塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぐろの中落ち丼@桜木町 ばる

さて、今日は桜木町 野毛ちか道出口から右折してすぐのところに在る定食屋「キッチンカフェ ばる」さんへ・・・
こちらへは2008年 10月の16日に伺い「カキと帆立のMIXフライ定食 850円」を頂いて以来と2年以上振りとなってしまいましたねぇ・・・
野毛ちか道は割と通るのだけれども、中々寄らせて頂く機会を逸していたのですよね。
そう言えば、こちらでも牡蠣フライを出されていたなぁ・・・と思い出し寄らせて頂いた次第。

お店に入ると先客はゼロ。
とりあえず店内に掛っているメニューボードを眺めると、残念ながら牡蠣フライの文字は無し・・・
まぁこちらは日替わりでメニューが変わって行くお店ですからねぇ。
無いものは致し方ない・・・
こちらは基本的に850円均一の定食が10種類近く用意されていて、他にも色々魅力的なメニューが有って迷ったのだけれども、なんとなく目を惹いた「まぐろ中落ち丼 850円」をお願いした。

待つ事しばしで到着
ばる1
どんぶり、お味噌汁、副菜、漬物、デザート?
お味噌汁はシジミ。
副菜は
ばる2
ひじきの炒り煮
いやぁ・・・ひじきって美味しいですよねぇ。
子供の頃はあまり好まなかったのだけれども、いつの頃からか好物になっていましたね。
そう言えば牡蠣もそうだったですか・・・やはり子供の頃とは味覚や嗜好は変わるものなのですねぇ。
その割に、子供の頃に好きだった食べ物が苦手になると言う事はない様な気がしますが・・・まぁ美味しく食べられるものが増える分には良い事です。

メインのまぐろの中落ち丼は
ばる3
ばる4
ばる5
ばる6
こんな感じ
白ご飯の上に刻みのりが散らされ、その上に
ばる7
まぐろの切り身と
ばる8
中落ちがてんこ盛りに盛られている。
まぐろが甘くて美味しいですねぇ。
ボリュームも難点で、これだけまぐろを一気に頂けると言うのは満足度が高いですよね。
まぐろって好きでは有るのだけれども、その割には余り頂く機会が無いのですよね。
回転寿司とかに寄っても、余りまぐろの皿を取る事はないですからねぇ。

デザートとして
ばる9
ばる10
ばる11
ぜんざいも付いてきました。
前回はデザートが付いてきた記憶はないのですけれども・・・と思ったら、昨日1月11日は鏡開きだったですね。
なるほど・・・それでぜんざいだったのかもしれません。
そう言えば、今年はお雑煮も伊達巻も頂いてなかったなぁ・・・
せめて伊達巻くらいは後で買って頂きますかねぇ・・・
お餅も昨年末また大量に伸し餅を送ってもらってるから、お雑煮も作ろうと思えばできなくはないのだけれど・・・

次回は、なにか魚の煮付があれば頂いてみたいですねぇ。
大変美味しいまぐろの中落ち丼で有りました。

店名 キッチン・カフェ ばる
住所 横浜市中区花咲町2-64
電話 045-243-9671
営業 平日11:00~19:00 土曜11:00~15:00
定休 日曜
参考サイト
スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ

ブッチャーズ・ステーキ@野毛 ブッチャーズ☆グリル

さて、今日は一見のお店へ・・・
野毛に先月出来たステーキ・ハンバーグのグリルなお店「ブッチャーズ☆グリル」さん。
こちらは先月には開店されていたのだけれども、先月末まではプレオープンと言う形で、昨日11月1日にグランドオープンとなった。
さすがにメニュー構成がグリル中心だと、焼方や焼き加減などの技術習得なども有って、少し長めに研修を兼ねたプレオープン期間を設けて有るのですねぇ。
「野毛にサラダバー食べ放題のレストラン「ブッチャーズ☆グリル」開店なんて記事を拝見していたので興味は有ったのだけれども、どうせの事ならある程度の期間お店を実際に開けて、店員さんが小慣れてきた頃に伺った方が美味しく頂けそうですしね・・・

