塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろきのこのポルチーニクリームスパ@伊勢佐木 スパッソ

さて、帰りがけに伊勢佐木モールを少しぶらぶら・・・
定食屋の「春竹」さんが閉店し、その後釜に「陳麻家」さんと言う担々麺と麻婆飯のお店が入った。
担々麺と言えば、担々麺専門店の「赤と黒」さんも閉店してしまったな・・・
赤と黒さんの閉店は陳麻家さんには追い風だろう。
その他、ラーメンとつけ麺の「錦堂」さんも撤退してしまったようだし、「フクラ家」さんも今日で閉店との事。
相変わらず入れ替わりが激しいな・・・

さて、今日はどこに寄ろう・・・
最近言え系ラーメンを食べていないので、家系ラーメンの「壱国家」さんにしようかとも思ったのだが、家系ラーメンなら浅間町の「中島家」さんで食べた方が良いな・・・
探して廻るのもだるいし、松坂屋さん1階の「パスタカフェ スパッソ」さんに入った。

こちらはカウンターで注文時支払いなので、メニューを眺めると「厚切りベーコンといろいろきのこのポルチーニクリームスパゲティ」がある。
いつの間にやらナポリタンがメニューから消えてしまい、他は差ほど食指の動くようなものは無かったので、目を惹いたこれにする事に。
こちらはM/L/LLの3サイズがあり、いずれも680円と同一料金と言うありがたいお店だ。
ぼくは当然「厚切りベーコンといろいろきのこのポルチーニソーススパゲティ 680円」をLLサイズでお願いした。

席につき、待つ事しばしで到着。
すぱ

さすがLLサイズ・・・結構な量ですねぇ。
ま、メニュー写真ほどきのこはたくさん乗っちゃいませんでしたが・・・
それでも、きのこの歯ざわりは良いですねぇ。
カリカリになったベーコンも旨みと香ばしさを食えている。

ただ、ちょっとばかり麺が固茹ですぎるかな・・・
ま、この値段でこれだけのボリュームとお味なのだから、文句を言うのは贅沢ですが・・・
またナポリタン復活させてくれないかなぁ・・・

満足の行くスパゲティでありました。

店名 パスタカフェ スパッソ
住所 神奈川県横浜市伊勢佐木町1-5-4  横浜松坂屋 1階
電話  045-261-2121(代)
お店サイト

スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

牛肉焼き刀削麺@長者町 華隆餐館

さて、夕食・・・
何となく「二郎」さんのラーメンが食べたくなり、行列覚悟で向かってみた・・・
て、折角行列を覚悟してきたと言うに臨時休業らっしい・・・
あぁ、無情・・・・

それならと言う事で、向かいの「華隆餐館」さんへ。
先週も来ているのだが、その時にお品書きで見かけた「焼き刀削麺」が気になっていたので、今日確かめてみる事に・・・

お店に入ると、テーブル席は埋まっていたのでカウンター席へ。
渡して貰ったお品書きを見てみると、あった焼き刀削麺。
焼き刀削麺には「五目焼き刀削麺 900円」と「牛肉焼き刀削麺 900円」の2種あるようだ。
五目焼き刀削麺の方には海老が入るらしいので、海老の苦手なぼくは「牛肉焼き刀削麺 900円」にする事に・・・
そう言えば、先週大盛を頼んでいる人がいたので、注文時に店員さんに「大盛ってできるんdネスか?」と聞いてみたら「出来ます」とのことなので「牛肉焼き刀削麺 900円」を大盛+100円で注文。

待つ事しばしで到着。
うしやき

おぉ・・・中々美味そうな香りと見た目の。
焼きそばではなく炒麺と言う感じ。
肉無いなぁ・・・と思って麺を少し穿ったらサイコロステーキな肉塊が下からごろごろと・・・
具はニンジン、キャベツ、牛肉。

こちらにしては珍しく辛味の無い味付け。
多分日本の醤油よりも甘味の強い中国醤油を使っているのか、結構甘めな感じ。
キャベツの甘味も加わって良い感じ。

刀削麺の炒麺ってどうなんだろう?と思っていたのだが、これがまた、このワシワシ言う感じのプリプリのぶっとい麺が良い歯応えで、炒麺にしてもかなり良い感じ。
半分くらい食べたところで、備え付けのやたらに辛味の強い辛し高菜を混ぜ込んでみると、これまた風味が変わってえらく美味い。
ただ、ちょっと油っこいかな・・・
でも味自体は凄く自分の好みには合ってますねぇ。

隣の人が食べていた餃子が大ぶりで美味そうだったなぁ・・・今度頼んでみよう。
満足の行く炒麺でありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 年中無休
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

とり南蛮うどん&ドライカレー@中村町 ゑびす屋

さて、今日の昼は中村町の「ゑびす屋」さんへ・・・
最近、土曜の昼はここで頂いている気がする・・・
ま、ショー・ラパンさんだとのんびり食事できないし、そこそこのものをのんびり気楽に食べれる事の方が、味そのものより優先されるぼくにとってはゑびす屋さんは良いお店だ。

まぁ、こちらの店の場合、店内にお客がいることは少ないのでぼくはゆっくり出来るのだが、お店の人は、いつも引切り無しの出前注文を捌く事に追われて忙しそうになさっているが・・・
さて、お店に入るとおばちゃんが「今日はとり有りますよ」と仰る。
それならと言う事で、まだ未食の「とり南蛮うどん 500円」を注文。
それにプラスして、久しぶりに「ドライカレー 600円」もお願いした。

待つ事しばしで、先にとり南蛮うどん到着。
とりなん

凄いな・・・大きくぶつ切りされた鶏肉がごろごろ乗っている・・・
こちらは、冷凍肉は使わず肉屋から生の肉を仕入れていらっしゃるそうだが、鶏肉を使った料理の注文があまりないそうで、折角鶏肉を仕入れても余らせてしまって勿体無いからとの事で、余り鳥を仕入れないそうだ。
これも、余らせるくらいならと言う事で、大量に乗せてくれたんだろう・・・

んー・・・元々甘めのお出汁に長ねぎの甘味が溶け込んで美味しいですねぇ。
腰なんてものの無いグデグデのうどんが、これまた良くこの甘い汁を吸ってえらくうまい。
鳥は皮が取り除かれている。
お肉は脂身の方が美味いと思っているぼくには残念だが、お年うを召した方にはこの方が喜ばれるのだろう。

続いてドライカレー到着。
かれー

こちらで言うドライカレーと言うのはカレー風味の炒飯のこと。
具は玉ねぎと豚バラのみとシンプル。
ご飯は良く火が通ってぱらぱらの状態の抜群の仕上がりですねぇ。

塩コショウに味の素、カレーパウダーと何の外連みのないスタンダードな味付けだが、日の通り具合が良いので適度な香ばしさと玉ねぎと肉の脂の旨みが良く出ていて美味い。
それにしても、いつもオレンジを乗せてくれるのだが、ぼくは柑橘類が苦手なので申し訳ないと思いつつ残してしまっているんですよねぇ・・・・

それにしても、こちらはいつも忙しいのに、丁寧に料理を作っているなぁと思う。
どなたかに料理を習ったのだろうけれども、それを忠実に守って真面目に作っているんだろう。
こう言うお店は、と食うにこれから味が劇的に美味しくなる事は無いだろうけど、味が落ちる事は決して無いんだろうね。

今日も美味しいランチでありました。

店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話 045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日



.

