塵壺日誌

日々の徒然を綴った駄文の塵壺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コントンメン@中村町 ゑびす屋

さて、今日は中村橋の「ゑびす屋」さんへ・・・
お店に入ると、おじちゃんが新聞を読みながらまったりモード・・・
ネコたちも店内を飛び回っている。
先客もゼロだし、出前も途切れて小休止と言ったところだったかな・・・
なんとなく悪い気がしたものの、だからと言っておもむろに店から出てなかった事にするのは無理でしょうね・・・

奥の席に座ってお品書きを眺める・・・
んー・・・なんとなくオムライスな気分だったのだけれども、お品がl機を見ると最近あまり頂いていない麺類のメニューも多々あるか・・・
その中でも「コントンメン」と言うメニューは結構好きなのだけれども、もう1年近く頂いていない気がする・・・
と言う事で、今日は久しぶりに「コントンメン 650円」を大盛り+100円でお願いした。

待つ事しばしで到着
混沌
見た目からして油っこい・・・
玉ねぎ、キャベツ、ピーマン、チャーシュー、なると、シイタケと具沢山。

このコントンメンの特徴と言えば
麺
麺が普通の中華麺ではなく、一旦揚げてある上げ麺を使用している点。
この揚げ麺を使った汁そばは、イーフー麺(伊府麺@WIKI)と言うものがそれで、これがインスタント麺の原型となったらしい。
この辺のお店だと、まだ頂いた事は無いのだけれども「玉泉亭」さんに置いて有った気がする。

ちなみに、この「イーフー麺」、ゑびす屋さんにもちゃんとメニューに在るのだけれども、ゑびす屋さんで言う「イーフー麺」と言うのは、お店の方曰く「サンマー麺にチャーシューとかまぼこを乗せたもの」とのご説明。
んー・・・まぁ、こちらは本来お蕎麦屋さんですしねぇ。
中華メニューをお始めになられた時にごっちゃになってしまったのでしょう。

では、コントンメンとは何ぞや?
と言う事になるのだけれども、これがまた謎だったりするのが面白いのですが・・・
いやまぁ、あまり深く考えても仕方のない事なんですが・・・

と言う事で、このコントンメン・・・揚げ麺を使っているのでスープに思いきり油の幕が張り、スープにコクがでると言う利点はあるのだけれども。かなり油っこい。
このスープ、冷えたら結構な厚みの油の幕が張りそうだ・・・
麺は揚げてあるので腰は無く、香ばしくかなりボソボソとした食感で、これはこれで面白い。
香ばしさと油のコクでスープの旨みも増すし、最後まで熱々の状態で頂ける。
ただ、体調によっては胃に相当なダメージが有りそう・・・
まぁ、たまに食べる分には結構良い感じです。

さて、おじちゃんと若い方のおばちゃんが「昨日夜中の12時過ぎに出前の電話が有ったのよねぇ・・・」「うちは夕方6時で終わりなんですって言ったら、24時間営業だって書いてあったって言うのよ。どこにそんな事かいて有ったのかしら」とかなんとか・・・
どこでそんなデマが飛んでるんだろう・・・
少なくともうちのBlogじゃあ
ないはずなんですが・・・
夜中の12時に出前の電話とは難儀な事ですねぇ・・・

今日も美味しい夕食でありました。


店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話  045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日
お店地図

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

カレー南蛮うどん@中村橋 えびす屋

さて、八幡町の「磯村屋」さんでやきそばとクリームソーダを頂いたのだけれども、些か物足らない・・・
と言う事で、まだお腹に余裕もあるし、どこか他のお店で頂こうかと思案し、結局中村橋の「えびす屋」さんへ・・・

お店に行ってみると、珍しい事に先客がお二人、後からもお二人入ってこられ、相席にはならないまでも結構なお客さんの入り。
と言う事で、おばちゃんが大回転中。
これだけお客さんが入っていると、さすがにねこ達の姿は店内にはない・・・
そう言えば、今日はおじちゃんの姿をお見かけしなかったような・・・
外に出前でお出になってましたかねぇ。

さて、奥の空いているテーブルに席を取り、お品書きを眺める・・・
やはり、まだ冷やし中華はお出しになっていないようだ・・・
ご飯ものと言う気分でもなし、中華系と言う気分でもなし・・・
んー・・・うどん・そば系で悩んだ時は大抵行きつく「カレー南蛮」
と言う事で、今日もご多分に漏れず「カレー南蛮 うどん 500円」を大盛り+100円でお願いした。