と言う事で、グランドオープンを待って伺ってみる事に・・・
お店に入ると後から続けてお客さんが数組入ってこられたものの、時間がやや中途半端な事も有り、混雑すると言った感じでも無くのんびり食事を楽しめた。
案内してくれた席に付いてお品書を眺めたはものの。店頭に「ステーキ150g 1000円」とか「ハンバーグ180g 980円」などと言う張り紙が有ったので、どちらかをお願いしようと思っていたのですよね。
お品書きを拝見すると、どうやらブッチャーズ・ステーキと言うメニューがお店の一推しになっているようで、このブッチャーズステーキの150gが1000円(税込1050円)との事。
んー・・・グリルチキンなんかも美味しそうだけれども、一見だしやはりお店一推しのメニューをお願い致しましょうか・・・と言う事で「ブッチャーズ・ステーキ 1000円(税込1050円」をお願いした。
ソースが4~5種類ほど用意されていて、選べるとの事だったので「ガーリック」でお願いした。
また、焼き加減も好みに焼いて頂けるそうなので「ミディアムレア」でお願いする事に・・・

さて、こちらのメニューにはサラダ・バーが付いていて、サラダ類だけではなく、カレーライス、スープ、デザートもお好きなだけどうぞと言う食べ放題になっている。
ので
早速・・・
ぶ1
取って来てみる・・・
スープは1種のみで今日はわかめスープになっていた。
カラーライスは
ぶ4
こんな感じ。
ビーフカレーで結構甘め。
その為か、カレーコーナーには「辛味スパイス」なるものが置いて有り、辛い方がお好みの方はこれを掛けて下さいと言う事のようだ。
意外と肉もちゃんと入っていて、個人的には好きな部類のカレーライスですねぇ。
サラダは
ぶ2
ぶ3
千キャベツ、スライス玉ねぎ、アスパラガス、パスタサラダ、ゴボウサラダ
ぶ9
ぶ10
大根サラダ、春雨サラダ、ひじきサラダ
これ以外にもトマトやレタス、コーン、ポテトサラダやマカロニサラダetc...と色々揃っている。

取り敢えず取ってきたものを食べていると
ぶ5
ぶ6
メインの「ブッチャーズ・ステーキ 150g」が到着
写真だとちょっと明るいせいか焼き色が薄いけれども、実際の見た目はもう少ししっかり焼き目が付いていて美味しく見えていたのですよね・・・
付け合わせはフレンチフライ、いんげんソテー、人参ソテー、玉ねぎスライス
ソースはソースカップに入って出てくるので、自分で掛けるのだけれども、熱々に焼かれた鉄板皿なのでジュウッと言う美味しそうな音と香りが立ち上る。

ナイフを入れてみると
ぶ7
こんな感じ
ミディアムレアでお願いして有ったので、焼き加減はばっちりオーダー通りと言った感じですねぇ。
ちなみに
ぶ8
卓上にこんなポップアップが・・・
まぁ、レア過ぎるのが苦手な方とかいらっしゃいますしねぇ。
その辺の行き違いを出来るだけ出さないようにと言う事もあって、プレオープンと言う形で眺めの研修期間を設けて有ったのでしょうね。

お味の方はと言うと、まぁ正直お値段がお値段ですからね、お肉の旨みと言う点ではやや不足を感じざるを得ませんが、そう言うお肉をいかに美味しく食べさせるかと言う技術の部分はしっかりマニュアル化されて、店員さんもみっちり練習されたんじゃないでしょうか。
ソースもガーリックがしっかり利いていて味も良いですし、肉の旨み不足はこちらで補うと言う事なのでしょうし、事実そんなに悪い印象は有りません。
と言うか、1000円でサラダバーまで付いてこれなら十分じゃないでしょうか。

デザート方は
ぶ13
ぶ14
こんな感じ
杏仁豆腐、マンゴプリン、パイン、オレンジ
マンゴプリンはパッと見チョコババロアみたいなお色ですね・・・
これ以外に、店員さんが「グランドオープンサービスとしてアイスが付くのですがいかがですか?」と言ってくれたので、それもお願いした
ぶ12
バニラアイス

