・真赤だ・・・・
見た目からしてめちゃめちゃ辛そう。
具はそぼろ、きくらげ、ほうれん草。
夜は、確かこれに香草が乗るんじゃなかったかな・・・
まぁ、ぼくはコリアンダーはあまり好まないので、乗らないならその方が良いけれども。

スープはとんこつベース?の白濁したもので、昨日頂いたものよりもごまの風味や甘みは立っていない。
その代りにやや酸味を感と結構な辛みが前面に立っている。
のだけれども、スープは丸みのある感じなので、むせかえるほどに絡みがのどに直撃するような辛さと言うよりも、じわじわと汗がにじみ出てくるような辛さ。

今日の刀削麺はいつもより細く長いような気がしたのは気のせいだろうか・・・
どちらにしても、この端の方のピロピロ感と中心部のむちっとしたしっかりした歯応えの食感のコントラストは面白いですねぇ。
やはり美味しいわ・・・こちらの刀削麺・・・・

刀削麺を食べ終わると
杏仁
杏仁豆腐を持ってきてくれる。
程よい甘みが辛味の強い刀削麺を頂いた後にはちょうど良いですねぇ。
キンキンに冷やしてあるものを出してくれる点も良いです。
が、こちらのは杏仁豆腐ではなく牛乳かんなのですよね・・・
まぁ、ぼくは牛乳かんが好きなので良いですが、本場系のこちらのお店だから杏仁豆腐も・・・と思って注文すると当てが外れてしまいますよねぇ。
ま、お味は良いのです。

今日も相変わらずのボリュームと良いお味で満足なランチでありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 月曜(最近、月曜もやっている気がするけれど…)
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

天津麺@長者町 龍鳳閣

さて、また長者町の中華料理屋「龍鳳閣」さんへ・・・
中村橋の「ゑびす屋」さん再開の目途が立たない今、これからしばらくは「龍鳳閣」さんがお店探しの第一選択肢となりましょうねぇ。。。

19時を回った頃にお店に行くと、お店のおばちゃんがちょうど掛札を「営業中」返したところだった・・・
最初にこちらに来た際に、夜の営業時間を聞いたら「6時から」とお答えになったけれども、どうやら19時からと考えておいた方が良いようですねぇ・・・

開店直後と言う事もあり、当然のように先客はゼロ。
と言うか、今日も終始一人だった。
適当に開いている席に座り「お品書き」を眺める・・・
なんとなく「シュウマイ 400円」が頂きたかったので有無を確認すると、おばちゃん「シュウマイ、餃子、春巻きは有りません」即答だった・・・
んー・・・前回もシュウマイは無かったし、もう作っていないのかも知れませんねぇ・・・

でも、いつだったか、他のお客さんが「五目ワンタン 600円」を注文した際には、普通に出てきたから、ワンタンはちゃんとあるらしい・・・
似たようなものなのに、なんでだろう・・・
と言うか、ワンタンって海老ワンタンと肉ワンタンと数種類あったような・・・
それとも、シュウマイとか餃子は昼で売り切れてしまうのかな・・・
まぁ、無いものはないと言う事で仕方がないので、しばし検討し「天津麺 600円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
天
麺
これまた随分としっかりした天津が乗っていますねぇ。
天津は
津
厚みが有り、周囲は焼き目が付くほどしっかりと火が入っているのだけれども、それに反して中の部分はふわっと仕上がっている。
天津の具は刻み叉焼、筍、きくらげ。
餡でとじた感じではなく、スープもさらっとしていますねぇ。

筍のシャキシャキ感、きくらげのコリコリ感が良い感じ。
まぁ、お味については、こちらのお店の叉焼が入っているのですから悪くなりようがないのです。
何度頂いても、こちらの叉焼は絶品ですねぇ。
スープも相変わらず丁寧な感じのする美味しいものですしねぇ。
今度は「天津飯 650円」をお願いしてみましょうか・・・