待つ事しばしで到着
かれー
うどん
こう暑い最中、如何にも熱々なカレーうどん。
具は豚ばらに長ネギの身とシンプルながらも、かなりのボリューム。
軟目に茹で揚げられたうどんに、スパイシーな風味のとろみの付いたお出汁が絡んでえらく美味い。

やはりカレー丼やカレーうどんには玉ねぎではなく、ざく切りされた長ネギですよねぇ・・・
中心部のニュルっとした甘みの強い粘液物質は欠かせないのですよ、えぇ。
適度に脂身の残された豚ばらの旨みもたっぷりで、やはりこちらのカレー南蛮は美味しいですねぇ。

さて、食べ終わりお会計の時に「明日は急用でお店はお休みします」との事。
あら…珍しい事もあるものですが、なにせこちらは基本4の付く日だけがお休みなので、一カ月に3日しかお休みされていない。
交代制でやっている訳じゃないし、出前は多いしで、お年も考えたら大変ですよねぇ・・・
たまには連休でも取ってゆっくりなされば良いのに・・・

今日も美味しいカレー南蛮でありました。

店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話  045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

サンマー麺@中村町 ゑびす屋

さて、今日はかなり暑いのでなんぞ冷やし系のものでもと思い立ち、万世町の中華屋「麗華」さんへ・・・
確か以前行った際、ランチボードに「冷・熱 ネギそば」と書かれたメニューが有ったはず・・・
と思いだして行ってみたのだけれども、店内は物の見事に満席・・・

この暑い中、外で待つのもだるいので、そのまま八幡町にある焼きそばのお店「磯村屋」さんへ・・・
ずいぶん久しぶりな気がするし、確か「クリームソーダ」なんてメニューもあったような気がする・・・
と思って、行ってみたら、こちらもやはり満席・・・
まぁ、普通に考えたら分かり辛い場所に在る上に、これと言った特徴の無い「麗華」さんでさえ満席だったのだから、結構な人気を誇る「磯村屋」さんが日曜ランチ時真っ只中の12時半過ぎに空いている訳がない・・・

やはり暑い最中、外で待つのも億劫極まりない・・・
ので、そのまま中村町の「ゑびす屋」さんまで歩いて行く事に・・・
時間的にどこも掻き入れ時で混んでいるだろうから、いっその事、もう冷やし中華の販売を始めているかどうかの確認も含めて少なくとも店内はほぼ確実に空いているであろう「ゑびす屋」さんまで行ってみようかと。
いやぁ・・・さすがに万世町「麗華」さん→八幡町の「磯村屋」さん→中村町の「ゑびす屋」さんと言うコースは、この初夏のような陽気の中歩いて行くのは結構めんどかったですねぇ。。。

さて「ゑびす屋」さんへ行ってみると、予想通り店内には先客ゼロ。
まぁ、相変わらず出前の電話は何度かかかってきていたので、店内に人が居ようが居まいが、かなりお忙しそうにはされていたけれども・・・
とりあえず席に着き、若い方のおばちゃんに「冷やし中華ってもうありますか?」と尋ねてみたら、「あー、すいません。うち6月からなのー」とのご返答。
冷やしタヌキ・冷やしきつね・もり・ざる等の和風の冷やし系メニューは通年で頂けるのだけれども、冷やし中華は夏季限定なのだから仕方がない・・・

んー・・・冷やしと言ってもうどんやそばの冷やしと言う気分でもないのですよねぇ・・・
かと言って、ご飯系と言う気にもなれないし・・・
まぁ、それなら真逆の熱々餡とじ汁そば系でも行ってみましょうか・・・
と言う事で、もはや深く考える事も放棄して、普通に「サンマー麺 500円」を大盛り+100円でお願いした。

待つ事しばしで到着
さんま
麺
相変わらずのボリューム・・・
具はモヤシ、キャベツ、玉ねぎ、豚ばら、なると。
今日は白菜ではなくキャベツが入っている。
こちらは元来お蕎麦屋さんであるせいなのか、スープはかなり脂っ気の少ない優しい感じのものなので、こう言う炒め物が大量に上に乗っている方が美味しく頂ける。
これと言った特徴のあるものではないのだけれども、こう言う感じのサンマ-麺も美味しいですねぇ。