サラダバーなどはまぁ良く在る無難な品揃えで種類もそこそこあり、1000円程度でステーキやハンバーグ、グリルドチキンなど種類も結構あるので、なんとなく肉系を安くがっつり行きたい気分の時には重宝かと。
悪く無いステーキで有りました。

店名 ブッチャーズ☆グリル
住所 中区野毛町3 リーフコンフォート桜木町2F
電話 045-325-9191
営業 月~金11:00~14:30 17:00~21:30 土日祝11:00~21:30
お店開店情報「ヨコハマ経済新聞記事」

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

らーめん@野毛 竜王

さて、今日は一見のお店へ・・・
今日野毛を通り掛かったら「めん道楽」さんと言うラーメン店がいつの間にか閉店されていて、新たに「竜王」さんと言うラーメン店が開店していた。
あら・・・こちらの店舗って新しいお店が開店しては閉店してしまう随分と入れ替わりの激しい店舗ですよね・・・・
以前のめん道楽さんは家系ちっくなラーメンを出されていたのだけれども「味噌ラーメン 600円」は意外と美味しくて好きだったのですけれどもねぇ・・・

まぁ、折角開店しているところを通り掛かったので寄らせて頂く事に・・・
お店に入ると先客が数名、後からも見えられた。
以前のお店同様、入って左側に有る券売機で先に食券を購入するシステム。
お品書きは
竜 (4)
こんな感じ
開店サービスなのか「大盛無料」&「味玉半額」のサービス実施中。
つけ麺のボリュームは並は250g7、大盛は???g、特盛は500gだそうな。
そう言えば、京風つけ麺って張り紙が有りましたっけ・・・
つけ麺煮も興味はあったものの、今日は汁そばな気分だったので「らーめん 600円」を+50円で味玉を付けてもらい、大盛のサービスでお願いした。

待つ事しばしで到着
竜 (5)
竜 (6)
魚介系の香りに柚子の強い香りが漂っている。
具はチャーシュー、メンマ、刻み玉ねぎ、海苔、味玉半玉
麺ははかなり太めでコリコリとした歯応えが良い感じ。
って、半玉とは言え味玉はデフォルトで入ってるのね・・・
と言う事で
竜 (2)
味玉は合計1個半
それほど強く味は染みておらず、個人的には割と好き。

チャーシューは
竜 (3)
こんな感じ
やや薄目固め、味付けは少し薄目。
ミチッとした食感は割と好きだけれども、味付けが薄くて歯ごたえ以外の存在感があまり感じられないかな・・・
麺は
竜
やや中太の縮れ麺
ツルっとした舌触りで、噛むとブツッとした歯触り。
腰が有ると言うよりは、あまり弾力を感じない固さのある麺

スープは魚介の香るものなのだけれども、かなり柚子の香りが強く、また刻み玉ねぎの風味も有って、微妙に分かり辛い味になってしまっているかなぁ・・・
柚子をもう少し加減して有れば、もっとスープ自体の風味がはっきりしたかも。
メンマも少し甘みが強過ぎるかな・・・
そう言う意味では、ちょっと惜しい。
とは言え、お味の方は結構好きな路線だし先々少しずつ変化して行くのでしょうから、そこに期待させて頂きましょう。
このご時世600円でこのラーメンを出せるだけのお店ですから、この先も頑張って頂きたいですねぇ。
結構好みに合ったラーメンで有りました。

店名 竜王
住所 横浜市中区宮川町2-47
お店地図

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

チンチン麺&餃子@野毛 三陽 御用亭

さて、今日は一見のお店へ・・・
一見と言うか、野毛に在る怪しげなメニュー名と店舗の風体で有名な中華料理店「三陽」さんが、すぐ近くに2号店として「三陽 御用亭」さんと言うお店を出されたと言う話を聞いていたので、帰りがけに桜木町に立ち寄ったついでに伺ってみる事に・・・
場所は良く分っていなかったのだけれども、2号店である「三陽 御用亭」さんは本店の桜木町側手前の角を曲がってすぐのところに店を構えており迷う程の事も無くすぐに見つかった。
と言うか本当にすぐご近所に2号店を出されたのですねぇ・・・まぁ野毛っで絶対的な知名度を誇る「三陽」さんなのだから、わざわざ他所に出すより、ご近所に出された方がお客さんが集まり易いのかもしれませんね。
本店の方は狭いですからねぇ・・・