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

ミラネーズ@福富町 イタリーノ

さて、今日は福富町の「イタリーノ」さんへ・・・
3月末だし、そろそろカキフライが終わっちゃう頃だから最後に食べておこうかなと・・・
席につき、早速「カキフライ出来ますか?」とたずねると「すいません.もう終わりました」と・・・・
えー・・・・もう終わっちゃったの・・・・?
カキフライ+カルディナールと言う最強のコンビネーションで頂く気満々だったのに・・・

うーむ・・・無いものを嘆いても仕方ないので気を取り直してお品書きを眺める・・・
好きなのはカルディナールなのだけれども、カキフライとのコンビで頂けないとなると、何となくカルディナールを頼む気は萎えてしまっている・・・
まぁ、それならまだ頂いた事の無いものをと思い「ミラネーズ 650円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
すぱ

カルディナールやナポリタンなどは具とぶっといスパゲティを独特のドミグラスソースで絡め炒めてあるのだが、ミラネーズは上にドミグラスソースが掛かっているタイプなんですねぇ。
具は鶏肉とマッシュルーム、上にグリンピースが散らしてある。

これにとろけるチーズでも乗っけてオーブンで焼いたら相当美味いドミスパグラタンが出来そうな・・・
この独特のドミソースが、これまたこのぶっといグデグデスパゲティに良く合いますねぇ。
好きですねぇ、こう言うの・・・

それにしても上に掛かっているドミソースが、かなりたっぷりなのでスパゲティに目一杯絡めて食べても余ってしまう。
このドミソースって、多分御飯にかけても結構美味いはず・・・
スパゲティをおかずに御飯が食べれると言う人は、ライスも一緒に頼むと良いかもしれない。
といっても、このスパゲティだけでもかなりのボリュームなんですが・・・

んー・・・このスパゲティは美味しいなぁ・・・
これからは、これも選択しに加えましょう。
美味しいスパでありました。

店名 イタリーノ
住所 横浜市中区福富町仲通3-4
電話 045-261-6721
営業 12:00 - 23:30
定休 日曜
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

極上塩がらだしラーメン@若葉町 紫

さて、伊勢佐木の「紫」さんの3日間限定再開最終日と言う事で寄ってきました。
先日は「ワンタンメン 900円」を頂いたので今日は塩にしようとお品書きを眺めると2種類ある。
少し考えたが「極上塩 がらだしラーメン 950円」を平打ち麺(麺は細めん、中太、平打ち3種から選べる)で注文。

待つ事しばしでラーメン到着。
しお

あら・・・以前塩ラーメンを食べた時は、「スープの味を壊さないように」とかもっともらしい理由でチャーシューやメンマは別皿ででてきたような・・・
あー、でもあの時食べたのは安い方の塩ラーメンで、、スープも透明に近かったか・・・
具はチャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、たっぷりの岩のり。
スープは白濁したとろみのある鶏がらスープでこってりした感じ。

んー・・・普通に美味しい。
が、上に乗ってる大量の岩海苔って風味が強すぎて、スープの風味を飛ばしているような・・・
ま、どちらにしても、さほど繊細な味じゃありませんで関係ないっちゃそうなんですが・・・
平打ち麺は結構プリプリした感じで良いですねぇ。

それにしても、これで950円ですか・・・
先に閉店した「しゃもじ」さんが、これよりもう少し美味いスープで750円で出してましたが・・・
紫さんは「普通に美味いけど、えらくコストパフォーマンスの悪い店」「薀蓄の割に、それに味が追いついていないお店」という個人的な感想は、結局最後まで変わりませなんだな・・・
まぁ、個人的には、あの値段出すなら他に選択肢はいくらでも考えられますしねぇ・・・
決してお味悪いと言う訳じゃなくて、単に値段に見合う程良くはない無というだけ。

他のお客さんがご主人に「お店はこのままやめるんですか?」と利いたところ「なり手がいれば続けるけど、いなければ仕方ないですねぇ」と言うようなご返答をされていた。
どちらにしろ、ご本人がお続けになる気は無いご様子。
ま、正直あの立地の店舗で、あのお値段で、あのお味おままでは、これから成功と言うのは、ちと難しい気がしてしまいますしねぇ・・・

そこそこ美味しいラーメンでありました。

店名 紫
住所 横浜市中区若葉町2-34
TEL 045-231-9701
営業 今回は3月25日、26日、27日の3日間限定復活。
     昼11時~昼休み無しで営業されるそうです
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

ワンタンメン+チャーシュー@若葉町 らーめん紫

さて、今日は伊勢佐木モールの交番を入ったところにあるラーメン屋「紫」さんへ・・・
こちらは、昨年10月頃より休業状態が続いており、もう閉店したのかと思っていたら、1ヶ月ほど前に、店頭に「3月25、26、27日のみ開店」と言うような張り紙が・・・

と言う事で、久しぶりに行ってきました。
お店に入ると8割くらいのお客入り。
こちらのお店って、色々拘っているような感じなのだが、その割にその拘りが余り味に反映されていない至って普通のラーメンを出すお店と言うイメージが強かった。
が、普通に美味しかったので、休業明けでどういうお味になっているのか寄らせて貰った次第。
つか何のための休業だったのかはよく分らんのだけれども・・・

さて、席に着きお品書きを眺める・・・
確か拘りの塩ラーメンが売りだったような気がするのだが、目を惹いたのは「ワンタンメン 900円」
こちらでワンタンメンを頂いたのは随分前で良く味を覚えていなかったので頂いてみる事に。
麺は細麺、中太、平打ちの3種類から選べるので、平打ちで注文。
ついでにチャーシューも頂いてみようとオプションの「チャーシュー 300円」も追加でお願いした。

待つ事しばしで到着。
わんたん

ちゃーしゅ

あら、チャーシューは別皿ででてくるのね・・・
つか、ワンタンメンにもちゃんとチャーシューは入っておりました。

具はワンタンとたっぷりの岩のり、チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ。
ワンタンは薄いピロピロの舌触りを楽しむような感じではなく、割に分厚めのベロベロした感じで歯応えもしっかりしたもの。
ワンタンにはひき肉種と海老が入っている。
海老の風味が強いので、海老の好きな人には嬉しいものかも。

スープは美味しいのだが、ぼくにはやや塩味がきつい。
まぁ、ワンタンメンだし、チャーシューも追加しているので、普通のラーメンよりも醤油誰を少し多めに調節してくれてあったのかもしれない。
一寸しょっぱいが、味自体は好みに合っていた。

んー、明日か明後日には塩も頂いてみたいですねぇ.
中々美味しいラーメンでありました。

店名 紫
住所 横浜市中区若葉町2-34
TEL 045-231-9701
営業 今回は3月25日、26日、27日の3日間限定復活。
     昼11時~昼休み無しで営業されるそうです。
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麻婆春雨&ワンタンそば@若葉町 福龍菜館

さて、今日は若葉町の「福龍菜館」さんへ・・・
週替わりメニューの半額サービスも最終の第4週になりましたねぇ。
今週の半額メニューは
めにゅ

牛カキ油炒め 390円
八宝菜 340円
回鍋肉 290円
麻婆春雨 290円

さて・・・取り敢えずこの中から「麻婆春雨 290円」を注文。
その他に、お品書きを眺め、目を惹いた「ワンタンそば 580円」もお願いした。
春雨と麺かよ・・・と自分でも思ったものの、やはりここは多少ミスマッチでも食べたいもので行こう。

待つ事しばしで麻婆春雨が先に到着。
まーぼ

思った以上に春雨が大量だ・・・
ひき肉とねぎ以外は全て春雨なんだから、当り前っちゃそうなんだが・・・
結構ピリッとした辛味の利いた美味しい麻婆春雨ですねぇ。
今更チャーハンと併せれば良かったなどと思ってみても、時既に遅し・・・