今回も満足のいく食事でありました。


店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

担々冷麺@横浜ポルタ 匠 ~Jung~

さて、今日も久しぶりなお店へ・・・
横浜駅東口ポルタの飲食街に在る担々麺と麻婆豆腐の専門店「匠 ~Jung~」さんへ・・・
こちらへは昨年の7月29日以来と言う事で、約1年近く振りになりますねぇ・・・
こちらでは昨年、夏季限定の「麻辣冷やし担々麺 980円」を頂いていたので、今年も夏の時期になれば冷やし系のメニューが出るかな・・・と思っていってみた次第。

お店へ行ってみると、店頭に「麻辣担々冷麺 980円」のメニュー写真が貼ってあったので、今日はこちらで頂く事にして店内へ・・・
お店に入ると、7割くらいの入りで意外と賑わっている。
空いている席に座ると、店員さんがすぐに冷水とお品書きを持ってきてくれた。
周囲のお客さんの注文の声などを聞くに、麻婆豆腐の定食を注文される方が多いようだ。

が、今日の目的は冷やし麺・・・
お品書きを見ると
冷やし系は「麻辣担々冷麺 980円」と「担々冷麺 880円」の2種類。
いずれも中盛+100円、大盛りは+200円。
昨年の冷やし系は「麻辣冷やし担々麺 980円」「冷やし担々麺 880円」で名前が若干違う。
ものが違うのか、名前が違うだけなのか・・・

んー・・・どちらにしましょうかねぇ・・・・
こちらでは、メニューの頭に「麻辣」の文字が入る方が辛さが増してある。
が、昨年頂いた「麻辣冷やし担々麺 980円」はそんなに辛かった記憶もないのだけれども、今年はどうだか分らないですしねぇ・・・
元々、ぼくはさほど辛いものが得意と言う訳でもないし・・・
と言う事で、今日は「担々冷麺 880円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
担々
冷麺
見た目は昨年頂いた「麻辣冷やし担々麺 980円」と見分けが付かない程に変わらない。
ごまの良い香りが食欲をそそる。

具は、叉焼、ホウレンソウ、ニンジン、モヤシ、そぼろ、ザーサイ、白髪ネギ、細切り唐辛子。
白濁したスープに赤い辣油のコントラストが綺麗に映えていますねぇ・・・
麺は細めの縮れ麺。
見た目は結構辛そうに見える。

一口頂いてみると、昨年もそうだったのだけれども、スープがやや冷やし切れておらず、もっとキンキンに冷えていれば更に美味しそうなだけに残念。
スープはごまの香り豊かで、ゴマの甘みとまろやかな風味が立っている。
ので、ラー油の辛みと言うものは見た目ほど辛さを感じる事無く、香りとピリ辛程度の辛みを感じる程度だった。
辛いものが良い方は「麻辣担々冷麺 980円」の方が良いかもしれない。

野菜のシャキシャキ感とザーサイのコリコリとした食感が良い感じ。
スープはややとろっとした感じが有り麺に良く絡む。
本格的な冷やし担々麺を望むと少し違う感じになってしまうかもしれないけれども、お味自体は決して悪くない。
と言うか、辛いものが得意でないぼくにはこのくらいの辛さのものの方が美味しい。

冷やし担々麺と言えば、今年2月に頂いた松原商店街内の中華屋「菜滋記」さんの冷やし担々麺が、かなり美味しく暑い時期になったら、ぜひもう一度食べようと思っていたのだけれども、その「菜滋記」さんは残念ながら3月末を持って閉店してしまったらしい・・・
まぁ、中華街まで出れば、それなりに美味しい冷やし担々麺を出してくれるお店もあるのだろうけれども、人ごみの苦手なぼくにはあまり行きたい場所ではないのですよねぇ・・・
まぁ、無理して探す事もないのだけれども、お店の前を通るい時には少し気にかけてチェックするようにしてみましょうか・・・

そこそこ美味しい担々冷麺でありました。

店名 匠 ~Jung~
住所 神奈川県横浜市西区高島2-16-B1 横浜駅東口地下街ポルタ
電話 045-440-0141
営業 11:00~23:00(L.O.22:00) 
定休 不定休(ポルタ休館日)
ぐるなび お店情報
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