お店に行ってみると、本店と違い随分広々としていて、カウンター席が7,8席に4人掛けテーブル席3つ、それに6人掛け位の円卓もあり、更に2階も飲食スペースになっているそうな。
お店に入ると少し時間が中途半端な事もあり先客はゼロでだったので、店員さんが「奥のテーブルにどうぞ」と本店では考えられない様な事を仰ってくれたので、奥のテーブル席へ・・・
そしてほぼお約束となっている「ビールと餃子はどうですか?」と言う口上は、こちらでも健在。
お酒を嗜まないぼくはビールはお断りして「餃子 400円」をお願いすると、酒は飲めない客だと合点し「うちの名物はチンチン麺と言うたんめんです」と麺類を薦めてくれたので、久し振りに「チンチン麺 700円」を頂く事に。

「三陽」さんに最後に伺ったのはいつだろう・・・と思ってWeb日記のログを漁ると2002年の6月19日に伺って「炒めそば 600円」と「餃子 400円」を頂いたのが最後らしい・・・
その頃は時事ネタも書いていたのだけれども「鈴木宗男衆議院議員が逮捕され東京拘置所に送られた」と言うネタを併記していた。
実に8年振りと言う事になっていたのですねぇ・・・
鈴木宗男さん、つい最近実刑が確定したってタイムリーなニュースが有りましたね・・・

取り敢えず、待っている間にお品書なんぞを・・・
麺類や飯ものは
陽1
ちょっと読み取り辛そうだったので、分割版・・・
陽5
陽4
こんな感じ
一品料理系・定食は
陽2
こんな感じ
ドリンク系は
陽3
こんな感じ
麺類や定食類は変わって無い気がするけれど、「三陽丼」とかそういう丼物ってありましたっけ?
2号店を出店した時に追加したのかな・・・
まぁ、ぼくは麺類と餃子ばかりで飯ものすら頂いた記憶も無いのだけれども・・・

さて、待っていると
陽6
バクダン(味噌たれニンニク)を出してくれた。
これ、以前はビールを注文すると自動的に付けてくれるものだったのだけれども、最近は全員サービスになったのか、それともたまたま余っていたからサービスして下さったのか・・・
ちなみに単品なら200円しますが、これめちゃめちゃ美味しいです。

そうこうする内に
陽7
陽8
陽9
チンチン麺到着
チンチン麺と言うのはニンニクたっぷりのたんめんも事で、こちらの麺類と言えば一番真っ先に浮かぶメニューですよねぇ。
具はもやし、玉ねぎ、ニラ、人参、豚肉。
スープは白湯
麺は、やや透明感の有る縮れ麺。

いやぁ…久々に頂くと強烈ですねぇ。
この強烈なニンニクの風味、最高ですハイ
最後まで熱々なスープは、不思議な事にニンニクの強烈な風味にも負けず結構良い味を出してます。
麺ももちっとした歯触りの良い麺。
やっぱり好きだわ、このお味・・・

続いて
陽10
陽11
餃子も到着
適度な厚みと弾力の有る皮に包まれた種は
陽12
こんな感じ
しっかり練られた肉種に、これまたニンニクたっぷり。
如何にもビールに合いそうですよねぇ。
これまた好みのど真ん中。

んー・・・こちら「三陽 御用亭」さんは本店の様な独特なアクの強さは無い代わりに、のんびりとリラックスして食事を楽しむ事が出来るのが良いです。
どなたかを三陽さんに案内するなら本店の方がネタとして良いでしょうけれど、食事を楽しむなら御用亭さんの方かな、と・・・
次回は飯ものと水餃子を頂いてみましょうか。
相変わらず美味しいチンチン麺と餃子でありました。

店名 三陽 御用亭
住所 横浜市中区野毛1-36 1~2F
電話 045-231-0943
営業 平日15:00~24:00 土12:00~24:00 日・祝12:00~23:00
定休 月曜
参考サイト
お店サイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