続いてワンタンメン到着。
わん

ワンタンの皮のピロピロとした感触が良いですねぇ。
具も生姜の風味の利いたさっぱりしたお味で、こちらの優しい感じの中華スープに良く合う。
そう言えば、今日は胡椒の感じは気にならなかったなぁ・・・
ぼくには、このくらいの味付けが丁度良い。

今日も美味しくいただけました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00
定休 なし
お店サイト


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

麻婆刀削麺@長者町 華隆餐館

さて、今日は久しぶりに長者町の「華隆餐館」さんへ・・・
まだ5時半を少し廻ったところだったと言うに、道を挟んで向かいにある有名ラーメン店「二郎 関内店」産の前には既に数名が並んでいた・・・
夜は6時開店のはずなんだが・・・相変わらずの人気振りだ。
ぼくも二郎さんの味は嫌いじゃないんだけれども、あの行列を見ると気分が萎えて並ぶ気なんて起きませんねぇ・・・

ま、今日の目的は初手から「華隆餐館」さんだ。
お店に入ると先客はお一人。
そして相変わらず店員同士の中国語による私語全開・・・笑
ま、この自分が一瞬どこにいるんだか分らなくなるような雰囲気も味なんでしょう。

さて、席に着き、渡してくれたお品書きを眺める・・・
目を惹いたのは「四川ジャージャー刀削麺 750円」
が、注文したら「これ、ないです.」とのご返答。

今日は何となく刺激の強いものが頂きたい。
かと言って、担々刀削麺では芸がない・・・
そう言えば、お正月に来た時に「麻婆刀削麺」を頂いたのだが、これがまた結構美味かった。
と言う事で「麻婆刀削麺 900円」を注文。
汁ありと汁無しを聞かれたので汁ありでお願いした。
つか、あの辛さは汁無しじゃ無理だわ・・・

先客でいらっしゃったおじさんは、記事から削りだして作る刀削麺の作り方を始めてみたようで、物珍し気に店員さんに色々質問してましたな。
確かに、あれは良いパフォーマンスになるよねぇ。

さて、待つ事しばしで到着
まーぼ

うはぁ・・・日本の中華料理屋さんで出される麻婆豆腐とは明らかに色が違う・・・
茶色とか赤と言うより、むしろ黒い・・・
それがスープに溶け込んでいくと、スープが真っ赤に染まっていく・・・・
いやぁ・・・如何にも辛そう。

一口食べると、辛い辛い。
食べ進むと舌が少し痺れる感じがするわ、汗が噴出すわ、鼻汁は出るわ・・・
が、この麻婆豆腐、単に辛いだけではなくて結構美味い。

ニンニクが利いていて、少しだけ香草の風味があり、長ねぎの甘味も感じる。
これ、普通に単品で出てきても、十分美味い麻婆豆腐だろう。
そして、これがまた豚骨ベースの白湯スープに良く合う。
こちらのスープは、豚骨ベースの割にしつこくなくさっぱりしているし、別に辛味がなくても普通に美味いスープだ。

何より、この刀削麺の歯ざわりが良い。
ワシワシ喰う感じのモチモチ感のある厚い部分と、ピロピロちゅるちゅるの薄くなった部分。
この両方の感覚を一度に感じながら食べられるのが、刀削麺の面白く魅力的なところなんだろう。
汗だくになりながら最後まで美味しく頂きましたな。

そう言えば、後から来たお客さんが「担々刀削麺 大盛で」なんて注文してたなぁ・・・
大盛なんてやってくれるんですねぇ。
て、大盛じゃなくても普通の店よりかなり多いような気もするけど。

満足の行く食事でありました。

店名 華隆餐館
住所 横浜市中区長者町5-71-1 エスポワール伊勢佐木長者町1階
電話 045-261-6079
営業 平日11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
    土曜11:00 - 15:00 / 17:00 - 27:00
     日祝11:00 - 15:00 / 17:00 - 26:00
定休 年中無休
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

オムライス&きつねうどん@中村町 ゑびす屋

さて、今日は中村町の「ゑびす屋」さんへ・・・
先客はゼロだったが、今日は珍しく後からお客さんが2名入ってきた。
それにしても土曜の昼は出前の電話が多いねぇ・・・

まだ鳥南蛮うどんを頂いていないので、取り敢えず鶏肉の有無を尋ねるが、やはり今日も鶏肉は切れていた。
ま、鳥を使ったメニューはあまりでないらしいので致し方ありませんな。
それならと言う事でお品書きを眺める・・・
久しぶりに、こちらのオムライスが食べたくなったので「オムライス 600円」を注文。
それと、まだ未食のメニューの中から「きつねうどん 450円」もお願いした。

こちらのお店は、出前が多くても来客の注文を優先してくれるようで、それほど待つ事もなく到着。
きつね

きつねうどん・・・・具はお揚げとねぎのみとシンプルだが、お揚げが4枚も乗っている。
このお揚げ、味付けが薄めなのだが、こちらの甘めの鰹出汁の汁と合わさると良い塩梅の味になる。
個人的には、こちらのお出汁はお蕎麦よりうどんに合ってるような気がする。
と言う事で、ぼくはいつもうどんばかりですねぇ・・・

続いてオムライス
おむ

相変わらずでかいですねぇ・・・
普通のお店の1、5倍以上はありそうだ・・・
オムライスの中は
なか

豚バラと玉ねぎのケチャップライス。
これがまた、ガンガンに炒められてケチャップの酸味が良い具合に飛び、豚も玉ねぎも甘味と香ばしさが出ている。

やっぱオムライスってば、ケチャップライスに薄焼き玉子だなぁ・・・
デミソースの掛かったトロトロオムライスも嫌いではないが、やはりケチャップライスに薄焼き玉子の上にはケチャップと言うのが個人的オムライスの王道だ。

それにしても凄いボリュームだこと・・・
満足の行く食事でありました。

店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話 045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

ビクトリアカツ&ナポリタン@浅間町 レストラン テル

さて、今日は久しぶりに浅間町の「レストラン テル」さんへ・・・
いつもながら、このお店は静寂の空間ですねぇ・・・
まぁ、ぼくが行く時間は中途半端な時間帯で好いていると言う事もあるのだけれども、ご主人の寡黙さが一層店内の静寂さを増しているようだ・・・
寡黙と言っても無愛想と言う感じは受けないと言うのは、ご主人の得なところでしょうねぇ。

さて、席に着きお品書きを眺める・・・
んー・・・今日はナポリタンな気分だ。
と言う事で「ナポリタン 400円」を注文。
それにプラスして「ビクトリアカツ 400円」をライス抜きでお願いした。

こちらのお店は注文してから出てくるまで、20分30分掛かるのは普通なので、お店の棚にあるマンガなんぞを読みつつのんびり到着を待つ・・・
マイペースなご主人で空いていても、このくらいの時間は掛かるのだから、ランチの時間帯なんて相当待つ事になるんだろうな・・・
ぼくみたいな暇人は兎も角、昼休み1時間しかない人たちはヒヤヒヤもんだろう・・・

30分ほど待つと、ナポリタン&ビクトリアカツ到着。
ヴィク

んー、揚げたてで美味しそうですねぇ。
このカツの上に掛かったデミソースも、通常のものとは少し違っていて不思議な風味なのだが、これがまたカツと良く合って美味しい。
それにしても、これにライスとスープまでついて400円と言うお値段は、相変わらず驚異的だ・・・

なぽ

これまた喫茶店のナポリタンとは趣を異にするナポリタン.。
具は玉ねぎとピーマン、ハムとシンプルなのだが、ただケチャップで味付けして炒めたものではなく、トマトクリームにケチャップの風味を足したような、少しクリーミーでまろやかななナポリタンに仕上がっている。
と言っても、ナポリタンらしい風味もちゃんとある。
縁赤ハムを使ってある辺りが良いですねぇ。