緑茶風味なコーラ

さて、帰りがけにコンビニに寄った際、何気なくドリンクコーナーを見たら「コカ・コーラ プラス カテキン」なるけったいなコカコーラの新商品が有ったので購入してみました。
        こーら
コカ・コーラ社曰く「新作は緑茶風味!? カテキン入りの「コカ・コーラ」が新登場!
毎日の生活にちょっとした“plus”を提供する、スタイリッシュな女性のための炭酸ブランド 第2弾」
だそうで・・・
第一弾って言うのはなんだったのか気になるところですが・・・

一口目・・・なんとなく普通のコーラ・・・・
二口目・・・なんとなく緑茶っぽい香りがするような・・・・
三口目・・・なんとなくどうでも良くなってきた・・・・

不味くは有りません。
お味そのものは別に冒険している感じじゃありませんから。
緑茶の風味もすごくする訳ではないので、マイナスになる事はないでしょうね。

このコーラのコンセプトは「健康的でスタイリッシュに毎日を過ごすための、ちょっとした“plus”をくれるブランド」だそうで・・・
正直、コーラって時点で身体に良い訳がないのに、健康的も減ったくれもないような気がするのですが・・・

ま、パッケージカラーがグリーンと言うのは良いです。
ぼくが緑色が好きなだけですが・・・
そう言えばペプシ社はキューカンバ―(きゅうり)→ブルーハワイと来て、今年はシソフレーバーのコーラでしたっけ・・・
まぁ、聞くだけなら微妙ですね・・・

これも一度飲めば良いかな、と言う感じでしたハイ

日本コカ・コーラ ニュースリリース

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

カツカレーセット@曙町 中華一番

さて、今日は久しぶりにこの辺りでは量より質なハイコストパフォーマンスで売っている優良店一番グループの総本山「中華一番 曙町本店」さんへ・・・
こちらへは昨年の11月18日以来、半年以上ぶりと言う事になりますねぇ・・・

今日はどちらで頂こうかと、伊勢佐木モール沿いの「杜記」さん若葉町の「聚香園」さん若葉町の「すゞ家」さん曙町の「常州飯店」さん等も通り掛かりに検討したのだけれども、いずれもいまいちピンと来ず、結局行きついたのが「中華一番 曙町本店」さんだった・・・

お店に入ると、夕飯にはやや早い時間帯にも拘らず、7割方テーブルは埋まっている。
相変わらず繁盛してますねぇ・・・
空いているテーブルに席をとりお品書きを眺めてしばし検討・・・
いつもなら、悩む事無く「日替わりAセット 600円」をお願いしてしまうのだけれども、どうやら原材料の価格高騰のあおりを食ったのか、今は9:00~15:00位までの時間帯サービスメニューとなってしまったようだ。

と言う事で、今日は何にしようか・・・
と言うか、基本日替わりセットばかりお願いしていたので、こちらで別のメニューって炒飯くらいしか頂いた事が無かったかも知れない・・・
んー・・・正直麺類は日替わりセットのおまけで付いてくるみにラーメンを見るにあまり期待は出来そうにはない・・・

どうせなら中華屋さんから少し逸脱したメニューが良いかな・・・
となると、やはり「チキンカツカレー 700円」か「カツカレー 700円」、或いは「カツカレーセット 800円」の中からの選択と言う事になりましょうか・・・
豚より鶏が好きなぼくとしては「チキンカツカレー 700円」にしようかと思ったのだけれども、どうせの事ならセットにしようかと思ってメニューを確認すると「カツカレーセット 800円」のみで、チキンカツカレーのセットは存在していないらしい・・・
まぁ、いっか・・・と言う事で「カツカレーセット 800円」をぽ願いした。

待つ事しばしで到着。
せっと
うぉ・・・なんかびっくりものですが・・・

たまご
これ、運が良いと茶碗蒸しの場合もあるのですけれども、今日は温泉卵だった。

冷し
麺
パッと見、なんでラーメンの具がトマトなんだ・・・・
と思ったら、冷やしラーメンでありました。
具はトマトにわかめ。
まぁ、お味の方は限りなく凡庸ですが、こちらのお店が時期によって温冷を分けるような気遣いをしてくれるとは思っておりませんでしたねぇ・・・