牛・羊・甘鯛@野毛 Restaurant Y(イグレック)

さて、今日は野毛に在るカジュアルフレンチなお店「レストラン イグレック(Restaurant Y)」さんへ・・・
こちらへは2008年の8月21日以来と実に2年振りと随分久しぶりになってしまいましたねぇ。
まぁ、基本お酒を嗜まないぼくには野毛という街自体が縁遠いですからね・・・
昨日、久しぶりに野毛を通った際にこちらのお店を思い出し、帰ってから「お店のサイト」「お店のBlog」を久し振りに拝見させて頂いている内に、久し振りにこちらの料理を頂きたくなったので思い立ったが吉日と言う事でさっそく今日伺った次第。

こちらのお店は野毛の仲通り沿いに在る「モックビル」と言う一階が海鮮居酒屋さん?の入ったビルの2階に在って、事前のチェックなしだと普通に気が付かずに通り過ぎてしまう様な場所に在り、ビル自体が古い事もあって些か入り辛さが在るのですよね・・・
と言ってもビル自体は古くて微妙に入り辛いものの、店内は明るくお店の前に立ってしまえば入り辛いと言う事は無いのですが・・・
そう言えば、こちらの一階店舗には3年ほど前まで「磨心」さんと言うお店が入っており、かなり人気が有ったはずなのに割に短い期間で閉店してしまったのですよね。
まぁ、この多産多死的にお店が出来ては消えて行くのは野毛では当たり前の様な感じにはなっていますが・・・

さて、階段を上り2階に在るお店に入ると先客はゼロで、後からグループのお客さんが見えられた。
2年振りだと言うのにご主人は覚えていて下さったらしい・・・
こちらのお店はカウンター席が8席くらいと奥にはテーブル席が多分こちらも8席分くらいあり、とりあえずカウンター席へ・・・
前回「ソフトドリンクの用意もありますから、別に無理してお酒を飲む事は無いですよ」とご主人が仰っていたので取り敢えずソフトドリンクの種類を尋ねると「ジンジャーエール、ウーロン茶と青リンゴやオレンジ、カシスなどのシロップが有りますのでそれのソーダ割りが出来ます」との事で、何か炭酸のシュワッとした刺激が欲しかったので青リンゴのソーダ割りをお願いした。

こちらのお店には基本メニューと言うものは無く、黒板に前菜・魚料理・肉料理の3系統に分かれて、それぞれ数種類材料が書かれ、その中から好みの材料を選んでオーダーするシステムになっている。
その際、どう言った感じの料理が良いか希望を伝えればそれに沿ったものを作って下さるし、お任せでお願いする事も可能だそうな。
さて、どれに致しましょう・・・
ちなみにこちらのお店は一皿がシェアが基本くらいの量なので、さすがに食べられる量が以前よりは減ってきたかな?と言う事もあって、取り敢えず前菜と肉料理をお願いし余力あらば魚料理もと言う事で、先に前菜と肉料理をお願いする事に・・・
肉料理は、久し振りに羊が食べたいと言う事で「仔羊」を選択、前菜も色々あったものの今日はとにかく肉な気分だったので「和牛のカルパッチョ」をお願いした。

待つ事しばしで
いぐ1
いぐ2
前菜の和牛のカルパッチョが到着。
て言うか、上の野菜を取って写真を撮れば良かったですね・・・
柔らかいわ甘いわ旨いわ・・・
ぼくは牛よりも豚や鶏の方を好むのだけれども、これ牛肉は普段食べるものとは段違いですねハイ

続いて
いぐ3
いぐ4
仔羊のロースト
注文時にご主人から「マスタードにしますか?ソースにしますか?」と聞かれたのでソースでお願いして有った。
と言う事で、ソースはアンチョビとバルサミコ酢の赤ワインソースとなりました。
アンチョビを肉料理のソースに用いるのは余りない事なのだそうですが、やって見ると美味しかったのでと言う事でこのソースでお出ししてくれた。
確かにアンチョビって言うとパスタソースなんかに使われるイメージが強いですよねぇ・・・