値段が冗談並に安いのに、料理の方は丁寧に作られている感じがする良いお店であります。
満足の行く食事でありました。

店名 レストラン テル
住所 横浜市西区浅間町3-165-4  
電話 045-311-4141
参考サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

ピータンと豚肉のお粥&木耳と肉の炒め物@若葉町 福龍菜館

さて、夜は若葉町の「福龍菜館」さんへ。
4週連続の半額週替わりメニュー4種が有るので、最近よく行ってますねぇ・・・

今週の半額サービスメニューは
品書き

エビチリ 390円
チンジャオロース 390円
きくらげと肉の炒め物 340円
野菜炒め 290円
の4種だそうな。

チンジャオロースも捨てがたかったが、木耳のコリコリ感が好きなので「木耳と肉の炒め物 340円」を注文。
それと、前回メニューで見て気になっていた「豚肉ともつのお粥」を・・・
と思ったら、品書きを見返すと「豚肉とピータンのお粥 580円」だった。
ま、ピータンも好物なのでこちらも注文。

待つ事しばしで、先に木耳と肉の炒め物が到着
にく

木耳、豚肉、ニンジン、きゅうりなどをいためて玉子でとじた感じですねぇ。
相変わらず一品料理の味付けは、濃からず薄からずの良い塩梅で美味しいですねぇ。

続いてお粥到着
かゆ

具はたっぷりのピータンに刻みねぎ、刻み叉焼。
食べてみると、ピータンと叉焼の旨みがお粥に溶け込んでいて、これは美味い。
が、胡椒の風味が一寸強いか・・・
個人的には刻みザーサイが入っていたらよかったなぁ・・・

不思議な事に、こちらは一品料理の味付けは良い塩梅なのに、何故か麺類やこのお粥は胡椒が強いんだよねぇ。
まぁ、ぼくはどこのお店でも麺類に胡椒を振ったりしないからそう感じるだけで、普段から胡椒を良く使う人はそんなに気にならないかもしれないが。

何だかんだ言いつつ、最後まで美味しく頂きました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00
定休 なし
お店サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

カレーバイキング@関内 ショナ

さて、今日は一日中雨・・・
が、その雨の中関内の「紳士服のコナカ」さんへ新しく礼服を購入するために雨の中いってきました。
礼服なんてそんなに使う機会ないのに、前の礼服は引っ掛けて傷が入っちゃったから・・・
ま、ないと困るものだしねぇ・・・

さて、礼服を購入し、そのまま戻るのも勿体無いので、昨年セルテに入ったインドカレーのお店「ショナ」さんへ行ってみることに。
て、前に見た時は「ショナルバングラ」とか、そんなような長ったらしい名前だったよう泣きがしたのだが・・・

お店の前に行くと「ランチバイキング 995円」の文字。
丁度12時くらいのランチ時真っ只中だと言うに、お客さんが入っていない・・・
でもまぁ、一度は入っておこうと思っていたし、バイキングでいろいろ試せそうなので入ってみた・

さて、バイキングの内容はと言えば
カレー3種 キーマ・タマゴ・野菜
ポテトフライ
タンドリーチキン
サラダ3種 
ヨーグルト
サフランライス
ナン
ドリンク コーヒー・チャイ

かれー

んー・・・折角インドカレーのお店なのだから、チキンかマトンのカレーが欲しいところですねぇ。
3種とも、それほどスパイスはきつくない食べ易いものだったけれども結構美味い。
個人的にはキーマが一番美味しかった気がする。

サフランライスはなぁ・・・
なんか昨日のあまりを炊き直しした感じで、かなり柔らかで香りも飛んでいる。
ナンは結構美味かったので、御飯は最初に少しとった分だけで、後は何でカレーを頂いた。
ポテトやらサラダやらは普通だが、さすがにタンドリーチキンは中々美味しかった。
チャイが食べ放題に含まれているのは、一寸嬉しい。
まぁ、シナモンの香りは少し弱かったが・・・

まぁ、995円のバイキングとしては十分なんじゃないかなぁ・・・
ただ、このお店のお隣には串揚げバイキングの「太陽楼」さんがあり、底はランチバイキング1000円だし、同じフロアには他にもしゃぶしゃぶ食べ放題の「食の楽園」さんなどがある。
つか、関内でカレーバイキングと言えば「ハマラジャ」さんが有り、あそこは味が良い上に冗談並に内容が充実したオーダーバイキングで1000円だしねぇ・・・
味や内容はそれほど悪くないのだが、場所柄少々分が悪いですねぇ。

でもまぁ、ライス意外は個人的には満足するお味でした。

店名 ショナ
場所 関内セルテ 6階
ランチバイキングは、もしかしたら日曜祝日のみかも
セルテ サイト

テーマ:インド・ネパール料理&料理教室 - ジャンル:グルメ

佐野元春

のコンサートに友達と行ってきました。
会場は川口のりリアホールだったのだけれども、雨の中沢山の人が観に来ていて、少なくとも1階席は満席状態でしたねぇ。

いやぁ・・・まさか2曲目からスタンディングするとは思いませんでしたわ・・・
そう言えば、なぜか開始から40分で一旦20分ほどの休憩が入りましたな・・・
あれはなんでだろう・・・
休憩後は1時間半ぶっ通しだったから、あの休憩は何かのトラブルによる突発的なものだったのか・・・

最近の曲から古い曲まで演奏していたけれども、やはり80年代の曲のときのほうが会場の盛り上がりと一体感は増していた気がする。
良いコンサートでしたねぇ。

ここ最近、我が人生に文化的な彩りが添えられているのは良い事ですな。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

じゃが芋とハンバーグのシチュー@野毛 KIKUYA

さて、今日は野毛の「KIKUYA」さんへ・・・
お店に入ると、なにやら取材中のご様子・・・
テレビカメラは無かったので雑誌とかフリーペーパー系か或いはグルメサイト系か・・・

さて、今日はカレーではなく久しぶりに「じゃが芋とハンバーグのシチュー 1080円」を注文。
今日は初手からシチューで行く気でいたのだが、後から来たお客さんがカレーを注文したところ「今日はスリランカ風しか出来ないのですが・・・」と言っていたような・・・

んー・・・自分の好きな店が有名になる事は良いことだと思って入るのだけれども、反面こう言う制限が生まれてくるとなれば、それはもはやお店のキャパシティを越えて対応しきれなくなっている状態なんじゃあ・・・
スープ切れなどでの臨時休業なんて事も出てきてしまっているようだしねぇ・・・

それって長期的な目で見た場合、決してお店にプラスになるとは思えないんだけど・・・
まぁ、新規のお客さんが来てくれている内は良いのだけれども、以前からのお客さんの中には足が遠のく人も出てくるんじゃないかなぁ・・・
ま、暫くすれば落ち着いては来るのだと思うけど。

さて、先に来たサラダを平らげて待つ事しばしでシチュー到着。
せっと

しちゅ

んー・・・シチューってかなり久しぶりですねぇ。
相変わらず美味しいデミソースだ事。
ハンバーグにも良く合ってますねぇ。

満足の行くシチューでありました。

店名 KIKUYA
住所 神奈川県横浜市中区野毛町4-173 天悦ビル101
営業 11:00 - 20:30(今は、もう少し遅くまでやられています)
定休 日祝(祝日はやっていらっしゃる事も多い)
参考サイト


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

一周忌

祖父の一周忌法要の連絡があった。
家族なんて物を知らないぼくにとっては、両手の指に足る程度の回数しかお会いした事は無い、細い細い縁の御仁だったが・・・
ま、それでも縁のあった方の事だから法要には出席しよう。