かれー
カツカレー・・・
なんて大皿・・・お盆の3分の1以上このお皿が占めている・・・・
大皿にはサラダ、マカロニサラダ、カツカレーが乗せられているのだけれども、写真で見るよりもえらい事になっている・・・

カレーは家庭用のカレールーを使用したものと思われるような凡庸なものではあるのだけれども、決して悪くはない。
と言うか、個人的にはこう言う安心できるお味のカレーって好き。
ご飯の量は、たぶん他店の大盛り以上の盛は有ると思うのだけれども、カレーのルーもたっぷりかかっているので、決してカレーが足らなくなると言う事はない。
サラダやマカロニサラダのマヨネーズがカレーに混ざり込むと、これまたちーぷ度がアップした、立派なBグルカレーとなりますねぇ。

カツも結構しっかりした歯応えとボリュームのあるもので、やはり普通に定食用のとんかつ1枚分の大きさは普通にある。
揚げ立で、意外とサクサクした良い感じの揚げ上がりだった。
まぁ、どれもこれもボリュームがかなりのもので、その上カレー自体がもったりした重たいへヴィな感じのカレーなので、後半きつくなる。

いくら質より量優先のハイコストパフォーマンス菜こちらでも、カツカレーがこの量で出てくるとは思ってもみませんでしたねぇ。
しかも、結構好みに合っていたので美味しく頂けましたし。
まぁ、相変わらず侮れないお店ですねぇ・・・

今日も満足のいく夕飯でありました。


店名 中華一番 本店
住所 神奈川県横浜市中区曙町3丁目43
電話 045-261-0968
営業 24時間営業
定休 年中無休(1年に2日ほど休みあり)
参考サイト




テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

カルディナール@福富町 イタリーノ

さて、今日は久しぶりに福富町の洋食屋「イタリーノ」さんへ・・・
こちらへは、冬の時期限定のカキフライを頂きに来て以来なので半年振りくらいになってしまいましたねぇ・・・
お店に入ると、先客はお一人で、後から4名一組のお客さんが見えられた。

空いているテーブル席に着くと、すぐにお冷とお品書きを渡してくれる。
さて、今日は何にしましょうか・・・
イタリーノさんと言えば、冬時期のカキフライを除けば、やはり「カルディナール」が第一選択肢に躍り出ますねぇ・・・
「ミートボールスパゲティ 750円」も捨て難いものの、久しぶりでも有るし今日は「カルディナール 750円」を大盛り+100円でお願いする事に・・・

ジャージャーと小気味の良い炒め音を聞きつつ待つ事しばしで到着
でぃ
かる
んー、程よく漂う香ばしい匂いが食欲をそそりますねぇ。
具は蟹のほぐし身、マッシュルーム、玉ねぎ。
スパゲティは、最近あまりお目に掛かれない茹で置きブヨブヨのぶっといスパゲティ。
なーる
このぶっといブヨスパが、ややもったりした感じのドミソースで炒め和えてある。
いやぁ・・・何度頂いてもこれは美味しいですねぇ・・・・

このカクテルの名前としての方がまだ知名度が高いらしい「カルディナール」
実際、ぼくの朝九狭い経験の中では、こちら以外に「カルディナール」」の名を冠したお料理はお目にかかった事がない。
どういう経緯でこう言うメニュー名にしたのだろう・・・
と言うか、知らないだけで実はちゃんとこう言う名前のパスタ料理が存在するのだろうか・・・
まぁ、美味しければどうでも良いっちゃそうなんですが・・・
次はミートボールスパゲティを頂きましょうか・・・

今日も美味しい夕飯でありました。


店名 イタリーノ
住所 横浜市中区福富町仲通3-4
電話 045-261-6721
営業 12:00 - 23:30
定休 日曜
参考サイト

そう言えば、こちらのそばに在るビルの奥まった所に店舗を構える、夜中にしか開かないらしいラーメン屋さんが有って、気になっているのですよねぇ・・・
今日、ちょろっと覗いてみたら入口に「会員制」って札が有るし・・・
興味はあるのだけれど、お酒を嗜まないぼくにとっては、夜の福富町ってば怖い街以外の何物でもないのですよ・・・
うーむ・・・