それにしたって、今日のサンマー麺は、上の具がかなり強めに餡でとじられていたせい最後まで熱々・・・
店内には入口の引き戸や窓を半開きにして風を入れ、壁掛け扇風機も頑張って首を振って入るのだけれども、この暑い最中で熱々のサンマーメンでは食べ終わる頃には汗びっしょりですねぇ・・・

今日も美味しいサンマー麺でありました。

店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話  045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日
お店地図

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

肉南うどん@中村町 ゑびす屋

さて、今日は中村町の「ゑびす屋」さんへ・・・
なんとなくうどんが食べたくなった事と、連休中のお店の営業はどうされるのか確認もして置きたかったので行ってみた次第。

お店に行くと先客のお二人と入れ違いと言う感じで、後はぼく一人。
今日は珍しくお店の雰囲気がいまいち・・・
どうも最近おばちゃんが少し聞き取り辛くなってきてしまわれたようで、注文を通す時のやり取りなどに齟齬をきたす事があり、おじちゃんが少し苛立った口調になっているシーンに出くわすのだけれども、今日もそんな感じのようだ。

今まで意識する事もないほどに普通だった事が、何かの拍子にうまく行き辛くなったりすると、やや戸惑いと苛立ちを感じるようになるのは致し方の無い事ではあるでしょうねぇ・・・
とは言え、一方的に言われてしまうおばちゃんも気の毒だし、何よりも悪気もなければおばちゃん自身も自身の変化に戸惑っていらっしゃる状態でしょうに・・・
まぁ、元々おじちゃんは苛立ち易く、おばちゃんは柳に風の如くという関係性は前々からだったので、傍から見るほど深刻ではないかも知れないけれども、あまり無理しないで頂きたいものであります。

さて、席に着いてお品書きを眺める・・・
今日はうどんな気分なのだけれども、カレー南蛮の様なスパイシーなものや天ぷらうどんやタヌキうどんの様な油っ気も気分に合わない。

そう言えばお品書きにある「鳥南うどん 500円」は鶏肉の取り扱いをやめてしまった今は、豚肉に代えて出してくれるのだろうか・・・
と言う事で、それを聞いたら「豚肉でできます」と仰るので「肉南うどん 500円」を大盛り+100円でお願いした。

待つ事しばしで到着
肉南
うどん
具は豚肉に長ネギ。
お出汁はやや甘めのお味で、このお出しに長ネギの甘みと豚の脂の旨みが溶け込んで、そのお出汁をよく吸ったやわ目に茹でられたうどんが不味い訳はないですねぇ。

まぁ、お味としては立ち食いそばなどで頂くようなお出汁と大差はなく、ぐるめな方々の言う「美味しいうどん」ではないですが、こう言うBグル的な美味しさの方が、気軽でぼくは好きですねぇ。
欲を言えば、餡でとじられていると更に良かったのだけれども、これはお願いすればたぶんやってくれるでしょうから、今度はそれでお願いしてみましょう。

そう言えば、連休中は3日4日とお休みされるようなので、気を付けなきゃなりませんねぇ・・・
って、通常でもお休み少ないのに、1日しか特別なお休みを入れないのですねぇ・・・
ついでながら、野毛のKIKUYAさんも連休中は営業されるとの事で、その代わりに確か7日8日がお休みと仰っていたような・・・
まぁ、お休みの日にしか来れないお客さんも多いでしょうから、連休中も営業して頂けるのはありがたい事ですねぇ。

今日も美味しいうどんでありました。

店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話  045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日
お店地図

そう言えば、最近横浜橋通商店街の中にあるラーメン屋「せんだい」さんの開いているところを見かけないし、店名の入った赤いほろも取り外されてしまっているようなのだけれども、もしかして閉店してしまったのだろうか・・・
今日見た感じでは張り紙なんかはしていなかったようなのだけれども・・・
結構好きなお味だったので、継続されていると良いのですが・・・

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

トルコライス風?@中村町 ゑびす屋

さて、今日は中村町の「ゑびす屋」さんへ・・・
お店に行くと、入口の引き戸が開かれて店内に風を入れている。
まぁ、今日は暖かかったし穏やかで涼やかな風が気持ちよかったですしねぇ。
店内には珍しい事に先客が3名ほど・・・
いつも座っている席は埋まっていた。