それにしても、また見も知らぬ親戚とやらの「こいつ誰?」視線を受けねばならんのか・・・
ま、それは向こうも同じ思いなのだろうが・・・
情の無い血脈ほど面倒なものは無いな・・・



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

コントンメン@中村町 ゑびす屋

さて、今日の昼は中村町の「ゑびす屋」さんへ・・・
そう言えば、前回から少し間が開いてたな・・・
お店に入ると、相変わらずお客さんはいないが、これまた相変わらず出前の電話は引切り無しで、おじちゃんおばちゃんは大回転中。

さて、今日は何にしよう・・・
今まで、ずっと未食メニューを追いかけていたからなぁ・・・
未食メニューで残っているのは、カツライスとうどん・そば類数種だ・・・
が、今日は何となく中華麺で行きたい。

と言う事で、今日は無理に未食メニューを試さずに、以前食べた中華麺類の中からチョイス。
どれも自分の好みに合っているのだが、壁書きの品書きを眺めると「コントンメン 650円」の文字・・・
あれ?ぼくは今まで、このメニューを「コンロンメン」だと思い込んでいたのだが、実は「コントンメン」と言う名前だったらしい・・・

コントン・・・混沌・・・・カ、カオス・・・・?
いやにシュールに感じてしまうのは気のせいと言う事にしておこう。
いやまぁ、実はこのゑびす屋さん、店内は結構さっぱりしてて、外観から想像するようなイメージではないんですよ。
まぁ、確かに柱と言う柱、引き戸と言う引き戸は、とてもまっすぐには見えませんがね・・・
さて、そんなこんなで「コントンメン 650円」を注文。

待つ事しばしで到着
こんとん

おぉ・・・相変わらず具沢山で美味しそう。
具はキャベツ、かまぼこ、なると、玉ねぎ、しいたけ、ピーマン、豚バラ、チャーシュー。

このラーメンの面白いところは、麺を一旦揚げてから茹でると言うところ。
なので
めん

写真のように麺がやや茶色く焦げ色がついていて、食感も少し表面は固めで香ばしい感じがある。
これがまたモソっとした面白い食感でおいしいのだが、如何せんスープに大量の油が浮き出てくる。
だもんで、ちょっと胃が弱っている時に食べると、一日中胃もたれ間違い無しだ。

この麺を一旦上げてから茹でて使うのは「イーフーメン(伊府麺)」と言うインスタントラーメンやカップラーメンの開発ヒントになったのだそうな。
ちなみに、このゑびす屋さんにもイーフーメンは存在するのだが、それは「サンマー麺にチャーシューやかまぼこを乗せた、サンマー麺の豪華版」と言う感じ。
まぁ、お品書きを作る時に間違えたのだろう。
と言うか、コントンメンと言うメニューは聞いた事が無い・・・
イーフーメンは曙町の「玉泉亭」さんのメニューにもあったから、今度頂いてみよう・・・

久し振りに頂いてけれども、満足の行くものでありました。

店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話 045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

鳥の細切り麺&かに粉と豆腐のうま煮@若葉町 福龍菜館

さて、出勤時には降っていなかったのに、帰る頃には結構雨が降ってやがりましたな・・・
雨が降っていると、どうしたって食事は近場でと言う事に・・・
と言う事で、ここのところ立て続けにいっている若葉町の「福龍菜館」さんへ・・・

前回は行った時にお品書きで見かけた「かに粉と豆腐のうま煮」のかに粉とはなんぞや?というのも確かめてみたかったしねぇ。
ま、半額サービスと言うのにも大きな魅力を感じているぼくは、所詮貧乏性なんさ。

さて、席に着きお品書きを眺める・・・
取り敢えずは、気になっていた「かに粉と豆腐のうま煮 290円」を注文。
汁そばメニューを見ると「鳥の細切り麺 580円」という文字を発見。
写真で見ると白湯スープ系のラーメンのようだ。
美味そうだったので「鳥の細切り麺 580円」も注文

それにしても、こちらの接客担当の女性は随分丁寧だ。
週替わりの半額メニューを説明してくれたり、醤油などの調味料類を手の届きやすい場所にさりげなく移動してくれたりする。
日本の店員さんでも中華料理屋さんでここまでやってくれるところは少ないが、こちらの店員さんは中国の方だ。
中華街の勘違い店員をここに集めて、みっちり接客のいろはを教え込んでやってくれ・・・

さて、そんなこんなで先に「かに粉と豆腐のうま煮」が到着
かに

ほぅ・・・豆腐とチンゲン菜、シメジにカニカマが餡とじになっている。
かに粉とはカニカマの事のようだ。
んー・・・これは御飯の上に掛けて食べたいですねぇ。

少し遅れて「鳥の細切り麺」が到着
とり

美味そうで綺麗な白湯スープですねぇ。
ただ、若干胡椒がきついかな・・・
でも、上に乗っている鶏肉の方には過剰な味付けがされていないので、そんなに気にはならない.
こちらは醤油スープよりも白湯スープの方が美味しいかも知れぬ・・・

これで2品合わせて870円と言うのはえらく安い。
そう言えば、豚肉ともつのお粥なんて魅力的なものもあったし、今度はそれを頂いてみよう。
満足の行く食事でありました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00
定休 なし
お店サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

うぉ・・・

うーむ・・・
US$が100円割っちゃったよオイ・・・
昨年6月末に言った旅行の時は125円だったのに・・・
お陰で手元に残ってる1600$は塩漬け中・・・

つかまぁ、もはや換金する事無く、次の旅行で有意義に使う事になるだろう・・・
どこまで円が上がるかなぁ・・・
US$が安い内に、次の旅行のために少し買っておこうか・・・
外貨預金するほどの金は無いが・・・笑

テーマ:為替 - ジャンル:政治・経済

サンマー麺&鳥の唐揚げ@若葉町 福龍菜館

さて、今日は帰りがけに久しぶりに曙町の「華隆餐館」さんへ行こうと思い向かったのだが、店の明かりがついていない・・・
どうやらお休みのようだ・・・
道路を挟んだ向かい側の「ラーメン 二郎」さんは、今日は珍しく10人も並んでいない。
が、何となくあの脂っ濃さは今日は食べる気にならない。

んー・・・少し悩んだが、4週連続で半額セールをやっている若葉町の「福龍菜館」さんへ・・・
混んでいたら諦める気でいたのだが、意外と空いている。
それならと言う事で店に入った。
お品書きを眺める・・・
今週の半額メニューは
めにゅ


んー・・・1番上のかに粉と豆腐のうま煮のかに粉てなんだろう・・・・?
ちょっと興味有ったのだが、今日はサンマー麺を食べる気満々だったので、副菜は肉系が食べたいと思い「鶏のから揚げ 390円」と「サンマー麺 580円」を注文した。

待つ事しばしで、先に唐揚げ到着。
とり

おぉ・・・390円と言えどそこそこの大きさのものが8個も入っている。
特段凄く美味しいと言う事は無いが、結構ジューシーだし十分いける。

続いてサンマー麺到着
さんま

これまたしっかり餡でとじてあり、スープに餡が混ざりこんでトロトロ状態になっている。
具はもやし、にら、竹の子、豚。
ニンジンではなく竹の子が入る辺りに中国の人が調理しているお店っぽさが出てますねぇ。
グ材はシャキシャキ感を失わない抜群の炒めあがり。
ただ、ちと胡椒がきついかな・・・