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

冷やしネギそば@万世町 麗華

さて、今日のランチは、久しぶりに万世町に在る中華屋「麗華」さんへ・・・
最初、中村橋の「ゑびす屋」さんに行ってみたのだけれども、今日もお休み・・・
前回もお休みされていて結局他処で頂いたのだけれども、定休日以外にお休みされる事が2度も続くとは珍しい・・・
どなたか体調を崩されたとか、そう言う事でなければ良いのだけれども・・・
それならと言う事で、医大通りをぶらぶらとやる気も無さ気に関内方面へ・・・

途中、浦舟町に在る豚骨ラーメンの「どんたく」さんに入ってみたのだけれども、1分待ってもご主人が出てこられず反応もないので、今日は縁の無かったものとして他処へ。。。
て言うか、12時を少し回ったランチ時真っ只中に、お客さんはいないわ、ご主人はいないわ・・・
こちら、多少塩味がきついけれどもお味は良いのに、なぜいつもこんなに閑散としているんのだろう・・・
って、自分自身も1年半は来ていないのだから言えた話じゃないですねハイ

んー・・・この時間帯だと、八幡町のやきそばと出んなお店「磯村屋」さんは、おそらく満席だろうしなぁ・・・などと考えつつ更に関内方面へ・・・
途中、医大通り沿いに在る中華屋「花田軒」さんの前にランチメニューの書かれたボードが置いてあり、「高菜炒飯 500円」とか、割に魅力的な文字が・・・
そう言えば、こちらって開店当初に一度伺ったきりになっている・・・
まぁ、他処を回って食指が動くお店が無かったら、こちらで頂きましょうか・・・

と、さらに進んだところで思い出したのが、万世町の中華屋「麗華」さん。
こちらは、1カ月ほど前伺ったら、満席で入れなかったと言う事が有ったので、今日もどうだか分らなかったのだけれども、とりあえず行ってみる事に・・・
お店に入ると、やはりあの時の入りはイレギュラー的なものだったのか先客はゼロ。
風が涼やかとは言え、もう外を歩くのもめんどいし、今日はこちらで頂く事に・・・

席に着いて、とりあえずお品書きなんぞを見てみる・・・
品書
前回は無かったランチメニュー表が、各テーブルに置かれるようになったのはありがたい。
前回は「あんかけ上海やきそば 600円」を頂いている。
メニューから消えたかと思ったら「チンジャオロースあんかけやきそば 600円」と名前が変わっただけで残っているようだ。

んー・・・こちらは同も定食類はありきたりな感じなのですよねぇ・・・
となると麺類からになりましょうか・・・
前回頂いた「あんかけ上海やきそば」は、揚げ麺の上に青椒肉絲が乗せられたもので、お味は悪くなかったのだけれども、ぼくは固やきそばはあまり好まない。
なんとなく、口の中に麺が刺さるような感触がいや・・・

まぁ、今日は暑いですし、やはり冷やしめん系ですかねぇ・・・
メニューを見直すと、前回無かった「冷やし中華 650円」が登場している。
が、その下に前回目を付けていた「冷・熱 ねぎそば 600円」があり、これは多分冷やしでも作ってくれると言う意味だろうと思いお店の方に聞いたら「できる」と仰るので、今日は「冷やしネギそば 600円」をお願いする事に・・・

待つ事しばしで到着
冷し
ねぎ
そば
おぉ・・・なんかすごい・・・・
なんとなく予想していたものと少し違ってやや驚いたのは、やはりボリュームと派手に盛られた具のせいだろう・・・

具は刻み葱と刻み叉焼を辛味の強いたれで和えたもの。
スープは、おそらく通常のものとさほど変わらない中華スープだと思うのだけレオdも、それに氷が入り冷やされている。
麺は細めの縮れ麺で、冷水でしっかり〆て有り、かなり腰の強い好みに合ったもの。