実際、これがまた美味しいのです。
癖も無く違和感も無く、素直に美味しいと思えるソースになっているのですよねぇ。
この辺はやはりプロの腕の見せ所と言う事なのでしょうね。
仔羊も臭みや癖の無い肉質柔らかなとても美味しいものですねぇ。
まぁちゃんとした表現が出来るだけの能力が有れば、もっとどれだけ美味しいものかと言う事を伝える事が出来るのでしょうが、当然の様にぼくにはそんな能力は皆無ですから是非ご自身の舌で味わってみて下さいませ。
付け合わせにはポテト、カボチャ、ナス、ズッキーニ、しいたけ、後なんだろ・・・アーティチョークかな?とたっぷりで、その上
いぐ5
やきたて熱々のパンも一緒に供してくれるので、ソースを付けて最後まで美味しく頂いた。
このパン、自家製のじゃが芋パンだそうで、これもまた外はカリッと中はもちっとしていて美味しいのですよねぇ。

さて、写真でもお分かりの通り前菜も肉料理も普通に2人でシェアする様な量で、菜お所ここまで食べれば十分だろうと言う気がしたのだけれども、やはり美味しい事もあり意外とすんなり入ってしまい、魚も行っておきたいなぁ・・・と言う事で、魚料理も追加させてもらう事に・・・
魚は3,4種類くらいあり、どれにしようか迷ったものの、中でも「甘鯛」が目を惹きこちらでお願いする事に。
料理法は無知なぼくが何か言うよりもお任せしてしまった方が良いでしょうからと「さっぱり目の味付けで」と言う事だけでお任せした。

待つ事しばしで到着
いぐ6
いぐ7
甘鯛のロースト。
甘鯛は松かさ焼きの要領でと言う事で鱗は取らず、そのまま焼き上げてある。
ソースはあさりとトマトのライムソース
オーダー通り本当に爽やかな酸味のあるさっぱりソースに仕上げて出して下さった。

鱗が香ばしくパリパリ、身はしっとり柔らかで淡白ながら旨みもしっかりありますねぇ。
て言うか、これ半身だったりするんですが・・・
やはりこれは2,3人でシェアするサイズなのでしょうけれども、これまた普通に最後まで飽きる事無く美味しく頂けるのだから不思議なものです。
まぁこれだけの量を最後まで美味しく頂ける料理を即興でお作りになるのだからさすがですよね・・・

とは言え、さすがにこれ以上はきついと言う事で、今日はここまで。
まぁ、写真を見ると良く食べ切れたな・・・と思う様な量ですが・・・
これでお値段8700円。
一人で頂くには少々お高いですが、これ普通なら2,3人でシェアの量ですからね・・・
2,3人の勘定で考えれば十分お安いですハイ
ワインなどの取り揃えも豊富なようですし、2,3人で楽しくお酒を楽しみながら美味しい料理を頂くのにも向いたお店かと。
厨房はご主人お一人で対応されているので、時間と気持ちに余裕のある時の方が楽しめるお店かと思います。
カウンター席は目の前がキッチンですから、調理過程が見れますので料理のお好きな方にはそれもまた興味深い事かと。

そう言えば、こちらで初めて鳩を頂いたら本当に美味しかったのですよねぇ・・・
次回は久しぶりに鳩を頂いてみたいですねぇ。
満足のいく夕飯でありました。

店名 フレンチカジュアルレストラン イグレック
住所 横浜市中区野毛町2丁目71-9モックビル2F
℡ 045-241-2623
営業18:00~
定休 お店のBlogに載ってます
お店サイト
お店Blog(お店のお休みや仕込み料理情報などが載ってます)

さて、少しご主人とお話をさせてもらった際に「都橋商店街に在るスナック華さんと言うお店が美味しい」と言う情報を頂いた。
こちらのお店はスナックとはなっているのだけれども、実際は中華料理店なのだそうだ。
お店は狭く5,6席しかないそうなのだけれども、かなり美味しく人気のお店なのだそうな。
かなりそそられる情報ですよねぇ・・・こちらも近い内にお邪魔させて頂きましょう。
「スナック 華」さんBlog

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。