こちらのラーメンは、前回頂いた時にやや味が弱いと感じたので、こう言う炒め物などの具材が乗っている方が美味しそうだと思ってサンマー麺をお願いしたのだが、やはりその方が良いようだ。
でもまぁ、やはりサンマー麺は個人的には「伊勢佐木の「玉泉亭」さんが一番好きですねぇ。

それにしても、これで1000円でおつりが来るのだからお安い。
また寄らせて頂きましょう。
美味しい食事でありました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00
定休 なし
お店サイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

天玉きしめん@弥生町 はな

さて、大通り公園沿いを歩いていると、弥生町の立ち食いそば屋「はな」さんが、入り口の扉を開け放っている。
まぁ、今日は暖かな春らしい天気だしねぇ・・・
で、扉を開け放っているもんだから、美味しそうな鰹だしの香りが外まで漂っている・・・

そのままふらふらと店内へ・・・
微塵も計画性が無いな、自分・・・
ま、よろし。
壁書きの品書きを眺める・・・
そう言えば、こちらではまだ天ぷらそばを頂いていない。
ぼくは海老は苦手だが、この手のお店で天ぷらと言えば、当然海老天ではなくかき揚げだろう。

と言う事で「天ぷらきしめん 380円」を注文。
そう言えば、350円だったコロッケそばが380円になっていたりと、価格改定がされていたようだ。
まぁ、外国産小麦の価格が馬鹿ほど上がっているので仕方ないですねぇ。
つか、それでも生のきしめんを使っているのに天ぷらきしめんが380円で食べられるのだから、文句は言っちゃいけませんな。

さて、待つ事しばしできしめん到着。
てんたま

あっれぇ・・・?
かき揚げは予想通りにしても、玉子とワカメも入ってるんですが・・・
これが380円なわきゃ無いですよねぇ・・・
ぼくが「天玉きしめん下さい」と口走ったのか、それともお店の人が間違えたのか・・・・
ま、美味そうだから、そんなこたぁどうでも良いんですが。

んー・・・この如何にもジャンクな揚げ置きのかき揚げがたまりませんねぇ。
このかき揚げがほろほろと崩れて、鰹の香り豊かな汁に溶け込むと最高ですねぇ。
玉子が入ると随分まろやかになりますねぇ。
きしめんも、相変わらずチュルチュルピロピロで良い歯ざわりと喉越しですねぇ。

ちなみに、やはり「天ぷらきしめん」ではなく「天玉きしめん」でオーダーがとおっていたようです。
お値段430円でした。(玉子が+50円らしい)
今日も美味しいきしめんでありました。

店名 立ち喰いそば はな
住所 横浜市中区弥生町4-44
地図

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

きのこのクリームオムライス@蒔田 キッチン・アプリコット

さて、ランチをしに外へ・・・
今日は何となくハンバーグが食べたい・・・
日曜にハンバーグが食べたいなら、ぼくの選択肢は野毛の「ラクレット」さんか蒔田の「キッチン・アプリコット」さん。
日曜の桜木町はなぁ・・・

と言う事で、蒔田の「キッチン・アプリコット」さんに行く事に。
て、日曜の蒔田も大概に凄い事になっちゃいるんだけど、アプリコットさんは人波が動いていく方向とは逆っ側の静かな住宅街の中に有るしね。

さて、外に出てみると、今日は随分春めいた日差しの射す良い天気だ。
んー・・・外を歩いている内に、何となくハンバーグよりも華やかな色彩のものが良いような気が・・・
春っぽい暖か味の有る色彩の洋食と言えば、やはりオムライスでありましょう。
そう言えば、蒔田の「キッチン・アプリコット」さんのランチメニューにはオムライスがあったはず・・・
と言う事で、お店到着前にはオムライスな気分になっていた。

さて、お店に着くと店前にランチメニューの書かれた黒板が出ている。
それを眺めると「きのこのクリームオムライス 1100円」と言う魅惑のメニューが・・・
んー・・・デミソースの掛かったトロトロオムライスも良いけれども、きのこのクリームソースも捨てがたいなぁ・・・
と思いつつ店の中へ・・・

席に着き、とりあえずメニューを眺めるが、やはり今日は表の黒板にあった「きのこのクリームオムライス 1100円」にしようということで、それをお願いした。
今日はお子さんずれのご家族が先客でいらっしゃった。
分りづらい場所に有るとは言え、こう言う良いお店は地元客に根付くのもそう時間は掛からないんでしょうねぇ。

さて、待つ事しばしでスープが到着。
すーぷ

あらら・・・綺麗なパステル・グリーンのスープで春らしくて良いですねぇ。
何のスープか聞きそびれてしまった・・・
多分グリンピースか枝豆だと思うのだが・・・(極めて自信なし・・・笑)
滑らかな舌触りで癖も無く美味しいですねぇ。

続いてサラダ到着。
さらだ

ま、これは普通のサラダですねハイ

スープとサラダを平らげると、タイミング良くオムライス到着。
おむ

おぉ・・・きのこたっぷりで美味しそうですねぇ。
トロトロ玉子の中には、濃すぎず薄すぎずの抜群の味付けがされたチキンライス。
これがまた、上に掛かっているホワイトクリームとよく合いますねぇ。
たっぷり入ったきのこの歯ざわりも風味も加わって美味いですねぇ。

食後にコーヒーも出してくれるし、こちらはのんびりした良い雰囲気の中で美味しい食事の出来る良い店だと思いますねぇ。
満足の行くランチでありました。

店名 キッチン アプリコット
住所 横浜市南区共進町2-52
TEL 045-716-1669
営業  ランチ11:30~14:00※日曜は15:00まで
    ディナー17:00~21:00(LO20:30)※日曜はディナーは休み
    (サイトにはこう記載されてますがディナーは18時開店のようです)
定休 月曜
お店サイト


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

半額! ラーメン&鶏肉とカシューナッツ炒め@若葉町 福龍菜館

さて、今日の夕飯はどこにするか伊勢佐木を関内方面へぶらぶらと・・・
そういえば伊勢佐木モールから一本川沿いの道にアル「福龍菜館」さんで4週連続週替わりメニューが半額と言う素晴らしいサービスをやっているとか・・・

それを思い出せば迷う事など有りますまい。
と言う事で行ってきました、若葉町の「福龍菜館」さん。
そう言えば、こちらも近いのに今まで何故か入った事ありませんでしたねぇ・・・
お店に入ると中国系のおねーさんがお出迎え。
先客はお一人。

奥のテーブルに席を取りお品書きを眺める・・・
ラーメンが半額サービスで290円。
で、今週の半額サービスメニューは
すぶた 390円
鶏肉とカシューナッツの炒め物 390円
レバーとにらの炒め物 290円
麻婆豆腐 290円
以上4種。

ニラレバにするか鶏肉とカシューナッツの炒め物にするかしばし悩んだが、やはりここは「鶏肉とカシューナッツの炒め物 390円」でいってみることに。
で、「ラーメン 290円」もお願いした。

待つ事しばしで料理到着。
めん

おー、シンプルで美味そうなラーメンですねぇ。
具はチャーシューにもやし、ねぎと実にシンプル。
中華縮れ麺に、昔懐かしい系の鶏がら中華スープ。
これが不味いわきゃありませんねハイ

とり

これまた見た目からして美味しそう・・・
鶏肉、カシューナッツ、ピーマン、玉ねぎ、ニンジンと彩りも鮮やか。
安いからといってもボリュームも十分。
癖の無い日本中華ぽい味付け。
調理担当の人も接客担当の人も中国系の方だったので、もっと中華なお味かと思ったのだが、普通に食べやすくて美味しいものだった。