スープ自体は凡庸なのだけれども、上の具に絡ませてあるたれが溶け込み、ネギの清涼感や叉焼の旨みと相まって、かなり美味しくなっている。
て言うか、こちらの叉焼が意外なほどに美味しい。
この手のお店だと、あまり大した叉焼が期待できないのが常なのだけれども、こちらの叉焼はその辺の街中中華なお店のものとは一味違う。
ねぎも、辛みは抜けていながら清涼感もシャキシャキとした歯触りも維持されていてちょうど良い。
ほー・・・あまり期待はしていなかったのだけれども、こちらも中々美味しいものが頂ける良いお店なのですねぇ。

ボリュームもしっかりあるし600円でこれが頂けるのはうれしいですねぇ・・・
今度は、炒飯でも頂いてみましょうか・・・
今日も美味しいランチでありました。

店名 上海料理 麗華
住所 神奈川県横浜市南区万世町1ー1-1
電話 045-231-8839
営業 夜12時まで
定休 無休(不定休かと)
gooタウンページ お店情報

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

排骨会飯@長者町 龍鳳閣

さて、今日も長者町に在る中華料理屋「龍鳳閣」さんへ・・・
ここ1週間内に立て続けに伺っている気がしますねぇ・・・
まぁ、行ける時に行っておきましょうか・・・

さて、お店に行くといつもながら先客はゼロ。
が、さすがに土曜の昼時、後から3,4名のグループ客が見えられた。
とりあえず、席に着いてお品書きを眺めてみる・・・

んー・・・「天津麺 650円」が美味しそうですねぇ・・・・
しかし今日はご飯ものの方が良いか・・・・
炒飯は前回頂いたので、今日はかけご飯系から選びましょうかねぇ・・・
となると、やはり気になるのは「排骨会飯(骨付き肉のかけご飯) 700円」ですかねぇ。
と言う事で、それをお願いした。

待つ事しばしで到着
排骨
あら・・・少し前に頂いた「排骨炒飯 800円」とは全く違ったお姿ですねぇ。

排骨は
会飯
こんな感じにぶつ切りされた骨付き肉を揚げた後に、たれとしっかり絡めて有って、それがご飯の上にゴロゴロと乗せられている感じ。
まぁ、見た目では排骨炒飯に乗っているような感じの方がインパクトが強いけれども、あのままの状態だと上からたれを掛けるだけになってしまうから、お味としてはぶつ切りにしてしっかりタレを絡めてあるこちらの方がより美味しく頂けるでしょうね。

揚げられたぶつ切り排骨は、少しカレーの風味の混じったスパイスの下味もしっかり付いているけれども、その上に更に中々美味しいたれが良く絡んでいるのでお味的には言う事なしですねぇ。
ぶつ切りされているとはいえ、やはり切り方が大振り分厚めナノデ、噛むとサクッとした表面の食感の後にミチっとした肉のしっかりした歯応えが感じられる。
もちろんお肉自体の旨みもたっぷり。

んー・・・、やはりこちらは何を頂いてみても外さない・・・・
今度は一品料理の方も頂いてみようか・・・
そう言えば、ランチ営業の時間帯には600円の定食が2種類ほど用意されている。
こちらへは、昼は土曜日にしか来れないので、この定食を頂く機会をまだ得ていないのだけれども、来週は定食で行ってみるのも良いかもしれませんねぇ。

今日も美味しいランチでありました。

店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

中華そば@真金町 めんや 直伝

さて、今日は大通り公園沿いに在る「めんや 直伝」さんへ・・・
なにせ雨降り・・・食事の為に寄り道するのもめんどい・・・・
ので、今日は近場で済ますことに・・・

近場と言っても、大通り公園沿いは結構いろいろなお店が有って選択肢に困る事もないのだけれども、今日は少し涼しいし何か温かいものをと思案すれば、まぁ、思案の先は自ずと麺類に行き着く。
と言う事で東池袋大勝軒系列の「めんや 直伝」さんへ・・・
こちらのお店、最近金・土・日限定の「濃厚つけ麺 800円」の販売をお始めになったせいか、以前より外待ちのお客さんの姿を見かける事が多くなってきた。