ので、空いている席へ・・・
んー・・・いつも座っている席とは違う席に着くと、なんとなく気分的に落ち着かないものですねぇ・・・
他のお店だとそう言う感覚は無いのだけれども、こちらへは週一くらいのペースで寄らせてもらっている上に、9割方同じ席で食べているからなんでしょうねぇ。

さて、席に着いてお品書きを眺めてみる・・・
そう言えば「五目そば 600円」が未食だったかな?と前回気が付いて、今度来たらそれを頂こうと思ってはいたのだけれども、ここ数日なぜかラーメンが続いている気がする。
ラーメンばかりと言うのも如何なものか・・・と言う事で、今日は麺類以外からお願いしてみる事に。

こちらでご飯ものと言えば、個人的な第一選択肢は「カレー丼 600円」なのだけれど、今日は何となく丼系のものも気分的に乗らない。
そうすると「炒飯 600円」「五目炒飯 700円」「ポークライス(もうチキン扱っていないから) 550円」「オムライス 600円」「カツライス 700円」「「ドライカレー 600円」辺りが選択肢。

そのうち「カツライス 700円」は未食なのだけれども、これはどうやらとんかつ定食の事らしいので、なんとなく面白みが無く今までも選択肢から外れてきたし、今日も徐に外してみる・・・
んー・・・そう言えば最近「ドライカレー」は頂いてなかったかな・・・
ドライカレーと言っても、こちらで言うドライカレーはカレー風味の炒飯の事なのですが、これが結構おいしいのです。
と言う事で、今日は「ドライカレー 600円」を大盛り+100円でお願いする事に・・・

が、注文後、何となくカツも頂きたい気がしてきた・・・
先客の方たちの分は既に給してあるし、特別出前で忙しくされている様子もない・・・
なので、試しに「すいません。ドライカレー煮とんかつを添えてもらう事は出来ますか?」と尋ねてみたら、特に確認する事もなく普通にオーダーが通った。

待つ事しばしで到着
漬物
先にもやしとねぎのスープと漬物が到着。
毎回思うのだけれども、なぜ漬物に醤油がかかっているのか不思議・・・

とるこ
うは・・・何とも豪快なお姿・・・
他店の大盛りの倍近くは有りそうなぎっしり詰めて成形されたドライカレーの上にとんかつが一枚・・・
ドライカレーのスパイシーな香りが食欲をそそりますねぇ。

カツは
らいす
普通に一人前の大きさと厚み。
サクサクの衣にしっかり下味が付けられていてソースをかけたりしなくても、このままで美味しく頂ける。
やや脂身の部分が多いのも好みに合っていますねぇ。

見た目は、ちょっとトルコライス風
まぁ、ナポリタンが入っていないので、中途半端ではありますが・・・
と言っても、この辺でチキンライス(ドライカレー)+カツ+ナポリタンと言う3種がきちんと揃ったトルコライスが頂けるお店って知らないのですよねぇ・・・

トルコライスと言うメニューをこの辺で出されているのは、日ノ出町の「ミツワグリル」さんくらいでしょうか?
こちらのトルコライスにはナポリタンが乗っていないのですよねぇ・・・

商品としてなくても、たぶん野毛の「センターグリル」さんなら、ライス+スパ(イタリアン)+チキンカツの乗っているスパランチ
すぱ
にお金を足して、ライスをチキンライスに代えてもらえるはずなので、それでトルコライスは完成する。

ぼくがトルコライスと言うメニューを頂いた事が有るのは、今は無き岡野町の洋食屋「POPEY ポパイ」さんだけじゃ無かったかなぁ・・・
こちらでは、写真のように、ドライカレー+カツ+フライドオニオンと言うパターンで、やはりナポリタンは乗っておらず、ナポリタンは別注してトルコライスを完成させた。
いぁ・・・我ながら何をやってるんだろう・・・・

ゑびす屋さんにはスパゲティは置いていないので、今日も残念ながら未完成なトルコライス風に留まってしまった。
とは言え、ドライカレーとカツだけでこのボリュームだと言うに、さらにナポリタンが乗せられてしまったらえらい事になってしまいますが・・・
お会計の方は、これで1000円。
大盛りでお願いしてあるので、普通盛は900円と言う事になりますねぇ。
んー・・・今度はオムライスに乗せて頂きましょうか・・・

美味しいトルコライス風なランチでありました。

店名 ゑびす屋
住所 横浜市南区中村町4-278-6
電話  045-261-0924
営業 10:00くらい~18:30くらいまで
定休 4日 14日 24日
お店地図


テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。