そう言えば、去年ニューヨークに行った際に友達と入ったチャイニーズレストランでは「鶏肉とカシューナッツの炒め物」を頼んだらカシューナッツの代わりにピーナッツが入ってるものがでてきたんだよね・・・
あれはあれで香ばしくて美味しいと思うけど、ピーナッツをカシューナッツと表記しちゃ駄目でしょう・・・笑

それにしても、この料理が390円と言うのはサービス価格とは言え驚異的なお値段ですねぇ・・・
ラーメンの方も美味しかったし、今度はサンマー麺を頂いてみたいなぁ・・・
満足の行く食事でありました。

店名 福龍菜館 関内店
住所 横浜市中区若葉町2-15
電話 045-261-8937
営業 11:00~2:00
定休 なし
お店サイト


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

内藤選手 王座防衛成功

今し方、ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチが終わった。
チャンピオン 内藤大助選手VS前チャンピオン ポンサクレック・ウォンジョンカム選手
いやぁ・・・凄い試合でしたねぇ・・・・

今日の内藤選手は右が良く切れてたねぇ。
て、ポンサクレック選手の右アッパーも洒落にならなかったけど・・・・
両者共に、現・前チャンピオンの名に恥じない真っ向勝負の素晴らしいボクシングを見せてくれました。

結果はジャッジ3人による三者三様(1ポイント差でポンサクレック選手支持、2ポイント差で内藤選手支持、同ポイント)による引き分け。
この場合、チャンピオン特権として王座はチャンピオンの防衛。

んー・・・後半内藤選手の右が特に切れだしたから、ぼく自身は証左ながらも内藤選手の勝利だと思ったのだけれども、ポンサクレック選手もさすがだったし、この結果はどちらも納得の出来るジャッジでしょうね。
勿論、勝ったのは自分だと両者信じて疑わないでしょうし、両者そう考えてもおかしくないほど接戦した試合内容でありました。

正直、戦前はポンサクレック選手が勝つ可能性の方が、内藤選手が勝つ可能性よりも少々高いんじゃないかと思っていた。
まぁ、ポンサクレック選手は前チャンピオンであり、その王座を17度も防衛したスペシャルなチャンピオンだったからね。
勿論な伊藤選手も相当強い訳で、それを考えた上でもポンサクレック選手やや有利と予想していた。

が、その考えを物の見事に打ち砕いた内藤選手はさすがであります。
にしても、あの両者のギリギリの距離感、そこから生まれるとてつもない緊張感・・・・
見てるだけでも恐ろしくなりますねぇ・・・
そして、やはりボクシングは美しい・・・

それだけ激しい試合をしても試合後すぐに内藤選手の元に健闘を称えに来たポンサクレック選手、それに応えた内藤選手。
両者共にゴング後すぐに相手陣営にきちんと挨拶に行き、両者陣営共に相手選手を称える姿と言うのは良いものです。

ナンに白両者ともに事故無くリングを降りられて何よりな事です。
素晴らしい試合を見せてくれた両選手に心からの拍手と敬意を表します。
防衛おめでとうございます<内藤選手



テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

つけ麺大盛@横浜駅西口 大勝軒

さて、今日は世尾浜駅西口の「大勝軒」さんへ・・・
昨日、つけ麺のお店に行きながら、何となく汁麺を頂いたので、今日はつけ麺を食べようと・・・
まぁ、この辺でつけめんと言えば、やはり大勝軒さんでしょうかねぇ・・・

いや、ここより美味しいと言われている店は他に結構あるんだけれども、個人的にはこちらのつけ麺って結構好きなんですよね。
あの甘めのつけ汁と言い、固めでぽきぽきのストレート麺と言い、好みに合っている。
量がむやみに多くて、あの麺をがっつり行きたい時には良いお店ですねぇ。

お店に行くと、以前ほどではないけれども、やはり結構盛況のようだ。
表の券売機で「つけ麺 680円」と「大盛 120円」の券を購入。
麺の温かいあつ盛りに蘇陽かと思ったのだけれども、何となく今日は麺を冷水で〆てあるつけ麺に・・・

チケットを店員さんに渡し、カウンターの席に着いて待つ事しばし・・・
めん

だし

相変わらずどえらい量の麺ですねぇ・・・
つけ汁の中には、ゆで卵半個、のり、チャーシュー、メンマ、ねぎ。
このつけ汁が、これまた不自然に甘いんだよねぇ。
でも、この不自然さが好き・・・笑

それにしても久しぶりに見ると凄い量だ・・・
つか、後半かなりきつかったですねぇ・・・
ま、これで暫くつけ麺はよいでしょう。

満足の行くつけ麺でありました。

店名 大勝軒 横浜西口店
住所 神奈川県横浜市西区南幸2-8-1
電話 045-321-3564
営業 11:00-21:00
定休 サイトは月曜になってるけど、今は確か無休になったかと。
参考サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

麻婆ラーメン&餃子@伊勢佐木 中華つけ麺 大王

さて、こちらは今日のネタ。
何となくB級な中華麺が食べたい・・・
と言う事で、随分久しぶりに入ったのは伊勢佐木の「中華つけ麺 大王」さん。

前回は言ってから5年以上経ってるんじゃないかなぁ・・・
個人的に嫌いじゃないんだけど、いつも結構混んでるからスルーしてたら随分間が開いてしまった。
こちらは店名の通り、つけ麺が売りのお店で、確かに普通に美味くてボリュームも結構あるし、お値段も安い。
つけ麺だけではなく、定食類も揃っていて年中無休の24時間営業(多分)と言う便利なお店なんですよねぇ。

さて、今日は何となくつけ麺と言う気分ではない・・・
かといって、この手のお店でシンプルなラーメンやチャーシュー麺は外れる可能性が高い・・・
お店の代表メニューであろう「大王ラーメン 700円」って、そう言えば食べた事が無い。
それにしようかな?と思った時に目に入ったのが「麻婆ラーメン 700円」
麻婆ラーメンなんてB級ラーメン、置いてある店が余りなくてここ10年近く食べてないな・・・
最後に食べたのは、多分井土ヶ谷にある「東麺」さんと言う中華屋さんじゃなかったか・・・
いや、正月に「華隆餐館」さんでも麻婆刀削麺を頂いたけれども、あれはもはや別もんですな・・・

と言う事で、久しぶりに食べてみたくなったので「麻婆ラーメン 700円」を注文。
それに「餃子 350円」もお願いした。
待つ事しばしで、先にラーメン到着。
まーぼ

うは・・・まんまラーメンの上に一般家庭で作るような日本的な麻婆豆腐が乗っていますねぇ。
しかも、餡がダマになりまくりで・・・笑

それにしても、かなりのボリュームですねぇ・・・
これ、小さ目の豆腐を丸まる一つ使ってんじゃないの・・・?
麻婆豆腐の下からは、これまた大量の中華麺が・・・
味は、昔ながらの中華そばに麻婆豆腐乗っけて見ました、ってそのままのお味ですが、こう言うジャンクなのも好きですハイ

さて、少し遅れて餃子到着
ぎょうざ

ん・・・写真左側3つはかなりの焦げですねぇ・・・
この状態の餃子を客に出すかどうかは、店の良心次第でしょうな・・・笑
でもまぁ、結構肉汁ジューシーで普通に美味い。
350円なら、これもありでしょう。

中々、満足の行くものでありました。
今度は久しぶりにつけ麺も頂いて見ましょうかねぇ。

店名 中華つけ麺 大王
住所 神奈川県横浜市中区長者町7丁目113
電話 045-252-7390
参考サイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ

時計がぁ・・・・

昨年2月に修理に出した時計が戻ってこやしない・・・
つか、1年以上経って見積もりの連絡すらないってどういうことよ・・・
て事で、先月修理に出した時計修理工房に電話を掛けて確認したら「確認し次第連絡します」と仰る・・・

で・・・今日まで待って連絡くれやしないから自分から連絡してみたら「すいません。今時計の所在がちょっと分らなくなっちゃって・・・」と・・・
おいおいおいおいおいおいおいおい・・・・・
なんだ、それ・・・・

あの~・・・1940年代のクロノグラフスイスのヴィーナス170 18KYG無垢で、現状使用可能な状態のものって探すと大変なんですけど・・・?
「なくしました」言われて「あ、そうですか」って軽く言えるようなもんじゃないんですが・・・
つか、時計屋なら時計好きの気持ちくらい分ってるよね?