今日はさすがにそこまでは無かったけれども、後から後からお客さんが入ってきて、相変わらず繁盛しているご様子。
16号線沿いの「館内 二郎」さんは飛びぬけた人気を維持しているいるけれども、あそこに次ぐ人気店はこちらじゃなかろうか・・・

さて、お店に入り入口左側にある券売機で先に食券を購入・・・
いつもなら「つけ麺 700円」を選ぶところなのだけれども、今日は些か涼しい・・・
ので、今日は久しぶりに「中華そば 700円」を頂く事にして食券を購入しカウンター席へ・・・

待つ事しばしで到着
中華
そば
んー・・・なんか以前と違った印象・・・・
なんだろうと思ったら以前のものには入っていなかった味付けそぼろ肉が入っている。
具は、もも肉チャーシュー、バラ肉巻きチャーシュー、メンマ、のり、なると、肉そぼろ、ゆで卵半玉、ねぎ。

麺は太めのストレート麺。
以前のものより魚介系の風味と酸味が抑えられているような感じで、個人的には今回のスープの方が好みですねぇ。
チャーシューも2種類入っていて、それぞれの風味や歯触りの違いが楽しめる。
んー・・・東池袋大勝軒系列のお店と言う事もあって、いつもはつけ麺ばかり頂いているのだけレオdも、中華そばも結構おいしいですよねぇ。

今日も美味しい夕飯でありました。


店名 めんや直伝
住所 南区真金町2-22-15 1F
電話 045-262-5780
営業 昼11:30~15:00(平日は14:30まで) 夜17:00~21:00(LO20:40)
定休 火曜
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

叉焼麺&鶏炒飯@長者町 龍鳳閣

さて、今日も夕飯は長者町に有る中華料理屋「龍鳳閣」さんへ・・・
どうやら、こちらのゆるい魅力に絡め取られたらしい・・・
まぁ、美味しいものが頂けるのだから仕方がない。

今日は前回頂いた「五目会飯 600円」に入っていた叉焼が、かなり美味しかったので叉焼麺を板ぢあてみようと思い伺った次第。
なので、一旦家に戻り、お店がほぼ確実に開いているであろう19:00まで時間を潰してから行くなどと、出不精極まりないぼくとしては珍しい事をしてみた。

さて、お店に行くとちゃんと入口に「営業中」の掛札が有り一安心。
お店に入ると先客はゼロで、おばちゃんが座って新聞などを読みまったり過ごしている。
このゆるい空気は結構嫌いじゃない。
とりあえず席に着いて「お品書き」を眺めてみる・・・
が、やはり今日の目的は叉焼麺・・・
と言う事で「叉焼麺 600円」をお願いした。

もう一品何か・・・と思って「お品書き」の裏を返してみる・・・
んー・・・シュウマイが有りますねぇ・・・
こちらのしゅうまいなら、かなり期待出来るかも・・・
と言う事で「シュウマイ 400円」をお願いしたら、おばちゃんが「すいません、今日しゅうまい切らしちゃって」と仰る・・・

んー・・・かと言って素直に「餃子 400円」に行くのも芸がない・・・
それなら炒飯と合わせてみますかねぇ・・・
「排骨炒飯 800円」を頂いているので、こちらの炒飯が自分の好みに合っている事は確認済み・・・
五目や海老、肉、鶏等の種類が有るので、とりあえず今日は「鶏炒飯 600円」を追加でお願いする事に・・・

待つ事しばしで、先に炒飯到着
炒飯
鶏
具は鶏肉、さやえんどう、ネギ、玉子とシンプル。
お味もシンプルながら、味付けの加減がちょうど良くかなり美味しい。
ご飯もパラパラのベストな炒め上がり。
大振りに切られた鶏肉のムチムチとした噛み応えと旨みがたまりませんねぇ。
相変わらず沿道のパリパリとした食感も面白い。
やはり好きだわ…ここの炒飯。