「どう言う事でしょう?」と聞いたら「すいません。一旦オールド時計は取り扱っていないと言う事で戻ってきたのですが、他でやってくれると言うところを当たっている内に・・・」
って、なんですか・・・それ・・・・
つか、分らなくなっちゃったのが確認できた時点で、何で連絡よこさないよ・・・
こちらから連絡しなきゃ、そのまま放置するつもりだったんですかね・・・

一応、再度確認して連絡すると言うから一旦収める事にしたけど、普通にありえないから、それ・・・
はぁ~・・・・苦労して探して手に入れたのに・・・
紛失したら金なんぞ要らないから、同じもん買って返してくれるんかね・・・
洒落にならんよ・・・

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

じゃが芋とハンバーグのカレー@野毛 KIKUYA

さて、こちらは昨夜のネタ。
毎度お馴染みの野毛の「KIKUYA」さん。
今回は「じゃが芋とハンバーグのカレー 1080円」をスリランカ風で頂いた。
さらだ

せっと

かれー


んー、最近は欧風カレーが一推しだとご主人は仰っていたが、個人的にはスリランカ風のほうが好みですねぇ・・・
相変わらず美味しく頂きましたな。
あー、そう言えば、最近シチューを頂いてないや・・・
ま、今度はシチューをお願いすると致しましょう。

店名 KIKUYA
住所 神奈川県横浜市中区野毛町4-173 天悦ビル101
営業 11:00 - 20:30(今は、もう少し遅くまでやられています)
定休 日祝(祝日はやっていらっしゃる事も多い)
参考サイト


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

チキンとエリンギの和風ジェノベーゼ@伊勢佐木 スパッソ

さて、今日は伊勢佐木モールの松坂屋の中にある「パスタカフェ スパッソ」さんへ・・・
かなり久しぶりですねぇ・・・
入ってみると、相変わらず賑わっている。
そりゃあ、少し価格値上げになったとは言え、未だにお安いしねぇ。

さて、こちらはカウンターでの注文時にお金を先に払うシステムなので、何を注文しようかと品書きを眺める・・・
あれぇ・・・ナポリタンがメニューから外れちゃったのね・・・
仕方ないので月替わりメニューの「チキンとエリンギの和風ジェノベーゼ 680円」を注文。
こちらはM/L/LLの3種のサイズが々価格で選べるのでLLサイズでお願いした。

待つ事しばしでパスタ到着。
supa.jpg

久しぶりに見ると、どえらい量ですねぇ・・・
ジェノベーゼソースの鮮やかなグリーンとトマトの赤で色合いが良いですねぇ。
上には鶏肉とエリンギが乗っている。

鳥はもう少し脂っ気が欲しいな・・・
エリンギのシャキシャキ感は良いですねぇ。
そんなにハーブの香りは強くも無いし食べやすくて美味しい。
んー・・・これで680円は安いですねぇ。

満足の行く夕食でありました。

店名 パスタカフェ スパッソ
住所 神奈川県横浜市伊勢佐木町1-5-4  横浜松坂屋 1階
電話  045-261-2121(代)
お店サイト


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

とんかつグラタン@吉田町 こーちゃん

さて、今日の夕飯は吉田町の「とんかつと和食の店 こーちゃん」さんへ・・・
この前、お品書きで見掛けて気になっていた「とんかつグラタン」「ハンバーググラタン」が食べたくて行ってきました。

席に着きお品書きを眺めると
「とんかつグラタン 840円」
「ハンバーググラタン 840円」
さて・・・どちらにするか・・・・
て、まぁ、せっかくとんかつのお店ですから、やはりここは「とんかつグラタン」で行ってみましょうということで、とんかつグラタンを注文した。

待つ事しばしでグラタン到着。
ぐら

これも熱々の鉄板皿で登場しジュウジュウ言ってますねぇ・・・
鉄板皿の上にキャベツを敷いてロースカツを乗せ、ベシャメルソースを掛けて卵を落としてチーズを載せて焼き上げた感じ。
いやぁ・・・美味そうですねぇ。

ぼくが想像していたのは、マカロニグラタンの上にカツを乗せて焼き上げた感じのものだったのだけれども、マカロニは入っていない。
だもんで主食とは言い難いのだが、かと言ってもこれをおかずに御飯と言うのもちと違うか・・・
んー・・・やはりお供はナポリタンとかカレーライスが良いのかな・・・
ま、その辺は今度試してみよう。

熱々の鉄板皿に乗せられているので、下のキャベツが良い感じに焦げて香ばしさをプラスしている。
丸々一枚乗っているロースカツも固からず柔らか過ぎ図の丁度良い歯ごたえで、味も好みに合っている。
ベシャメルソースは、もうちょっと濃いめの味付けの方が好みかなぁ・・・
でも、キャベツも甘くて美味いし、これはこれで好きですハイ

ふむ・・・今度はハンバーググラタンを頂いて見ましょう。
美味しいグラタンでありました。

さて、そう言えば帰りがけに伊勢佐木モールの担々麺専門店「赤と黒」さんの前を通ったら「閉店いたしました.長い間ありがとうございました」的な張り紙が・・・
あらぁ・・・んー・・・確かにそんなに流行っている感じではなかったけれども、それなりにお客さんは入っていたと思ってたのにねぇ・・・
あの懸賞金つきのチャレンジメニューが首を〆たかな・・・
あれ、成功者目茶目茶いたみたいだしね・・・
こちらの担々麺も餃子も結構好みだっただけに閉店は残念ですねぇ・・・

店名 とんかつと和食の店 こーちゃん
住所 神奈川県横浜市中区吉田町3-14 
TEL 045-253-7261
営業 18:00~翌9:00(L.O.8:30)
定休 日曜
お店サイト


テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

のっとり丼@白楽 御藩亭

さて、関内の「AsianBar RAMAI」さんを出て、そのまま知人の車で白楽へ・・・
言ったのは白楽駅そばの「御藩亭」さん。
どうやらTVで紹介されたお店のようだ。

1時半くらいの入店だったけれども、さすがTVで紹介されたばかりと有って盛況。
お品書きを眺めるが、知人がTVで紹介されたと言う「のっとり丼 840円」を注文したので同じ物にした。
他にも深川丼や名前は忘れたがうにと湯葉の丼などがあり、定食も数種類有った。

待つ事しばしでのっとり丼到着。
せっと

のっとり

丼に赤だし、漬物がお盆に乗って出てきた。
丼の蓋を開けると御飯の上に錦糸玉子が敷いてあり、その上に鶏肉と串つくね、ししとうが乗っていた。

鳥の味付けは薄からず塩辛すぎず良い塩梅で、これは美味い。
なるほど・・・これは確かにTVで取り上げられるくらい話題になってもおかしくないかも。
結構ボリュームもあるし、これで840円はお安いですねぇ。
赤出汁が美味いのが尚良い。
満足の行く食事でありました。

店名 御藩亭
住所 神奈川区白幡町2-5
定休 月曜
営業 11:30~14:30 17:30~20:30

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。