続いて
叉焼
麺
叉焼麺も到着。
いや、もう・・・これは素敵過ぎるでしょう。
叉焼は
肉
分厚く切られた赤縁のものが4枚。
これがまた、香ばしい風味と肉の旨みがたまらないのですよ・・・
適度な噛み応えと、噛んだ瞬間あふれる旨みが、もう何とも・・・
て、言うか600円でこの叉焼麺って、ちょっと凄いと思うのですが・・・

具はチャーシューと青菜のみで、スープもシンプルなのだけれども、かなり丁寧に作られた感じの街中中華のものとは、やはりどこか違う。
まぁ、お店の外観も内装も、街中中華な感じではなく、古くは結構繁盛していた感じの高級中華な雰囲気ですしねぇ・・・
麺は細めの縮れ麺で、これはまあ凡庸。
まぁ、もうこれは叉焼だけでも十分食べる価値ありですハイ

やはり、こちらのお店は何を食べても外さない・・・
しばらくこちらに通って、いろいろ頂いてみましょう。
今日も満足のいく夕飯でありました。


店名 龍鳳閣
住所 横浜市中区長者町8ー123-1
電話 045-251-6624
営業 昼は12:00くらいから13:30くらいまで
    夜は18:00~(でも、19:00くらいの方が確実ぽい)
なびかな お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

ワンタン麺&ミニポークライス@浦舟町 うらふね

さて、今日は一見のお店へ・・・
医大通りからわき道を少し入ったところに在る「中華・西洋料理 うらふね」さん。
今日は中村橋に在る「えびす屋」さんのおばちゃんが「冷やし中華は6月から」と仰っていたので、行ってみたのだけれどもお店はお休み・・・
定休日以外にお休みされるなんて珍しいですねぇ・・・

仕方ないので、そのまま八幡町に在るやきそばとおでんなお店「磯村屋」さんに向かったのだけれども、途中でそう言えば水曜日が定休日だった事を思い出し断念。
そのまま医大通りに出て横浜橋方おめんへ歩いている途中に「うらふね」さんの存在を思い出し、とりあえず行ってみようと思い立った次第。

お店に行くと、メニューがショーウィンドウの中にも在るのだけれども、何やら日替わりセットと書かれたホワイトボードが置かれている・・・
それを見てみると「ワンタンメンとミニポークライス 680円」と・・・
ポークライス・・・惹かれる文言ですねぇ・・・・
と言う事で、今日はこちらで頂く事に。

お店に入ると、中は意外に広く、4人がけテーブルが3つ4つ・・・、円卓もあり、カウンター席もある。
先客は一組だったので、空いている4人がけテーブルへ・・・
とりあえずお品書きを眺めてみる・・・
品書1
品書2
お品書きはこんな感じ。
まぁ、お値段的には、この周辺のお店の平均値と言ったところでしょうか。
意外とメニューも多い。
まぁ、それでもやはり今日は表に有った日替わりセットを頂いてみましょうか・・・
と言う事で、「日替わりセット ワンタンメン+ミニポークライス 680円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
わん
たん
めん
ワンタンメン。
具はワンタンが5,6個、メンマ、わかめ、チェーシュー、ネギ。
麺は細めのストレート麺で、多少ぼそっとした感じはあるものの悪くない。
ワンタンは取り立てて特別なものではないけれども、ピロピロツルツルとした舌触りは良いですねぇ。
スープは鳥ガラベースのやや優しいお味のスタンダードな中華スープで懐かしい系のお味。

ぽーく
ミニポークライス。
ミニとなってはいたけれども、ボリューム的には1人前にやや欠ける程度で、ボリュームは結構ある。
具は豚肉に玉ねぎとシンプルで、しっかりと火が通りライスはパラパラの状態に近く、ケチャップも酸味が飛び、玉ねぎの香ばしさと甘みと相まって良い感じ。

これで680円はお得でしょうねぇ。
今までまったくノーマークだったこちらのお店・・・
これからは通り掛かりには、日替わりセットはチェックしてみよう・・・

今日も満足のいく食事でありました。

店名 中華・西洋料理 うらふね
住所 横浜市南区白妙町4丁目53-16
電話 045-231-8288
なびかな お店情報

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。